プレミア王者ペップ・シティに補強禁止処分か2018.04.17 12:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティに補強禁止処分の可能性が浮上した。

▽イギリス『デイリー・メール』によれば、シティは2016年夏にべレス・サルスフィエルドから当時16歳だったMFベンジャミン・ガレを獲得する際、国際サッカー連盟(FIFA)が定める18歳未満選手移籍のルールを違反した疑いがあるという。

▽この件は、既にスポーツ仲裁裁判所(CAS)の判断下にあり、今後7日間以内にも判決が下される模様。シティに違反が認められた場合、今シーズン終了後の夏と来冬の2度にわたる補強禁止処分が言い渡されるとみられる。

▽なお、過去には、同様のケースでバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーに対しても補強禁止処分が科されている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、堂安律の獲得に“自信”か

▽マンチェスター・シティがフローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に本腰を入れているという。イギリス『TEAMtalk』が報じた。 ▽昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。日本代表の常連となりつつある中、フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』が新設した“若手版バロンドール”のコパ・トロフィー最終候補10名にも選ばれ、その存在により一層の注目が集まっている。 ▽以前から関心が取り沙汰されるシティは来年1月、その堂安の獲得に動く意向。チェルシーやアーセナル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも目を光らせているとされるが、かつてフローニンへンでプレーした元オランダ代表MFアリエン・ロッベン以来の逸材として評される堂安の獲得に自信を深めている模様だ。 ▽だが、来年1月におけるシティの堂安獲得に向けた動きは、現時点で将来への投資という意味合いが強く、取引が成立に至った場合も引き続きフローニンヘンでプレーさせるプランを考慮しているとのことだ。 2018.12.10 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦で人種差別被害のスターリング、自身ではなく若手に対するメディアの人種差別に問題提起

▽8日に行われたチェルシー戦で人種差別の被害に遭ったマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングだが、試合翌日に自身ではなくシティ所属の若手2選手に対するメディアの人種差別に問題提起した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽今季リーグ戦無敗を継続していたシティだが、8日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー戦では0-2で敗れ、今季リーグ初黒星を喫した。ただ、その敗戦と共に話題になったのが、同試合中にピッチサイドへボールを拾いに行ったスターリングに対してチェルシーファンから人種差別的な発言が行われたことだった。 ▽渦中のスターリングに注目が集まった中、試合翌日に自身の『インスタグラム』を更新したスターリングは、「チェルシー戦での出来事に関して僕の反応を見た人はわかる通り、僕は相手が良いことを言ってくるとは思っていなかったし笑うしかなかったよ」と、自身への差別行為には大きな反応を示さなかった。 ▽その一方で、DFトシン・アダラバイヨ、MFフィル・フォーデンという2人のシティ所属のイングランド人若手2選手が共に若くして母親に家を購入したという、イギリス『デイリー・メール』の報道に関して、アフリカにルーツを持つアダラバイヨ、白人のフォーデンで報じられ方が異なるとスターリングは主張する。 ▽確かにフォーデンに関しては18歳の同選手が両親のために200万ポンド(約2億8000万円)の新居を購入したという見出しで若手ながら高額の給与を受け取っていることに対する驚きと共に、同選手の親孝行ぶりを意識した記事になっていた。(今年10月の記事) ▽一方、今年1月に出たアダラバイヨの見出しではまだプレミアリーグで1度も先発経験がない20歳の若手選手が週給2万5000ポンド(約350万円)を受け取り、225万ポンド(約3億2000万円)のマンションを購入したというややネガティブなニュアンスでの記事となっていた。 ▽そして、スターリングはシティの若手2選手に対する報道に関して人種差別的な意図がなるのではないかと、持論を展開している。 「2人の若手プレーヤーがプロとしてのキャリアをスタートし、同じクラブのためにプレーしている。そして、2人とも正しい行いをしている」 「だけど、多くの時間と愛情をかけて自分を育ててくれた母親のためにそれぞれが新居を購入したのに、新聞の報じ方は若い黒人プレーヤーと白人プレーヤーで異なる」 「僕はこのことが受け入れがたい。どちらも純粋な行為であり、彼らは間違ったことをしていない。だけど、受け取られ方は別だ。明らかに若い黒人には悪い形での光が当てられている」 「そういった報道は人種差別主義や攻撃的な振る舞いを煽ることに繋がる。だから、差別が何たるかを理解していないすべての新聞には公正な宣伝を行ってほしいと言いたい。同時にすべてのプレーヤーに平等なチャンスを与えてほしいと思っている」 ▽自身の人種差別被害をキッカケに一部メディアに対して、人種差別撲滅の啓蒙を行ったスターリング。後輩アダラバイヨを思いやる兄貴的な態度を含めて素晴らしいジェスチャーを見せてくれた。 2018.12.09 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、コーチングスタッフは挑発的? 試合後にペップを怒らす

▽プレミアリーグ第16節、チェルシーvsマンチェスター・シティが8日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-0でチェルシーが勝利した。シティ相手に今季リーグ戦初黒星を与えたチェルシーだが、先日のマンチェスター・ユナイテッド戦に続きコーチングスタッフによる挑発的な行為があったようだ。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽今季開幕から無敗を継続する昨季王者シティと、直近のウォルバーハンプトン戦で今季2敗目を喫したチェルシーの一戦。下馬評ではシティ優位の声が挙がっていたものの、蓋を開けてみればMFエンゴロ・カンテ、DFダビド・ルイスと伏兵2選手のゴールによってホームのチェルシーが2-0で勝利し、シティに今季リーグ戦初黒星を与えた。 ▽同試合後、敵地で悔しい敗戦を喫したジョゼップ・グアルディオラ監督は、互いに尊敬し合うマウリツィオ・サッリ監督とジャンフランコ・ゾラコーチと健闘を称え合った後、ロッカールームへと通じるトンネルに向かう。ここでチェルシー側の数人のスタッフと握手をしていた中、フィジカルコーチを務めるパオロ・ベルテッリ氏と握手を交わすと、同氏から何らかの挑発的な発言をされたと思われるグアルディオラ監督はムッとした様子をみせ、すぐさま手を振り払いトンネルの中へと消えていった。 ▽チェルシーでは先日のユナイテッド戦でも劇的同点ゴールが決まったベンチサイドでマルコ・イアンニコーチが敵将ジョゼ・モウリーニョ監督に行った挑発行為で処分を受けた経緯もあり、対戦相手へのリスペクトという部分でやや配慮を欠いていると言わざるを得ないところだ。 ◆ペップを挑発? https://twitter.com/LfcOkk/status/1071491257246060545 2018.12.09 17:11 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーに敗れて今季初黒星も…グアルディオラ「気にしていない。敗戦もリーグ戦の一部」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チェルシーの前に今シーズン初黒星を喫したものの選手たちのパフォーマンスは上々だったと賛辞を送った。<br><br>8日に行われたプレミアリーグ第16節で敵地でチェルシーと対戦したマンチェスター・C。今シーズンの開幕戦から15戦無敗と圧倒的な強さを誇る同チームだが、この試合では45分と78分に得点を許し、さらに攻撃陣も無得点に終わって0-2で敗れた。<br><br>試合後、グアルディオラ監督はチームを敗戦に追い込んだチェルシーへ賛辞を送った。「結果は結果だ。彼らは2ゴールを奪い、我々は無得点だった。チェルシーの勝利におめでとうと言いたい。前半はとても良い試合運びができていたが、不幸にも彼らの前半唯一のチャンスでゴールを許してしまった。彼らは前線、中盤、バックで非常に強いチームだ」<br><br>「後半最初の10分は彼らのペースだったが、前半と最後の20分、25分は我々がファンタスティックだった。選手たちのこのような姿が見られることは監督として喜びだ。昨シーズンのことがあったから誰もが我々を倒したいと思っている。それでも我々は攻めに徹し、前半に1、2回得点のチャンスを作った。しかし、何も起こらなかった」<br><br>「これは良い教訓だ。チャンピオンズリーグレベルの試合だった。相手はとても良いチームで、1つのチャンスで1ゴールを挙げた。それにとても賢くプレーしていた。将来大舞台でこのようなことは起こり得るだろう。ただ、そんな中でも選手たちは良いプレーをした。だから私はとてもうれしい」<br><br>また、昨シーズンと同じような時期に初黒星を喫したマンチェスター・Cだが、グアルディオラ監督はこの敗戦もリーグ戦の一部だと主張した。「我々はインビンシブルズではないし、ましてや無敗でもなくなった。ただ王者になることだけを目指している。この敗戦をそこまで気にしていない。他のチームを1ポイントでも上回りたいだけだ。これもリーグ戦の一部だ。世界中に1つのチームや1人の個人だけが勝ち続けるスポーツはない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“勝って兜の緒を締めよ”シティ撃破のサッリ監督「モチベーションの連続性が必要」

▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、マンチェスター・シティとの一戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽チェルシーは8日、ホームにシティを迎えた。試合は前半終了間際にカンテのゴールで先制。後半にはダビド・ルイスにもゴールが生まれ、2-0で勝利。プレミアリーグで首位を走っていたシティに初黒星をつけた。 ▽タイトルレースのライバル相手に勝利を収めたサッリ監督は、シティの強さを見せつつも勝利を喜んだ一方で、モチベーションを保つことが大事であると語った。 「現時点で、彼らはヨーロッパで最高のチームだと思う」 「今日は勝利したが、我々は少し運があったと言わざるを得ない。最初の25分に相手に得点チャンスがあったからだ。前半は少しラッキーで、後半はとても良かった。我々はモチベーションを保つのが難しいときもある」 「このような類の試合では、とても良いモチベーションと正しいレベルの判断、攻撃性を持つことは簡単だ。ただ、シーズン中は小さなチームと対戦もしなくてはいけない」 「我々はモチベーションの連続性が必要であり、意志の強さの継続が必要である。そうでなければ、他の試合でポイントを失う」 ▽チェルシーは13日にヨーロッパリーグでヴィディと対戦。プレミアリーグの次節は、ブライトン&ホーブ・アルビオンと対戦を控えており、サッリ監督は格下との対戦へのモチベーション低下に警鐘を鳴らしている。 2018.12.09 10:53 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース