エイバル、ペドロ・レオンと2020年まで契約延長2018.04.17 02:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エイバルは16日、スペイン人MFペドロ・レオン(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽レアル・マドリーに在籍経験もある右サイドのスペシャリストであるペドロ・レオンは、2016年7月にヘタフェからエイバルに加入。昨季はフル稼働し、リーグ戦37試合に出場して10ゴール6アシストと大活躍して、MF乾貴士と共にチームの残留に大きく貢献していた。今季はヒザのケガで出遅れたが、2月に復帰して以降はリーグ戦8試合全てに出場し、健在ぶりを発揮していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン長男エンツォ、ラージョ・マヤダホンダにローン加入!

▽ラージョ・マヤダホンダ(スペイン2部)は14日、フランス人MFエンツォ・ジダン(23)をスイス2部に降格したローザンヌ・スポルトから1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の長男であることで知られるエンツォは2016-17シーズン、レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でセグンダ・ディビシオンB(3部相当)の32試合に出場し、5ゴール5アシストを決めた攻撃的MF。この活躍が評価され、昨年6月に2004年から所属していたマドリーを離れてアラベスに身を移した。 ▽しかし、アラベスではリーグ戦2試合の出場に留まるなど出場機会を得られず、両者合意の下で契約を破棄。フリーでローザンヌ・スポルトに加入していた。ローザンヌ・スポルトでの半シーズンでは、スイス・スーパーリーグの16試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。 2018.07.14 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、ネイマール獲得説が再浮上! 南米担当スカウトが接触

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマンの(PSG)ブラジル代表FWネイマール(26)獲得に動き出しているようだ。スペイン『マルカ』が、ブラジル『Globo Esporte』の報道を基に伝えた。 ▽マドリーは今夏、クラブの象徴として数々の栄光をもたらしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出。当然ながら、次なるスタープレーヤーの確保が急務とされており、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールなどビッグネームの名前が挙がっている。 ▽そんな中、『Globo Esporte』はマドリーのネイマール獲得説が再浮上していると報じた。同クラブは、ネイマールに史上最高額の移籍金3億1000万ユーロ(約406億円)でのオファーを提示したとするスペインのテレビ局『TVE』の報道を公式声明で強く否定していた。 ▽しかし、伝えられるところでは、マドリーの南米担当スカウトのジュニ・カラファト氏が、ネイマールの父親とファーストコンタクトを取ったという。ブラジル在住のカラファト氏は、ネイマールが14歳の頃からマドリー側の窓口として連絡を取り合っていたことでも知られる人物だ。 ▽PSGはネイマールに契約解除金を設定しておらず、ナセル・アル・ケライフィ会長も放出を拒否している。マドリーにとって厳しい交渉になることが予測されるが、必要な圧力をかけることで可能にするかもしれない、と『マルカ』は見解を示している。 2018.07.13 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「来シーズンはマドリーの重要な存在になる」退団噂のアセンシオ代理人、残留を強調

▽現在移籍の可能性が浮上しているレアル・マドリーに所属するスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(22)の代理人が、同選手の残留を強調している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2014年にマジョルカからマドリーに加入したアセンシオは、2016-17シーズンから印象的な活躍を披露し始めた。2017-18シーズンでは公式戦53試合11ゴール6アシストを記録。それでもベンチを温める試合も多い同選手には、欧州クラブから熱視線が注がれており、現在ではリバプール筆頭にプレミアリーグからの関心が伝えられている。 ▽本人は最近「今はロシアW杯のことだけを考えている」とコメント。スペインメディアはこれまでマドリーが契約解除金7億ユーロ(約897億円)を設定していながら、リバプールの提示額次第では交渉に応じる可能性もあると伝えらえれてきたが、今回アセンシオの代理人は「残留する」と語っている。 「マルコは移籍しない。彼はレアル・マドリーに残ることになる」 「彼は日に日に良くなっている。来シーズンはマドリーのとても重要な存在になると思っている」 2018.07.10 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

去就が注目されるトーレス、10日のイベントで次の所属先を明かすとSNSで発表

▽元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)は9日、10日の9時30分(日本時間:10日16時30分)から行われるイベントで次の所属先を明かすと自身のインスタグラムで発表した。 ▽アトレティコ・マドリーに2度目の別れを告げたトーレスの新天地に関しては、サガン鳥栖や北京人和、シドニーFC、シカゴ・ファイヤーらが候補に挙がっていた。6月4日に行われたイベントの席で同選手の父親であるホセ・トーレス氏は2週間以内に答えが出ると主張していたが、未だ去就は発表されていなかった。 ▽今後の去就に注目が集まるトーレスは、9日に自身のインスタグラムを更新。 「皆さんこんにちは。僕は10日の9時30分からパセオ・デ・ラス・アカシアスの体育館の1つで行われる新しい電子書籍の発表イベントに参加するんだ。そこで次の所属先について発表したいと思っているよ」 2018.07.10 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スペインサッカー連盟会長、新監督L・エンリケの契約解除金設定せず「辞めたいときは直接言ってもらう」

スペインサッカー連盟(RFEF)は9日、スペイン代表の新監督としてルイス・エンリケ監督を招へいしたことを発表した。ルイス・ルビアレス会長は、L・エンリケ監督がスペイン代表監督を指揮する大きな熱意があったことを強調している。<br><br>8日に会見を開いて、L・エンリケ監督の招へいを発表したルビアレス会長は、同指揮官がRFEFが提示したものより好条件のオファーを受けながらも、スペイン代表を率いることを選択したと語った。<br><br>「会議では、満場一致でL・エンリケの招へいが承認された。私が何よりも好ましいと思ったのは、彼の気概だ。エンリケは金銭的に私たちのものを上回るオファーを受け取っていたが、代表監督になることを何よりも望んでいた」<br><br>レアル・マドリー監督就任が内定したことを受けて、ロシア・ワールドカップ開幕2日前にフレン・ロペテギ監督を解任したルビアレス会長。レアル・マドリーはロペテギ監督とRFEFの契約解除金200万ユーロを支払えば問題ないと内定を発表したとされるが、ルビアレス会長は同じことを繰り返さないためにも、今回は契約解除金を設定しないようだ。<br><br>「エンリケと私たちとの間に契約解除金の設定は存在しない。辞めたくなった代表監督や、内定したクラブは私たちと話をしなければならない。もちろん、賠償はしてもらう」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.09 22:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース