韓国行きの合意が発表された元甲府MFボザニッチが一転、母国メルボルン・シティ加入2018.02.12 15:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽Aリーグのメルボルン・シティは、2017シーズンにヴァンフォーレ甲府でプレーした元オーストラリア代表MFオリヴァー・ボザニッチ(29)の加入を発表した。今シーズン終了までの契約となる。

▽イングランドのレディングやスイスのルツェルンなどえプレーした経験があるボザニッチは、2017年3月にメルボルン・ビクトリーから甲府へと加入。2017シーズンは明治安田生命J1リーグで10試合、YBCルヴァンカップで4試合出場1ゴール、天皇杯で1試合に出場。2017年11月末での退団が発表されていた。

▽その後、12月末にKリーグ1の浦項スティーラーズへの入団合意が発表。メディカルチェック後に合流するとされていたが、正式契約に至らず。1月に発表された今シーズンのメンバーにも名前はなかった。

▽ボザニッチは、母国への復帰について「ここは僕にとって馴染みある街の野心的なクラブであり、ここに戻ってこれることに興奮している。もう1度メルボルンでプレーできることが待ちきれないよ」と語っている。

コメント

関連ニュース

thumb

クリスタル・パレス、今夏残留のザハと2023年までの新契約締結!

▽クリスタル・パレスは15日、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽今夏、チェルシーやトッテナムへの移籍の可能性が盛んに報じられた中、残留を決断したザハは新契約にサインした後にクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残した。 「今はとても嬉しいよ。クラブとの新契約を望んでいたし、それをやり遂げることができた。だから、これからのシーズンに集中することができると思うよ。ここ最近は多くの雑音に悩まされていたから、この状況を整理することができて良かったよ」 ▽パレス生え抜きのザハは2010年にトップチームデビュー。その後、マンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を経験も、2014-15シーズンにレンタルで復帰を果たすと、その翌年に完全移籍で再加入。ここまで公式戦288試合に出場し44ゴールを記録。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、29試合9ゴール5アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 ▽また、今季のプレミアリーグ開幕戦となったフルアム戦ではチームを2-0の勝利に導く追加点を挙げていた。 2018.08.15 19:55 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーのナイジェリア代表DFオメルオがレガネスへレンタル移籍

▽レガネスは15日、チェルシーのナイジェリア代表DFケネス・オメルオ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。今シーズン一杯のレンタルとなる。 ▽オメルオは、2012年1月にスタンダール・リエージュからチェルシーに加入。その後はADOデン・ハーグ、ミドルズブラ、カシムパシャ、アランヤシュポルへのレンタル移籍を経験している。チェルシーでの出場経験は無いものの、トルコ・スーパーリーグでは79試合に出場し2ゴール1アシストを記録。エールディビジでは36試合に出場し2ゴール2アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)では33試合に出場している。 ▽また、ナイジェリア代表としても40試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップに続き、ロシア・ワールドカップにも出場。2試合でプレーしていた。 2018.08.15 19:51 Wed
twitterfacebook
thumb

柴崎同僚FWパチェコがマラガに移籍

▽マラガは15日、スペイン人FWダニエル・パチェコ(27)がヘタフェから加入したことを発表。契約期間は2020-21シーズンまでの3年間となる。 ▽バルセロナのカンテラを経て、2007年にリバプールの下部組織に入団したパチェコは、ウイングや2列目でプレーするアタッカー。リバプールではトップチームに定着できず、アトレティコ・マドリーやラージョにレンタル移籍していた。その後、リーガ2部のアルコルコンで頭角を現したパチェコは、2014年夏にベティスへ完全移籍。さらに、2015-16シーズンにレンタルで加入したアラベス(当時リーガ2部)で優勝に大きく貢献活躍を見せていた。 ▽ヘタフェには、2016-17シーズンにレンタルで加入して1部昇格に貢献。昨シーズンには完全移籍に切り替え、公式戦12試合に出場している。日本代表MF柴崎岳らとともに、昇格シーズンながらリーガ8位フィニッシュに貢献した。 2018.08.15 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

AZがPSVからアイスランド代表FWグズムンドソンを獲得

▽AZは14日、PSVからアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽グズムンドソンは、ヘーレンフェーンやPSVの下部組織で育ち、2017年7月にトップチームへ昇格。2017-18シーズンのエールディビジでは、9試合に出場し3アシストを記録していた。 ▽世代別のアイスランド代表を経験しているグズムンドソンは、2017年1月にA代表デビュー。ロシア・ワールドカップのメンバーにも選ばれ、グループステージ第3戦のクロアチア代表戦に途中出場していた。 2018.08.15 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、スウェーデン代表MFエクダルを獲得! HSVで酒井&伊藤の同僚

▽サンプドリアがハンブルガーSV(HSV)からスウェーデン代表MFアルビン・エクダル(29)を完全移籍で獲得した。レガ・カルチョの公式サイトが同選手の登録を伝えている。 ▽母国のブロマポイカルナでキャリアをスタートしたエクダルは2008年にユベントスに加入。以降、シエナ、ボローニャ、カリアリと渡り歩き2015年にHSVに加入した。 ▽守備的MFを主戦場にセンターバックやサイドバック、サイドハーフまでこなすユーティリティープレーヤーは在籍3シーズンで公式戦57試合に出場。昨シーズンはケガの影響でリーグ戦19試合の出場にとどまっていた。 ▽また、2011年にデビューを飾ったスウェーデン代表では通算39試合の出場。ロシア・ワールドカップでは全試合に出場し、ベスト8進出に大きく貢献していた。 ▽なお、すでにサンプドリアのメディカルチェックをパスしたエクダルは2015年以来のセリエA復帰となる。 2018.08.15 14:35 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース