熱狂し過ぎ…? コロンビア代表サポの女性が母国を熱烈応援! 2018.03.28 18:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本代表と2大会続けて同組となったコロンビア代表。チームは国内から絶大なバックアップを得ているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

▽27日、ロンドンでオーストラリア戦に臨んだコロンビアは、MFハメス・ロドリゲスやFWファルカオらをスタメン起用。しかし、中心選手たちの奮闘も及ばずゴールレスドローで試合は終了した。

▽コロンビアは、23日にフランス代表を相手に逆転勝利を収めており、逆にオーストラリアはノルウェー代表に1-4で完敗。コロンビア側からすれば、勝利が求められた中での失意の結果となった。

▽一方で、スタジアムに黄色いシャツ、スカーフ、フラッグを纏って押し掛けたコロンビアサポーターは自国のスター選手たちに熱狂。試合が終了した直後にピッチに侵入し、選手に近づこうと試みたという。

▽そういった行動が、ドローの不満を訴えることが目的だったのか、単に選手に近づきたい一心であったのかは定かではない。しかし、どちらにせよ母国を応援する気持ちが計り知れず、こういった熱気がW杯に持ち込まれれば日本にとってさらに強敵となることは間違いない。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリーorバイエルン、決定権はハメスにあり?

▽バイエルンに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に付けられている買い取りオプションを行使しない可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽ジネディーヌ・ジダン体制下のマドリーで準主力に甘んじていたハメスは昨夏、当時指揮を執っていた恩師カルロ・アンチェロッティ監督の求めに応じてバイエルンへ2年間のレンタル移籍。シーズン途中のユップ・ハインケス監督就任後から徐々に調子を上げると、昨季の公式戦39試合で8ゴール14アシストときっちり結果を残している。 ▽このパフォーマンスを受けて、バイエルンが今夏の段階で4200万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金を支払い、完全保有する意向をマドリーに伝えているとも報じられていた。 ▽しかし、昨シーズン終了後にジダン監督が退任を電撃発表。これを受け、ハメスはマドリーへの復帰を希望するようになったという。さらに、マドリー側もFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍で生じた穴を補うため、同選手を必要としていると伝えられている。 ▽あくまで、ハメスが復帰するためには第一にバイエルンの納得が必要だ。同選手とバイエルンは2019年6月までレンタル契約を結んでおり、買い取りオプションも存在する。そのため、マドリー側が自力で達成可能な交渉ではない。 ▽それでも、マドリーとバイエルンはこれまでに友好的な関係を築いており、マドリー側は取り付く島もないという状況に陥るとは考えていないという。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOも、選手の意思こそが最重要との考えを持っており、マドリー復帰は現実的なプランとして考慮されている、と『マルカ』は伝えている。 ▽バイエルンとマドリーという屈指のビッグクラブから誘いを受けるハメスは、いずれにしても華やかな将来を自身の一存で決定することになりそうだ。 2018.07.15 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表GKオスピナが移籍を考慮? 新天地はアルゼンチンか

▽アーセナルのコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)が、移籍を考慮しているようだ。コロンビア『Gol Caracol』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)ではコロンビア代表の守護神としてラウンド16に導いたオスピナ。2014年夏にブラジルW杯での活躍からニースからアーセナルに加入し、負傷明けのシーズン後半から正GKの座を務めたものの、翌シーズンからはチェルシーから加入したGKペトル・チェフの後塵を拝することに。2017-18シーズンは主にカップ戦で出場機会を見いだし公式戦21試合に出場した。 ▽元々の出場機会の少なさに加えて、今夏にアーセナルは新守護神候補となるGKベルント・レノをレバークーゼンから獲得。2度のW杯出場経験を持つコロンビアの守護神は更なる窮地に立たされることになった。 ▽そんな中、オスピナの代理人が選手の去就についてコメント。『Gol Caracol』に対し以下のように語っている。 「いくつかのクラブがダビドに興味を持っている。アーセナルでは満足のいくシーズンを送ることはできていないが、クラブを離れることは簡単ではない。2年以上契約も残っているしね。プライオリティはヨーロッパだ。しかし、我々は待つ必要がある」 ▽同メディアによれば、オスピナにはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズが関心を示しており、600万ポンド(約8億9000万円)の移籍金を用意しているようだ。 2018.07.12 16:36 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月12日は、バイエルンで輝きを取り戻したブラジルW杯得点王のバースデー

◆ハメス・ロドリゲス 【Profile】 国籍:コロンビア クラブ:バイエルン 誕生日:1991年7月12日 ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月12日は、バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだ。 ▽母国の2部リーグに属するエンビガドでプロデビューを飾ったハメスは瞬く間に頭角を現わすと、2010年に名門ポルトに入団。初年度からヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献した。その後も安定した活躍ぶりで徐々に名声を高めると、ビッグクラブへの移籍の噂が囁かれるようになっていった。 ▽そして2014年、ハメスは本格的にブレイクを果たす。モナコに所属していた当時、コロンビア代表の一員としてブラジル・ワールドカップ(W杯)に参加。圧倒的な実績を誇るFWラダメル・ファルカオが負傷離脱していた大会で、6ゴールを記録して得点王に輝き、母国をベスト8まで導いた。 ▽大会後には、目玉選手としてレアル・マドリーと6年契約を締結。厳しいポジション争いに勝利することができず、2017年夏にバイエルンにレンタル移籍することとなったものの、新天地では再び輝きを取り戻している。 ▽しかし、より上位を狙い臨んだ2018年のロシアW杯では初戦直前に体調不良が伝えられ、実際にグループH開幕節日本代表戦では先発から外れた。大会全体で見ても、第2節のポーランド代表戦でこそ2アシストを記録したものの、ネットは1度も揺らすことができず。ラウンド16のイングランド代表戦では、負傷により出場機会を得られないままチームの敗北を見届けることとなった。 ※誕生日が同じ主な著名人 クリスティアン・ヴィエリ(元サッカー選手) アントニオ・カッサーノ(元サッカー選手) ヴィニシウス・ジュニオール(サッカー選手/フラメンゴ) シモーネ・ヴェルディ(サッカー選手/ナポリ) ルーク・ショー(サッカー選手/マンチェスター・ユナイテッド) バルトシュ・ベレシュインスキ(サッカー選手/サンプドリア) パブロ・マフェオ(サッカー選手/シュツットガルト) ムサ・デンベレ(サッカー選手/セルティック) 草住晃之介(サッカー選手/FC東京) 亀田和毅(ボクサー) シュテファン・ゲオルゲ(詩人) 荒俣宏(小説家) 西村賢太(小説家) 森永卓郎(経済アナリスト) 小林麻耶(アナウンサー) 百田夏菜子(アイドル/ももいろクローバーZ) 亘健太郎(お笑い芸人/フルーツポンチ) 2018.07.12 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スターリング、コロンビアコーチから受けた挑発を明かす「あれは馬鹿げた行為だ」

イングランド代表FWラヒーム・スターリングは、ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦コロンビア戦で、相手フィットネスコーチであるエドゥアルド・ジュリオ・ウルタサン氏から挑発を受け続けていたことを明かした。<br><br>両チーム合わせて8枚のイエローカードが出る荒れた展開となった一戦で、スターリングはコロンビア側から、挑発のターゲットになっていたことを明かした。特に相手フィットネスコーチから激しい挑発を受けていたようだ。<br><br>「走っている時に誰かが僕の目の前に飛び出てきたのを覚えているよ」<br><br>「何度か水分補給をしに行った時に彼は何かを言い続けていた。僕はスペイン語が分からないから理解はできなかったけど、ハーフタイムの時もそうだった。ただ振り返って彼を見たけど、僕たちは彼らのプランを知っていたし、彼らが何をしようとしているのかも分かっていた」<br><br>南米チームの思惑にはまらないためにも「冷静でいることが最も重要だった」と明かした。<br><br>「彼のばかげた行為や僕たちにやろうとしていることは分かっていた。ただサッカーに集中し続けたよ。彼らは肉体的に強いチームだ。僕たちの意識をそらすために、できることは何でもしてきた」<br><br>激しい挑発を乗り切れた要因にはガレス・サウスゲート監督による事前準備の効果が大きいと感じているようだ。<br><br>「大会が始まる前、監督は起こり得ることを全て伝えてくれた。先制される展開から相手が僕たちにイエローカードやレッドカードを出させようとする展開までね。僕たちはただ冷静でいる必要があることは分かっていたよ」<br><br>イングランドは7日、準々決勝でスウェーデンと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.07.06 13:08 Fri
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表DFスニーガが32歳で現役引退 2014年W杯でネイマール重傷に関与

▽アトレティコ・ナシオナルに所属する元コロンビア代表DFファン・カミーロ・スニーガ(32)が4日、現役引退を表明した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽スニーガは、これまでアトレティコ・ナシオナル、シエナ、ナポリ、ボローニャ、ワトフォードでプレー。2014年に行われたブラジル・ワールドカップ準々決勝のブラジル代表戦で、FWネイマールが脊椎骨折の重傷を負った接触プレーの当事者としても知られる。 ▽ここ数年間ケガに苦しみ、2018年から古巣アトレティコ・ナシオナルに復帰したスニーガは、「今、自分の将来や家族のことを考えている。これから先は、子どもたちと公園を走り回りたいと思ったら、そうすることができる」と現役を退く考えを明かした。 2018.07.06 12:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース