首位ナポリがラツィオとの上位対決を逆転で制し8連勝《セリエA》2018.02.11 06:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第24節、ナポリvsラツィオが10日に行われ、4-1でナポリが勝利した。

▽前節ベネヴェント戦をメルテンスの3戦連発弾などで7連勝とした首位ナポリ(勝ち点60)は、その試合で負傷したメルテンスが先発入り。コンディション不良のアルビオルに代えて今季初出場となるトネッリを先発で起用した。

▽一方、ジェノアに追加タイム被弾で1-2と敗れて2連敗となった3位ラツィオ(勝ち点46)は、ベストメンバーを投入した。

▽試合は開始3分、CKの流れからラツィオが先制する。右サイドからインモービレが左足で入れたインスウィングのクロスをデ・フライが右足の先でわずかに触ってネットを揺らした。続く9分にはインモービレがディフェンスライン裏を取ってけん制したラツィオが、ナポリのパスワークを出足の鋭い寄せで封じていく。

▽攻めあぐねていたナポリだったが、23分にチャンス。ハムシクの浮き球パスをボックス左で受けたインシーニェが絶妙なトラップからループシュート。しかし、わずかに枠の右上に外れた。

▽前半半ば以降、ナポリがポゼッションを高める展開で推移するも、ラツィオも縦に早い攻撃で応戦。なかなか攻め手を見いだせなかったナポリだったが、43分に追いついた。ジョルジーニョの浮き球フィードに対し、絶妙のタイミングで抜け出したカジェホンがボックス中央に侵入。GKとの一対一を制して1-1とし、前半を終えた。

▽後半からハムシクに代えてジエリンスキを投入したナポリは、開始30秒にインシーニェのシュートでGKストラコシャを強襲。直後にもメルテンスのヘディングシュートでゴールに迫り、ギアを上げて攻め立ててくと、続く50分にはボックス右に侵入したインシーニェがDFを抜ききらずにシュート。タイミングを外す意表を突いたフィニッシュはわずかに枠の右に外れた。

▽それでも54分に逆転する。右サイドからカジェホンが入れた鋭いグラウンダーのクロスがクリアにかかったワラセのオウンゴールを誘発した。

▽さらに56分、マリオ・ルイのミドルシュートがジエリンスキに当たってゴールに吸い込まれ、ナポリが一気に突き放した。

▽2点を追う展開となったラツィオは60分に2枚代えを敢行。L・アルベルトとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入した。さらにルーカス・レイバに代えてナニを投入したラツィオだったが、ナポリのパスワークの前にいなされてしまう。

▽そして、73分に4点目を奪った。ジエリンスキのスルーパスをボックス中央に走り込んだメルテンスが右足アウトに乗せたワンタッチシュートでゴール右へ流し込んだ。

▽終盤にかけては意気消沈したラツィオが何もできず、ナポリが4-1で勝利。8連勝とし、首位をキープしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ会長がサッリ監督の退任を明言

▽ナポリの会長を務めるアレリオ・デ・ラウレンティス会長は23日、同クラブを率いるマウリツィオ・サッリ監督(59)が退任することを発表した。デ・ラウレンティス会長は自身のツイッターで次のようにコメントしている。 「ナポリに多大な貢献をしてくれたマウリツィオ・サッリに感謝している。彼はナポリの街に威信を与え、イタリアサッカー界に称賛と感動を与えてくれた。ブラボー、マウリツィオ」 ▽2015年からナポリの指揮を執り、魅力的な攻撃的サッカーを展開するチームを作り上げたサッリ監督。就任3年目を迎えた今シーズンは、開幕から8連勝を飾るなど、冬の王者に輝いた。しかし、結果的にはユベントスに史上初の7連覇を許し、1989-90シーズンぶりのスクデット獲得は叶わなかった。 ▽そのサッリ監督はチェルシーやゼニトの指揮官就任に迫っているとのことだ。 ▽なお、サッリ監督の後任は昨年9月までバイエルンの指揮官を務めていたカルロ・アンチェロッティ氏が濃厚と報じられている。 2018.05.24 02:47 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル就任のエメリ、本当は別のクラブに行きたかった?

▽アーセナルの新監督に就任したウナイ・エメリ監督。実のところ、ほかに行きたいクラブがあったようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽23日にアーセナル就任が発表されたエメリ監督。その際「偉大なクラブで試合に関われることに興奮している」とコメントしているものの、『カルチョメルカート』によれば、本当はナポリに行きたかったようだ。 ▽伝えられるところによると、エメリ監督は2週間前に、自身をナポリに売り込みに行っていたようだ。ナポリはマウリツィオ・サッリ監督の退任が確実視されており、その後任に自分をアピールしていたという。 ▽結果として、それはうまくいかずこの度アーセナル就任が決定。ナポリに関しては、カルロ・アンチェロッティ氏就任の発表が間もなくとされている。 2018.05.23 22:12 Wed
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ就任が近づくナポリ、補強第一号候補は古巣MF

▽ナポリの新指揮官就任が近づいているとされるカルロ・アンチェロッティ氏。その補強第一号は古巣の選手となりそうだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽22日、かつてミランやチェルシー、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、バイエルンなどで指揮を執ったアンチェロッティ氏が、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の自宅に居る姿を目撃されていた。 ▽退任が濃厚となっているマウリツィオ・サッリ監督の後任として、アンチェロッティ氏が就任することが濃厚と報じられているが、その場合の補強第一号はバイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(31)となるようだ。 ▽ビダルは、バイエルンとの契約が2019年6月まで残っているが、自身で将来を決められる契約とのこと。かつてはユベントスで4シーズンプレーし、2015年夏に3750万ユーロ(約48億7300万円)でバイエルンへと移籍していた。 ▽ナポリとしては、スロバキア代表MFマレク・ハムシクが中国スーパーリーグの山東魯能へ移籍する可能性があり、実現した場合はビダルが代役として考えられることになるようだ。 2018.05.23 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

山東魯能、ナポリ退団を希望するレジェンドMFハムシク獲得に動く

▽中国スーパーリーグに所属する山東魯能が、ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)の獲得に動いているようだ。イタリア『CalcioNapoli24.it』が報じた。 ▽2007年夏にブレシアからナポリに加入したハムシクは、ナポリでの在籍11シーズンで501試合120ゴール110アシストをマーク。今季もキャプテンとしてユベントスとのスクデット争いを繰り広げるチームをけん引する働きを見せていた。 ▽ナポリとの契約が2020年6月までとなっているハムシク。今回の報道によれば、ハムシクは元々10シーズンでのナポリ退団を検討しており、魅力的な攻撃サッカーを浸透させたマウリツィオ・サッリ監督の退任が噂される今夏での退団を希望したようだ。 ▽また、以前から中国クラブの関心が取り沙汰されていたがハムシクだが、『CalcioNapoli24.it』によれば山東魯能が移籍金3500万ユーロ(約45億8000万円)の正式オファーを提示した模様。さらに山東魯能は、ハムシクに対しても年棒1300万ユーロ (約16億円)の3年契約を提示しているようだ。 2018.05.23 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムシク、ナポリ退団か?! 父が明かす可能性とは…

▽ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)がクラブを離れたがっているようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽記事によれば、ハムシクの父親であるリチャード氏が「マレクはアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と、退団の可能性について話した」とコメント。移籍先としては、「3つのクラブがマレクに興味を持っている。彼らは年俸1000万ユーロ(約13億円)用意している」とも明かしている。 ▽その3つのクラブの中に、中国のクラブがあるようで、ハムシクの残り契約年数も踏まえて以下のように語っている。 「問題は、中国のクラブが冬にならないと選手を獲得できないということ。そして、ナポリとの契約が3年残っているということだ」 「彼がクラブを離れる確率は60%だと言える。今は代理人のベングロシュに一存しているがね」 ▽近頃では、ハムシクはナポリ監督のマウリツィオ・サッリと共に、チェルシーへの移籍が取り沙汰されている。クラブ史上最多得点者であるレジェンドは、クラブを離れることになるのだろうか。 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース