リーグ8連覇を逃したオリンピアコス、新監督にペドロ・マルティンス氏を招へい2018.04.11 14:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オリンピアコスは9日、ペドロ・マルティンス氏(47)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年までとなる。

▽2017年9月に就任し、クラブを7連覇に導いたタキス・レモニス監督の下で今シーズンに臨んだオリンピアコスだったが、開幕から不安定な戦いが続くと、今年1月に同監督を解任。その後任として、昨季途中までサンテチェンヌを率いていたオリカル・ガルシア監督を招へいするも、上位陣との勝ち点差を縮めることができず、同監督は3日に辞任を発表。

▽現在リーグ戦で3位ながらも、リーグ8連覇達成の夢がほぼ不可能となったオリンピアコスは、今季3人目の指揮官として、今年2月までポルトガルのヴィトーリアを指揮していたペドロ・マルティンス氏を招へいすることになった。

▽現役時代ポルトガル代表にも選出されたペドロ・マルティンス氏は、2004年に現役引退。その後は、マリティモやリオ・アヴェなど母国ポルトガルのクラブを中心に監督を歴任。2016年5月に就任したヴィトーリアでは、昨シーズンクラブをヨーロッパリーグ出場圏内の4位に導いた。

コメント

関連ニュース

thumb

オサスナがバレンシア期待の若手DFナチョ・ビダルをフリーで獲得

▽オサスナは13日、バレンシアからDFナチョ・ビダル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェックご正式契約を結ぶ。 ▽N・ビダルは、バレンシアの下部組織出身で、2017年7月にトップチームへと昇格。リーガエスパニョーラでデビューを果たすも、7試合の出場に終わり、1ゴールを記録。コパ・デル・レイで2試合に出場していた。 ▽なお、移籍金はかからず、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。また、バレンシアがN・ビダルに対する将来の経済的便益の50%を持つこととなる。なお、契約解除条項として3000万ユーロ(約39億4500万円)が設定されている。 2018.07.14 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オサスナにキャリアを捧げるDFフラーニョが1年間の契約延長

▽オサスナは7日、キャプテンであるDFミゲル・フラーニョ(33)との契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。 ▽フラーニョは、オサスナの下部組織出身で、2004年7月にトップチームへと昇格。その後はプロキャリアの全てをオサスナのために捧げ、15シーズン目を迎えることとなる。 ▽リーガエスパニョーラでは238試合に出場し10ゴール2アシスト、2部では71試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽オサスナは2017-18シーズンのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で8位に終わり、1部昇格を逃していた。 2018.07.08 12:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ノリート、マンチェスター・Cからのセビージャ移籍に「ステップダウンじゃない」

セビージャFWノリートは、今夏の移籍が自身のキャリアにおいて「ステップダウン」になったとの見方を否定している。<br><br>ノリートはこの夏マンチェスター・シティから移籍金900万ユーロ(約11億円)でセビージャに移籍。昨年夏にセルタから移籍金1800万ユーロ(約22億円)でシティに移籍したノリートだったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で満足行く出場機会を得られなかった。<br><br>ノリートは「キャリアにおいて、ステップダウンしたとは思わないよ。セビージャに移籍したなら、なおさらね。セビージャはスペインとヨーロッパで有数のクラブだ。ほとんどいつもリーガエスパニョーラで4位以内に入っている」と今回の移籍を語り、次のように続けた。<br><br>「僕はスペインに戻ることを望んでいた。だから、この決断に満足しているよ。後悔することは絶対にないね」<br><br>「セビージャも、僕も、素晴らしい一年が送れたらいいね。たくさん試合に出れるように願っている」<br><br>またノリートは、セビージャ復帰がうわさされるMFヘスス・ナバスにも触れている。<br><br>「ナバスとセビージャで一緒にプレーしたいと思っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.27 23:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ムアントンの元U-21スペイン代表FWシスコがオサスナに完全移籍

▽リーガエスパニョーラ2部のオサスナは21日、タイのムアントン・ユナイテッドから元U-21スペイン代表FWシスコ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。シスコはフリートランスファーでの加入となり、2年契約を締結した。 ▽シスコはデポルティボ・ラ・コルーニャの下部組織出身で、2004年7月にトップチームへと昇格。2008年9月にニューカッスルへと完全移籍すると、ラシン・サンタンデールやデポルティボへのレンタル移籍を経験。2013年1月にコルドバへと完全移籍した。その後もマジョルカへのレンタル移籍を経験すると2016年7月にムアントンへと完全移籍していた。 ▽ムアントンではタイ・プレミアリーグで8試合に出場し5ゴール、AFCチャンピオンズリーグでは5試合に出場し2ゴールを記録。今夏にはJリーグ入りの可能性も報じられたが、母国へと戻ることとなった。 2017.07.22 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

トリノ、ナポリ関心のスペイン人MFベレンゲルを獲得!

▽オサスナは17日、スペイン人MFアレハンドロ・ベレンゲル(21)がトリノに完全移籍することを発表した。 ▽オサスナの発表によると、トリノはベレンゲルの移籍金として550万ユーロ(約7億円)を支払い、パフォーマンスによって追加で100万ユーロ(約1億3000万円)のボーナスを支払う。 ▽オサスナの下部組織出身のベレンゲルは、右利きのウイングプレーヤー。今季はリーグ戦19位で降格を強いられたチームの中で、リーグ戦29試合に出場し、1ゴール7アシストと孤軍奮闘の活躍を見せていた。今夏の移籍市場ではナポリとの個人間合意が報じられていたが、新天地は同じイタリアのトリノとなった。 2017.07.17 18:54 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース