【質疑応答1】西野朗新監督、本大会に望むスタイルを明かす…技術委員長の立場から見たハリルジャパンの問題点にも言及2018.04.12 22:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は12日、日本代表の西野朗新監督の就任会見を行った。

▽JFAは、7日付けでヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約を解除したと9日に発表。後任に西野監督が就任することも発表されていた。

▽会見の冒頭で意気込みを語った西野新監督はメディア陣による質疑応答に応対。ロシア・ワールドカップ(W杯)まで残り少ない期間の中、前任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が求めた“デュエル“や“縦に速いサッカー”といったスタイルの中で必要な部分は引き継ぎつつも「構築してきた技術力を最大限に出したい」とコメントし、「最高の化学反応が起こるチーム・グループとして良いパフォーマンスが出る選手選考」に注力することを誓った。

◆西野朗監督(日本代表)
──前任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が掲げてきた「縦に速いサッカー」は引き継ぐのかについてと、メンバー選考について
「(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督のスタイルというのは、今まで日本のサッカーに足りなかった部分でもあると思います。1対1の強さを要求したり、縦に速いサッカーでの推進力を求めたりしてきました」

「これは今までのA代表だけではなく各カテゴリーが、世界に行き、次のステージに進めなかった原因でもある部分。それをW杯に参戦したハリルホジッチ監督は世界基準、言葉で言えばデュエルというシンプルなものですけど、実際の内容は非常に高度なもので、それを選手たちに強く要求していました。そのスタイルは間違いなく、現状の日本のサッカーにとって必要なことであると思います」

「そのためそういうことや縦への攻撃に関しても間違いなく必要です。ただ、そのタイミングや瞬間を質をあげた中で積み上げていくことや、1対1の場面でもそういうパワー的なところも要求したいですが、体格的な部分やフィジカル的な要素の中で戦えないところがあります。別の角度からそういうものに対応していきます。必要な部分に関しては、継続していきたいなと思います」

「ただ、やはり日本化したもの、日本のフットボールというものはあります。構築してきた技術力を最大限に出したいです。戦い方においてや規律や組織的なところで結束して戦っていく強さ、化学反応を起こした上で戦える強さ、そういうものをベースとした上でそういうことを構築していく必要があると思いいますし、自分自身も必要だと思っています」

「選手たちには結果を求めたいですけど、そういうプレーをまず素直に、所属クラブでプレーしている以上のことが出せる代表チームだと思っています。そういうものを選手にストレートでプレーできる状況を作っていきたいと考えています」

「チームやスタイル、編成については今日コーチングスタッフを承認して頂いたので、彼らとも協力してそういう編成を考えていきたいなと思います。選手の選考に関しても、非常に経験のある選手がこの最近のキャンプで招集されなかったり、試合への出場機会が少ないなどもありますけど、現状のコンディションをしっかりと把握しなくてはいけないと思います」

「ケガをしている選手が6週、8週試合に出ていない状況が海外組の中にはあります。確かに経験・実力・実績がある選手たちですけど、実際に監督もその基準はしっかりと持っていて、現状のコンディションを非常に気にされてた方です。これからの選考に関しても、ここ1カ月足らずでのコンディションや状況というものを正確に見極めた上で、最高の化学反応が起こるチーム・グループとして良いパフォーマンスが出る選手選考を総力を挙げてやっていきたいです」

──先日、田嶋幸三会長は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任理由の一つに「コミュニケーションと選手・監督間の信頼関係」を挙げていました。技術委員長という一番近い立場として何が問題だったか
「監督はチームに対して、世界基準、ワールドカップで戦うにはこういうプレーをしなくてはいけない、戦い方をしなくてはいけないと要求していました。それはもちろん当然なことですし、それに対する戦術的なところで選手一人一人の役割等も厳しく要求していました。当然なことです。それが全体として形になっていくことが、チーム力を向上させていくために間違いなく必要なことです」

「それに選手たちが要求に応えようとプレーをする。ただ、監督は非常にそれを高い基準で選手たちに求めていたなというのは感じました。それはよくあることですし、監督の意図と選手たちのやらなくてはいけない気持ちと、やりたいプレーにギャップを感じましたし、そこを合わせていかないとチームとして成り立たないという部分があります」

「自分自身は選手たちの気持ちや心理的なところは、監督に伝えて日本人選手たちのDNA部分でやれることはもっとあるし、違う角度からというのも間に入りながらやってきましたが、そこのギャップでコミュニケーションが足りなかったという訳ではなく、成果が出ず、ギャップも埋められない、選手たちが追いつこうとしても要求に応えられないという部分を感じました」

「選手たちにそういうことに向かっていくだけの力はあると思っていました。それに対して監督も、もっと高い要求があったのかもしれません。常にチームとしてバランスよく機能していたかというと、その部分でわずかな差があったのではないかと思います」

──チーム作りの期間が2カ月しかないが、何が一番大事になってくるか
「結果は彼らのパフォーマンスがそのまま出る、素直に出ることがあれば間違いなく良い形で、日本のチームは融合・結束してプラスアルファの力が出てくると思います。とにかく結果を求めたいです。これはワールドカップですから、少なくとも予選(グループリーグ)を突破してくだけの力を見せたいと思います」

「ただ、そこを求めるよりもまず今は選手たちの持っているプレー・パフォーマンスというものを確実に出してもらう、出させたいという気持ちです。そういうスピリットのある選手たちを招集して、形成していきたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

ビリアが頚椎骨折…ロシアW杯出場もピンチか

▽ミランは22日、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの負傷を発表した。 ▽ビリアは21日にホームで行われた第34節のベネヴェント戦(0-1でミランが敗戦)で負傷。検査の結果、頚椎に骨折が見つかった。今後のさらなる検査を受けることになるという。 ▽アルゼンチン代表としてロシア・ワールドカップ最終予選13試合に出場するなど主力を張るビリア。今夏の本大会に間に合えば良いが、果たして…。 2018.04.23 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場に向けてアピールが必須のゲッツェだが…ドルトムント指揮官「我々の目標はCL」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェはロシア・ワールドカップ(W杯)での出場を逃すことになるかもしれない。ペーター・シュテーガー監督は、選手の個人的な目標を優先することはできないと強調した。<br><br>ブラジル大会の決勝でアルゼンチン相手に決勝点を挙げたゲッツェは、そのゴールによりドイツの英雄に。それでも、そんな彼はその4年後の大会ではドイツ代表メンバー入りも果たせない可能性が高まっている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は先月の国際親善試合に向けて、選外の選手について「クラブでのパフォーマンスを通じてアピールしなければならない」と話していた。だが、ここ数試合でゲッツェはそのために必要な出場機会すら確保できていない状況が続いている。<br><br>21日に行われるブンデスリーガ第31節でレヴァークーゼンとの上位対戦に臨むドルトムント。この試合に向けた会見で、シュテーガー監督はゲッツェについて問われると、次のように返答した。<br><br>「クラブにとっても、ものすごく重要な試合となる。私はクラブ側の人間で、我々の目標は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得ることにある。しかし、それは必ずしも彼がプレーしないということを意味するわけではない」<br><br>「(ゲッツェが)準備できていて、パフォーマンスを出せれば、この話に関しては勝者しかいない。様子を見よう。それぞれの選手が個人的な目標を持ち、それが彼らのモチベーションの基盤になることは理解している。だが、我々にとって大事なのはCL出場権を手にすることだ」<br><br>ドイツ誌『キッカー』の予想では、FWミヒー・バチュアイの負傷離脱により、マルコ・ロイスが最前線に置かれる可能性が高いとのこと。そうすると、ゲッツェが2列目に入るかもしれないが、オーストリア人指揮官はここ2試合は数分間しかプレーしなかった同選手を先発起用するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表OB「メッシはバルサではなくW杯に集中すべき」

▽アルゼンチン代表OBのオスカル・ルジェリ氏が、バルセロナの同国代表FWリオネル・メッシに対して、代表戦にのみ集中すべきだと主張した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは今シーズン、チャンピオンズリーグでは準々決勝でローマと対戦して敗退に追い込まれたものの、コパ・デル・レイでは決勝に進出。また、リーガエスパニョーラでは無敗で首位に立ち、残り5試合となった第33節終了時点で勝ち点を「83」にまで伸ばし、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差を「12」までに広げている。 ▽そういった状況を踏まえつつ、代表OBのルジェリ氏は4月21日のコパ決勝セビージャ戦を除き、メッシがバルセロナで全力を出すべきではないと語った。 「メッシがこれ以上プレーしなかったとして、バルセロナはリーガエスパニョーラを逃すと思うかい? 」 「メッシならバルセロナの会長に電話をかけて、『次は僕のワールドカップだ。自分自身を代表チームに捧げることにする』と言うこともできるんじゃないかな」 「彼は代表監督にも電話をかけて、完全にワールドカップに集中すると伝えなければならない」 ▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏との比較で、ワールドカップ(W杯)での優勝が欠けている点を指摘されるメッシ。あらゆる栄光に彩られているアルゼンチンの救世主は、未だ手にしていない最大のトロフィーをロシアの地で掲げることができるのだろうか。 2018.04.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース