ネイマールの驚異的な発信力…1投稿=6100万円2018.02.13 22:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールのSNS上における価値が半端ないことが判明した。『DIGITALSPORT』が伝えている。▽ソーシャルメディアを調査するソフトウェア企業『Blinkfire』が独自でネイマールのSNS上における発信力を分析。74回の総投稿数を記録した1月だけでも、合計3400万ユーロ(約45億1000万円)の経済効果を生み、1回の投稿あたり45万9000ユーロ(約6100万円)の価値があるそうだ。

▽世界中で抜群の知名度を誇るネイマールは現在、ツイッター(@neymarjr)、インスタグラム(neymarjr)、フェイスブックの3大SNSを運用。ツイッターで3800万人、インスタグラムで8900万人、フェイスブックで6000万人のフォロワーを抱えている。

▽なお、『Blinkfire』によれば、ネイマールの並外れたSNS上における発信力は、世界中の注目を集めるとされるワールドカップ決勝で掲示された広告効果と肩を並べるほどだという。

▽昨夏、史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約294億7000万円)でバルセロナから鳴り物入りでパリに活躍の場を移したネイマール。SNSが凄まじいスピードで普及する近年において、ブラジル代表FWの発信力を考えると、安い買い物だったのかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

カバーニが描く契約満了後の未来図 新たに母国復帰も選択肢に

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)がフランス『RMC Sport』で将来に言及した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 カバーニは2013年夏にナポリからPSGに加わり、2016-17シーズンから2年連続でリーグ・アン得点王を受賞。今シーズンもリーグ・アンで14得点を挙げ、得点ランキングで同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペに次ぐ2位につけている。 ただ、そのカバーニの契約は残り18カ月。ナポリ復帰説も飛び出す中、先日に現行契約満了後の現役引退に含みを持たせた。そして、19日に行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦後にも次のように語り、母国復帰の可能性を新たに提示した。 「すごく落ち着いているよ。でも、物事は変化するものさ。何度も話してきたように、僕だけの決断で決められないことなんだ」 「僕とPSGの契約は2020年まで。その契約を全うしたいと思っている。その後に何が起こるかなんてわからない」 「移籍市場について話をすることはできるけど、僕は契約が残っている。そして、その契約を尊重するつもりだ」 「契約満了後の帰国もわからない。でも、それも考えていることは確かさ。僕はもうすぐ32歳。故郷に帰って考えてみるよ」 2019.01.21 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、将来を濁す 「フットボール界で何が起こるかなんて…」

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)が将来を濁した。スペイン『マルカ』が報じた。 ムバッペは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節のギャンガン戦にフル出場。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと共にハットトリックを成し遂げ、9-0の爆勝劇を演じた。 着実にスターダムを駆け上がるムバッペは試合後、長らくレアル・マドリー行きが取り巻く将来について問われると、次のように言及。否定せず、あらゆる可能性に含みを残した。 「すごく良い気分だよ。でも、フットボール界で何が起こるかなんてわからない」 「他のことを考えるタイミングじゃない。まだ2021年まで契約があるのだからね」 2019.01.20 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ重傷か トゥヘルの見解は…

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督がイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの重傷を懸念した。フランス『Canal+』が報じた。 PSGは19日にホームで行われたリーグ・アン第21節でギャンガンと対戦。フランス代表FWキリアン・ムバッペとウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの“ダブルハット”達成もあり、9-0で爆勝した。だが、この試合に先発したヴェッラッティは19分に左足首を痛めてピッチを去り、そのまま病院に直行。トゥヘル監督は試合後、ヴェッラッティについて次のように語った。 「良いニュースはない。深刻だと思う。起こり得る最悪の出来事だ。悲しさと嬉しさがある。良いスピリットとクオリティを示して、9-0で勝利したのだからね。だが、マルコ・ヴェッラッティに関しては残念だ。数週間ほど離脱する可能性がある」 PSGは現在、移籍志願のフランス代表MFアドリアン・ラビオがリザーブチームに降格したこともあり、ボランチの陣容が手薄な状況。ヴェッラッティは2月12日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に間に合うのだろうか。 2019.01.20 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督は、ドルトムントMFユリアン・ヴァイグルへの興味を失っていないと話した。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。<br><br>PSGは移籍希望を公言しているMFアドリアン・ラビオが戦力外となっているため、トゥヘルは中盤の人材を強く求めている。そこで、ドルトムント時代に重用していたヴァイグルに興味を示し、以前から獲得を狙っているとされる。<br><br>トゥヘルは「ユリアンは依然として興味深い選手」と話し、改めて獲得希望を口にしたが、このように続ける。<br><br>「その件については何も話せない。彼は私の選手だったし、一緒に仕事もした。ドルトムントでとてもいいプレーをしていたが、まだそこの選手だからね」<br><br>ドルトムントは冬に完全移籍で放出する構えは見せていないが、トゥヘルは今冬の移籍市場で選手が必要との姿勢を崩さない。<br><br>「我々には必要だ。基本的には昨夏取らなければならなかったが、我々には彼が必要なんだ」<br><br>ヴァイグルを強く求めるトゥヘル。愛弟子をフランスに連れてくることはできるのだろうか<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.18 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、チェルシー行きの噂が流れているものの現状に幸せを感じていると話した。<br><br>今冬の移籍市場が開幕した1月上旬から、ストライカーの獲得を目指すチェルシーがカバーニの獲得に興味。ウルグアイ代表FWの獲得に向けてPSGに5000万ポンド(約70億円)を支払う意思があったと考えられていた。過去にはネイマールとの不仲説が報じられ、退団に大きく傾いていたとされる同選手だが『Goal』に対して、フランスの地でプレーすることに喜びを感じており、今後も同チームの一員としてプレーしたいとの考えをあらわにした。<br><br>「フットボールだけではなくて、人生においても、人として常に成長しようと努力し、目標を持つ必要があると思う。僕の目標は毎年同じだ。勝利すること、100%のコンディションを維持すること、PSGとともにできる限り歩み続けることだ。個人的に難しい時期を送っているけれど、ハードワークを続けることだけが成功や結果につながる唯一の方法だと思う。常に100%で取り組み、チームメイトのためにベストを尽くしたい」<br><br>「アップダウンのある困難な時だとしても、僕を妨げるものは何もない。なぜなら選手である限りキャリアの中で我慢するときは誰にだって必ず訪れるとわかっているからだ。チームを助けたいと考えているからこそ、ゴールを奪えない状況に満足できないのは当然だ。ゴールを奪うことはセンターフォワードとしての僕に課された役割だ」<br><br>昨夏に就任したトーマス・トゥヘル監督の下、PSGはここまでリーグ戦で無敗を維持し、2位以下に勝ち点13差をつけて独走。ここ7年間で6度目のリーグ・アン制覇もすでに手中に収まっていると考えられている。さらに、チャンピオンズリーグでも強豪ひしめくグループを首位で通過するなど好調をキープする。これを受け、カバーニは今シーズンよりチームを率いるドイツ人指揮官の手腕を称賛した。<br><br>「コーチがチーム内のポジティブな雰囲気を作り出している。それに、フィールド内外で選手たちが少しずつ今まで以上に繋がりを持てるように彼が管理している。これは簡単なことではない。でも、僕たちは団結していると感じているし、友達のような気分だ。僕たち全員はこの状態が続いてほしいと願っている。ゆっくりだけれど、確実にチームとしてさまざまな局面に向かい合うことができている。このことが僕たちをさらに上のレベルへ導いてくれると信じている」<br><br>一方で、9日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝では、ギャンガンに1-2で敗れて6連覇の夢が潰えた。この敗戦についてカバーニは「フットボールでは起こり得ること」と話し、以下に続けた。<br><br>「ときどき全員が揃って戦えるけれど、ある時には何人かの選手が出場できず、代わりの選手を必要とするときがある。これは至って普通のことだ。2019年の始まりに過ぎないし、僕たちはウィンターブレイクを取っていた。カップ戦での戦いは終わったけれど、シーズン前半でチャンピオンズリーグのグループリーグ突破を決め、リーグ戦では首位を走っている。他のチームも良くなっているけれど、僕たちだってこれからも力をつけていけるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 19:11 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース