エイバル、ペドロ・レオンと2020年まで契約延長2018.04.17 02:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エイバルは16日、スペイン人MFペドロ・レオン(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽レアル・マドリーに在籍経験もある右サイドのスペシャリストであるペドロ・レオンは、2016年7月にヘタフェからエイバルに加入。昨季はフル稼働し、リーグ戦37試合に出場して10ゴール6アシストと大活躍して、MF乾貴士と共にチームの残留に大きく貢献していた。今季はヒザのケガで出遅れたが、2月に復帰して以降はリーグ戦8試合全てに出場し、健在ぶりを発揮していた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーがアスピリクエタと4年間の新契約締結! 「喜びと責任を感じてきた」

▽チェルシーは4日、スペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(29)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 ▽先日のイギリス『テレグラフ』の報道によると、推定週給はこれまでの12万ポンド(約1740万円)から15万ポンド(約2170万円)にアップ。マウリツィオ・サッリ新監督を迎えた今季もリーグ戦全試合に出場し、今冬の退団が見込まれる元イングランド代表DFガリー・ケイヒルに代わって正式なキャプテンに就任することが濃厚な重要選手の確保に成功した。 ▽アスピリクエタは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「チェルシーに滞在する時間を延長することができて、とても嬉しい」 「入団してから、このクラブとファンの方々の為にプレーすることの喜びと責任を感じてきた。ピッチに上がる度に全力を尽くしているよ」 「多くのものを得て、チェルシーの(タイトルに手が届く)場所を維持できるといいな」 ▽2012年にマルセイユからチェルシーに加入したアスピリクエタは本職の右サイドバックに加え、左サイドバックやアントニオ・コンテ前体制では3バックの右として活躍。ここまで公式戦298試合に出場しており、300試合出場達成が間近に迫っている。 2018.12.04 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月3日は、神戸に加入した“ラ・ロハ”歴代最多得点者のバースデー

◆ダビド・ビジャ 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1981/12/3 クラブチーム:ヴィッセル神戸 ポジションFW 身長:175cm 体重:69kg ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月3日は、元スペイン代表FWダビド・ビジャだ。 ▽ビジャのプロキャリアは、スポルティング・ヒホンでスタートした。2000-01シーズン、当時2部で戦っていたクラブで最終節にデビュー。以降サラゴサ、バレンシアに移り、スペイン代表MFダビド・シルバ(現マンチェスター・シティ)や元スペイン代表FWフェルナンド・モリエンテスらと共に一時代を築いた。 ▽この間には、スペイン代表では2008年のユーロで優勝、2010年の南アフリカワールドカップでも優勝を果たすなど、無敵艦隊の主軸を担い、両大会で得点王に輝いた。また、通算では99試合59ゴールを決めており、同国歴代最多得点者に君臨している。 ▽バレンシアや代表での活躍もあり、2010年にバルセロナに移籍。すると、加入初年度で6冠達成という前人未到の偉業を成し遂げたバルセロナの一員として多大な貢献を果たす。在籍3年間では8個のトロフィーを掲げるなど、史上最強と謳われた当時のブラウ・グラナで大きな成功を掴んだ。 ▽その後、2013年にアトレティコ・マドリーに活躍の場を移すとこのシーズンに13得点を記録し、アトレティコの18年ぶりのリーグ優勝に貢献。タイトルを置土産に翌年にはアメリカでの挑戦を決意してメジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティに加入し、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏らと共闘した。 ▽そして2018年12月1日、ヴィッセル神戸への加入が発表。FWルーカス・ポドルスキ、MFアンドレス・イニエスタに続く3人目のW杯覇者の移籍に、日本中の注目が集まっている。 ※誕生日が同じ主な著名人 マイケル・エッシェン(サッカー選手/プルシブ・バンドゥン) クリスティアン・ベンテケ(サッカー選手/クリスタル・パレス) 米本拓司(サッカー選手/FC東京) 児玉駿斗(サッカー選手/名古屋グランパス) オジー・オズボーン(歌手/ブラック・サバス) イルカ(歌手) 川谷絵音(ミュージシャン/indigo la End、ゲスの極み乙女。) 長州力(プロレスラー) 古田新太(俳優) 壇蜜(タレント) 入山杏奈(アイドル/AKB48) 2018.12.03 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、J・アルバとの契約延長を優先事項に

▽バルセロナが、所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)との契約延長に動き出しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽J・アルバは、1-1の引き分けに終わった24日のリーガエスパニョーラ第13節アトレティコ・マドリー戦後に、「クラブが僕について何を考えているのか分からない。契約があまり多くは残っていないのに(延長の知らせが無いのは)おかしい」と不満を吐露。2020年6月までとなっている契約の延長交渉が進んでいないことを明かした。 ▽しかし、『マルカ』によると、ラウル・サンレヒ氏(現アーセナル幹部)がフットボール・ディレクターを務めていた約1年前から、度々話し合いの場が設けられ、楽観的な様子で進行していたとのこと。 ▽とはいえ、J・アルバのアトレティコ戦後の発言を受け、バルセロナは26日に会議を開催。現在では、同選手との契約延長を優先事項とする、ということでまとまっているようだ。 ▽また、J・アルバの延長が完了した後には、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチとの契約更新が優先事項になると伝えられている。 2018.11.28 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、ロシアW杯を苦々しく回想「受け入れられなかった」

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の思い出を苦いものとして回想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽スペイン代表として131キャップを刻み、2008年のユーロ、2010年のW杯、2012年のユーロを連続で制したイニエスタ。正真正銘の“無敵艦隊”となったスペインはティキ・タカで各国を圧倒しており、イニエスタはアル・サッドMFチャビ・エルナンデスやバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツらと共に心臓部を担っていた。 ▽しかしながら、イニエスタにとって最後のW杯となった今年のロシア大会で、スペインはベスト16で敗退。同大会で指揮を執っていたフェルナンド・イエロ氏は、決勝トーナメントの1回戦ロシア代表戦でイニエスタをベンチに置き、PK戦の末に敗れ去ることとなった。 ▽ロシアW杯を回想するイニエスタは、以下のように悔しさをにじませている。 「ロシアでのワールドカップに良い記憶はない」 「僕をベンチに置く決断や(フェルナンド・)イエロがそうする理由が分からなかった」 「動揺したよ。彼が言ったことが受け入れられなかった」 2018.11.24 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表がロペテギ招へいを検討! 若手起用の実績を評価

▽アメリカサッカー連盟(USSF)が、フレン・ロペテギ氏(52)の招へいを検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ロペテギ氏は、今シーズン初めからレアル・マドリーで指揮を執っていたが、成績不振により10月29日に解任。ロシア・ワールドカップ(W杯)直前にも、発表されていたマドリー指揮官就任の報にスペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長が激怒したことで、スペイン代表指揮官を解任されており、約5か月間で2度も職を失うこととなった。 ▽しかし、幸いなことにロペテギ氏の評判は落ちておらず。『アス』によると、スペイン代表でロシアW杯までトップレベルのチームを作り上げていたことや、U-21スペイン代表指揮官時代に多くの若手の才能を引き出していた手腕は、高い評価を保っているようだ。また、マドリーの低迷の責が同氏にあると考えている関係者は少なく、複数のクラブや各国協会が関心を示しているという。 ▽今回、招へいの検討が伝えられているアメリカ代表は、今年のロシアW杯で1968年以来初めて出場を逃しており、昨年10月にブルース・アリーナ前監督が辞任。現在まで、デイヴ・サラチャン氏が暫定で指揮を執る状態が続いている。 ▽しかし、その状況とは裏腹にドルトムントMFクリスティアン・プリシッチ(20)やパリ・サンジェルマン(PSG)FWティモシー・ウェア(18)など期待の若手を多く現れており、その点で実績のあるロペテギ氏に白羽の矢が立ったようだ。 2018.11.21 15:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース