【セリエA第33節プレビュー】直接対決控えるユーベとナポリは格下と対戦2018.04.17 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節は首位ユベントスが勝利した一方、ナポリがミランに引き分けたことで勝ち点差が6に広がった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、3位ローマと4位ラツィオによるダービーが引き分けに終わり、順位に変動はなかった。そして、インテルもアタランタに引き分け、ローマ勢を追い抜くことはできなかった。ミッドウィークに行われる第33節、直接対決を次節に控えるユベントスとナポリはそれぞれ格下と対戦する。

▽前節サンプドリア戦を途中出場のドグラス・コスタの3アシストで快勝し、CL敗退のショックを振り払ったユベントス(勝ち点84)は、水曜日に18位クロトーネ(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。残留を争っている相手との対戦となるだけに一筋縄ではいかなそうだが、サンプドリア戦を温存されたイグアインやベナティアらの活躍に期待したい。

▽ミランからゴールを奪えず、逆転スクデット獲得が遠のいたナポリ(勝ち点78)は、同じく水曜日に13位ウディネーゼ(勝ち点33)とのホーム戦に臨む。サッスオーロ戦では劇的な逆転勝利を飾ったナポリだが、シーズン終盤を迎え、主力選手の蓄積疲労が顕著なチームは勢いを持続することができなかった。そんな中、ユベントスとの直接対決を前に残留を決められていないウディネーゼを下すことはできるか。

▽ラツィオとのダービーを引き分け、3位を死守したローマ(勝ち点61)は、12位ジェノア(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。日程面、数的優位となったアドバンテージを生かしきれなかったローマだが、引き分けは悪くない結果。残りの対戦相手を考慮すると、来季のCL出場権獲得に近づいた格好だ。良好なチーム状態を維持する中、降格の心配がない相手を下して3位死守としたい。

▽ヨーロッパリーグ(EL)敗退のショックを感じさせず、ローマと互角に渡り合った4位ラツィオ(勝ち点61)は、7位フィオレンティーナ(勝ち点51)とのアウェイ戦に臨む。フィオレンティーナ戦ではダービーで退場したラドゥが出場停止となるが、前節SPALに引き分けて連勝が6で止まったフィオレンティーナを下してCL圏内死守となるか。

▽難敵アタランタに引き分けるのが精いっぱいだった5位インテル(勝ち点60)は、火曜日に14位カリアリ(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。ここ3戦勝利なしと、再び足踏みとなっているインテルだが、今節も前節採用した3バックを続ける見込み。新システムで勝利を収め、ローマ勢にプレッシャーをかけられるか。

▽最後にナポリに引き分ける善戦を見せた6位ミラン(勝ち点53)は、10位トリノ(勝ち点46)とのアウェイ戦に臨む。EL出場権獲得を狙える相手に対し、ミランは5戦ぶりに勝利となるか。

◆セリエA第33節
▽4/17(火)
《27:45》
インテル vs カリアリ

▽4/18(水)
《25:00》
ベネヴェント vs アタランタ
《27:45》
ナポリ vs ウディネーゼ
SPAL vs キエーボ
ローマ vs ジェノア
サンプドリア vs ボローニャ
ヴェローナ vs サッスオーロ
フィオレンティーナ vs ラツィオ
クロトーネ vs ユベントス
トリノ vs ミラン

コメント

関連ニュース

thumb

スパレッティ、打倒ユーベに意欲「試合が楽しみ。インテルの勝利を応援して」

インテル指揮官のルチアーノ・スパレッティが23日、イタリア・オリンピック委員会(CONI)のイベントに出席後、インタビューに応じ、28日のセリエA第35節ユベントス戦に向けて意気込みを語った。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>前節、首位ユベントスが2位ナポリとの直接対決で敗れたことで、リードはわずか1ポイントに縮まり、スクデットの行方は不透明となった。スパレッティ率いるインテルは今週末、ホームにユベントスを迎えるが、順位表に大きな変動をもたらす可能性もある。<br><br>「(マウリツィオ)サッリと(マッシミリアーノ)アッレグリは、状況をよく把握し、シーズン終盤を乗り切っていくだろう。シーズンもこの段階になると、誰が有利ということはない。簡単な試合も難しい試合もなく、カレンダーは重要ではない。この不確かな状況を楽しまなくてはならない。ユベントスとの試合を楽しみに待っている。だがインテルのサポーターには、スタジアムに来てアンチ・ユベントスの応援をするのではなく、我々自身の目標を達成できるよう勝利を後押しして欲しい」<br><br>インテルは現在、順位表で5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内につけるローマおよびラツィオを1ポイント差で追う。<br><br>「ローマやラツィオがインテルより優勢? 確かにそうだ。順位表でも1ポイントリードしているし、残り試合が少なくなると貴重なポイントになる」<br><br>またCLで34年ぶりの準決勝を戦うローマについて言及。「ローマは素晴らしい業績を上げている。クラブや監督、選手たちの功績だろう」と称えた。<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

理由は「家族」…ボカが熱視線のブッフォンはオファーを断る意向

▽ボカ・ジュニアーズが獲得に動いているユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)だが、このオファーを断るようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽ブッフォンは、今シーズン限りでユベントスの契約が満了を迎えるため、今夏の去就が注目を集めている。ブッフォン自身もユベントス退団を決断したわけではなく、1年間の契約延長も考慮していると報じられてきた。 ▽そんな中、アルゼンチンの名門クラブであるボカ・ジュニアーズが獲得に乗り出し、実際にブッフォンとコンタクトを取ったことも確認されていた。 ▽近年は、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがユベントスからボカ・ジュニアーズへ、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールがボカ・ジュニアーズからユベントスへと移籍。両クラブの関係性から、ブッフォンのアルゼンチン行きがにわかに騒がていた。 ▽しかし、ブッフォンはこのオファーを断ることを決断しているとのこと。理由は「家族」とのことだ。 ▽ブッフォンには、子供が3人おり、10歳、8歳、そして一番下は2歳と幼い。ブッフォンとしては、幼い子供とともに、南米で数カ月を過ごすことは避けたいと考えているようだ。 ▽南米行きが無くなるブッフォンだが、ユベントスに残るのか。それとも、他のクラブに移籍するのか。はたまた、現役を退くのか。世界屈指のベテラン守護神の去就は注目だ。 2018.04.24 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手、キエッリーニが左ヒザの大腿二頭筋負傷で戦線離脱

▽ユベントスは23日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの負傷を発表した。 ▽キエッリーニは22日に行われたセリエA第34節のナポリ戦(0-1でユベントスが敗戦)で先発。だが、11分に負傷し、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーとの途中出場を余儀なくされていた。 ▽ユベントスによると、その後の検査の結果でキエッリーニは左ヒザの大腿二頭筋負傷と診断された。 ▽なお、キエッリーニはすでに治療を開始しており、経過を観察しながら今後も検査を受ける予定となっている。 2018.04.24 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

会心勝利のインシーニェがユーベに痛烈な一言 「ユーベはいつもファイナルで負ける」

▽ナポリは22日に敵地アリアンツ・スタジアムで行われたセリエA第34節、ユベントスとの天王山に1-0で勝利した。同クラブに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは会心の勝利に興奮冷めやらぬミックスゾーンで敗者に痛烈な一言をかました。 ▽勝ち点4差で迎えたセリエA天王山では、アウェイのナポリがDFカリドゥ・クリバリの90分の劇的ゴールによって1-0の勝利を収めた。この結果、残り4試合で両者の勝ち点差は1ポイントに縮まった。 ▽同試合後、ミックスゾーンに現れたインシーニェは敗れたユベントスに対して痛烈な一言をかました。イタリア『Fantagazzetta』が伝えている。 「彼らは今回の一戦をチャンピオンズリーグのファイナルのような形で戦わなければならなかった。そして、彼らはいつものように敗れた」 「そして、これから彼らは常に僕たちの存在を気にしながら戦うことになるだろうね。とにかく、今日の勝利を喜びたいよ」 ▽なお、ユベントスは直近のチャンピオンズリーグ決勝4試合をすべて敗れており、インシーニェはその“勝負弱さ”を揶揄した格好だ。 2018.04.23 18:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリと1差も…3連覇中のアッレグリはスクデットに自信「依然、トップにいるのは我々」

直接対決でナポリに敗れて勝ち点差を1ポイントまで縮められたユベントス。しかし、現在セリエA3連覇中のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は冷静さを保っている。<br><br>22日に行われたセリエAの第34節、首位のユベントスは2位のナポリをホームで迎え撃った。両チームの勝ち点差が「4」、この試合を含めた残り試合数が「5」という状況で行われた一戦は、スクデットの行方を大きく左右する重要なものとなった。<br><br>両チームが激しく火花を散らした天王山は、90分にDFカリドゥ・クリバリが決めたゴールがそのまま決勝点となり、0-1でナポリが勝利。ユベントスとナポリの差は「1」まで縮まった。<br><br>しかし、試合後にインタビューに応じたアッレグリは、ホームで痛恨の敗戦を喫したにも関わらず冷静な姿勢を崩さない。2014年に就任してからセリエAを3連覇しているイタリア人指揮官は、枠内シュートの少なさと失点の場面で集中力を切らした守備については改善点を認めるも、タイトルレースをリードしているのはユベントスであることを主張している。<br><br>「我々にとっていくつかの困難が生じた試合だった。最後のセットプレーの場面はもっと慎重になるべきだったね。しかし、これはもう終わった試合だ。我々は速やかに切り替えて来週にあるインテルとの試合に向けて準備をしなければならない」<br><br>「現在、順位表のトップにいるのはユベントスだ。残りの4試合はホームとアウェイが2試合ずつある。今後どうなるか見てみようか」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 16:34 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース