ジルーが大仕事! チェルシー、吉田セインツに8分間で0-2から大逆転劇《プレミアリーグ》2018.04.14 22:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは14日、プレミアリーグ第34節でサウサンプトンの本拠地セント・メリーズ・スタジアムに乗り込み、3-2で勝利した。

▽前節終了時点で4位トッテナムを10ポイント差で追う5位につけ、来シーズンのCL出場権獲得が厳しい状況のチェルシー。今節は18位に沈むサウサンプトンのホームに乗り込んだ。

▽その一戦に向けては、ザッパコスタが3試合ぶりのスタメン入り。対するサウサンプトンは、吉田が2試合連続の先発出場となり、3バックの中央に入った。

▽タディッチの仕掛けに対応しつつ、ボールの主導権を握りながら攻撃の糸口を探るチェルシー。立ち上がりから押し込む展開に持ち込むが、サウサンプトンが21分に先手を取る。

▽左サイドのスペースでボールを受けたバートランドがロングスプリントでボックス左深くに侵攻。グラウンダーの折り返しにゴール前のタディッチが詰め、サウサンプトンが先制した。

▽追うチェルシーは、失点前と同様、敵陣内で長く時間を費やすが、有効打を欠く攻撃に終始。セットプレーからクリステンセンがゴールに迫ったが、陥れるには至らない。

▽早い時間帯に追いつきたいチェルシーは、後半の頭から反撃。55分、バイタルエリア中央からのウィリアンの右足シュートがゴール右下に飛ぶが、相手GKにセーブされる。

▽すると、サウサンプトンは60分、敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得。ワード=プラウズのクロスにファーサイドのベドナレクが左足で合わせ、チェルシーを突き放した。

▽プレミアデビューのベドナレクに一発を許したチェルシーは直後、ジルーとペドロを同時投入。攻撃の活性を図ったが、勢いづく相手に試合の流れを掴まれ、反撃に持ち込めない。

▽そうした中、チェルシーは70分、左サイドのマルコス・アロンソが左足でセンタリング。これに反応したジルーがホードと吉田の間に潜り込み、ヘディングシュートで1点を返した。

▽ジルーの加入後プレミア初ゴールで息を吹き返したチェルシーは75分、ボックス左深くに侵攻のウィリアンがグラウンダーのクロス。これをアザールが押し込み、追いついた。

▽そのチェルシーは78分に逆転する。バイタルエリア左で得たFKからウィリアンがボックス左のアザールにパス。これを受けたアザールがゴール前にクロスを送る。

▽これがゴール前での混戦を誘い出すと、ボックス中央のやや離れた位置に構えるジルーがクリアボールに反応して左足ダイレクト。これが決まり、チェルシーが試合をひっくり返した。

▽ジルーの活躍により、わずか8分間で形勢逆転に持ち込んだチェルシーがそのまま試合をクローズ。CL出場権の逆転奪取に向け、貴重な3試合ぶりの白星を手にしている。

コメント

関連ニュース

thumb

クルトワのレアル・マドリー行きはチェルシーの代役確保次第で進展か

レアル・マドリーへの移籍が目前とうわさされているベルギー代表GKティボー・クルトワの去就は、チェルシーの代役探し次第となっているようだ。<br><br>ロシア・ワールドカップで3位に輝いたベルギーの守護神は、契約満了まであと1年となっているチェルシーとの契約延長を拒否。来年夏にはフリーでの移籍が可能になるため、移籍金が発生する今夏に放出されることが決定的と見られており、クルトワ自身もレアル・マドリーへの移籍を明かしていた。<br><br>ジネディーヌ・ジダンの後を継いでジュレン・ロペテギが監督に就任したレアルは、ケイロル・ナバスが正GKとして在籍している。しかし、サポーターや経営陣からはより安定感のある正GKを求めている声も多く、チェルシーの守護神獲得を移籍金3500万ユーロ(約46億円)でクラブ間合意に達したことが『Goal』の取材で明らかになった。<br><br>しかしベルギー代表守護神の移籍成立は、チェルシーが代役を見つけることができるまで保留となるようだ。チェルシーとレアルがともに獲得を狙っていたローマGKアリソンは、GKとして史上最高額となる移籍金6700万ポンド(約98億円)を提示したリヴァプールへの移籍が決定的と見られており、他の代役を探さなければいけない状況となっている。<br><br>マウリツィオ・サッリが新監督に就任したチェルシーは、新たな守護神を見つけることができるまでクルトワの退団を容認しない構えにあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 06:47 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー加入のジョルジーニョ「自分はプレミアリーグにいないタイプ」新天地での活躍に意気込み

チェルシーのジョルジーニョは、プレミアリーグに新しい風を吹き込めると考えているようだ。<br><br>今夏にナポリから5700万ポンド(約83億円)でジョルジーニョはチェルシーに移籍。セリエAやイタリア代表の中盤で重要な役割を担う同選手は、このポジションの中では世界最高の1人とも考えられている。<br><br>多くのトップ選手がしのぎを削るプレミアリーグでの戦いを前に、ジョルジーニョはクラブの公式ウェブサイトで「たぶん、イングランドで僕のようなスタイルでプレーする選手はいないだろう。ここで試合を通して上手くプレーできることを強く願っているし、良い結果が得られるようにできる限りのことすべてをやっていくつもりだ」と話した。<br><br>深い位置でボールを受けて、試合を作ることを好むと語ったジョルジーニョは、プレミアリーグでもナポリ同様に輝きたいと意気込んだ。「子供のころから、何かにチャンレンジすることを楽しんできた。これはプロ選手としても、個人としても大きなチャレンジだ。大きな経験を得られるこの機会を手にできたことにワクワクしている」<br><br>そして、マウリツィオ・サッリ監督とイングランドでもタッグを組むことについて「僕は彼の好むフットボールに適した特徴を持っている選手だ。ナポリで一緒だったときから彼のフットボールに対するメンタリティを引き受けてきた」と指揮官の期待に応えられるだろうとコメントした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 06:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオがフェリペ・アンデルソンの後釜にペドロをリストアップか

▽ラツィオがウェストハムに移籍したブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の後釜としてチェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲス(30)の獲得を目指しているようだ。イタリア『CalcioNews24』や『Laziopress.it』などが報じている。 ▽ラツィオは15日、ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンが4200万ポンド(約62億4000万円)と伝えられる高額な移籍金でマヌエル・ペジェグリーニ監督が新指揮官に就任したウェストハムに旅立った。 ▽『CalcioNews24』や『Laziopress.it』によれば、すでにラツィオはフェリペ・アンデルソンの後釜としてバイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベンやアーセナルのコスタリカFWジョエル・キャンベル、レスター・シティのU-21イングランド代表FWデマライ・グレイらをリストアップ。その中で最優先となっているのが、チェルシーで出場機会に恵まれていないペドロだ。 ▽なお、ペドロとの契約を2019年まで残しているチェルシーは、移籍金2500万ユーロ(約33億円)を要求しており、ウェストハムの提示額と開きがあるようだ。 ▽2015年8月にバルセロナからチェルシーに、移籍金3000万ユーロ(当時のレートで約41億5000万円)で加入したペドロ。チェルシーでは在籍2シーズンで公式戦131試合に出場しているが、得点はわずか28ゴールに留まるなど、プレミアリーグで力を発揮できずにいた。 2018.07.20 05:20 Fri
twitterfacebook
thumb

モラタ、ミラン首脳陣と夕食…移籍に前向きか

▽チェルシーFWアルバロ・モラタ(25)は、ミランへの移籍を前向きに考えているという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ミランは昨年夏、モラタの獲得を狙っていたが、うまくいかなかった。だが、チェルシーからの移籍が噂される同選手に再び関心を示している。 ▽ミラン首脳陣は先日、ロンドンへ向かった。その際にモラタとディナーをともにしており、選手にイタリア復帰の意思があることを確認したという。モラタの妻もミラノ行きに良い感触を持っており、条件面についても問題はないそうだ。 ▽ただ、移籍金がミランにとっての障壁となるかもしれない。チェルシーは同選手に6000万ユーロ(約78億6000万円)ほどの値札をつけており、ミランにとって安い買い物ではない。クラブ間の交渉は進むだろうか。 2018.07.19 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーとユベントス関係者がルガーニ移籍に関して会談…提示額に開きがあるも交渉は前進へ

チェルシーの関係者がダニエレ・ルガーニの移籍についてユベントスの関係者と会談したことが分かった。『Goal』の取材で明らかになっている。<br><br>今夏、アントニオ・コンテ氏を解任し、マウリツィオ・サッリ監督を招へいしたチェルシーは、エンポリ時代に同指揮官の下でプレーしたルガーニの獲得に興味。そして、チェルシーの関係者ファーリ・ラマダニ氏とユベントスのスポーティング・ディレクター、ファビオ・パラティチ氏は同選手の移籍に関して18日にミラノで話し合いの場を設けた。<br><br>ユベントスが設定するルガーニの売却額は5000万ユーロ(約66億円)とされており、チェルシーの提示額は4000万ユーロ(約53億円)と双方の間にはまだまだ開きがあるが、この会談は良い方向へと進んだようだ。さらに、ユベントスは今夏に1億ユーロ(約131億円)でクリスティアーノ・ロナウドを獲得しており、収支バランスを保つためにも数名の売却が必須だ。<br><br>イタリア代表としても7キャップを誇る23歳のルガーニだが、所属するユベントスでは十分な出場機会を得られず。ジョルジョ・キエッリーニ、メディ・ベナティア、アンドレア・バルザーリの牙城を崩せず、2017-18シーズンの出場数は26試合と限定的なため、新天地を求める可能性も十分にあり得る。<br><br>またルガーニに加え、チェルシーはチームメイトのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの獲得にも興味を持っているとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 12:52 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース