カイトがフェイエノールトのU-19監督に就任2018.04.10 00:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フェイエノールトは9日、昨季限りで現役を引退していた元オランダ代表FWディルク・カイト(37)が、新シーズンからU-19の監督に就任することを発表した。

▽現役時代にユトレヒトやフェイエノールト、リバプールにフェネルバフチェで公式戦通算632試合に出場して233ゴールをマークし、オランダ代表として104試合に出場して24ゴールを決めたストライカーのカイトは、昨季をもってフェイエノールトで現役を引退していた。

▽現在、UEFA(欧州サッカー連盟)の監督ライセンスを取得中のカイトは公式サイトで次のようにコメントしている。

「本当に楽しみにしている。新たなキャリアの一歩を踏み出すね。フェイエノールトでは現役最後の2年間を過ごした。その時と同じように若い選手たちに自分の経験を伝えたい。フェイエノールトのトップチームに選手を送れるよう、選手たちの成長を促すのが私の目標となる。素晴らしい挑戦だね」
コメント
関連ニュース
thumb

フェイエノールト、来季新指揮官に現ズウォレ指揮官のスタム氏が内定! 元同僚ジオからバトンタッチ

フェイエノールトは6日、現在ズウォレを率いている元オランダ代表DFのヤープ・スタム監督(46)を来季からの新指揮官に迎えることが内定したことを発表した。契約期間は2019年7月1日からの2年間となる。 フェイエノールトでは今年1月末に、ここまで3年半に渡ってチームを指揮して2016-17シーズンには18年ぶりのエールディビジ優勝に導いたジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督(43)の今季限りでの退任を発表していた。 そして、その後任に任命されたのは、現役時代にオランダ代表でファン・ブロンクホルスト監督と共に最終ラインでコンビを組んだスタム監督。 スタム監督は今回の発表に際して、フェイエノールト公式サイトを通じて新天地に向かうことを許可したズウォレへの感謝を示すと共に来季からの新たな挑戦に意欲を示している。 「今はPECズウォレで本当に楽しんでいるが、すべての野心的な指導者にとってフェイエノールトのようなクラブで働くチャンスがあるとわかれば、それを真剣に考えるはずだ」 「フェイエノールトで実現可能なこと、不可能なことについてなど非常にオープンな話し合いをマルティン・ファン・ヘール(テクニカル・ディレクター)とすることができた。そして、すぐにこのチャンスに飛びつくという考えに至った」 「私の野心を理解してフェイエノールト行きを許可してくれたズウォレに心から感謝したい」 現役時代、ズウォレでキャリアをスタートさせたスタム監督は、PSVやマンチェスター・ユナイテッド、ラツィオ、ミランといったビッグクラブで活躍。現役引退後は古巣のアヤックス下部組織で指導者としてのキャリアをスタートし、2016年6月からはチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングで監督業初挑戦。 そして、昨年12月末には古巣ズウォレに1年半の契約で招へいされていた。 2019.03.06 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

フェイエノールト、ファン・ブロンクホルスト監督の今季限りでの退任を発表! 一昨季に18年ぶりのリーグタイトルに導く

フェイエノールトは24日、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督(43)が今シーズン限りで退任することを発表した。 2015年5月以降、3年半に渡って愛するクラブを指揮してきたファン・ブロンクホルスト監督だが、今シーズン限りで満了する契約を更新することなくチームを離れることになった。 フェイエノールトでテクニカル・ディレクターを務めるマルティン・ファン・ヘール氏はファン・ブロンクホルスト監督の今季限りでの退任の経緯を以下のように説明している。 「ジオはここで素晴らしい仕事をしてきた。それは今も同様だ」 「我々は来月には喜んで契約延長に向けた交渉の席に着くつもりだった。しかし、ジオはとても感情的な人間なんだ。そして、彼が今シーズン終了後に別のアイデアを望んでいるならば、我々は彼の考えを尊重しなければならない」 フェイエノールトでプロキャリアをスタートしたファン・ブロンクホルスト監督は、アーセナルやバルセロナを経て、2007年に復帰した古巣で2010年に現役引退。その翌年から2015年までトップチームのアシスタントコーチに就任した同監督は、2015年終盤に新監督に就任した。 監督としては就任実質1年目となった2015-16シーズンにKNVBカップ制覇を果たすと、翌2016-17シーズンには元オランダ代表FWディルク・カイトらの活躍によって1998-99シーズン以来、18年ぶり15度目の優勝を成し遂げた。昨季はリーグ戦4位で連覇を逃したものの、再びKNVBカップで優勝を果たしていた。 2019.01.24 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトの17歳逸材MFにロンドン勢が関心!

▽フェイエノールトに所属するU-19オランダ代表MFオルクン・コクチュ(17)にロンドン勢が強い関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽トルコ人の両親の下、オランダのハールレムで生まれ育ったコクチュはフローニンヘンの下部組織から2014年にオランダ屈指の名門フェイエノールトのアカデミーに加入。攻撃的MF、セントラルMFを主戦場にテクニック、戦術眼、運動量、決定力を併せ持つ万能型MFはオランダのユース年代で最も才能に優れた逸材と評されている。 ▽2017年3月にフェイエノールトとプロ契約を結ぶと、昨季はフェイエノールトのU-19チームで17ゴール34アシストという圧巻のスタッツを残した。この活躍が認められ、今年9月に行われたKNVBベーカーのVVへメルト戦でトップチームデビューを飾ると、その試合でいきなりデビューゴールまで奪って見せた。さらにオランダ代表ではU-17チームから主力を担っている。 ▽『デイリー・メール』が伝えるところによれば、その逸材MFに関してチェルシー、アーセナル、トッテナムのロンドンの強豪3チームが強い関心を示しており、以前から関心が伝えられたパリ・サンジェルマンと共に熾烈な争奪戦を繰り広げる構えだ。 ▽なお、今月29日に18歳の誕生日を迎えるコクチュは今冬の段階で国外への移籍が可能となる。 2018.12.05 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安律、3試合連続ゴールならず…チームも連勝ストップ《エールディビジ》

日本代表MF堂安律が所属するフローニンヘンは25日、エールディビジ第13節でフェイエノールトとのアウェイ戦に臨んだ。<br><br>16位のフローニンヘンと、3位につける強豪のフェイエノールトが激突。2試合連続ゴールでチームを連勝に導いている堂安は、開幕からの全試合スタメンを継続した。<br><br>試合は早々の7分、後方からのロングボールで最終ラインを破ったトールンストラが見事なシュートを決めて、フェイエノールトが先制。守る時間が長くなるフローニンヘンだが、25分には堂安が決定機を迎える。ボックス右で味方のパスを受けた堂安が鋭いドリブルでDFのマークをはずし、ゴールエリア右付近でシュート。しかし、DFのマークに遭いながら持ち込んだこのシュートは右ポストに直撃した。その後、両GKの好守もあった前半は、1-0のまま終了する。<br><br>迎えた後半も前半と同様にフェイエノールトが主導権を握る。68分にはベルハースが強烈なミドルシュートを飛ばすも、ここはフローニンヘンGKパットがファインセーブでゴールを許さない。さらに80分にはフェイエノールトのヴィレナがバー直撃のロングシュートを放って追加点に迫る。一方、フローニンヘンの堂安は、右ウイングから中央寄りにポジションを移すが、劣勢の中でなかなか良い形で仕掛けることができない。<br><br>結局、フローニンヘンは追いつくことができないまま試合終了。連勝が2試合でストップする敗戦を喫している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.26 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「堂安律は小野伸二の域に近づいている」現地識者が堂安の躍進ぶりに言及

オランダでスポーツマーケティングの会社を運営しているエドワード・リッカート・デ・コエ氏が、堂安律についてかつての小野伸二を想起するほどの影響力があると述べている。オランダ『De Telegraaf』が伝えた。<br><br>次節、フローニンヘンは25日アウェーのフェイエノールト戦に挑む。同氏はかつてフェイエノールトに在籍した小野の名前を挙げ「堂安は彼の母国(日本)で、すでにスターとなっている。期待通りの成長を見せているし、その影響力も小野伸二の域に近づいていると思う。そのキャリアは輝かしいものになるだろう」と発言。<br><br>「小野がワールドカップに出場する時、フェイエノールトはメディア露出の機会がとても多かった。ここ数カ月の間、堂安についても日本のメディアから取り上げられる機会が多くなっているよ。(12月2日に行われる次のホーム戦)フローニンヘンvsNACの一戦では140~200人のジャーナリストが取材に訪れるんじゃないかな」<br><br>小野伸二は01-02シーズンから5年間にわたりフェイエノールトでプレーし、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝に貢献するなど、オランダでセンセーショナルを巻き起こした。<br><br>2017年夏フローニンヘンに加入し、1年目からリーグ戦29試合9得点を記録した堂安。2年目の今季も第12節終了時点で12試合3得点をマークしており、早くもビッグクラブへステップアップのうわさが報じられるなど、移籍市場でも注目銘柄となりつつある。<br><br>現地の識者から見ても、オランダにおける堂安の存在感は、かつての小野伸二を想起させるほど大きなものとなっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.23 07:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース