【セリエA第33節プレビュー】直接対決控えるユーベとナポリは格下と対戦2018.04.17 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが勝利した一方、ナポリがミランに引き分けたことで勝ち点差が6に広がった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、3位ローマと4位ラツィオによるダービーが引き分けに終わり、順位に変動はなかった。そして、インテルもアタランタに引き分け、ローマ勢を追い抜くことはできなかった。ミッドウィークに行われる第33節、直接対決を次節に控えるユベントスとナポリはそれぞれ格下と対戦する。

▽前節サンプドリア戦を途中出場のドグラス・コスタの3アシストで快勝し、CL敗退のショックを振り払ったユベントス(勝ち点84)は、水曜日に18位クロトーネ(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。残留を争っている相手との対戦となるだけに一筋縄ではいかなそうだが、サンプドリア戦を温存されたイグアインやベナティアらの活躍に期待したい。

▽ミランからゴールを奪えず、逆転スクデット獲得が遠のいたナポリ(勝ち点78)は、同じく水曜日に13位ウディネーゼ(勝ち点33)とのホーム戦に臨む。サッスオーロ戦では劇的な逆転勝利を飾ったナポリだが、シーズン終盤を迎え、主力選手の蓄積疲労が顕著なチームは勢いを持続することができなかった。そんな中、ユベントスとの直接対決を前に残留を決められていないウディネーゼを下すことはできるか。

▽ラツィオとのダービーを引き分け、3位を死守したローマ(勝ち点61)は、12位ジェノア(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。日程面、数的優位となったアドバンテージを生かしきれなかったローマだが、引き分けは悪くない結果。残りの対戦相手を考慮すると、来季のCL出場権獲得に近づいた格好だ。良好なチーム状態を維持する中、降格の心配がない相手を下して3位死守としたい。

▽ヨーロッパリーグ(EL)敗退のショックを感じさせず、ローマと互角に渡り合った4位ラツィオ(勝ち点61)は、7位フィオレンティーナ(勝ち点51)とのアウェイ戦に臨む。フィオレンティーナ戦ではダービーで退場したラドゥが出場停止となるが、前節SPALに引き分けて連勝が6で止まったフィオレンティーナを下してCL圏内死守となるか。

▽難敵アタランタに引き分けるのが精いっぱいだった5位インテル(勝ち点60)は、火曜日に14位カリアリ(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。ここ3戦勝利なしと、再び足踏みとなっているインテルだが、今節も前節採用した3バックを続ける見込み。新システムで勝利を収め、ローマ勢にプレッシャーをかけられるか。

▽最後にナポリに引き分ける善戦を見せた6位ミラン(勝ち点53)は、10位トリノ(勝ち点46)とのアウェイ戦に臨む。EL出場権獲得を狙える相手に対し、ミランは5戦ぶりに勝利となるか。

◆セリエA第33節
▽4/17(火)
《27:45》
インテル vs カリアリ

▽4/18(水)
《25:00》
ベネヴェント vs アタランタ
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ
SPAL vs キエーボ
ローマ vs ジェノア
サンプドリア vs ボローニャ
ヴェローナ vs サッスオーロ
フィオレンティーナ vs ラツィオ
クロトーネ vs ユベントス
トリノ vs ミラン

コメント

関連ニュース

thumb

CLで退場のC・ロナウド、27日に処分決定か

▽スペイン『アス』は、欧州サッカー連盟(UEFA)がユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対する処分を27日に発表すると報じた。 ▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられ、涙を流しながらピッチを後にした。 ▽この退場劇の判定を巡り、今もなお賛否の声が挙がる。『アス』によれば、3試合出場停止の可能性も残されているとみられるが、現時点で1試合の出場停止が決定的な様相。そうなれば、C・ロナウドは10月2日に行われる次節のヤング・ボーイズ戦を欠場することになる。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月23日は、W杯得点王に輝いた生粋のイタリア人ストライカーのバースデー

◆パオロ・ロッシ 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1956年9月23日 現役時所属クラブ:ヴィチェンツァ、ユベントス、ミランなど ポジション:FW 身長:174㎝ 体重:66kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月23日は、元イタリア代表FWのパオロ・ロッシ氏だ。 ▽ユベントスでプロとしてのキャリアをスタートさせたロッシ氏は、セリエBに属していたヴィチェンツァでの武者修行中に得点能力が覚醒。1976-77シーズンに21ゴールで得点王となりセリエA昇格に貢献すると、翌1977-78シーズンには勢いそのままにセリエAの舞台でも得点王に輝いて見せた。その後、活躍が評価されて1981年にユベントス復帰を果たし、キャリア中に何度も繰り返していた膝の負傷の影響で引退する1987年まで多くのゴールを記録した。 ▽イタリア代表としては、1982年のスペイン・ワールドカップ(W杯)で大活躍。1次リーグでは不振に陥り批判も受けたものの、2次リーグのブラジル代表戦でハットトリックを記録して狼煙を上げ、決勝戦の西ドイツ代表戦でも先制点を決めるなど計6得点で大会得点王に輝いた。見事に母国を優勝に導き、その年のバロンドールも獲得している。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジェリー・ミナ(サッカー選手/エバートン) 中山雅史(サッカー選手/アスルクラロ沼津) 小林悠(サッカー選手/川崎フロンターレ) 武富孝介(サッカー選手/浦和レッズ) 川澄奈穂美(女子サッカー選手) レイ・チャールズ(歌手) 稲葉浩志(歌手/B'z) 叶美香(タレント) イジリー岡田(タレント) 後藤真希(タレント) 渡部建(お笑い芸人/アンジャッシュ) 2018.09.23 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

最高の選手は? K・ボアテング「C・ロナウドこそ最高のお手本。メッシは…」

▽サッスオーロに所属する元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、サッカー界最高のプレーヤーについて語った。ドイツ『SPOX』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。過去10年間でバロンドールを5度ずつ獲得している両選手の“どちらが最高の選手か”という議論は、現代のフットボール界でお馴染みの話題となっている。 ▽K・ボアテングは、サッスオーロの一員としてセリエA第4節でユベントスと対戦。試合ではC・ロナウドが移籍後初ゴールを含む2得点を決め、ユベントスが2-1の勝利を収めていた。 ▽その試合にフル出場したK・ボアテングは、C・ロナウドこそ最高のお手本だと主張した。 「若いフットボーラーにとって、(クリスティアーノ・)ロナウドが世界ベストのはずだ」 「才能がありつつ最大限練習しているし、最高のお手本だよ」 「狂人のように働き、フットボールに関する全てに彼は情熱的だ」 「彼は常にベストであろうとする。あらゆること(記録)の1位になりたがっていて、(キャリアを)始めたばかりのプレーヤーは彼に注目するべきだよ。完璧なんだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽一方で、メッシはそれすらも超えた存在であると、K・ボアテングは答えている。 「ロナウドはこの世界で起こること全てやってしまうが、この世界だけだ」 「この世界を超越して、最高は(リオネル・)メッシだ。信じられないほどだよ。彼がやっていることは、誰にもできないことだ」 「僕は彼がこの世界にいるとはみなしていないよ」 「ロナウドはこの世界を支配している。そして、メッシは全ての上に立つ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドとチームの結束をユーベ会長が称賛「1人が皆のため。皆が1人のため」

ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が20日、ツイッターを更新し、バレンシア戦で退場処分を受けたFWクリスティアーノ・ロナウドを含め、選手たちを鼓舞した。<br><br>ユベントスは19日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループH第1節でバレンシアと対戦。敵地ながら2-0で試合を制した。しかしこの一戦の29分、この試合がユベントスの選手としてCLデビューとなったC・ロナウドが小競り合いからレッドカードを受けて一発退場に。この判定に同選手は信じられない様子で座り込み、涙を流しながらピッチを後にした。<br><br>アニェッリ会長は試合の翌日、SNSを更新。ユベントスの選手たちにエールを送っている。ユーヴェ会長は、判定に愕然としてピッチに座り込んだC・ロナウドに対し、FWマリオ・マンジュキッチやDFレオナルド・ボヌッチらチームメートが手を差し伸べる場面を収めた画像をピックアップして掲載。「1人が皆のために。皆が1人のために」とラテン語でつぶやき、チームの結束を称えた。<br><br>Unus pro omnibus, omnes pro uno pic.twitter.com/t90ccl1P7a<br><br>&mdash; Andrea Agnelli (@andagn) 2018年9月20日 これについてイタリアメディア『スカイスポーツ』は、「アンドレア・アニェッリがツイートに選んだ厳粛なラテン語の格言は、1時間にわたり10人で残されながらも、バレンシアを打ち負かしたユベントスの偉業と良くマッチする」と述べ、ユーヴェ会長のセンスに脱帽した。悲願のCL制覇を狙うイタリア王者は、物議を醸したC・ロナウドの退場判定を乗り越え、さらに団結力を高めていくことだろう。<br><br>提供:goal.com 2018.09.22 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ジャンが“僕らは女じゃない”発言を詫びる

▽ユベントスに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンが女性軽視発言を詫びた。 ▽ユベントスは、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節でバレンシアと対戦。この試合に先発したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、コロンビア代表DFジェイソン・ムリージョの髪を引っ張る暴力行為の疑いがかけられ、レッドカードで一発退場を強いられた。 ▽そうした中、試合後も判定に納得のいかないチームメイトのジャンはフラッシュインタビューで、主審を務めたドイツ人のフェリクス・ブリッヒ氏に対して苦言。…のはずだったが、「僕らは女じゃない。フットボールをしているんだ」と発言したことで、女性を軽視するものとして、周囲から多くの批判が集中している。 ▽渦中のジャンは21日、自身のツイッター(@emrecan_)に謝罪文を掲載。 「誤解を解きたい。あのコメントは、女性や、女子サッカーを蔑視したり、男女平等を貶めるものじゃなく、チームメイトを襲った試合の行方に影響を及ぼしかねない間違った判定に対するものだった」と綴り、謝罪した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 09:30 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース