80年ぶりにイギリス出身レフェリー不在のワールドカップに2018.03.30 01:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA(国際サッカー連盟)は29日、ロシア・ワールドカップで主審を務める36名と、副審を務める63名を発表した。しかし、その中にイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド出身の審判は含まれていなかった。これは1938年大会以来80年ぶりのことになるという。イギリス『BBC』が報じている。

▽ユーロ2016決勝で主審を務めるなど、実績十分のマーク・クラッテンバーグ氏に関しては、最終選考まで残っていたものの、2017年2月からサウジアラビアに仕事の場を移したことを受け、リストから除外されていた。

▽なお、前回と前々回のワールドカップではハワード・ウェブ氏がイングランドから選出されていた。

コメント

関連ニュース

thumb

得点王は6ゴールを挙げたイングランドのケイン《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の全日程が15日に終了し、フランス代表が5大会ぶり2度目の優勝を飾った。大会得点王に輝いたのは6ゴールを挙げたイングランド代表FWハリー・ケインとなった。 ▽ケインは今大会6試合に先発。グループステージ第1節のチュニジア戦で2ゴールを挙げると、続く第2節のパナマ戦でハットトリックを達成。そして決勝トーナメント1回戦のコロンビア戦でPK弾を決めて計6ゴールを挙げ、イングランドの7大会ぶりとなるベスト4進出に貢献した。 ▽なお、イングランド人の得点王は1986年大会のギャリー・リネカー氏以来2人目となる。 【6ゴール】 ケイン(イングランド) 【4ゴール】 ムバッペ(フランス) グリーズマン(フランス) チェリシェフ(ロシア) C・ロナウド(ポルトガル) ルカク(ベルギー) 【3ゴール】 ジューバ(ロシア) カバーニ(ウルグアイ) ジエゴ・コスタ(スペイン) アザール(ベルギー) ミナ(コロンビア) 2018.07.16 02:47 Mon
twitterfacebook
thumb

文句なしでイングランドのベストプレーヤー! トリッピアーが今大会出場選手最多の決定機演出

▽イングランド代表は14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦でベルギー代表に0-2で敗れ、今大会を4位でフィニッシュした。下馬評はそこまで高くなかったイングランドの健闘の中でトッテナムDFキーラン・トリッピアーの貢献度は非常に高かった。 ▽今大会右ウイングバックのレギュラーとしてプレーしたトリッピアーは、グループリーグ最終節のベルギー戦を除く6試合に出場。豊富な運動量と安定した守備に加え、ビルドアップの局面では正確なパスを散らした。さらに、チュニジア代表との開幕戦では先制点をアシストし、準決勝のクロアチア代表戦では見事な直接FKで今大会初ゴールを記録した。 ▽さらにイギリス『BBC』のサッカー番組『Match of the Day』の伝えるところによれば、トリッピアーは今大会を通じて24回の決定機を演出しており、これは今大会出場選手中最多の記録となったという。 ▽今回のW杯では得点ランキングトップの6ゴールを記録したエースでキャプテンのトッテナムFWハリー・ケイン、再三の好守を連発した若き守護神のエバートンGKジョーダン・ピックフォードの活躍も見事だったが、攻守両面で異次元の働きぶりを見せたトリッピアーこそスリーライオンズのベストプレーヤーに相応しいのかもしれない。 2018.07.15 14:49 Sun
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト、W杯4位に充実感も「我々はベスト4だが、トップ4ではない」

▽イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)を振り返った。『FIFA.com』が伝えている。 ▽イングランドは14日、ロシアW杯決勝トーナメント・3位決定戦でベルギー代表と対戦。グループステージ最終節でも対戦した相手に開始4分で先制点を与えてしまうと、82分にも追加点を奪われてしまい、0-2に。そのまま試合は終了し、大会を4位で終えた。 ▽試合後、今大会イングランドを28年ぶりベスト4に導いたサウスゲイト監督は、「素晴らしい旅と経験ができた」とコメントしている。 「我々がやってきたことをとても誇りに思っている。今立っている場所は幻想ではない。ただ、ベスト4で終わることができたが、トップ4ということではない。そのことについては理解している」 「とてもベストな相手に対して、我々は不十分であった。それでも素晴らしい旅と経験ができた。選手たちやスタッフにとっても将来的に素晴らしいことだ」 2018.07.15 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

4位でW杯終えたイングランド、ケインは進化を期する「次の準決勝を20年も待ちたくない」

イングランドは14日、ロシア・ワールドカップ3位決定戦でベルギーに0-2と敗れた。試合後、ハリー・ケインは多くの改善が必要だと語った。<br><br>グループリーグでも対戦したベルギーと、国のプライドを懸けて3位決定戦に臨んだイングランド。しかし開始4分で失点すると、その後も相手に試合をコントロールされ、82分にエデン・アザールに追加点を決められ万事休す。3位で大会を終えることはできなかった。<br><br>試合後、主将のケインは『ITV』に対し、これから進歩していきたいと語った。<br><br>「この試合で、改善の余地がまだまだあることが証明された。僕らはまだ完成されておらず、成長中だ。もっと良くなっていくだろう。準決勝にいくために、さらに20年も待ちたくはないよ。改善する必要があるけど、それはできるはずだ」<br><br>「僕らは大きな進歩を遂げたんだ。これから休暇を取り、次のシーズンに備えたい」<br><br>また、ここまで6ゴールを挙げ、得点王獲得が濃厚となっていることについては、以下のように語った。<br><br>「これは、僕らがグループリーグでうまく戦い、多くのゴールを決めたことを示しているね。最後の数試合で得点できなかったことには、本当に失望しているよ」<br><br>「時には自分のためにうまくいき、時にはそうならない。それでも、もし得点王になれたら心から誇りに思えるだろうね」 <br><br> 提供:goal.com 2018.07.15 02:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ベルギー指揮官、史上最高の3位でW杯終了に「選手には誇りに思って欲しい」

ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は、国に新たな歴史を作り、満足げな様子を見せている。『ITV』がコメントを伝えた。<br><br>ベルギーは14日、ロシア・ワールドカップ3位決定戦でイングランドと激突。試合はベルギー得意のカウンターが炸裂し、2-0で勝利した。その結果、ベルギーは史上最高の3位という成績を残して大会を後にすることに。マルティネス監督は以下のように喜びを語っている。<br><br>「最高の成果だった。3位はベルギーにとってW杯史上最高だった。選手たちはこの成績に値するし、彼らには国の歴史を作ったことを誇りに思って欲しい」<br><br>「我々には10人の異なるスコアラーがいる。それもW杯の歴史に残ることだ。このチームは記録を作ったんだよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.15 02:10 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース