途中出場ルックマン弾もドローのライプツィヒ、4位ドルトムントとは4ポイント差《ブンデスリーガ》2018.04.16 03:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第30節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。

▽前節レバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに敗れてCL圏内の4位から6位に後退したライプツィヒ(勝ち点46)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦を2-5で敗れ、ベスト4進出はならなかった。リーグ戦でのCL出場に懸ける中、マルセイユ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーやY・ポウルセン、フォルスベリといった主力が先発に戻った。

▽12位ブレーメン(勝ち点36)に対し、開始6分にユヌゾビッチの直接FKでゴールを脅かされたライプツィヒは互角の攻防を強いられると、28分に失点する。クルーゼのミドルシュートがバーに当たったルーズボールをモイサンデルに蹴り込まれた。

▽攻撃の形を作れない低調なライプツィヒは、41分にもピンチ。ラシカのミドルシュートがGKグラーチを強襲。ルーズボールをユヌゾビッチにボレーで狙われたが、ここもグラーチが防ぎ、1点のビハインドで後半を終えた。

▽後半からカイザーに代えてルックマンを投入したライプツィヒは、50分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのイルザンカーのグラウンダークロスをルックマンが受けると、トラップでDF2人をかわしてゴールエリア右からシュートし、ネットを揺らした。

▽同点弾で攻勢を強めたかに思われたライプツィヒだったが、54分のヴェルナーのヘディングシュートで逆転弾に近づいて以降は、なかなかゴールに迫れない。

▽終盤にかけてはこう着状態に陥った中、85分にヴェルナーがディフェンスライン裏を取ってGKと一対一となったが、シュートを決めきれない。そのまま1-1でタイムアップし、ライプツィヒは4位ドルトムントとの勝ち点差を4に縮めるに留まった。

コメント

関連ニュース

thumb

浅野&原口が出場のハノーファー、浅野が失点に絡んでライプツィヒに競り負ける《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは15日、ブンデスリーガ第3節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。ハノーファーのFW浅野拓磨は65分までプレーし、FW原口元気は65分から出場している。 ▽0-0で引き分けた代表ウィーク前の前節ドルトムント戦では見せ場なく前半のみの出場となった浅野は、日本代表戦で途中出場した中、開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽1分け1敗スタートのライプツィヒに対し、[3-4-2-1]で臨んだハノーファーは浅野が2シャドーの一角で起用された。 ▽開始3分、ヴェルナーにボックス右まで侵入されてシュートを許したハノーファーは、9分に失点する。右クロスをファーサイドのサラッキがシュートに持ち込むと、ルーズボールをY・ポウルセンが頭で押し込んだ。 ▽それでも13分、ハノーファーがすかさず追いつく。右クロスのルーズボールをゴールエリア右のフュルクルクが華麗なボレーシュートで蹴り込んだ。 ▽勢い付くハノーファーは16分にカウンターに転じ、浅野がロングフィードを受けてボックス左に侵入するもトラップがうまく行かず、シュートはDFにカットされてしまった。続く18分にもボックス左からシュートを浴びせたが、ここもDFにブロックされてしまう。そして、直後の左CKの流れからルーズボールを拾った浅野がシュートを放つも、GKの好守に阻まれてしまった。 ▽浅野が逆転弾を奪えずにいると、ここからライプツィヒの反撃を許す。24分にはヴェルナーにボックス左からシュートを浴びせられると、26分にはボックス右に侵入したムキエレにGKを強襲するシュートを打たれた。 ▽すると40分、浅野のボールロストからカウンターを受けてボックス左のヴェルナーにシュートを流し込まれ、勝ち越しを許してしまった。 ▽迎えた後半、浅野がチャンスに絡むなど、前がかるハノーファーが攻勢に出る展開となる。しかし63分、左サイドのスペースを突いたフォルスベリの折り返しをヴェルナーが決めてライプツィヒがリードを広げた。 ▽失点直後の65分、ボックス左でパスを受けたアルボルノスがコントロールシュートを流し込んで再び1点差としたハノーファーは浅野に代えて原口を投入。 ▽しかし、3枚目のカードとしてウッドを投入したハノーファーは終盤にかけて攻撃が停滞。90分のCKの流れから原口の放ったシュートはDFにブロックされて2-3で敗戦。今季初勝利はならなかった。一方、ライプツィヒは今季初勝利を収めている。 2018.09.16 02:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ナビ・ケイタ、ブンデス時代の苦労の種はシャビ・アロンソ?

▽リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタが、クラブのレジェンドとの対戦経験を振り返った。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽N・ケイタは今夏、RBライプツィヒからリバプールに加入。2016年夏から2年間プレーしたブンデス時代を振り返り、優勝争いのライバルだったバイエルンとの闘いを回想している。中でも、2014年夏から2017年夏までバイエルンに所属していたシャビ・アロンソ(現U-14レアル・マドリー指揮官)とのマッチアップが印象に残っているようだ。 「バイエルンを相手にプレーしていた時、シャビ・アロンソにはいつも本当に苦労していた」 「彼はとても経験豊かだったし、僕は苦しめられた」 「彼が揺さぶりをかけ続けるということは、決してランニングを止められないということを意味するんだ。とても知的だったよ」 ▽リバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード現レンジャーズ指揮官が着用した、背番号8を背負っているN・ケイタ。重みのある番号を受け継ぎ、そのジェラード監督とコンビを組んでいたシャビ・アロンソからのレッスンを受けた経験を、アンフィールドの地で生かすことはできるのだろうか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.08 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、宇佐美ベンチ外のデュッセルドルフに1-1ドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節ライプツィヒvsデュッセルドルフが2日に行われ、1-1で引き分けた。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。 ▽ドルトムントとの開幕節を1-4と逆転負けしたライプツィヒは、3日前に行われたヨーロッパリーグ・プレーオフでゾリャに劇的勝利を飾って本戦出場を果たした。そのゾリャ戦のスタメンからライプツィヒは大幅に8選手を変更。ヴェルナー、カンプル、イルザンカーのみ引き続きスタメンとなった。 ▽一方、合流の遅れで開幕節のアウグスブルク戦でベンチ外だったデュッセルドルフの宇佐美は引き続き欠場となった。 ▽開始2分にCKからA・ホフマンのヘディングシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフが良い入りを見せると、6分にも決定機。サイド攻撃からドゥクシュのシュートが枠を捉えたが、GKグラーチの好守に阻まれた。 ▽立ち上がりのデュッセルドルフの猛攻を凌いだライプツィヒが徐々に押し込む流れとする中、36分にもデュッセルドルフに決定機。カウンターからジーセルマンが決定的なシュートを浴びせた。 ▽なかなかリズムに乗れないライプツィヒは、40分にようやくフォルスベリが初の枠内シュートをマークすると、1分後にはカンプルのシュートのルーズボールをオギュスタンが詰めるもオフサイドに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にデュッセルドルフが先制する。ジーセルマンがDFを引き付けて送ったラストパスをペナルティアーク中央のツィンマーマンがダイレクトで放ったシュートがネットを揺らした。 ▽失点を受けてブルマに代えてサビツァーを投入したライプツィヒが前がかっていくと、68分に追いついた。ムキエレが右サイドから入れたクロスをサビツァーが触ってファーサイドに流れると、オギュスタンが押し込んだ。 ▽70分にもフォルスベリがGKを強襲するシュートを浴びせたライプツィヒだったが、77分にピンチ。ラマンにスルーパスでディフェンスライン裏を突かれてシュートに持ち込まれる。しかし、GKグラーチが好守で凌いだ。 ▽直後、ヴェルナーが個人技で左ポスト直撃のシュートを浴びせたライプツィヒは、79分にはクーニャの豪快なバイシクルシュートでゴールに迫っていく。 ▽終盤、デンメに代えてY・ポウルセンを投入し、攻撃の枚数を増やしたライプツィヒだったが、逆転ゴールを奪うには至らず勝ち点1獲得に留まった。 2018.09.03 00:27 Mon
twitterfacebook
thumb

開始30秒被弾もドルトムント、ヴィツェルの公式戦2戦連発弾などでライプツィヒに逆転勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕節ドルトムントvsライプツィヒが26日に行われ、4-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽先週行われた今季最初の公式戦となったDFBポカールでロイスと新戦力ヴィツェルのゴールで延長戦の末に辛勝したドルトムントは、グロイター・フュルト戦のスタメンから2選手を変更。ゲッツェとヴォルフに代えてM・フィリップとヴィツェルを起用した。 ▽対するライプツィヒはスポーツ・ディレクターを務めていたラングニック氏が3年ぶりに監督に復帰。DFBポカールでは格下相手に3-1と逆転勝利し、3日前に行われたヨーロッパリーグ・プレーオフ1stレグのゾリャ戦では10人の相手にゴールレスドローに終わった。そのゾリャ戦のスタメンから大幅に8選手を変更。ヴェルナーやブルマ、イルザンカーらがベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からプリシッチ、M・フィリップ、ロイスと並べ、中盤アンカーにヴィツェル、インサイドにダフードとデラネイを配す[4-3-3]で臨んだドルトムントと、2トップにオギュスタンとY・ポウルセンを配すフラットな[4-4-2]で臨んだライプツィヒの強豪対決。 ▽キックオフ直後からハイプレスをかけたライプツィヒは開始30秒、Y・ポウルセンのヒールパスに抜け出したオギュスタンがディアロの対応を振り切ってシュートをねじ込み、あっさり先制する。 ▽出鼻を挫かれたドルトムントは、アンカーのヴィツェルを軸にボールを動かすも、シュートに持ち込むことはできない。だが21分、最初のチャンスをモノにする。ロイスが左サイドへ展開し、オーバーラップしたシュメルツァーのクロスをダフードが頭で合わせた。 ▽同点とされたライプツィヒは28分、スルーパスに抜け出したオギュスタンがGKと一対一となるも、ビュルキの好守に阻まれてしまう。36分にもフォルスベリがオンターゲットのシュートを記録し、流れを引き寄せにかかる。 ▽しかし40分、ドルトムントが逆転する。左サイド低い位置からのロイスのFKがサビツァーのオウンゴールを誘った。さらに43分、プリシッチの右CKからデラネイがヘッドでGKを強襲すると、ルーズボールをヴィツェルがバイシクルシュートでねじ込み、3-1として前半を終えた。 ▽後半からサビツァーに代えてヴェルナーを投入したライプツィヒは50分、クロスターマンのボレーシュートが枠を捉えたが、GKビュルキのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽その後、57分にダフードが決定機を逸したドルトムントだったが、ライプツィヒに主導権を渡さず時間を進めていく。 ▽そして、85分のヴェルナーの決定機をGKビュルキが好守で凌いだドルトムントは、追加タイム1分にカウンターからロイスが決めて4-1で逆転勝利。ライプツィヒとの強豪対決を制して白星スタートとしている。 2018.08.27 02:53 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーからの関心が伝えられるティモ・ヴェルナー、ライプツィヒSDが移籍を否定

▽ライプツィヒのラルフ・ラングニックスポーツ・ディレクター(SD)が、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)のレアル・マドリー移籍を否定している。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今季からフレン・ロペテギ前スペイン代表監督が指揮を執るマドリーは、同監督が求めるセンターFWの獲得に動いている。その候補の1人に挙がっていたバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノは、本人自ら残留を強調。さらにヴェルナーに関しても、ラングニックSDはこのように話している。 「我々は全く気にしていない。ティモはインタビューで何度もここでプレーすることを明確にしてきた。また、彼は少なくとも2019-20シーズンまではここでプレーしたいと言っていた。ユリアン・ナーゲルスマン監督(内定)の下でね」 「契約はあと2年となっているが、我々は契約延長を試みるつもりだよ」 ▽シュツットガルトのユース出身のヴェルナーは2016年夏にライプツィヒに加入。2シーズンでリーグ戦63試合に出場し、34ゴールを記録するなど、22歳ながらブンデス屈指のストライカーに成長した。ロシア・ワールドカップでもドイツ代表として全3試合に出場した。 2018.08.22 17:53 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース