ロイス復帰弾でボルシアMG撃破のドルトムントが公式戦4連勝! 香川は負傷でベンチ外…《ブンデスリーガ》2018.02.19 04:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsドルトムントが18日に行われ、アウェイのドルトムントが1-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガのため招集メンバー外となった。

▽香川が負傷したもののロイスが先発復帰し、バチュアイの連発弾とゲッツェの復活弾でハンブルガーSVを下した3位ドルトムント(勝ち点37)は、3連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点31)とアウェイで対戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦をバチュアイの公式戦3試合連続弾で劇的な形で制して勢いに乗るアウェイチームは、そのアタランタ戦から先発2人を変更。トプラク、プリシッチに代わってアカンジとゲッツェを起用した。

▽劣悪なピッチ状態が懸念される中でスタートした一戦。試合は立ち上がりからピッチ状態を反映するような、ボールが落ち着かない展開が続く。

▽ショートパスやドリブルを駆使した攻撃を信条とするアウェイチームが苦しむ一方、球際やロングボールなどシンプルな攻めを見せるホームチームは13分にボックス内に抜け出したシュティンドルに決定機も、ここはGKビュルキの好守に遭う。その後もボバディージャらのパワフルな仕掛けでドルトムントゴールに迫った。

▽一方、なかなかリズムを掴めないドルトムントだったが、復活のエースが待望の復帰弾を決める。32分、ゲッツェからのフィードをボックス左で収めたシュールレが浮き球で折り返す。これを巧みなトラップで足元に収めたロイスが右足を振り抜く。すると、ブレ球シュートがクロスバーの内側を叩いてネットを揺らした。

▽ロイスの復帰後初となる今季初ゴールで先手を奪ったドルトムントだが、その後は相手の反撃を受ける展開に。前半終了間際の42分には相手セットプレーの流れでゴール前に混戦が生まれ、ボバディージャの短いラストパスをヴェステルゴーアに流し込まれる。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ヴェステルゴーアのオフサイドとの判定が下り、リードを保って前半を終えた。

▽迎えた後半もボルシアMGが押し込む入りとなる。攻撃時に多くの選手がゴール前になだれ込む迫力のある仕掛けを見せるホームチームはトルガン・アザールが良い形で攻撃にアクセントを付ける。55分にはそのアザールのパスからシュティンドル、ボバディージャが続けてボックス内でシュートを浴びせるが、ここはGKビュルキとDFの必死のゴールカバーに阻まれる。

▽一方、前がかりな相手に対して追加点を奪って勢いを止めたいドルトムントは60分、セットプレーのこぼれ球に反応したロイスがペナルティアーク付近から抑えの利いた右足ボレーを放つ。だが、このシュートはややコースが甘くGKゾンマーに弾き出された。

▽その後も押し込まれる展開が続くドルトムントはゲッツェ、ロイス、シュールレと前線の選手を続けて下げてプリシッチ、ダフード、トプラクとやや守備的な交代カードを切っていく。その中でボルシアMGの攻勢に幾度も晒されるが、守護神ビュルキが再三のビッグセーブでボバディージャらの決定機を阻む。

▽試合最終盤には長身DFヴェステルゴーアを前線に上げる相手のパワープレーに対して、5バックで対応したドルトムントはこのまま1-0で勝ち切った。バチュアイの連続ゴールがストップするなど大苦戦を強いられながらも古巣対戦となったロイスの今季初ゴールで勝利したドルトムントは公式戦4連勝を飾った。一方、善戦も競り負けたボルシアMGは4戦連続無得点での4連敗と泥沼の状況となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントがバルサで構想外のFW獲得に動く?

▽ドルトムントがバルセロナに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセル(24)の獲得に動くようだ。フランス『レキップ』の報道をスペイン『マルカ』が引用して伝えている。 ▽ドルトムントは、昨シーズン途中にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(29)がアーセナルに移籍したため、後釜として当時チェルシー在籍のベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)をレンタルで獲得。だが、シーズン終了後に伴い、今夏に新たなストライカーとしてフランクフルトからドイツ人FWマリウス・ヴォルフ(23)を引き入れたが、チャンピオンズリーグの戦いも視野に入れ、アルカセルにも狙いを定めているようだ。 ▽そのアルカセルを巡っては、バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督の構想から外れている模様だ。スペイン国内のほか、イタリアやイングランド勢も関心を寄せているとされてきたが、プレミアリーグやセリエAの今夏移籍市場はすでに閉幕。アルカセルを手放す場合、完全移籍での売却を望むバルセロナだが、要求額を満たすオファーがなく、現時点でレンタル移籍の可能性が高いという。 ▽バレンシアの下部組織で育ったアルカセルは、ヘタフェへのレンタル移籍を経験し、2016年8月にバルセロナへと完全移籍。だが、分厚い選手層を前に思うように出場機会を得られず、昨シーズンは公式戦23試合の出場で7ゴール4アシストの記録にとどまっ 2018.08.21 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、昨季のバチュアイに続きベルギー代表FWに注目か

▽ドルトムントがベルギー代表FWディヴォク・オリジ(23)獲得に興味を抱いているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽2014年7月にリールからリバプールに加入したオリジは、昨シーズンヴォルフスブルクへレンタル移籍。ブンデスリーガ31試合に出場して6ゴール2アシストを記録していた。 ▽今回伝えられるところによると、この活躍を評価したドルトムントが獲得に興味。今夏ドルトムントは天津権健からベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、フランクフルトからFWマリウス・ヴォルフ(23)を獲得したものの、ストライカーの獲得は未だできておらず、オリジに白羽の矢を立てたようだ。オリジ獲得には3000万ユーロ(約38億円)が必要と見られている。 ▽ドルトムントは昨冬にアーセナルへ移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの穴を、当時チェルシーに在籍していたベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)からレンタル移籍で獲得したことで補完。果たしてオリジはドルトムントに移籍することで同じベルギー代表FWとしてバチュアイに続くことになるのだろうか。 2018.08.21 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ファブレ初陣のドルトムント、新戦力ヴィツェルと新主将ロイスの2つの土壇場弾で2部フュルト相手に劇的な延長戦勝利《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が20日に行われた。MF香川真司が所属するドルトムントはブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。なお、香川は招集メンバー外となっている。 ▽今夏、前ニース指揮官のファブレ新体制のドルトムントは今夏の移籍市場でGKヒッツやDFアクラフ・ハキミ、MFヴィツェル、MFヴォルフ、MFデラネイといった新戦力を獲得。そして、新体制の初陣となる今季の公式戦初戦ではフュルト対戦。ファブレ監督はこの一戦に向けてヴォルフ、ディアロ、デラネイの新戦力3人を先発起用。また、最前線にロイス、2列目にプリシッチ、ゲッツェ、ヴォルフを置くストライカータイプ不在の[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むドルトムントは開始8分にボックス左でルーズボールに反応したシュメルツァー、ゲッツェ、ダフードと続けてシュートを浴びせかけるが、ここは相手GKとDFの決死のブロックに阻まれ、早々のゴールとはならず。その後は相手の反撃に遭い、なかなか決定機を作れないドルトムントは32分にボックス手前で得たFKをロイスが枠に飛ばすが、相手GKのワンハンドセーブに遭う。 ▽結局、前半を0-0のスコアで終えたドルトムントは後半もボールを保持して試合の主導権を握るが、前半同様にアタッキングサードでのプレーの質を欠く。75分にはダフードのスルーパスに抜け出したロイスに決定機もGKとの一対一をモノにできない。すると、直後の77分には左サイドのエルンストからのクロスをファーのケイタ=ルーエルにダイレクトで折り返すと、これが長いワンツーのような形になってゴール左に走り込んだエルンストに決められてしまい、まさかの先制点を献上する。 ▽格下相手に敗戦が許されないドルトムントはフィリップに続き新戦力のヴィツェル、サンチョと続けて交代カードを切っていくが、完全に守りに入ったフュルトの守備を崩し切れず、試合は後半アディショナルタイムに突入。直前のプレーでシュメルツァーの決定機を相手DFにブロックされて万事休すと思われたが、最後の最後に劇的ゴールが生まれる。95分、セットプレーの二次攻撃からGKビュルキのパスをボックス手前左のロイスがダイレクトでゴール前に上げると、これをヴィツェルが右足のボレーで流し込み、土壇場で延長戦に持ち込んだ。 ▽追いついた勢いで延長戦ではドルトムントが完全にペースを握るかに思われたが、驚異の粘りを見せるフュルトが逆に再三の決定機を作り出していく。延長後半の113分には裏へ完璧に抜け出したリッセがボックス右から決定的なシュートを放つが、ここは守護神ビュルキが圧巻のセーブで阻止。すると、このままPK戦突入と思われた120分にまたしても劇的ゴールが生まれる。 ▽右サイドのスペースで縦に仕掛けたサンチョがボックス内に切り込んでマイナスのクロスを入れると、これをゴール前に走り込んだロイスが丁寧なダイレクトシュートで決め切った。そして、新戦力ヴィツェルと新キャプテンのロイスの2つの土壇場弾で勝ち切ったドルトムントがファブレ体制初戦を劇的な勝利で飾った。なお、DFBポカール1回戦全試合の結果は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 ▼8/17(金) シュバウンフルト 0-2 シャルケ マクデブルク 0-1 ダルムシュタット ヴェーエン 3-2 ザンクトパウリ ▼8/18(土) CfRプフォルツハイム 0-1 レバークーゼン エルフェアスベルク 0-1 ヴォルフスブルク カイザースラウテルン 1-6 ホッフェンハイム ドロホターゼン/アッセル 0-1 バイエルン リンクス 1-2 ニュルンベルク レーディングハウゼン 3-2 ディナモ・ドレスデン ダッセンドルフ 0-1 デュイスブルク ウルム 2-1 フランクフルト ヴォルマティア・ヴォルムス 1-6 ブレーメン エルツゲビルゲ・アウエ 1-3 マインツ ロートヴァイス・オーバーハウゼン 0-6 ザントハウゼン エルンテブリュック 3-5 ハンブルガーSV ハンザ・ロストック 2-0 シュツットガルト ▼8/19(日) シュテンダール 0-5 ビーレフェルト カールスルーエ 0-6 ハノーファー フレンスブルク 1-0 ボーフム イェッデロー 2-5 ハイデンハイム シュタインバッハ 1-2 アウグスブルク ロートヴァイス・コブレンツ 0-5 フォルトゥナ・デュッセルドルフ ヴィクトリア・ケルン 1-3 RBライプツィヒ BFCディナモ 1-9 1. FCケルン BSGライプツィヒ 2-1 ヤーン・レーゲンスブルク 1860ミュンヘン 1-3 ホルシュタイン・キール ハシュテット 1-11 ボルシアMG カールツァイス・イェーナ 2-4 ウニオン・ベルリン ▼8/20(月) ブラウンシュヴァイク 1-2 ヘルタ・ベルリン エネルギー・コットブス 2-3 フライブルク パーダーボルン 2-1 インゴルシュタット グロイター・フェルト 1-2 ドルトムント 2018.08.21 06:32 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司は新監督の構想外か…ドルトムントの開幕戦遠征メンバーから外れる

ドルトムントは20日、DFBポカール1回戦でグロイター・フュルトと対戦する。しかし、日本代表MF香川真司は、この遠征に帯同しなかったようだ。地元紙『ルール・ナーハリヒテン』が伝えている。<br><br>20日の国内カップ戦で、2018-19シーズンをスタートさせるドルトムント。今季からルシアン・ファーブル体制となり、2012年以来のブンデスリーガ制覇を目指して長いシーズンを戦うことになる。<br><br>しかし、重要なシーズン開幕戦で、香川がプレーすることはないようだ。『ルール・ナーハリヒテン』は「ファーブルは最初の厳しい決断を下した」とし、29歳MFが遠征メンバーから外れたことを伝えている。<br><br>ユリアン・ヴァイグルやヤコブ・ブルーン・ラーセンについては負傷の影響で外れたようだが、ヌリ・シャヒン、ダン=アクセル・ザガドゥ、そして香川については理由は明らかとなっていない。なお、負傷明けのラファエル・ゲレイロは帯同するようだ。<br><br>香川が遠征から外れた理由は明らかとなっていないが、コンディションに問題がない状態で外れたとなれば構想外の可能性もある。トルコのベジクタシュから熱心なオファーが届いているという日本代表MFは、ドルトムントを離れる可能性があるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 07:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ベジクタシュ、香川かゲッツェを獲得へ…ドルトムントが容認した選手と年俸交渉に

ベジクタシュは香川真司だけでなく、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェも獲得候補として見ているようだ。トルコ『Fanatik』が報じた。<br><br>ベジクタシュは今夏、日本代表MFの獲得に全力を注いでいる。すでに一度オファーを送っており、2度目のオファーも準備しているという。そんな中、ベジクタシュは香川のライバルでもあるゲッツェをリストアップし、2人のうち少なくとも一人は確保したい意向のようだ。<br><br>ドルトムントと交渉のテーブルに着き、クラブが許可するどちらかの選手を獲得する見込み。レンタルという形で、買い取りオプションも付帯すると伝えられる。しかし、問題は年俸になるという。<br><br>香川は400万ユーロ(約5億円)、ゲッツェは700万ユーロ(約8億8000万円)をドルトムントで受け取っているとされる。いずれにしても、ベジクタシュが払える額ではなく、いくらか減らす必要が出てくるという。これらの交渉がまとまった時、移籍が合意に達する見込みだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.19 18:20 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース