イスコの古巣マラガに対する1G1Aで勝利のレアル・マドリーが3位浮上《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 05:38 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第32節でマラガとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。

▽前節アトレティコ・マドリーとのダービーを1-1で引き分けて4位に後退したレアル・マドリー(勝ち点64)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦では大苦戦を強いられながらも試合終了間際のC・ロナウドのPK弾で辛くもベスト4進出を果たした。そのユベントス戦のスタメンから6選手を変更。C・ロナウドやモドリッチ、ベイルが欠場となって、マルセロとクロースがベンチスタートとなった。

▽前日の試合でバレンシアがバルセロナに敗戦したことで勝利すれば3位浮上となる一戦。最下位マラガ(勝ち点17)に対し、3トップに右からL・バスケス、ベンゼマ、アセンシオ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにイスコとコバチッチを配す[4-3-3]で臨んだマドリーが仕掛けていく展開で推移していく。

▽そのマドリーは16分にL・バスケスの右クロスにコバチッチがヘディングシュートでゴールに迫ると、23分にはイスコのラストパスからL・バスケスが際どいシュートを浴びせていった。すると29分、ボックス手前中央で得たFKをイスコがゴール左に沈めた。

▽イスコの古巣に対するゴールで先制したマドリーは、その後もイスコが貪欲にゴールに迫っていったが、追加点を奪うには至らず前半を終えた。

▽後半もマドリーが敵陣でポゼッションする流れとなると、63分に追加点を奪った。カゼミロがインターセプトからそのまま前線へ。ベンゼマ、イスコとつながって最後はゴール前に走りこんでいたカゼミロが押し込んだ。

▽余裕のマドリーはアセンシオ、イスコを下げて、セバージョス、マジョラルを投入していく。イスコがピッチを後にする際にはマラガサポーターから大きな拍手が送られた。

▽終盤にかけてもボールを動かしてマラガをいなしたマドリーが2点をリードしたまま追加タイムへ。試合終了間際にバジェホのクリアミスからロランにゴールを許したものの、2-1で試合を終えたマドリーが3位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、前人未到CL4連覇へ…セルヒオ・ラモス「ライバルになるのは…」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)でライバルになるクラブを指名した。 ▽昨シーズンにCL3連覇の偉業を成し遂げたマドリー。フレン・ロペテギ監督を新たに招へいした今シーズンは前人未到の4連覇に挑む。 ▽そのマドリーは、19日にCLグループG第1節でローマと対戦。前日会見に出席したセルヒオ・ラモスは、4度目のCL優勝に意気込み、ライバルがリーガエスパニョーラの宿敵バルセロナであると明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 「ファイナリストになるためには非常に長い道のりがあるし、とても強いライバルたちがいる。バルセロナは直接のライバルであるし優勝候補だ。チームを代表する偉大な選手たちが自分のチームを際立たせるのは普通のことだ。チャンピオンズリーグは最も素晴らしい大会のひとつだよ」 「僕は国王杯よりもチャンピオンズリーグ優勝を望んでいる。全ての大会が重要だけど、あるものが他のものよりも重要なのは事実だ。タイトルにチャンピオンズリーグを加えることは簡単ではないので価値を与えなければいけない。わずかな期間でこんなにも多くのチャンピオンズリーグに優勝するのは異常なことだからね。このメンバーのどの選手も3度の国王杯よりも1度のチャンピオンズリーグ優勝を望んでいる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、来夏にもレアル・マドリーから引き抜きを画策か

▽ユベントスが、来夏の移籍市場でもレアル・マドリーからの獲得を画策しているようだ。スペイン『アス』がイタリア『calciomercato.com』を引用して伝えている。 ▽ユベントスは、今夏の移籍市場でレアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをセリエA市場最高額の移籍金で獲得。久々のビッグディールでチームを強化したユベントスだが、来夏にもレアル・マドリーからビッグネームの獲得を画策しているようだ。 ▽『アス』によると、ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFピャニッチ、ドイツ代表MFサミ・ケディラ、フランス代表MFマテュイディらで形成する中盤の強化をクラブに希望。そしてクラブは、レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(26)を来年の獲得候補の最上位にリストアップしているようだ。 ▽しかし、今シーズンからレアル・マドリーの指揮を執るフレン・ロペテギ監督は、イスコを自身の描くプロジェクトの軸として考えており、同選手もU-19スペイン代表時代から知る指揮官に忠誠を誓っており、獲得交渉は難航することが予想される。 ▽なお、同紙によればユベントスは、イスコの他に、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)をリストアップしてという。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 01:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベスがCL王者を警戒! 「CR7去ってもマドリーはマドリー」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、チャンピオンズリーグ(CL)を争うレアル・マドリーについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽CL優勝を目指すPSGにとって最大のライバルとなり得る、3連覇中のマドリー。今シーズンは、その王者の顔でもあったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍し、戦力低下が騒がれている。 ▽しかし、ダニエウ・アウベスはむしろマドリーに対する警戒を強めてるようだ。 「(レアル・)マドリー戦はそれほど簡単にはならないだろう」 「他の誰もが言っていることに反して、僕はこう考える。クリスティアーノ(・ロナウド)不在でマドリーはよりチームになれる。そして、今では以前よりも少し複雑になった。少なくとも僕のフットボールの見方と、このゲームの自分の概念からすればね」 「彼が去ったことは明らかに残念なことだが、マドリーはマドリーだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マドリーにディバラを売り込み?

▽ユベントスがレアル・マドリーにアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(24)の売り込みを画策しているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えている。 ▽2015年夏にパレルモからユベントスに加入したディバラは、これまでの3シーズンで公式戦通算142試合68ゴール25アシストの成績を残し、エースとしての地位を確保していた。 ▽しかし、ユベントスは今夏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)を獲得。その影響も受けて、今シーズンはここまで2試合の先発出場にとどまり、開幕からいまだ得点が生まれていない。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、C・ロナウドをファーストチョイスにしている。そのため、序列が下がったことに不満を表しており、ユベントス退団を希望している模様だ。 ▽また先日、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長がフランス『RMC Sport』で「彼は去るはずだ。ユベントスは1億2000万ユーロの資金を手にしたいと考えており、来年1月にディバラはクラブを去ることになるはずだ。彼にはスペインとイングランドからオファーが届いている」と発言し注目を集めていた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:28 Tue
twitterfacebook
thumb

「よりリラックスできているかもしれない」ベイル、ロナウド抜けたチームの現状を語る

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが、チームの現状について考えを明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽レアル・マドリーは今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスへ移籍。世界屈指のゴールゲッター退団で今季のタイトル獲得などについて心配の声も上がっており、15日に行われたリーガエスパニョーラ第4節のビルバオ戦では、1-1の引き分けに終わり、開幕からの連勝が「3」でストップした。 ▽そんな中、ここまで公式戦5試合3ゴール3アシストを記録しているベイルは、チームの現状についてコメント。ロナウド在籍時と比べてより集団としてチームが機能していると語った。 「明確なのは、ビッグな選手がいた時とは少し異なるということだ。よりリラックスできているかもしれないね」 「1人の選手に対してというよりは、集団としてチームが機能していると思う」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 10:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース