途中出場ルックマン弾もドローのライプツィヒ、4位ドルトムントとは4ポイント差《ブンデスリーガ》2018.04.16 03:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ライプツィヒは15日、ブンデスリーガ第30節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。

▽前節レバークーゼンとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに敗れてCL圏内の4位から6位に後退したライプツィヒ(勝ち点46)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦を2-5で敗れ、ベスト4進出はならなかった。リーグ戦でのCL出場に懸ける中、マルセイユ戦のスタメンから5選手を変更。ヴェルナーやY・ポウルセン、フォルスベリといった主力が先発に戻った。

▽12位ブレーメン(勝ち点36)に対し、開始6分にユヌゾビッチの直接FKでゴールを脅かされたライプツィヒは互角の攻防を強いられると、28分に失点する。クルーゼのミドルシュートがバーに当たったルーズボールをモイサンデルに蹴り込まれた。

▽攻撃の形を作れない低調なライプツィヒは、41分にもピンチ。ラシカのミドルシュートがGKグラーチを強襲。ルーズボールをユヌゾビッチにボレーで狙われたが、ここもグラーチが防ぎ、1点のビハインドで後半を終えた。

▽後半からカイザーに代えてルックマンを投入したライプツィヒは、50分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのイルザンカーのグラウンダークロスをルックマンが受けると、トラップでDF2人をかわしてゴールエリア右からシュートし、ネットを揺らした。

▽同点弾で攻勢を強めたかに思われたライプツィヒだったが、54分のヴェルナーのヘディングシュートで逆転弾に近づいて以降は、なかなかゴールに迫れない。

▽終盤にかけてはこう着状態に陥った中、85分にヴェルナーがディフェンスライン裏を取ってGKと一対一となったが、シュートを決めきれない。そのまま1-1でタイムアップし、ライプツィヒは4位ドルトムントとの勝ち点差を4に縮めるに留まった。
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒ、バルサやシティ関心の逸材SBルアン獲得に成功か

RBライプツィヒがパルメイラスに所属するU-20ブラジル代表DFルアン・カンジド(18)の獲得に漕ぎ着けたようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 パルメイラスの下部組織に在籍するルアンは、184cmの恵まれたサイズに加え、高い身体能力と攻撃センスに長けた攻撃的な左サイドバック。18歳ながら飛び級でU-20ブラジル代表でもプレーする同選手は、左ウイングや左サイドハーフでもプレー可能であり、ブラジル国内ではレアル・マドリーDFマルセロの後継者としても期待される逸材だ。 そのルアンに関してはDFジョルディ・アルバの将来的な後釜を探すバルセロナやマンチェスター・シティ、ユベントスなど多くのビッグクラブが関心を示してきたが、ここ最近若手タレントのリクルートに長けているライプツィヒが争奪戦を制した模様だ。 『ビルト』が伝えるところによれば、ライプツィヒは800万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1000万ユーロ(約12億6000万円)の移籍金でクラブ間での合意に至り、ルアンとは19日に2023年までの契約締結にこぎ着けたようだ。 2019.03.21 02:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがチェルシーアカデミーのエイブラハムに注目か、今季アストン・ビラでゴール量産中

ライプツィヒが、チェルシーユースのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(21)に注目しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ナイジェリアにルーツを持つエイブラハムは、数多いるチェルシーユース選手の中でも有数の逸材で、今季はレンタル先のアストン・ビラでここまでリーグ戦29試合で21ゴールを挙げている。190㎝の長身を生かしたポストプレーを武器としながらも、時にウイングからドリブルでチャンスメイクするプレーも魅力のひとつ。昨年11月にはイングランド代表デビューを果たした、今後の活躍が期待されている1人だ。 そのエイブラハムにライプツィヒが興味を示しているという。現在ブンデスリーガでは、ドルトムントのFWジェイドン・サンチョの大活躍ぶりから、にわかに若手英国人ブームが到来中。その波を受けて、ライプツィヒもイングランドに視察団を送っている模様。今冬の移籍マーケットでは、アーセナルからU-18イングランド代表MFエミール・スミス=ロウをレンタルで獲得した。 ウォルバーハンプトンも興味を持っているというエイブラハムの市場価値は2000万ポンド(約30億円)程度。果たしてライプツィヒは獲得に動くのだろうか。 2019.03.08 02:07 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が3試合連続スタメンも見せ場なし… ライプツィヒに敗戦で最下位ニュルンベルク18戦勝ちなし《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは2日、ブンデスリーガ第24節でライプツィヒをホームに迎え、0-1で敗戦した。ニュルンベルクのFW久保裕也は81分まで出場している。 前節デュッセルドルフ戦では開始早々に10人となった中、1-2と逆転負けした最下位ニュルンベルク(勝ち点13)は、久保が[4-3-3]の右ウイングで3試合連続先発となった。 4位ライプツィヒ(勝ち点41)に対し、開始2分にクロステルマンに決定的なシュートを許したニュルンベルクが押し込まれる入りを強いられるも、8分にPKを獲得する。ボックス左角付近でリーボルドがコナテにファウルを受けると主審はFKと判定したが、VARの末にPKとなった。しかし、キッカーのベーレンスはシュートをバーに当ててしまった。 千載一遇のチャンスをフイにしたニュルンベルクは、26分にカンプルのミドルシュートでゴールを脅かされると、引き続き守勢を強いられてしまう。そして、37分に右サイド高い位置で与えたFKからハルステンベルクに直接狙われたシュートが枠を捉えたが、GKマゼニアが何とか弾き、ボールはバーを直撃した。 しかし40分、左CKの流れからボックス右のクロステルマンにシュートを叩きこまれてついに先制を許し、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、ニュルンベルクがリスクを負って前に出るも、ライプツィヒにいなされてしまう。 なかなかシュートチャンスを作れず時間だけが経過していく中、66分にミシジャンを投入したニュルンベルクは久保を左ウイングに回した。 結局、81分に見せ場を作れなかった久保がピッチを後にして以降も目立ったチャンスを作れなかったニュルンベルクは0-1のまま敗戦。18戦勝利から見放され、最下位を抜け出せずにいる。 2019.03.03 01:46 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ライプツィヒのエースFWヴェルナー獲得で個人間合意! 今夏以降の加入が決定的に

バイエルンがRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)の獲得を内定させたようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 ライプツィヒ加入した2016-17シーズンにブンデスリーガで21得点を記録したヴェルナーは、今シーズンもここまでリーグ戦20試合で11得点を記録するなど、3シーズン連続で二桁得点をマーク。 クラブとの契約が2020年までとなっているドイツ代表FWに対しては、リバプール、ユベントス、レアル・マドリーなどからの関心が報じられている。 だが、『シュポルト・ビルト』の伝えるところによれば、以前からヴェルナーの有力な新天地候補に挙がっていたバイエルンが、代理人を務めるカールハインツ・フェルスター氏との間で2020年までに移籍することで合意に達したという。 なお、現時点でバイエルンはライプツィヒに対して公式なオファーを掲示していないが、2020年夏にフリーでのエース流出を避けたいライプツィヒは今夏あるいは来冬の段階で放出に踏み切る構えだ。 2019.02.27 23:46 Wed
twitterfacebook
thumb

4位ライプツィヒ、土壇場でホッフェンハイムに追いつき5戦負けなし《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは25日、ブンデスリーガ第24節でホッフェンハイムとホームで対戦し、1-1で引き分けた。 チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に付けるライプツィヒ(勝ち点41)が、8位ホッフェンハイム(勝ち点33)をホームに迎えた一戦。 一進一退の攻防で立ち上がった中、22分にホッフェンハイムが最初のチャンスを生かして先制する。ベルフォディルのパスを受けたボックス右のジョエリントンのシュートをGKが弾くと、ルーズボールをクラマリッチが押し込んだ。 失点したライプツィヒだったが、なかなかギアが上がらない。そんな中、前半終了間際の45分にようやく同点のチャンス。スルーパスに抜け出したボックス左のライマーがシュート。しかし、GKバウマンの好守に阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、低調だったライプツィヒはイルザンカーに代えてアダムスを投入。そのライプツィヒが攻勢に出ると、54分に決定機。FKからゴールエリア左のオルバンがヘッド。枠の右を捉えたが、GKバウマンのファインセーブに阻まれた。 しかし、徐々にトーンダウンしていったライプツィヒはシュートチャンスを生み出せなくなっていく。そこで75分、クーニャに代えてオギュスタンを投入。ここから再び攻勢が強まったが、ホッフェンハイム守備陣の集中したディフェンスの前にゴールを割るには至らない。 すると85分にはサライに決定的なヘディングシュートを許してしまう。ここはGKグラーチがビッグセーブで凌ぐと、土壇場の89分に追いついた。左サイドのハルステンベルクのグラウンダークロスをゴール前に流れの中で上がっていたセンターバックのオルバンがスライディングシュートで流し込んだ。 追加タイムにはハルステンベルクが強烈なミドルシュートを浴びせるもわずかに枠を捉え切れず1-1でタイムアップ。それでも引き分けに持ち込んだライプツィヒは5戦負けなしとしている。 2019.02.26 06:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース