ジルーが大仕事! チェルシー、吉田セインツに8分間で0-2から大逆転劇《プレミアリーグ》2018.04.14 22:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは14日、プレミアリーグ第34節でサウサンプトンの本拠地セント・メリーズ・スタジアムに乗り込み、3-2で勝利した。▽前節終了時点で4位トッテナムを10ポイント差で追う5位につけ、来シーズンのCL出場権獲得が厳しい状況のチェルシー。今節は18位に沈むサウサンプトンのホームに乗り込んだ。

▽その一戦に向けては、ザッパコスタが3試合ぶりのスタメン入り。対するサウサンプトンは、吉田が2試合連続の先発出場となり、3バックの中央に入った。

▽タディッチの仕掛けに対応しつつ、ボールの主導権を握りながら攻撃の糸口を探るチェルシー。立ち上がりから押し込む展開に持ち込むが、サウサンプトンが21分に先手を取る。

▽左サイドのスペースでボールを受けたバートランドがロングスプリントでボックス左深くに侵攻。グラウンダーの折り返しにゴール前のタディッチが詰め、サウサンプトンが先制した。

▽追うチェルシーは、失点前と同様、敵陣内で長く時間を費やすが、有効打を欠く攻撃に終始。セットプレーからクリステンセンがゴールに迫ったが、陥れるには至らない。

▽早い時間帯に追いつきたいチェルシーは、後半の頭から反撃。55分、バイタルエリア中央からのウィリアンの右足シュートがゴール右下に飛ぶが、相手GKにセーブされる。

▽すると、サウサンプトンは60分、敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得。ワード=プラウズのクロスにファーサイドのベドナレクが左足で合わせ、チェルシーを突き放した。

▽プレミアデビューのベドナレクに一発を許したチェルシーは直後、ジルーとペドロを同時投入。攻撃の活性を図ったが、勢いづく相手に試合の流れを掴まれ、反撃に持ち込めない。

▽そうした中、チェルシーは70分、左サイドのマルコス・アロンソが左足でセンタリング。これに反応したジルーがホードと吉田の間に潜り込み、ヘディングシュートで1点を返した。

▽ジルーの加入後プレミア初ゴールで息を吹き返したチェルシーは75分、ボックス左深くに侵攻のウィリアンがグラウンダーのクロス。これをアザールが押し込み、追いついた。

▽そのチェルシーは78分に逆転する。バイタルエリア左で得たFKからウィリアンがボックス左のアザールにパス。これを受けたアザールがゴール前にクロスを送る。

▽これがゴール前での混戦を誘い出すと、ボックス中央のやや離れた位置に構えるジルーがクリアボールに反応して左足ダイレクト。これが決まり、チェルシーが試合をひっくり返した。

▽ジルーの活躍により、わずか8分間で形勢逆転に持ち込んだチェルシーがそのまま試合をクローズ。CL出場権の逆転奪取に向け、貴重な3試合ぶりの白星を手にしている。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、マドリーからのアザール獲得オファーを拒否!

チェルシーが、所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)に対するレアル・マドリーからのオファーを拒否したようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 2012年にリールから加わって以来、チェルシーで眩く輝き続けているアザール。今シーズンも、ここまでの公式戦39試合で16ゴール11アシストと、チームを牽引している。 とはいえ、そんなアザールとチェルシーの現行契約も来シーズン終了まで。チェルシーからの契約延長オファーを固辞している上、同選手は以前からマドリーへの憧れを隠しておらず。さらに、マドリー指揮官にはアザールにとってのアイドルであるジネディーヌ・ジダン監督が復任し、今夏移籍の可能性が高まっている。 そして、今回の報道によると、マドリーはアザール獲得に向けて最初のオファーを提示したが、チェルシーが拒否。先日伝えられた通り、チェルシーは1億ユーロ(約126億円)付近での売却を狙っており、来年夏にフリーでスターを失うリスクを背負いつつ交渉を進めているようだ。 2019.03.19 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

英国人億万長者、チェルシー購入を狙う 要求額は3693億円

英国で最も裕福な人物であるサー・ジム・ラトクリフ氏が、チェルシー購入の話し合いを継続しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 2003年に1億4000万ポンド(現在のレートで約207億円)でチェルシーを買収して以降、数々のビッグネームを買い集め、クラブをより大きな存在に押し上げたロマン・アブラモビッチ氏。しかし、ロシアの新興財閥でもある同氏は現在、ビザの関係で1年間に6ヵ月間しかイギリスに留まることが出来ず。本拠地スタンフォード・ブリッジの再建計画も取りやめとなっている。 そして、チェルシーは正式に売りに出されているわけではないが、この状況に関心を示しているのがラトクリフ氏だ。多国籍石油化学企業『イオネス』の会長であり、純資産210億ポンド(約3兆1000億円)とも言われる億万長者は、買収の可能性についてファーストコンタクトを取っており、協議を続けているという。 同氏はマンチェスター・ユナイテッドのファンとして育ったとされているが、スタンフォード・ブリッジにも足繁く通っているとのこと。スポーツ全般に関心を示しており、2017年にはスイスのクラブであるローザンヌのオーナーにもなっている。 しかしながら、アブラモビッチ氏は25億ポンド(約3693億円)を要求しており、交渉は停滞。購入後に追加でスタンフォード・ブリッジの再建費も支払う必要が生じる点も、ラトクリフ氏を悩ませる要因となっているようだ。 2019.03.19 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ディナモ・キエフ戦でのハドソン=オドイに対する人種差別発言を提訴

チェルシーは18日、イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイに対して人種差別発言があったとして欧州サッカー連盟(UEFA)に提訴した。 ハドソン=オドイは14日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、ディナモ・キエフとのアウェイ戦でフル出場し、78分にゴールを決めていたが、この試合の終了間際にホームチームのサポーターからモンキーチャントを浴びていたようだ。 チェルシーはこの卑劣な行為に対して公式サイトで次のように抗議している。 「キエフでの試合終了間際の数分、我々の選手のうち、一人に対して向けた人種差別発言があった。我々はあのような卑劣行為を心から非難する」 2019.03.19 04:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ハドソン=オドイがイングランド代表初招集! ウォード=プラウズに続き追加招集《ユーロ2020予選》

イングランドサッカー協会(FA)は18日、チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイ(18)をイングランド代表に追加招集することを発表した。 イングランド代表初招集となったウインガーのハドソン=オドイはチェルシーの下部組織出身で昨年1月にプロデビューを飾っていた。そして今季は公式戦19試合に出場して5ゴール4アシストを記録していた。今回の代表ウィークではU-21イングランド代表に招集されていたが、DFジョン・ストーンズ、MFファビアン・デルフ(ともにマンチェスター・シティ)、DFルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)、MFルベン・ロフタス=チーク(チェルシー)らの離脱により、MFウォード=プラウズとともにA代表招集のチャンスが回ってきた格好だ。 イングランド代表は、ユーロ2020予選で22日にホームでチェコと、25日にアウェイでモンテネグロ代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆イングランド代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ピックフォード</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">ジャック・バトランド</span>(ストーク・シティ) <span style="font-weight:700;">トム・ヒートン</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ジェームズ・タルコウスキ</span>(バーンリー) <span style="font-weight:700;">マイケル・キーン</span>(エバートン) <span style="font-weight:700;">トレント・アレキサンダー=アーノルド</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ベン・チルウェル</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">ハリー・マグワイア</span>(レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">キーラン・トリッピアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ダニー・ローズ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">カイル・ウォーカー</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">デクラン・ライス</span>(ウェストハム) <span style="font-weight:700;">ロス・バークリー</span>(チェルシー) <span style="font-weight:700;">デレ・アリ</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">エリック・ダイアー</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ヘンダーソン</span>(リバプール) <span style="font-weight:700;">ジェイドン・サンチョ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;color:#FF0000;">ジェームズ・ウォード=プラウズ</span>(サウサンプトン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(トッテナム) <span style="font-weight:700;">ラヒーム・スターリング</span>(マンチェスター・シティ) <span style="font-weight:700;">マーカス・ラッシュフォード</span>(マンチェスター・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">カラム・ウィルソン</span>(ボーンマス) <span style="font-weight:700;color:#FF0000;">カラム・ハドソン=オドイ</span>(チェルシー) 2019.03.19 02:32 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アザール無銭流失を覚悟か

イギリス『エクスプレス』はチェルシーがベルギー代表MFエデン・アザール(28)の無銭流失を覚悟していると報じた。 近年のチェルシーにおいて完全無欠のスタープレーヤーであるアザール。だが、来シーズン限りで満了となる契約に関して、チェルシーからの延長オファーを蹴り、「夢」のレアル・マドリー移籍をちらつかせる発言を続けている状況だ。 その移籍先として有力なレアル・マドリーは先日、アザールの“憧れの人”ジネディーヌ・ジダン氏が監督に電撃復帰。今夏の大型補強における目玉の1人として、アザールが取り沙汰され、移籍金7000万ポンド(約103億7000万円)を投じる模様だ。 だが、およそ1億ポンド(約148億1000万円)の売値を見込むチェルシーは今後2つの移籍市場で補強禁止処分が決定。したがって、アザールを来年1月にフリーで失ってでも、今夏に届くであろうレアル・マドリーのオファーを阻む意向だという。 2019.03.18 15:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース