ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》2018.02.19 04:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。

▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。

▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。

▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。

▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。

▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。

▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。

▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。

▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。

▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦再開! ドルトとバイエルンは難敵とのアウェイ戦

約1カ月のウインターブレイクを経て、ブンデスリーガの後半戦が金曜に再開される。前半戦最終戦となったボルシアMGとの上位決戦を制したドルトムントは、5連勝締めとした2位バイエルンとの勝ち点差6をキープして2018年を終えた。後半戦のスタートとなる迎える第18節、ドルトムントとバイエルンはいずれも難敵とのアウェイ戦を戦う。 まずは4位ライプツィヒ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨む首位ドルトムント(勝ち点42)から。前節ボルシアMG戦では前々節デュッセルドルフ戦での痛恨の敗戦を引きずらずに勝利を取り戻して前半戦を終えたドルトムント。良いムードでウインターブレイクを過ごせた中、引き続きアカンジとザガドゥを負傷で欠くセンターバックに本職中盤のヴァイグルが起用される見込みだが、スピードに秀でるライプツィヒのヴェルナーを止めることはできるか。 続いて金曜に7位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む2位バイエルン(勝ち点36)。5連勝でドルトムントの追撃態勢に入っている中、ロッベリーは負傷で不在となるが、存在感を高めてきているニャブリとコマンが彼らの穴を埋める働きをこなせれば、後半戦も白星スタートを切れるはずだ。連勝を伸ばし、ドルトムントにプレッシャーをかけたい。 左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場した6位フランクフルト(勝ち点27)の長谷部だが、11位フライブルク(勝ち点21)との後半戦初戦は先発復帰予想となっている。チームは長谷部不在の間、1勝1分け1敗で6失点とやや安定感を欠いており、長谷部の復帰によって復調したいところ。後半戦白星スタートとなるか。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、15位アウグスブルク(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。残留を争うライバルとの直接対決となるが、アジアカップに招集されなかった宇佐美は先発予想。引き続きチームの勝利に貢献するようなプレーを期待したい。 最下位と苦しいニュルンベルクはヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、久保はベンチスタート予想。そしてハノーファーvsブレーメンは大迫と原口がアジアカップ参戦中のため欠場となり、浅野は負傷欠場予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/18(金) 《28:30》 ホッフェンハイム vs バイエルン ▽1/19(土) 《23:30》 ハノーファー vs ブレーメン アウグスブルク vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs マインツ フランクフルト vs フライブルク レバークーゼン vs ボルシアMG 《26:30》 ライプツィヒ vs ドルトムント ▽1/20(日) 《23:30》 ニュルンベルク vs ヘルタ・ベルリン 《26:00》 シャルケ vs ヴォルフスブルク 2019.01.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バイエルン移籍を“禁止”?主力選手のライバルへの流出を阻止か

今後しばらくドルトムントに所属する選手がバイエルンに渡ることはないかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。<br><br>2013年にはMFマリオ・ゲッツェ、翌年にはFWロベルト・レヴァンドフスキ、2016年にはDFマッツ・フンメルスをバイエルンに引き抜かれてきたドルトムント。これら主力選手の流出も響き、2011-12シーズン以降はリーグタイトルから遠ざかる一方で、バイエルンには昨夏までブンデスリーガ6連覇と1強状態を築き上げられている。<br><br>だが、これからはリーグタイトルを巡ってバイエルンと張り合えるためにドルトムント幹部は内部でとある決断を下したようだ。『シュポルト・ビルト』はその例として、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが移籍を要請したところ、幹部は最終的にはバイエルン以外への移籍のみを許す条件で移籍を容認したことを挙げている。レンタルバックという形で今シーズンいっぱいはドルトムントに残り、夏にはチェルシーに加入が決定した同選手だが、バイエルン移籍の選択肢は与えられていなかったとのことだ。<br><br>ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は昨年11月、3-2で勝利を収めたバイエルン戦後に『スカイ』で「うちの選手の1人が来年、バイエルン・ミュンヘンのユニフォームを着ることは除外できるだろう。これに関しては手を打っている。うちには(選手との契約には)契約解除条項は存在しない」と強調。今後新選手はドルトムントに加入する時点から、契約満了前のバイエルン行きはないと見ても良いのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 07:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、そ径部のケガで離脱中のDFアカンジは手術回避! それでも復帰は“春頃”に…

ドルトムントは14日、そ径部のケガで離脱中のスイス代表DFマヌエル・アカンジに関して手術を行わず、保存治療で回復を目指す意向を明かした。 アカンジは昨年12月18日に行われたデュッセルドルフ戦でそ径部を負傷。負傷直後は軽い程度のケガと思われていたが、後に想定外の重傷であることが判明した。 当初、ケガの完治に向けて手術を選択し、今季中の復帰が絶望的と報じられていたが、今回の発表によって最悪の事態は回避された。 しかし、ドルトムントはアカンジの復帰プランに関して、「少しの休養を経てゆっくりと段階的にリハビリを進め、春までに完全復帰を目指す」と説明。そのため、復帰は最短でも3月以降になる見込みだ。 昨年1月にスイス屈指の名門バーゼルからドルトムントに加入したアカンジは、186cmの恵まれたサイズに加え、スピード自慢のアタッカーに走り負けないスピード、高水準の両足のキック精度と20代前半ながら完成度の高いセンターバック。 今季はルシアン・ファブレ監督の下でディフェンスリーダーに指名されると、ここまで公式戦18試合に出場し1ゴールを記録している。 2019.01.15 01:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ボカの逸材CBバレルディを獲得! スペイン2強との争奪戦制す

ドルトムントは14日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1200万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1500万ユーロ(約18億6000万円)程度になるという。また、契約期間は2024年6月30日までの5年半となる見込みだ。 187cmのセンターバックのバレルディは2018年に入ってトップチームデビュー。ここまでリーグ戦5試合に出場している。ボカ・ジュニアーズにおいて大きな実績を残せていないものの、攻守両面で高いポテンシャルを誇る逸材センターバックにはバルセロナとレアル・マドリーからの関心も伝えられていた。 スペインの2強との争奪戦を制して逸材確保に成功したドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は以下のようなコメントを残している。 「レオナルド・バレルディの移籍に関しては当初、来夏を予定していた。しかし、今回それを前倒しすることにした」 「レオナルドは非常に賢いセンターバックで強靭な守備を誇る。同時に高いビルドアップ能力でパスゲームに貢献可能だ。彼が我々のクラブを選んでいくれたことを嬉しく思うし、彼が将来的にそのタレント力で我々を助けてくれることを確信している」 2019.01.15 00:08 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース