徳島退団のDFヴァシリェヴィッチがCL・EL常連のBATEボリソフ加入「ガンバッテクダサイ!」2018.02.12 12:48 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽徳島ヴォルティスは12日、セルビア人DFヴァシリェヴィッチ(26)がベラルーシのBATEボリソフに加入することを発表した。▽ヴァシリェヴィッチは2017年1月にルーマニアのパンドゥリイ・トゥルグ・ジウから徳島に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに21試合出場した。しかし、今年1月に契約満了となった。

▽チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの常連であるBATEボリソフへの加入が決定したヴァシリェヴィッチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、ベラルーシのBATEボリソフに加入することが決まりました。昨年徳島で過ごした素晴らしい日々に感謝しています。自分がどこにいてもこれからも徳島ヴォルティスのことを応援していますし、J1に昇格することを願っています。ガンバッテクダサイ!」
コメント
関連ニュース
thumb

徳島退団のFWバラルがスペイン3部のラシンに加入「歴史的なクラブにやって来た」

ラシン・サンタンデールは16日、徳島ヴォルティスを退団したスペイン人FWダビド・バラル(35)を完全移籍で獲得したことを発表した。 地元であるサン・フェルナンドでサッカーを始めたバラルは、2002年にレアル・マドリーのリザーブチームへと加入。カスティージャまで昇格するも、トップチームには上がれず、2006年にスポルティング・ヒホンに完全移籍した。 その後は、オルドゥシュポル(トルコ)やレバンテ、アル・ダフラ(UAE) 、グラナダ、APOEL(キプロス)、カディスと多くのクラブを渡り歩き、2018年7月に徳島へと入団。明治安田生命J2リーグでは16試合に出場し9ゴール1アシストを記録していた。 ラシンは、かつてはリーガエスパニョーラに所属していたものの、多くの負債を抱えると、2011年1月にインド人実業家アーサン・アリ・サイドが買収。しかし、アリ・サイドが契約不履行で姿をくらませると、2011-12シーズンを最後に2部に降格。現在は、セグンダB(スペイン3部)に所属している。 バラルは今回の移籍に対し「僕はセグンダBにきたわけではない。ラシンに来た。それは、クラブに入ることを決断するのに十分だった。歴史的なクラブにやって来たんだ」とコメント。また自身のコンディションについても触れ、「僕は数週間のうちに最高の状態になるだろう」とコメントした。 バラルはリーガエスパニョーラで221試合に出場し46ゴール10アシスト、セグンダで61試合に出場し17ゴールを記録。コパ・デル・レイでも23試合に出場し12ゴール1アシストを記録していた。 2019.01.17 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎DFヨルディ・バイス、徳島へ期限付き移籍「皆さんの心を掴めるように」

徳島ヴォルティスは15日、V・ファーレン長崎からオランダ人DFヨルディ・バイス(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年12月31日まで。なお、長崎と対戦するすべての公式戦で出場することができない。 ヨルディ・バイスは2018年7月にシドニーFCから長崎に完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで16試合1得点を記録した。 徳島への期限付き移籍が決定したヨルディ・バイスは、両クラブの公式サイトに以下のようにコメントしている。 ◆徳島ヴォルティス 「V・ファーレン長崎から加入することになりました。徳島ヴォルティスで新たなスタートがきれることを嬉しく思いますし、楽しみにしています。自分の全力を尽くして、お互い助け合って自分たちの目標を達成出来るように頑張ります。ファン・サポーターの皆さんの心を掴めるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」 ◆V・ファーレン長崎 「このたび、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することになりました。クラブを離れることを本当に寂しく思います。V・ファーレン長崎の選手、スタッフ、すべてのクラブ関係者、そしてファン・サポーターの皆さんとはとても特別な関係を築くことができたと思っています。クラブが本当に暖かく迎え入れてくれて、日本でプレー出来たことがとても幸せでした。約半年間、ありがとうございました」 2019.01.15 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥取が徳島からDF大屋翼を完全移籍で獲得「鳥取に20年ぶりに戻れることを嬉しく思います」

ガイナーレ鳥取は11日、徳島ヴォルティスのDF大屋翼(32)が完全移籍で加入することを発表した。 島根県出身の大屋は、幼少期に鳥取でサッカーをスタート。サンフレッチェ広島の下部組織に入ると、関西大学を経て2007年にヴィッセル神戸へと入団。2012年途中にはファジアーノ岡山への期限付き移籍も経験した。 2015年に大宮アルディージャへと完全移籍すると、2018年に徳島に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで4試合、天皇杯で1試合に出場していた。大屋はクラブを通じてコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「サッカーを始めさせてもらったこの鳥取に20年ぶりに戻れることを嬉しく、また幸せなことだと思います。ベテランとして、チームの力になれるように頑張りますので、よろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「1年でしたが、チームの力になれなかったことが心残りです。鳥取でサッカーを続けさせてもらえることになったので、この気持ちを忘れず頑張ります!ありがとうございました」 2019.01.11 11:19 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、昨季徳島に期限付き加入のDFブエノ復帰を発表! 「戻ることが出来てうれしい」

鹿島アントラーズは9日、昨シーズン徳島ヴォルティスに期限付き移籍していたDFブエノ(23)の復帰を発表した。 ブエノは、2014年に千葉国際高校(現・翔凜高校)から清水エスパルスに入団。ヴィッセル神戸への期限付き移籍を経て、2016年に鹿島アントラーズに完全移籍を果たすと、昨シーズンは徳島に期限付き移籍で加入した。同シーズンは明治安田生命J2リーグで15試合1ゴール、天皇杯で2試合1ゴールを決めていた。 鹿島への復帰が決定したブエノは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、鹿島アントラーズに戻ることが出来てうれしい気持ちでいっぱいです。また鹿島の友達に会えるのを楽しみにしています。クラブのために自分のベストを尽くして、クラブにとっても自分にとっても素晴らしい1年に出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「皆さん、1年間ありがとうございました。徳島で友達がたくさん出来ましたし自分にとって本当に幸せな1年間でした。ただ、1年間自分のベストを尽くしてクラブのために戦いましたが、目標であったJ1昇格を達成出来ずとても悔しかったです。これから、どこにいても徳島ヴォルティスのことを応援しています。ありがとうございました!」 2019.01.09 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島がMF狩野健太、FW杉本竜士、MF内田航平の契約を更新!

徳島ヴォルティスは9日、MF狩野健太(32)、FW杉本竜士(25)、MF内田航平(25)の契約更新を発表した。 杉本は昨シーズン明治安田生命J2リーグに27試合、天皇杯に2試合出場。内田はJ2に1試合出場した。狩野はJ2で17試合1得点を記録。天皇杯には1試合出場していた。 2019.01.09 10:40 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース