ナスリ、1年間の出場停止へ2018.02.25 15:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に1年間の出場停止処分が科される見通しになったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽伝えられていたところによれば、ナスリはセビージャに所属していた2016年冬に治療の一環で点滴静脈注射を受けたが、ルール範囲外のもので違反行為に触れていたようだ。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルール上、6時間以内に50ml以上の静脈注射を受けることは、外科手術や入院、臨床検査のほか正当な理由以外では禁止されており、これに抵触したとみられている。

▽報道によれば、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が最終的に処分を決定し、当初の2年から1年に軽減されたという。欧州サッカー連盟(UEFA)は月曜日にも正式に発表するものとみられている。

▽なお、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況。『マルカ』によればラス・パルマス移籍に近づいていたが、今回の件を受けて契約締結は不可能になったとみられている。

▽今年6月には31歳となるナスリ。かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどビッグクラブで輝いたテクニシャンにとって、1年間にわたって試合から離れることになれば今後のプロキャリアへの影響も小さくないだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

降格ラス・パルマスが元セビージャ指揮官のマノロ・ヒメネス監督を招へい

▽セグンダ(2部)に降格したラス・パルマスは26日、マノロ・ヒメネス監督(54)を招へいしたことを発表した。 ▽ラス・パルマスは2017-18シーズン、2度の監督交代を行いながらも低空飛行が続き、リーガエスパニョーラで19位に終わって4シーズンぶりの降格が決定していた。 ▽新監督に迎えたマノロ・ヒメネス監督はセビージャで監督デビュー。2017-18シーズンはAEKアテネを率い、同クラブを24年ぶりにギリシャリーグで優勝に導いていた。 2018.05.26 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

乾の起点から先制弾のエイバルがホーム最終戦を白星で飾る!《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士の所属するエイバルは12日、リーガエスパニョーラ第37節でラス・パルマスと対戦し、1-0で勝利した。乾はフル出場した。 ▽前節3試合ぶりの白星を飾ったエイバルと10位エイバル(勝ち点47)が、降格の決まっている19位ラス・パルマス(勝ち点22)をホームに迎えた一戦。 ▽今季限りでの退団を明言した乾を[4-2-3-1]の左サイドMFで先発起用したエイバルは、5分に先制する。乾のスルーパスでゴール前に抜け出したオレジャーナが相手GKを引き付けてラストパス。これをシャルレスが無人のゴールに流し込んだ。 ▽幸先よく先制したエイバルだが、7分にアクシデントが発生。右足を痛めたパペ・ディオプがピッチに倒れ込むとプレー続行不可能となり、担架でピッチを後に。代わって8分にエスカランテがスクランブル投入された。 ▽その後、エイバルはボールホルダーに激しくプレスをかけるラス・パルマスの守りに苦戦し、なかなか決定機を作れず。41分には、右サイドからカットインしたオレジャーナがゴールを狙うも、これは相手GKがキャッチされ、前半は1-0で終了した。 ▽後半に入っても一進一退の攻防が展開される。そんな中、ラス・パスマスは70分に決定機。敵陣でロンバンからボールを奪ったエセキエルが、ボックス右まで持ち込みシュートを放ったが、これはGKドミトロビッチが好セーブ。 ▽守護神の活躍でピンチを凌いだエイバルは、72分にオレジャーナを下げてアルビージャを投入。さらに74分にはシャルレスを下げてカパをピッチに送り出した。すると75分、エイバルは左サイドでボールを受けた乾がカットインで得意の角度まで右足でシュート。しかし、これは枠を外れた。 ▽結局、その後もスコアは動かず。乾が起点となった開始早々のゴールで逃げ切ったエイバルが、今季のホーム最終戦を勝利で飾った。そして、乾は慣れ親しんだイプルーアでの思い出を最高の形で終えた。 2018.05.13 03:40 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎フル出場のヘタフェが終盤のアンヘル弾で辛勝しEL出場圏の7位を堅守!《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF柴崎岳の所属するヘタフェは6日、リーガエスパニョーラ第36節でラス・パルマスと対戦し、1-0で勝利した。柴崎はフル出場した。 ▽リーグ戦4試合負けのない7位ヘタフェ(勝ち点49)が、降格の決まった19位ラス・パスマスのホームに乗り込んだ一戦。来季のヨーロッパリーグ(EL)確保へ勝利が欲しいヘタフェは、その試合から先発を5人変更。モリーナやファイル、フラミニらに代えて5試合ぶり出場となる柴崎やレミ、バッリらが先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がりからホームのラス・パルマスがボールを保持する時間が続く。一方のヘタフェは、自陣でボールにきっちり寄せてくる相手守備に苦戦し、なかなかシュートチャンスに繋がらない。 ▽すると、ラス・パルマスは38分、ヒルの左CKをゴール前のカジェリがダイビングヘッドで合わせるも、これはゴール右に外れる。さらに40分には、ハリロビッチの右クロスのこぼれ球をボックス左でフリーのヒルがダイレクトシュート。しかし、このシュートも枠の上に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半も、積極的な入りを見せたのはラス・パルマス。50分、GKアギーレガライからのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したカジェリがボックス右からシュート。さらに52分には右CKのファーサイドに走り込んだフリーのガルベスがボレーシュートを放ったが、ともにシュートは枠を外した。 ▽劣勢の続くヘタフェは、62分にレミとダビド・アルバを下げてモリーナとルビオを投入する2枚替えを敢行。するとヘタフェは69分、柴崎のスルーパスで相手DFの裏に抜け出したアマトが決定機を迎えるも、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 ▽徐々に流れを掴み始めたヘタフェは76分、ロングパスで左サイドを抜け出したアンヘルの折り返しからゴール前に走り込んだモリーナが右足で合わせるも、シュートはゴール右に外れる。さらに77分にも、GKグアイタのパントキックを最前線で受けたアンヘルがボックス右からシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 ▽試合はゴールレスのまま終盤に突入。するとEL出場権確保へ負けられないヘタフェが、柴崎のインターセプトから待望の先制点を奪う。88分、相手陣内でガルベスから柴崎がインターセプトすると、こぼれ球を拾ったモリーナのパスをボックス内で受けたアンヘルがシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、ヘタフェが1-0で勝利。ヘタフェはEL出場圏内の7位キープに成功している。 2018.05.07 03:36 Mon
twitterfacebook
thumb

2度の指揮官交代も実らず、ラス・パルマスが4シーズンぶりの2部降格《リーガエスパニョーラ》

▽22日、リーガエスパニョーラ第34節が行われた。ラス・パルマスvsアラベスの一戦は0-4でアラベスが勝利。この結果、ラス・パルマスのセグンダ(2部)降格が決定した。 ▽19位のラス・パルマス(勝ち点21)が、13位のアラベス(勝ち点38)をホームに迎えた一戦。勝利以外の結果では降格が決定するラス・パルマスは、前半から奮闘するもゴールレスで45分を終えた。 ▽しかし、後半に入るとアラベスが猛攻。51分にムニルが先制ゴールを決めると、73分にもムニルがゴール。さらに終盤にかけてメドラン、ソブリーノとゴールを奪い、0-4でアラベスが勝利。ラス・パルマスの降格が決定した。 ▽ラス・パルマスは、2015-16シーズンからリーガエスパニョーラへ復帰。11位(2015-16)、14位(2016-17)と中位を維持してきた。 ▽今シーズンはマノルロ・マルケス監督が指揮を執るも、開幕から2勝4敗と低調なスタートとなり、9月末にマルケス監督が辞任。パコ・アジェスタラン監督が後任として就任するも、6連敗を含む1分け6敗とチームを立て直せず、11月末に解任。暫定的にコーチが指揮を執っていたが、ウィンターブレイクに入る際にパコ・ヘメス監督を招へいしていた。 ▽しかし、チームを立て直すことはできず、バレンシアやマラガに勝利するも、2月5日の第22節を最後に白星なし。5連敗で4シーズンぶりの降格が決定した。 2018.04.23 12:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイルがドブレテの活躍! 主力温存のマドリーが快勝でCLユーベ戦へ!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第30節、ラス・パルマスvsレアル・マドリーが31日にグラン・カナリアで行われ、アウェイのマドリーが3-0で快勝した。 ▽前節、絶好調のエースFWクリスティアーノ・ロナウドのポーケルの活躍でジローナに6-3の大勝を飾った3位のマドリーは、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグで昨季ファイナルで対戦したユベントスと対戦する。その重要な一戦を控える中での今節は降格圏の18位ラス・パルマス(勝ち点21)とのアウェイゲームに臨んだ。 ▽現在、CL3連覇に全力を注ぐジダン監督率いるチームはカナリア諸島への移動を強いられることもあり、C・ロナウドやクロース、セルヒオ・ラモス、イスコ、マルセロといった主力を軒並み招集外に。その一方でバジェホ、テオ・エルナンデスを除きモドリッチやカゼミロ、アセンシオといった主力クラスをスタメンで起用し、2トップはベイルとベンゼマが組んだ。 ▽残留を目指すラス・パルマスに対して、モチベーションが高くないマドリーは開始5分にカジェリ、11分にハリロビッチに決定的なシュートを許すなど、やや緩い入りを見せる。 ▽それでも、地力で勝るアウェイチームはベイルの鋭い仕掛けを起点にチャンスを創出。23分にはベイルの絶妙なスルーパスに抜け出したアセンシオがボックス内でGKと一対一になるが、ここは相手GKの好守に阻まれる。だが、26分には自陣左サイドでのスローインからモドリッチのロングスルーパスに抜け出したベイルが左サイドからゴール前に切り込んで左足の強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽ベイルの2戦連発となる今季10点目で先制したマドリーだったが、直後にアクシデント発生。負傷したナチョがプレー続行不可能となり、アクラフ・ハキミが緊急投入される。それでも、慌てないマドリーは39分にルーカス・バスケスがボックス内でカジェリに蹴り倒されてPKを獲得。これをキッカーのベンゼマが冷静に決め、前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、2点のビハインドを負うラス・パルマスのパコ・ヘメス監督が先に動く。ミカエル・マセード、ゴメスを下げてエクスポジト、ハイロを同時投入する。しかし、51分にはチモ・ナバーロのボックス内でのファウルで痛恨のPKを献上。これをキッカーのベイルが難なく決めて試合を決定づける3点目となった。 ▽ベイルのドブレテで勝利を大きく近づけたマドリーは61分にモドリッチとカゼミロを下げてマルコス・ジョレンテ、コバチッチを投入。3枚の交代カードを全て切り終えて試合を締めにかかる。 ▽その後、前がかるラス・パルマス相手にベイルやテオのドリブル突破を生かしたカウンターで幾度も決定機を作り出すマドリーだが、フィニッシュの精度を欠いて4点目は奪えず。それでも、主力を温存した中で格下に快勝のマドリーがCLユベントス戦に向けて大きな弾みをつけた。 2018.04.01 03:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース