エイバル、乾2戦ぶり先発もアラベスの1発に泣き6戦勝ちなし…《リーガエスパニョーラ》2018.04.15 21:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは15日、リーガエスパニョーラ第32節でホームにアラベスを迎え、0-1で敗北。乾は78分までプレーした。

▽5試合勝ちのない暫定11位のエイバル(勝ち点40)と、2試合負けのない暫定16位のアラベス(勝ち点35)による“バスク・ダービー”。乾は、2試合ぶりにペドロ・レオンらとともにスタメンに名を連ねた。

▽試合開始早々、アラベスがファーストチャンスをモノにする。最前線のソブリーノがボックス左に抜け出し、中央マイナス方向に折り返す。ボックス手前のグイデッティが右足でグラウンダーのシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

▽反撃に出るエイバルは、16分にボックス手前右のペドロ・レオンが鋭く落ちるミドルシュートを浴びせたが、GKパチェコがファインセーブを披露。同点ゴールとはならない。

▽乾は左サイドに大きく開いて幾度かドリブルを試みるが、アラベスの集中した守備に苦しみ打開できず。エイバルは、ボールを保持しつつも大きなチャンスを作り出すことができないまま試合を折り返すこととなった。

▽後半に入っても、エイバルは得点を目指して攻勢をかける。52分、ボックス左からのFKの場面で、キッカーはペドロ・レオン。しかし、右足の強烈なシュートは、またしてもGKパチェコに阻まれた。

▽エイバルはさらに61分、左サイドでボールを持った乾が右足で速いクロスを供給。しかし、GKパチェコのパンチングに阻まれ、ボックス内で待ち構えるオレジャーナはヘディングシュートを放つことができない。64分にもボックス左で乾のパスを受けたオレジャーナが右足でシュートを放ったが、アラベスDFのブロックに遭う。

▽リズムを変えたいエイバルは、78分に疲れが見えてきた乾に代えてカパを投入。防戦一方となっているアラベスも、81分にイバイ・ゴメスに代えて好調なムニルを起用した。

▽結局、エイバルがその後もネットを揺らすことができないまま試合が終了。この結果、エイバルは6試合勝ちなしで連敗突入と、ホームで苦杯を喫することに。対するアラベスは、連勝を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

教え子・乾貴士にゴール決められたエイバル監督、愛ある冗談を飛ばす「得点後に謝られたが…だったら決めるなよ!」

9日のリーガエスパニョーラ第27節、アラベス対エイバルは1&minus;1のドローで終了した。エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は、この試合の先制点を決めた教え子・アラベスMF乾貴士について、愛ある冗談を飛ばしている。<br><br>昨季まで3シーズンにわたりエイバルに在籍した乾は、この試合の先制点を記録した。58分、速攻からMFジョニーが右サイドを突破し、ペナルティエリア内右に走り込む乾にパス。ボールを受けた乾は一度フェイントを入れ、引っかかったGKディミトロビッチに尻餅をつかせると、ディミトロビッチとゴールポストの間にボールを通して見事ネットを揺らした。その後、エイバルがFWマルク・カルドナが同点弾を決め、試合はドローで終了した。<br><br>試合後会見に出席したメンディリバル監督は、やはり教え子の&ldquo;手痛い恩返し&rdquo;について感想を問われている。多数の選手たちからもう一人の父親のようだとその印象を述べられる同指揮官は、笑顔で次のように返答した。<br><br>「タカはサラード(愛嬌がある、またはどぎついなどの意)だ。日本人だが、とてもサラードだよ。彼のユーモアを理解しないとね。私たち相手にゴールを決めて、それから謝ってきた&hellip;&hellip;。だったら決めるな、という話だよ!」<br><br>「私たちは仲が良かったし、今後もそうあり続ける。あいつは良いやつで、ビトリアでも活躍を見せてくれるだろう。ここではもう2ゴールを記録しているが、私たちといたときよりも点を決めている。つまりベティスで何かを学んだんだよ。いや、違う&hellip;&hellip;あいつはベティスでプレーしていなかったんだ! それならエイバルで学んだということなんだろうな」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.10 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサから武者修行中のエイバルDFククレジャにミラン&ドルトムントら欧州クラブが注目?

バルセロナからエイバルにレンタル加入中のスペイン人DFマルク・ククレジャ(20)が、欧州複数クラブから注目されているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 バルセロナ下部組織出身のククレジャは、2017年10月にコパ・デル・レイでトップチームデビュー。しかし、リーガエスパニョーラでピッチに立つことは無く、今シーズンからエイバルに武者修行に出た。するとここまで公式戦21試合1ゴール2アシストを記録。昨年11月に行われたリーガエスパニョーラ第13節のレアル・マドリー戦では、バルセロナ仕込みの的確なポジショニングやテクニックを生かして3-0の勝利に貢献し、そのポテンシャルの高さが注目されていた。 今回伝えられるところによると、そんなククレジャに対して、ミランとドルトムント、ボルシアMGが獲得に興味を示しているようだ。ククレジャとエイバルの契約には買取オプションが付随しているが、果たして…。 2019.03.01 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

乾が日本人初! リーガ通算100試合出場を達成!

アラベスに所属する日本代表MF乾貴士(30)が、リーガエスパニョーラ通算100試合出場を達成した。 アラベスは23日、リーガエスパニョーラ第25節でセルタと対戦し、ゴールレスドロー。乾は3試合連続先発出場を果たし、74分までプレーした。 この一戦でピッチに立った乾は、これがリーガエスパニョーラ通算100試合目。日本人初の達成者となった。『マルカ』は、「乾は3年間で、スペインのフットボールへの適応とホセ・ルイス・メンディリバル(エイバル指揮官)の要求に応える能力の高さを示した」と称賛している。 横浜F・マリノスでプロデビューを飾った乾は、セレッソ大阪、ドイツのボーフム、フランクフルトを経て、2015年8月にリーガエスパニョーラのエイバルに完全移籍。エイバルでは89試合に出場した。その後、昨夏にベティスに加入し、8試合に出場。今冬の移籍市場でアラベスに加入し、移籍後3試合目の出場となった23日のセルタ戦でリーガ通算100試合に到達した。 ちなみに乾が出場した100試合での戦績は、33勝26分け41敗。個人としては11ゴール10アシストを記録している。 2019.02.24 13:59 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のセビージャ、終盤の連続ゴールでドローに持ち込み公式戦の連敗ストップ《リーガエスパニョーラ》

セビージャは10日、リーガエスパニョーラ第23節でエイバルと対戦し、2-2の引き分けに終わった。 公式戦2連敗中の4位セビージャが、ホームに10位のエイバルを迎えた一戦。前節のセルタ戦で惜敗したセビージャは、前節から先発メンバーを4人変更。フランコ・バスケスやメルカドらに代えてロケ・メサやエスクデロらが先発に名を連ねた。 セビージャは3分、ロングパスで左サイドを抜け出したイェデルの折り返しの処理をボックス内の相手DFがもたつくと、これを奪ったサラビアがボックス深くまで切り込みシュート。しかし、これはゴール右に逸れた。 一進一退の展開が続く中、セビージャは先制を許す。22分、ボックス左手前でパスを受けたオレジャーナがセルジ・エンリクとのワンツーを狙うも、これはロケ・メサがカット。しかし、ロストボールを再び拾ったオレジャーナがゴール前まで強引に突破すると、右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 先制されたセビージャは30分、右クロスのこぼれ球をボックス左のエスクデロがダイレクトボレーで狙うと、31分にはロングフィードで相手DFの裏に抜け出したアンドレ・シウバのラストパスから、イェデルがゴールを狙ったが、共に枠を外した。 迎えた後半、1点を追うセビージャは61分にエスクデロを下げてヘスス・ナバスを、62分にロケ・メサを下げてフランコ・バスケスをピッチに投入。しかし、直後にスコアを動かしたのはエイバルだった。 63分、ホルダンの左CKをファーサイドのアルビージャが頭で折り返すと、ゴール前のシャルレスがヘディングシュートを叩き込んだ。 反撃に出たいセビージャだったが84分、司令塔のバネガがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となる。これで万事休すかと思われたが、セビージャはここから驚異の粘り強さを見せる。 88分にサラビアのスルーパスからゴール前に抜け出したイェデルが流し込み1点を返すと、後半アディショナルタイムにはプロメスの左クロスをニアサイドに走り込んだサラビアが右足で合わせ、同点に追い付いた。 劇的な試合はここでタイムアップ。最後の最後で同点に持ち込んだセビージャが、本拠地サンチェス・ピスファンで勝ち点1を拾い、公式戦の連敗を止めた。 2019.02.11 04:32 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシのリーガ400ゴール&スアレスの2発でバルセロナがリーグ6連勝!《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは13日、リーガエスパニョーラ第19節でエイバルと対戦し、3-0で勝利した。 リーグ戦5連勝中の首位バルセロナが、4試合連続ドロー中の13位エイバルをホームに迎えた一戦。主力温存で臨んだミッドウィークコパ・デル・レイ5回戦1stレグのレバンテ戦を1-2で落としたチームはその試合からコウチーニョとブスケッツ以外の先発9人を変更。メッシやスアレス、ピケなど主力が先発に名を連ねた。 立ち上がりからボールを保持するバルセロナは、8分に最初のチャンスを迎える。右サイドで獲得したFKからメッシがクロスを供給すると、ニアサイドに飛び出したピケがバックヘッドでエイバルゴールを迫ったが、これはオフサイドの判定。 さらにバルセロナは19分、ボックス手前でコウチーニョと華麗なパスワークを見せたスアレスがボックス内に侵入すると、ボックス左からシュートを右隅に流し込んだ。 先制したバルセロナは、43分にもスアレスとのパス交換でボックス左に侵入したコウチーニョがペーニャに倒されたが、主審はノーファウルの判定となった。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはバルセロナ。53分、ボックス左に侵入したコウチーニョの折り返しを中央でスアレスが落とすと、これを受けたメッシがゴールエリア左手前まで切り込みシュートをゴール右隅に決めた。 追加点で勢いづくバルセロナは、59分にもセルジ・ロベルトのスローインを受けたスアレスがボックス右から仕掛けると、ゴールエリア右横から冷静にシュートを流し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 その後、バルセロナはビダルやデンベレ、N・セメドを投入しながら危なげない展開で試合をクローズ。メッシのリーガ400ゴール目などで快勝のバルセロナがリーグ6連勝を決めた。 2019.01.14 04:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース