ナスリ、1年間の出場停止へ2018.02.25 15:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に1年間の出場停止処分が科される見通しになったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。▽伝えられていたところによれば、ナスリはセビージャに所属していた2016年冬に治療の一環で点滴静脈注射を受けたが、ルール範囲外のもので違反行為に触れていたようだ。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルール上、6時間以内に50ml以上の静脈注射を受けることは、外科手術や入院、臨床検査のほか正当な理由以外では禁止されており、これに抵触したとみられている。

▽報道によれば、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が最終的に処分を決定し、当初の2年から1年に軽減されたという。欧州サッカー連盟(UEFA)は月曜日にも正式に発表するものとみられている。

▽なお、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況。『マルカ』によればラス・パルマス移籍に近づいていたが、今回の件を受けて契約締結は不可能になったとみられている。

▽今年6月には31歳となるナスリ。かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどビッグクラブで輝いたテクニシャンにとって、1年間にわたって試合から離れることになれば今後のプロキャリアへの影響も小さくないだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダDFデ・ラ・ベジャ、2部のラス・パルマスへ完全移籍

▽リーガエスパニョーラ2部のラス・パルマスは27日、レアル・ソシエダのスペイン人DFアルベルト・デ・ラ・ベジャ(32)を獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年間で、オプションでさらに1年延びる契約となっている。 ▽左サイドバックのデ・ラ・ベジャは2009年からソシエダでプレー。これまでソシエダで公式戦219試合に出場して8ゴール16アシストを記録していた。近年は若手の台頭もあって控えに回っていたが、昨季は後半戦に出場機会を増やし、リーガエスパニョーラ17試合に出場、ヨーロッパリーグでは7試合に出場して2ゴールを記録していた。 2018.08.28 02:29 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル、ラス・パルマスからDFビガスを獲得!

▽エイバルは31日、ラス・パルマスからスペイン人DFペドロ・ビガス(28)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽マジョルカの下部組織出身のビガスは2011-12シーズンにそのマジョルカで台頭。クラブが1部と2部を行き来する中で主力センターバックとして活躍。その後、2015年に加入したラス・パルマスでは2シーズンに渡って主力を担うも、昨季はヒザのケガの影響もあり、リーグ戦12試合の出場にとどまった。 ▽なお、エイバルは今回のビガス獲得オペレーションと共にスペイン人MFクリスティアン・リベラ(21)がラス・パルマスに移籍することを併せて伝えている。 2018.07.31 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ダビド・シルバ、故郷への想い再び「いつの日かラス・パルマスと一緒に」

▽マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFダビド・シルバが、改めてラス・パルマスに対する愛情を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽シティとの契約を2019年まで残しているシルバ。契約満了後には出身地であるカナリア諸島のクラブ、ラス・パルマスでのプレーを望んでいることが、昨年夏にも報じられていた。ロシア・ワールドカップ(W杯)を終え、休暇を過ごしたシルバが、改めて故郷への愛情を口にしている。 「(帰郷時はいつも)信じられない程の歓迎だし、今回はもっとだ。僕はここで幸せだし、うち(故郷)の島や人々をいつも満喫しているんだ」 「ラス・パルマスのためにプレーしたいけど、一人が望んだからといってフットボールではそれがいつも叶うとは限らない。ただ望むことは彼らがベストであること。いつの日か彼らと一緒にプレーできたらいいんだけどね」 ▽シルバは以前にも、「もしスペインに戻るならラス・パルマスだ」と発言。自身の胸の内では、一貫して故郷の存在が大きなものであることを示している。 2018.07.25 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ルベン・カストロが8年過ごしたベティスを退団…古巣ラス・パルマスが14年ぶり復帰を発表

▽ラス・パルマスは13日、スペイン人FWルベン・カストロ(37)の加入を発表した。 ▽ラス・パルマスの下部組織出身のカストロはデポルティボやラシンなどのクラブを渡り歩き、2010年夏にベティスに加入した。2017年夏からは中国の貴州智誠へレンタル移籍していたが、同年11月に復帰。在籍およそ8年間でで公式戦290試合に出場しクラブ記録の148得点を記録した。 ▽およそ14年ぶりに、キャリアをスタートさせた母なるクラブに戻った一方で、2010年から8年間過ごしたベティスも公式サイトでレジェンドへの別れのメッセージを送っている。 「クラブは、ルベンのベルディ・ブランカのユニフォームに対するプロフェッショナルとコミットメント、そして献身性に感謝します。これからの挑戦が最高のものになりますように」 ▽また、この移籍に伴い、両クラブは記念試合を開催することを決定。カストロはその試合で前後半に分け両方のユニフォームで試合に出場する予定のようだ。 2018.07.13 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月7日は、ロマニスタから“スワロフスキー”と揶揄された天才司令塔

◆アルベルト・アクィラーニ 【Profile】 国籍:イタリア クラブ:ラス・パルマス 誕生日:1984年7月7日 ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:77㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月7日は、元イタリア代表MFアルベルト・アクィラーニだ。 ▽出身地でもあるローマの下部組織で育った生粋のローマっ子であるアクイラーニ。2002年12月のコッパ・イタリアのトリエスティーナ戦でトップチームデビューを果たし、2009年までローマでプレー。公式戦149試合に出場した。 ▽その後、クラブの財政難もありリバプールへ移籍した。しかし、ケガを負った状態での移籍だったためチームへの合流が遅れ、本来の実力を示せないまま1年でレンタルという形でユベントスに移籍。翌シーズンもミランにレンタルした。 ▽さらにその後はフィオレンティーナやスポルティング・リスボン、ペスカーラへ移り渡り、2017年夏にラス・パルマスに加入。2017-18シーズンはリーグ戦21試合に出場した。 ▽天才司令塔と歌われながらも、ローマではケガの多さから“スワロフスキー”と呼ばれた。スワロフスキーとはオーストリアのクリスタルヤガラス製造会社のことで、ケガが多く脆かったことを揶揄して名付けられた。それでも当時のローマ主将フランチェスコ・トッティは、アクイラーニがローマを去った際にその決定についてクラブを批判していたという。 ※誕生日が同じ主な著名人 リンゴ・スター(ミュージシャン) ホセ・イスキエルド(サッカー選手/ブライトン) アントニオ・ドンナルンマ(サッカー選手/ミラン) 研ナオコ(タレント) 横山剣(ミュージシャン/クレイジーケンバンド) 堤真一(俳優) MISIA(歌手) 渡部博文(サッカー選手/ヴィッセル神戸) 吉田夕梨花(カーリング選手/LS北見) 2018.07.07 07:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース