元神戸のラウドルップ氏が今季CL優勝チームを予想! 「決勝に慣れているチームに賭ける。それは…」2018.02.14 10:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代にバルセロナやレアル・マドリー、ヴィッセル神戸などでプレーした元デンマーク代表ミカエル・ラウドルップ氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ優勝チームを予想した。スペイン『アス』が『Omnisport』でのインタビューを引用して伝えている。

▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。決勝トーナメントに進出した16チームは、ユベントス、トッテナム、バーゼル、マンチェスター・シティ、ポルト、リバプール、セビージャ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、シャフタール・ドネツク、ローマ、チェルシー、バルセロナ、バイエルン、ベシクタシュだ。

▽現在カタール・スターズリーグ(1部相当)のアル・ラーヤンの指揮官を務めるラウドルップ氏は、「決勝の舞台に慣れているチーム」という理由から優勝チームを予想した。

「私の経験から、決勝の舞台に慣れているチームに賭けるね」

「それはスペインでプレーしたことがある2つのチーム。レアル・マドリーとバルセロナだよ。ダークホースはマンチェスター・シティだ」

「彼らは2チーム分を作るだけの戦力がある。9人の選手を代えることができる現在のフットボール界でも数少ないチームだよ。そのメンバーを見ても私は『わお! これは素晴らしいチームだね』と言うだろうね」

コメント

関連ニュース

thumb

セスク、考えることはペップと同じ…チェルシー対バルサは「メッシのいるチームが本命」

チェルシーは20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、ホームでのバルセロナ戦に臨む。この一戦を前に『UEFA.com』とのインタビューに応じたMFセスク・ファブレガスは、このノックアウトラウンドの本命が古巣バルセロナであると述べた。<br><br>セスクはバルセロナが本命である理由として、FWリオネル・メッシの存在を挙げる。親しい友人でもあるアルゼンチン代表FWについて、次のように語った。<br><br>「メッシを擁するバルサはいつだって本命で、タイトルを獲得する可能性が最も高いチームとなる。調子の良い彼を止められる選手なんていないんだよ」<br><br>このセスクの意見は、同じくバルセロナを古巣とするジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督とまったく同じものだ。グアルディオラ監督は、チャンピオンズリーグ優勝に最も近いチームについて問われる度、「レオ・メッシのいるチームが本命だ」と口にしてきた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 23:01 Mon
twitterfacebook
thumb

リバウド氏、古巣バルセロナは「チェルシーよりもチームとなっている」

元ブラジル代表FWリバウド氏が、20日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、チェルシーvsバルセロナについて自身の見解を述べた。<br><br>スペイン『マルカ』とのインタビューに応じたリバウド氏。フットボール界のレジェンドは、このノックアウトラウンドが熾烈なものになるとしながらも、しかし古巣バルセロナの方がチームとしてまとまっており、突破の可能性が高いとの考えを口にしている。<br><br>「難しい対戦になるだろうけど、バルサが突破の本命だね。イングランドのチームには、いつだって敬意を払わなくてはいけない。ただバルサはチェルシーよりもチームになっていると思う。このノックアウトラウンドを突破するだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

テア・シュテーゲン、独代表正守護神の座に意欲示さず「ノイアーが戻れば、彼がナンバー1」

バルセロナのGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、ドイツ代表正守護神の座を奪う考えはないようだ。アメリカ『ESPN』で、長期離脱中のバイエルンGKマヌエル・ノイアーに言及している。<br><br>2014年夏にバルセロナに加わったテア・シュテーゲンは、2016-17シーズン以降同チームの正守護神として活躍。ドイツ代表でも2番手として定着し、昨年から負傷離脱を強いられているノイアーの代役としてチームの守備を支える。<br><br>だが、テア・シュテーゲンはノイアーに取って代わる考えはない様子。「ノイアーが戻ってくれば、彼がナンバー1」と強調した上で、「彼がそれほどのリスペクトに値するということだ。僕たちみんなで彼が以前の力を取り戻せるようサポートしていく。僕たちは一つのチームであり、ドイツ代表として成功を目指している」と個人の願望は二の次だという。<br><br>テア・シュテーゲンはまた、自身に対する評価について次のように話している。<br><br>「世界最高のGKなのかにはあまり関心がないね。より重要なのは、常に準備ができていて、100%を出し切り、チームのために良いパフォーマンスを見せること。いつもチームがすべてだよ」<br><br>20日のチャンピオンズリーグではチェルシーと対戦するバルセロナだが、テア・シュテーゲンはGKティボ・クルトワとの&ldquo;GK対戦&rdquo;も特に意識していないようだ。<br><br>「クルトワのことは追っていない。正直、他のGKは見ていないんだ。たまにハイライト映像を見るぐらいだよ。3~4日毎に試合があるので、時間があまりないのでね。僕は自分のプレー、そして次の試合に集中している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、元バルサ指揮官のチェルシー監督就任に太鼓判

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、チェルシーの監督就任が噂されている元バルサ指揮官を称賛している。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽昨シーズンから補強面でクラブとの意見が相違し、フロント陣との軋轢が伝えられるアントニオ・コンテ監督には現在、今シーズン限りでの退団が囁かれている。また、シーズン終了を待たずに解任する可能性もあるようで、後任には昨シーズンまでバルセロナで指揮していたルイス・エンリケ氏の名が浮上している。 ▽最近、現役時代にバルセロナとチェルシーでプレーしたアルベルト・フェレール氏は、ルイス・エンリケ氏がチェルシー指揮官の後任として最適であると主張し、すでに同氏が英語を勉強していることを明かした。そんな中、バルサでルイス・エンリケ氏と過去に師弟関係にあるイニエスタも太鼓判を押している。 「ルイス・エンリケは優れた監督だよ」 「バルセロナで彼は素晴らしい能力を証明した。チェルシーを含めてどんなクラブでもトロフィーを獲得できると思うよ。もちろんチェルシーは世界で最も大きいクラブの一つだから簡単ではないけどね」 「それでも彼がバルセロナを成長させたことを考えれば、チェルシーでもそれが可能だと思う」 「プレミアリーグは厳しいリーグだ。しかし、彼はイングランドのどんなビッグクラブでも指揮できる手腕を持っている」 2018.02.19 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

年寄り扱いするな!…セスク、バルサの“マエストロ”を語る

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスがバルセロナ時代の同僚である同代表MFアンドレス・イニエスタ(33)の衰退を否定した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽チェルシーは、20日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でバルセロナをホームで迎え撃つ。 ▽これに先駆けて、古巣バルセロナを控えるセスクがインタビューに応対。年齢による衰えや移籍報道が取り沙汰されるイニエスタについて、次のように言及した。 「彼はまだ良くなる。この類の選手にとって、年齢はさほど重要じゃない。才能があって、ビッグな存在であれば、30代の後半までプレーできる」 「今、フィジカルを求める試合が多くなっているから、それが大切なのは明らかだ。でも、クオリティさえあれば、あるいはインテリジェンスがあれば、カバーできる」 「彼を年寄り扱いし過ぎだよ! 僕より3つ年上なだけじゃないか。僕らはU-21スペイン代表で一緒にプレーしたし、僕が18歳のときも共闘した」 「彼とはいつもプレーしていたから、“アイドル”としてじゃなく、単なるチームメートとして見ていた。人間として称賛されるべき男なんだ」 「でも、彼は若手から“アイドル”的な存在として敬われるタイプじゃなかった。僕自身も、似たタイプのジョゼップ・グアルディオラに憧れていたんだ」 「あと、バルセロナでプレーしていた頃のルイス・フィーゴもそうだね。彼らは僕が子供の頃に憧れた選手たちだった」 「でも、あの当時のバルセロナは、スペイン人選手だけじゃなく、外国籍選手も素晴らしかったね」 2018.02.19 13:00 Mon
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース