エイバル、ペドロ・レオンと2020年まで契約延長2018.04.17 02:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エイバルは16日、スペイン人MFペドロ・レオン(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽レアル・マドリーに在籍経験もある右サイドのスペシャリストであるペドロ・レオンは、2016年7月にヘタフェからエイバルに加入。昨季はフル稼働し、リーグ戦37試合に出場して10ゴール6アシストと大活躍して、MF乾貴士と共にチームの残留に大きく貢献していた。今季はヒザのケガで出遅れたが、2月に復帰して以降はリーグ戦8試合全てに出場し、健在ぶりを発揮していた。

コメント

関連ニュース

thumb

イニエスタの中国移籍はワインの宣伝? 『ボテガ・イニエスタ』が200万本を中国輸出

▽中国スーパーリーグへの移籍が決定的とみられているバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)。その決断の背景には、自身のワイナリー経営の展望が関連しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽スペイン『アス』の報道によると、イニエスタは現在、中国スーパーリーグの4クラブからオファーを受けており、うち1クラブと3年契約を結ぶ見通しだという。バルセロナも既にこのことを把握しており、4月21日に行われるコパ・デル・レイ決勝のセビージャ戦後にも正式にアナウンスされる可能性がある模様だ。 ▽『マルカ』によると、この去就騒動と並行して、イニエスタが経営に携わる『ボデガ・イニエスタ』は来年、ワイン約200万本を中国に輸出する計画を立てているという。したがって、同選手の中国移籍には商品の宣伝も含まれており、そういった目的が大きいと記事は伝えている。 ▽2010年に創設され、フエンテアルビージャで経営されている『ボテガ・イニエスタ』。“情熱を内に秘めて”という言葉がラベルにプリントされたそのワインは、1000円前後というリーズナブルな価格かつ幅広い料理に合わせやすいフルーティな味わいが人気を集めている。 2018.04.17 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月13日は代理人に転身したバルセロナ一筋19年の闘将DF

◆カルレス・プジョール 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1978/4/13 クラブ: バルセロナ ポジション: DF 現職:代理人 身長: 178㎝ 体重:80kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月13日は元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏だ。 ▽17歳でバルセロナの下部組織に入団したプジョール氏は、1999-2000シーズンにトップチームデビュー。その後、多くの出番は与えられなかったが2002-03シーズンからセンターバックとして主力に定着すると、2004-05シーズンからはキャプテンも務め、チームを牽引。引退する2014年までバルセロナ一筋を貫き、クラブ歴代3位となる公式戦593試合出場に加えて、6度のリーガエスパニョーラ制覇、3度のチャンピオンズリーグ制覇、クラブ史上初のクラブ・ワールドカップなど“20”のタイトルを獲得。個人としても2005-06シーズンUEFA年間最優秀ディフェンダー賞にも選ばれた。なお、プジョール氏の着用していた背番号5は本人の指名でセルヒオ・ブスケッツに引き継がれた。 ▽2000年11月にデビューしたスペイン代表においても、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)、2006年のドイツW杯、2010年の南アフリカW杯に出場するなど、3度のW杯を経験。スペイン代表では通算100試合に出場し、南アフリカW杯制覇やユーロ2008の優勝に貢献した。 ▽バルセロナ引退後は、当時バルセロナのテクニカルディレクターを務めていたアンドニ・スビサレッタ氏のアシスタントとしてフロントに入閣。しかし、2015年1月にスビサレッタ氏が解任されると、同時に辞任を表明した。その後、プジョール氏はエージェントとしての活動を開始。現在はベティスに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラの代理人を務めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 アンデルス・リンデゴーア(サッカー選手/バーンリー) クラウディオ・ブラーボ(サッカー選手/マンチェスター・シティ) 藤田祥史(サッカー選手/ブラウブリッツ秋田) 天野貴史(元サッカー選手) 水嶋ヒロ(俳優) 萬田久子(女優) 西城秀樹(歌手) 上沼恵美子(タレント) 中元日芽香(元アイドル/乃木坂46) 2018.04.13 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ムニル、まだモロッコを諦めない! スペイン代表からの鞍替えは5月中旬に結論

▽元スペイン代表のアラベスFWムニル・エル・ハダディは、モロッコ代表入りの夢を諦めていない。スペイン『アス』が報じた。 ▽バルセロナ下部組織出身のムニルは、2014年9月に行われたユーロ2016予選のマケドニア代表戦でスペイン代表デビュー。13分間の出場機会を得たが、それ以降は代表でチャンスが与えられず。両親のルーツがあるモロッコへの国籍変更を希望していた。 ▽国際サッカー連盟(FIFA)のルール上では、コソボのような新しい国家が誕生するなど例外を除き、公式戦に1試合でも出場した場合、その後の国籍を変えることができないとしているが、ムニルの代表鞍替えを支持するモロッコサッカー協会が抗議。FIFA側も、代表キャップ1~2試合であれば国籍の切り替えを許可できるよう、ルールの緩和を検討していた。 ▽しかし3月13日、FIFAはモロッコの訴えを却下。スペインという競争力のある国で出場した以上、例外として認めることはできないとの意向を示していた。 ▽それでもモロッコ代表入りを諦めないムニルは、FIFAに却下された後にモロッコサッカー連盟(FMF)と共同でスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴。この訴えには、ロシア・ワールドカップ(W杯)に間に合わせるため、5月中旬までに回答を求めるという期限が請求されているという。 ▽この件に関して、ムニルは以下のように代表鞍替えに至った心境を語っている。 「これは僕の決定だった。自分が何をしたかは分かってたんだ。スペインでプレーしてきた育成年代から、そう考えてた」 「モロッコの人々と話をして、(スペインの)代わりにここでプレーしたいと伝えたよ」 ▽W杯本大会では、スペインと同じグループBに振り分けられたモロッコ。スペイン選手の特徴をよく知るムニルの“補強”が叶えば、戦力アップになることは間違いない。5月中頃までに結論が出る見込みとされており、CASの判決が待たれる。 2018.04.11 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月11日はサッカー界随一のエリート一家に生まれたバイエルンのゲームメイカー

◆チアゴ・アルカンタラ 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1991/4/11 クラブ:バイエルン ポジション:MF 身長:174㎝ 体重:70kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月11日はバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラだ。 ▽バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、その卓越した戦術眼とパスセンスからチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)の後継者と目され、2009年にトップチームに昇格。しかし、出場機会に悩むと2013年には恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督(現・マンチェスター・シティ)の後を追うようにしてバイエルンに移籍し、バルセロナファンは喪失感に苛まれることとなった。 ▽稀有なゲームメーカーとして名高いチアゴ。当人だけでなく、血縁者が一流プレーヤー揃いであることでも有名だろう。父親のオマール・ド・ナシメント氏はワールドカップ優勝経験を持つ元ブラジル代表であり、弟のラフィーニャ・アルカンタラはバルセロナでプレーする現役ブラジル代表だ。さらに、従兄弟のロドリゴ・モレノもバレンシアでエースを務めるスペイン代表であり、その遺伝子の優秀さはサッカー界随一かもしれない。 ※誕生日が同じ主な著名人 マルチェロ・リッピ(サッカー監督/中国代表) デレ・アリ(サッカー選手/トッテナム) セドリック・バカンブ(サッカー選手/北京国安) 玉田圭司(サッカー選手/名古屋グランパス) 豊田陽平(サッカー選手/蔚山現代) 高橋祐治(サッカー選手/サガン鳥栖) 和田昌士(サッカー選手/横浜F・マリノス) 前田健太(プロ野球選手) トマス・ハリス(小説家) アンドリュー・ワイルズ(数学者) すぎやまこういち(作曲家) 加山雄三(歌手) 森高千里(歌手) 武田鉄矢(俳優) 辛坊治郎(ニュースキャスター) 角田信朗(格闘家) 2018.04.11 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月5日はリーガアンバサダー務めるラウールの相棒!

◆フェルナンド・モリエンテス 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1976/4/5 現職:リーガ・エスパニョーラ・アンバサダー クラブ:レアル・マドリー、リバプール、バレンシアなど ポジション:FW 身長:186㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月5日は元スペイン代表でレアル・マドリーOBのフェルナンド・モリエンテス氏だ。 ▽柔らかいボールタッチと確かな技術を持ったモリエンテス氏は、サラゴサで頭角を現わして1997年にマドリーに移籍。初年度からチーム内得点王に輝くと、その後もラウール・ゴンザレス氏と最前線でコンビを組み好相性を披露した。1997-18シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献すると、1999-20シーズンにはCL決勝バレンシア戦で決勝点を記録。3シーズンで2度のビッグタイトル獲得を経験した。 ▽しかし、2003年にマドリーの銀河系政策の割りを食う形でモナコへとレンタル移籍。不遇な扱いを受けたが、CL準々決勝でマドリーと対戦した際にはホーム&アウェイともにネットを揺らし、“恩返し”を果たした。その後、リバプール、バレンシア、マルセイユを渡り歩いたモリエンテス氏は、それまでの5つ全てのクラブでCLに出場。これは、当時史上初となった記録であり、現在でも上回るのは異なる6クラブでCLに出場したズラタン・イブラヒモビッチ(現・LAギャラクシー)のみだ。 ▽モリエンテス氏は、2010年7月に一度現役引退を発表。2012年からはマドリーの下部組織で指導者としてのキャリアをスタートさせたが、2015年1月に自身の息子が所属するスペイン6部のサンタ・アナで現役復帰を果たした。2016年に再びシャツを脱いだ後、現在は解説者やリーガのアンバサダーとして世界中を飛び回っている。 ▽モリエンテス氏は、マドリーの選手の時代に来日した際、仲の良いラウール氏とともに日本のバラエティ番組に出演。和やかに番組が進む中、お笑いコンビ『ペナルティ』のワッキーが持ちネタの“芝刈り機”を披露したところ、スター選手だった2人は大爆笑。ワッキーに対して200円~300円でのマドリー移籍を提案していた。 ※誕生日が同じ主な著名人 シモーネ・インザーギ(サッカー監督/ラツィオ) ティモ・ヒルデブラント(元サッカー選手) ボルハ・マジョラル(サッカー選手/レアル・マドリー) 川勝良一(サッカー解説者) 山野孝義(サッカー解説者) 小笠原満男(サッカー選手/鹿島アントラーズ) 矢野貴章(サッカー選手/アルビレックス新潟) 車屋紳太郎(サッカー選手/川崎フロンターレ) 室屋成(サッカー選手/FC東京) フランツ・エッケルト(音楽家) アグネッタ・フォルツコグ(歌手/ABBA) ファレル・ウィリアムス(歌手) 鳥山明(漫画家) 吉田拓郎(歌手) 板東英二(タレント) 鼠先輩(歌手) 2018.04.05 07:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース