ペップとバイエルン時代に衝突した医師が自伝で当時の内情明かす 「彼は私を見下していた」2018.03.14 03:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルン時代にジョゼップ・グアルディオラ監督と衝突してクラブを去ったハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールト医師が、先日に発表した自伝で当時の内情を明かした。ドイツ『ビルト』が同自伝の一部を引用して伝えた。▽1977年にバイエルンのチームドクターに就任したミュラー=ヴォールファールト医師は、スポーツ医学において世界的な権威の1人。しかし、2015年にチームを率いていたグアルディオラ監督とは治療方針や練習施設への常駐を巡って幾度となく衝突し、最終的に同医師がクラブを去ることになった。

▽その後、グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ行きを受けて、昨年秋にバイエルンのチームドクターに復帰したミュラー=ヴォールファールト医師は、自身の自伝の中でグアルディオラ監督との当時のやり取りをを振り返っている。

「おそらく彼は私のことをいつだって指示を出せる下役として見ていたようだ。話しかけようとしても、顔をそむけられ、立ち去られた」

「それに彼は医療的な問題にはほとんど関心を示さず、逆に奇跡を我々に求めていた」

「また、すべてにおいて自分がよく知っているかのように振舞い、我々が医学的な観点を持って熟慮し、長年実証されたウォームアップメニューを完全にひっくり返し、ウォームアップは5分で十分とも言っていた。それではうまくいくはずがないんだ」

▽また、ミュラー=ヴォールファールト医師は2014-15シーズンのチャンピオンズリーグ、ポルト戦後にグアルディオラ監督が自身を批判する趣旨の発言をしたことが、辞任を決断するうえで決定的な要因となったと主張している。

「プレーヤーたちの身体の状態、つまり敗戦は私の責任だと言われた。スペインでは14日間しかかからない治療が、うちでは6週間もかかるはずがないと言われたよ」

▽さらに、同医師はグアルディオラ監督との衝突の中で初めて仕事中に我ワ忘れるほど激昂したと告白している。

「彼を怒鳴りつけ、皿やコップが倒れるほど机を叩いた。それは私がキャリアの中で初めて他人を大声で罵倒した経験だった」

「個人的にこれまで多くの時間を過ごしてきた監督が、私の経験に対してあまりにも注意を払わなかったことは今でも理解できないよ」

▽最後にミュラー=ヴォールファールト医師はグアルディオラ監督に人物像に関して、以下のように語っている。

「個人的にグアルディオラは自分に自信がなく、それを隠すために何でもする人間だと考えている。したがって、彼は常に怯えながら生きているんだ。敗北に対して怯えているのではなく、権力や権威を失うことに怯えているんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン戦で同点弾のゲッツェ弟、キャリア初得点を兄に捧げる…「このゴールは彼のため」

アウグスブルクは現地時間25日に行われたブンデスリーガ第5節でバイエルン・ミュンヘンと敵地で対戦し、1-1と引き分けている。この試合で古巣相手に同点弾を決めたアウグスブルクDFフェリックス・ゲッツェは自身リーグ戦初ゴールは「兄のため」と語った。<br><br>ドルトムントに所属するMFマリオ・ゲッツェの弟にあたるフェリックスは今夏に4年間過ごしたバイエルンからアウグスブルクに移籍。新天地では公式戦2試合にボランチの位置で途中出場を果たしていた20歳は、3試合目のバイエルン戦には61分からピッチに立つと、86分にはキャリア初のリーグ戦でのゴールを記録した。<br><br>試合後、ドイツ『シュポルト1』『キッカー』などに対して「バイエルンにはお世話になっていたのであまり派手に喜びたくなかった」と認めるフェリックスだが、「でもブンデスリーガでの初ゴールだ。なので、笑顔はしばらく続くだろう。もちろん、ものすごく嬉しい」と歓喜のコメント。また、次のように兄への感謝を語った。<br><br>「最初に電話するのは彼だよ。彼がいなかったら、彼がアドバイスしてくれなかったら僕はここにいなかった。このゴールは彼のためだよ」<br><br>またバイエルンの選手たちのリアクションについては「みんな僕とともに喜んでくれた」とも言及。フェリックスは「そういったところはバイエルンに関してもたくさんを物語る」と移籍した後も元同僚との関係は良好であることを強調した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.26 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ロッベン&リベリ後継者にアザールを検討

▽バイエルンはチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えた。 ▽記事によると、バイエルンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)と元フランス代表FWフランク・リベリ(35)に代わる新たなスターの獲得を検討しており、白羽の矢を立てたのがアザールだ。 ▽今夏にレアル・マドリー移籍が騒がれたアザールは、現在ではチェルシーとの2022年までの契約延長が目前まで迫っている模様。しかし、獲得を狙うバイエルンが契約延長を阻む考えを示しており、継続して追いかけているマドリーのほかに、バルセロナも注視しているという。とはいえ、チェルシーの契約更新を妨げるのは難しいだろう、とも推測されている ▽リール下部組織のアザールは、2007年にプロデビューを飾ると、2010-11、11-12シーズンと2シーズン連続でリーグ・アン年間MVPを受賞。この活躍を受け、2012年に、チェルシー入りを果たした。加入後は公式戦通算307試合に出場し、94ゴール78アシストを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いた後に突入した今シーズンも、プレミアリーグ6試合で5ゴール2アシストとチームの攻撃の要として活躍している。 2018.09.26 20:06 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンMFゴレツカが足首を負傷…「悪くはない」と言及も増える心配の種

バイエルンのドイツ代表MFレオン・ゴレツカが足首を痛め、離脱を余儀なくされるようだ。<br><br>バイエルンは25日、ブンデスリーガ第5節でアウクスブルクと対戦。ゴレツカは左サイドバックで先発したものの、前半のみで交代となった。ニコ・コバチ監督は「パフォーマンスによる交代ではなく、足首を痛めていたんだ」と明かしている。また、ゴレツカ本人は試合後に「それほど悪くない」とケガの状況を語った。<br><br>ゴレツカはこの試合でブンデスリーガ通算120試合出場を達成したが、左サイドバックで先発したのは初めてのこと。新たな挑戦となったが、自身の出来には「満足していない」と反省する。<br><br>「(ダヴィド)アラバのように左足で鋭いクロスを上げられないのは明らかだ。僕にとっていい試合ではなかった」<br><br>バイエルンは今夏に控え左サイドバックのフアン・ベルナトを放出したため、アラバの控えが不在。そのため、コバチ監督はゴレツカを起用したとみられるが、合格点とはいかなかったのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.26 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ノイアーの後継者にベンフィカGK獲得を検討か

▽バイエルンは、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの後継者として、ベンフィカのドイツ人GKオディセアス・ヴラチョディモス(24)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽2011年にバイエルンへ加入して以降、絶対的守護神として活躍してきたノイアー。昨シーズンこそ長期離脱のケガに苦しめられたものの、今シーズンはここまで安定したプレーを見せている。しかし、バイエルンは同選手が32歳という年齢に差し掛かっていることもあり、後継者探しに動き出しているようだ。そこで、白羽の矢を立てたのがベンフィカのヴラチョディモスだという。 ▽ヴラチョディモスは、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループE開幕節でバイエルンと対戦(0-2でバイエルン勝利)。2失点こそ許したものの、好セーブも見せていた。 ▽シュツットガルトの下部組織出身のヴラチョディモスは、2015年に同クラブでトップチームデビューを果たした。しかし、ポーランド代表プルゼミスラフ・タイトン(現・デポルティボ)の牙城を崩すことができず、公式戦出場は4試合に留まった。その後、2016年1月に加入したパナシナイコスで経験を積み、今シーズンからベンフィカへ。ここまでは公式戦10試合に出場している。 2018.09.26 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神ノイアーのミスからゲッツェ弟に被弾でバイエルンの開幕からの連勝が5でストップ《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは25日、ブンデスリーガ第5節でアウグスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節シャルケ戦をハメス・ロドリゲスの活躍で2-0と快勝して開幕4連勝としたバイエルンは、シャルケ戦のスタメンから5選手を変更。レヴァンドフスキやリベリ、ハメス・ロドリゲスらに代えてワグナーやニャブリ、レナト・サンチェスといったバックアッパーを先発で起用した。 ▽ここまで1勝1分け2敗のアウグスブルクに対し、ゴレツカを左サイドバックに据え、3トップに右からロッベン、ワグナー、ニャブリと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは6分にカイウビに枠内シュートを浴びたが、12分にショートカウンターに転じたレナト・サンチェスがドリブルで持ち上がってボックス手前から際どいシュートを浴びせた。 ▽しかし、マンツーマンを敷くアウグスブルクの鋭い寄せの前になかなかゴール前のシーンを生み出せない状況が続いた。34分にキミッヒの右クロスからワグナーがヘディングシュートで久々にゴールに近づいたバイエルンは、37分にもレナト・サンチェスがボックス右に侵入してシュートを浴びせていく。 ▽前半終盤にかけてもワグナーやニャブリが決定的なシュートを放ったバイエルンだったが、相手GKルセのファインセーブに阻まれて前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも後半からゴレツカに代えて本職左サイドバックのアラバを投入したバイエルンは、開始3分に先制する。ニャブリがディフェンスライン裏に抜け出してラストパス。ボックス内でパスを受けたロッベンがDFを外してゴールに蹴り込んだ。 ▽続く50分にもレナト・サンチェスがブレイク時を彷彿とさせるドリブルでの持ち上がりからGKを強襲するシュートを浴びせて追加点に迫ったバイエルンは、その後、ニャブリに代えてリベリを投入し、勝負を決めにかかる。 ▽そのバイエルンは74分にアラバの直接FKでゴールに迫れば、84分にはリベリがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、2点目を挙げることができない。すると終盤の87分に同点弾を浴びてしまう。右CKのクロスボールをGKノイアーがファンブルしてルーズとなったボールをパウウェレークに折り返されると、ゴール前のフェリックス・ゲッツェに胸で押し込まれた。 ▽結局、昨季までバイエルンに在籍していたゲッツェ弟のブンデス初ゴールでバイエルンはドローに持ち込まれ、開幕からの連勝が5でストップしている。 2018.09.26 06:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース