プレミアリーグではVAR導入見送り…来季もテスト継続で合意2018.04.14 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州の主要リーグでも今シーズンから取り入れられ、ロシア・ワールドカップでも採用が決定しているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、プレミアリーグでは導入が見送られることとなった。プレミアリーグ公式サイトが伝えた。

▽13日、プレミアリーグの株主総会が行われ、全20クラブがVARについて投票した。

▽今シーズンは、FAカップやカラバオカップ(EFLカップ)の数試合でVARが試験的に導入されていたが、賛否両論の意見が出ていた。

▽今回の投票により、2018-19シーズンも継続してVARの導入に向けたテストを実施することが決定。しかし、正式導入は見送られることとなった。

▽プレミアリーグは、「システムのさらなる改善、特にスタジアム内でのコミュニケーションや自宅、世界中の人々とのコミュニケーションについてテストを継続する」と発表している。

▽なお、2018-19シーズンもFAカップ、カラバオカップでVARが導入されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップもマネーパワーに抗えず…「他のクラブはトップ選手に大金を使うが私は別のやり方で…」、歴代最高額でDFとGK補強へ

▽リバプールがローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)を獲得することが決定的となっている。この状況を受けて、ユルゲン・クロップ監督の過去の発言が再び注目を浴びている。イギリス『101 Great Goals』が伝えている。 ▽『スカイ・イタリア』やイギリス『ガーディアン』は18日、リバプールはローマが要求していた移籍金6700万ポンド(約98億5000万円)をボーナス込みで提示し、クラブ間での合意を取り付けたと報道。さらに、選手個人とも5年契約を結ぶことで合意しており、今週末にも移籍が成立する構えだ。 ▽なお、リバプールがローマに支払う6700万ポンドは、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスに移籍した際の5300万ユーロを大きく上回る、GKの歴代最高移籍金となる。 ▽リバプールに関しては今年1月にサウサンプトンからオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得する際に、DFの歴代最高移籍金を大きく更新する7500万ポンドを支払っており、今回のアリソン獲得で移籍市場における2つのレコードを更新することになる。 ▽このリバプールの金満ぶりを受けて、クロップ監督の過去の発言が再び注目を浴びている。同監督は2016年頃のインタビューでプレミアリーグのライバルの大型補強に関して苦言を呈していた。 「他のクラブはトッププレーヤーの獲得のために大金を費やすことができる。ただ、私は別のやり方をしたい」 「仮に、多くのお金を使えるようになったとしても、私は別のやり方をしたい」 ▽財政面でマンチェスター勢などと大きく差があった当時だけにクロップ監督の発言は本意ではなく、実はお金があればすぐにでも積極補強に打って出た可能性もある。ただ、育成の充実や戦術面で金満クラブとの差を埋めるアプローチを諦め、他クラブと同様にマネーパワーを使ってタイトルを獲得に行くという方針転換が同監督の中にあるのであれば少し残念なことだ。 2018.07.19 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏積極補強のウェストハムが武藤嘉紀獲得へ動き出す…ニューカッスルと一騎打ちへ

ウェストハム・ユナイテッドは、マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀の獲得に向け、プレミアリーグのライバルと争奪戦を繰り広げることになりそうだ。イギリス『HITC』が伝えた。<br><br>今夏、デイビッド・モイーズ氏の後任としてウェストハムの指揮官の座に就いたマヌエル・ペジェグリーニ監督。指揮官の交代に伴い、この移籍市場で同クラブは積極的な補強を続け、すでに7名もの新戦力を獲得した。<br><br>しかし、ペジェグリーニ監督が優先するのはストライカーの獲得。2017-18シーズンにおいてウェストハムで10点以上をマークしたのはマルコ・アルナウトビッチのみと決定力に不安を抱えている。そこで同クラブが目を付けたのは、すでにニューカッスル・ユナイテッドが興味を示しているとされる武藤だ。<br><br>今夏のワールドカップにも出場した武藤は、ドイツでの3シーズンで20ゴールを記録。同選手自身もプレミアリーグでのプレーを以前から&ldquo;夢&rdquo;と語っており、イングランド行きに前向きであると考えられている。<br><br>ウェストハムはこの移籍市場で、クラブ史上最高額の3600万ポンド(約54億円)でフェリペ・アンデルソンを獲得するなど前線までの戦力は十分に整ってきた。ストライカー獲得を目指す同クラブは、ニューカッスルとの武藤争奪戦を制することができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.19 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リハビリ中のチェンバレン、新シーズンの復帰がほぼ絶望的

▽リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの新シーズンの復帰がほぼ絶望的なようだ。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が明かしている。 ▽4月24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのローマ戦で先発したチェンバレンは、15分にスライディングタックルを仕掛けた際に右ヒザを負傷。じん帯を損傷し、ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場を逃していた。 ▽全治はこれまで明かされていなかったが、先日チェンバレンは「問題ないよ。先ほどドクターと会って、彼は全てに満足していた。だから、僕たちは適切な方向に進んでいるんだ」と順調な回復を見せていることを明かしていた。 ▽しかしこの度、クロップ監督はチェンバレンについて次のように言及した。 「オックスフォードにとって新シーズンはリハビリに時間が充てられることになるだろう。今が人々にこのことを伝える適切な時期だと思う。ケガをし、手術をした翌日から我々はこのことを知っていた。仮に新シーズン、オックスフォードが戻ってくるようなことがあれば、それはボーナスだ。それでも我々は彼を待つ。CLで際立ったパフォーマンスを見せたあのオックスフォードが帰ってくると確信しているからね」 2018.07.19 03:10 Thu
twitterfacebook
thumb

A・サンチェス“ぼっち飯”に続く“ぼっち練習”?! どうして…?

▽マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがまたもチーム内で孤立している模様だ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽A・サンチェスは先日、自身のインスタグラムを更新した。ストーリーという機能を使い、「今日は2つのトレーニングをこなしたよ(力こぶの絵文字)」というコメント共に、セルフィ動画を上げていた。しかしそこには本人しか映っておらずほかのチームメイトは全く入っていなかった。 ▽今年の冬のマーケットでアーセナルから加入した同選手は以前、1人で食事をする、いわゆる“ぼっち飯”の写真が流れ、超高額なサラリーも相まって一部チームメイトとの確執が噂された。真実は全くそうではなったが、今回の“ぼっち練習”はそれを連想させている。 ▽ではどうして1人で練習していたのか。それは、現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているユナイテッドのメンバーに帯同できなかったからだ。A・サンチェスはバルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけて脱税した疑いがかけられ今年2月に有罪判決が決まっていた。そのため、アメリカへのビザが下りずに同選手が遠征に参加できなかったというわけだ。 ▽今回も確執があったわけではなかったが、シーズン前の大事なツアーに参加できなかったA・サンチェス。チームワークを高められずピッチ上で孤立してしまうかもしれない。 2018.07.18 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「自身の挑戦に囚われていた」ヴェンゲル氏がアーセナルでの22年間を後悔

元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏は、22年間もの長期政権を築いたことは誤りだったと明かした。<br><br>1996年にアーセナルの指揮官に就任して以降、3度のプレミアリーグ優勝などクラブに数々のタイトルをもたらしたヴェンゲル氏。しかし、近年はチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど低迷が続き、2017-18シーズンをもって22年間のアーセナルでのキャリアに終止符を打った。<br><br>アーセナルを退団して2カ月が経つものの、ヴェンゲル氏の新天地は依然として決まっていない。そんな中、フランス『RTL』の番組に出演した同氏はイングランドで長期政権を築いたことへの後悔を語った。<br><br>「1つのクラブに22年間も居続けたことが最大の誤りだった。私は新しいことや変化を好む人間で、挑戦することも好きだ。しかし、この間私は自分自身のチャレンジの囚人になっていた」<br><br>さらに、指揮官時代の苦悩について「多くの人を傷つけてきたことを後悔している。本当に多くの人を無視したし、家族や私に近い人のこともないがしろにした」と言及するも「しかし深く考えてみれば何かに熱中した人間は自分勝手で、好きなことばかりを追いかけている。多くのことを失ってでも骨を追いかけ続けるんだ」と持論を展開した。<br><br>そして、今後についての質問にも回答。「まだ何も決めていない。自分自身にも同様の質問を投げかけている。今までやってきたことをこれからも続けるのか? それとも今まで経験してきたことを別の方法で伝えていくのか? これは2、3カ月以内に答えを出す必要のあることだ」<br><br>将来についてはまだ何もわからないと話したヴェンゲル氏だが、1996年までいた日本に戻り、代表指揮官に就任するのではないのかとも報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.18 17:29 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース