【質疑応答】東京五輪世代率いる森保監督「タフな日程でチーム、選手が成長できるように」《パラグアイ遠征》2018.03.13 18:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は13日、パラグアイ遠征に臨むU-21同国代表メンバー23名を発表した。

▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、冒頭で「このパラグアイ遠征は非常にタフな日程で活動します。その中で選手が成長、そしてチームが成長できるように良い経験を積んで前進できればと思います」と意気込みをコメント。その後、質疑に応じた。

――今回選手に求めるものは?
「前回の中国でのU-21の活動で出た課題を改善して、さらにチームとしても、個のレベルとしてもレベルアップできるように、このパラグアイでの遠征をやっていきたいと思います。また、今回も前回の活動から多くの選手を入れ替えておりますので、個性を見つつ、足りないところは改善するように。特徴の部分は伸ばしてもらえるように、働きかけをしたいと思います」

――先日発表されたU-19代表メンバーとの棲み分けを教えてください
「視察の段階では多くの選手を見てきましたが、今回のチーム編成は1997年、1998年生まれの選手で構成しています」

――J1で長い時間プレーしている選手に関して、代表監督としての見解は?
「非常に選手個人にも、Jクラブにとっても、代表にとってもこの年代の選手がJリーグの公式戦の場で試合経験を積んでいるということは、現段階でも色々なポジションを獲得していて、獲得し続けるためにプレーできているということは、凄く良いことだと思っています。代表に招集させていただいて、活動の中で良い経験をしてもらって短い期間でも成長してもらいたい。大切なのは、日常でどれだけ自分のパフォーマンスを上げていけるかということです。代表の経験からそれが生まれてもらえばと思います。若い選手がチームで自分のポジションで試合に出続けるということは、代表にとっても非常に大きな財産になります」

――DFアピアタウィアは大学ではSBをやっていますが、どのような起用を考えていますか?
「センターバックや、左右のウィングバックでも守備的に起用できると思っています。去年の代表の時はサイドバックで出場していたと思いますが、視察の段階でセンターバックだったりのプレーは見ていますし、守備の部分で彼が持っている身体能力の高さや当たりの強さ、攻撃に転じていけるところを見せてもらいたい」

――東京五輪までの大枠のプランは? 何処までが第一段階と考えているか
「段階的かはわかりませんが、東京オリンピックに向けて代表でプレーできるこの年代の選手をできるだけ多く把握したいということで、私も含めてスタッフ全員で広く見ているところです。そこから、少しづつチームとしてコンセプトを固めていきたいと思っています。

「まだ、広く見てコアを固めてくという部分では、招集に制限もあります。今はこの状況の中で少しでも選手を発掘していき、レベルアップできる経験をしてもらいたい。東京五輪が近づいた時にどこの部分が武器になるかが、我々が広く見たことの大きな成果となると思います」

――ハンブルガーSVのMF伊藤達哉の印象は? A代表も同じ時期にありますが、招集に向けてどのようなやり取りがありましたか
「伊藤選手について、私は呼んで欲しいと技術委員会に話しただけなので、招集のやり取りはお伝えできません。彼のプレーは去年、生で見てきました。そして、映像でもチェックしながら、我々の代表に入れる選手として見てきています」

「前線でボールを受けて、そこから本当にどん欲に相手のゴールに向かっていく。目の前に相手がいても、そこを何とか突破してチャンスに繋げていく、ゴールに繋げていく。そういう姿勢を示せる選手だと思うので、攻撃の所でどん欲な部分を見せてもらいたいと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

前半ゴールラッシュでU-21日本代表が連勝! 前田、旗手に岩崎2発! 《アジア競技大会》

▽U-21日本代表は16日、アジア競技大会第2戦でU-23パキスタン代表と対戦し、4-0で勝利した。 ▽2年に一度行われるアジア競技大会。U-23の世代別代表で参加可能だが、森保一監督が率いる日本は2年後の東京オリンピックに向けた強化の一環として、U-21世代のメンバーで構成されている。 ▽1-0で勝利した第1戦U-21ネパール代表戦から、中1日で行われたパキスタン戦。このタフな日程に、日本はGK小島、MF長沼、松本以外のスタメン8名を入れ替え、最終ラインに岡崎、板倉、大南、中盤に長沼、遠藤、松本、神谷、最前線には岩崎、旗手、前田が送り出された。 ▽試合開始直後から、日本は前田を中心に前線から素早くプレスをかけている。1分、3バックの右に入っている岡崎が、最終ラインの裏にフィードを供給。抜け出した岡崎がクリアに出たパキスタンGKの頭上を越すシュートを放ち、幸先良くネットを揺らした。 ▽さらに8分、左サイドでボールを持った大南が、ボックス内に浮き球のスルーパスを送る。駆け込んだ旗手がゴール左下隅に沈め、追加点。10分には、岩崎の激しいプレスからショートカウンターを発動させ、旗手とのワンツーを使い前田がシュートを放つ。タイミングをずらしたグラウンダーのシュートが決まり、スコアを3-0とした。 ▽35分、日本の勢いが止まらない。左サイドに抜け出した遠藤からのクロスをボックス内の旗手が収め、岩崎に渡す。岩崎はパキスタンDFにチェックされながらも右足を振り抜き、自身のこの日2得点目を突き刺した。 ▽その後も、日本が支配しつつ試合が進行していく。しかし、シンプルな裏へのフィードを織り交ぜつつ繰り出した攻撃は、6バックス気味になった相手に対してやや停滞。前半は4-0のスコアで折り返しを迎えた。 ▽後半も、前半半ば以降の流れを引き継ぐかのように、やや大人しめの展開が続く。52分には、右サイドを上がった長沼のクロスから前田のヘディングシュートが枠を捉えたが、パキスタンGKにセーブされ得点とはならず。 ▽73分、もう一度ギアを上げたい日本はMF神谷に代えてDF原を投入。最終ラインの中央に入っていた板倉が一列上がり、原が3バックのセンターを務めることに。 ▽しかし、直後にロングカウンターの処理をするためにボックスの外まで飛び出したGK小島が、パキスタンFWと激しく交錯。77分に、GKオビとの交代を余儀なくされた。さらに81分には、やや疲れのみえる遠藤に代えて初瀬を起用。3枚のカード全てを使い切る。 ▽結局、後半は1点も決めることができないまま試合が終了した。終盤には幾度かパキスタンがゴールに迫るシーンも見られたが、日本は主導権を握ったままシャットダウン。この結果、日本は決勝トーナメント進出に王手をかけた。19日には、グループ全勝をかけてU-23ベトナム代表と激突する。 2018.08.16 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

森保体制初招集のC大阪DF舩木翔、U-21日本代表離脱…磐田DF大南拓磨が追加招集《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、セレッソ大阪に所属するDF舩木翔がケガにより第18回アジア競技大会に臨むU-21日本代表への不参加を発表した。なお、追加招集としてジュビロ磐田に所属するDF大南拓磨を招集することも併せて発表している。背番号は「19」。 ▽C大阪下部組織出身の舩木は2017年にトップチーム昇格。今シーズンはここまでU-23チームとして明治安田生命J3リーグで16試合4アシストを記録している。なお、2017年に行われたU-20ワールドカップには内山篤監督率いるU-20日本代表として出場していた。 ▽一方の大南は、2016年に鹿児島実業高校から磐田に入団。今シーズンはここまで公式戦6試合に出場している。 ▽男子は23歳以下(オーバーエイジ3名まで)で行われる同大会。2年後の東京オリンピックを見据え、21歳以下の挑むU-21日本代表はグループDで8月14日にネパール、同月16日にパキスタン、同月19日にベトナムと対戦する。 2018.08.12 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【会見3】東京五輪世代とA代表の世代間融合…森保一監督「チャンスを与えられるべき選手にはA代表も」《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、インドネシアのジャカルタで開幕する第18回アジア競技大会に臨むU-21同国代表メンバー20名を発表した。 ▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピック世代であり、今大会での活躍に期待が集まる。 ▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、自身が兼任するA代表との「世代間の融合」についての考えを明かした。 ◆森保一監督(U-21日本代表) ──次の大会でOAを呼びたいということだったが、次の大会はA代表のアジアカップ。そこを東京オリンピック世代とA代表を融合する場にすることも考えているのか 「完全に固まっているプランはありません。就任会見でもお話させていただきましたが、世代間の融合というものはやっていきたいと思っています。東京オリンピック世代の選手、若い選手や経験の浅い選手をA代表に引き上げていくということについては、チャンスを与えられるべき選手にはA代表の舞台も経験してもらいたいと思います」 「それをどこまでやるか、どういった比率や割合でやっていくかということは、自分の中では決まっていません。とにかく融合させながら日本代表の結果を求めつつ、こだわりつつ、全体の底上げも考えてやっていきたいと思っています」 ──合宿等を共にすることもありえるか 「それは現実的ではないですけど頭の中ではいろんなプランを考えていて、全体がどうやっていかなくてはいけないかを考えて、より良いものをやっていければと思います」 ──世代間の融合、世代交代をスムーズにするためにA代表と東京オリンピック代表のコンセプトを統一するという考え方か 「A代表と東京オリンピック代表のコンセプトは、同じで共有していきたいと思っています。招集した選手やその時にトライすることで状況が違ってくる部分はあると思うので、システムが同じであるとかであっても見える形は違うかもしれないですけど、やっている内容や心構えとしては同じコンセプトでやっていきたいと考えています」 2018.08.03 16:47 Fri
twitterfacebook
thumb

【会見2】「可能なら次の大会からでも呼びたい」森保一監督がOAの早期召集を望む理由は?《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、インドネシアのジャカルタで開幕する第18回アジア競技大会に臨むU-21同国代表メンバー20名を発表した。 ▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピック世代であり、今大会での活躍に期待が集まる。 ▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、自身不在で参戦となったトゥーロン国際大会の総括を踏まえ、東京オリンピックを見据えたチーム作りのプランをオーバーエイジ枠も含めて語った。 ◆森保一監督(U-21日本代表) ──森保監督自身は4度目の活動になるが、チーム作りや戦術面で新たにトライしたいことは。また、前回のトゥーロン国際大会時にはA代表に同行していたが、スタッフからどのようなトゥーロン国際大会の総括を受けたか。 「これまで我々がやってきたこと、そしてこれからやっていくことという部分では、積み上げるところはしっかりと積み上げていきたいと思っています。私はロシア・ワールドカップにスタッフとして帯同させてもらい、色々なことを学びました。西野朗監督からもそうです」 「戦術的なところで、今までやってきたこと+システム上での変化をもって戦うということのトライを今大会でどうするかはわからないですけど、チーム作りをしていく上ではトライしていきたいと思っています」 「私はトゥーロン国際大会には帯同できませんでしたが、スタッフから聞いているのはチームとしてのこれまでの積み上げは確実にできているということ。戦術の浸透というところでは、新たな選手のもたらす影響がポジティブだったことを聞いています。コンセプトの部分でより意思統一しながらできていると。ただ、結果的には主導権を握っていても自分たちのミスから試合を落としたりということは起こっているので、そういう部分でやるべきことと個人のクオリティは上げなくてはいけないと聞いています」 ──この2年間どうチーム作りをしていくか、オーバーエイジを呼ぶタイミングを含めてイメージはあるか 「オーバーエイジを呼べるのであれば、次の大会からでも呼びたいです(笑) なぜかというと監督、コーチ、指導者から選手たちがいろいろな影響を受けて成長する、指導者の働きかけで成長することはあると思いますが、経験のあるベテラン選手から言葉で伝えて、共にプレーして感じることや背中を見て学ぶこともあります。経験の浅い選手は刺激を受けて成長につながると思います。できれば次の大会で来てほしいなという思いはあります」 「これまでの東京オリンピックを目指すチームで起こっているミスはだいたい一緒です。失点についてもトゥーロンではそれが解消されたり、改善されたということは聞いています。例えば1失点すると短時間で失点を重ねてしまうメンタルの弱さや戦い方として踏ん張り切れない部分があります。経験豊富な選手がいたら、そういう時にどうやって戦えばいいか、どういうメンタルを持って続けていければいいかなども含めて、そこは東京オリンピック世代のこれまでの課題というふうに考えています」 「様々な局面で経験が豊富な選手から伝えてもらう、見せてもらうということは大きいと思うので、そこの融合は早い方が良いなと思います。ただ、いろいろな大会があると思うので、そこはタイミングで考えていきたいです」 「チーム作りとしては、2020年の東京オリンピック本大会が一番大切だと思うので、そこで最強のチーム、一番力を発揮できる状態のチーム作りができればと思っています。もちろん毎回毎回、毎試合毎試合勝ちにこだわっていく部分や大切にしていくということはありますけど、無駄な時間は全くないので、その時のチームにとって良いこと、選手にとって良いこと、次につながることを考えながら本大会で最強のチームを作れるようにやっていきたいです」 ──イメージとしては早めにチームを固めていきたいところか 「大会が近くなればなるほど、チームとして戦っていくということ、特にコアな部分を詰めていくことはあると思います。ただ、それは全部自然なことだと思っています。チームを固めていくということを考えていても、この世代の選手だけでなく、実力や調子でパフォーマンスは変わっていくことがサッカーだと思います。本大会に向けてチームを作っていくことに変わりはないですけど、そこまでに競争していくということで選手の状態を見て、作っていきたいです」 ──A代表の選手もすでにOAとしてオリンピックに出たいと意思表明している選手もいるが、そういう選手たちに対してどう思っているか 「今A代表の選手たち、ロシアW杯に出た選手たちが東京オリンピックに向けて、OAでのプレーを表明してくれていることやチーム作りに貢献したいと言ってくれていることは本当にありがたいですし、心強いです。何より嬉しいです」 「最終的に誰を選ぶかということはもちろん現段階では決まってないですけど、東京オリンピック世代の選手たちには『OAも含めて競争だ』と伝えています。そういう意味ではOAがチームのどこに必要なのか、誰が必要なのかということを考えなくてはいけません」 「嬉しいのは、代表チームを日本人として支えていきたい、よりレベルアップしていきたい、貢献していきたいという気持ちです。自分としても、まだまだ経験の浅い東京オリンピック代表チームに、経験豊富な選手たちにいろいろな関わりを持ってもらって、経験を伝えてもらう、より良い選手になるために接点を持てるという環境が作れたら良いなと思っています」 2018.08.03 16:46 Fri
twitterfacebook
thumb

【会見1】森保一監督、東京五輪への「良いシミュレーションになる」…目標や初招集選手についても語る《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、インドネシアのジャカルタで開幕する第18回アジア競技大会に臨むU-21同国代表メンバー20名を発表した。 ▽U-21日本代表は、A代表を兼任する森保一監督が指揮。同代表は2020年に自国開催となる東京オリンピック世代であり、今大会での活躍に期待が集まる。 ▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、今大会が環境的にも東京オリンピックに向けて「良いシミュレーションになる」と見据え、「ベスト4以上」を具体的な目標として挙げた。また、初招集となったセレッソ大阪MF舩木翔、FC東京DF岡崎慎の招集理由についても明かしている。 ◆森保一監督(U-21日本代表) 「本来であれば今回のメンバー発表で、男子も女子も出場するので、一緒に会見ができれば良かったんですけど、女子は(2018 Tournament of Nationsに参戦中で)今日本にいませんので、このような形になります。このアジア大会で男子、女子共に良い結果を出して応援してくれる方が喜んでくれるようにベストを尽くしていきたいと思います」 ──東京オリンピックまであと2年というタイミングで良いシミュレーションになると思うが、今大会の狙いは 「今大会は暑い中で行われ、日程的にもかなりハードな日程になっている部分では、東京オリンピックに向けても良いシミュレーションになると思います。選手にとっても良い経験ができると思っています」 「目標としては1試合でも多く戦うこと、1試合1試合の結果にこだわってやるということをこれまで通り選手に要求しながらやっていきたいです」 ──Jリーグ期間中で選手選考も悩まれたと思うが、どういう基準でメンバーを選んだか。また、具体的な目標はあるか 「まずこのアジア大会だけでなく、東京オリンピック世代の活動では毎回様々な条件があり、その中で選手を選んでいくということでやっています。今回の条件の中では、ベストで今後につながるメンバーを選考をしてきました。視察も多くさせて頂いてますし、その中で良いパフォーマンスをしている選手を中心にメンバー選考をしました」 「これまでの選考については、その時のベストということに間違いはありません。ただ、将来や本大会を見据えたラージグループと捉えて、各大会ごとにメンバーを大幅に変えながら、多くの選手に経験を積んでもらう。そうすることで全体の底上げをしながら東京オリンピックに一番強いチームを作れるようにということを考えて活動しています」 「目標については1試合でも多く戦うということで頂点に立つことをもちろん目標にしています。ただ、常々考えていることはアジアの大会では、ベスト4以上には入りたいと思っています。それは、今回の東京オリンピックでは予選が免除されて本大会に臨むことができますが、世界の大会に参戦することを考えると、育成年代の部分、ワールドカップの部分も含めてベスト4以上が世界につながっていくと捉えているからです」 ──今回MF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)が初選出されたが、彼らをどう評価したか 「まず舩木については、東京オリンピックを目指したチームが立ち上がった時から、U-20ワールドカップを経験した選手をどこかで見たいという思いありました。その中で、タイミングや状態を見て、今はトップチームの方で出場機会がなかなかないですけど、J3のU-23チームでは継続してプレーできているので、今大会には来てもらうことにしました」 「岡崎については、FC東京でJ1でも出ていますし、確固たるレギュラーではありませんが、そういう試合でのプレーを観て、一度招集させてもらい、実力を見てみたいと思って招集しました」 2018.08.03 16:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース