プレミアリーグではVAR導入見送り…来季もテスト継続で合意2018.04.14 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州の主要リーグでも今シーズンから取り入れられ、ロシア・ワールドカップでも採用が決定しているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、プレミアリーグでは導入が見送られることとなった。プレミアリーグ公式サイトが伝えた。

▽13日、プレミアリーグの株主総会が行われ、全20クラブがVARについて投票した。

▽今シーズンは、FAカップやカラバオカップ(EFLカップ)の数試合でVARが試験的に導入されていたが、賛否両論の意見が出ていた。

▽今回の投票により、2018-19シーズンも継続してVARの導入に向けたテストを実施することが決定。しかし、正式導入は見送られることとなった。

▽プレミアリーグは、「システムのさらなる改善、特にスタジアム内でのコミュニケーションや自宅、世界中の人々とのコミュニケーションについてテストを継続する」と発表している。

▽なお、2018-19シーズンもFAカップ、カラバオカップでVARが導入されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

判定猛抗議のランパード監督に罰金29万円! 本人は不服隠さず

▽イングランドサッカー協会(FA)が、5日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム戦で退席処分を受けたダービー・カウンティのフランク・ランパード監督に罰金を科すようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ランパード監督は15日に行われたロザラム戦の77分に自チームの選手に与えられたハンドの判定に激昂し、執拗に審判団に抗議を行った結果、主審からレッドカードを掲示されて監督キャリア初の退席処分を科された。 ▽また、FAの独立調査委員会はこの場面でのランパード監督の振る舞いが不適切な行為にあたると判断。審判団への不適切な行為を理由に処分が科されることが、17日に発表されていた。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、ランパード監督には罰金2000ポンド(約29万円)の処分が、FAより下されることに。なお、同監督側には現地時間20日までに異議申し立てを行う権利が与えられている。 ▽不服を隠さないランパード監督は、18日の『スカイ・スポーツ』で以下のように語った。 「イエローとレッドカードは今シーズンから新ルールだ」 「他の監督やアシスタントがフォースオフィシャルと話すためであったり、レフェリーやラインズマンに叫んだりするためにエリアを離れた時はいつでも私の問題(と同じケース)だ。そして、それはそう(問題として)扱われてはいない」 「それは新たな、一貫性の問題だが、私が議論して戦うべきものではない。FAが整理して正しい決定を行うべきことだ」 2018.09.18 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェルベックの二の舞だけは…、キャラガーがラッシュフォードを危ぶむ

▽元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガーがマンチェスター・ユナイテッドに所属する同代表FWマーカス・ラッシュフォードを心配した。イギリス『Squawka』が報じた。 ▽ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2016年のヨーロッパリーグ(EL)ミッティラン戦で先発出場を果たしてトップチームデビュー。その一戦でいきなり2得点の活躍を見せつけ、鮮烈なインパクトを残した。以後、2016年にA代表デビューを飾り、ロシア・ワールドカップのメンバーにも招集。今シーズンからユナイテッドで新たに背番号「10」を受け継いだ。 ▽だが、主戦場のセンターフォワードの位置には現在、ベルギー代表FWロメル・ルカクという絶対的な存在がいるため、ピッチに立っても両サイドでのプレーがほとんど。今シーズンもここまでセンターフォワードとしてプレーしたのは、プレミアリーグ開幕戦のレスター・シティ戦しかない。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』に登場したキャラガー氏は、そのラッシュフォードについて次のように言及。かつてユナイテッドの次代を担う点取り屋として期待を集めながら大成に至らなかったアーセナルのイングランド代表FWダニー・ウェルベックの名前を挙げ、20歳FWの将来を危ぶんだ。 「マーカス・ラッシュフォードには、ダニー・ウェルベックのような選手になってもらいたくないね。彼はセンターフォワードとしてユナイテッドのトップチームに上がってきた。だが、主に両サイドで使われ、今じゃチームプレーヤーだ。仮にアーセナルに移籍しても、同じ状況だろう。確実にだ。彼自身も望んだことじゃないだろうがね」 ▽なお、『Squawka』が伝えたラッシュフォードとウェルベックのユナイテッドでのプレミアリーグ通算個人成績は以下のとおり。 ◆ラッシュフォード 試合数:81 総プレー時間:4,490 得点数:17 アシスト数:8 ◆ウェルベック 出場数:92 総プレー時間:5,203 得点数:20 アシスト数:9<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルは5戦未勝利もファンは楽観的? 理由の1つに“未知数”武藤嘉紀の存在

ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀は依然として&ldquo;未知数&rdquo;であると考えられているようだ。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えた。<br><br>今夏に武藤やサロモン・ロンドンを獲得するなど積極的な補強に動いたニューカッスルだが、5試合を終えて1分け4敗で19位に沈む。もちろん、この成績に失望しているものの、多くのサポーターがまだまだ巻き返しを図れると楽観的に考えているようだ。そして、同メディアでチームの記者を務めるクリス・ウォー氏は「ファンが楽観的でいるべき8つの理由」と題して特集を組んだ。<br><br>その中の1つの理由として武藤が挙げられている。新加入の日本代表FWについて、ウォー氏は「今夏の最も高額な新戦力であるヨシノリ・ムトウは、4試合に途中出場してプレミアリーグで通算56分しかプレーできていない。950万ポンドのFWはストライカーとしてほどんど起用されていないにもかかわらず、イキイキとプレーしている」と言及。<br><br>「しかし、日本代表FWは依然として未知数だ。マインツでとても良いパフォーマンスを見せた彼がイングランドのフットボールに適応できているかはまだわからない。そんな中でも(監督のラファエル)ベニテスは、ムトウがプレミアリーグに適応できればチームのためにゴールとアシストを量産してくれると自信を持っている」<br><br>「それに、ニューカッスルのファンと同様に、対戦チームもムトウの能力についてほどんど知識がない。まだ発揮できていない驚きの一面をそのうちに見せ、マグパイスにポイントをもたらす可能性がある」<br><br>その他にも、今後は上位陣との対戦が減ることや司令塔ジョンジョ・シェルヴィーが復帰間近であること、ロンドンがベニテス監督のシステムに適したストライカーであることもその理由に。また、精彩を欠くケネディの復調や新加入DFフェデリコ・フェルナンデスの成功、昨シーズンの残留争いの経験、さらにベニテス監督が取り乱していないこともポジティブな要因として考えられている。<br><br>ここまで勝利のないニューカッスルは、22日のクリスタル・パレス戦で今シーズン最初の勝ち点3を手にできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.18 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

“ガラスの天才”再び…ウィルシャー、手術で最大6週間離脱

▽ウェストハムは18日、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが手術を受けたことを発表した。 ▽今夏にアーセナルからウェストハムに加入したウィルシャーはここまでプレミアリーグ開幕4試合に出場。しかし、16日に行われたプレミアリーグ第5節エバートン戦(3-1で勝利)では足首の負傷により欠場していた。 ▽これまでにもケガに悩まされてきた“ガラスの天才”ウィルシャー。当初は軽傷であり、23日に行われる次節のチェルシー戦に出場できる可能性があることが伝えられていたが、ウィルシャーは17日に手術を実施。全治については明かされていないが、イギリス『スカイスポーツ』によると最大6週間離脱するようだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シアラー氏はアーセナルに辛辣! 「良いチームと思っていないからシティやチェルシー相手の負けよりキツい」

▽かつてニューカッスルやブラックバーンで活躍した元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏は古巣ニューカッスルのアーセナル相手の敗戦にショックを受けているようだ。同氏がイギリス『BBC』のサッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』で語った。 ▽開幕4戦未勝利で厳しいスタートを切ったニューカッスルは今季初勝利を目指しプレミアリーグ第5節でアーセナルと対戦。前半はゴールレスの拮抗した展開に持ち込んだものの、後半立ち上がりの2失点によって1-2の敗戦を喫した。 ▽古巣の敗戦に気分を害していたのか、『マッチ・オブ・ザ・デイ』で同試合に関してコメントを求められたシアラー氏は刺激的な語り口で自身の感想を語った。 「今回の敗戦はシティやトッテナム、チェルシー戦の敗戦と比べて個人的にこたえているよ。私はアーセナルを良いチームだとは思っていないからね」 「今日の試合は少しチグハグな内容だった。ニューカッスルの前半の戦い方は悪くなかった。アーセナルの動きはスローで攻撃に意外性もなかった。同時にラカゼットとオーバメヤンの連係もほとんどなかったからね」 「しかし、トレイラの投入が試合を変えた。アーセナルは後半に入ってより良いチームになり、勝利に値したと思っているよ」 ▽今回のシアラー氏の発言は古巣敗戦ゆえの負け惜しみなのか、単純にアーセナル相手なら勝てる可能性が高いと純粋に思っていたのかは不明だが、アーセナルファンにとってはせっかくの3連勝に水を差す発言になったかもしれない。 2018.09.17 22:31 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース