【質疑応答1】西野朗新監督、本大会に望むスタイルを明かす…技術委員長の立場から見たハリルジャパンの問題点にも言及2018.04.12 22:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は12日、日本代表の西野朗新監督の就任会見を行った。

▽JFAは、7日付けでヴァイッド・ハリルホジッチ監督との契約を解除したと9日に発表。後任に西野監督が就任することも発表されていた。

▽会見の冒頭で意気込みを語った西野新監督はメディア陣による質疑応答に応対。ロシア・ワールドカップ(W杯)まで残り少ない期間の中、前任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が求めた“デュエル“や“縦に速いサッカー”といったスタイルの中で必要な部分は引き継ぎつつも「構築してきた技術力を最大限に出したい」とコメントし、「最高の化学反応が起こるチーム・グループとして良いパフォーマンスが出る選手選考」に注力することを誓った。

◆西野朗監督(日本代表)
──前任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が掲げてきた「縦に速いサッカー」は引き継ぐのかについてと、メンバー選考について
「(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督のスタイルというのは、今まで日本のサッカーに足りなかった部分でもあると思います。1対1の強さを要求したり、縦に速いサッカーでの推進力を求めたりしてきました」

「これは今までのA代表だけではなく各カテゴリーが、世界に行き、次のステージに進めなかった原因でもある部分。それをW杯に参戦したハリルホジッチ監督は世界基準、言葉で言えばデュエルというシンプルなものですけど、実際の内容は非常に高度なもので、それを選手たちに強く要求していました。そのスタイルは間違いなく、現状の日本のサッカーにとって必要なことであると思います」

「そのためそういうことや縦への攻撃に関しても間違いなく必要です。ただ、そのタイミングや瞬間を質をあげた中で積み上げていくことや、1対1の場面でもそういうパワー的なところも要求したいですが、体格的な部分やフィジカル的な要素の中で戦えないところがあります。別の角度からそういうものに対応していきます。必要な部分に関しては、継続していきたいなと思います」

「ただ、やはり日本化したもの、日本のフットボールというものはあります。構築してきた技術力を最大限に出したいです。戦い方においてや規律や組織的なところで結束して戦っていく強さ、化学反応を起こした上で戦える強さ、そういうものをベースとした上でそういうことを構築していく必要があると思いいますし、自分自身も必要だと思っています」

「選手たちには結果を求めたいですけど、そういうプレーをまず素直に、所属クラブでプレーしている以上のことが出せる代表チームだと思っています。そういうものを選手にストレートでプレーできる状況を作っていきたいと考えています」

「チームやスタイル、編成については今日コーチングスタッフを承認して頂いたので、彼らとも協力してそういう編成を考えていきたいなと思います。選手の選考に関しても、非常に経験のある選手がこの最近のキャンプで招集されなかったり、試合への出場機会が少ないなどもありますけど、現状のコンディションをしっかりと把握しなくてはいけないと思います」

「ケガをしている選手が6週、8週試合に出ていない状況が海外組の中にはあります。確かに経験・実力・実績がある選手たちですけど、実際に監督もその基準はしっかりと持っていて、現状のコンディションを非常に気にされてた方です。これからの選考に関しても、ここ1カ月足らずでのコンディションや状況というものを正確に見極めた上で、最高の化学反応が起こるチーム・グループとして良いパフォーマンスが出る選手選考を総力を挙げてやっていきたいです」

──先日、田嶋幸三会長は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任理由の一つに「コミュニケーションと選手・監督間の信頼関係」を挙げていました。技術委員長という一番近い立場として何が問題だったか
「監督はチームに対して、世界基準、ワールドカップで戦うにはこういうプレーをしなくてはいけない、戦い方をしなくてはいけないと要求していました。それはもちろん当然なことですし、それに対する戦術的なところで選手一人一人の役割等も厳しく要求していました。当然なことです。それが全体として形になっていくことが、チーム力を向上させていくために間違いなく必要なことです」

「それに選手たちが要求に応えようとプレーをする。ただ、監督は非常にそれを高い基準で選手たちに求めていたなというのは感じました。それはよくあることですし、監督の意図と選手たちのやらなくてはいけない気持ちと、やりたいプレーにギャップを感じましたし、そこを合わせていかないとチームとして成り立たないという部分があります」

「自分自身は選手たちの気持ちや心理的なところは、監督に伝えて日本人選手たちのDNA部分でやれることはもっとあるし、違う角度からというのも間に入りながらやってきましたが、そこのギャップでコミュニケーションが足りなかったという訳ではなく、成果が出ず、ギャップも埋められない、選手たちが追いつこうとしても要求に応えられないという部分を感じました」

「選手たちにそういうことに向かっていくだけの力はあると思っていました。それに対して監督も、もっと高い要求があったのかもしれません。常にチームとしてバランスよく機能していたかというと、その部分でわずかな差があったのではないかと思います」

──チーム作りの期間が2カ月しかないが、何が一番大事になってくるか
「結果は彼らのパフォーマンスがそのまま出る、素直に出ることがあれば間違いなく良い形で、日本のチームは融合・結束してプラスアルファの力が出てくると思います。とにかく結果を求めたいです。これはワールドカップですから、少なくとも予選(グループリーグ)を突破してくだけの力を見せたいと思います」

「ただ、そこを求めるよりもまず今は選手たちの持っているプレー・パフォーマンスというものを確実に出してもらう、出させたいという気持ちです。そういうスピリットのある選手たちを招集して、形成していきたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

【超WSTV】今夜21時から豪華ゲストを招いて『ロシアW杯総括番組』をライブ配信!

▽『超ワールドサッカーTV』では、19日(木)21時から「超WSTV討論会」として、ロシア・ワールドカップを振り返る番組をライブ配信する。 ▽フランス代表の20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップ。日本代表のベスト16進出や、ドイツ代表のグループステージ敗退といった、様々なサプライズが起きた大会でもあった。 ▽今回は、ワールドカップ期間中に『超ワールドサッカーTV』の裏実況にご出演いただいたゲストの方を迎え、ワールドカップを振り返ると共に、4年後の日本代表についても語っていきたいと思います!なんと、4年後のスタメン予想までしちゃいますよ! ▽是非、『超ワールドサッカーTV』のライブ配信をお楽しみください!! 【出演者】 安永聡太郎さん ベン・メイブリーさん 野村明弘さん 磯佳奈江さん(NMB48) MC(超ワールドサッカー編集部・菅野剛史) 【配信先】 ・Youtube『超ワールドサッカーTV』 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/hZ90WJvbuFE?controls=0&amp;ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> ・Twitter『超ワールドサッカー』 https://twitter.com/ultrasoccer 2018.07.19 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシだろうと関係ない! ポグバの演説が同僚のハートを鷲掴み

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバのチームメートに対する演説が話題に挙がっている。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ポグバを擁するフランス代表は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でクロアチア代表を4-2で撃破。グループステージから無敗を続け、90分で勝負をつける強さも安定して見せ、1998年大会以来20年ぶり2度目の優勝を果たした。 ▽ポグバ個人を見ても、1得点を記録するなど持ち前のダイナモぶりが随所で光った今大会。だが、ピッチ外でも抜群の存在感を解き放っていたことが明らかになった。 ▽フランス『TF1』のドキュメンタリー番組は、ラウンド16のアルゼンチン代表戦(4-3でフランス代表が勝利)前のロッカールームでポグバが行ったスピーチを次のように伝えた。 「家に帰るつもりなんてない! 幸せに終わろう! 僕は今夜、パーティーがしたい。みんなとピッチで死にたい! 男、戦士、兵士を求む」 「今日、僕らが彼らをやっつける。相手が(リオネル・)メッシだろうが、そうじゃなかろうが、関係ない! W杯を獲りに行く!」 2018.07.18 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

クロアチア指揮官、母国愛をアピール「ブラジルやバルサだって指揮できるが…」

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、常に好きなところで指揮を執り続けるとスピーチで明かしている。<br><br>クロアチアはロシア・ワールドカップで史上初の決勝へと進出。決勝では惜しくもフランスに敗れ、初優勝を逃したが、小国の躍進にクロアチアのサポーターも沸き、英雄たちの帰還に熱狂した。パレードではクロアチア国民の7分の1が訪れたとも伝えられ、その中でダリッチは以下のようなスピーチをしている。<br><br>「私はブラジルやバルセロナだって指揮できるが、クロアチアを率いるということは常にとても好きな仕事なんだ。我々はトロフィーを取らなければならなかったし、まだ深い悲しみがある。しかし、W杯が始まる前に、誰かが決勝に行けるオファーを私に来れたとしたら、それを迷わず取っただろう」<br><br>優勝する必要があったとしながら、決勝進出という偉業にも一定の満足感を示したダリッチ。今後の去就についてはいまだ明かしていないが、引き続きクロアチアを率いる可能性は高いと言えそうだ。<br><br>なお、ダリッチ監督はW杯欧州予選最終節を前に就任。それから本大会出場に導き、準優勝という快挙を成し遂げている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.18 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA公式がロシアW杯ベストイレブンを発表! ヤングやパウリーニョら“クセがすごい”選出も…

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のチーム・オブ・ザ・トーナメント(ベストイレブン)を発表した。 ▽6月14日から7月15日までの約1カ月間に渡って開催されていたロシア・ワールドカップ(W杯)は、フランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。大会を通じて多くの選手が輝いた中、FIFAは今大会のベストイレブンを選出した。 ▽[4-2-3-1]の布陣が採用された中、GKにはフランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスがベルギー代表GKティボー・クルトワ、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォードらを抑えて選出された。 ▽最終ラインでは今大会最多のチャンスクリエイトを見せたイングランド代表DFキーラン・トリッピアー、決勝に進出したフランスとクロアチアのディフェンスリーダーのDFラファエル・ヴァラン、DFデヤン・ロブレンが選出。さらに、サプライズとなったのがイングランド代表MFアシュリー・ヤングが左サイドバックで選出されたことだった。 ▽中盤では2セントラルハーフに大会MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチとブラジル代表MFパウリーニョ、2列目は右からベルギー歴代最高位の立役者のMFエデン・アザール、フランスのエースFWアントワーヌ・グリーズマン、ブラジル代表のエースFWネイマールが選出された。 ▽そして、1トップには今大会最優秀若手選手に選出されたフランス代表FWキリアン・ムバッペが選出された。 ▽通常、こういったベストイレブンなどの各賞の選出には多くの異論が出るものだが、今回に関してはロリス、パウリーニョ、ネイマール、ヤングの選出に批判が集まっている。大会最優秀GKのクルトワを抑えての選出となったロリスに関しては決勝戦の信じがたいミスがなければ、優勝チームのキャプテンという事情もあり選出に異論が出ることはなかったかもしれない。 ▽その一方で、フランス代表MFエンゴロ・カンテや同MFポール・ポグバ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ、同FWイバン・ペリシッチ、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネを抑えてパウリーニョ、ネイマールが選出されたのも解せないところだ。 ▽それ以上にサプライズとなったのは今大会を通じてセットプレーのキッカーとしてまずまずの存在感を見せたものの、流れの中ではさほど目立たなかったヤングの選出だ。左サイドバックに関してはフランスの優勝に貢献したDFリュカ・エルナンデスやブラジル代表DFマルセロらもいただけに、“クセがすごい”選出と言わざるを得ないだろう。 ◆FIFA公式ロシアW杯ベストイレブン GK ウーゴ・ロリス(フランス) DF キーラン・トリッピアー(イングランド) ラファエル・ヴァラン(フランス) デヤン・ロブレン(クロアチア) アシュリー・ヤング(イングランド) MF エデン・アザール(ベルギー) パウリーニョ(ブラジル) アントワーヌ・グリーズマン(フランス) ルカ・モドリッチ(クロアチア) ネイマール(ブラジル) FW キリアン・ムバッペ(フランス) 2018.07.18 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス代表は多国籍チームにあらず! メンディがSNSで絶妙な反応

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で20年ぶり2度目の優勝を果たしたフランス。移民大国として知られる同国には様々なルーツを持つ選手がおり、今大会でもアフリカやフランス以外のヨーロッパの国々にルーツを持つ選手が目立った。 ▽そのフランスの今大会の面々に関して、スポーツファンを主役にしたプラットフォーム『sporf』が各選手のルーツを明示し、その選手たちの融合が優勝に繋がった称賛する内容の趣旨の投稿を『ツイッター@Sporf』で行った。 ▽だが、この投稿に対してメンディがダイレクトメッセージを使って絶妙な反応を見せた。 ▽『sporf』の投稿では純粋なフランス人であるGKアルフォンス・アレオラ、DFラファエル・ヴァラン、DFバンジャマン・パヴァール、FWフロリアン・トヴァンの4選手を除く19人の優勝メンバーのルーツを紹介すると共に、「フランスのためにすべてがひとつに」とチームの一体感を称賛した。 ▽しかし、メンディはこの投稿に対して、各選手のルーツを表す各国の国旗をすべてフランスの国旗に変更し、「修正しておいたよ」とコメント。前述の選手のルーツは関係なく全員がフランス人としてフランス代表のために戦ったとの主張を見せた。 ▽なお、参考までにフランス代表のロシアW杯優勝メンバー19人のルーツを以下に紹介する。 ◆国外にルーツを持つロシアW杯フランス代表19人 ポール・ポグバ(ギニア) コランタン・トリッソ(トーゴ) バンジャマン・メンディ(コートジボワール) サミュエル・ユムティティ(カメルーン) アディル・ラミ(モロッコ) ナビル・フェキル(アルジェリア) キリアン・ムバッペ(アルジェリア) エンゴロ・カンテ(セネガル) ジブリル・シディベ(セネガル) トマ・レマル(ナイジェリア) ウスマーヌ・デンベレ(セネガル) プレスネル・キンペンベ(DRコンゴ) ステファン・エンゾンジ(DRコンゴ) ブレーズ・マテュイディ(DRコンゴ) スティーブ・マンダンダ(DRコンゴ) ウーゴ・ロリス(スペイン) リュカ・エルナンデス(スペイン) アントワーヌ・グリーズマン(ドイツ) オリヴィエ・ジルー(イタリア) 2018.07.18 13:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース