オランダで急成長中のフローニンヘン堂安律、3月のエールディビジ・ベストイレブンに選出!2018.04.06 09:44 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フローニンヘンに所属する堂安律が、3月のエールディビジ・ベストイレブンに選出された。リーグ公式が伝えている。

▽堂安は3月5日に行われたエールディビジ第26節のトゥベンテ戦(1-1の引き分け)で1ゴール。同月18日に行われた第28節のAZ戦(2-3で敗戦)で1ゴール1アシストの活躍を見せていた。

▽3月のエールディビジ・ベストイレブンは以下の通り。

GK
ブラム・カストロ(ヘラクレス・アルメロ)

DF
サンティアゴ・アリアス(PSVアイントホーフェン)
ダニエル・シュワーブ(PSVアイントホーフェン)
ヴァウト・ドロステ(ヘラクレス・アルメロ)
コスタス・ツィミカス(ヴィレムII)

MF
堂安律(フローニンヘン)
シモン・グスタフソン(ローダJC)
トニー・ヴィルエナ(フィエノールト)

FW
スティーブン・ベルフハイス(フェイエノールト)
フラン・ソル(ヴィレムII)
ユースティン・クライファート(アヤックス)
コメント
関連ニュース
thumb

“欧州若手10傑”堂安律、アヤックスが再接触! 蘭紙報道

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)にアヤックス移籍の可能性が浮上した。オランダ『Telegraaf』が報じた。 “若手版バロンドール”であるコパ・トロフィー候補10名に選出され、欧州でも有望株の1人として認知されつつある堂安。その堂安に対して、オランダの超名門が水面下で触手を伸ばしているという。 アヤックスは堂安をチャンピオンズリーグ(CL)の試合に招待。グループステージのバイエルン戦に続いて、13日に行われた決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリー戦でも招かれた模様だ。 その堂安はレアル・マドリー戦前のアヤックス選手たちが滞在するホテルで食事。ただ、メディアの目を気にしてか、一転してホテルで試合を観戦したという。 堂安は今シーズンのここまで公式戦20試合に出場して4得点2アシスト。以前からマンチェスター・シティの関心も取り沙汰されているが、果たして…。 2019.02.23 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「良いニュースが届けられるように」シティ経由蘭行きのDF板倉滉、川崎F新体制発表会でビデオメッセージ

川崎フロンターレは27日、2019シーズンの新体制発表会見を行った。 同会見の途中には、今月15日にマンチェスター・シティに完全移籍を果たし、フローニンヘンへのレンタル移籍が発表された川崎F下部組織出身のDF板倉滉から、ビデオメッセージが届いた。 ◆板倉滉(フローニンヘン) 「こんにちは。ご無沙汰してます。板倉滉です。すでに報道されていますが、マンチェスター・シティと契約し、フローニンヘンにレンタルという形でプレーすることになりました。本来であれば、皆さんの前で挨拶をしたかったのですが、それが叶わず、今回は新体制発表会ですが、このような機会を頂くことができました。フロンターレには小学校4年生の時に入って、本当に沢山のことを学ばせてもらいましたし、いろいろな方に支えられてきたなと思っています」 「海外からフロンターレサポーターの皆さんに、関わってくれた方々に良いニュースが届けられるように自分はこっちで頑張りたいと思っています」 「最後になりますが、今年からフロンターレ家族になる選手の皆さんにもたくさんの声援を送ってあげてください。僕にも声援を送ってください(笑) オランダにも遊びに来てください。ちょっと遠いですよね(笑)」 「また等々力にも遊びに行きます。ありがとうございました」 2019.01.27 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

「才能の宝庫オランダでバラ色の将来を期待される1人」伊メディアが堂安律に注目

オランダやベルギーで活躍するスター選手について、イタリアメディア『スカイスポーツ』傘下の『ウルティモ・ウオーモ』が24日、特集を組み、20歳の日本代表MF堂安律らを紹介した。<br><br>現在、アジアカップを舞台に活躍中の堂安だが、イタリアメディアの特集では、「注目すべきエールディヴィジおよびジュピラーリーグの才能15人」の1人に選出された。「長年にわたってヨーロッパの才能の宝庫とされるオランダとベルギー」は、「毎年のように新しい選手がヨーロッパ最高峰のリーグへと顔を出す準備をする」場所として知られる。「より競争力の高いリーグでプレーできるレベルに到達するまで、選手がそれぞれのペースで成長を続けることができる」だけに、「若手サッカー選手にとって理想的なリーグ」とされている。そこで活躍する選手のうち、最も有名なイルビング・ロサノ(PSV)、フレンキー・デ・ヨング(アヤックス)、マタイス・デ・リフト(アヤックス)の3人を除いた15人の逸材がリストアップされているが、フローニンゲンの堂安はトップの写真付きで紹介されている。<br><br>「オランダリーグにおいて最も輝かしいバラ色の将来を期待された選手の1人は、日本の尼崎出身だ。ドウアンは重心が低いこともあり、カウンターにおいてスピードを発揮する。また素早い判断力も彼の強みと言える。『Transfermarkt』において(フローニンゲン完全移籍時の)市場価値は250万ユーロ(約3.1億円)とされているが、現在はすでにその倍以上の価値がある。彼の評価額はさらに上昇していくだろう」<br><br>▶提供:goal.com 2019.01.25 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

板倉滉の電撃的なシティ経由蘭行き、実現の背景とは…

フローニンヘン上層部がU-22日本代表DF板倉滉(21)のマンチェスター・シティを経由した加入の舞台裏を明かした。オランダ『RTV Noord』が報じた。 川崎フロンターレの育成機関で育った板倉は2015年にトップチーム昇格。昨年、ベガルタ仙台にレンタル移籍した。そして、プレミアリーグ王者のシティが14日、完全移籍で獲得。その後、2020年夏までフローニンヘンにレンタル移籍することが決まった。 フローニンヘンのマネージング・ディレクターを務めるハンス・ナイラント氏は、電撃的な板倉加入の背景について次のようにコメント。やはりイングランドでプレーするのに必要な労働許可書の問題が要因だったという。 「(移籍の背景? )あるとき、マンチェスター・シティ側からアプローチを受けた。彼をここでプレーさせられるかどうかの問い合わせでね。理由は堂安(律)の存在だろう。シティも彼をどこかに行かせる必要があった。労働許可書がないからね」 また、フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は、板倉の起用プランについて言及。守備的MFとしての立ち回りを推測した。 「(板倉について?) 彼は仙台でセンターバックを主戦場にプレーしてきたが、我々は中盤センターの選手として考えている。彼は上背があるが、より多くのボールに絡むことを好む守備的MFだ。彼自身も中盤の選手だと思っている」 フローニンヘンは現在、板倉と各世代別代表でも同僚だった日本代表MF堂安律が在籍。今シーズンはエールディビジ前半戦終了時点で4勝3分け10敗の15位に低迷している。 2019.01.15 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表MF板倉滉がマンチェスター・シティに完全移籍! 堂安所属のフローニンヘンに即レンタル

フローニンヘンは14日、マンチェスター・シティからU-22日本代表MF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半となる。 なお、板倉は15日にオランダに到着し、メディカルチェックを受診した後、正式にフローニンヘンの一員となる。 現時点で川崎フロンターレとマンチェスター・シティの両クラブから公式なアナウンスはないが、同選手はシティに完全移籍で加入してもイギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決まったようだ。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられ、川崎は14日に2019シーズンの選手背番号を発表する際に板倉が国外移籍に向けて調整中であることを明かしていた。 なお、フローニンヘンでは日本代表の世代別チームで長らく共演してきた日本代表MF堂安律が在籍しており、新クラブへの適応に不安はないはずだ。 2019.01.15 06:53 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース