首位ナポリがラツィオとの上位対決を逆転で制し8連勝《セリエA》2018.02.11 06:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第24節、ナポリvsラツィオが10日に行われ、4-1でナポリが勝利した。

▽前節ベネヴェント戦をメルテンスの3戦連発弾などで7連勝とした首位ナポリ(勝ち点60)は、その試合で負傷したメルテンスが先発入り。コンディション不良のアルビオルに代えて今季初出場となるトネッリを先発で起用した。

▽一方、ジェノアに追加タイム被弾で1-2と敗れて2連敗となった3位ラツィオ(勝ち点46)は、ベストメンバーを投入した。

▽試合は開始3分、CKの流れからラツィオが先制する。右サイドからインモービレが左足で入れたインスウィングのクロスをデ・フライが右足の先でわずかに触ってネットを揺らした。続く9分にはインモービレがディフェンスライン裏を取ってけん制したラツィオが、ナポリのパスワークを出足の鋭い寄せで封じていく。

▽攻めあぐねていたナポリだったが、23分にチャンス。ハムシクの浮き球パスをボックス左で受けたインシーニェが絶妙なトラップからループシュート。しかし、わずかに枠の右上に外れた。

▽前半半ば以降、ナポリがポゼッションを高める展開で推移するも、ラツィオも縦に早い攻撃で応戦。なかなか攻め手を見いだせなかったナポリだったが、43分に追いついた。ジョルジーニョの浮き球フィードに対し、絶妙のタイミングで抜け出したカジェホンがボックス中央に侵入。GKとの一対一を制して1-1とし、前半を終えた。

▽後半からハムシクに代えてジエリンスキを投入したナポリは、開始30秒にインシーニェのシュートでGKストラコシャを強襲。直後にもメルテンスのヘディングシュートでゴールに迫り、ギアを上げて攻め立ててくと、続く50分にはボックス右に侵入したインシーニェがDFを抜ききらずにシュート。タイミングを外す意表を突いたフィニッシュはわずかに枠の右に外れた。

▽それでも54分に逆転する。右サイドからカジェホンが入れた鋭いグラウンダーのクロスがクリアにかかったワラセのオウンゴールを誘発した。

▽さらに56分、マリオ・ルイのミドルシュートがジエリンスキに当たってゴールに吸い込まれ、ナポリが一気に突き放した。

▽2点を追う展開となったラツィオは60分に2枚代えを敢行。L・アルベルトとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入した。さらにルーカス・レイバに代えてナニを投入したラツィオだったが、ナポリのパスワークの前にいなされてしまう。

▽そして、73分に4点目を奪った。ジエリンスキのスルーパスをボックス中央に走り込んだメルテンスが右足アウトに乗せたワンタッチシュートでゴール右へ流し込んだ。

▽終盤にかけては意気消沈したラツィオが何もできず、ナポリが4-1で勝利。8連勝とし、首位をキープしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがオリンピアコス退団でフリーの元クロアチア代表左SBミリッチを獲得

▽ナポリは23日、フリーの元クロアチア代表DFフルヴォイェ・ミリッチ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽母国のハイデュク・スプリトでプロデビューを飾った左サイドバックのミリッチは、スウェーデンのユールゴーデンやロシアのロストフといったクラブを経て、2016年8月にフィオレンティーナに移籍。公式戦19試合に出場していた。そして今季、オリンピアコスに移籍していたが、公式戦4試合の出場に留まり、冬の移籍市場でクラブを退団していた。 ▽ナポリでは左サイドバックのレギュラーを務めるアルジェリア代表DFファウジ・グラムが右ヒザ前十字じん帯の断裂から回復途中の矢先、右膝蓋骨骨折で再び長期離脱を強いられ、左サイドバックの人材に難を抱えていた。 2018.02.24 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、逆転突破まであと一歩及ばず・・・ライプツィヒのラウンド16進出が決定! 《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、RBライプツィヒvsナポリが22日にライプツィヒホームで行われ、0-2でナポリが勝利。この結果、2戦合計3-3となり、アウェーゴール数で上回るライプツィヒがラウンド16に駒を進めることとなった。 ▽1stレグをホームで行い1-3の大敗を喫したナポリが、ライプツィヒのホームに乗り込んで逆転を目指した一戦。 ▽アウェイゴール3点を奪い圧倒的優位に立つライプツィヒは、1-2で敗北した直近のブンデスリーガ第23節フランクフルト戦からスタメンを6名変更。オギュスタン、N・ケイタらに代えて、ヴェルナー、カンプルらを起用した。 ▽対して、セリエAでユベントスと勝ち点1差で首位に立つなど、し烈な優勝争い中のナポリは1-0で勝利した直近のセリエA第25節SPAL戦からスタメンを4名変更。カジェホン、クリバリらに代えて、ジエリンスキ、マッジョらを起用した。 ▽試合の序盤はメルテンスの裏抜けに対して、ナポリがシンプルにボールを供給し続けるといった展開が続く。ライプツィヒのラインがやや下がると、ナポリはサイドからの切り崩しを図っていく。 ▽すると11分、左サイド深くまで侵攻したインシーニェが、中央にグラウンダーで折り返す。ボールは最前線まで上がっていたハムシクの足下に合うが、上手くミートさせることができず。決定機を逸することとなった。 ▽ボール奪取後に素早く前線までボールを繋いで得点を目指すライプツィヒは、14分に惜しいシーンを作り出す。左サイドでボールを持ったカンプルが、ボックス手前にクロスを供給する。サビツァーがボレーシュートを放つとDFトネッリが頭でクリアしたが、ボールは絶妙な軌道を描いてバーに直撃。そのままラインを割り大事には至らなかったものの、あわやオウンゴールという場面になった。 ▽一進一退の攻防が続く中、スコアが動いたのは33分。メルテンスのフライスルーパスに抜け出したインシーニェが、ボックス内左からシュートを放つ。GKグラーチが弾いたところを、詰めていたジエリンスキが押し込んだ。 ▽試合は、ナポリが1点のリードを得たところで後半に突入。2戦合計のスコアは3-2となり、ライプツィヒは点差を縮められた状態で試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入ると、ライプツィヒは長いボールを使った大きな展開を増やしていく。リズムを変えたいナポリは、66分にハムシクに代えてカジェンホンを投入。打開を図っていく。 ▽しかし、ライプツィヒが後ろに重心をかけ始めると、ナポリはなかなかチャンスを手にすることができない。ライプツィヒも素早いカウンターを繰り出していくが、シュートまでは至らない。77分にはカウンターの場面で左サイドに抜け出したヴェルナーが中央に折り返したが、走り込んだサビツァーには合わなかった。 ▽それでも86分、カジェホンが右サイドに抜け出して、中央に鋭いグラウンダーのクロスを折り返す。足で合わせたインシーニェが、確実にネットを揺らし、ホームチームが逆転突破に望みを繋げる。 ▽しかし、逆転でのラウンド16進出に向けて、ナポリがあと1点まで迫ったところで試合が終了。試合が0-2のナポリ勝利に終わった結果、2戦合計スコアが3-3でイーブンに。アウェイゴール数で上回るライプツィヒが、ラウンド16に進出することとなった。 2018.02.23 05:07 Fri
twitterfacebook
thumb

スクデットだけでは満足せず?ナポリ指揮官が求めるクラブとサポーターの意識改革

ナポリのマウリツィオ・サッリ監督は、チャンピオンズリーグで成功を収めるためにはクラブの意識改革が必要だと訴えた。<br><br>サッリ監督率いるナポリは15日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でRBライプツィヒと対戦。本拠地サン・パオロで行われたファーストレグで1-3と痛い敗戦を喫した。<br><br>現在セリエAで首位に立ち、28年ぶりのスクデット獲得に向け国内では好調を維持するナポリ。23日に敵地で行われるセカンドレグに向けた記者会見で、サッリ監督はファーストレグのパフォーマンスは予期せぬことだったと明かし、選手に奮起を促した。<br><br>「我々のファーストレグのプレーは道化師のようだった。70%は私のミス、10%はクラブ、10%は選手、そして最後の10%はスタッフだ。控え選手に何も責任がないことは明らか。なぜならその時点でのベストメンバーで臨んだが最悪のパフォーマンスを見せたからだ」<br><br>「勝利のため、そして自分たちの価値を証明するためにフィールドへ入らなければいけない。先週の木曜日のパフォーマンスは予期せぬことだった。我々は単純に、セリエAの試合のあとに十分に充電することができなかった」<br><br>さらに指揮官は、チャンピオンズリーグで本来の力を出し切れていない現状に、サポーターを含めてクラブの意識を変える必要があると語った。<br><br>「セリエAでは全力でプレーできているが、他の大会ではそれができていない。これは避けては通れないステップだ。登録人数を増やせば、他の大会も勝ち抜くことができるようになるだろう」<br><br>「また、サポーターは皆セリエAに集中している。それはナポリが過去30年間果たせていないことだからだ。しかし、我々はファンの希望によって影響を受けてはいけない。ファンにも前を向いてもらわなければならない。正直に言えば、今のところサポーターはスクデットにしか興味がないのは事実だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.22 20:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、GKドンナルンマ売却ならナポリGKを確保か?

▽ミランが、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの移籍を考慮し、ナポリGKの獲得を考えているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽昨夏も移籍の噂が絶えなかったドンナルンマ。ミランは、今夏もドンナルンマの移籍の可能性があるとみており、後釜を考える必要がある。 ▽ミランが獲得を狙うのは、ナポリの元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ。35歳の守護神は、今シーズンもセリエAでここまで24試合に出場し、正守護神としてスクデット獲得に向けてチームを支えている。 ▽レイナは、ナポリとの契約が今シーズン終了までとなっており、ミランとしては実力者をフリーで獲得できる状況。ナポリとの関係もあまり良くないと言われており、ミランとしてはしっかりと確保したいところだ。 2018.02.21 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

そこまでやる必要ある? RBライプツィヒ、敵将のために●●を仮設

▽ドイツ『ビルト』は、RBライプツィヒが22日にホームで行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのナポリ戦に向け、敵将のためにとあるブースを設けたと報じた。 ▽新たに仮設されたのは、喫煙ルームだ。ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、フットボール界でも有名な愛煙家の1人。試合中でも、度々タバコを咥えながら指揮する姿が見受けられるほどだ。 ▽伝えられるところによれば、ナポリ側の要望を受けたRBライプツィヒは、アウェイチームのロッカールームに幅3m、高さ3.5mの喫煙室を設置。気になる費用に関しては、サッリ監督の全額負担だという。 ▽なお、1stレグは3-1でアウェイのRBライプツィヒが先勝している。喫煙ルームを手にしたサッリ監督は、どのような采配で瀬戸際に立たされるチームを逆転突破に導いてくれるのだろうか…。 2018.02.21 11:45 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース