プレミアリーグではVAR導入見送り…来季もテスト継続で合意2018.04.14 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州の主要リーグでも今シーズンから取り入れられ、ロシア・ワールドカップでも採用が決定しているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、プレミアリーグでは導入が見送られることとなった。プレミアリーグ公式サイトが伝えた。

▽13日、プレミアリーグの株主総会が行われ、全20クラブがVARについて投票した。

▽今シーズンは、FAカップやカラバオカップ(EFLカップ)の数試合でVARが試験的に導入されていたが、賛否両論の意見が出ていた。

▽今回の投票により、2018-19シーズンも継続してVARの導入に向けたテストを実施することが決定。しかし、正式導入は見送られることとなった。

▽プレミアリーグは、「システムのさらなる改善、特にスタジアム内でのコミュニケーションや自宅、世界中の人々とのコミュニケーションについてテストを継続する」と発表している。

▽なお、2018-19シーズンもFAカップ、カラバオカップでVARが導入されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

FAが“聖地”ウェンブリー売却を検討か? フルアム&NFLジャガーズのオーナーと交渉中

▽イングランドサッカー協会(FA)がフルアムと“聖地”ウェンブリー・スタジアムの売却交渉を行っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2007年に完成した新ウェンブリーは、ロンドンにあるFA所有の最大9万人収容の大型スタジアムだ。現在は新スタジアム建設中のトッテナムが1年間の契約で借り本拠として使用しているほか、イングランド代表戦やFAカップ、EFLカップ、コミュニティ・シールドなど国内カップ戦の決勝戦の会場として活用されている。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、現在FAは“サッカーの聖地”と評される同スタジアムに関して、フルアムとアメリカのプロアメリカンフットボールリーグ(NFL)に所属するジャクソンビル・ジャガーズのオーナーを務めるパキスタン人実業家シャヒド・カーン氏との間で売却交渉を行っているようだ。 ▽カーン氏は現在、8億ポンド(約1217億円)を条件にウェンブリー購入を目指しており、購入に成功したあかつきにはジャガーズのイギリス開催試合の本拠地として同スタジアムを使用するプランを持っているという。 ▽なお、フルアムは同じロンドンに25700人収容のクレイヴン・コテージをすでに持っており、今回のウェンブリー買収とは直接関連がないという。ただ、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で自動昇格圏の2位カーディフと勝ち点1差の3位に位置する同クラブは来季プレミア昇格の可能性がある。仮に、プレミア復帰が果たされた場合、より集客が見込まれるビッグクラブとの対戦時にウェンブリー開催でホームゲームを戦うプランもあるようだ。 ▽仮に、カーン氏による買収が決定した場合、一番影響を受けるのはイングランド代表のようだ。NFLのレギュラーシーズンは9月7日からとなるため、この時期に開催される代表戦において同代表は他会場もしくはアウェイでの戦いを強いられることになる。 2018.04.27 02:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル監督の勇退に、F1界のスーパースターも賛辞

▽先日発表されたアーセン・ヴェンゲル監督のアーセナル退任に、F1レーサーのルイス・ハミルトン氏も賛辞の声を送っている。同氏がイギリス『スカイ・スポーツ』に語った。 ▽今月20日、ヴェンゲル監督の今季限りでの退任が発表された。現役監督最長となるガナーズでの22年間の生活に幕を閉じるレジェンドにF1界のスーパースターも敬意を表している。 「僕はいつもアーセンに大きな敬意を持っていた。誰に対してもチームへの信頼を示し、チームの状態が良い時も悪い時も、そして外部の人間が何を言おうが、忠誠心を持って彼はやってきた。だけど、彼が自分の価値観と真摯に向き合い、努力を続けてきたことは本当に素晴らしいと思う」 「チームが必ずしも成功したわけではない。だが、彼には自分のやってきたことに誇りを持ってほしいと思っている」 「幸い僕は何度か彼に会える特権を持っていた。僕をチームの練習に誘ってくれたんだ。快く歓迎してくれたよ。“僕らの”ボスに会えることは本当に素晴らしいことだった。なんて言ったって僕は5歳の頃からアーセナルのファンだからね」 「彼の幸運を祈っている。彼の未来は彼が想い描いた通りの輝かしいものになるだろう」 2018.04.27 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

D・ルイス&ウィリアンがサイドビジネスをスタート! ロンドンにイタリアンレストランをオープン

▽チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスと同MFウィリアンが共同でサイドビジネスをスタートさせた。『Yelp』が伝えている。 ▽今回、D・ルイスとウィリアンはバルセロナの同胞MFフィリペ・コウチーニョらの代理人としても知られるイラン人実業家のキア・ジョーラブシャン氏と共にベンチャー企業の『Babbo(イタリア語で父の意)』を設立した。 ▽『Babbo』はレストランの経営などを主なビジネスの柱に据えており、すでにロンドンのアルベマール・ストリートのメイフェア地区に『Babbo』というイタリアンレストランをオープンさせた。 ▽同レストランのプレオープンにはチェルシーの同僚を始め、ラツィオMFフェリペ・アンデルソンやマンチェスター・シティFWガブリエウ・ジェズスなどヨーロッパ各国でプレーするブラジル人プレーヤーや、ジョーラブシャン氏が移籍に関わったウェストハムMFジョアン・マリオなどがパーティーに参加した。 ▽また、D・ルイスは自身の『インスタグラム』を通じて、チェルシーのチームメートに店の宣伝を依頼するなど、新たなサイドビジネスにしっかりと力を注いでいる。 2018.04.27 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン、兵役免除へ…OAとしてアジア競技大会出場を熱望

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、アジア競技大会にオーバーエイジ枠として出場することを熱望しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽トッテナムで活躍を続ける傍ら、母国韓国の兵役問題に苛まれるソン・フンミン。韓国人の成人男子は約2年間に渡る兵役の義務があり、25歳のソン・フンミンは満28歳になる前に21カ月間の服務が必要となる。また、Kリーグの尚州尚武や警察庁のチームでプレーするには、1年前に韓国国内クラブに在籍する必要があり、海外でのプレーは2019年7月まで可能となっている。 ▽オリンピックでのメダル獲得やアジア競技大会優勝を成し遂げれば、この兵役を免れることができるため、ソン・フンミンは兵役免除を目指して8月18日から9月2日まで行われるアジア競技大会にオーバーエイジ枠としての出場を望んでいるようだ。U-23韓国代表を率いるるキム・ハクボム監督は、以下のようにコメントしている。 「ソン(・フンミン)にはアジア競技大会への出場に強い意欲を持っている。しかし、それまでにワールドカップがある。ソンにはアジア競技大会で会う前に、ロシアでまず上手くやってくれと伝えているよ」 ▽仮にソン・フンミンがアジア競技大会に出場するとなれば、来シーズンのプレミアリーグ開幕には間に合わない。アジア競技大会は国際サッカー連盟(FIFA)が定める代表ウィーク外の開催のため、トッテナムには選手を派遣する義務はないが、兵役を免除されなければ、2018-19シーズンでソン・フンミンのトッテナムでのキャリアは終わることとなる。 ▽もちろんアジア競技大会の優勝が確約されているわけではなく、チャンスを逃せば2020年に行われる東京オリンピックもチャンスが残されているが、こちらもメダル獲得の保証はない。そうなれば、ソン・フンミンはサッカーをせずに兵役をこなすこととなり、その後にヨーロッパでプレーするには障壁が高いこととなる。 ▽U-23韓国代表のキム・ハクボム監督は、これまでも同選手の招集を明言しているが、トッテナムがこれに応じるのだろうか。開幕には間に合わなくとも、兵役を免除されることの方がトッテナムにとってもソン・フンミンにとってもプラスになると思われるが果たして…。 2018.04.26 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、就任以降の功績を自賛「当時は勝利の準備ができていなかった」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、就任した当時は勝利のための準備ができていないチームだったと『スカイスポーツ』に明かした。<br><br>モウリーニョはチェルシーやレアル・マドリー、インテルなどで輝かしい成績を収めた後、2016年にユナイテッドの監督に就任。1年目からカラバオ・カップとヨーロッパリーグを制覇し、クラブ史上初のデビューシーズンでタイトルを獲得した監督となった。<br><br>現在プレミアリーグで2位に付ける指揮官は、就任当時はチームが難しい状況にあったと明かした。<br><br>「加入するクラブについては事前に知っていた。すでに勝利の準備ができているクラブに加入するときは、到着して、少しだけ手を加えて、自分の持っている知識とクオリティーをチームとクラブに与えるだけで十分だ。しかし、今回はそのケースではないことはわかっていた。オーナーも、CEOもわかっていた。問題は私自身が今回の仕事に対して準備ができているか、ということだった。答えはイエスだ。私のキャリアは常に新しいことへの挑戦だったからさ」<br><br>そして、モウリーニョは就任以降のチームの成績に満足しているようだ。<br><br>「私は常に新しいものを探求し、挑戦している。新しいものを求めて、国やクラブ、カルチャーなど全てを変える準備がある。その全てを行ってきた。マンチェスター・ユナイテッドに来たときもこの準備ができていた。到着してすぐに成功するものではないということはわかっていた。それでも、3つのトロフィー、3度の決勝進出、最悪でもリーグ3位か4位と言うのは悪くない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 20:10 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース