【セリエA第33節プレビュー】直接対決控えるユーベとナポリは格下と対戦2018.04.17 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが勝利した一方、ナポリがミランに引き分けたことで勝ち点差が6に広がった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、3位ローマと4位ラツィオによるダービーが引き分けに終わり、順位に変動はなかった。そして、インテルもアタランタに引き分け、ローマ勢を追い抜くことはできなかった。ミッドウィークに行われる第33節、直接対決を次節に控えるユベントスとナポリはそれぞれ格下と対戦する。▽前節サンプドリア戦を途中出場のドグラス・コスタの3アシストで快勝し、CL敗退のショックを振り払ったユベントス(勝ち点84)は、水曜日に18位クロトーネ(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。残留を争っている相手との対戦となるだけに一筋縄ではいかなそうだが、サンプドリア戦を温存されたイグアインやベナティアらの活躍に期待したい。

▽ミランからゴールを奪えず、逆転スクデット獲得が遠のいたナポリ(勝ち点78)は、同じく水曜日に13位ウディネーゼ(勝ち点33)とのホーム戦に臨む。サッスオーロ戦では劇的な逆転勝利を飾ったナポリだが、シーズン終盤を迎え、主力選手の蓄積疲労が顕著なチームは勢いを持続することができなかった。そんな中、ユベントスとの直接対決を前に残留を決められていないウディネーゼを下すことはできるか。

▽ラツィオとのダービーを引き分け、3位を死守したローマ(勝ち点61)は、12位ジェノア(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。日程面、数的優位となったアドバンテージを生かしきれなかったローマだが、引き分けは悪くない結果。残りの対戦相手を考慮すると、来季のCL出場権獲得に近づいた格好だ。良好なチーム状態を維持する中、降格の心配がない相手を下して3位死守としたい。

▽ヨーロッパリーグ(EL)敗退のショックを感じさせず、ローマと互角に渡り合った4位ラツィオ(勝ち点61)は、7位フィオレンティーナ(勝ち点51)とのアウェイ戦に臨む。フィオレンティーナ戦ではダービーで退場したラドゥが出場停止となるが、前節SPALに引き分けて連勝が6で止まったフィオレンティーナを下してCL圏内死守となるか。

▽難敵アタランタに引き分けるのが精いっぱいだった5位インテル(勝ち点60)は、火曜日に14位カリアリ(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。ここ3戦勝利なしと、再び足踏みとなっているインテルだが、今節も前節採用した3バックを続ける見込み。新システムで勝利を収め、ローマ勢にプレッシャーをかけられるか。

▽最後にナポリに引き分ける善戦を見せた6位ミラン(勝ち点53)は、10位トリノ(勝ち点46)とのアウェイ戦に臨む。EL出場権獲得を狙える相手に対し、ミランは5戦ぶりに勝利となるか。

◆セリエA第33節
▽4/17(火)
《27:45》
インテル vs カリアリ

▽4/18(水)
《25:00》
ベネヴェント vs アタランタ
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ
SPAL vs キエーボ
ローマ vs ジェノア
サンプドリア vs ボローニャ
ヴェローナ vs サッスオーロ
フィオレンティーナ vs ラツィオ
クロトーネ vs ユベントス
トリノ vs ミラン
コメント
関連ニュース
thumb

CR7とは練習意識も違う? ロナウド氏「私は必要だからトレーニングをしたが…」

▽元ブラジル代表FWのロナウド氏が、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと自身の練習観の違いを語っている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューをスペイン『アス』が抜粋して伝えた。 ▽共に圧倒的な得点力を誇る選手として、サッカー史、そしてファンたちの記憶に刻み込まれている2人のロナウド。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じる中で「ポジションや演じる役割も違うけど、ゴールへの貪欲さは同じだ」と、自身とC・ロナウドを比較するロナウド氏は、練習面でも異なる部分があると語った。 「私たちのトレーニングについての考えや取り組みへの重要さが、完全に反対だと言うことはできない」 「だが、確かに違いはある。私は必要に迫られてトレーニングをしていて、彼がするのは(トレーニングが)大好きだからだ」 ▽今夏、レアル・マドリーを離れて、ユベントスで新たな挑戦を始めているC・ロナウド。現代のゴールマシーンは、今シーズンもここまでの公式戦19試合11ゴール7アシストと、トレーニングの成果を出し続けている。 2018.12.08 19:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リバウド「2強時代に終止符を打ちたかったからでは」モドリッチのバロンドール受賞に懐疑的な見方

2018年のバロンドールはクリスティアーノ・ロナウドが獲得すべきだったと、元ブラジル代表のリバウド氏が語った。<br><br>2008年からバロンドール受賞者はリオネル・メッシかC・ロナウドのどちらかとなっていたが、それも2018年で終焉。3日に発表された2018年のバロンドールは、今年の個人タイトルを総なめにするルカ・モドリッチの手に渡り、2強時代にピリオドが打たれた。<br><br>モドリッチの受賞に対してネガティブな意見も多い中、1999年に同賞を受賞したリバウド氏は『Betfair』で自身の見解を明らかにした。「この件についてコメントするのはいつも難しい。モドリッチはチャンピオンズリーグで優勝したり、クロアチアをワールドカップ決勝にまで導いたりと2018年は最高のシーズンを送った」<br><br>「しかし、私が1人を選ぶとすれば、C・ロナウドに票を投じるね。彼は多くのゴールを挙げ、ユヴェントス戦では最高のゴールを決めるなどチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。それに、ワールドカップではスペイン代表戦でのハットトリックを含む4ゴールを挙げた。だから誰よりもこの賞に相応しいと私は信じている」<br><br>「そして、リオネル・メッシ。彼は最低でもトップ3には入るべきだった。正直言って良いシーズンを送ったC・ロナウドとメッシが受賞できなかった理由が、私には分からないよ」<br><br>「C・ロナウドに関してはユヴェントスへ移籍したことが受賞を逃した要因になったと言っている人もいるが、私は同意できない。C・ロナウドからメッシ、メッシからC・ロナウドという流れに終止符を打ち、新たな名前を歴史に刻みたかったから、彼らは受賞できなかったと考えている。クラブで決定的な仕事をした2人が外れたことはアンフェアだと思う」<br><br>2018年のバロンドールでC・ロナウドは2位に入ったものの、メッシに至っては2007年以降トップ3を逃したのは初めてのことで、投票結果は5位に終わっている。<br><br>提供:goal.com 2018.12.08 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベが強すぎる! 開幕15戦の勝ち点、欧州5大リーグ新記録

▽ユベントスが強すぎる。 ▽ユベントスは7日に行われたセリエA第15節で3位のインテルと激突。66分に生まれた元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチのゴールが決勝点となり、リーグ6連勝を飾った。 ▽これにより、セリエA8連覇にまい進を続けるユベントスは開幕から15戦無敗(14勝1分け無敗)。暫定ながら2位のナポリに11ポイント差をつけ、首位をより確固たるものにした。 ▽データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』によれば、リーグ開幕15試合終了時点の勝ち点43という数字は、欧州5大リーグの新記録だという。 ◆ユベントスの開幕15試合成績 第1節vsキエーボ 3-2 ◯ 第2節vsラツィオ 2-0 ◯ 第3節vsパルマ 2-1 ◯ 第4節vsサッスオーロ 2-1 ◯ 第5節vsフロジノーネ 2-0 ◯ 第6節vsボローニャ 2-0 ◯ 第7節vsナポリ 3-1 ◯ 第8節vsウディネーゼ 2-0 ◯ 第9節vsジェノア 1-1 △ 第10節vsエンポリ 2-1 ◯ 第11節vsカリアリ 3-1 ◯ 第12節vsミラン 2-0 ◯ 第13節vsSPAL 2-0 ◯ 第14節vsフィオレンティーナ 3-0 ◯ 第15節vsインテル 1-0 ◯ 2018.12.08 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: ユベントス 1-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、1-0でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 運にも助けられ無失点で勝利に貢献 DF 2 デ・シリオ 5.5 サイドを走り回り攻守に貢献 19 ボヌッチ 6.0 読みの利いたシュートブロックで相手の決定機を阻止 3 キエッリーニ 6.5 空中戦に強さを見せた。こちらも鋭いシュートブロックで無失点に抑えた 20 カンセロ 6.0 マンジュキッチのゴールをお膳立て。効果的に攻撃に参加していた MF 5 ピャニッチ 6.0 相手の攻撃にいつでも対応できる絶妙なポジショニング (→エムレ・ジャン -) 30 ベンタンクール 6.0 守備に重きを置きながらも要所で攻撃参加。前半には先制のチャンスも 14 マテュイディ 6.0 中盤から激しいプレスでインテルを嫌がらせた FW 10 ディバラ 5.5 ゴールに絡めずも何度か惜しいシュートを放った (→ドグラス・コスタ 5.5) 途中交代から攻撃にアクセント 17 マンジュキッチ 6.5 インテル戦初ゴールとなる決勝弾を記録 7 C・ロナウド 5.5 徹底マークに遭い、なかなか勝負所を作れなかった 監督 アッレグリ 6.5 長所を封じられながらも勝負強さを見せて15戦無敗。無敗優勝も現実味を帯びてきたか ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181207_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 失点はノーチャンス。要所で好セーブが光った DF 2 ヴルサリコ 5.5 ガリアルディーニとのコンビでC・ロナウドに自由を与えなかった 23 ミランダ 5.0 光るところがなかった 37 シュクリニアル 5.5 空中戦で劣るところがあったものの、統率の取れた守備を続けた 18 アサモア 5.0 失点シーン、マンジュキッチにマークを振り切られてしまった MF 77 ブロゾビッチ 5.5 前半には相手の決定機を阻止するビッグプレー。試合を通して守備への貢献が目立った 5 ガリアルディーニ 5.5 右サイドで攻守に貢献。切り替えが早かった (→ケイタ 5.0) 途中出場も見せ場なく 15 ジョアン・マリオ 5.5 豊富な運動量でいろんな場面に顔を出した (→L・マルティネス 5.0) 試合終盤に同点チャンスもあったが… FW 16 ポリターノ 5.5 ウイングでも若干低めの位置を取りつつ前線からのチェック。攻撃のアクセントにも (→ボルハ・バレロ 5.0) ピッチ上に変化をもたらせたが通じなかった 9 イカルディ 4.5 相手のマークに遭いシュート0本に終わった 44 ペリシッチ 5.5 攻撃では最も気を吐いた男。が、今日は同胞のマンジュキッチに軍配 監督 スパレッティ 5.5 試合を通して互角に戦った。前半の決定機が決まっていれば… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マンジュキッチ(ユベントス) ▽なかなかシュートチャンスが来ない中で、虎視眈々とゴールを狙い続けていた。ウノ・ゼロ勝利にインテル戦初ゴールを決めるところはさすがの一言。 ユベントス 1-0 インテル 【ユベントス】 マンジュキッチ(後21) 2018.12.08 06:52 Sat
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチのインテル戦初ゴールでユベントスがイタリア・ダービー制す!《セリエA》

▽セリエA第15節、ユベントスvsインテルのイタリア・ダービーが7日にアリアンツ・スタジアムで行われ、1-0でユベントスが勝利した。 ▽未だ無敗を続ける首位のユベントスは、前節のフィオレンティーナ戦の勝利で早くも勝ち点40に到達。すでに独走態勢に入りつつある中、来週のチャンピオンズリーグ(CL)を睨んでの戦いとなる今節のスタメンは、前節から1人のみ変更。クアドラードを代えてピャニッチが起用された。 ▽一方、前節ローマとのビッグマッチを2度のリードを生かしきれずに引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点29)は、こちらも逆転での決勝トーナメント進出が懸かるCLを考慮した戦いになる。前節から3選手の変更となったスタメンは・デ・フライ、ボルハ・バレロ、ケイタに代わり、ヴルサリコ、ガリアルディーニ、ポリターノが名を連ねた。 ▽フォーメーションは共に[4-3-3]で挑んだ両チーム。ファーストシュートはインテル。4分にイカルディがボックス手前から狙ったが相手に当たって枠の外へ。ユベントスは8分に初シュート。左サイドでボールを持ったC・ロナウドの右足クロスに、DFの隙間に飛び出したディバラのヘディングシュートは枠の上へ外れた。 ▽序盤に支配率を高めたのはユベントスは左右からインテルを攻略しにかかるが、クロスは悉く跳ね返される。そんな中、インテルは14分にヴルサリコが攻撃の火種を作ろうとボックス手前右からトライするが、シュートは相手に当たってGKシュチェスニーの手の中に納まった。 ▽なかなかシュートシーンが少ない試合だったが29分、インテルは右サイドへの大きな展開から、ポリターノがゴール前のイカルディにパスを送ると、イカルディのポストプレーに2列目から飛び出したガリアルディーニがフリーでシュートを放つ。しかし、ややインサイドステップにかかり過ぎたシュートは右ポストに嫌われてしまう。さらにその直後にも右サイドからのグラウンダーのクロスにペリシッチが合わせるも枠を捉え切れず。 ▽対してユベントスも35分、デ・シリオのクロスにマンジュキッチが頭で合わせてゴールに迫ると、その直後に左サイドのクロスにベンタンクールが合わせて流し込みにかかるが、ブロゾビッチがスライディングでシュートブロック。ゴールラインを割ってCKに。すると今度はこのCKからキエッリーニがヘディングシュート。これはGKハンダノビッチがファインセーブを見せた。 ▽決定機を作りながらもゴールレスで後半を迎えた両チーム。48分に攻め込まれたユベントスはピャニッチがボールを奪い返してマテュイディへ避難。しかし、マテュイディがコントロールミスを冒しポリターノに奪われると、イカルディとのワンツーからシュートを打たれてしまう。まさかの失点かに思われたが、ボヌッチがシュートブロックに入り、事なきを得た。 ▽後半立ち上がりからヒヤリとしたユベントスは52分に、ボックス左でC・ロナウドからパスを受けたマテュイディが相手を躱してゴール前に折り返す。これにマンジュキッチが相手の前に出てビッグチャンスを迎えるも、シュートは空振りしてしまった。 ▽後半先に動いたインテルは58分にポリターノを下げてボルハ・バレロを投入。だが、試合を動かしたのはユベントスだった。 ▽66分、最終ラインのFKから左サイドのカンセロに繋いだユベントス。カンセロがボックス左から右足で上げたクロスにマンジュキッチが頭で飛び込んでネットを揺らした。 ▽失点後すぐにインテルはガリアルディーニを下げてケイタをピッチへ。ユベントスもディバラを下げてドグラス・コスタが入った。77分にはジョアン・マリオに代えてL・マルティネスを投入したインテルはこれで3枚の交代カードを使い切った。 ▽そのL・マルティネスはファーストプレーからシュートに持っていくが、ボックスの外から放ったシュートは枠の左へ外れた。 ▽ユベントスは82分にピャニッチに代わりエムレ・ジャンがおよそ1カ月半ぶりにピッチに立った。 ▽試合も終盤になり焦り出すインテルは後半アディショナルタイムにL・マルティネスが左サイドからのクロスの跳ね返りをダイレクトで狙っていったがGKがキャッチ。最後まで集中力を切らさず、ユベントスがマンジュキッチのゴールを守り切って試合終了。これでリーグ戦15試合で14勝1分けとした。 2018.12.08 06:51 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース