元ユベントスDFボヌッチがマドリー戦のPKに言及「神に感謝」とは?2018.04.17 15:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリーvsユベントスの“あの”場面について言及した。イタリア『プレミアムスポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたCL準々決勝2ndレグのレアル・マドリーvsユベントス。3点差を追いかけるユベントスが、FWマリオ・マンジュキッチの2得点などで敵地サンチャゴ・ベルナベウで追いつき奇跡の逆転まであと1点に迫ったが、後半アディショナルタイムにマドリーに与えられたPKによってユベントスの敗退が決定した。

▽2010年から7年間ユベントスでプレーしたボヌッチは『プレミアムスポーツ』のインタビューでこの試合について言及。「どのようなリアクションをしたらいいかわからない」としながらも、問題のシーンについて口を開いた。

「ヨーロッパでは感情的な1週間となったね。ベルナベウで3点を取ることは容易ではなかっただろう。だがフットボールはどんなことでも起こり得る。そしてその後、問題のPKがあった」

「その場にいなかったことを僕は神に感謝したい。感情を抑えることが出来なかったと思うからね」

▽このPKの場面では、ユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンが審判への抗議で退場。試合後も怒りは収まらないようで、主審を務めたマイケル・オリヴァー氏について「彼はスタンドで両親や友人、そしてフライドポテトとコカ・コーラを持って試合を観るべきだろう。彼はハートの代わりにガラクタを持っている」として、オリヴァー氏の判定に大きな批判の声を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

【プレビュー】7連覇か逆転スクデットか、4ポイント差のセリエA天王山《ユベントスvsナポリ》

▽セリエA第34節、ユベントスvsナポリが日本時間22日の27時45分にキックオフされる。7連覇を目指す首位ユベントス(勝ち点85)と、29年ぶりのスクデット獲得を目指す2位ナポリ(勝ち点81)によるセリエA天王山だ。 ▽前節クロトーネ戦を守護神のブッフォンを始め、キエッリーニにピャニッチ、ケディラらを温存した中、低調なプレーが響いて1-1の引き分けに持ち込まれたユベントスは、ナポリとのポイント差が再び4に縮まった。ユベントスとしては引き分けでも悪くない結果だが、次節にインテル戦、第37節でローマ戦を残しており、できればホームで行われる今回の大一番を勝利しておきたいところ。チャンピンズリーグから敗退してリーグ戦に集中できる中、ベストメンバーでナポリ撃破にかかる。 ▽一方、前節ウディネーゼ戦を不安定な戦いを見せながらも4-2で逆転勝利したナポリは、逆転スクデット獲得へ望みをつないだ。依然として好調時のパフォーマンスには程遠い状況が続くが、現状では結果が全て。ユベントス戦はベストメンバーを投入し、敵地で勝利をもぎ取りにかかる。 ▽なお、今季の1stマッチではユベントスが敵地でイグアインの古巣弾により1-0で勝利している。 <div style="text-align:center;">◆ユベントス◆ 【4-4-2】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ユベントス予想スタメン GK:ブッフォン DF:リヒトシュタイナー、ベナティア、キエッリーニ、アレックス・サンドロ MF:ドグラス・コスタ、ケディラ、ピャニッチ、マテュイディ FW:ディバラ、イグアイン 負傷者: DFデ・シリオ、MFストゥラーロ 出場停止者:なし ▽主力ではデ・シリオが負傷により欠場する。それ以外にケガ人はおらず、ほぼベストメンバーで臨める状況だ。ディバラではなくマンジュキッチが起用される可能性がある。 <div style="text-align:center;">◆ナポリ◆ 【4-3-3】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ナポリ予想スタメン GK:レイナ DF:ヒサイ、アルビオル、クリバリ、マリオ・ルイ MF:アラン、ジョルジーニョ、ハムシク FW:カジェホン、メルテンス、インシーニェ 負傷者:DFグラム 出場停止者:なし ▽ナポリは長期離脱中のグラム以外にケガ人はいない。現状のベストメンバーで天王山に挑む。 ★注目選手 ◆ユベントス:FWドグラス・コスタ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季の1stマッチで古巣相手にゴールを奪って喜びを表し、ナポリサポーターのひんしゅくを買ったイグアインにも注目だが、好調を持続するブラジル代表ウインガーに注目したい。バイエルン移籍後1年目に見せた爆発的な突破力を、ユベントス移籍初年度ながら遺憾なく発揮しているドグラス・コスタは、前々節サンプドリア戦で3アシスト、前節もアシストを記録と、ユベントスの攻撃をけん引する存在となっている。右サイドで起用されれば、守備に難のあるマリオ・ルイが対面となるだけに引き続きゴールに絡むプレーが期待できそうだ。 ◆ナポリ:FWロレンツォ・インシーニェ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180420_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対するナポリの注目選手はインシーニェだ。主力選手が軒並み蓄積疲労により低調なプレーが続く中、インシーニェは高パフォーマンスを持続している。前節ウディネーゼ戦では見事なトラップで前を向いて正確なシュートを流し込む、真骨頂のプレーを発揮。大一番のユベントス戦でもインシーニェが攻撃をけん引できれば、逆転スクデットへの足がかりとなる。 2018.04.22 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ボカは本気だった…すでにブッフォンと接触

▽今シーズン限りでユベントスとの契約が満了を迎えるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)だが、ボカ・ジュニアーズが獲得に動いているという報道は真実だったようだ。アルゼンチン『Radio Continental』が伝えた。 ▽シーズン終了後にユベントスとの契約を延長するとも報じられているブッフォンだが、現在のところは去就がハッキリとせず。噂が色々と報じられている。 ▽そんな中、獲得に動いているとされていたボカ・ジュニアーズのギジェルモ・バロス・スロット監督が、ブッフォンと接触しようとしていると明かした。 「ダニエル・アンジェリチ会長が私に、ブッフォンに興味があるか電話をしたと言ってきた。でも、我々は5月17日以降に話すこととなったよ」 ▽ブッフォンは、夢でもあったチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられず、昨シーズンは決勝で、今シーズンは準々決勝で敗退した。ボカ・ジュニアーズへと移籍するならば、南米のチャンピオンズリーグに当たるコパ・リベルタドーレスでプレーすることが可能となる。 ▽コパ・リベルタドーレスは8月からラウンド16がスタート。決勝は11月に行われ、シーズン終了後に移籍すれば出場が可能となる。果たして、ブッフォンはどのような決断を下すだろうか。 2018.04.21 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第34節プレビュー】4ポイント差のユーベvsナポリの天王山

▽ミッドウィークに行われた前節は首位ユベントスが格下クロトーネに引き分け、2位ナポリがウディネーゼとのシーソーゲームを制したことで両チームの勝ち点差が再び「4」に縮まった。熾烈な戦いが続くチャンピンズリーグ(CL)出場権争いでは、3位ローマ、4位ラツィオ、5位インテルが揃って勝利し、順位に変動はなかった。迎える第34節はユベントスとナポリのスクデットを争う天王山が日曜日に開催される。 ▽前節クロトーネ戦を先制しながらも低調なプレーが響き、バイシクル弾を浴びたユベントス(勝ち点85)は、守護神のブッフォンを始め、キエッリーニにピャニッチ、ケディラらを温存した中、1-1の引き分けに持ち込まれた。ユベントスとしては引き分けでも悪くない結果だが、次節インテル戦、第37節でローマ戦を残しており、できれば勝利しておきたいところ。ベストメンバーで臨む中、アシストを量産している好調ドグラス・コスタに期待が懸かる。 ▽一方、前節ウディネーゼ戦を不安定な戦いを見せながらも4-2で逆転勝利したナポリ(勝ち点81)は、ユベントスとのポイント差を4に縮め、逆転スクデットへ望みをつなげた。依然として好調時のパフォーマンスには程遠い状況だが、現状では結果が全て。ユベントス戦ではベストメンバーを投入できる中、敵地で勝利を手にできるか。 ▽前節ジェノア戦を2-1で逃げ切って3位を死守したローマ(勝ち点64)は、土曜日に17位SPAL(勝ち点29)とアウェイで対戦する。ジェノア戦では中盤の主力を揃って温存し、SPAL戦に向けて良好なチーム状態を維持。火曜日にCL準決勝1stレグのリバプール戦を控える中、一部主力を温存することが予想されるが、残留争い真っただ中の相手に対し、きっちり勝利することはできるか。 ▽フィオレンティーナとの大乱戦を4-3で制して4位をキープしたラツィオ(勝ち点64)は、8位サンプドリア(勝ち点51)とホームで対戦する。10人の戦いとなった中、アストーリ急逝後7戦負けのなかった相手に勝利したラツィオは、攻撃のキーマンで前節2ゴールの活躍を見せたL・アルベルトが出場停止となるが、連勝してCL圏内を死守できるか。 ▽カリアリに4発快勝し、4試合ぶりの勝利を飾った5位インテル(勝ち点63)は、16位キエーボ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨む。カリアリ戦ではガリアルディーニが負傷してしまったが、イカルディやペリシッチ、ブロゾビッチら攻撃陣にゴールが生まれたのはチームにとって追い風。次節ユベントス戦に向けて勢いを得られた中、残留争いに巻き込まれているキエーボを下してローマ勢に追いすがりたい。 ▽最後にトリノに引き分けるのが精いっぱいで4試合連続ドロー中と足踏みが続く6位ミラン(勝ち点54)は、アタランタ(勝ち点52)とサンプドリア(勝ち点51)が迫る中、最下位ベネヴェント(勝ち点14)とのホーム戦に臨む。ヨーロッパリーグ出場権獲得は最低限でも達成したい中、勝ち点を得られなければ降格が決まる相手に勝利できるか。 ◆セリエA第34節 ▽4/21(土) 《22:00》 SPAL vs ローマ 《25:00》 サッスオーロ vs フィオレンティーナ 《27:45》 ミラン vs ベネヴェント ▽4/22(日) 《19:30》 カリアリ vs ボローニャ 《22:00》 ウディネーゼ vs クロトーネ ラツィオ vs サンプドリア キエーボ vs インテル アタランタ vs トリノ 《27:45》 ユベントス vs ナポリ ▽4/23(月) 《27:45》 ジェノア vs ヴェローナ 2018.04.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランが新たなヒットマンとしてマンジュキッチに興味?

▽ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(31)に対して、ミランが目を光らせているようだ。 ▽マンジュキッチは、アトレティコ・マドリーを経て、2015年夏からユベントスでプレー。本来ストライカーポジションを主戦場としているが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、サイドハーフとして新たな才能を開花させ、今やユベントスにとって欠かせない選手の1人だ。 ▽イタリア『カルチョメルカート』によれば、ミランでスポーツ・ディレクターを務めるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏は、中国方面からも関心が取り沙汰されるマンジュキッチを来シーズンの新たなヒットマンとして今夏の獲得に興味を示しているという。 ▽だが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触した疑いがある浮上する現在のミランにおいて、マンジュキッチの引き入れに向けた給与を用意できるかどうか不透明。マンジュキッチ自身が望めばミラン入りの可能性が高まるとみられているが、果たして…。 2018.04.21 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ指揮官、首位ユーベとの直接対決も「すでに目標は達成。あとは楽しむだけだ」

ナポリの指揮官マウリツィオ・サッリは、22日に行われるセリエA第34節のユベントスとのビッグマッチに向けて意気込みを語った。イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が19日、伝えている。<br><br>前節、首位ユベントスが降格圏のクロトーネと引き分けたため、2位ナポリとの勝ち点差は4ポイントに縮まった。次節の直接対決でナポリが勝利することができれば、差はさらに1ポイントになるため、今季のセリエA王者を決める重要な一戦となる。<br><br>しかし、百戦錬磨の王者ユベントスは、緊張感の高まるビッグマッチでの経験も豊富だ。ナポリ指揮官はこの点について回答を求められると、相づちを打ち、自分たちの目標はあくまで2位を確保することだと強調している。<br><br>「そんなこと言われたってねえ&hellip;&hellip;。事実だよ。彼らは戦い慣れている。それがナポリの選手たちにとって重荷にならず、堂々と戦ってくれることを願うよ」<br><br>「何を心配しているのか分からない。我々は現在2位。6節も早く、自分たちの目標を達成することができた。あとは楽しむだけだよ。逆転優勝? 選ぶことができるならば、常に先頭に立っていたいが、サッカーにおいてチャンスは常にあるものだ。不可能な試合などありえない。ただ選手たちには、1日ぐらい緊張感を解いてリフレッシュして欲しいところだよ」<br><br>またサッリは、ホームにおいて0-1で敗れた12月のユベントス戦を振り返り、相手のボール試合率に注意を払いつつ、積極的なプレーを展開することを約束した。<br><br>「恐れている素振りを見せてはならないが、私の哲学上、消極的な試合にはならないと思う。敵地へ乗り込んで、自分たちのプレーを見せるつもりだ。上手く行くときもあればそうでないときもある。相手の状態にもよるだろう。前半戦と比較して注意したい点? 87%の支配を許して負けることだ」<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 14:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース