途中出場ルックマン弾もドローのライプツィヒ、4位ドルトムントとは4ポイント差《ブンデスリーガ》2018.04.16 03:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第30節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。

▽前節レバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに敗れてCL圏内の4位から6位に後退したライプツィヒ(勝ち点46)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦を2-5で敗れ、ベスト4進出はならなかった。リーグ戦でのCL出場に懸ける中、マルセイユ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーやY・ポウルセン、フォルスベリといった主力が先発に戻った。

▽12位ブレーメン(勝ち点36)に対し、開始6分にユヌゾビッチの直接FKでゴールを脅かされたライプツィヒは互角の攻防を強いられると、28分に失点する。クルーゼのミドルシュートがバーに当たったルーズボールをモイサンデルに蹴り込まれた。

▽攻撃の形を作れない低調なライプツィヒは、41分にもピンチ。ラシカのミドルシュートがGKグラーチを強襲。ルーズボールをユヌゾビッチにボレーで狙われたが、ここもグラーチが防ぎ、1点のビハインドで後半を終えた。

▽後半からカイザーに代えてルックマンを投入したライプツィヒは、50分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのイルザンカーのグラウンダークロスをルックマンが受けると、トラップでDF2人をかわしてゴールエリア右からシュートし、ネットを揺らした。

▽同点弾で攻勢を強めたかに思われたライプツィヒだったが、54分のヴェルナーのヘディングシュートで逆転弾に近づいて以降は、なかなかゴールに迫れない。

▽終盤にかけてはこう着状態に陥った中、85分にヴェルナーがディフェンスライン裏を取ってGKと一対一となったが、シュートを決めきれない。そのまま1-1でタイムアップし、ライプツィヒは4位ドルトムントとの勝ち点差を4に縮めるに留まった。
コメント
関連ニュース
thumb

吉田麻也所属のセインツ、大躍進見せたライプツィヒ前監督と2年半契約で合意

▽吉田麻也が所属するサウサンプトンが新監督にラルフ・ハッセンヒュッテル氏(51)を招へいすることで合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽サウサンプトンは昨シーズン途中就任で残留に導いたマーク・ヒューズ監督と今年5月に3年間の新契約を締結。しかし、迎えた今シーズンは開幕14試合で1勝7敗6分けの18位という低調な戦績に加え、ここまで12得点という得点直不足に悩まされ、クラブは3日に同監督解任を発表した。 ▽伝えるところによるとサウサンプトンとハッセンヒュッテル氏は、2年間半の契約に合意。同氏は、5日に行われるプレミアリーグ第15節のトッテナムとのアウェイ戦を観戦する予定となっている。また、同試合はアシスタントコーチのケルビン・デイビス氏(42)が暫定指揮官を務める。 ▽ハッセンヒュッテル氏は、ドイツ下部リーグでの指揮を経て、2016年にRBライプツィヒの監督に就任。ブンデスリーガ昇格初年度を迎えたクラブを2位大躍進へと導き、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。昨シーズンもリーグ戦6位で終え、ヨーロッパリーグ出場権獲得した末、シーズン終了時に退任していた。 2018.12.05 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、姉妹クラブのNYレッドブルズからアメリカ代表MFテイラー・アダムスを獲得! 来冬に加入

▽ライプツィヒは3日、メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するニューヨーク・レッドブルズからアメリカ代表MFテイラー・アダムス(19)[写真:右]を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、冬の移籍市場が開幕する2019年1月1日付けで正式にライプツィヒの一員となる。 ▽ライプツィヒと同じく大手飲料会社のレッドブルをバックに持つNYレッドブルズの下部組織出身のアダムスは、2016年にトップチームに昇格。トップチームでは在籍3シーズンで公式戦74試合に出場し、3ゴール10アシストを記録。 ▽2018年シーズンは、主力としてMLSで24試合に出場し2シーズンぶりのプレーオフ進出に貢献。プレーオフでも3試合に出場していた。 ▽また、2017年11月にデビューしたアメリカ代表では、これまで9試合に出場し1ゴールを記録している。 2018.12.04 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーの2発でライプツィヒに完敗の2位ボルシアMG、首位ドルトムントと7ポイント差に《ブンデスリーガ》

▽ボルシアMGは2日、ブンデスリーガ第13節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、0-2で完敗した。 ▽首位ドルトムントを暫定7ポイント差で追う2位ボルシアMG(勝ち点26)が、4位ライプツィヒ(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽立ち上がりからライプツィヒの攻勢を受けたボルシアMGは開始3分に失点する。サビツァーとのパス交換でボックス右に侵入したヴェルナーにゴール左へシュートを蹴り込まれた。 ▽14分にもクロステルマンにボックス右から決定的なシュートを許したボルシアMGがペースを握れない中、37分にもボックス右からサビツァーに際どいシュートを打たれてしまう。 ▽そして追加タイム1分、Y・ポウルセンにディフェンスライン裏を取られた流れから、最後はヴェルナーにシュートを決められ、ボルシアMGは2点のビハインドで前半を終えた。 ▽後半に入ってボールを保持したボルシアMGだったが、守備に比重を置くライプツィヒを崩すことはできない。 ▽そこで60分、ノイハウスに代えてトラオレを投入。すると68分、ようやくT・アザールの強烈なミドルシュートでGKグラーチを強襲した。 ▽ゴールが遠いボルシアMGは終盤の77分、ディフェンスのラングを削ってアタッカーのラファエウを投入するも、終盤にかけてもチャンスを作れずに完敗。首位ドルトムントの追走に失敗している。 2018.12.03 01:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、セスク獲得ならチャルハノール放出へ

▽ミランが、トルコ代表MFハカン・チャルハノール(24)の放出を検討しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ▽ミランは、今冬にフラメンゴからブラジル代表MFルーカス・パケタ(21)を、推定移籍金3500万ユーロ(約45億円)での獲得に成功。また、チェルシーの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)の獲得にも動いている。 ▽セスクの獲得に成功した場合、ミランはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触する可能性も。解決策として、チャルハノール放出の選択肢が浮上しているという。その同選手に関しては、ライプツィヒとシャルケが獲得に興味を示しているようだ。 ▽昨シーズンにレバークーゼンから、移籍金2200万ユーロ(約28億円)で加入したチャルハノール。加入初年度から主力として活躍し、公式戦45試合で8ゴール13アシストの数字を残した。今シーズンも15試合に出場し1ゴール7アシストを記録するなど、貢献を続けている。 2018.11.30 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ&ドルトムントが日本代表MF南野を注視か

▽RBライプツィヒが、ザルツブルクの日本代表MF南野拓実(23)を注視しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽セレッソ大阪下部組織出身の南野は、2012年に特別指定選手としてプロデビューを飾った。2013年にはルーキーとしてクラブ史上初の開幕スタメン入りを果たすと、公式戦38試合で8ゴールをマーク。Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞した。 ▽2015年1月にザルツブルクに完全移籍で加入すると、途中加入ながら公式戦17試合に出で3ゴール3アシストを記録。今シーズンは公式戦21試合で10得点と4年連続で公式戦2桁得点を決めるなど躍動している。 ▽今回伝えられるところによると、姉妹クラブであるライプツィヒが、南野に興味を示している模様。また、ドルトムントも興味を示しているという。 ▽日本代表の新エースになりつつある南野はドイツの強豪チームにステップアップを果たすことになるのだろうか。動向に注目が集まる。 2018.11.14 14:23 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース