イングランド代表が発表! タルコウスキら3選手初招集にウィルシャーも復帰《国際親善試合》2018.03.16 00:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イングランドサッカー協会(FA)は15日、今月行われる国際親善試合に向けたイングランド代表メンバー27名を発表した。

▽ガレス・サウスゲイト監督は、ロシア・ワールドカップ本大会前最後のインターナショナルウィークとなる今回の国際親善試合に向けてGKニック・ポープ(バーンリー)、DFジェームズ・タルコウスキ(バーンリー)、DFアルフィー・モーソン(スウォンジー)と課題の守備陣に3選手を初招集した。

▽また、代表キャップはないものの昨年11月に招集されたMFルイス・クック(ボーンマス)や復帰組のMFジャック・ウィルシャー(アーセナル)らを招集している。

▽一方、キャプテンを務めるFWハリー・ケイン(トッテナム)がケガのため招集外となったほか、DFギャリー・ケイヒルらもパフォーマンスを理由に招集メンバー外となった。

▽ロシアW杯本大会でグループGに属するイングランドは、23日にオランダ代表と、27日にイタリア代表との国際親善試合に臨む。今回発表されたイングランド代表メンバー27名は以下のとおり。

◆イングランド代表メンバー27名
GK
ジャック・バトランド(ストーク・シティ)
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
ジョー・ハート(ウェストハム)
ニック・ポープ(バーンリー)※

DF
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
ジェームズ・タルコウスキ(バーンリー)※
アルフィー・モーソン(スウォンジー)※
ジョー・ゴメス(リバプール)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
キーラン・トリッピアー(トッテナム)
ダニー・ローズ(トッテナム)
ハリー・マグワイア(レスター・シティ)

MF
デレ・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ルイス・クック(ボーンマス)
ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
アダム・ララナ(リバプール)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(リバプール)
ジェイク・リバモア(WBA)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
ジャック・ウィルシャー(アーセナル)

FW
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)
アシュリー・ヤング(マンチェスター・ユナイテッド)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
ダニー・ウェルベック(アーセナル)

※は初招集
コメント
関連ニュース
thumb

イングランド代表での時間を楽しむサウスゲート「名誉に思うし、特権的ポジション」

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、代表での時間を楽しんでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。<br><br>昨夏のロシア・ワールドカップで母国をベスト4に導いたサウスゲート。ジョゼ・モウリーニョを解任したマンチェスター・ユナイテッドの次期監督候補にも挙がっているが、サウスゲートは「私はイングランド代表の監督で、これは特権的ポジションだ」と話し、このように続ける。<br><br>「我々は28年間で最高の年を過ごし、ネーションズリーグでは準決勝に進み、2020年はユーロがある。ウェンブリーでも行われるし、突破することが求められる。だからこのチームでの時間を楽しんでいる。まだ突破できなかったときのことを考えていない。我々にはまだ成長の余地があると思う。人生で重要なのはやっていることを楽しむことだ。まだ私は若い。200試合も指揮していないし、この役割を名誉に思うし、楽しんでいる」<br><br>一方、オーレ・グンナー・スールシャールが指揮を執るユナイテッドは、公式戦7連勝を記録している。<br><br>提供:goal.com 2019.01.21 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがDFアーノルドとの新契約締結を発表! 期間は長期「有頂天になってる」

リバプールは19日、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(20)が長期の新契約にサインすることを発表した。 なお、クラブ公式からの具体的な年数の発表はないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば新契約は2024年までの5年間だ。 6歳の時にリバプールの下部組織に加わったアーノルドは、2016年夏にトップチーム昇格を果たし、同年10月にデビュー。急激に成長を遂げて昨シーズンには公式戦33試合3ゴール3アシストの成績でチャンピオンズリーグ(CL)ファイナル進出に貢献し、今シーズンもここまでの公式戦22試合1ゴール3アシストを記録している。 また、イングランド代表としても昨年夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に参加し、ベスト4メンバーに名を連ねた。さらに、昨年11月に行われた国際親善試合アメリカ代表戦では初のフル出場&得点を記録している。 アーノルドは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「有頂天になってるし本当に誇れるよ」 「クラブからの信頼とサポートを得られて、新契約をオファーしてくれて本当に嬉しいよ。この年数の延長をすることに迷いは無かった。上手くすれば、僕らはこの数年間で多くの成功を手にすることができる」 「彼らが今回の契約をオファーしてくれてからすぐだった。ためらうことは全く無かったよ。物事を最も簡単にしてくれたのは、可能な限りフットボールに集中できるようにしてくれる人々が周囲にいたからだし、なるべく早く取引が終わるようにしてくれたよ」 「兄弟であったり、特に僕をフットボールに集中させてくれて、気を散らさないでいてくれたマネージャーの存在が大きかった」 「ここ18ヵ月間は凄く特別なものだった。上手くいけば、次の18ヵ月間はそれ以上に特別なものにだってなるんだ」 2019.01.19 19:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインが2018年イングランド最優秀選手に! 2年連続受賞

イングランドサッカー協会(FA)は18日、ファン投票による2018年の同国年間最優秀選手賞の受賞者として、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)の選出を発表した。ケインにとって、2年連続の受賞となる。 昨年のケインはイングランド代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨み、28年ぶりのベスト4進出に大きく貢献すると共に、個人としても6得点で大会得点王に。1年を通じた代表活動でも公式戦12試合に出場して8得点を記録した。 「2年連続の選出をすごく誇りに思う。この賞はファンに認められた証。誇らしいよ。イングランド代表のガレス・サウスゲイトやスタッフと目標を達成するために努力した。昨年が最高の年にならないように、ユーロ予選やネーションズリーグで継続的に進歩していきたい」 なお、U-21イングランド代表年間最優秀選手賞も発表され、エバートンに所属するFWドミニク・キャルバート=ルーウィン(21)が選ばれた。 2019.01.19 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが英代表サウスゲート監督の招へいを検討!

マンチェスター・ユナイテッドが、イングランド代表のガレス・サウスゲート監督(48)の招へいを検討している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ユナイテッドからは昨年末にジョゼ・モウリーニョ氏が去り、オーレ・グンナー・スールシャール監督が今シーズン終了までの契約で暫定指揮官に就任。すると、その後の公式戦5試合で全勝を飾っている。 とはいえ、ユナイテッドが引き続き新指揮官を探していることも伝えられており、これまでにはジネディーヌ・ジダン氏やユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督らが候補に挙げられている。 しかし、『スカイ・スポーツ』はサウスゲート監督が検討されていると報道。イングランド代表で若手を起用してロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト4入りを果たした同監督の手腕やプレースタイル、人柄を考慮してのリストアップとなったようだ。とはいえ、未だイングランドサッカー協会(FA)にコンタクトを取っておらず、接触はこれからになるとされている。 サウスゲートは昨年10月にイングランド代表での仕事を2022年まで延長。カタールW杯で更なる好成績を残すことが期待されているが、職場を変えることはあるのだろうか。 2019.01.13 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェイン・ルーニー、公然酩酊罪で逮捕

DCユナイテッドの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が逮捕されたことが判明した。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 ルーニーは昨年12月16日、サウジアラビアの旅を終え、ワシントンのバージニア州にあるダレス国際空港へ。そこで警察に公然酩酊罪により、身柄を確保されたという。 原因はフライト中にアルコールと睡眠薬を一緒に服用したこと。その結果、空港到着時に酩酊状態に陥り、公衆の場で悪態をついたみられる。 なお、裁判の所文書によると、ルーニーは4日に罰金25ドル(約2700円)と91ドル(約9800円)を支払い、釈放された。 ルーニーは過去、エバートンやマンチェスター・ユナイテッドでプレー。イングランド代表歴代最多53得点を誇り、昨年からアメリカに拠点を移した。 2019.01.07 08:20 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース