【質疑応答1】西野朗新監督、本大会に望むスタイルを明かす…技術委員長の立場から見たハリルジャパンの問題点にも言及2018.04.12 22:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は12日、日本代表の西野朗新監督の就任会見を行った。

▽JFAは、7日付けでヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約を解除したと9日に発表。後任に西野監督が就任することも発表されていた。

▽会見の冒頭で意気込みを語った西野新監督はメディア陣による質疑応答に応対。ロシア・ワールドカップ(W杯)まで残り少ない期間の中、前任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が求めた“デュエル“や“縦に速いサッカー”といったスタイルの中で必要な部分は引き継ぎつつも「構築してきた技術力を最大限に出したい」とコメントし、「最高の化学反応が起こるチーム・グループとして良いパフォーマンスが出る選手選考」に注力することを誓った。

◆西野朗監督(日本代表)
──前任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が掲げてきた「縦に速いサッカー」は引き継ぐのかについてと、メンバー選考について
「(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督のスタイルというのは、今まで日本のサッカーに足りなかった部分でもあると思います。1対1の強さを要求したり、縦に速いサッカーでの推進力を求めたりしてきました」

「これは今までのA代表だけではなく各カテゴリーが、世界に行き、次のステージに進めなかった原因でもある部分。それをW杯に参戦したハリルホジッチ監督は世界基準、言葉で言えばデュエルというシンプルなものですけど、実際の内容は非常に高度なもので、それを選手たちに強く要求していました。そのスタイルは間違いなく、現状の日本のサッカーにとって必要なことであると思います」

「そのためそういうことや縦への攻撃に関しても間違いなく必要です。ただ、そのタイミングや瞬間を質をあげた中で積み上げていくことや、1対1の場面でもそういうパワー的なところも要求したいですが、体格的な部分やフィジカル的な要素の中で戦えないところがあります。別の角度からそういうものに対応していきます。必要な部分に関しては、継続していきたいなと思います」

「ただ、やはり日本化したもの、日本のフットボールというものはあります。構築してきた技術力を最大限に出したいです。戦い方においてや規律や組織的なところで結束して戦っていく強さ、化学反応を起こした上で戦える強さ、そういうものをベースとした上でそういうことを構築していく必要があると思いいますし、自分自身も必要だと思っています」

「選手たちには結果を求めたいですけど、そういうプレーをまず素直に、所属クラブでプレーしている以上のことが出せる代表チームだと思っています。そういうものを選手にストレートでプレーできる状況を作っていきたいと考えています」

「チームやスタイル、編成については今日コーチングスタッフを承認して頂いたので、彼らとも協力してそういう編成を考えていきたいなと思います。選手の選考に関しても、非常に経験のある選手がこの最近のキャンプで招集されなかったり、試合への出場機会が少ないなどもありますけど、現状のコンディションをしっかりと把握しなくてはいけないと思います」

「ケガをしている選手が6週、8週試合に出ていない状況が海外組の中にはあります。確かに経験・実力・実績がある選手たちですけど、実際に監督もその基準はしっかりと持っていて、現状のコンディションを非常に気にされてた方です。これからの選考に関しても、ここ1カ月足らずでのコンディションや状況というものを正確に見極めた上で、最高の化学反応が起こるチーム・グループとして良いパフォーマンスが出る選手選考を総力を挙げてやっていきたいです」

──先日、田嶋幸三会長は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任理由の一つに「コミュニケーションと選手・監督間の信頼関係」を挙げていました。技術委員長という一番近い立場として何が問題だったか
「監督はチームに対して、世界基準、ワールドカップで戦うにはこういうプレーをしなくてはいけない、戦い方をしなくてはいけないと要求していました。それはもちろん当然なことですし、それに対する戦術的なところで選手一人一人の役割等も厳しく要求していました。当然なことです。それが全体として形になっていくことが、チーム力を向上させていくために間違いなく必要なことです」

「それに選手たちが要求に応えようとプレーをする。ただ、監督は非常にそれを高い基準で選手たちに求めていたなというのは感じました。それはよくあることですし、監督の意図と選手たちのやらなくてはいけない気持ちと、やりたいプレーにギャップを感じましたし、そこを合わせていかないとチームとして成り立たないという部分があります」

「自分自身は選手たちの気持ちや心理的なところは、監督に伝えて日本人選手たちのDNA部分でやれることはもっとあるし、違う角度からというのも間に入りながらやってきましたが、そこのギャップでコミュニケーションが足りなかったという訳ではなく、成果が出ず、ギャップも埋められない、選手たちが追いつこうとしても要求に応えられないという部分を感じました」

「選手たちにそういうことに向かっていくだけの力はあると思っていました。それに対して監督も、もっと高い要求があったのかもしれません。常にチームとしてバランスよく機能していたかというと、その部分でわずかな差があったのではないかと思います」

──チーム作りの期間が2カ月しかないが、何が一番大事になってくるか
「結果は彼らのパフォーマンスがそのまま出る、素直に出ることがあれば間違いなく良い形で、日本のチームは融合・結束してプラスアルファの力が出てくると思います。とにかく結果を求めたいです。これはワールドカップですから、少なくとも予選(グループリーグ)を突破してくだけの力を見せたいと思います」

「ただ、そこを求めるよりもまず今は選手たちの持っているプレー・パフォーマンスというものを確実に出してもらう、出させたいという気持ちです。そういうスピリットのある選手たちを招集して、形成していきたいです」

コメント
関連ニュース
thumb

日本は14番目! FIFAがロシアW杯の分配金を公表… Jトップは浦和レッズ

▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)における全世界416クラブへの分配金を発表した。 ▽今回のW杯には、63カ国、416クラブから選手が参加。合計で2億900万ドル(約236億1030万円)が支払われることとなった。 ▽最も多く分配金を受け取ったのは、マンチェスター・シティ。支給額は500万3440ドル(約5億6500万円)となっている。また、416クラブの内訳は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟しているクラブが最多で254となっているが、2番目はAFC(アジアサッカー連盟)の63、CONMEBOL(南米サッカー連盟)の43、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の39、CAF(アフリカサッカー連盟)の17と続いている。 ▽アジアでは、アル・ヒラル(サウジアラビア)が最も多く、202万4865ドル(約2億2840万円)、続いて、アル・アハリ(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)と続いている。Jリーグでは、浦和レッズが最多で67万6370ドル(約7631万円)、鹿島アントラーズの62万5430ドル(約7056万円)、セレッソ大阪の53万4870ドル(約6035万円)と続いており、国別ではアジアでサウジアラビアに続き2番手の363万9380ドル(約4億1060万円)。国として世界で14番目の分配金をもらっていることとなっている。 ◆分配額トップ10 マンチェスター・シティ (500万3440ドル/約5億6500万円) レアル・マドリー (481万3830ドル/約5億4300万円) トッテナム (438万5792ドル/約4億9500万円) バルセロナ (414万5950ドル/約4億6800万円) パリ・サンジェルマン (389万4080ドル/約4億3900万円) チェルシー (383万5357ドル/約4億3300万円) マンチェスター・ユナイテッド (365万6360ドル/約4億1300万円) アトレティコ・マドリー (309万3190ドル/約3億4900万円) ユベントス (301万9610ドル/約3億4100万円) モナコ (293万4710ドル/約3億3100万円) ◆Jリーグ 浦和レッズ (67万6370ドル/約7631万円) 鹿島アントラーズ (62万5430ドル/約7056万円) セレッソ大阪 (53万4870ドル/約6035万円) ヴィッセル神戸 (36万9315ドル/約4167万円) ガンバ大阪 (28万8660ドル/約3260万円) 柏レイソル (28万8660ドル/約3260万円) 川崎フロンターレ (28万8660ドル/約3260万円) サガン鳥栖 (20万5175ドル/約2315万円) 横浜F・マリノス (19万8100ドル/約2235万円) FC東京 (16万4140ドル/約1852万円) 2018.12.06 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、ロシアW杯を苦々しく回想「受け入れられなかった」

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の思い出を苦いものとして回想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽スペイン代表として131キャップを刻み、2008年のユーロ、2010年のW杯、2012年のユーロを連続で制したイニエスタ。正真正銘の“無敵艦隊”となったスペインはティキ・タカで各国を圧倒しており、イニエスタはアル・サッドMFチャビ・エルナンデスやバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツらと共に心臓部を担っていた。 ▽しかしながら、イニエスタにとって最後のW杯となった今年のロシア大会で、スペインはベスト16で敗退。同大会で指揮を執っていたフェルナンド・イエロ氏は、決勝トーナメントの1回戦ロシア代表戦でイニエスタをベンチに置き、PK戦の末に敗れ去ることとなった。 ▽ロシアW杯を回想するイニエスタは、以下のように悔しさをにじませている。 「ロシアでのワールドカップに良い記憶はない」 「僕をベンチに置く決断や(フェルナンド・)イエロがそうする理由が分からなかった」 「動揺したよ。彼が言ったことが受け入れられなかった」 2018.11.24 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕前の重傷でロシアW杯落選…チェンバレン、当時を振り返る

▽リバプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、自身が重傷により出場することができなかったロシア・ワールドカップ(W杯)について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ロシアW杯欧州予選でも代表メンバーに招集され、本大会への出場も有力視されていたチェンバレン。しかし、今年4月に右ヒザのじん帯を損傷したことでロシアW杯への出場が叶わなかった。今シーズン中での復帰も危ぶまれている。 ▽チェンバレン不在で本大会を迎えたイングランド代表は、開幕前の下馬評を覆す躍進を披露。準々決勝ではスウェーデン代表を2-0で下し、1990年以来となるベスト4入りを果たした。 ▽ロシアのピッチに立つことができなかったチェンバレンは、現状について語り、ロシアW杯当時の心境を明かした。 「とても重いケガだったよ。ただ、それはいつでも誰にでも起こりえることなんだ。決して簡単に乗り越えられるものではないことだよ」 「ただ、僕は前進している。ポジティブなままでいるようにも務めているんだ。僕はそういう性格でもあるし、それが最も良い方法だと思うんだ。良いスピリットで確実に前進しているよ」 「(ロシア・ワールドカップについて)その場にいることができなかったことが、たやすいものだったと言えば嘘になる。僕には実際プレーするチャンスがあった訳だからね。ただ、それと同時にイングランドファンになっていたよ」 「代表選手たちが躍動するところを見て驚いていたよ。家でとても興奮したんだ。W杯は難しいものだからね。皆が戦っている姿を見てとても嬉しくなったよ」 2018.09.09 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】鼎談で一致したロシアW杯での西野ジャパンの評価

▽今週初めのこと、ある新聞社の企画でロシアW杯を振り返り、ドイツS級ライセンスを持つS氏と、元ワールドサッカー誌編集長のN君と鼎談した。優勝したフランスはもちろんのこと、日本代表の戦いぶりや森保ジャパンの今後など、話は多岐に渡った。 ▽そこで日本代表に関しては、次の点で意見が一致した。日本が勝ったのは10人が相手のコロンビアだけで、11人で戦った残り3試合は2分け1敗とけして好成績ではないこと。ポーランド戦は残り10分をボール回しに終始したことがクローズアップされたが、そもそもグループリーグの突破が決まっていないのに、なぜポーランド戦はスタメンを6人も入れ替えたのか西野監督の采配に疑問が残ること。そしてポーランド戦で起用された宇佐美、酒井高、槙野は力量不足だったし、ケガを抱えている岡崎をスタメンで使うリスクを考慮しなかったこと。 ▽ポーランド戦で時間稼ぎをしたのに、なぜベルギー戦のCKを本田は簡単に蹴ってしまったのか。その際に吉田と昌子のCB2人がゴール前に上がったが、足の遅い吉田はともかく、なぜ昌子を最終ラインに残しておかなかったのか。ベンチはリスクマネジメントを怠ったのではないかということ。 ▽そして最終的に、これらの疑問をJFA(日本サッカー協会)技術委員会は総括することなく、「世代交代」や「オールジャパン」、「ジャパンズウェイ」と耳に心地よい言葉でロシアW杯の結果を自分たちの都合の良いように解釈し、森保ジャパンを規定路線として五輪監督のみならず日本代表の監督にも選んだことなど、かなり批判的な意見で一致した。 ▽これらの意見は他のメディアでも散見されたが、「南米勢からアジア勢初勝利」やベルギー戦での善戦により、南アW杯(パラグアイ戦はPK戦のためドローとカウントし2勝1分け1敗)の成績を下回っているにもかかわらず、西野ジャパンはその健闘を讃えられたことで深く検証されることはなかった。 ▽さらに大会全体の傾向としてポゼッションサッカーよりカウンター主体のチームが勝ち上がったこと、セットプレーからの得点が多いという結果を日本は4年後のカタールW杯にどうつなげていくのかという検証もなされていない。 ▽そして指導者の育成に関しては、S氏から「サッカー協会が費用を負担して、協会と提携しているドイツやスペインの代表チームに、将来の代表監督候補を2年間くらい帯同させるなど育てる努力をするべき。JリーグはJリーグで同じようにバイエルンやバルセロナなどクラブへのパイプを通じて指導者を送り出して育成した方がいい」という建設的な意見も出た。 ▽日本の指導者が海外で研修したのは1979年まで遡る。五輪のメダリストを対象にナショナルコーチを育成しようとした日本体育協会の助成を受け、将来の代表監督と目されていたメキシコ五輪銅メダリストの森孝慈(2011年7月17日没)が西ドイツへ留学。ボルシアMGや1FCケルンの監督を務め、奥寺をケルンに加入させたヘネス・バイスバイラーや、「トータル・フットボールの生みの親」であるリヌス・ミケルスらの指導を受けた。 ▽当初は2年の研修予定だったが、当時の代表監督だった渡辺氏が病で倒れたため1年前倒しで帰国し代表監督に就任。85年のメキシコW杯アジア予選では最終予選まで勝ち進んだものの韓国に敗れてW杯初出場はならなかった。 ▽それ以来、JFAが日本人指導者をヨーロッパへ派遣した例はない。個人的に私費でヨーロッパに渡り、指導者として研修を積んだ人々は多いものの、彼らが日本代表の各カテゴリーで指導者として起用された例も聞いたことはない。彼らが街のクラブで結果を残したら、J3やJ2クラブに引き上げる。そんな環境が日本でも整うようになればいいというのも3人の一致した意見だった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.09 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯のベストゴールはパヴァールのボレーシュートに決定

▽FIFA(国際サッカー連盟)は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のベストゴールを発表した。選出されたのは決勝トーナメント1回戦のフランス代表vsアルゼンチン代表で生まれたフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(シュツットガルト)のゴールとなった。 ▽今大会全64試合のうち、総得点169ゴールの中からFIFAが18ゴールを選出。のべ300万人以上のファンが投票で選出した。その結果、1-2と逆転されて迎えた57分に抑えの利いたボレーシュートで同点弾を叩き込んだパヴァールのゴールがベストゴールに決まった。このゴールについてパヴァールは「ボールが来た時に、あまり深く考えたりはしなかった。とにかくフラットにいこうと心がけていたよ。決まった時は、ただただ嬉しかったね」とコメントしている。 ▽2006年ドイツW杯から創設されている同賞は、これまでマキシ・ロドリゲス(アルゼンチン)、ディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)と南米勢が受賞していた。 2018.07.26 03:55 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース