【セリエA第33節プレビュー】直接対決控えるユーベとナポリは格下と対戦2018.04.17 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが勝利した一方、ナポリがミランに引き分けたことで勝ち点差が6に広がった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、3位ローマと4位ラツィオによるダービーが引き分けに終わり、順位に変動はなかった。そして、インテルもアタランタに引き分け、ローマ勢を追い抜くことはできなかった。ミッドウィークに行われる第33節、直接対決を次節に控えるユベントスとナポリはそれぞれ格下と対戦する。

▽前節サンプドリア戦を途中出場のドグラス・コスタの3アシストで快勝し、CL敗退のショックを振り払ったユベントス(勝ち点84)は、水曜日に18位クロトーネ(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。残留を争っている相手との対戦となるだけに一筋縄ではいかなそうだが、サンプドリア戦を温存されたイグアインやベナティアらの活躍に期待したい。

▽ミランからゴールを奪えず、逆転スクデット獲得が遠のいたナポリ(勝ち点78)は、同じく水曜日に13位ウディネーゼ(勝ち点33)とのホーム戦に臨む。サッスオーロ戦では劇的な逆転勝利を飾ったナポリだが、シーズン終盤を迎え、主力選手の蓄積疲労が顕著なチームは勢いを持続することができなかった。そんな中、ユベントスとの直接対決を前に残留を決められていないウディネーゼを下すことはできるか。

▽ラツィオとのダービーを引き分け、3位を死守したローマ(勝ち点61)は、12位ジェノア(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。日程面、数的優位となったアドバンテージを生かしきれなかったローマだが、引き分けは悪くない結果。残りの対戦相手を考慮すると、来季のCL出場権獲得に近づいた格好だ。良好なチーム状態を維持する中、降格の心配がない相手を下して3位死守としたい。

▽ヨーロッパリーグ(EL)敗退のショックを感じさせず、ローマと互角に渡り合った4位ラツィオ(勝ち点61)は、7位フィオレンティーナ(勝ち点51)とのアウェイ戦に臨む。フィオレンティーナ戦ではダービーで退場したラドゥが出場停止となるが、前節SPALに引き分けて連勝が6で止まったフィオレンティーナを下してCL圏内死守となるか。

▽難敵アタランタに引き分けるのが精いっぱいだった5位インテル(勝ち点60)は、火曜日に14位カリアリ(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。ここ3戦勝利なしと、再び足踏みとなっているインテルだが、今節も前節採用した3バックを続ける見込み。新システムで勝利を収め、ローマ勢にプレッシャーをかけられるか。

▽最後にナポリに引き分ける善戦を見せた6位ミラン(勝ち点53)は、10位トリノ(勝ち点46)とのアウェイ戦に臨む。EL出場権獲得を狙える相手に対し、ミランは5戦ぶりに勝利となるか。

◆セリエA第33節
▽4/17(火)
《27:45》
インテル vs カリアリ

▽4/18(水)
《25:00》
ベネヴェント vs アタランタ
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ
SPAL vs キエーボ
ローマ vs ジェノア
サンプドリア vs ボローニャ
ヴェローナ vs サッスオーロ
フィオレンティーナ vs ラツィオ
クロトーネ vs ユベントス
トリノ vs ミラン

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、ユベントスからイグアイン&ルガーニを132億円でダブル獲りか

▽チェルシーは、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(30)とイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(23)のダブル獲りを画策しているようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽チェルシーは14日にマウリツィオ・サッリ新監督の就任を発表。サッリ監督の古巣ナポリからイタリア代表MFジョルジーニョを獲得するなど、新たなチームの構築に動いていた。 ▽しかし、チェルシーは監督就任までに時間がかかってしまったため、プレシーズンで同監督の提唱する複雑なサッカースタイルを浸透させるためには、すでに同監督の下でプレーした経験のある選手を獲得することが重要だと考えているようだ。 ▽今回の報道によれば、サッリ監督の就任に尽力した代理人のファリ・ラマダニ氏がすでにユベントスと会談を行っている模様。イグアインは2015-16シーズンにナポリで1年間、ルガーニはエンポリで2年間、サッリ監督の下でプレーした経験がある。 ▽なお、ユベントスはイグアインの移籍金に6000万ユーロ(約80億円)、ルガーニの移籍金に4000万ユーロ(約52億円)を要求しているようだ。 2018.07.16 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マンジュキッチへのドルトムントのオファーを拒否

▽ドルトムントは、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)の獲得に向け所属先のユベントスへオファーを提示したが、同クラブがこれを拒否したようだ。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、主戦場の最前線だけでなく、サイドでもプレーするなど、選手として幅を広げたマンジュキッチ。現在、多くのクラブが関心を寄せているとみられる中、新たなストライカーを求めるドルトムントもマンジュキッチに興味を示しており、すでに正式なオファーを提示した模様だ。 ▽しかし今回の報道によれば、ユベントスはマンジュキッチの放出を容認しておらず、ドルトムントからのオファーを拒否したようだ。 ▽なお、そのマンジュキッチは最近、状況を精査するため、代理人と会談。しかし、現在、クロアチア代表の一員として臨む今夏のロシア・ワールドカップに集中しており、大会後に結論を下す意向を示しているようだ。 2018.07.16 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベナティア流出覚悟のユーベ、ゴディン獲得へ本腰

▽ユベントスがアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(32)の獲得に本腰を入れるようだ。イタリア『メディアセット』や『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ユベントスではモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)が残り2年となっている契約延長を拒否し、イングランドやフランス方面への移籍が報じられている。 ▽昨季ディフェンスリーダーとしてユベントスの守備を支えたベナティアの流出に備え、ユベントスはアトレティコの守備の要であるゴディンの獲得に本腰を入れたようだ。同メディアによれば移籍金2500万ユーロ(約32億8000万円)を用意しているとのことだ。 ▽なお、ゴディンの移籍に備え、アトレティコはフライブルクのトルコ代表DFチャグラル・ソユンク(22)の獲得に迫っているという。 2018.07.16 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがトリノに到着! 16日のメディカルチェック後に記者会見へ

▽今夏にユベントスへ加入することが決定したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、16日にメディカルチェックを受診するためトリノに到着した。ユベントスが公式ツイッターで明かしている。 ▽C・ロナウドは、ファンやメディアの混乱を避けるためロシア・ワールドカップ決勝が行われている15日の午後にトリノのカゼッレ空港へ到着。 ▽ユベントスのツイッターでは、C・ロナウドが家族と共にプライベートジェットから降り立つ様子をムービーで紹介している。 ▽なお、C・ロナウドは16日の早朝にJ-Medicalセンターでメディカルチェック実施。その後、アリアンツ・スタジアムで記者会見が行われる。 2018.07.16 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルルスコーニ氏、C・ロナウドのユベントス移籍に「ミラニスタとしては恐ろしい」

元イタリア首相で、元ミランの名物会長でもあるシルビオ・ベルルスコーニ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス加入についてコメントした。<br><br>世界最高の選手とも称されるC・ロナウドのユベントス電撃加入。ベルルスコーニ氏はイタリア『イル・ジョルナーレ』とのインタビューで、ミラニスタ(ミランファン)としては複雑、イタリア・フットボールにとっては喜ばしいニュースであると形容している。<br><br>「ミラニスタとしては、それはそれは恐ろしいものだよ。しかしセリエAにC・ロナウドのような絶対的王者がやって来るのは良いニュースだ。ユベントスだけでなく、イタリア・フットボール全体にとってもね。ユベントスの幹部とファンを祝福させてもらうよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.15 22:31 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース