ジルーが大仕事! チェルシー、吉田セインツに8分間で0-2から大逆転劇《プレミアリーグ》2018.04.14 22:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは14日、プレミアリーグ第34節でサウサンプトンの本拠地セント・メリーズ・スタジアムに乗り込み、3-2で勝利した。

▽前節終了時点で4位トッテナムを10ポイント差で追う5位につけ、来シーズンのCL出場権獲得が厳しい状況のチェルシー。今節は18位に沈むサウサンプトンのホームに乗り込んだ。

▽その一戦に向けては、ザッパコスタが3試合ぶりのスタメン入り。対するサウサンプトンは、吉田が2試合連続の先発出場となり、3バックの中央に入った。

▽タディッチの仕掛けに対応しつつ、ボールの主導権を握りながら攻撃の糸口を探るチェルシー。立ち上がりから押し込む展開に持ち込むが、サウサンプトンが21分に先手を取る。

▽左サイドのスペースでボールを受けたバートランドがロングスプリントでボックス左深くに侵攻。グラウンダーの折り返しにゴール前のタディッチが詰め、サウサンプトンが先制した。

▽追うチェルシーは、失点前と同様、敵陣内で長く時間を費やすが、有効打を欠く攻撃に終始。セットプレーからクリステンセンがゴールに迫ったが、陥れるには至らない。

▽早い時間帯に追いつきたいチェルシーは、後半の頭から反撃。55分、バイタルエリア中央からのウィリアンの右足シュートがゴール右下に飛ぶが、相手GKにセーブされる。

▽すると、サウサンプトンは60分、敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得。ワード=プラウズのクロスにファーサイドのベドナレクが左足で合わせ、チェルシーを突き放した。

▽プレミアデビューのベドナレクに一発を許したチェルシーは直後、ジルーとペドロを同時投入。攻撃の活性を図ったが、勢いづく相手に試合の流れを掴まれ、反撃に持ち込めない。

▽そうした中、チェルシーは70分、左サイドのマルコス・アロンソが左足でセンタリング。これに反応したジルーがホードと吉田の間に潜り込み、ヘディングシュートで1点を返した。

▽ジルーの加入後プレミア初ゴールで息を吹き返したチェルシーは75分、ボックス左深くに侵攻のウィリアンがグラウンダーのクロス。これをアザールが押し込み、追いついた。

▽そのチェルシーは78分に逆転する。バイタルエリア左で得たFKからウィリアンがボックス左のアザールにパス。これを受けたアザールがゴール前にクロスを送る。

▽これがゴール前での混戦を誘い出すと、ボックス中央のやや離れた位置に構えるジルーがクリアボールに反応して左足ダイレクト。これが決まり、チェルシーが試合をひっくり返した。

▽ジルーの活躍により、わずか8分間で形勢逆転に持ち込んだチェルシーがそのまま試合をクローズ。CL出場権の逆転奪取に向け、貴重な3試合ぶりの白星を手にしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ウェールズの神童アンパドゥがチェルシーと長期契約延長

▽チェルシーは19日、ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)と、5年間契約延長したことを発表した。 ▽今月14日に18歳になったばかりのアンパドゥは2017年にエクセター・シティからチェルシーに加入。昨年9月のカラバオカップのノッティンガム・フォレスト戦でトップチームデビューを果たし、これまでに公式戦7試合に出場している。現在はセンターバックを本職としているが、エクセター時代にはセンターFWや中盤もこなすなどのポテンシャルの高さも見せていた。 ▽そんなアンパドゥにはかつてイングランド代表入りのチャンスがあったが、イングランド側がそれを拒否したという過去も。結局、同選手は昨年11月のフランス代表戦でウェールズ代表として出場したため、スリーライオンズ入りの可能性は消滅した。そのウェールズ代表では、フランス戦含めここまで4試合に出場。直近ではUEFAネーションズリーグのアイルランド代表戦とデンマーク代表戦に出場した。 ▽また、アンパドゥは新契約に際し「本当に誇りに思うし幸せだ。これからの5年間を楽しみにしているよ。今はハードワークを続けることが大切だね。より良いことが起こることを期待しているよ」とコメントを残している。 2018.09.19 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

判定猛抗議のランパード監督に罰金29万円! 本人は不服隠さず

▽イングランドサッカー協会(FA)が、5日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム戦で退席処分を受けたダービー・カウンティのフランク・ランパード監督に罰金を科すようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ランパード監督は15日に行われたロザラム戦の77分に自チームの選手に与えられたハンドの判定に激昂し、執拗に審判団に抗議を行った結果、主審からレッドカードを掲示されて監督キャリア初の退席処分を科された。 ▽また、FAの独立調査委員会はこの場面でのランパード監督の振る舞いが不適切な行為にあたると判断。審判団への不適切な行為を理由に処分が科されることが、17日に発表されていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ランパード監督には罰金2000ポンド(約29万円)の処分が、FAより下されることに。なお、同監督側には現地時間20日までに異議申し立てを行う権利が与えられている。 ▽不服を隠さないランパード監督は、18日の『スカイ・スポーツ』で以下のように語った。 「イエローとレッドカードは今シーズンから新ルールだ」 「他の監督やアシスタントがフォースオフィシャルと話すためであったり、レフェリーやラインズマンに叫んだりするためにエリアを離れた時はいつでも私の問題(と同じケース)だ。そして、それはそう(問題として)扱われてはいない」 「それは新たな、一貫性の問題だが、私が議論して戦うべきものではない。FAが整理して正しい決定を行うべきことだ」 2018.09.18 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

カンテは信心深く、そして親しみやすい男! モスクで知り合った一般人と夕食&サッカー番組鑑賞

▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテは信心深く、そして親しみやすい男だ。イギリス『SPORTbible』が興味深いエピソードを伝えた。 ▽そのピッチ上での圧倒的なパフォーマンスとは裏腹に極度のシャイボーイぶりやその愛くるしいエピソードに事欠かないカンテ。今回『SPORTbible』が伝えた新たなエピソードでは、同選手の信心深さと親しみやすい性格を改めて知ることができた。 ▽同メディアが伝えるところによれば、15日に行われたプレミアリーグ第5節のカーディフ戦で4-1の勝利に貢献したカンテは、クラブから与えられた休暇を利用してイギリス・フランスの海峡トンネルを通ってイギリスと大陸ヨーロッパとを結ぶ国際列車の『ユーロスター』に乗って、地元パリのモスク(イスラム教の礼拝堂)で祈りを捧げる計画を立てていたという。 ▽しかし、『ユーロスター』に乗り遅れてパリ行きを諦めたカンテは、『Google』で最寄りのモスクを探して自身にとって初めての場所で祈りを捧げることになった。そして、このモスクで同じイスラム教の信者と知り合うと、彼らからの夕食の申し出を快く受け入れてカレーディナーを楽しむことに。さらにカンテは彼らと共にイギリス『BBC』の人気サッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』を鑑賞した挙句、人気サッカーゲームの『FIFA』も一緒にプレーしたようだ。 ▽友人の弟がカンテと夢のようなディナーを共にしたアブジー・ラーマン氏は自身の『ツイッター』でその様子を写した写真と共に、伝え聞いたエピソードを紹介した。 「友人の弟がモスクでカンテに会って夕食に招待したと言ってるんだ。彼はなんて謙虚な人間なんだ」 「事の始まりは彼がパリ行きのユーロスターに乗れなかったことだった。その後、彼はグーグルで近くのモスクを探していたんだ。そして、彼はお祈りの後にすぐ近くの家で一緒にカレーを食べて、FIFAで遊んで『マッチ・オブ・ザ・デイ』も見たそうだ」 ▽どうしても神への祈りを捧げるため、近くのモスクを探すその信心深さ。同じイスラム教徒という共通点だけで初めて会った人との夕食の誘いを受け、一緒にゲームに興じるその親しみやすさ。そのプレースタイルを含め、世界中のフットボールが彼のことを愛する理由がよくわかるエピソードだった。 2018.09.17 20:23 Mon
twitterfacebook
thumb

「シーズン40ゴールできる」サッリがアザールに太鼓判

▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、ベルギー代表MFエデン・アザールに太鼓判だ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽開幕から5連勝と勢いに乗り、プレミアリーグで首位に立つチェルシー。アザールは、15日に行われたカーディフ戦でハットトリックを達成。開幕5試合で5ゴールと好調を維持している。 ▽今シーズンからチェルシーを率いるサッリ監督は、好調のアザールを賞賛。シーズン40ゴールも可能だと語った。 「我々は話しており、彼に40ゴールできると言った。彼はいくつかのことを改善しなければいけないが、彼ならできるだろう」 ▽アザールは、2012年にリールからチェルシーへと加入。これまで94ゴールを記録しているものの、シーズン最多は2014-15シーズンの19ゴールとなっている。 ▽昨シーズンのプレミアリーグ得点王であるリバプールのモハメド・サラーは、リーグ戦で32ゴール、シーズン公式戦で44ゴールを記録している。果たして、アザールの覚醒はあるだろうか。 2018.09.17 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ハット達成のアザール「レアル・マドリー? 今は…」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が残留の決断に満足感を示した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 ▽今夏のレアル・マドリー移籍から一転してチェルシーに残留したアザール。15日にホームで行われたプレミアリーグ第5節のカーディフ戦でハットトリックを記録するなど、マウリツィオ・サッリ新体制のチェルシーで出色のパフォーマンスを続けている。 ▽そのアザールはカーディフ戦後、今夏を通じて自身を取り巻いたレアル・マドリー移籍の噂について問われると、次のようにコメントした。 「レアル・マドリー? 僕はフットボールができれば常にハッピーさ。ワールドカップ後に(レアル・マドリーと)話したけど、チェルシーに残った」 「今の僕は、このクラブのために全力を注ぐ。それだけだよ。チェルシーは僕に多くのことを与えてくれた。だから、僕もフィールド上で全てを尽くすまでだ」 2018.09.16 18:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース