元神戸のラウドルップ氏が今季CL優勝チームを予想! 「決勝に慣れているチームに賭ける。それは…」2018.02.14 10:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代にバルセロナやレアル・マドリー、ヴィッセル神戸などでプレーした元デンマーク代表ミカエル・ラウドルップ氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ優勝チームを予想した。スペイン『アス』が『Omnisport』でのインタビューを引用して伝えている。

▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。決勝トーナメントに進出した16チームは、ユベントス、トッテナム、バーゼル、マンチェスター・シティ、ポルト、リバプール、セビージャ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、シャフタール・ドネツク、ローマ、チェルシー、バルセロナ、バイエルン、ベシクタシュだ。

▽現在カタール・スターズリーグ(1部相当)のアル・ラーヤンの指揮官を務めるラウドルップ氏は、「決勝の舞台に慣れているチーム」という理由から優勝チームを予想した。

「私の経験から、決勝の舞台に慣れているチームに賭けるね」

「それはスペインでプレーしたことがある2つのチーム。レアル・マドリーとバルセロナだよ。ダークホースはマンチェスター・シティだ」

「彼らは2チーム分を作るだけの戦力がある。9人の選手を代えることができる現在のフットボール界でも数少ないチームだよ。そのメンバーを見ても私は『わお! これは素晴らしいチームだね』と言うだろうね」

コメント

関連ニュース

thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.24 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スアレス、前日練習欠席も…第3子誕生でCLインテル戦へ!

▽バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスに第三子が誕生した。 ▽24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節でインテルと対戦するバルセロナ。しかし、スアレスは個人的な事情により、23日の前日練習を欠席していた。 ▽その理由は出産に立ち会うためだったようだ。スアレスは23日に無事第三子が誕生したことを自身のツイッター(@LuisSuarez9)で報告している。 「ようこそ、ラウティ! 僕らの間に生まれてきてくれてとても幸せだ。全てのメッセージに感謝するよ」 ▽なお、スペイン『マルカ』が伝えるところによると、スアレスはインテル戦に出場予定。幸せな瞬間を迎えることができたスアレスは、第3子誕生を自らのゴールで祝うことができるか。 2018.10.24 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アルバ、宿敵指揮官にエール「ロペテギの続投を願っている」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバが、レアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ監督にエールを送っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前に新シーズンのレアル・マドリー監督就任が発表されたことで、W杯を戦うことなくスペイン代表指揮官の座から降ろされたロペテギ監督。迎えたマドリーでの今シーズンは、シーズン開幕当初こそ好スタートを切った。しかし、その後不振に陥り、現在リーガエスパニョーラで7位と低迷。現在解任の危機に瀕している。 ▽そんな中、アルバはスペイン代表時代の恩師であるロペテギ監督について言及。現在は宿敵の指揮官でありながら、同監督の続投を願っている。 「彼はワールドカップを終えてからレアル・マドリーと契約したかったと思う。しかし、スペインサッカー連盟の会長はあのような決断を下した。ロペテギ解任は全員が衝撃を受けたよ」 「彼とは素晴らしい関係がある。個人的にもとても助けてもらったんだ」 「続投することを願っているよ。彼が行ったクラブは好きではないけど、長い期間指揮して欲しいと思っているよ。それに値する人だからね」 「チームのために全てを犠牲にできる人だ。幸運を祈っている」 2018.10.24 11:04 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、クラシコはロペテギ体制で! 幹部が断言

▽レアル・マドリーは、週末のクラシコをフレン・ロペテギ体制で臨むようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズンからレアル・マドリーの監督に就任してロペテギ監督。シーズン開幕当初こそ順調なスタートを見せたが、その後深刻な得点力不足に陥った。直近の公式戦5試合では1分け4敗と一気に減速し、解任の危機に瀕している。 ▽そんな中、迎えた23日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節のヴィクトリア・プルゼニ戦では、苦しみながらも2-1で勝利。公式戦6試合ぶりの勝利を飾った。 ▽勝利したレアル・マドリーは28日、リーガエスパニョーラ第10節でバルセロナとのエル・クラシコを迎えるが、このままロペテギ体制で臨む意向のようだ。ヴィクトリア・プルゼニ戦後、レアル・マドリーの幹部であるエミリオ・ブトラゲーニョ氏は、「ロペテギ監督が週末の一戦も指揮を執るか」の質問に対して、「そうだ。全てが正常だよ。我々は落ち着き、団結し続けなければならない」と明かした。 ▽一方で、ロペテギ監督も試合後、自身の去就について問われると「その質問は私にするものではない。明日から日曜日の重要な一戦に向けて準備をしていくつもりだ」と意に介さない姿勢を見せている。 ▽一部では後任候補が不在であることとクラシコを直前に控えていることを理由にロペテギ監督の続投が伝えられている。果たしてロペテギ監督は、エル・クラシコで周囲のプレッシャーを跳ね飛ばす勝利を収めることができるか。 2018.10.24 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ戦に向けたインテルの招集メンバー発表、ナインゴラン欠場もペリシッチとブロゾビッチがメンバー入り《CL》

▽インテルは23日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループB第3節バルセロナとのアウェイ戦に臨む招集メンバー19名を発表した。 ▽前日にインテルが発表していた通り、直近のミラノ・ダービーで負傷したベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが招集外となった一方、同じくダービーで軽傷を負っていたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチと同国代表MFマルセロ・ブロゾビッチの両選手はメンバー入りした。 ▽インテルはCL2試合を終えてPSV、トッテナムに連勝し、好スタートを切っている。インテルの招集メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆インテル招集メンバー GK サミル・ハンダノビッチ ダニエレ・パデッリ トンマーゾ・ベルニ DF シメ・ヴルサリコ ステファン・デ・フライ アンドレア・ラノッキア クワドゥオ・アサモア ミランダ ダニーロ・ダンブロージオ ミラン・シュクリニアル MF マルセロ・ブロゾビッチ マティアス・ヴェシーノ ボルハ・バレロ イバン・ペリシッチ アントニオ・カンドレーバ FW マウロ・イカルディ ラウタロ・マルティネス ケイタ・バルデ・ディアオ マッテオ・ポリターノ</span> 2018.10.23 23:20 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース