ジルーが大仕事! チェルシー、吉田セインツに8分間で0-2から大逆転劇《プレミアリーグ》2018.04.14 22:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは14日、プレミアリーグ第34節でサウサンプトンの本拠地セント・メリーズ・スタジアムに乗り込み、3-2で勝利した。▽前節終了時点で4位トッテナムを10ポイント差で追う5位につけ、来シーズンのCL出場権獲得が厳しい状況のチェルシー。今節は18位に沈むサウサンプトンのホームに乗り込んだ。

▽その一戦に向けては、ザッパコスタが3試合ぶりのスタメン入り。対するサウサンプトンは、吉田が2試合連続の先発出場となり、3バックの中央に入った。

▽タディッチの仕掛けに対応しつつ、ボールの主導権を握りながら攻撃の糸口を探るチェルシー。立ち上がりから押し込む展開に持ち込むが、サウサンプトンが21分に先手を取る。

▽左サイドのスペースでボールを受けたバートランドがロングスプリントでボックス左深くに侵攻。グラウンダーの折り返しにゴール前のタディッチが詰め、サウサンプトンが先制した。

▽追うチェルシーは、失点前と同様、敵陣内で長く時間を費やすが、有効打を欠く攻撃に終始。セットプレーからクリステンセンがゴールに迫ったが、陥れるには至らない。

▽早い時間帯に追いつきたいチェルシーは、後半の頭から反撃。55分、バイタルエリア中央からのウィリアンの右足シュートがゴール右下に飛ぶが、相手GKにセーブされる。

▽すると、サウサンプトンは60分、敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得。ワード=プラウズのクロスにファーサイドのベドナレクが左足で合わせ、チェルシーを突き放した。

▽プレミアデビューのベドナレクに一発を許したチェルシーは直後、ジルーとペドロを同時投入。攻撃の活性を図ったが、勢いづく相手に試合の流れを掴まれ、反撃に持ち込めない。

▽そうした中、チェルシーは70分、左サイドのマルコス・アロンソが左足でセンタリング。これに反応したジルーがホードと吉田の間に潜り込み、ヘディングシュートで1点を返した。

▽ジルーの加入後プレミア初ゴールで息を吹き返したチェルシーは75分、ボックス左深くに侵攻のウィリアンがグラウンダーのクロス。これをアザールが押し込み、追いついた。

▽そのチェルシーは78分に逆転する。バイタルエリア左で得たFKからウィリアンがボックス左のアザールにパス。これを受けたアザールがゴール前にクロスを送る。

▽これがゴール前での混戦を誘い出すと、ボックス中央のやや離れた位置に構えるジルーがクリアボールに反応して左足ダイレクト。これが決まり、チェルシーが試合をひっくり返した。

▽ジルーの活躍により、わずか8分間で形勢逆転に持ち込んだチェルシーがそのまま試合をクローズ。CL出場権の逆転奪取に向け、貴重な3試合ぶりの白星を手にしている。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、スターリングに人種差別行為のサポーター4人を出禁に…声明を発表

▽チェルシーは10日、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングに対するサポーターの人種差別行為に関する声明を発表した。 ▽チェルシーは8日にプレミアリーグ第16節でシティと対戦した。試合は2-0で勝利したのだが、その試合中に、チェルシーのサポーターからスターリングに対し人種差別的な野次が飛ばされていたことが判明。直後、「必要である最も強い行動を取る」と意思表示をしていたクラブは、今回の声明で以下のような文章を公開した。 「チェルシーFCは、マンチェスター・シティ戦でラヒーム・スターリングに対するサポーターの言動について更なる調査を進める間、4人のサポーターを観戦停止にします」 「現在調査中であり、我々は全身全霊で警察と協力し、集めた情報はすべて警察に預けます」 「チェルシーFCはすべての差別的行為に嫌悪を催します。チケット保持者に何らかの人種差別的行為があった場合、クラブは出禁を含む厳しい制裁を科すことになります。また、刑事告発にも完全にサポートする構えであります」 2018.12.11 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、セスク獲得の可能性は? レオナルドSDが言及

▽ミランのスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏がチェルシーに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)獲得の可能性に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今冬の移籍市場で補強が取り沙汰されるミラン。その目玉として名前が浮上しているのが、今シーズン限りでチェルシーとの契約が満了を迎えるセスクだ。 ▽レオナルド氏は9日に行われたセリエA第15節のトリノ戦(0-0のドロー)後、セスク獲得の可能性について質問が飛ぶと、次のように返答した。 「我々は可能性を探っているところだ。ただ、全てがうまくいっているわけじゃない。まだ条件を吟味している」 ▽セスクは2014年夏からチェルシーでプレー。マウリツィオ・サッリ新体制発足の今シーズンはここまでプレミアリーグ4試合の出場にとどまるなど出番が限られている。 2018.12.10 16:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「プレミア最高に勝った。いつも以上に良い気分」アザールがマンチェスター・C撃破に歓喜

チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、プレミアリーグの首位マンチェスター・シティに勝利した喜びをあらわにした。<br><br>8日の2-0で勝利したマンチェスター・Cとの一戦にスタメンで出場したアザール。この試合ではセンターフォワードの位置でプレーしたが、MFエンゴロ・カンテとDFダビド・ルイスの得点をアシストするなど王者撃破に大きく貢献した。<br><br>この勝利でマンチェスター・Cを首位から引きずり降ろし、勝ち点差を7に詰めたチェルシーだが、アザールはジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームがリーグの中で依然として最高のチームだと考えているようだ。9日にクラブの公式サイトで語った。<br><br>「週半ばのウルブス戦に敗れた後だったから、この勝利は本当に気持ちが良い。特に前半は難しい試合だった。でも、後半は僕たちが試合をコントロールして、2ゴールを奪った。僕たちは勝利に相応しかったと感じたし、これからもこの調子を続けていく必要があると思う」<br><br>「僕たちはチェルシーだ。負けが続いている時でもファンやクラブ、全員のためにもう一度勝利を取り戻したいと考えていた。もちろん、僕が考える中でこの国で最高のチーム相手にプレーして勝利したのだから、気分はいつも以上に良いものだ」<br><br>また、ストライカーの位置でプレーし、リーグ最多となる8アシスト目を記録したアザールは、自身のプレーについても語っている。<br><br>「このポジションを気に入っているよ。昨年もこのポジションでプレーしたし、何をすればいいかはわかっていた。でも、あまりボールに触れないから少しばかり変な気分だった。それでもやるべきことに集中して、ベストを尽くした。何よりもチームが勝てたことが一番だった」<br><br>提供:goal.com 2018.12.10 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アザールのストライカー起用に大満足のサッリ「得点に値する働きを見せた」

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、ベルギー代表MFエデン・アザールのストライカー起用について語った。<br><br>リーグ戦4位のチェルシーは8日、首位のマンチェスター・シティをホームに迎えた。上位対決となったこの試合は、45分にヌゴロ・カンテのゴールでチェルシーが先制。さらに78分にダビド・ルイスが貴重な追加点をマークし、2-0でチェルシーが勝利を収めた。<br><br>サッリ監督はこの試合、アルバロ・モラタとオリヴィエ・ジルーという2人のストライカーがいる中、アザールを最前線で先発させた。この起用に関して、サッリ監督は「理由は明確だ」と答え、「2人のストライカーをベンチに置くのはもったいないことだと思うかもしれないが、ボールポゼッションを高めるために中盤の選手を増やした」とコメント。&ldquo;ゼロトップ&rdquo;としての起用であると語った。<br><br>また、アザールのプレーについては「開始直後はうまく試合に入れていないようだったが、後半は素晴らしかった。得点に値する働きだったね」と称賛。最後に、「今日のような試合をこれからもしていきたい」と、完勝に満足感を示した。<br><br>なお、チェルシーは次節、16日にブライトンとアウェイで対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 06:16 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦で人種差別被害のスターリング、自身ではなく若手に対するメディアの人種差別に問題提起

▽8日に行われたチェルシー戦で人種差別の被害に遭ったマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングだが、試合翌日に自身ではなくシティ所属の若手2選手に対するメディアの人種差別に問題提起した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽今季リーグ戦無敗を継続していたシティだが、8日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー戦では0-2で敗れ、今季リーグ初黒星を喫した。ただ、その敗戦と共に話題になったのが、同試合中にピッチサイドへボールを拾いに行ったスターリングに対してチェルシーファンから人種差別的な発言が行われたことだった。 ▽渦中のスターリングに注目が集まった中、試合翌日に自身の『インスタグラム』を更新したスターリングは、「チェルシー戦での出来事に関して僕の反応を見た人はわかる通り、僕は相手が良いことを言ってくるとは思っていなかったし笑うしかなかったよ」と、自身への差別行為には大きな反応を示さなかった。 ▽その一方で、DFトシン・アダラバイヨ、MFフィル・フォーデンという2人のシティ所属のイングランド人若手2選手が共に若くして母親に家を購入したという、イギリス『デイリー・メール』の報道に関して、アフリカにルーツを持つアダラバイヨ、白人のフォーデンで報じられ方が異なるとスターリングは主張する。 ▽確かにフォーデンに関しては18歳の同選手が両親のために200万ポンド(約2億8000万円)の新居を購入したという見出しで若手ながら高額の給与を受け取っていることに対する驚きと共に、同選手の親孝行ぶりを意識した記事になっていた。(今年10月の記事) ▽一方、今年1月に出たアダラバイヨの見出しではまだプレミアリーグで1度も先発経験がない20歳の若手選手が週給2万5000ポンド(約350万円)を受け取り、225万ポンド(約3億2000万円)のマンションを購入したというややネガティブなニュアンスでの記事となっていた。 ▽そして、スターリングはシティの若手2選手に対する報道に関して人種差別的な意図がなるのではないかと、持論を展開している。 「2人の若手プレーヤーがプロとしてのキャリアをスタートし、同じクラブのためにプレーしている。そして、2人とも正しい行いをしている」 「だけど、多くの時間と愛情をかけて自分を育ててくれた母親のためにそれぞれが新居を購入したのに、新聞の報じ方は若い黒人プレーヤーと白人プレーヤーで異なる」 「僕はこのことが受け入れがたい。どちらも純粋な行為であり、彼らは間違ったことをしていない。だけど、受け取られ方は別だ。明らかに若い黒人には悪い形での光が当てられている」 「そういった報道は人種差別主義や攻撃的な振る舞いを煽ることに繋がる。だから、差別が何たるかを理解していないすべての新聞には公正な宣伝を行ってほしいと言いたい。同時にすべてのプレーヤーに平等なチャンスを与えてほしいと思っている」 ▽自身の人種差別被害をキッカケに一部メディアに対して、人種差別撲滅の啓蒙を行ったスターリング。後輩アダラバイヨを思いやる兄貴的な態度を含めて素晴らしいジェスチャーを見せてくれた。 2018.12.09 22:10 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース