ペップとバイエルン時代に衝突した医師が自伝で当時の内情明かす 「彼は私を見下していた」2018.03.14 03:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルン時代にジョゼップ・グアルディオラ監督と衝突してクラブを去ったハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールト医師が、先日に発表した自伝で当時の内情を明かした。ドイツ『ビルト』が同自伝の一部を引用して伝えた。

▽1977年にバイエルンのチームドクターに就任したミュラー=ヴォールファールト医師は、スポーツ医学において世界的な権威の1人。しかし、2015年にチームを率いていたグアルディオラ監督とは治療方針や練習施設への常駐を巡って幾度となく衝突し、最終的に同医師がクラブを去ることになった。

▽その後、グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ行きを受けて、昨年秋にバイエルンのチームドクターに復帰したミュラー=ヴォールファールト医師は、自身の自伝の中でグアルディオラ監督との当時のやり取りをを振り返っている。

「おそらく彼は私のことをいつだって指示を出せる下役として見ていたようだ。話しかけようとしても、顔をそむけられ、立ち去られた」

「それに彼は医療的な問題にはほとんど関心を示さず、逆に奇跡を我々に求めていた」

「また、すべてにおいて自分がよく知っているかのように振舞い、我々が医学的な観点を持って熟慮し、長年実証されたウォームアップメニューを完全にひっくり返し、ウォームアップは5分で十分とも言っていた。それではうまくいくはずがないんだ」

▽また、ミュラー=ヴォールファールト医師は2014-15シーズンのチャンピオンズリーグ、ポルト戦後にグアルディオラ監督が自身を批判する趣旨の発言をしたことが、辞任を決断するうえで決定的な要因となったと主張している。

「プレーヤーたちの身体の状態、つまり敗戦は私の責任だと言われた。スペインでは14日間しかかからない治療が、うちでは6週間もかかるはずがないと言われたよ」

▽さらに、同医師はグアルディオラ監督との衝突の中で初めて仕事中に我ワ忘れるほど激昂したと告白している。

「彼を怒鳴りつけ、皿やコップが倒れるほど机を叩いた。それは私がキャリアの中で初めて他人を大声で罵倒した経験だった」

「個人的にこれまで多くの時間を過ごしてきた監督が、私の経験に対してあまりにも注意を払わなかったことは今でも理解できないよ」

▽最後にミュラー=ヴォールファールト医師はグアルディオラ監督に人物像に関して、以下のように語っている。

「個人的にグアルディオラは自分に自信がなく、それを隠すために何でもする人間だと考えている。したがって、彼は常に怯えながら生きているんだ。敗北に対して怯えているのではなく、権力や権威を失うことに怯えているんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

守護神ノイアーのミスからゲッツェ弟に被弾でバイエルンの開幕からの連勝が5でストップ《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは25日、ブンデスリーガ第5節でアウグスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節シャルケ戦をハメス・ロドリゲスの活躍で2-0と快勝して開幕4連勝としたバイエルンは、シャルケ戦のスタメンから5選手を変更。レヴァンドフスキやリベリ、ハメス・ロドリゲスらに代えてワグナーやニャブリ、レナト・サンチェスといったバックアッパーを先発で起用した。 ▽ここまで1勝1分け2敗のアウグスブルクに対し、ゴレツカを左サイドバックに据え、3トップに右からロッベン、ワグナー、ニャブリと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは6分にカイウビに枠内シュートを浴びたが、12分にショートカウンターに転じたレナト・サンチェスがドリブルで持ち上がってボックス手前から際どいシュートを浴びせた。 ▽しかし、マンツーマンを敷くアウグスブルクの鋭い寄せの前になかなかゴール前のシーンを生み出せない状況が続いた。34分にキミッヒの右クロスからワグナーがヘディングシュートで久々にゴールに近づいたバイエルンは、37分にもレナト・サンチェスがボックス右に侵入してシュートを浴びせていく。 ▽前半終盤にかけてもワグナーやニャブリが決定的なシュートを放ったバイエルンだったが、相手GKルセのファインセーブに阻まれて前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも後半からゴレツカに代えて本職左サイドバックのアラバを投入したバイエルンは、開始3分に先制する。ニャブリがディフェンスライン裏に抜け出してラストパス。ボックス内でパスを受けたロッベンがDFを外してゴールに蹴り込んだ。 ▽続く50分にもレナト・サンチェスがブレイク時を彷彿とさせるドリブルでの持ち上がりからGKを強襲するシュートを浴びせて追加点に迫ったバイエルンは、その後、ニャブリに代えてリベリを投入し、勝負を決めにかかる。 ▽そのバイエルンは74分にアラバの直接FKでゴールに迫れば、84分にはリベリがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、2点目を挙げることができない。すると終盤の87分に同点弾を浴びてしまう。右CKのクロスボールをGKノイアーがファンブルしてルーズとなったボールをパウウェレークに折り返されると、ゴール前のフェリックス・ゲッツェに胸で押し込まれた。 ▽結局、昨季までバイエルンに在籍していたゲッツェ弟のブンデス初ゴールでバイエルンはドローに持ち込まれ、開幕からの連勝が5でストップしている。 2018.09.26 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスを巡り三つ巴?

▽ユベントスが、レアル・マドリーからバイエルンにレンタル移籍しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『ドン・バロン』の情報をもとにスペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽ハメス・ロドリゲスはブラジル・ワールドカップ(W杯)での活躍が認められ、2014年にマドリー入り。カルロ・アンチェロッティ監督(現ナポリ)体制ではチームの主軸を務め、加入初年度からリーグ戦29試合で13ゴール13アシストと活躍した。しかし、アンチェロッティ監督が解任され、ラファエル・ベニテス監督時代を経て2016年1月に前監督のジネディーヌ・ジダン体制になると出番が激減。そのため、当時、恩師であるアンチェロッティが率いていたこともあり、2017年にレンタルでバイエルン加入を果たしていた。 ▽記事によると、ユベントスは中盤の強化を試みており、オプションの1つとしてハメス・ロドリゲスに注視しているようだ。しかし、バイエルンとマドリーの契約には4200万ユーロ(約54億円)の買取りオプションが付随。また、保有元のマドリーで采配を振るうフレン・ロペテギ監督が来夏のハメス・ロドリゲス復帰を画策しているとも伝えられており、ユベントスにとって難しいオペレーションとなっている。 ▽ユベントスは、ハメス・ロドリゲスの他にマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)やフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(20)を補強候補にしているという。 2018.09.25 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

“CL制覇の夢”を追うハメス、バイエルン在籍は今季限りか

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に新天地移籍の可能性が浮上した。スペイン『Don balon』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタルでバイエルン入りしたハメス。バイエルンは今シーズン終了後に買取オプションを行使する意向とみられるが、ハメスの心は既にドイツにない模様だ。 ▽また、ハメスは保有権を持つレアル・マドリー復帰の選択肢も完全に排除。新天地の条件として、チャンピオンズリーグ(CL)優勝が見込めることを挙げ、現時点でパリ・サンジェルマン(PSG)が有力だという。 ▽今シーズンからバイエルンの指揮を執るニコ・コバチ監督の下でも、ここまでブンデスリーガ4試合2得点1アシストと結果を残すハメス。バイエルンの戦力であれば、CL優勝も夢ではないように感じるが、真意はいかに。 2018.09.24 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

兵役免除のソン・フンミン、バイエルン関心に見向きせず「トッテナムで幸せだよ」

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)が、トッテナムへの忠誠を誓っている。『BeIN Sport』が伝えた。 ▽2015年8月にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、昨シーズンは公式戦53試合18ゴール11アシストを記録。プレミアリーグでは2016-17シーズンから2年連続二桁得点をマークし、トッテナムで存在感を放ち続けている。 ▽そんなソン・フンミンは、先日U-23韓国代表のオーバーエイジとして参戦したアジア競技大会で兵役免除となる金メダルを獲得。すると、ドイツの名門バイエルンが獲得リストの上位に同選手の名がリストアップされているという報道が浮上した。 ▽しかし、今年7月に2023年までトッテナムと契約を延長したソン・フンミンに退団の考えはないようだ。 「僕は最近トッテナムとの契約を更新したばかりだ。チームのために貢献するということに集中する必要があると思っている。それに僕はトッテナムで幸せだよ」 2018.09.23 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスが2戦連発ヘッド弾&PK獲得のバイエルン、連敗のシャルケ下して開幕4連勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、シャルケvsバイエルンが22日に行われ、0-2でバイエルンが勝利した。 ▽前節ボルシアMG戦を1-2と落としてまさかの開幕3連敗スタートとなったシャルケは、チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦では2つのPK献上があった中1-1で引き分けた。そのポルト戦のスタメンから2選手を変更。ベンタレブとセルダルに代えてディ・サントと古巣対決となるルディが先発となった。 ▽対するバイエルンはレバークーゼンに快勝して開幕3連勝とし、CLではベンフィカ相手に2-0と順当勝利を飾った。良い流れを持続している中、ベンフィカ戦のスタメンから4選手を変更。ロッベン、J・ボアテング、ハビ・マルティネス、レナト・サンチェスに代えてミュラー、チアゴ、ジューレ、古巣対決となるゴレツカが先発となった。 ▽3トップに右からハメス・ロドリゲス、レヴァンドフスキ、リベリと並べ、中盤アンカーにチアゴ、インサイドにミュラーとゴレツカを配したバイエルンが立ち上がりから攻勢をかけると9分、キミッヒの右CKからニアサイドのハメス・ロドリゲスがヘディングで叩き込み、あっさり先制する。 ▽ハメス・ロドリゲスのベンフィカ戦に続くヘッド弾で先制したバイエルンは、21分にアラバのミドルシュートで追加点に迫ると、25分にはレヴァンドフスキのスルーパスを受けたハメス・ロドリゲスがGKと一対一となるも、浮かせたシュートはフェールマンにセーブされる。 ▽一方的な展開のバイエルンは続く29分、アラバの直接FKがバーを直撃するなど、ハーフタイムにかけてもシャルケの反撃を許さずに1-0で前半を終えた。 ▽後半もバイエルンが攻勢に出ると、50分に追加点のチャンス。ミュラーのスルーパスをボックス左で受けたリベリの折り返しをハメス・ロドリゲスがプッシュ。しかし、枠の左に外してしまった。 ▽劣勢のシャルケは55分にFKからエンボロがヘディングシュートでゴールに迫ると、58分にはウートがコントロールシュートでオンターゲットを記録した。 ▽それでも63分、バイエルンがPKを獲得する。右サイドで仕掛けたハメス・ロドリゲスがボックス内に侵入したところでシェプフに倒された。これをレヴァンドフスキが決めてリードを2点に広げた。 ▽2点を追う展開となったシャルケはディ・サントに代えてアリを、ウートに代えてブルクシュタラーを投入した。 ▽しかし78分にアラバの直接FKで3点目に迫ったバイエルンは終盤にかけてもシャルケの反撃を許さず2-0で快勝。開幕4連勝とした。一方、敗れたシャルケは開幕4連敗となっている。 2018.09.23 03:24 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース