バルセロナ、カンテラの逸材FWとプロ契約へ! 過去にはアーセナル食指の噂も2018.03.31 21:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナと、カンテラ(下部組織)に所属するU-19スペイン代表FWアベル・ルイス(18)のプロ契約が迫っている。スペイン『スポルト』が報じた。

▽最前線の中央や左右のウィングでプレーするルイスは、バルセロナの下部組織でサッカーを始めて以来、順調に昇格。昨年7月には、17歳にしてセカンドチームであるバルセロナBにまで上り詰めた。

▽また、各年代のスペイン代表では傑出した得点力を披露。昨年11月に初招集を受けたU-19スペイン代表で5試合3ゴールを記録していることもさることながら、U-17スペイン代表時代には37試合27ゴールをマーク。自身の価値を証明していた。

▽伝えられるところによると、バルセロナはこの逸材とのプロ契約を速やかに完了させる意向とのことで、来週には契約が交わされる見込みだ。

▽過去には、アーセナルがルイス獲得を狙っているとの憶測が噴出。MFセスク・ファブレガスやDFエクトル・ベジェリンのケースのような、ユースからアーセナルへの流出を防ぐためにも、バルセロナとしては早急な確保が迫られる。

コメント

関連ニュース

thumb

開幕節からいきなりハット…バルベルデ、メッシに脱帽「ルーティンかのように驚異的なことを成し遂げる」

▽バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、ハットトリックを達成したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに脱帽している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎えた。この日先発したメッシは、31分にボックス手前からのFKを直接決めて先制点を奪う。75分にデンベレが追加点を奪って迎えたその2分後、今度はラキティッチの浮き球のパスをボックス中央やや右から左足で流し込んでこの日2点目。88分にもスアレスのスルーパスに抜け出したメッシがGKズートとの一対一を制し、ハットトリックでバルセロナの4-0での勝利に貢献した。 ▽試合後、ハットトリックを達成したメッシに対して、指揮官のバルベルデ監督が称賛。同選手の偉大さを改めて主張している。 「メッシはそれがルーティンであるかのように驚異的なことを成し遂げる。彼の代わりを見つけることは難しいね。チームにいてくれて安心するよ。彼と対峙することは悪夢のようなことだ」 「今日彼は3ゴールを挙げた。我々は特別な時代の中にいることに気づかなくてはならない」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、メッシのハット&デンベレ弾でオランダ王者PSVに4発快勝! 《CL》

▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎え、4-0で勝利した。 ▽リーガエスパニョーラ王者のバルセロナが、エールディビジ王者のPSVをホームに迎えた一戦。 ▽バルセロナは、2-1で勝利した先週末のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦からスタメンを2名変更。N・セメド、ラフィーニャに代えて、コウチーニョ、ブスケッツを起用した。また、PSVは7-0で大勝したエールディビジ第5節デンハーグ戦からスタメンを変更せず。イルビング・ロサーノら攻撃的な面子を並べ、ファン・ボメル新監督のCL初陣に臨んだ。 ▽試合は、序盤からバルセロナがボールを支配しつつ進行。PSVは中盤をコンパクトに保ち連動してプレスをかけていくが、なかなか奪うことができない。7分、バルセロナ陣内で得たFKの流れからボックス手前中央にボールがこぼれ、反応したG・ペレイロが左足を振り抜きこの試合のファーストシュートを放ったが、枠を捉えず。 ▽優位を保ちつつも低めのディフェンスラインを設定するPSVの守備に苦しむバルセロナは、デンベレの飛び出しをシンプル使う形やメッシ、コウチーニョらのコンビネーションで崩す形を織り交ぜつつ打開を図るが、決定的なシーンを作るには至らない。11分には、スアレスの左サイドからのクロスに飛び込んだコウチーニョがヘディングシュートを放ったが、枠を外れていく。 ▽逆に14分にはPSVのカウンターが発動し、ベルグヴィンのシュートが右ポストを掠めれば、17分にはボックス中央のルーク・デ・ヨングがクロスを収めてシュートを放つなど、度々バルセロナゴールが脅かされるシーンが訪れる。 ▽23分、PSV陣内中央でボールを持ったメッシが左サイドに展開し、左サイドのコウチーニョがクロスを供給。しかし、これに合わせたセルジ・ロベルトのヘディングシュートはGKズートにキャッチされ均衡を破ることはできず。ギアを上げたいバルセロナは鋭い縦パスからのリズムアップを幾度か試みるが、警戒するPSVにカットされカウンターを受ける場面が目立ち始める。 ▽それでも31分、一歩間違えば危うい展開となりかねない時間帯にスコアを動かしたのはやはりあの男。デンベレがボックス手前中央で絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足を一振り。ゴール右上隅を正確に射抜きリードを奪った。 ▽その後、バルセロナはあまりリスクをかけずに前半を進行。ジョルディ・アルバやラキティッチがやや遠めの位置からミドルシュートを放ちPSVをけん制しつつ、1-0のスコアで前半を終えた。 ▽後半に入ると、勝利を確実なものとしたいバルセロナがさらに攻勢を強めていく。58分、ボックス左でボールを持ったコウチーニョが細かいドリブルでタイミングをずらして右足でシュート。しかし、得意の角度からゴール右上隅を捉えたシュートはGKズートの好守に阻まれた。 ▽62分、1点を追うPSVも黙ってはいない。ボックス左のベルグヴィンが中央マイナス方向への折り返しを選択。すると、走り込んだアンジェリーノが左足で鋭いシュートを放ちバルセロナゴールを襲う。GKテア・シュテーゲンにセーブされたものの、惜しいシーンを生み出した。 ▽PSVが健闘を見せたのも束の間、75分にバルセロナが突き放す。PSV陣内中央付近左でボールを持ったデンベレがドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、右足を一閃。チームの2点目を記録した。 ▽さらに77分、スアレスの仕掛けからボックス手前中央にボールがこぼれると、ラキティッチがダイレクトでディフェンスライン裏に浮き球のパスを送る。抜け出したメッシが左足で難なく沈め、リードを3点に広げた。 ▽勢いに乗るバルセロナだが、81分にアクシデントが発生。ユムティティがロサーノを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場に。10人となったバルセロナは直後にコウチーニョに変えてラングレを起用し、逃げ切りを図った。 ▽PSVがやや前がかりになった試合終了間際の88分、スアレスとの好連係からボックス右に侵攻したメッシが右足でGKズートとの一対一を制したところで試合が終了。メッシはハットトリックを記録し、CL開幕節を彩った。 ▽勝利したバルセロナは10月3日のグループB第2節でトッテナムとのアウェイ戦に臨み、敗北したPSVはインテルをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 03:50 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA会長はリーガ米国開催に否定的見解「世界レベルで影響及ぼす」

▽国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が、ラ・リーガのアメリカ開催について否定的な見解を述べた。イギリス『BBC』が報じている。 ▽ラ・リーガは8月16日、多国籍メディアグループ『RELEVENT』と共にアメリカとカナダでのサッカーを推進する新組織「La Liga North America」立ち上げに伴い、アメリカでのリーガエスパニョーラ開催を計画していると発表していた。 ▽このことはスペイン国内外で大きな反響を呼び、未だ賛否が入り乱れている。否定的な立場に立っているのは、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や、スペインサッカー選手協会(AFE)の集会に出席したリーガエスパニョーラ各クラブの主将陣だ。 ▽一方で、アメリカ開催試合の対象とされているバルセロナとジローナの両会長は肯定的な意見を示しており、今月11日には試合開催承認を要求。また、スペインメディア界の重鎮であるジャウメ・ロウレス氏も、国外開催を支持していた。 ▽そういった中、FIFAのインファンティーに会長はラ・リーガの計画に待ったをかけている。 「アメリカでのラ・リーガでなく、MLSの大きな試合を観戦することが好ましいと私は考える」 「フットボールでは、一般的な原則としてホームマッチはホームで行われる。外国ではないんだ」 「遵守するルールや規制がある。こういった提案はそれぞれの協会や連盟によって承認されなくてはならない。そして、FIFAもこの問題に関して意見を述べるべきだ。これ以降、少なからず世界レベルでフットボールに影響を及ぼすだろう」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループB展望】今大会屈指の激戦区! 本命バルサにスパーズ&インテルが挑む

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。今大会屈指の激戦区の1つとなったグループBでは実績、タレントの質で勝るバルセロナが大本命だ。そして、残り1枠をトッテナムとインテルの強豪2チーム、オランダ王者のPSVの3チームで争うことになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:バルセロナ ○対抗:トッテナム △連下:インテル ☆大穴:PSV <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆難敵揃いも大本命~バルセロナ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トッテナム、インテルと同居する難しいグループに入ったバルセロナだが、グループ首位通過の大本命だ。今夏、レジェンドMFイニエスタや主力MFパウリーニョがチームを去ったものの、若くて活きがいいMFアルトゥールとFWマウコムのブラジル人コンビ、闘犬MFビダル、DFラングレと4人の頼れる新戦力を加えたチームはサイドバックの選手層とFWスアレスのバックアッパーに問題を抱えているものの、リーガとCLの2冠を十分に狙える陣容を手にした。 ▽連覇を目指すリーグ戦では苦戦した試合もあったものの唯一の開幕4連勝を飾るなど最高のスタートを切っている。代表活動辞退のエースFWメッシや代表引退のDFピケらのコンディションの良好さに加え、加入2年目のMFデンベレやMFコウチーニョらも存在感を示しており、昨季以上のパフォーマンスが期待できるところだ。また、首位通過を争うインテルとトッテナムは序盤戦で出遅れており、調子が整う後半戦を前にきっちり叩いて早い段階での突破を決めたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆ターンオーバー&システム使い分けがカギ~トッテナム~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナの対抗は現インテルに比べてヨーロッパの舞台での経験に勝るトッテナムだ。今夏は市場の人気株だった主力の残留に成功した一方、プレミアリーグ史上初の新戦力補強ゼロに終わったポチェッティーノ監督率いるチーム。それでも、加入2年目のFWルーカス・モウラや昨季ほとんどを欠場したMFラメラやMFウィンクスが“新戦力”として活躍する雰囲気を見せている。 ▽国内リーグでは敵地でマンチェスター・ユナイテッドを破るなど開幕3連勝を飾るも、直近2試合ではワトフォード、リバプール相手に連敗。また、代表戦の影響で消耗が色濃いエースFWケイン、FWソン・フンミンら一部主力のコンディションも気がかりだ。さらに守護神ロリスとMFデレ・アリが負傷によってグループ序盤戦2試合ほどの欠場が見込まれており、懸念材料は多い。この序盤戦に関しては過密日程を戦うためのターンオーバーや昨季グループステージで王者レアル・マドリー相手に見せたようなシステムの使い分けなど、前エスパニョール指揮官の采配力が試されることになる。 <span style="font-weight:700;">◆開幕不振に経験不足が懸念材料~インテル~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽7年ぶりのCL復帰となるインテルは3番手の評価だ。昨季、ラツィオとの最終戦を制して痺れる形でCL復帰を果たしたインテルは今夏、昨季主力を担ったDFカンセロとMFラフィーニャの買い取りを断念したものの、DFヴルサリコ、DFデ・フライ、MFアサモア、MFナインゴラン、FWケイタら実力者を獲得しCL仕様のスカッドを作り上げてきた。 ▽しかし、国内リーグではサッスオーロとの開幕戦でいきなり躓くと、直近のパルマ戦でもジュゼッペ・メアッツァで今季初黒星を喫するなど、1勝2敗1分けの低調なスタートを切ることになった。ここまで[3-4-2-1]、[4-2-3-1]の布陣を併用しているがいずれも機能しているとは言い難い。切り札のナインゴランやエースFWイカルディらのコンディションを急ピッチで上げていくと共に、早い段階でメンバーとシステムを固定したい。また、ナインゴランやMFペリシッチ、アサモア、DFミランダらを除いてCLの舞台での経験の少なさも懸念材料のひとつだ。 <span style="font-weight:700;">◆ファン・ボメル新監督の下リーグ戦の勢いを持ち込めるか~PSV~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_31_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりにCL参戦のPSVは監督初挑戦のファン・ボメル新監督の下でグループステージ突破を目指す。フェネルバフチェに旅立ったコクー前監督からチームを引き継ぐことになったファン・ボメル監督は、義理の父であるファン・マルバイク氏の下でサウジアラビア代表やオーストラリア代表のアシスタントコーチを務めた経験はあるものの、ユースカテゴリー以外での監督経験はない。しかし、現役時代にバイエルンやミラン、バルセロナで輝かしい活躍を見せてきた百戦錬磨の男は国内リーグで開幕5連勝に導くなど早くもその手腕を発揮している。 ▽戦力値では大きく劣るもののFWロサーノやMFペレイロら能力の高い若手の力を引き出して古巣バルセロナやミラン時代のライバル、インテルらを相手に勇敢な戦いを期待したいところだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、己を貫く 「イニエスタは天才。比較は無理」

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの後継としての見方を嫌った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽コウチーニョは今年1月、リバプールからバルセロナに加入。今夏にヴィッセル神戸に旅立ったイニエスタとも半年間ほど共演を果たした。そして、迎えた今シーズン、コウチーニョに対してはそのイニエスタに代わるプレーメーカーとしての活躍に期待が集まっている。 ▽しかし、コウチーニョはそうした周囲の期待に嫌悪感を示した。バルセロナ加入後初となるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のPSV戦に先立ち、出席した前日会見で次のようにコメントした。 「アンドレスは天才だ。比較は難しいよ。僕は自分のプレーに徹してできる限り多くの勝利に貢献したい」 「懸命に練習を積んでいて、試合でも全力を尽くそうと心がけている。僕の目標はあらゆる面で成長することだ」 「もし僕がアンドレス・イニエスタのような選手になることを目指しているのであれば、もっと改善していかなくちゃね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 14:45 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース