【原ゆみこのマドリッド】いよいよ決勝まで辿り着いた…2018.05.05 10:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽「そりゃ負けるよりは勝った方がいいけど」そんな風に私が肩をすくめていたのは金曜日、お昼のニュースでレアル・マドリーが日曜のクラシコ(伝統の一戦)に向けて練習をしている映像を見た時のことでした。いやあ、ご存知の通り、先週末の前節にリーガ優勝を決めたバルサはすでに月曜にはコパ・デル・レイとの2冠を祝う市内パレードを終了。もうバケーションまで秒読み態勢というか、多くの選手の関心は来たる6月のW杯に切り替わっているはずなんですが、対するマドリーも翌火曜には26日のCL決勝行きが決まったため、それまでの3週間は調整がメインに。

▽宿敵の優勝を称え、慣例のpasollo(パシージョ/勝者の花道、優勝チームを相手チームが2列を作ってお出迎えする)をするつもりもやっぱりないようで、ここ数日は、今季限りでバルサ退団を発表したイニエスタに両チームで花道を作ったらいいんじゃないかなんて意見まで出ていますが、そんなことは単なる些事。CL優勝の可能性を残したおかげで、マドリーが引け目を感じず、カンプ・ノウのピッチに立てるのは良かったものの、この段になって、無理してケガなんかされるのも困りますからね。

▽それでもクラシコ勝利で不甲斐なかった今季のリーガの憂さが少しでも晴らせるかと、ジダン監督は負傷のリハビリ中のイスコ、カルバハルを除き、クリスチアーノ・ロナウドを筆頭にクロースやモドリッチら、ベストメンバーを並べる予定だそうですが、果たして日曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からのこの一戦が盛り上がるのかどうか。ええ、マドリーの残りは1つ多い4試合でも、ロナウドとメッシのゴール数も8本差と開いているため、ピチチ(得点王)争いの楽しみすらないのはちょっと、私も残念なんですが…。

▽まあ、カフェインレスのクラシコはともかく、今週はマドリッド勢にとって、ハラハラさせられたものの、最高の結末となったCL、EL準決勝2ndレグがどうだったか、お伝えしておかないと。まずは先週の1stレグでバイエルンに1-2と勝利したマドリーがサンティアゴ・ベルナベウでの2ndレグを迎えたんですが、今回はremontada(レモンターダ/逆転劇)の必要がなかったにも関わらず、火曜の午後6時30分には大勢のファンがチームバスのスタジアム入りをお出迎え。いえ、人込みが苦手な私は丁度、出掛けに寄ったバル(スペインの喫茶店兼バー)のTVでその様子を眺めていただけだったんですけどね。

▽バルデベバス(バラハス空港の近く)の合宿所を出発したバスがハバナ通りを下り、ロス・サグラードス・コラソネス広場を回ってパドレ・ダミアン通りから駐車場に入るまで、物凄い数のマドリディスタたちに応援されていましたが、やっぱり駆けつけた全員が早々とソールドアウトになったチケットを手に入れられた訳じゃなかったんですね。ええ、私がメトロ(地下鉄)のサンティアゴ・ベルナベウ駅に着く頃にはお出迎えを終え、どこぞで試合を見ようと階段を下りてくるファンともかなり沢山、すれ違いましたっけ。

▽さて、fondo sur/フォンド・スール(ゴール裏南側)に「defendamos el trono, conquistemos la gloria/デフェンダモス・エル・トローノ、コンキステモス・ラ・グロリア(王座を守ろう、栄光を掴もう)」というメッセージの入った横断幕が掲げられ、意気揚々と始まった試合の方はというと、うーん、こうもいきなりショックを与えられていいもんですかね。先日、ユベントスとの準々決勝2ndレグでも開始2分のマンジュキッチ弾を皮切りに、3-3の総合スコアで同点にされてしまったマドリーでしたが、この日も3分にセルヒオ・ラモスのクリアミスから、1stレグでも早い先制点を挙げていたキミッヒにゴールを奪われてしまうって一体、どういうこと?

▽それこそ先が思いやられましたが、幸いにも11分にはマルセロのクロスをベンゼマがヘッドで決め、同点になってくれたから、ホッとしたの何のって。おまけに後でボールを持った息子さん連れでミックスゾーンに現れたマルセロも、「Si te digo que no ha tocado mi mano, soy mentiroso/シー・テ・ディゴ・ケ・ノー・ア・トカードー・ミ・マノ、ソイ・メンティローソ(もし手に触らなかったと言ったら、ボクは嘘つきだね)」と認めていたように、ハーフタイム入り間際、エリア内でキミッヒのシュートが当たりながら、ハンドでのペナルティを取られなかった彼らは後半開始直後、途方もない幸運に恵まれたんですよ。

▽だってえ、1分にはトリソがGKウルライヒにバックパスしたところ、それを取りに行った当人曰く、「ベンゼマが来ていたから、1対1に備えたんだけど、その一瞬、『このボールは手で掴んじゃいけない』と気づいたんだ。それで足でクリアしようとしたら…」という信じられない大ポカが生まれたから、ビックリしたの何のって。ええ、後ろに転がったボールを素早くベンゼマが蹴り込んで2点目をゲットしたとなれば、その日は右SBを本職のDFでないルーカス・バスケスがカバーしていたなんてこともありましたからね。バイエルンの破壊力を恐れていたファンたちもどんなに安心できたことか。

▽その後、敵はハメス・ロドリゲスの1度はバランに当たって跳ね返り、撃ち直して入れたゴールで2-2に持ち込んだんですが、この準決勝ではアルトウロ・ビダル、ロッベン、ボアテング、ハビ・マルティネスと選手の負傷に泣かされたハインケス監督も「マドリーはケイロルにお礼を言うべきだろう。素晴らしかった」と褒めていたように、GKナバスがバイエルンの逆転勝ち抜けに繋がる追加点を阻止。「ウチの方がいいチームだった訳じゃないが、より効率的だった」(クロース)おかげか、総合スコア4-3で勝ち抜けることができましたっけ。

▽え、試合後はジダン監督も「En la Champions no consigues cosas sin sufrir, y menos llegar a una final/エン・ラ・チャンピオンズ・ノー・コンシゲス・コーサス・シン・スフリル、イ・メノス・ジェガール・ア・ウナ・フィナル(CLでは苦しまずには何も得られない。ましてや決勝進出など)」と言っていたけど、この日の選手たちの喜びようは尋常じゃなかったんじゃないかって?そうですね、いきなり全員が「A por la 13(ア・ポル・ラ・トレセ(13回目へ))」とプリントしたTシャツを着用、フォンド・スールに手を繋いで駆け出して行った時には私も目を見張りましたけどね。その時、1人だけダイブしていたラモスなど、一旦、ローカールームに引っ込んだ後、また皆で出て来た時、グラダ・デ・アニマシオン(応援席)にまで上がり込む始末。

▽マイクを渡され、ファンと一緒に「como no te voy a querer/コモ・ノー・テ・ボイ・ア・ケレール(どうして君を好かずにいられようか/マドリーの定番応援ソング)」と歌ったりしていましたが、何より羨ましいのは彼らが、「Vamos a intentar defender en Kiev nuestro titulo/バモス・ア・インテンタール・デフェンデール・エン・キエフ・ヌエストロ・ティトゥロ(我々のタイトルを守るためにキエフに行くつもりだ)」(ジダン監督)と堂々、言えてしまうってこと。だってえ、これで3年連続のCL決勝進出ですよ。しかも勝てば3連勝、お隣さんが2度も貢献したおかげもあって、ここ5年間で4回目ともなれば、いかにマドリーがCL強者であるかわかるというものじゃないですか。

▽その分、決勝を応援に行くサポーターは大変ですけどね。しかも今回は会場がウクライナとあって、これまでのリスボン、ミラノ、カーディフに比べて費用が桁違い。ええ、私も野次馬根性でキエフへのフライトを調べてみたところ、直行などなく、乗り継ぎで10何時間かかるチケットに1000ユーロ(約13万円)以上の値がついていたり、すでに現地のホテルの部屋は1泊1500ユーロ(約20万円)もすると聞くと、正直、ソシオ(協賛会員)が抽選で当たると買える1万2750枚のチケットが完売するのか、疑問に思うんですが、さて。そうそう、翌日水曜のもう1つの準決勝では1stレグで5-2の勝利をしていたリバプールがローマのホームで4-2まで追い詰められたものの、こちらも総合スコア6-7で逃げ切って決勝進出を決めています。

▽そして1日置いた木曜、今度はアトレティコがアーセナルをワンダ・メトロポリターノに迎えたんですが、やっぱりELでも準決勝となると、ファンも奮い立つんですね。前夜の合宿入りの際にはヒルトン・エアポート・ホテルの前にサポーターたちが詰めかけ、カンティコ(メロディのついたシュプレヒコール)やベンガラ(発煙筒)でチームを鼓舞。スタジアムも満員となり、応援団の陣取るスタンドには赤白の旗や「Rumbo hacia Lyon/ルンボ・アシア・リヨン(行き先はリヨン)」という横断幕も現れたんですが、他の3面にはモザイクもなかったのはCLからELへ移ってUEFAからの報酬が減り、クラブの予算が削減されたせいだった?

▽でも大丈夫。熱いアトレティコファンたちは皆、bufanda(ブファンダ/マフラー)を掲げてhimno(イムノ/クラブ歌)を大合唱していましたが、私が比較的、気楽でいられたのは先週、1stレグで1-1と引き分けていた彼らはスコアレスドローでも勝ち抜けられるとわかっていたから。とはいえ、ロンドンでの試合はピッチ脇でアップして、アーセナル陣営を威嚇するに留まったジエゴ・コスタが先発となると、いえ、その日はベンチ入り禁止処分により、パルコ(貴賓席)で観戦。「Hoy sentí lo que siente el hincha/オイ・センティ・ロ・ケ・シエンテ・エル・インチャ(今日はファンが感じることを感じた)」と、要所要所では自分もマフラーを盛大に振り、観客席を煽っていたシメオネ監督も後で言っていたんですけどね。

▽「Costa vino para esto, para ser determinante, para tener un delantero con rabia/コスタ・ビノ・パラ・エストー、パラ・セル・デテルミナンテ、パラ・テネール・ウン・デランテーロ・コン・ラビア(コスタはそのために来た。試合を決める、怒りを持ったFWとして)」というだけに開始6分、彼がチーム最初のシュートを惜しくも外した時には勝利への欲も感じたものですけどね。並行して、10分には自分が目を離している間にコシエルニが倒れていたせいで、「まさかコスタが何かしたのでは?」と1stレグのベルサイコ並のスピード退場を恐れたりもしたものですが、幸いそれは私の勘違い。どうやら1人でアキレス腱を痛めてしまい、下手をするとW杯に行けないぐらいの重傷のようだとか。

▽すぐにチェンベリーと代わりましたが、おかげでアトレティコの立ち上がりの勢いも削がれてしまったか、しばらくはアーセナルがボールを独占することに。その間、22分にはグリーズマンがそのチェンベリーのcodazo(コダソ/肘打ち)を耳の後ろに受け、出血しながらプレーしていたなんてこともあったんですが、それでも前半ロスタイム、GKオブラクのゴールキックからのボールを急造右SB、トマスが彼に送ったところ、絶妙のスルーパスに合わせてコスタが敵エリアへ一直線。後日、イギリスのマスコミから、「彼はビーガン(ベジタリアンの一種)だから、パワーがないんだ」と批判を受けることになるベジェリンとの競り合いにあっさり勝つと、GKオスピナの頭の上を抜くシュートを突き刺してくれるんですから、もうさすがとしか言いようがありませんって。

▽他にもコケやグリーズマンのシュートが枠をかすめたアトレティコは、いえ、もちろんオブラクも途中出場したムヒタリアンの一撃を止めるなど、普段よりは少ないながら、見せ場を作ったんですけどね。残り10分にはコスタが交代を頼み、ヒヤリとさせられたものの、当人も「Solo calambres/ソロ・カランブレ(足がつっただけ)」と言っていたため、逆にフェルナンド・トーレスがピッチに入り、自身ワンダで最後となるヨーロッパの大会の試合でプレーするいいキッカケになった?残念ながら、その彼のシュートはオスピナにparadon(パラドン/スーパーセーブ)されてしまいましたが、アトレティコが1-0で勝つのは珍しくありませんからね。

▽最後は総合スコア2-1でアーセナルを倒し、2014年のスペイン・スーパーカップ以来、ご無沙汰していたタイトル獲得の前段階として、EL決勝進出が決まったとなれば、こちらも一旦、ロッカールームに戻った選手たちがファンのコールに応えて再登場。まるで優勝したかのように場内一周していたって全然、構わない?いやあ、後でサウールなどは「Pienso que aún no está esa magia que tenía el Calderón/ピエンソー・ケ・アウン・ノー・エスタ・エサ・マヒア・ケ・テニア・エル・カルデロン(まだビセンテ・カルデロンにあった魔法はないと思う)」と言っていましたけどね。そういう雰囲気はチームがビッグマッチでの勝利を重ねてこそ、醸成されていくもの。ELの決勝トーナメントではこの準決勝だけだったものの、来季、CLで長く勝ち残れば、ワンダだってだんだん、カルデロンみたいになっていきますって。

▽そして彼らは16日、同時開催の準決勝ではザルツブルクに延長戦で2-1とし、総合スコア3-2で勝ち上がったオリンピック・マルセイユと対戦するんですが、何せリヨンは相手の地元から200キロしか離れていないため、思いっきりホーム感覚でプレーできますからね。「決勝なんだから、フランスでやろうと中国でやろうと同じさ。Hay que jugar, salir a ganar y ya está/アイ・ケ・フガール、サリール・ア・ガナール・イ・ジャー・エスタ(プレーして勝つために出ていくだけだよ)」とコケのように気楽な選手もいましたが、ちょっと心配なのは有名なマルセイユのウルトラ(過激なファン)たち。16強対決でアスレティックが当たった時もビルバオ(スペイン北部の町)で騒ぎを起こしていましたし、PSGvsマドリー戦のように場内が発煙筒で白くなるのも観客にとってはたまったもんじゃないかと。

▽まあ、その辺の状況はおいおいに伝えていきますが、とりあえずクラシコ以外の今週末、マドリッド勢の予定も告げておくと、アトレティコは日曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)から、ホームでエスパニョール戦。弟分の方は負傷、出場停止者続出で11人、トップチームの選手が欠けるヘタフェが日曜午後6時30分(日本時間翌午前1時30分)から、すでに降格の決まっているラス・パルマスとのアウェイ戦で来季EL出場権のもらえる7位の座を争うことに。特に目標のないレガネスはブタルケで月曜夜、立場的に同様なレバンテ戦で残留決定のお祝いをしますが、何だか、今季のリーガは店仕舞い感が漂うのがちょっと早いですよね。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。

コメント

関連ニュース

thumb

【原ゆみこのマドリッド】ようやく決勝に行った甲斐があった…

▽「早くもcrisis(クリシス/危機)状態ね」そんな風に私が対岸の火事を眺めていたのは金曜日、深夜1時にようやくタリンからマドリッドへ辿り着いた翌朝、ボンヤリした頭でスポーツ紙を読んでいた時のことでした。いやあ、少しでも安い航空券を手に入れようと四苦八苦した挙句、どうせ着くのが夜になるなら、ついでに乗り継ぎ地でも観光しようと計画。元々、午前6時発という早朝発着だったのもあって、予定外の延長戦に睡眠時間が1時間にも満たない状態でオスロをウロウロしてきたため、疲れが抜けていなかったのは自分が悪いんですけどね。 ▽試合後にはチャーター機で木曜朝7時に帰国。お祝いに集まった数百人のファンもすでに引けたネプトゥーノの噴水広場を経由して帰宅したリュカとヒメネス(https://twitter.com/Atleti_Goleador/status/1030147367964749827)みたいな例外はあったものの、総じて自宅で休養をとった後、アトレティコの選手やスタッフがAmazonico(アマソニコ/マドリッド市内にある流行りの国際創作料理レストラン)に集まった祝勝ディナーも帰宅する前に終わっていたんですが、でもねえ。UEFAスーパーカップの結果が逆だったら、今頃、クライシス入りしていたのは彼らの方だったかと。 ▽ええ、現在、レアル・マドリーではプレシーズンマッチ好成績のおかげで一時は下火になっていた補強選手探しが再燃。ユベントスに行ってしまったクリスチアーノ・ロナウドの1シーズン50ゴールを穴埋めするFWを始め、プレー時間を増やしたい希望が叶ってチェルシーに移籍したコバチッチの代役となるMF、更に今季初の公式戦直前にまたしてもバジェホが負傷してしまったため、頭数不足が心配されるCBなど、とにかくベンチの選手層が薄くて、戦力が足りないという話になっているんですが、もし負けたのがアトレティコだったら、クラブ史上最高の移籍金7000万ユーロ(約90憶円)のレマル(元モナコ)獲得やグリーズマンの引き止めに大枚はたいても全然、意味がなかったと言われかねない? ▽それが今では“Supercampeon/スーペルカンペオン(スーパーチャンピオン)”と持ち上げられ、今季の彼らは全てのタイトルを狙っているなんて、大望はなはだしい扱いをされているんですから、まったく世の中って調子いい。うーん、もちろん2014年にはリスボン、2016年にもミランでのCL決勝でお隣さんに失意のどん底に落とされながら、タリンなんて辺境の地にも1300人のファンが移動。私が知り合った中には試合前々日の朝6時にマドリッドを出発し、リスボン経由でラトビアのリガから、バスで4時間かけて着いたなんて猛者もいましたが、共々、長い帰京の道のりを明るい気分で過ごせたのは何より有り難ったんですが…。 ▽え、それより試合がどうだったか、早く知りたいって?そうですね、私も火曜にはタリンに着き、ア・ル・コック・スタジアム(フローラ・タリンのホーム)でマドリーの練習を見学したんですが、いえ、先にピッチを踏んだアトレティコを見なかったのは単に到着時間の問題で、先週土曜のインターナショナル・チャンピオンズカップ(夏の親善大会)最後のインテル戦で不甲斐なく、0-1で負けていたため、ここまで来て再度、実力の差を確認したくなかったという訳ではないんですけどね。両チーム共、ファンの大半が現地入りしたのは当日の水曜、徒歩で回れてしまう、中世の趣きを残したコケットな旧市街はcamiseta(カミセタ/ユニフォーム)やbandera(バンデラ/旗)をまとったスペイン人で溢れていたんですが、新市街にあるスタジアムまで徒歩30分で行けてしまうというのがちょっと曲者だったんです。 ▽ええ、知らない国でトラムやバスに乗って、エストニアはユーロが使えるものの、切符の買い方や降りる停留所がわからず、変なところに行ってしまうのが怖いという心理も手伝っているんでしょうけどね。今はgoogle mapが誘導してくれるため、多少なら歩いた方が気楽という面はあるんですが、実はあれ、万全ではなく、注意していないと、変な遠回りをしていたり、操作のたびに経路が変わってしまったりするんですよ。更に市内中心部からは鉄道線路を越えないといけないものの、踏切が少ないといったハードルもあったため、スマホを見ながら、まったく反対に歩いていくファンと途中、何度すれ違ったことか。 ▽それでも何とか、スタジアムに辿り着き、午後10時(エストニアはスペインと時差が1時間ある)という遅い時刻にはエストニアの民族舞踊によるオープニングセレモニーを経て、無事にキックオフを迎えたんですが、驚かされたのは両チームのサポーターが陣取るのが対面するfondo(フォンド/ゴール裏席)の半分だけという、UEFAの出場チームファン向け割り当てチケットの少なさ。いえ、前日、空港から乗ったタクシーの運転手のお兄さんなど、片言の英語で「ファン同士が衝突したりするのかな」と騒ぎを心配していたぐらいですから、あまり多く出回って、うっかりウルトラたちが紛れ込んでも困るんですけどね。 ▽私など、あの無数のパスミスやロストチャス、おまけに相手が永遠のライバルとなると大抵、守り一辺倒で耐えるアトレティコのサッカーに耐えられるのはまず、アトレティコファンしかいないと思っていたため、世紀のイベントに期待している地元民や他の国から来たサッカーファンたちにどう思われるか心配だったんですが、とんでもない。ユーロダービーでの不安な気持ちをなだめようと、馴染みのオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の中継をイターネットラジオで探している間、まさか開始49秒、ゴディンがセンターから放ったロングパスをジエゴ・コスタがセルヒオ・ラモスとの争いに勝ってゲット。バランもかわすと、GKケイロル・ナバスの左脇を抜いてゴールを決めてしまったから、意表を突かれるとはまさにこのこと? ▽とはいえ、相手は天下のマドリー。ほとんど0-1でゲームをスタートさせたからって、安心するにはほど遠く、すぐにボールを持たれるようになったアトレティコは、アセンシオの天才的なゴール前からのtaconazo(タコナソ/ヒールキック)によるシュートこそ、GKオブラクがparadon(パラドン/スーパーセーブ)。だからマドリッドに戻って来たかったクルトワは河岸を変えざるを得ず、選手登録も間に合わなくて、この日はスタンド観戦するしかなかったんだと納得させてくれたんですが、そのオブラクも27分、ベイルのクロスをベンゼマにヘッドされた時にはどうしようもありません。ええ、この1点で試合が振り出しに戻った上、後半18分にはファンフランがエリア内でハンドの反則。ロナウド退団で第1キッカーになったラモスにPKを決められて、とうとうリードされてしまったとなったら…。 ▽だってえ、その時にはもう、グリーズマンがコレアに代わっていたんですよ。確かにフランス代表がW杯に優勝したため、まだ10日程しかトレーニングをしておらず、本来のキレがまったくなかった彼ですけどね。UEFA処分のため、その日もパルコ(貴賓席)見学をしていたシメオネ監督も、ベンチで指揮を執っていたブルゴス第2監督も勇気あるなあと思ったものですが、時折、レマルが奮闘。ボランチでバランスを取っていたロドリゴ(ビジャレアルから移籍)から、ビトロに代えて攻撃の駒も増やしていたものの、ゴールが遠いまま、刻々と時間が経過していくことに。 ▽いよいよ、「アトレティコはマドリーと違ってremontada(レモンターダ/逆転)体質じゃないから」と自分もネガティブになっていた34分、まさかサイドスローを避けようとしたマルセロからファンフランがボールを取り返し、パスを受けたコレアがエリア内奥からキラーパス、それをゴール前からコスタが押し込んで同点にしてしまうとは!うーん、丁度、マドリーはやはりプレシーズン開始が遅れ、本調子でなかったカセミロとはいえ、中盤の守備の要がセバジョスと代わったばかりだったせいもあったんでしょうかね。 ▽おまけに1-1のまま、勝負が延長戦に入ると、ブルニコ(イタリア)でのキャンプにも帯同せず、「Ya le dije al Cholo que si quería ganar títulos tenía que ficharme/ジャー・ディヘ・アル・チョロ・ケ・シー・ケリア・ガナール・ティトゥロス・テニア・ケ・フィチャールメ(もうチョロにはタイトルを獲りたいなら、自分をチームに入れないといけないと言っていたよ)」という約束を実行するべく、猛暑のマドリッドで身体を鍛えていたコスタも含め、アトレティコは自慢の体力を発揮。思い返せば、シメオネ監督が初めてマドリーを倒して優勝した2013年コパ・デル・レイ決勝も延長戦でしたが、この日は90分が終わる頃、レマルに代え、「試合前、ガーナ代表でプレーしている位置で使うことを話していた。カリニッチ(インテルから移籍)は来たばかりだし、ジェルソン(同スポルティグCP)はチームの動きをまだ知らないから」(シメオネ監督)という理由でトマスをトップ下に起用したのも当たったかと。 ▽ええ、そのおかげで延長戦前半8分にはバランからボールを奪ったトマスが折り返し、サウールのvolea(ボレア/ボレーシュート)によるgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)が生まれたとなれば、その頃から就寝時間が気になっていた自分もどんなに嬉しかったことか。それどころか、14分にはガビ(アウ・サッドへ移籍)とフェルナンド・トーレス(同ヴィッセル神戸)が去った後、カンテラーノ(下部組織出身の選手)一番の古株となり、責任感に目覚めたんでしょうかね。それともW杯でスペインが16強対決で敗退する原因となったPK戦での失敗から、そこまで行くのだけは避けたかったか、コケがビトロのアシストで4点目を決めているって、これ、本当にアトレティコ? ▽いやまあ、それでも臆病者の私など、土壇場で相手の奇跡のレモンターダ体質が発現しないか、怖くて仕方なかったんですけどね。さすがに2点差、しかも後でカセミロも「Claro que echamos de menos a Cristiano/クラーロ・ケ・エチャモス・デ・メノス・ア・クリスティアーノ(クリスチアーノがいないのを残念に思うのは当然)」と言っていたように、頼りのロナウドもいなかったせいか、延長戦後半もマドリーは得点することができず。最後は2-4でアトレティコが勝利して、誰より多い16キロを走り倒したコケなども「Claro que teníamos ganas. Nos da igual el rival/クラーロ・ケ・テニアモス・ガナス。ノス・ダ・イグアル・エル・リバル(もちろん意欲はあったよ。ライバルは誰でも同じだった)。でもヨーロッパの決勝でレアル・マドリーに勝ちたかったのは確かだね」と嬉しさの余り、何だか訳のわからないコメントをすることに。 ▽その辺、後輩ながら、サウールの方は「チームやファンは舞い上がっているけど、平常心を保つメッセージを送らないと。Si ya lo sabes, ¿para qué lo preguntas? Partido a partido. Ya está/シー・ジャー・ロ・サベス、パラ・ケ・ロ・プレグンタス?パルティードー・ア・パルティードー(もうわかっているなら、何で訊くの?1試合1試合、それだけさ)」と落ち着いたもの。まあ、この日はマドリーも守備がガタガタでしたし、就任後、最初のタイトル獲得のチャンスを逃したロペテギ監督も「El fútbol son aciertos o errores que te aúpan o te castigan/エル・フトボル・ソン・アシエルエトス・オ・エローレス・ケ・テ・アウパン・オ・テ・カスティガン(サッカーは当たるかミスるか、それで上向きになるか、罰を与えられるかだ)」と言っていた通り、枠内シュートが5回しかなかったアトレティコが珍しく、4点も取れたというツキもありましたからね。 ▽キャプテンのラモスや移籍騒動の収束したモドリッチもSNSでチームを鼓舞するメッセージを送っていましたし、何より、まだシーズンは始まったばかり。ええ、金曜からリーガも開幕し、日曜にはエスタディオ・バジェカスに先日、バルサとのスペイン・スーパーカップには1-2で負けてしまったものの、木曜にはリトアニアのジャルギリスを0-5で破り、EL予選プレーオフでチェコのシグマと対戦することになったセビージャを迎えるラージョに続き、マドリーにもサンティアゴ・ベルナベウに弟分のヘタフェとのミニダービーが午後10時15分(日本時間翌午前5時15分)に待っていますからね。 ▽今週は水木金とpuerta cerrada(プエルタ・セラーダ/非公開)で練習を行った相手も、「El Real Madrid es un grande/エル・レアル・マドリッド・エス・ウン・グランデ(マドリーはビッグクラブ)。1回悪い結果があったとしてもその実力や可能性が減ることはない」(ボルダラス監督)と、UEFAスーパーカップでの敗北で自分たちが有利に立てるとは決して過信していないだけに早めに気合を入れ直すことが必要かと。今のところ、人事面での注目はヘタフェ側では柴崎岳選手の出場があるかないか、マドリーではGKがナバスからクルトワに代わるのか辺りでしょうか。 ▽そして月曜まであるこの第1節、残り2つのマドリッド勢は平日営業になっていて、午後8時にはレガネスのペジェグリーノ新監督がアスレティック戦で初陣を飾り、午後10時(日本時間翌午前5時)からはアトレティコがバレンシアにメスタシジャで挑むことに。うーん、親切にもマルセリーノ監督のチームがpasillo(パシージョ/花道)を作って、スーペルカンペオンを迎えてくれるのには感謝ですが、今季3年ぶりにCLグループリーグ復帰をする相手はガメイロ(アトレティコから移籍)だけでなく、バチュアイ(同チェルシー)も加入し、FW陣が厚くなっているみたいですからね。新入団選手のおかげでスタメン選びが難しくなったアトレティコも決して撃ち負けることなく、いい形でリーガを始めてもらいたいものです。<hr> 【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.08.18 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】プレシーズンマッチの結果は当てにならないとは言うものの…

▽「本当にリベンジできるのかな」そんな風に私が不安を募らせていたのは土曜日、マドリッドの両雄がUEFAスーパーカップ前最後のプレシーズンマッチを実施。見事に結果が吉凶分かれてしまった時のことでした。いやあ、確かにアトレティコは大黒柱のグリーズマンがフランス代表でW杯に優勝、そのためチーム合流が遅れたのは仕方ないんですが、それより早く練習を始めていたジエゴ・コスタも不具合があって、その日がこの夏初めての実戦。翻って、お隣さんはクリスチアーノ・ロナウドのユベントス移籍という逆境はあったものの、今季の核になるベイルとベンゼマがW杯に行かず、ここまでトレーニングをみっちり積んでいますからねえ。 ▽それがこのプレシーズン、昨季CLとELのチャンピオンの得点力の差につながっているとも言えなくもありませんが、いやいや。レアル・マドリーなんて、スペイン代表でW杯に行っていたアセンシオが早くも3ゴールを挙げているとなると、これはもう練習量の多寡よりも元々、チーム自体がgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)体質であるところが大きいかと。逆にアトレティコの方はなけなしの1点を守り倒すのがシメオネ監督時代のトレードマーク。それでも勝てれば全然、文句はありませんが…その結果が2つのCL決勝、2014年リスボンでは後半ロスタイムにセルヒオ・ラモスの奇跡の同点ヘッドで延長戦、2016年ミランでは1-1のまま延長、PK戦での負けに繋がっているとなれば、この水曜のタリン(エストニア)での一戦もあまり楽観できないというのが今の私の本音ではあるんですが…。 ▽とりあえず、先に先週の彼らがどうだったのかをお話ししていくことにすると、どちらもミッドウィークにもう1つ、親善試合をこなしていて、いえ、マドリーはインターナショナル・チャンピオンズカップのアメリカツアー最終戦、火曜の深夜にニュージャージーでローマ戦だったため、私は生中継を見ることができなかったんですけどね。ただ先の2試合とは違い、折しもアトレティコが水曜にはブルニコ(イタリア)キャンプの打ち上げとしてカリアリと対戦。何せ、2年前から、彼らはカランサ杯(カディス主催の夏の親善大会)に参加せず、おかげで私も便乗して、ビーチ&試合観戦の夏休みが過ごせないのに不満でしたからね。よく聞けば、カリアリのあるサルディーニャ島は地中海きってのリゾートアイランドとなれば、どうして連日猛暑のマドリッドなんかで煮詰まっていられる? ▽そこで水着を持って出かけることにしたんですが、大丈夫。島の南部にあるカリアリの町からバスで1時間半、ビラシミウスの透明度抜群、旅行パンフレットに出て来るような純白ビーチでアトレティコのリュカの大ファンという大学生のスペイン女子と知り合いになった翌日、水曜の朝には2-1でローマに勝っているのを確認できましたっけ。ええ、速攻で前半2分にはアセンシオが先制ゴールを挙げると、15分にはベイルが2点目。相手の反撃を後半38分、ストロートマンの1発に抑え、先週土曜のユベントス戦(ロナウドは出ていない)に続いて、アメリカの地で連勝しているとなれば、ロペテギキ新監督だって、一体、何を心配することがありますでしょうか。 ▽一方、その夜、サルディーニャ・アレアで行われたアトレティコの試合はというと、もう最近は知らない土地に行ってもGoogl mapのおかげで、迷わずに目的地に着けますからね。カリアリの地元ビーチ、ポエットの手前にあるスタジアムはバスで10分程と近いんですが、キックオフ前にはこの試合のため、シメオネ監督がマドリッドからゴディン、ヒメネス、フィリペ・ルイスらW杯参加組、そしてリハビリの終わったサビッチ、インテルに行ったベルサイコと入れ替わりでPSVから移籍してきたアリアスと、5人のDFをマドリッドから呼び寄せていたことが判明。ブルニコから来た本隊と当日合流し、最初の3人が先発したところ…確かに守りはカンテラーノ(下部組織の選手)ばかりの試合に比べ、かなりまともになりましたよ。 ▽でもねえ、シメオネ監督も「ウチはここまで中盤から後ろのラインでしか、練習ができなかった。Nos falta la parte ofensiva/ノス・ファルタ・ラ・パルテ・オフェンシバ(攻撃部分が不足している)」と言っていたように得点は前半32分、ジェルソン・マルティンス(スポルティグCPから移籍)のシュートを敵GKが弾き、それで正面に転がってきたボールをBチームのボルハ・ガルシアが押し込んだ1点のみに留まることに。何せ、トップチームのFWはビエット(フラムに移籍)やガメイロ(同バレンシア)すらおらず、フィリペ・ルイスがレマル(同モナコ)と左サイドで連携するのもこの日が初めてでしたからね。それも仕方ないところはあるんですが、後半など、馴染みの選手が次々と代わり、最後はサビッチがキャプテンに。その他、ロドリゴ(同ビジャレアル)、GKアダン(同ベティス)以外、全員カンテラーノとなれば、0-1で勝てただけでも御の字だった? ▽そして試合後、そのままマドリッドに戻ったチームはマハダオンダ(マドリッド近郊)で木金と練習。ようやく全員が揃った状態でいよいよ、土曜のインターナショナル・チャンピオンズカップ最後のインテル戦をワンダ・メトロポリターノで迎えたんですが、まさかキックオフ直前から、違いを見せつけられることになろうとは!というのもこちらは午後9時5分スタートで、9時ジャストにはお隣さんのサンティアゴ・ベルナベウ杯、ミラン戦が始まっていたんですが、何と開始2分、カルバハルのクロスからベンゼマがヘッドを決め、マドリーが先制したという報がオンダ・マドリッド(ローカルラジオ局)の多元実況で伝わってきたから。 ▽まあ、そのリードはまだアトレティコとインテルがピッチで挨拶している間、ロナウド加入の玉突き効果により、ユベントスからミランに移籍したイグアインが5万4000人の観衆が見守る中、エリア前から古巣恩返し弾。GKケイロル・ナバスを破って、帳消しになったんですが、ワンダでの最初の見せ場は10分、GKオブラクによるイカルディの至近距離シュートのparadon(パラドン/スーパーセーブ)でしたからね。いやあ、これは先週木曜にはクルトワがマドリーの入団プレゼンで「Mi objetivo siempre ha sido venir aqui/ミ・オブヘティボ・エス・シエンプレ・ア・シードー・ベニール・アキー(ボクの目標は常にここに来ることだった)。皆、知っていたけど、マスコミに言う訳にはいかなかった」と発言。 ▽あまつさえ、「アトレティコにはレンタルでいたから、違っていた。だから今日まで紋章にキスしたことはなかったんだよ」と、ユニフォーム姿でピッチに出てのお披露目では5度もそのポーズを繰り返していたことに傷ついていた2万3000人のファンの心を大いに慰めてくれましたけどね。それでもスタジアム正面の地面に並んでいるクルトワの100試合以上出場した選手の記念プレートをスプレーなどで汚す輩が出現するのは避けられませんでしたっけ(https://twitter.com/diarioas/status/1028375752432005120)。 ▽とはいえ、そのオブラクも31分、アサモアのクロスをラウタロがアクロバティックな空中volea(ボレア/ボレーシュート)でゴールに叩き込むのを防ぐことはできず、インテルが先制。うーん、40分にはコケのスルーパスから、ようやくコレアのシュートがゴールに入ってくれたんですけどね。運悪くというか、リーガ開幕に先駆けてこの日、実験的に使われていたVAR(ビデオ審判)からのお達しにより、オフサイドでこの1点はスコアにあがらず。ええ、丁度この頃辺りでしたよ。ベルナベウから、前半ロスタイムにCKのこぼれ球をベイルが押し込み、マドリー再びリードの報が伝わってきたのは。 ▽おまけにアトレティコに2013年のコパ・デル・レイ優勝をもたらしたミランダが後半15分、スタンドの拍手を浴びて交代した後、ジエゴ・コスタもお役御免に。まだ練習を始めて1週間のグリーズマンと入れ替わり、2人がピッチで一緒にプレーした時間がなかったため、いえ、入団したてのFWカリニッチ(同インテル)もデビューしましたし、ジェルソンが持ち前の突破力からクロスを上げ、ビトロの強烈ヘッドがGKハンダノビッチに弾かれてしまうという惜しいチャンスもあったはあったんですけどね。 ▽対照的にマドリーの方は後半ロスタイム、いきなり浮上したインテル移籍の噂が年棒をベイル、ラモス並の1000万ユーロ(約13億円)に引き上げることで解決。ワンダでの試合後記者会見でスパレッティ監督に、「ウチは強いチーム、彼がいればとても強いチームになったろう」と言わしめることになる残留が決まったモドリッチのシュートはGKドンナルンマに弾かれながら、マジョラルが頭で決めて3点目をゲットしているんですよ。3-1でミランに勝利し、ラモスがトロフィーを掲げる予行練習をしている間、結局、アトレティコはたった1点がどうしても返せず、そのまま0-1で負けてしまったとなれば、やっぱりファンだって、あんまり元気にはなれませんって。 ▽え、実はその土曜はスペイン中でプレシーズンマッチをやっていて、マドリッドの弟分チームたちも大体、同じ時間に戦っていたんだろうって?その通りでブタルケに3年ぶりに1部に戻って来た弟分仲間のラージョを迎えたレガネスはここ2年分の貫録を示して2-0で勝利。この夏、加入した大型FWカリージョ(サザンプトンから移籍)がdoblete(ドブレテ/1試合2得点のこと)と、期待を持たせる活躍をしてくれました。その反面、ラージョは水曜にも同じ1部出戻り組のバジャドリーに2-0と負けていて、日曜のリーガ開幕、セビージャ戦がちょっと不安なんですが、エスタディオ・バジェカスでなら、熱いファンの応援を頼りにできるのが慰めになるでしょうか。 ▽そして理由はよくわからないながら、その日は同じマドリッドの2部の弟分、アルコルコンのホーム、サント・ドミンゴでヘタフェもジローナと対戦していたんですが、こちらは3-3の撃ち合い。ええ、前半に2点を先行されながら、後半にはホルヘ・モリーナが反撃の狼煙を上げると、ファンペに1-3とされた後にアンヘルが2点を決め、引き分けに持ち込むことに。いやあ、グラナダ(2部)戦、ボアビスタ戦に続いて、水曜もスポルティング・ヒホン(2部)とスコアレスドローに終わった時はゴール日照りが心配された彼らですが、どうやら今季もチームのエースは不動。モリーナとアンヘルの両輪が当たる日は安心なようです。ちなみに柴崎岳選手はジローナ戦で途中出場となったんですが、今のところ、まだ移籍決定の報はないため、日曜の開幕戦、サンティアゴ・ベルナベウでの兄貴分とのミニダービーには出てくれるかもしれませんよ。 ▽そしてこれで週末までもう試合のない弟分たちにはこの1週間、練習でしっかり調子を整えてもらうことにして、最後に水曜のUEFAスーパーカップの情報もお伝えしておくことにすると。月曜にはタリンに移動するマドリーではどうやら、先発GKは入団したばかりのクルトワではなく、ナバスのよう。いえ、別に日曜のセッション前、アトレティコ時代の習慣のまま、バルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場入りする際、サインを求めるファンのために車を止め、5分以上もサービス。後ろで待っていたラモスの不況を買ったせいなんてことはないと思いますけどね(https://as.com/videos/2018/08/12/portada/1534086055_073771.html)。 ▽ロペテギ監督も「Keylor y Courtois no son un problema sino dos magníficas soluciones/ケイロル・イ・クルトワ・ノー・ソン・ウン・プロブレマ・シノ・ドス・マグニフィカス・ソルシオネス(ナバスとクルトワがいるのはトラブルではなく、2つの素晴らしい解決策)」と一流のGKを2人も持てるのを喜んでいましたが、当人は移籍が決まる寸前までチェルシーでの練習もボイコットしていて、新チームでのトレーニング回数も少ないですからね。残りのスタメンもほぼサンティアゴ・ベルナベウ杯のリピートで、モドリッチが入るかどうかといったところが焦点になりそうです。 ▽逆に組み合わせで四苦八苦しそうなのはシメオネ監督で王道はコスタとグリーズマンを並べることでしょうけど、補強でレマル、ジェルソン、ロドリゴと中盤やサイドの選択肢が増えているため、もう少し、当日が近づくまで予想はできないかと。うーん、今更ながら、サッカースタイルを変えることはできませんし、監督も「Es el grupo lo que harán una buena plantilla y no simplemente los buenos futbolistas/エス・エル・グルッポ・ロ・ケ・アラン・ウナ・ブエナ・プランティージャ・イ・ノー・シンプレメンテ・ロス・ブエノス・フトボリスタス(いいチームを作るのは選手たちのグループで、ただ単にいいサッカー選手がという訳じゃない)」と言っていましたしね。 ▽ボールを圧倒的に持つことになるだろうマドリーの前に耐え忍ぶのは当然としても、数少ないであろうチャンスを生かすことのできる選手を上手く起用できればいいんですが、さて。そうそう、まだUEFAの処分が残っているシメオネ監督は水曜午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からのこの試合でもベンチに入れず。まあ、昨季のEL決勝でも同じだったため、別に差し障りはないかと思いますが、いよいよマドリッド勢同士のガチンコタイトル争いですからね。一足先に日曜にはスペイン・スーパーカップがモロッコのタンジェで開催され、バルサがセビージャを2-1で破って戴冠しましたが、こちらは人事じゃないだけに、マドリーダービー前の緊張感を私もだんだん感じてきたところです。<hr> 【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.08.13 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】タイトル争い前の最終リハ、どっちを選ぼう…

▽「何も同じ日にプレーしなくたっていいのに」そんな風に私が愚痴っていたのは日曜日、この先、手軽に見に行けそうな親善試合の日程をチェックしていた時のことでした。いやあ、8月第3の週末から始まる今季のリーガは前代未聞のマドリッド勢1部5チーム体制とあって、これからも似たような悩みが発生する可能性は大いにあるんですけどね。折しも11日の土曜はアトレティコのインターナショナル・チャンピオンズカップ(夏の親善大会)の3試合目、インテル戦がワンダ・メトロポリターノで午後8時(日本時間翌午前3時)から開催。おかげで泣く泣く、同じ時間にホームのファンへ新チームの紹介を兼ねて、レガネスがブタルケにラージョを迎えるビジャ・デ・レガネス杯を諦めることに。 ▽それがいつの間にやら、レアル・マドリーまでが土曜の午後9時(日本時間翌午前4時)から、サンティアゴ・ベルナベウ杯でミランと対戦って、うーん、すでに残り1000枚を切ったと聞くものの、10ユーロ(約1300円)という格安値段からチケットがあるため、丁度、マドリッド訪問の時期と重なるファンにはお勧めの試合なんですけどね。ユベントスから移籍したばかりの懐かしいイグアインの古巣再訪というのも魅力的ではありますが、ワンダでもインテルに行ってしまったばかりのベルサイコが見られるかもしれないし、最近の移籍市場の噂を鑑みると、同じクロアチの先輩、モドリッチなんて、どちらの試合に出るかすら、わからなかったりする? ▽え、レガネスに関してはシュダッド・デポルティバ・レガネスでの2部のマドリッド勢、アルコルコン(1-1)とラージョ・マハダオダ(3-0)との練習試合をスタンドで観戦。この水曜、唯一の海外遠征、ピレウス(ギリシャ)でのオリンピアコス戦ではスコアレスドローと健闘していたし、土曜には再び、2部のサラゴサ相手に差を見せつけて、エセキエル・ムニョス、そしてカンテラーノのオヘダとカリージョ(サザンプトンから移籍)が2発ずつ、5-2の勝利とペジェグリーノ新監督の下、着々と力をつけてきているため、あまり心配することはないんじゃないかって? ▽そうですね。レンタルでプレーした4シーズン前、いい印象を残したカクタ(河北華夏から移籍)や、昨季はレガネスにいたティト(2年前、6年間いたラージョからグラナダに移籍)が復帰と、3年ぶりのリーガ1部で戦う準備を進めているラージョにしても、水曜にはRMカスティージャ(2部BのマドリーBチーム)と親善試合。メトロ8号線フェリア・デ・マドリッド駅から歩いて30分、ベルデベバス(バラハス空港の近く)のレアル・マドリー練習場に隣接したエスタディオ・アルフレド・ディ・ステファノまで、私も汗だくになって行って、モンティアル、トレホ、そしてハビ・ゲラのゴールで0-3と、ミチェル監督のチームが快勝するところを見ることができましたしね。 ▽もちろん、このソラーリ監督率いるカスティージャは主力をトップチームのアメリカ遠征に駆り出されていたため、カテゴリー差以上に不利だったのは否めませんが、猛暑の中、駆けつけたラージョファンたちの熱い応援は決して途切れず。エスタディオ・バジェカス(ラージョのホーム)に行けば、今季も独特の雰囲気を味わえる予感をさせてくれたのは大きな収穫だったかと。おまけにリーガ開幕戦の相手は折しもヨーロッパリーグ予選3回戦ジャルギリス(リトアニア)との2試合を終え、いよいよグループリーグ参加に向けて、正念場となるプレーオフに頭が行っているはずのセビージャとなれば、嬉しい白星発進ができるかもしれない? ▽一方、レガネスのお隣さん、ヘタフェは水曜のグラナダ(2部)の前半で柴崎岳選手が負傷交代。その詳細情報もないまま、第2次キャンプ地のカンポアモール(アリカンテ)からポルトに移動しての金曜、ボアビスタ戦でもスコアレスドローをリピートしてしまったんですが、同日には昨季はレギュラーを務め、モロッコ代表でW杯にも参加したファジルがフランスのカーンに移籍してしまうというショックなニュースも。まあ、もう新顔が9人もいるヘタフェですから、今後はさくさくと人減らしもしていかないといけないんですが、せめてリーガ開幕戦、マドリーとのミニダービーまでは柴崎選手にいてもらえると、夏休みを利用してマドリッドに観戦に来るファンも気合が入りますよね。 ▽え、それよりクリスチアーノ・ロナウドのユベントス移籍に続き、いえ、アメリカツアーに帯同中のペレス会長など、即座に「La unica posibilidad de que salga Modric es pagando 750 millones de euros/ラ・ウニカ・ポシビリダッド・デ・ケ・サルガ・モドリッチ・エス・パガンドー・セテシエントス・ミジョネス・デ・エウロス(モドリッチが退団する唯一の可能性は契約破棄金額の7億5000万ユーロ/約970億円を払うことだ)」と拒否姿勢を見せていたんですけどね。後輩のコバチッチにしてもマンチェスター・ユナイテッドのオファーは断ったものの、移籍希望は変わっていないのに対し、すでに契約秒読みに入っていると言われていたGKクルトワ(チェルシー)すら、到着していないマドリーは何をしているのかって? ▽いやあ、先週の火曜にはマイアミでインターナショナル・チャンピオンズカップの初戦、マンチェスター・ユナイテッド戦に挑んだ彼らはアレックス・サンチェスとアンデル・エレラのゴールでリードされ、テオのアシストでベンゼマが1点を返しただけに留まったため、2-1で敗戦。その後、セルヒオ・ラモスも加わったチームは金曜にワシントンに移動し、こちらで行ったユベントス戦では、うーん、ロナウドがトリノでプレシーズン練習を続けているため、一緒に来ていなかったのも良かったんでしょうかね。 ▽前半12分にはカンセロのクロスをカットしようとしたカルバハルがオウンゴールを入れてしまい、この日も先制点を許したものの、39分にはベイルがエリア外からgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を決め、ロナウドが抜けた後、攻撃陣の主役を張るのは自分だとアピールをしてくれたから、助かったの何のって。後半は交代出場した若手が発奮、ええ、今季は籍をフベニル(RMカスティージャの下のチーム)に置くことになった18歳のビニシウス(フラメンゴから移籍)のアシストを受け、22歳のアセンシオが再開2分で勝ち越しゴールを挙げると、11分にもエリア内からのシュートで3点目をゲット。そのまま、3-1で終了し、マドリーはこの夏、そしてロペテギ新監督にとっても1つ目の勝利を祝うことができましたっけ。 ▽そんな彼らはアメリカで残すところあと1試合、日曜にはニューヨークに移動して、火曜深夜26時(日本時間水曜午前9時)からのローマ戦に備えることになりますが、実はここ近日、バルデベバスの方でも動きがなきにしろあらず。ええ、先週金曜にはカセミロ、翌日にはマルセロとW杯ブラジル勢が練習を始め、日曜にはコバチッチも戻って来ましたっけ。マドリーファンが一番心配しているモドリッチについては、ロペテギ監督も「W杯の後に話して、合流は8日。それで15日に間に合うかどうか見ることになる」と言っていたように、まだマドリッドにはいないようなんですけどね。結果は天と地の差とはいえ、同じW杯決勝組のバランもその日からトレーニングですが、移籍云々はともかく、まだこのグループの選手たちはサンティアゴ・ベルナベウ杯ではプレーしないかもしれません。 ▽そしてその15日、UEFAスーパーカップでマドリーダービーを繰り広げることになる相手、アトレティコの方はというと、いえ、先週は私も木曜の午前中にマハダオンダ(マドリッド近郊)までシンガポール遠征から帰って来たチームを偵察に行ったんですけどね。遅れてプレシーズンを始めたコケ、サウール、ゴディン、ヒメネス、フィリペ・ルイスらも途中から姿を現したんですが、グラウンド内にテントを張って作った特設ジムにこもってしまったため、状態はよくわからず。その間、シメオネ監督はロドリゴ(ビジャレアルから移籍)、トマス、フアンフラン、コレア、ガメイロら以外、主流はカンテラーノ(アトレティコBの選手)の本隊に延々と守備特訓を課していましたが、いやあ、何せ、今の時期、マドリッドは気温40度という猛暑に突入してしまいましたからね。 ▽同日、午後6時30分から、全員参加の攻撃練習は普段、体を鍛えている訳でもない自分が見学などしたら、熱中症まっしぐらという確信があったため、冷房のある近所のカフェで涼むことにしたんですが、勤勉なアトレティコの選手たちは翌朝8時にもセッションを行い、その足でブルニコ(イタリア)に向かうことに。いえ、ジエゴ・コスタや新加入のアリアス(PSVから移籍)も含む、まだフィジカルのできていない南米組やリハビリ中のサビッチ、ビトロ、トマス、ビエットらはお留守番なんですけどね。月曜からはいよいよ、栄えあるW杯王者、先週まではアメリカで趣味のNBAチーム訪問をしていたグリーズマン(https://twitter.com/AntoGriezmann/status/1025467193004355591)と、父親になったばかりのリュカも加わるものの、この常軌を逸した暑さが続く限り、あまりグラウンドでハードな練習はできないかもしれません。 ▽そして日曜、キャンプ組はドイツでシュツットガルトと親善試合。ガメイロが前日のセッションで早退したため、いよいよレマル(モナコから移籍)、ジェルソン・マルティンス(同スポルティングCP)の新人アタッカー2人に加え、コケ、サウールも初先発したんですが、いやあ、やっぱりグリーズマンとジエゴ・コスタがいないアトレティコという感じでしたかねえ。押し気味に進めていた19分、コレアから最高のラストパスをもらったレマルがシュートをゴールポストに当ててしまったり、36分にもフアンフランがエリア内右奥から折り返したボールをコケはスルー、予想していなかったサウールも逃してしまい、最後はカンテラーノのオラベが天高く撃ち上げているとなれば、点がなかなか取れないのも仕方ない? ▽0-0のまま、ピッチにロドリゴ、コレア以外、トップチームのフィールドプレーヤーがいなくなった後半、10分にはモンテーロがディダビを2度も倒してペナルティを献上すると、シュツットガルトはそのディダビのPKで先制。それでも2分後にはホアキン・ムニョスがエリア前から放ったシュートが決まり、なかなか後輩たちもやるじゃないかと思わせたんですが、まさか25分には再び、アイトールがペナルティを犯してくれるとは!この試合のゴールはアーセナル戦で腕を痛めたオブラクでなく、その試合のPK戦でヒーローとなったアダン(ベティスから移籍)が守っていたため、今度は止めてくれるかもしれないと期待したところ…シュッツガルトのトミーがキックをバーに当ててくれたため、最後は1-1で引き分けることができましたっけ。 ▽いやまあ、まだ半分アトレティコBのチームですからね。この日はレマルとジェルソンが前評判通りのプレーをしてくれたため、「Este equipo ilusiona, pero debemos trabajar/エステ・エキポ・イルシオナ、ペロ・デベモス・トラバハール(このチームは期待ができるけど、ボクらはもっと練習しないといけない)」(コケ)といった通りなんですけどね。大黒柱のFWがいなくてもそろそろ、他のトップチームの選手たちにもゴールを入れてほしいというのは私の偽らざる本音だったかと。 ▽ちなみに試合後、ブルニコに戻ったアトレティコは水曜午後8時(日本時間翌午前3時)から、サルディーニャ島(イタリア)でカリアリと親善試合をして帰国の予定。ガメイロが回復すれば、今度はシメオネ監督もCFを使えることになりますが、ドルトムントから移籍金3400万ユーロ(約44億円)のオファーがあったため、ほぼまとまっていたバレンシア行きがなかなか決まらず、当人も集中できていないなんて噂もありますからね。とりあえず、ジエゴ・コスタも準備が整い、グリーズマン以外はかなり完全形に近いチームが見られそうな土曜のインテル戦まで、今季のアトレティコの得点力を判断するのはお預けにした方がいいかと。こちらも15~60ユーロ(約2000~8000円)とかなりお手頃な値段でチケットが売っているため、現地観戦したいファンにはお勧めですよ。<hr> 【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.08.06 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】見たい試合が見られない…

▽「ようやくマドリッドを脱出できるのね」そんな風に私が羨ましがっていたのは火曜日、7月2週目のプレシーズン開始から、ずっと地元のシュダッド・デポルティバ・レガネス(マドリッド近郊)でトレーニング。足慣らしの親善試合も2つは同じグラウンドでプレー、唯一、河岸を変えて行ったアラベス戦でさえ、ロス・アンヘレス・デ・サン・ラファエル(マドリッドから1時間の高原リゾート)での開催だったため、バスで日帰りしていたレガネスが水曜のオリンピアコス戦に備え、ギリシャのピレウスに移動すると知った時のことでした。いえ、もちろん7月のマドリッドは暑かったとはいえ、午前中はまだ過ごしやすく、運動できない訳ではないんですけどね。 ▽今週後半など、いよいよ気温40度になると言われている一番暑い夕方でも湿度は低いため、ダブルセッションをして倒れる選手の話なんか、聞いたことはないものの、いくらホテル等の費用が浮くといったって、ずっと同じところで練習していたら、リーガ開幕までに選手たちが飽きてしまう恐れがなきにしろあらず。何せ、アメリカツアー中のレアル・マドリーや1週間のシンガポール滞在をしたアトレティコなどにはクラブの商業的な理由もあるんですが、同じマドリッドの弟分仲間、ラージョも先週はマルベージャ(スペイン南部のビーチリゾート)でキャンプ、お隣さんのヘタフェに至ってはこの月曜から、オリバ(バレンシア)に続いてのカンポアモール(アリカンテ)で第2次キャンプ入りしていますからね。どこも時には環境を変えて、練習がマンネリにならないようにしているだけに、レガネスもこの遠征が気分転換になってくれるといいかと。 ▽ただ、すでに10人も補強選手が到着した彼らの仕上がり状態は上々、私も正面から照りつける練習場のスタンドで観戦した、先週土曜のラージョ・マハダオンダ(2部)戦では3-0でこのプレシーズン最初の白星をゲット。先々週のアルコルコン(2部)戦とは違い、今季、5年ぶりに1部に戻ってきたバジャドリーへの移籍が近いと言われているGKクェジェルの姿はありませんでしたが、新入団組のロラン(デポルからレンタル移籍、昨季はマラガでプレー)やカリージョ(サザンプトンから移籍)らが前線に加わったチームは前半39分、エル・ザールのゴールで先制。後半はカンテラーノ(下部組織の選手)のアギレスとオヘダが追加点を挙げてくれましたが、ガリターノ前監督(今季はレアル・ソシエダを指揮)時代より、ペレグリーニ新監督のレガネスの得点力が上がったのかどうかを見極めるのはまだ、時期尚早かと。 ▽まあ、相手も2部に初昇格したばかりのチームでしたからね。そうそう、実はこの日、ラージョ・マハダオンダではアラベスからレンタル移籍してきたエンソ・ジダンが先発してたいたんですが、眩しくて私は気がつかなかったものの、マドリー監督を辞任して、今は時間があるんでしょうか。ゴール裏で立ち見する観客に混じって、お父さんが長男を応援しに来ていたそう。おかげで昔、息子のアドリアン(マラガ)がヘタフェにいた時代、元マドリーのミチェル氏(今年の1月までマラガを指揮)がよく練習場に見学に来ていて、そのうち監督になってしまったなんていう過去の逸話を思い出すことに。 ▽もちろんCL3連覇の偉業を成し遂げたジダン監督が2部のチームに収まるなんてことはありえないんですが、これまでマハダオンダ(マドリッド近郊)にあるアトレティコのシュダッド・デポルティバ・ワンダ内のミニスタジアムでプレーしていたラージョ・マハダオンダは施設の改修が追いつかず、完成するまではワンダ・メトロポリターノでホームゲームを開催することが決定。となると、今季はそちらのパルコ(貴賓席)で彼の姿を見かけることもあるかと思いますが、さて。残念ながら、アトレティコのリーガ戦は日程に合わないものの、新しいスタジアムは見ておきたいというファンにとっても、ラージョ・マハダオンダの試合はいいオプションになるんじゃないでしょうか。 ▽え、6万7000人入るワンダのスタンドは解放限定で客席を少なくするからいいとして、ラージョ・マハダオンダにしろ、相手の2部チームにしろ、あの映画館のようなプレスコンファレンスルームで監督会見するとしたら、ちょっと仰々しすぎて気の毒じゃないかって?そうですね、実はこの月曜、火曜と続けて私もアトレティコの新入団プレゼンに行ってきたんですが、今は世間も夏休み真っ盛りなのが悪かったんでしょうか。 ▽先週木曜にはW杯フランス代表の同僚、グリーズマンとリュカより一足早く休暇を切り上げてマドリッド入り、翌日からフィジカルコーチのプロフェ・オルテガの下、コケ、サウール、ジエゴ・コスタらのスペイン代表組と一緒に練習を始め、「モナコでやっていたのとは違って、もっと要求が高くて難しい」と言っていたレマルのプレゼンも、「シメオネ監督の言葉が移籍を決めるのに重要だった。チームにもっと価値を与えられると言われた」というジェルソン・マルティンス(スポルティグCPから移籍)のプレゼンもマスコミの数がいつもより控え目だったのは少々、寂しかったかと。 ▽ちなみにこの2人のサイドアタッカーの加入により、変動があったのが背番号で、レマルが11番をもらったため、コレアが1月にカラスコが中国に行って以来、空いていた10番を着けることに。またリュカがW杯王者で割り当てられた21番を移籍予定のガメイロから受け継ぎ、おかげでジエゴ・コスタがお気に入りの19番に復帰。彼が昨季つけていた18番がジェルソンに回ることになったんですが、それより、早めに埋めてもらいたいのはサガン鳥栖へ移ったフェルナンド・トーレスの残した9番ですって。というのも…。 ▽いやあ、またしても中継を見られるバル(スペインの喫茶店兼バー)は見つからなかったんですが、月曜にシンガポールでPSGと対戦したアトレティコが、またしても昨季の前半を思い起こさせるような状態だったんですよ。ええ、まさに「El futbol es contundencia, ellos la tuvieron y nosotros no/エル・フトボル・エス・コントゥンデンシア、エヨス・ラ・トゥビエロン・イ・ノソトロス・ノー(サッカーは決定力で相手にはあったが、こちらにはなかった)」とシメオネ監督も試合後、言っていた通りで、コレア、ガメイロ、ビエットが次から次へとチャンスをムダにしていたとなれば、グリーズマン、ジエゴ・コスタに続くゴールゲッターを獲得してほしいと願うのは決して自分だけではなかった? ▽おまけにその間、前半32分にはヌクンクに、後半26分にもディアビに決められ、2点ビハインドの逆境でピッチからGKアダン以外、トップチームの選手が1人もいなくなったから、ウェブでスポーツ紙のマッチログを見ていた私もこれは諦めるしかないと肩を落としたものでしたが…まさか、30分にはCKから17歳のモジェホが決め、41分にもボルハ・ガルセスのクロスがベルナーデに当たったオウンゴールでスコアが同点になったから、驚いたの何のって。でもねえ、カンテラーノたちも結構、やるじゃないかと見直した直後、ロスタイムにポストラチからボールを奪えず、決勝ゴールを決められてしまうんですもの。やっぱりまだまだ修行が足りなかった?ええ、1戦目のアーセナル戦でオブラクが腕をケガしたため、2試合連続のPK戦でparapenalti(パラペナルティ/PK止め屋)ぶりを披露してやると張り切っていたアダン(ベティスから移籍)だって、これにはどんなにガッカリしたことでしょう。 ▽結局、3-2でPSGに負け、火曜には帰国したアトレティコですが、今週からトレーニングを始めたゴディン、ヒメネス、フィリペ・ルイスも含めたチームをマハダオンダで見られるのは木曜のセッションだけ。金曜にはイタリアのブルニコへキャンプに行ってしまうせいですが、そちらから向かう日曜のシュツットガルトとの親善試合ではいよいよ、ジエゴ・コスタが出場可能になるとか。いえ、トマスなどが「Estamos deseando volver a jugar con el/エスタモス・デセアンドー・ボルベル・ア・フガール・コン・エル(ボクらはまた彼とプレーするのを望んでいる)」と言っていたグリーズマンは8月6日まで戻りませんけどね。できれば、お隣さんと対決する15日のUEFAスーパーカップまでにはガメイロ、ビエットと入れ替わりになる控えFWの獲得が済んでいると、ファンも心強いですよね。 ▽そしてその、先週土曜からマイアミにいるマドリーはどうしているかというと。移動前日にはクロース、アセンシオ、ルーカス・バスケス、ナチョ、そしてイスコもバルデベバス(バラハス空港の近く)の練習場に駆けつけ、土曜にフロリダ・インターナショナル・ユニバーシティのグラウンドで始まったセッションからはGKケイロル・ナバスとカルバハルも現地合流したんですが、不思議なのは同じスペイン代表組、しかもアメリカ滞在中なのにまだセルヒオ・ラモスが姿を現していないこと。一応、ツイッター(https://twitter.com/SergioRamos/status/1023651991820615680)に自主トレしているビデオを上げて、「体は鍛えているよ」とアピールはしていたんですが、うーん、マルセロもまだブラジルにいるみたいですし、もしやこれってキャプテン権限の一種? ▽どちらにしろ、カセミロも含め、スペインの火曜深夜26時(日本時間水曜午前9時)から行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ、マンチェスター・ユナイテッド戦が終わった翌日には合流するようですが、次のマドリーの試合はワシントン、土曜深夜のユベントス戦、最後のローマ戦も7日の深夜ともう、これはとてもバルに行って見られるような時間帯ではないため、すでに私はTV観戦を諦めているんですが、何せこちらは攻撃の主力、ベイルとベンゼマがプレシーズン練習開始から参加していて初戦から、出場できますからね。 ▽この夏、加入したビンチウス(フラメンゴから移籍)もデビューが見込まれるとあって、クリスチアーノ・ロナウド(ユベントスに移籍)退団後の攻撃陣を試合でチェックできないのは残念なんですが、まあこればかっかりはねえ。その他、オドリオソラ(レアル・ソシエダから移籍)やデ・トマス(昨季はラージョにレンタル移籍)ら、新顔が登場するのも楽しみですし、ここはまず、ロペテギキ新監督のお手並み拝見。朝起きてビックリな結果が出ていないことを祈っています。このアメリカ遠征終了後は移籍希望のコバチッチはともかく、モドリッチやバランのW杯決勝組も加わってまた、マドリーはバルデベバスでUEFAスーパーカップまで(おそらく非公開)練習。夏休みのマドリッド訪問で選手たちを近くで見たいファンには練習場入り口で待つという手がありますが…周囲に日影が少ないため、多分、物凄く暑いですよ。<hr> 【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.08.01 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【原ゆみこのマドリッド】暑さも親善試合もこれからが本番

▽「もう本気モードなのね」そんな風に私が感心していたのは金曜日、前夜に行われたヨーロッパリーグ予選2回戦1stレグでセビージャがサンチェス・ピスファンで4-0と圧勝。ハンガリーのウーイペシュトにヘスス・ナバス、ベン・イェデル、サラビア、フランコ・バスケスのゴールで大差をつけ、来週木曜の2ndレグが済んだら、続く2週間での3回戦でジャルギリス(リトアニア)vsファドゥーツ(リヒテンシュタイン)の勝者と当たることをお昼のニュースで知った時のことでした。 ▽いやあ、まだこの段階では相手が相手ですし、昨季はシーズン後半の不調で最後はやっとのこと、リーガ7位の座を手に入れた彼らとて、コパ・デル・レイは準優勝、CLだって準々決勝まで進んだチームなんですから、こういう結果も全然、不思議はないんですけどね。この予選はプレーオフまである上、その隙間の8月12日にはモロッコのタンジェでの開催が決まったスペイン・スーパーカップでバルサとのタイトル争いも控えているとなれば、もしや今季から就任したマチン新監督も夏の間だけで一生分、セビージャを指揮したような気分を味わえるかも。 ▽え、灼熱のセビージャ(スペイン南部)で、異例の早期発進を余儀なくされたその様子を今季、グループリーグからのEL参加が決まっている同じ街のライバルは高見の見物と洒落込んでいるんだろうって?そうですね、折しもセビージャが今季初の公式戦に臨んだ同じ木曜、ベティスは午前中に乾貴士選手のプレゼンをベニト・ビジャマリンで開催。2週間程前、当人の日本滞在中には東京のスペイン大使館でもやったんですが、地元のファンには初お目見えとあって、4500人余りがスタンドに駆けつけるビッグイベントになったとか。 ▽記者たちの前で話した乾選手も最初は「Estoy muy feliz de estar en el Betis./エストイ・ムイ・フェリス・デ・エスタル・エン・エル・ベティス(ベティスにいられてとても幸せだ)」とスペイン語で挨拶。ただ、「Viva el Betis 'manquepierda'/ビバ・エル・ベティス・マンケピエルダ(万歳、ベティス、???)」と続けたのは意味不明で、ちょうど私もコリセウム・アルフォンソ・ペレスでベルガラ(昨季はレアル・ソシエダからのレンタルでプレー)とカブレラ(同クロトーネ)の入団プレゼンが始まるを待っていたため、顔見知りのラジオ記者に尋ねたところ、「Aunque pierda(アウンケ・ビエルダ/負けても)をアンダルシア(セビージャのある地方)訛りで言うとそうなる」とはいやはや。 ▽乾選手も早く現地に溶け込もうとなかなか、抜かりがありませんが、翌日の練習ではチームメートが彼を手荒く歓迎(https://twitter.com/RealBetis/status/1022893630116257792)。うーん、おそらく次のハードルは来週のイギリス遠征で、カナレス(レアル・ソシエダから移籍)などもやらされていた(https://twitter.com/RealBetis/status/1017143995405701121)ベティス恒例のnovatada(ノバタダ/新入団選手の通過儀礼)を済ませ、外国人には理解が難しいホアキンのchiste(チステ/ジョーク)に大笑いができるようになれば、きっと新天地での居場所が確保できますって。 ▽そうそう、何故、私がその日、ヘタフェにいたのかというと、そろそろW杯で乾選手と一緒に活躍した柴崎岳選手もプレシーズン練習に合流するんじゃないかと、チームがオリバ(バレンシア)でのキャンプから戻った月曜にもGKダビド・ソリア(セビージャから移籍)とマキシモビッチ(同バレンシア)のプレゼンを見るついでに偵察に行っていたんですけどね。その時はスポーツディレクターのニコ・ロドリゲス氏の「ガクへのオファーは来ているが、まだ選手はバケーション中。戻ってから、代理人や当人と話す」という言葉を聞いてまだ当分、帰ってこないのかと思いきや、とんでもない。 ▽木曜のプレゼン前に練習も見学しておくかと、早めにヘタフェに向かったところ、メトロでの長い道中、読んでいたAS(スポーツ紙)で前日のコンケンセ(3部)との親善試合にすでに柴崎選手が出場しているんですから、驚いたの何のって。スタジアム右横を下りたところにある練習場ではもちろん、当人も真っ黒に日焼けしたチームメートたちと一緒にpartidillo(パルティージョ/ミニゲーム)中で、引き上げる時にはヘタフェ主催のカンプス(サッカー教室)に参加している子供たちに囲まれて大変なことになっていましたが、クラブの人の話だと、もう火曜から合流していたとか。 ▽いやあ、日影もようようない練習場のため、つい私も行き渋ってしまったのが悪いんですが、何せ現在、昨季から時々、試合に出してもらっていたメルヴェイユやドゥロらカンテラーノ(ヘタフェBの選手)らも加えて、チームは26人以上の大所帯。更に金曜にプレゼンされたアレホ(エイバルから移籍)などもいて、ここまですでに1200万ユーロ(約16億円)程、補強にお金を使っているそうなので、この先は柴崎選手も含め、移籍金が見込める選手は売却して、収支を合わせないといけないのは自明の理ですからね。ただこの状態で初戦のユニオン・アダルベ(2部B)に4-1と快勝したのに続き、水曜のプレシーズン2試合目でもマタ(バジャドリーから移籍)、ホルヘ・モリーナ、ロベルト・イバニェス、ドゥロ、アンヘルのゴールで0-5の勝利と、かなり破壊力のあるチームに変貌しているのは痛し痒しといったところ? ▽ええ、ボルダラス監督も取捨選択に困るところかもしれませんが、こればかっかりはねえ。とりあえず、この先のヘタフェの予定を伝えておくと、この土曜にはタラベラ(2部B)と親善試合をした後、来週月曜からはカンポアモール(アリカンテ、スペイン南西部)から2次キャンプに入り、それ以降はずっと地元で練習。柴崎選手の姿が見られるのもいつまでになるか、わかりませんが、8月上旬にマドリッド訪問を予定している方など、クラブのオフォシャルウェブ(http://www.getafecf.com/PrimerEquipo/Entrenamientos.aspx)で練習予定を確認の上、紫外線対策を十分して、見学に行ってみるのもいいかと思います。 ▽え、それでその木曜にはお待ちかねだったアトレティコ、この夏、最初のプレシーズンマッチもあったんだろうって? その通りなんですが、W杯が全試合、オープンチャンネルで見られたのとは対照的にこのインターナショナル・チャンピオンズカップ(夏の親善大会)はバル(スペインの喫茶店兼バー)に行かないとダメなんですよ。おまけに開催地がシンガポールだったため、午後1時30分という、こちらでは誰もサッカーの試合があるなんて想像もしない時間帯。探し回っても流しているお店が1軒も見つからず、結局、終わってからサマリーをチェックするだけになってしまったんですが…。 ▽まあ、彼らのサッカーは変わりません。プレシーズン初日から参加しているトップチームメンバーがたったの9人ということで、火曜にカンテラーノ(下部組織の選手)13人を連れて16時間のフライトに挑んだアトレティコでしたが、ここ2週間、シメオネ監督がガッチリ、「una estructura defensiva muy fuerte/ウナ・エストルクトゥーラ・デフェンシバ・ムイ・フエルテ(とても強靭な守備構造)」を教え込んだのが良かったんでしょうか。相手のアーセナルは昨季のEL準決勝の時同様、ラガゼットを中心に攻め込んできたんですが、最後はGKオブラクのparadon(パラドン/スーパーセーブ)x3もあって、前半は得点に至らず。その隙をついて、40分にはコレアがエリア内右奥から上げたクロスをビエットがヘッドで押し込み、ちゃっかり先制しているって、いかにも彼ららしいじゃないですか。 ▽ただオブラクから、この月曜にワンダ・メトロポリターノでプレゼンがあったアダン(ベティスから移籍)に代わってすぐ、後半1分にはアーセナルの17歳、スミス・ロウにエリア前からのシュートを決められ、同点に追いつかれてしまった時はやはり、DFラインがファンフラン以外、カンテラーノだったのが響いた風もあったんですが、ない袖は振れませんからね。トマスやガメイロが撃って、5分程は猛攻タイムもあったものの、結局、試合は1-1で終わると即PK戦に。アトレティコは最初のキッカーだったコレアがポストに当ててしまい、カンテラーノのボルハ・ガルシアもGKチェフに止められてしたまったものの、アダンが面目躍如の3人止めを披露、最後は自身もPKを決めて、1-3で勝利できたのはまあ、良かったかと。 ▽何よりの収穫はガビ(アル・サッドへ移籍)の14番を受け継いだロドリゴ(ビジャレアルから移籍)がフル出場、PK戦でも成功し、背番号に恥じない名ボランチぶりを発揮していたことでしたが、この日はアーセナルでもエジルがベンチ観戦していたように、W杯に参加した選手はどちらのチームにもいませんでしたからね。来週月曜午後1時30分(日本時間午後8時30分)からの、エムバペやネイマール、カバーニがいないPSG戦も同じような感じになるんじゃないかと思いますが、それは置いておいて。実は入れ違いでこの水曜から、マハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でフィジカルコーチのプロフェ・オルテガのしごきを受けているアトレティコの選手が4名いるんですよ。 ▽それはすでに月曜にはジムに顔を出していたサウールを始め、コケ、ジエゴ・コスタ、そして自由契約で移籍してきたジェルソン・マルティンス。うーん、このポルトガル代表は昨季、ウルトラ(過激なファン)が練習場のロッカールームに多数、乱入してきた事件を理由に、一方的にスポルティングCPとの契約破棄した選手の1人なんですが、この金曜になって相手がFIFAに提訴。アトレティコと選手当人に賠償金を請求しているようなので、ちょっと先行き、不安がないでもないんですが、何せ木曜にバラハス空港に到着、一緒にW杯優勝を遂げたフランス代表の同僚、グリーズマンとリュカに一足先んじて金曜から練習を始めたレマル(モナコから移籍)に7000万ユーロ(約91億円)という、クラブ史上最高額の移籍金を使ってしまったアトレティコですからね。 ▽後になってジェルソンに高いお金を払うことにならないといいのですが、戦力的には22歳のレマル同様、23歳の伸び盛りのサイドアタッカーということで、今季のアトレティコの「ワンダ・メトロポリターノでCL優勝杯を掲げる」という大望の役に立ってくれるのは間違いない?来週からはゴディン、ヒメネス、フィリペ・ルイスらの南米組も戻って来ますし、チーム本体が帰ってくる火曜以降には8月6日に戻るW杯決勝組(フランス勢とベルサイコ)以外、かなり見慣れたアトレティコらしくなってくるため、私もまた練習を見に行ってみようと思いますが…8月って、モンクロア(マドリッド市内のバスターミナル駅)からのバスが極端に少なくなるのがネックなんですよね。 ▽そしてオディオソラ(レアル・ソシエダから移籍)、ビニシウス(同フラメンゴ)、ルニン(同ゾリャ・ルハンシク)のプレゼンから、まだユベントスに行ってしまったクリスチアーノ・ロナウドの穴埋めをする大型補強に進展のないレアル・マドリーはどうしているのかというと。いやあ、彼らもすでに1週間以上、バルデベバス(バラハス空港の近く)でダブルセッションなど、厳しいトレーニングを続けているんですが、残念なことに全てがpuerta cerrada(プエルタ・セラーダ/非公開)。おかげでその様子はオフィシャルウェブ(https://www.realmadrid.com/)に上がるビデオでしか、わからないんですが、アメリカツアー出発を翌日に控えた金曜にはクロース、ルーカス・バスケス、ナチョ、アセンシオら、W杯参加組の一部が初出勤しています。 ▽いえ、他もニューヨークでブルックリン橋を自転車で渡っているビデオをアップしたセルヒオ・ラモス(https://www.instagram.com/p/BltgqgTnKpK/?hl=ja&taken-by=sergioramos)、バハマで女優の彼女、サラ・サラモさんと過ごしているイスコ(https://www.instagram.com/p/BlnLy8Cjs1k/?hl=ja&taken-by=iscoalarcon)、それこそすでに最初のマドリーの上陸地、マイアミに先乗りしたカルバハル(https://www.instagram.com/p/BlrRK9iAZ9q/?hl=es&taken-by=dani.carvajal.2)と皆、チーム合流に備えて近いところにいるようなんですけどね。さすがにインターナショナル・チャンピオンズカップの初戦、来週水曜のマンチェスター・ユナイテッド戦でのプレーを期待するのは時期尚早かと。 ▽アメリカでは5日のユベントス戦、8日のローマ戦も組まれているため、最後の辺りには見ることができそうですが、やはり注目はロナウドの去った後、今季こそは主役になれると張り切っているベイルとベンゼマ。ええ、2人共、W杯に行っていないため、ロペテギキ新監督の下、プレシーズン開始から、ずっと練習に励んでいますしね。スタイル的にもボールを持って攻撃的なサッカーと、ジダン前監督との違いもあまりないようですし、ここは彼らの活躍を楽しみにしたいところ。ちなみにマドリーの親善試合は今のところ、アメリカでの3試合しか予定されておらず、あとは8月15日のUEFAスーパーカップ前にサンティアゴ・ベルナベウ杯が入るかもしれないぐらい。 ▽何せ、19日にはもうリーガ1節、マドリッド1部5チーム体制の先陣を切って、ホームで弟分ヘタフェとのミニダービーが控えていますからね。同じ日に昇格組のラージョはセビージャとアウェイ戦、20日の月曜にはアトレティコがメスタジャでバレンシア戦、レガネスもサン・マメスにアスレティックを訪ねることになります。その一方でこの土曜午後7時にはまた、レガネスがシュダッド・デポルティバ・レガネスでラージョ・マハダオンダ(2部)と対戦するのを始め、土曜のエジプト遠征ではピラミッズFCとスコアレスドローを演じたラージョが水曜にRMカスティージャ(2部BのマドリーのBチーム)と手合わせといったように、マドリッドで見られる試合もあったりするんですが…いよいよ来週はスペインも気温40度到達の猛暑期に突入とあって、観光旅行などで来る方は覚悟しておいた方がいいですよ。<hr> 【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2018.07.28 14:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース