プレミアリーグではVAR導入見送り…来季もテスト継続で合意2018.04.14 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州の主要リーグでも今シーズンから取り入れられ、ロシア・ワールドカップでも採用が決定しているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、プレミアリーグでは導入が見送られることとなった。プレミアリーグ公式サイトが伝えた。▽13日、プレミアリーグの株主総会が行われ、全20クラブがVARについて投票した。

▽今シーズンは、FAカップやカラバオカップ(EFLカップ)の数試合でVARが試験的に導入されていたが、賛否両論の意見が出ていた。

▽今回の投票により、2018-19シーズンも継続してVARの導入に向けたテストを実施することが決定。しかし、正式導入は見送られることとなった。

▽プレミアリーグは、「システムのさらなる改善、特にスタジアム内でのコミュニケーションや自宅、世界中の人々とのコミュニケーションについてテストを継続する」と発表している。

▽なお、2018-19シーズンもFAカップ、カラバオカップでVARが導入されるとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア11月の月間MVPは3G3Aのスターリング! 2016年8月以来2度目の受賞

▽プレミアリーグは12日、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが11月の月間最優秀選手に選出されたことを発表した。 ▽先週末のチェルシー戦で今季リーグ戦初黒星を喫したシティだが、11月に行われたサウサンプトン戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、ウェストハム戦を全勝で終えた。この3試合でスターリングは3ゴール3アシストの大活躍。首位に立つチームを牽引していた。 ▽そして、チームメイトのMFダビド・シルバ、MFレロイ・ザネ、ウェストハムMFフェリペ・アンデルソン、エバートンDFリュカ・ディーニュ、リバプールDFアンディ・ロバートソン、トッテナムMFムサ・シソコらその他の候補者を退けて、2016年8月以来となる2度目の月間MVPを受賞した。 2018.12.12 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

代理人の“異例”の残留声明に…モウリーニョ「何も関係ない。気にしてない」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、代理人のコメントに反応した。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。<br><br>今季プレミアリーグで16試合を終え、勝ち点26で6位につけるマンチェスター・U。首位のリバプールとは早くも16ポイント差となっており、週末の直接対決で敗れればさらに差が広がることになる。<br><br>2012-13シーズン以来の優勝が厳しくなり、再びモウリーニョ監督の解任も噂され始めた中、先日代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は異例とも言える声明を発表。「モウリーニョがマンチェスター・Uを離れるという噂があるが、全く事実ではない。ジョゼは幸せだし、クラブも幸せだ」と、指揮官の残留を強調していた。<br><br>この声明について問われたモウリーニョ監督は、自身の関与を否定している。<br><br>「あの声明とは何も関係ない。ただの声明であり、私のものではない」<br><br>「(声明について知っていた?)いいや、知らなかった。彼には気にしていないと伝えてある」<br><br>再び周辺が騒がしくなっているモウリーニョ監督だが、これからもマンチェスター・Uに残留することになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

今季で契約満了の岡崎慎司、レスター監督は去就を明言せず「シンジといられて幸せだが…」

レスターのクロード・ピュエル監督が、今季限りで契約が切れる岡崎慎司についてコメントした。地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えた。<br><br>ピュエル監督のもとで出番が減少している岡崎。プレミアリーグでは16節消化時点で先発出場は1試合のみとなっており、控え扱いとなっている。<br><br>そんな岡崎は、今季限りで現行契約が満了に。『レスター・マーキュリー』によると、32歳FWにはイタリアやスペインへの移籍の可能性があるという。<br><br>ピュエル監督は岡崎の姿勢に満足しているとしつつ、契約については年末年始の過密日程終了まで話さないとした。<br><br>「シンジといられて幸せだよ。彼は素晴らしいメンタリティを持ち、素晴らしいチームメイトだ。他の選手のためにすべての時間でベストを尽くす」<br><br>「現時点で将来について決定はなく、他の契約切れの選手も同じだ。我々はチーム全体、そして12月と1月の試合に集中している」<br><br>そして、今はチームに集中して欲しいと語った。<br><br>「彼らはフットボールをわかっている。契約が満了となる選手は、将来と移籍市場においてなんらかの悩みを抱えている可能性がある。今は契約のときではない。選手たちは良い感覚とメンタリティを持って、スカッドに参加するときだ」<br><br>「時期が来れば、いくつかの選手と話すか、そうしないか決める」<br><br>在籍4シーズン目となった岡崎。今季終了後、どのような決断を下すのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シルバが右足ハムストリングの負傷で数週間の離脱か

▽マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが右足ハムストリングの負傷により数週間離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シルバは、8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー戦に先発出場したが、68分に右足を負傷しMFイルカイ・ギュンドアンと後退していた。 ▽シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、12日に行われるチャンピオンズリーグ・グループF最終節のホッフェンハイム戦に向けた前日会見でシルバについて以下のようにコメントした。 「ケビン(・デブライネ)やダニーロ、アグエロと共にシルバもホッフェンハイム戦には出場しない。シルバは週末の試合で右足のハムストリングを負傷した。そのため彼は2~3週間離脱することになるかもしれない」 2018.12.12 01:40 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンも今冬の中島翔哉獲得狙う…再びスカウト送りウルヴスから“強奪”なるか

ポルティモネンセで活躍する日本代表MF中島翔哉に、新たな移籍先が浮上しているようだ。ポルトガル『Record』が報じた。<br><br>先日、中島に関しては、ポルトガル『Radio Renascenca』の取材で、ポルティモネンセのロドニー・サンパイオ会長が証言。プレミアリーグのウォルヴァーハンプトン行きについて「80%の段階」とコメントした。<br><br>しかし、ここへ来てウルヴスにとってライバルが出現。それが日本代表DF吉田麻也も所属するサウサンプトンである。サウサンプトンも冬の獲得を目指し、2日に行われたトンデラ戦(3-2)にスカウトを送り込んだという。なお、サウサンプトンは11月にもポルティモネンセの試合をスカウトを送ったと伝えられている。<br><br>プレミアリーグでは、ウォルヴァーハンプトンが10位と奮闘している一方で、サウサンプトンは降格圏に沈むなど苦戦中。得点もリーグワースト2位で、得点力のあるアタッカーを必要としている。ウルヴスを退け、冬の獲得を成立させられるのか、注目が集まるところだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.11 08:15 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース