PK判定で話題のオリヴァー主審…妻が脅迫行為を受ける2018.04.15 12:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝2ndレグで注目の人となってしまったマイケル・オリヴァー主審。警察はオリヴァー主審の妻へ送られたメッセージについて調査をスタートするようだ。イギリス『BBC』が報じた。

▽オリヴァー主審は、11日に行われたCL準々決勝2ndレグのレアル・マドリーvsユベントスで主審を務めたが、試合終了間際にPKの判定。これにより、マドリーがベスト4に進出していた。

▽この件にはユベントスの選手たちやイタリアメディアが非難。ユベントスファンも大きく反論していた。

▽『BBC』によると、試合後のSNSにオリヴァー主審の妻であるルーシーさんの携帯電話番号が投稿されたとのこと。また、夫婦の自宅を訪れる者がおり、玄関を叩いたり、叫ぶなどの脅迫行為の報告があるとのことだ。

▽オリヴァー主審の妻であるルーシーさんは、女子スーパーリーグの審判員であり、男子のノン・リーグの審判でもある。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがベルギークラブを買収? 会長が「若手成長の場」として検討中

▽ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、新たなクラブを買収しようとしているようだ。イタリア『Radio Kiss Kiss Napoli』が伝えている。 ▽1人のオーナーが複数クラブを持つことは珍しいことではなく、ウディネーゼを所有するポッツォ・ファミリーもかつてはワトフォードとグラナダを所有していた。 ▽デ・ラウレンティス会長が買収を試みているのは、ベルギー2部のクラブとのこと。どのクラブか、名前は明らかにされていない。 ▽ベルギークラブの買収は、若手の有望な選手がナポリに加入する前に、成長する場として利用したい狙いがあるという。 ▽世界的なネットワークを見れば、マンチェスター・シティも入っているシティ・グループがある。アメリカにはニューヨーク・シティFC、オーストラリアにはメルボルン・シティ、そして日本には横浜F・マリノスが同じグループだ。さらに、スペインのジローナのカブも44%保有している。 ▽玄人好みの選手を集め、今シーズンはスクデット争いも繰り広げているナポリ。デ・ラウレンティス会長の野望は止まらない。 2018.04.25 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスの名将、アンリ・ミシェル氏が70歳で死去…W杯で4度指揮

▽現役時代はフランス代表としても活躍し、監督としてもフランス代表を指揮したこともあるアンリ・ミシェル氏が亡くなった。70歳だった。フランス『レキップ』が報じた。 ▽ミシェル氏は、現役時代にナントで活躍。公式戦532試合に出場し、これはナントでの最多出場記録となっている。 ▽また、フランス代表としても11年間に渡ってプレーし、58キャップを記録。1978年のアルゼンチン・ワールドカップに出場していた。 ▽現役引退後は指導者として活躍。1984年にロサンゼルス・オリンピックでフランス代表を率いて優勝。その後は、フランス代表監督に就任すると、ミシェル・プラティニなどを擁し、1986年のメキシコ・ワールドカップで3位の成績を残していた。 ▽その後は、パリ・サンジェルマンを経て、1994年にカメルーン代表監督に就任。アメリカ・ワールドカップで指揮を執ると、1998年のフランス・ワールドカップではモロッコ代表監督として参加。2002年の日韓ワールドカップにはチュニジア代表を導くも、アフリカネイションズカップでの惨敗の責任をとって大会前に解任されていた。 ▽2004年からはコートジボワール代表を率い、2006年のドイツ・ワールドカップで指揮。これにより、4つのワールドカップで別の国を率いて指揮を執ることとなった。その他、UAE代表やケニア代表なども指揮している。 ▽クラブチームでは、パリ・サンジェルマンのほか、アル・アイン(UAE)やアリス・テッサロニキ(ギリシャ)、ラジャ・カサブランカ(モロッコ)、アル・アラビ(カタール)、アル・ザマレク(エジプト)、マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)で指揮を執っていた。代表チーム、クラブチームを通じアフリカで長年指揮を執っていたことでも知られていた。 2018.04.24 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“ノーサイドの精神”…大事な決戦を前にローマが記念碑を訪問

▽サッカー界は1つのファミリーだと証明する行動が話題となっている。ローマ公式ツイッター(@ASRomaEN)がアップした動画が話題だ。 ▽24日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝1stレグのリバプール戦を戦うため、リバプールに滞在しているローマ一向。選手たちは、アンフィールドに設置されている記念碑を訪れた。 ▽この記念碑は、1989年4月15日に行われたFAカップ準決勝のリバプールvsノッティンガム・フォレストで起こった悲劇のもの。「ヒルズボロの悲劇」として知られ、ゴール裏の立ち見席に集まったサポーターが将棋倒しとなり、死者96名、重軽傷者766名を出す惨事となっていた。 ▽公表された報告書により、2016年に警備責任者の過失が認められ、犠牲者は不当に亡くなったとされ、大きな波紋を呼んでいた。 ▽ローマの選手たちは、この記念碑を前に集まり、キャプテンの元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが花輪を捧げていた。 2018.04.24 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

EL日本人対決のチケットが大人気! サイトがダウン→復旧後に完売

▽26日に行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのマルセイユvsザルツブルク。このチケットが思わぬ人気となっているようだ。マルセイユが公式サイトで明かした。 ▽日本人にとっては、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとFW南野拓実が所属するザルツブルクの対戦ということもあり、注目を集めている。しかし、それはヨーロッパの地元ファンにとっても同じだったようだ。 ▽マルセイユは、22日にチケットの販売を開始。しかし、同時に4万5000人のファンが座席を購入しようとしたとのこと。この影響で、チケット販売サイトのサーバーがダウンしてしまったということだ。 ▽マルセイユはクラブ公式サイトに声明を発表。「このような状態に陥った方々に、心から謝罪します。次回の販売時には、必要と思われる教訓を活かします」と、サイトに接続できなかった方への謝罪を行った。 ▽なお、その後にサイトは復旧。しかし、すぐに全チケットが売り切れたと、マルセイユは報告している。日本代表DF酒井宏樹はヒザを傷め欠場の見込みだが、マルセイユファンは決勝進出に向けてヒートアップしているようだ。 2018.04.23 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「アーセナルからバルセロナへ移籍したこと」元フランス代表MFプティ氏がキャリアでの後悔を告白

▽かつてバルセロナでプレーしていた元フランス代表MFエマヌエル・プティ氏が、自伝でバルセロナ移籍を「後悔している」と明かした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽モナコの下部組織で育ったプティ氏は、1997年7月にアーセナルへと移籍。今シーズン限りで退任が決定しているアーセン・ヴェンゲル監督に引き抜かれる形で加入していた。 ▽その後、2000年7月にバルセロナへと移籍。2001年7月にわずか1シーズンでチェルシーへと移籍し、2004年7月に現役を退いていた。 ▽プティ氏は、自伝の中でバルセロナ移籍を悔やんでいると明かし、当時の問題を告白した。 「私のフットボールキャリアで残念な点は、アーセナルからバルセロナへ移籍したことだ」 「クラブのハーモニーは小さな集団のせいで台無しになってしまった。初めてドレッシングルームへ入った時、誰も私に気づかなかったし、挨拶をする選手もいなかった。歓迎はなかった」 「ドレッシングルームは3つのグループに分かれていた。1つはカタルーニャ人、もう1つはオランダ人、そしてもう1つだ」 「1つの集団になるチャンスを台無しにしていたよ」 ▽なお、プティ氏はバルセロナ時代にリーガエスパニョーラで23試合に出場し1得点、チャンピオンズリーグでも4試合でプレーしていた。 2018.04.21 18:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース