プレミアリーグではVAR導入見送り…来季もテスト継続で合意2018.04.14 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州の主要リーグでも今シーズンから取り入れられ、ロシア・ワールドカップでも採用が決定しているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、プレミアリーグでは導入が見送られることとなった。プレミアリーグ公式サイトが伝えた。▽13日、プレミアリーグの株主総会が行われ、全20クラブがVARについて投票した。

▽今シーズンは、FAカップやカラバオカップ(EFLカップ)の数試合でVARが試験的に導入されていたが、賛否両論の意見が出ていた。

▽今回の投票により、2018-19シーズンも継続してVARの導入に向けたテストを実施することが決定。しかし、正式導入は見送られることとなった。

▽プレミアリーグは、「システムのさらなる改善、特にスタジアム内でのコミュニケーションや自宅、世界中の人々とのコミュニケーションについてテストを継続する」と発表している。

▽なお、2018-19シーズンもFAカップ、カラバオカップでVARが導入されるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

A・サンチェス、子供の頃好きだったユナイテッドでトロフィー獲得を熱望

チリ代表FWアレクシス・サンチェスが、マンチェスター・ユナイテッドでの活躍を誓っている。クラブの公式サイトでインタビューに答えた。 昨年1月にアーセナルから加入して以降、本来の実力を発揮できず非難の的にされ続けているサンチェス。現在はヒザのケガで約1カ月の離脱を余儀なくされているが、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下で、クラブがより良い未来に向かっていることを楽しみにしているようだ。その中で同選手はトロフィーを獲得することを誓っている。 「僕のフットボールへの愛情を示し続けたい。僕ができることが何かわかっている。自分の能力に信念を持っているんだ」 「ユナイテッドはイングランドだけでなく世界中で重要なクラブだ。だから僕はサポーターたちにトロフィーを掲げる助けをしたい」 「ユナイテッドのファンには幸せであってほしいと願っているんだ。ゴールもしたいし、チームを楽しませたい。トロフィーを獲得したいんだ」 「子供の頃はユナイテッドが好きだった。誓うよ。だからここの人たちに喜んでもらいたい。勝たなくちゃね」 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラ、ユナイテッド時代を回顧「プレミアはクオリティ面で過大評価されている」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、プレミアリーグについて語った。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 数々のビッグクラブでプレーしたイブラヒモビッチは、2016年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からマンチェスター・ユナイテッドに加入。当時、すでに34歳と高齢だった中、2018年途中にMLS入りを決断するまでの間で公式戦53試合29ゴール10アシストを記録し、ヨーロッパリーグ(EL)とEFLカップ優勝に貢献した。 そんなイブラヒモビッチは、プレミアリーグでプレーした当時を回顧。激しさやスピードは優れていると語ったが、クオリティ面では「過大評価されている」と見解を示した。 「想像した通りのものだった。誇大広告されている。とても激しいし、スピードは速い。素晴らしいものだったよ。ただ、クオリティに関しては過大評価されている」 「技術面に関して言えばね。ただ、ペースは速く、インテンシティは高い。その2つに対応できなければ、生き残ることはできないだろう」 「より長くプレミアリーグでプレーしなかったことに後悔はない。起きたことは、起こるべくして起こったものだ」 「ただ、唯一、プレミアリーグに来るのが10年間早かったらっていうことは考えるよ。違ったストーリーになっていただろうね。ファンにとってはより残念なものだろう。違った獣が見られただろう」 2019.03.20 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチェス、名誉挽回へ! 「サポーターにトロフィーを」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(30)が名誉挽回を誓った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2018年1月にアーセナルから加入したサンチェスだが、度重なる故障でフィットネスが整わず、起用されても低調なパフォーマンスに終始。移籍から1年が経ったが、公式戦通算でわずか5得点(41得点)にとどまっており、高額給与を手にする状況も輪にかけて周囲の批判的な声も少なくない。 だが、サンチェスは今シーズン途中就任後、チームをV字回復に導いたオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下、残るシーズンで巻き返す気満々だ。クラブの公式インタビューで熱い思いを口にするなかで、幼い頃から好きだったユナイテッドのファンにトロフィーを捧げたいと語った。 「サッカーに対する僕の愛を示し続けたい。自分にできることはわかっている。自分の能力に対する信念だってある。ユナイテッドはイングランド国内のみだけでなく、世界レベルで重要なクラブ。そのサポーターにトロフィーを捧げたい」 「ユナイテッドファンを本当に幸せにしたいんだ。絶対に。で、ゴールを決めて、喜びを届け、銀器を手にしたい。昨年のFAカップ決勝でチェルシーに負けたとき、悲しかったよ。サポーターを心の底から幸せにしたかったから」 「僕は若い頃からユナイテッドが大好きだった。誓うよ。小さな頃から好きだった。だから、その気持ちを証明したい。みんなを喜ばせたい。絶対に。勝ちたいんだ」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

君への信頼は揺るがない! ファン・ダイクからサラーへのメッセージ

リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、エースへの信頼を口にしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールは、プレミアリーグ第30節終了時点で首位マンチェスター・シティを勝ち点1差で追う2位。シーズン当初には首位を走っていたが、リーグ折り返し頃から徐々に勢いが衰え、初の優勝に暗雲が漂っている。 そんな中、少なからず批判を浴びているのがエジプト代表FWモハメド・サラーだ。昨シーズンに公式戦52試合44ゴールという圧倒的な成績でリバプールのエースとしての立場を確固たるものとした同選手は、直近の公式戦7試合では1度もネットを揺らせず。今シーズン全体では公式戦41試合20ゴールを記録しているものの、物足りない数字となっていることは否めない。 しかし、ディフェンスリーダーとしてチームを後方から支え続けているファン・ダイクの、エースへの信頼は揺るがない。しばらく得点が無い現状を心配していないと語った。 「モー(モハメド・サラー)はワールドクラスのプレーヤーだ」 「世間は言いたい放題言えるが、プレミアリーグの全てのチームが彼を仲間にしたがっているように僕は思う。そして、彼と居るのは僕らだし、良いプレーをしていると思う」 「(サラーの)ゴールはすぐ生まれるだろうね。ストライカーはそのこと(得点)で頭の中が一杯になるだろうけど、僕らは彼にいつもこう言ってる。『君には働き続けることだけが必要だ。続けているだけで大丈夫』とね」 「だって、彼は今でも僕らのために沢山のゴールを決めているだろう。僕のように2点だけじゃないんだ! 」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

この先のユナイテッドはお前たちが作れ! イブラ、ポグバ&ラッシュフォードに未来託す

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスターユナイテッド時代の同僚であるフランス代表MFポール・ポグバとイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードに古巣の未来を託した。 ポグバとラッシュフォードは共にユナイテッドアカデミー育ちのスター。今シーズン途中から指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下、共に存在感を際立たて、前任のジョゼ・モウリーニョ監督下で崩壊寸前だったチーム状況から公式戦14勝2分け3敗のV字回復に導いた。 ユナイテッド加入の2016年夏〜退団の2018年3月まで両選手とオールド・トラフォードで共闘したイブラヒモビッチ。イギリス『ミラー』で“再建のキープレーヤー”としてポグバとラッシュフォードを挙げ、才能を評価すると共に鼓舞した。 「彼はトッププレーヤー。世界No1プレーヤーになれるポテンシャルもある。一生懸命に練習する良い奴だよ。常に他人の話にも耳を傾けるしね」 「ピッチ外の話は無意味だ。有名な選手になればなるほど、常に数多くの物語が沸き上がってくるものなのだからね」 「ラッシュフォードはマン・ユナイテッドの未来さ。最初は利己的に感じがしたが、最近は組織的なプレーがよくできている」 「彼も多くのポテンシャルを秘めた選手。そして、アカデミー出身者だということが何よりスペシャルだよ」 「マーカスにいかなる限界もない。彼には継続性が必要さ。彼ら2人はこれからのマン・ユナイテッドを作り上げていかなければならない選手たちだ」 2019.03.19 16:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース