「クラブが望めば10年でも」ペップ、シティでの長期政権を考慮2018.03.12 04:44 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、シティでの長期政権を示唆している。イギリス『ミラー』が伝えた。

▽昨シーズンからシティで指揮を執るグアルディオラ監督。就任1年目こそ無冠に終わったが、今季はグアルディオラ・イズムを浸透させ、早くもリーグカップで1冠。プレミアリーグでは2位のマンチェスター・ユナイテッドに勝ち点差「13」をつけて(※3月12日現在)首位を独走、タイトルをほぼ手中に収めている。

▽最近、契約が2019年までとなっているスペイン人指揮官に対してシティは新契約を用意。すでに2021年までの契約で合意しているとも噂される中、南米のテレビメディア『Directv Sport』のインタビューでこんなことを口にしている。

「クラブが望むなら、私は10年だってここにいるよ。それは私の家族にも依るがね。家族を置いて独りでどこかに行くようなことはない」

▽同インタビューでは、いずれは代表チームを率いる可能性も示唆しながらも、「私は選手と近い距離で仕事をする方が好きなんだ」として、まだまだクラブレベルでの監督業に携わるつもりのようだ。

▽これまで率いてきたバルセロナやバイエルンでは3年から4年という長くはないスパンだったが、果たしてシティで長期政権を築くことになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ペップがモウリーニョを思いやる 「我々監督は孤独」

▽マンチェスター・シティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督(47)がジョゼ・モウリーニョ氏(55)を思いやった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。チャンピオンズリーグ(CL)こそ決勝トーナメントに進出したが、プレミアリーグを見れば首位のリバプールに19ポイントの大差をつけられ、厳しいシーズンを過ごしている。その末、18日に事実上の解任となるモウリーニョ氏の退任を発表した。 ▽スペイン時代からモウリーニョ氏と激戦を展開してきたグアルディオラ監督。同日に行われたEFLカップ準々決勝のレスター・シティ戦後、志半ばでユナイテッドから去ることが決まったモウリーニョ氏について次のように語り、気遣った。 「悲しいよ。我々監督は孤独。状況が良くなければ、我々は独りだ」 「私は彼らの側にいる。フットボール界だと、起こり得ることだ」 「でも、彼は私を必要としていないだろう。彼はとても強い男だからね」 「きっとすぐに戻ってきて、我々と再び対峙するだろう」 2018.12.19 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが、大ブレイク中のサンチョの移籍金を設定か

▽ドルトムントが、イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の移籍金を設定したようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してイタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のサンチョは、トップレベルでの出場経験を積むために昨夏にドルトムント入り。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガ12試合で1ゴール4アシストの数字に留まったものの、今シーズンは開幕からの公式戦23試合に出場し、6ゴール11アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。好調ドルトムントで必要不可欠な存在になっている。 ▽また、急速に評価を高めたサンチョは、先月のUEFAネーションズリーグ(UNL)のクロアチア代表戦でフル代表デビューも飾った。 ▽そんなサンチョを巡っては、マンチェスター勢やロンドン勢、パリ・サンジェルマン(PSG)などといったビッククラブが関心を抱いていると各紙は報道。今回伝えられるところによると、ドルトムントはサンチョの移籍金を少なくとも7000万ユーロ(約90億円)に設定したという。移籍金が高騰する中で、逸材に設定する額としては決して高過ぎる額ではないが果たして…。 2018.12.19 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

あなたはペップ派? モウ派? 鹿島戦前ソラーリ監督の返答は…

▽レアル・マドリーのサンティアゴ・ソラーリ監督が、マドリーで取り組んでいるフットボール観について語った。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽マドリーは19日、クラブ・ワールドカップ(CWC)準決勝で鹿島アントラーズと対戦。史上初の3連覇に向けての初戦であり、ソラーリ監督にとっての初タイトルもかかっている重要な大会だ。 ▽その前日会見に出席したソラーリ監督は、マンチェスター・ユナイテッド指揮官の座を追われたジョゼ・モウリーニョ監督か、マンチェスター・シティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督のどちらのフットボール観に価値を感じるか問われ、以下のように返答した。 「レアル・マドリーを表す全てのものが私そのものだ」 「私たちは試合を支配し、攻撃し、勝利へ向かい、得点を決め、絶対に決めさせないチームでいなくてはならない」 「業績を残すためには多くの仕事をこなさなくてはならない。戦術的、技術的、フィジカル的なものだ」 「コーチとしての仕事のためにここに戻ってきた時、プレーヤーとして戻ってくるのと同じだと感じた。それは私の仕事にあらゆることを毎日もたらしてくれるものであり、それが私のフットボール観だ」 ▽ボールプレーと試合のコントロールを重視するグアルディオラ監督と、フィジカリーかつ相手の長所に蓋をする戦い方を好むモウリーニョ監督。あえてどちらかを選ぶことはしなかったソラーリ監督は、鹿島戦に向けて「支配し、勝利へ向かう」準備を進めている。 2018.12.19 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

GKムリッチがPK戦で値千金の2セーブ! デ・ブライネ復帰弾のシティが岡崎不出場のレスター退け4強入り《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝のレスター・シティvsマンチェスター・シティが18日にキング・パワー・スタジアムで行われ、1-1で90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-1で制したシティの準決勝進出が決定した。なお、レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽大会連覇を目指すシティは4回戦でフルアムとのプレミア勢対決を2-0で制しベスト8進出を果たした。直近のリーグ戦でもエバートンに3-1で競り勝ったチームはその試合からウォーカー、オタメンディ、マフレズを除く先発8人を変更。センターバックにトップチームデビューの17歳DFエリック・ガルシアを起用したほか、負傷明けのデ・ブライネとアグエロ、フォーデンとディアスの若手コンビを起用した。 ▽一方、PK戦までもつれこんだサウサンプトンとのプレミア勢対決を制したレスターだが、直近のリーグ戦ではクリスタル・パレスに惜敗し連敗中。前回王者をホームで迎え撃ったこの一戦ではリーグ戦から先発7人を変更。先発復帰が期待された岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽試合はホームのレスターが開始直後に速攻から相手陣内深くに攻め入るなど良い入りを見せる。しかし、時間の経過と共にストーンズ、フォーデン、デ・ブライネの中盤3枚を起点に主導権を握ったアウェイチームが押し返す。 ▽すると14分、左サイドのハーフスペースでボールを引き出したデ・ブライネが巧みなボールタッチからシュートスペースを作り、ボックス手前左から右足を振り抜くと、低い弾道の強烈なシュートがニアポストに突き刺さった。 ▽デ・ブライネの今季公式戦初ゴールで先手を奪ったシティは左サイドに張って積極的に仕掛けるディアスを起点に畳みかける攻めを見せるが、ボックス内でのディアス、マフレズの連続決定機はゴールとはならず。 ▽一方、失点以降守勢が続くレスターも21分に決定機。ボックス手前左でパスを受けたグレイが右足のミドルシュートを放つと、相手DFにディフレクトしたボールがゴール右隅へ向かうも、ここは若手GKムリッチが懸命に伸ばした手に弾かれてしまう。 ▽その後はセットプレーから同点ゴールを目指すレスター、流れの中から追加点を狙うシティという構図の下で一進一退の攻防が続く。しかし、互いに最後の場面で決め手を欠き前半はシティの1点リードで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、早い時間帯に試合を決めたいシティが攻勢を仕掛ける。47分、相手陣内でのボール奪取からマフレズのスルーパスに抜け出したアグエロがボックス右からシュートを放つが、これはGKウォードの好守に遭う。 ▽立ち上がりの勢いそのままにシティが押し切る展開が予想されたが、その後はグレイ、イヘアナチョのスピードを生かした攻めでレスターが応戦。さらにゲザル、イボーラを下げてマディソン、オルブライトンの投入で攻勢を強めていく。一方、逃げ切りを図るシティはディアス、デ・ブライネを下げてスターリング、ギュンドアンを続けて投入するが、一度失った流れを引き戻せない。 ▽すると73分、ハーフウェイライン付近でエンディディから出たフィードに反応したオルブライトンが巧みな右足インサイドのトラップから強烈なハーフボレーシュートをボックス右から突き刺し、同点に追いつく。 ▽追いつかれたシティは失点直後にアグエロを下げてガブリエウ・ジェズスをピッチに送り込む。この交代直後にはボックス右で仕掛けたマフレズが相手DFの股間を抜くシュートでゴールに迫るが、わずかに枠の左へ外れた。 ▽その後、90分間で決着を付けようと最後まで攻め合った両チームだったが、試合は1-1のままタイムアップ。ベスト4進出の行方はPK戦に委ねられることに。 ▽レスターが先攻を務めたPK戦では互いに成功した中で迎えた2本目でフクス、スターリングが共に枠外に外す。しかし、3人目からはレスターのマディソン、ソユンクがGKムリッチのビッグセーブに阻まれたのに対し、後攻のシティはジェズス、ジンチェンコがきっちり決めてPK戦3-1でシティに軍配。苦しみながらもレスターを退けたシティがベスト4進出を決めた。 2018.12.19 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、イスコ獲りへ! C・ロナウド越えの移籍金も?

▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)の獲得を目指しているようだ。スペイン『アス』が、イングランド方面の報道を基に伝えた。 ▽マドリーとの契約を2022年まで残し、7億ユーロ(約895億円)という法外な契約解除金が設定されているイスコ。ファンからは特に熱心なサポートを受ける選手の1人であり、これまでは事実上の“非売品”としての扱いを受けていたが、今シーズンは状況が一変している。 ▽フレン・ロペテギ前監督下でレギュラーとしてシーズンを始めたイスコは、指揮官がサンティアゴ・ソラーリ現監督に交代した11月初めから出場機会が激減。公式戦10試合で先発起用は2度のみであり、その内の1つはコパ・デル・レイのメリリャ(スペイン3部)戦、もう1つは消化試合となったチャンピオンズリーグ(CL)グループG最終節CSKAモスクワ戦だ。 ▽イスコの明確な不満が伝えられており、シティはこういった状況がフロレンティーノ・ペレス会長を売却に動かす材料になると考えているとのこと。同選手がマラガからマドリーに移籍した2013年夏にもシティは獲得に動いており、関心は以前からあったようだ。 ▽また、マドリーが1億ユーロ(約128億円)以下での売却を望んでいなかったとしても、シティは呼び水とするために8600万ユーロ(約110億円)のオファーを準備しているという。とはいえ、最終的にはその額を上回る可能性が高く、昨シーズンにユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドの1億1700万ユーロ(現在のレートで約150億円)を抜き、マドリー史上最高額での売却になるとも見込まれている。 ▽さらに、『アス』の指摘によれば、来夏にチェルシーMFエデン・アザールがマドリーに到着するであろうことも囁かれており、役割の被るイスコにとってはそのことも退団に値する理由になるかもしれない。 2018.12.18 11:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース