チェコ代表MFドチカルが中国の河南建業からMLSのフィラデルフィアへレンタル2018.03.01 11:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のフィラデルフィア・ユニオンは2月28日、中国スーパーリーグの河南建業からチェコ代表MFボレク・ドチカル(29)が加入することを発表した。レンタルでの加入となる。▽ドチカルは、スラビア・プラハの下部組織出身で、2006年7月にトップチームへ昇格。その後、スロバン・リベレツ、コンヤシュポル、ローゼンボリ、スパルタ・プラハなどチェコ、トルコ、ノルウェーでプレー。2017年2月に河南建業へと完全移籍していた。

▽河南建業では、中国スーパーリーグで23試合に出場し4ゴール5アシストを記録していた。

▽チェコ代表としても2016年のユーロなど35試合に出場し6ゴールを記録しているドチカル。フィラデルフィア・ユニオンでは、背番号「10」を背負うことが決定している。

コメント

関連ニュース

thumb

ベッカム、MLS参戦に元同僚ジダン指揮官就任を希望?

▽元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムが、自身が共同オーナーを務めるクラブの指揮官にジネディーヌ・ジダン氏(46)を招へいすることを目指しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2020年からのメジャーリーグ・サッカー(MLS)への新規参入が決定しているインテル・マイアミ。最近ではバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)やユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の獲得を画策していることが伝えられるなど、参戦に向けて着々と準備を進めている。 ▽そんな中、今回伝えられるところによると、ベッカム氏は同チームの指揮官としてレアル・マドリー時代の同僚であるジネディーヌ・ジダン氏を招へいすることを希望。すでにベッカム氏はジダン氏に接触しており、軽い話し合いが行われたという。 ▽昨シーズンまでレアル・マドリーで指揮を執っていたジダン氏は、現在マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の後任候補として浮上。ジダン氏は現状ヨーロッパでの仕事が理想的であると考えているようで、インテル・マイアミへの就任が早期決定する可能性は低いとみられている。 ▽しかし、同メディアはユナイテッド就任の話が長引くことになれば、ベッカム氏との再タッグの可能性は高まっていくと見解を示している。 2018.09.24 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー公式「マジかよ? 」イブラ通算500点目は衝撃弾!

▽ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、16日のメジャーリーグサッカー(MLS)第29節トロントFC戦でキャリア通算500点目を決めた。クラブ公式ツイッター(@LAGalaxy)が伝えている。 ▽先発メンバーに名を連ねたイブラヒモビッチは、前半終了間際の43分に味方からのフィードに反応してボックス内に走り込むと、体を反転させて右足のアウトサイドで回し蹴り。右ポストを叩いたシュートがネットを揺らした。 ▽結局、チームは3-5で敗北してしまったものの、これがイブラヒモビッチにとってのクラブキャリア通算500点目に。クラブは、ツイッター上にゴールシーンの動画を投稿。「マジかよ? 」という文言を添え、その衝撃を伝えている。 ▽また、敵地で行われたその一戦、イブラヒモビッチはトロントサポーターからスタンディングオベーションによる祝福を受けたという。しかし、そのことの感想について問われると、「アウェイチームからのスタンディングオベーションを受けるのは初めてじゃない」と“イブラ節”たっぷりに返答した。 ▽更に、試合後には「トロントに祝辞を送るよ。俺の500ゴール目で奴らは記憶に刻まれるだろう」とコメント。新たな名言を生み出した。 2018.09.16 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏オーナーの新MLSクラブの名称は『インテル・マイアミ』に決定!

▽デイビッド・ベッカム氏(42)が共同オーナーを務める、マイアミを本拠地とする新クラブの名称が発表された。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ベッカム氏やメジャーリーグ・ベースボールの前マイアミ・マーリンズオーナーのホルヘ・マス氏、『ソフトバンクグループ』創始者の孫正義氏、エンターテイメント界の大物、サイモン・フラー氏などを擁する投資家グループ『マイアミ・ベッカム・ユナイテッド・オーナーシップグループ』は、2020年のMLS新規参入を目指してマイアミ市とのフランチャイズ権の取得、新スタジアム建設地の選定と資金調達の問題をクリアしてきた。 ▽今年1月末には、MLS総会で通算25番目の新規クラブとして参入することが承認されており、着々と準備が進んでいる。そして5日、ついにクラブ名とエンブレムがツイッターを通じてお披露目となった。 ▽クラブ名は『インテル・マイアミ』。エンブレムは、赤みがかった黒を基調とした円の中央に、マイアミの原住民に縁が深いとされる鶴が、2羽描かれたデザインだ。クラブ公式ツイッター(@InterMiamiCF)を通じて公開されている。 ▽また、クラブ公式ツイッターは以下の内容を投稿して応援を呼び掛けた。 「4年前、私たちはサッカークラブの夢をみました」 「今日、クラブの正式な紋章を自信を持って発表します」 「たった今始まったばかりの旅にご参加ください」 「これが私たち。これがマイアミ」 ▽この記念すべき日にベッカム氏は「今日は自分自身やチーム全体にとって誇らしい日だ。ファンに向けて新しい名前と紋章をアナウンスすることは光栄だよ」とコメントし、喜びを伝えている。 2018.09.05 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

娘の治療のためにアメリカへ移籍したベルギー代表DFシマンがディジョンに完全移籍

▽リーグ・アンのディジョンは28日、ベルギー代表DFローラン・シマン(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。2年契約を結んだとのことだ。 ▽シマンは、シャルルロワの下部組織出身で、2008年7月にクラブ・ブルージュへ完全移籍。公式戦22試合に出場していた。2010年7月には、スタンダール・リエージュへと移籍し、GK川島永嗣やFW小野裕二(現サガン鳥栖)のチームメイトとしてもプレーしていた。スタンダール・リエージュでは公式戦187試合に出場し8ゴール9アシストを記録していた。 ▽母国のベルギーで長らくプレーしていたシマンだったが、2015年1月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトへと移籍。理由は、自閉症を患った娘の治療に専念するためと発表していた。 ▽2017年12月にはロサンゼルスFCへと移籍。公式戦24試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽ベルギー代表としても20試合に出場し1ゴールを記録。ロシア・ワールドカップには出場しなかったが、予備登録メンバーに選ばれていた。 2018.08.29 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFサーニャがMLSのモントリオールに加入!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するモントリオール・インパクトは8日、元フランス代表DFバカリ・サーニャ(35)の加入を発表した。契約は今シーズン終了までとなるが、翌シーズンの契約延長オプションが付随している。なお、正式加入はメディカルチェックと国際移籍証明書の発行後となる。 ▽サーニャと同じアーセナルに在籍経験がある元フランス代表DFのレミ・ガルド監督はレ・ブルーとアーセナルの後輩の加入を心から歓迎している。 「バカリの加入を心から嬉しく思っている」 「彼は本当に素晴らしい経歴を持っており、高いモチベーションを持ってここに来てくれる。同時にシーズン終了まで我々の大きな助けとなるはずだ。彼のキャラクターや経験は我々のチームに大きなプラス要素をもたらすと確信している」 ▽ユース時代を過ごしたオセールでプロキャリアをスタートさせたサーニャは、2007年夏にアーセナル入り。アーセナルでは、長年不動の右サイドバックとして活躍し、通算285試合に出場。2013-14シーズンにはFAカップ優勝に貢献した。 ▽その後、2014年夏にフリーで加入したマンチェスター・シティでは公式戦86試合に出場し、2015-16シーズンにはリーグカップを制覇。今年2月には当時セリエA最下位に沈んでいたベネヴェントにシーズン終了までの契約でプレーしていた。 2018.08.09 14:12 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース