【セリエA第37節プレビュー】CL出場権獲得目前のローマと7連覇確実のユーベが激突2018.05.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスがボローニャに勝利した一方、2位ナポリがトリノに引き分けたことで勝ち点差が6に広がった。残り2試合、ユベントスが連敗してナポリが連勝しても当該対決が互角で、得失点差が16あることからユベントスの7連覇が確実になった。チャンピンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ローマ(勝ち点73)と5位インテル(勝ち点69)が勝利した一方、4位ラツィオ(勝ち点71)が引き分け、ローマが抜け出している。残留争いでは19位ヴェローナの1年での降格が決まった。残り2試合となって迎える第37節ではローマとユベントスのビッグマッチが行われる。

▽ジェンギズのゴールを守り抜いてカリアリに辛勝し、4連勝とした3位ローマ(勝ち点73)は、CL出場権獲得が目前に迫っている。残り2試合で1ポイントを取れば4位以上が確定する中、最終節のサッスオーロ戦を前にCL出場権獲得となるか。眼前でのユベントスの優勝を阻むためにも勝利したい大一番となる。

▽一方、前節ボローニャ戦を後半から出場のドグラス・コスタの活躍で3-1と逆転勝利した首位ユベントス(勝ち点91)は、ローマ戦を引き分け以上で終えれば最終節を前に自力で7連覇を決められる。また、敗れてもナポリが勝利を逃した際に優勝が決まる。そのユベントスは水曜日に行われたコッパ・イタリア決勝でミランに4-0と大勝し、4連覇を果たした。コンディションの面で不利ではあるが、勢いを得た中、最終節を前に優勝を決められるか。

▽ハムシクのセリエA通算100ゴールのメモリアル弾が生まれたものの、2度のリードを守り切れずトリノに引き分けた2位ナポリ(勝ち点85)は、28年ぶりの逆転スクデット獲得が絶望的となった中、9位サンプドリア(勝ち点54)とのアウェイ戦に臨む。最終節までユベントスの優勝を決めさせないためにもEL出場兼獲得が絶望的となった相手を下しておきたい。

▽CL出場権争いではEL出場権を争うアタランタとのハードな試合を強いられ、1-1と引き分けた4位ラツィオ(勝ち点71)が、16位クロトーネ(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。インテルとの勝ち点差が2に縮まったラツィオは残留争い真っただ中の相手に勝利し、最終節のインテルとの直接対決を前に優位な状況に立てるか。

▽ウディネーゼに4発快勝してラツィオに肉薄した5位インテル(勝ち点69)は、12位サッスオーロ(勝ち点40)とのホーム戦に臨む。勢いの付く勝利を手にした中、残留を決めている相手に勝利してローマ勢にプレッシャーをかけられるか。

▽最後にヴェローナに4-1と快勝して6位に浮上したミラン(勝ち点60)は、7位アタランタ(勝ち点59)とのEL出場権争いに臨む。7戦勝利のないところから2連勝したものの、コッパ・イタリア決勝では守護神ドンナルンマのミスもあってユベントスに0-4と大敗し、久々のタイトル獲得は果たせなかった。勢いを削がれた中、7位でもEL出場権獲得となるが、2年連続でのEL出場権獲得を狙うアタランタとのシックスポインターを制すことはできるか。

◆セリエA第37節
▽5/12(土)
《25:00》
ベネヴェント vs ジェノア
《27:45》
インテル vs サッスオーロ
▽5/13(日)
《22:00》
トリノ vs SPAL
ヴェローナ vs ウディネーゼ
フィオレンティーナ vs カリアリ
クロトーネ vs ラツィオ
ボローニャ vs キエーボ
《25:00》
アタランタ vs ミラン
《27:45》
サンプドリア vs ナポリ
ローマ vs ユベントス

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ、インテル行きの迫るケイタの後釜にローマのアルゼンチン代表FWに注視か

▽モナコはインテル行きが迫るセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の後釜としてローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(30)を狙っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽モナコでは昨夏に加入し主力としてリーグ戦23試合に出場したケイタがインテル行きに迫って模様。インテルは500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約のオファーを提示しているようだ。 ▽『トゥットスポルト』によると、モナコはケイタの後釜としてペロッティをリストアップしており、今後正式にオファーを提示するようだ。今年3月にローマと2021年まで契約延長したペロッティは、昨シーズンの公式戦で35試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。 2018.08.12 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ゴナロン獲得へ13億円のオファーをローマに提示か

▽ウェストハムが、ローマから元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(29)の獲得に向けてオファーを提示したようだ。『フットボール・イタリア』がイギリス『サン』の報道をもとに伝えている。 ▽ゴナロンは、昨夏に17年間在籍したリヨンからローマに加入。しかし、ローマではエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の信頼を勝ち取れず、昨シーズンはセリエA16試合(先発:11試合)の出場にとどまっていた。 ▽そんなゴナロンに関しては、クリスタル・パレスとエバートンの2クラブが獲得に興味を示していたが、今回の報道によれば、ウェストハムが1000万ユーロ(約13億円)のオファーを提示した模様。 ▽また、同紙によれば家族のためにフランス復帰を最優先に考えていたゴナロンだが、現在はプレミアリーグへの移籍も真剣に検討しているという。 2018.08.09 04:20 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組バジャドリー、ローマから逸材FWヴェルデを買取OP付きのレンタルで獲得

▽リーガエスパニョーラに昇格したバジャドリーは8日、ローマからU-21イタリア代表FWダニエレ・ヴェルデ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のヴェルデは、170cmに満たない小柄ながら馬力のある仕掛けを武器とする左利きのドリブラー。2014-15シーズンにトップチームデビューを飾ると、同シーズンに公式戦10試合に出場し、ブレイクの兆しを見せた。 ▽しかし、その後はトップチームとは定着ならず、フロジノーネやペスカーラ、アヴェリーノへのレンタル移籍を繰り返し、昨季はヴェローナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。同クラブでは公式戦33試合に出場し4ゴール3アシストを記録していた。 ▽なお、イタリアの年代別代表で主力を担う逸材には、ポルトやボルドーも獲得に関心を示していた。 2018.08.09 00:58 Thu
twitterfacebook
thumb

好調・アセンシオ&ベイル連発! マドリー、ローマ撃破で連勝もナチョ負傷か…《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018のレアル・マドリーvsローマがアメリカで行われ、2-1でマドリーが勝利した。 ▽初戦のマンチェスター・ユナイテッド戦を1-2で敗れ、4日に行われたユベントス戦を3-1で勝利したマドリーは、その一戦から先発メンバーを2人変更。ハビ・サンチェスとクリストに代えてセルヒオ・ラモスとアセンシオを起用した。 ▽一方、初戦のトッテナム戦を1-4で敗れ、1日に行われたバルセロナ戦を4-2で勝利したローマは、その一戦から先発メンバーを5人変更。サントン、ストロートマン、クライファートらに代えてファシオ、コラロフ、ペロッティらを起用した。新加入選手では、GKロビン・オルセン、マルカノ、クリスタンテ、パストーレが先発に名を連ねた。 ▽現地の悪天候によりキックオフ時間が遅れた一戦。試合は2分、マドリーがいきなり先制点を奪う。右サイドでボールを持ったベイルが相手最終ラインを抜け出そうとしたアセンシオを見逃さず、左足アウトサイドでスルーパス。フリーになったアセンシオがボックス内でのGKとの一対一を冷静に制して、マドリーが早くも先制する。 ▽幸先良いスタートを切ったマドリーはさらに15分、最終ラインでパスを受けたカルバハルが前線へロングパス。これに反応したベイルが右サイドを駆け上がり、カットインしながら対峙した相手DFを揺さぶりながらボックス内へ侵攻し、最後は左足でゴール右へと流し込んだ。 ▽2点にリードを広げたマドリーはその後もローマを押し込み続ける。36分にはベイルのパスを受けたベンゼマがミドルシュート。さらに38分にはカルバハルのクロスのこぼれ球をアセンシオがボックス内で押し込もうとしたが、どちらもゴールとはならず。それでもマドリーが試合を優位に進めて、2-0で試合を折り返した。 ▽後半に入ってもペースを握るのはマドリー。60分、カウンターで持ち上がったナチョから横パスを受けたヴィニシウスがボックス手前から右足を振り抜く。丁寧にゴールを狙ったが、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽ここまで思うように攻めることができないローマは76分、敵陣中央でペッレグリーニがバルベルデとの球際を制し、そのままミドルシュート。80分にはチョリッチとのパス交換でボックス左を崩したペッレグリーニがクロスを送り、中央のシックが頭で合わせるも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽試合終盤マドリーにアクシデント。ここまで何回か足を気にしていたナチョが座り込み、プレーを中断。そのままデ・トーマスと交代した。 ▽それでもローマは83分、左サイドからのロングスローを中央のシックが逸らし、ファーサイドのストロートマンが右足で押し込んだ。 ▽しかし、ローマの反撃はここまで。アセンシオとベイルのゴールでマドリーが2-1で勝利している。 レアル・マドリー 2-1 ローマ 【レアル・マドリー】 アセンシオ(前2) ベイル(前15) 【ローマ】 ストロートマン(後38) 2018.08.08 11:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ退団のカスタンがヴァスコ・ダ・ガマに加入! 脳の手術を乗り越えた偉大な戦士がロマニスタに感動の別れ

▽ヴァスコ・ダ・ガマは4日、先日にローマとの契約を解消した元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタン(31)の加入を発表した。 ▽2012年夏にコリンチャンスからローマへ移籍したカスタンは、2013-14シーズンに主力として活躍。しかし、2014年9月に脳の手術を受けて約1年の戦線離脱を強いられていた。2015-16シーズンには病気が完治して復帰を遂げていた同選手だったが、その後はサンプドリア、トリノ、カリアリへのレンタル移籍を繰り返していた。 ▽また、カスタンはローマとの契約解消の際には自身のSNSを通じてエモーショナルなメッセージを送っていた。 「出発の時が来た」 「今日、ローマとの6年間の契約を終えることになった。ここに初めて来たときは多くの夢を抱えていた。そして、非常にうまくいった1年目の後にはブラジル代表にも入ることができた」 「2年目にはスクデットという大きな夢に近づいたけど、ユーベという厳しい相手に敗れた。3年目は自分のキャリアで最高のシーズンになる気がしていたけど、突然目の前に夢にも思わなかった巨大な敵(病気)に直面した」 「僕とその家族はこの戦いがどれだけ難しかったかよくわかっているけど、最終的にその戦いに勝てたことを誇りに思っている」 「ローマではゆっくりと自分の居場所を失うことになったけど、彼らが僕のためにしてくれたすべてのことを永遠に感謝するだろう」 「ローマにトロフィーをもたらすことはできなかったけど、何か重要なものを残すことができれば嬉しいな。それは決して諦めないということだ」 「たとえ幾度も敗れて失望を経験しても決して諦めないでほしい。僕もまだ夢を諦めていないし、決して諦めるつもりはない」 「僕はこれから自分の道を進むことになるけど、いつでもローマをサポートし続けるつもりだ。神様はすべてのことを見守っている。フォルツァ、ローマ! 永遠に」 2018.08.05 15:04 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース