【セリエA第37節プレビュー】CL出場権獲得目前のローマと7連覇確実のユーベが激突2018.05.11 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスがボローニャに勝利した一方、2位ナポリがトリノに引き分けたことで勝ち点差が6に広がった。残り2試合、ユベントスが連敗してナポリが連勝しても当該対決が互角で、得失点差が16あることからユベントスの7連覇が確実になった。チャンピンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ローマ(勝ち点73)と5位インテル(勝ち点69)が勝利した一方、4位ラツィオ(勝ち点71)が引き分け、ローマが抜け出している。残留争いでは19位ヴェローナの1年での降格が決まった。残り2試合となって迎える第37節ではローマとユベントスのビッグマッチが行われる。

▽ジェンギズのゴールを守り抜いてカリアリに辛勝し、4連勝とした3位ローマ(勝ち点73)は、CL出場権獲得が目前に迫っている。残り2試合で1ポイントを取れば4位以上が確定する中、最終節のサッスオーロ戦を前にCL出場権獲得となるか。眼前でのユベントスの優勝を阻むためにも勝利したい大一番となる。

▽一方、前節ボローニャ戦を後半から出場のドグラス・コスタの活躍で3-1と逆転勝利した首位ユベントス(勝ち点91)は、ローマ戦を引き分け以上で終えれば最終節を前に自力で7連覇を決められる。また、敗れてもナポリが勝利を逃した際に優勝が決まる。そのユベントスは水曜日に行われたコッパ・イタリア決勝でミランに4-0と大勝し、4連覇を果たした。コンディションの面で不利ではあるが、勢いを得た中、最終節を前に優勝を決められるか。

▽ハムシクのセリエA通算100ゴールのメモリアル弾が生まれたものの、2度のリードを守り切れずトリノに引き分けた2位ナポリ(勝ち点85)は、28年ぶりの逆転スクデット獲得が絶望的となった中、9位サンプドリア(勝ち点54)とのアウェイ戦に臨む。最終節までユベントスの優勝を決めさせないためにもEL出場兼獲得が絶望的となった相手を下しておきたい。

▽CL出場権争いではEL出場権を争うアタランタとのハードな試合を強いられ、1-1と引き分けた4位ラツィオ(勝ち点71)が、16位クロトーネ(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。インテルとの勝ち点差が2に縮まったラツィオは残留争い真っただ中の相手に勝利し、最終節のインテルとの直接対決を前に優位な状況に立てるか。

▽ウディネーゼに4発快勝してラツィオに肉薄した5位インテル(勝ち点69)は、12位サッスオーロ(勝ち点40)とのホーム戦に臨む。勢いの付く勝利を手にした中、残留を決めている相手に勝利してローマ勢にプレッシャーをかけられるか。

▽最後にヴェローナに4-1と快勝して6位に浮上したミラン(勝ち点60)は、7位アタランタ(勝ち点59)とのEL出場権争いに臨む。7戦勝利のないところから2連勝したものの、コッパ・イタリア決勝では守護神ドンナルンマのミスもあってユベントスに0-4と大敗し、久々のタイトル獲得は果たせなかった。勢いを削がれた中、7位でもEL出場権獲得となるが、2年連続でのEL出場権獲得を狙うアタランタとのシックスポインターを制すことはできるか。

◆セリエA第37節
▽5/12(土)
《25:00》
ベネヴェント vs ジェノア
《27:45》
インテル vs サッスオーロ
▽5/13(日)
《22:00》
トリノ vs SPAL
ヴェローナ vs ウディネーゼ
フィオレンティーナ vs カリアリ
クロトーネ vs ラツィオ
ボローニャ vs キエーボ
《25:00》
アタランタ vs ミラン
《27:45》
サンプドリア vs ナポリ
ローマ vs ユベントス

コメント

関連ニュース

thumb

ローマがクリスタンテ獲得に迫る? 5年契約ですでに個人間合意か

▽ローマがアタランタのイタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(23)の獲得に迫っているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 ▽ミランの下部組織時代から期待を集めていた23歳のクリスタンテは、セリエA36試合に出場し9ゴール3アシストを記録するなど、今季のアタランタでブレイクした。 ▽攻守両面における質の高いパフォーマンスに加え、186cmの恵まれたサイズも魅力な万能型MFには、ユベントス、ナポリ、ラツィオ、インテルが関心を示しているほか、イングランドからも熱視線が送られている。 ▽しかし、『カルチョ・メルカート』が伝えるところによれば、現在獲得レースを大きくリードしているのはローマだという。ローマはすでにクリスタンテサイドと年俸250万ユーロ(約3億2000万円)の5年契約で大筋合意しているようだ。 ▽また、アタランタが3000万ユーロ(約38億2000万円)に移籍金を設定しているとみられる中、ローマは昨夏獲得したもののフィットしていないフランス人FWグレゴワール・デフレル(26)の譲渡を契約に組み込むことで、移籍金の減額を目指しているようだ。 2018.05.27 20:01 Sun
twitterfacebook
thumb

クロアチアの逸材MFがローマに到着! 移籍交渉は最終局面へ!!

▽ディナモ・ザグレブのクロアチア代表MFアンテ・チョリッチ(21)のローマ行きが迫っているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』によれば、チョリッチは26日の午後にザグレブからスプリット経由でローマのフィウミチーノ空港に到着。今後、チョリッチはローマでメディカルチェックを受診し、今週末にもローマのモンチSD (スポーツ・ディレクター)と弁護士である父親を同伴し会談を行う予定だという。 ▽2014年に17歳でディナモ・ザグレブでのトップチームデビューを飾ったチョリッチは、同シーズンのヨーロッパリーグ(EL)のアストラ戦でEL史上最年少となる17歳と157日でのゴールを記録。卓越した足元の技術と創造性を併せ持つ天才型のチャンスメーカーには、マンチェスター・シティやリバプール、トッテナム、アーセナルらも関心を示していた。 2018.05.27 01:21 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア希望じゃないの? タリスカ、同僚にローマ移籍を宣言

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)の移籍先はローマで落ち着く様相だ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今シーズン限りでのベシクタシュ退団が明るみになったタリスカ。以前からプレミアリーグ行きを希望しているとみられ、リバプールを筆頭にイングランドの数クラブが行き先の候補として取り沙汰されてきた。 ▽だが、そのタリスカはベシクタシュ同僚に対して「僕はイタリアでキャリアを続ける。ローマ移籍の条件に目を通した。ここで素晴らしい2年間を過ごしたが、今こそ別れを告げるときだ」と話したという。 ▽タリスカは、2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそら落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 2018.05.25 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表落選のナインゴラン、自身のギネスブック入りを希望?

▽先日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)のベルギー代表メンバーから落選し、直後代表引退を表明したローマMFラジャ・ナインゴランが気の利いたジョークで一連の出来事を振り返った。ベルギー『HLN』が伝えた。 ▽ここ数シーズン、所属するローマで攻守に安定したパフォーマンスを披露し、世界屈指の万能型MFとの評価を確立してきたナインゴラン。しかし、ロベルト・マルティネス監督との確執の影響もあり、先日に発表されたロシアW杯に向けたベルギー代表メンバーにその名前はなかった。 ▽その後、通算30キャップを誇ったベルギー代表からの引退を表明したナインゴランは、『ケガ以外でW杯を2大会連続で逃したトッププレーヤー』として自身がギネスブックに載せられるべきとの気の利いたジョークで一連の出来事を振り返った。 「僕は2大会連続W杯出場を逃した唯一のトッププレーヤーとしてギネスブックに自分の場所を確保したよ。それぐらい理解できないことだね。だけど、もうそれを笑いにできるよ」 ▽また、ナインゴランは自身が代表メンバー入りに向けてできる限りのことはやったと主張し、自身を落選させたマルティネス監督の決定に不満も示している。 「僕は十分にやるべきことをやった。レッド・デビルズ(代表チームの愛称)との別れはもう決めた。今後、代表入りに向けて戦いを続けるつもりはないよ」 「ワールドカップのメンバーに入れなければ、代表を止めることは自分のプランにあったんだ」 「昨年はなかなかベルギー代表に関わることができなかったけど、ロシアに行くことを願っていたのは事実だよ」 「ワールドカップを経験することは子供の頃からの夢だった。だけど、それはすでに僕の手から離れた」 ▽ローマで世界屈指のプレーヤーに成長し、ユーロ2016では鮮烈な活躍を見せたナインゴランだけに、多くのベルギーサポーターは代表入りを望んでいたものの、2014年ブラジルW杯に続きロシアW杯行きを逃すことになった。 2018.05.24 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、アルジェリア代表MF獲得交渉は難航か

▽ローマはポルトのアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(28)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。ポルトガル『オ・ジョゴ』の報道をもとにイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽アルジェリア代表アタッカーの獲得を目指すローマは、同選手の獲得に2500万ユーロ(約32億5000万円)を用意している。しかし、ポルト側はこの条件に満足しておらず、少なくとも3000万ユーロ(約39億円)を求めているそうだ。 ▽ブラヒミ自身はポルトからの移籍を希望している。しかし、エバートンやニューカッスルも獲得を望んでおり、選手本人はイングランド行きに気持ちが傾いているという。これもローマにとっては不利な条件となることが予想されるため、獲得を実現させるには越えるべき壁がいくつかありそうだ。 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース