首位ナポリがラツィオとの上位対決を逆転で制し8連勝《セリエA》2018.02.11 06:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第24節、ナポリvsラツィオが10日に行われ、4-1でナポリが勝利した。▽前節ベネヴェント戦をメルテンスの3戦連発弾などで7連勝とした首位ナポリ(勝ち点60)は、その試合で負傷したメルテンスが先発入り。コンディション不良のアルビオルに代えて今季初出場となるトネッリを先発で起用した。

▽一方、ジェノアに追加タイム被弾で1-2と敗れて2連敗となった3位ラツィオ(勝ち点46)は、ベストメンバーを投入した。

▽試合は開始3分、CKの流れからラツィオが先制する。右サイドからインモービレが左足で入れたインスウィングのクロスをデ・フライが右足の先でわずかに触ってネットを揺らした。続く9分にはインモービレがディフェンスライン裏を取ってけん制したラツィオが、ナポリのパスワークを出足の鋭い寄せで封じていく。

▽攻めあぐねていたナポリだったが、23分にチャンス。ハムシクの浮き球パスをボックス左で受けたインシーニェが絶妙なトラップからループシュート。しかし、わずかに枠の右上に外れた。

▽前半半ば以降、ナポリがポゼッションを高める展開で推移するも、ラツィオも縦に早い攻撃で応戦。なかなか攻め手を見いだせなかったナポリだったが、43分に追いついた。ジョルジーニョの浮き球フィードに対し、絶妙のタイミングで抜け出したカジェホンがボックス中央に侵入。GKとの一対一を制して1-1とし、前半を終えた。

▽後半からハムシクに代えてジエリンスキを投入したナポリは、開始30秒にインシーニェのシュートでGKストラコシャを強襲。直後にもメルテンスのヘディングシュートでゴールに迫り、ギアを上げて攻め立ててくと、続く50分にはボックス右に侵入したインシーニェがDFを抜ききらずにシュート。タイミングを外す意表を突いたフィニッシュはわずかに枠の右に外れた。

▽それでも54分に逆転する。右サイドからカジェホンが入れた鋭いグラウンダーのクロスがクリアにかかったワラセのオウンゴールを誘発した。

▽さらに56分、マリオ・ルイのミドルシュートがジエリンスキに当たってゴールに吸い込まれ、ナポリが一気に突き放した。

▽2点を追う展開となったラツィオは60分に2枚代えを敢行。L・アルベルトとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入した。さらにルーカス・レイバに代えてナニを投入したラツィオだったが、ナポリのパスワークの前にいなされてしまう。

▽そして、73分に4点目を奪った。ジエリンスキのスルーパスをボックス中央に走り込んだメルテンスが右足アウトに乗せたワンタッチシュートでゴール右へ流し込んだ。

▽終盤にかけては意気消沈したラツィオが何もできず、ナポリが4-1で勝利。8連勝とし、首位をキープしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ハメス巡りナポリvsユーベ?

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)にナポリとユベントスが興味を深めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタル契約でバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストをマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。その状況により、最近の報道によれば、ハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が移籍に向け、他クラブへの売り込みを開始したとも。ナポリとユベントスは、ハメスの移籍が熱を帯び次第、獲得交渉に乗り出すという。 ▽ナポリは現在、ハメスのレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せたカルロ・アンチェロッティ監督が指揮。ユベントスは、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍成立により、同選手を顧客に持つジュルジュ・メンデス氏と良好な関係にある。 2018.10.19 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、ペロッティとカルスドルプが負傷でCSKA戦とナポリ戦欠場へ

▽ローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと、オランダ代表DFリック・カルスドルプが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ▽ふくらはぎを痛めているペロッティは3週間の離脱、太ももを痛めているカルスドルプは10日ほどの離脱とのことだ。 ▽公式戦4連勝中のローマは代表ウィーク明け後、20日にセリエA第9節SPAL戦を、23日にチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦を、28日にセリエA第10節ナポリ戦を戦う。 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、2年前に逃したナポリMFジエリンスキ獲得に84億円用意か

▽リバプールが、ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(24)の獲得に再び動く可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽2016年夏に保有権元であるウディネーゼからナポリに加入したジエリンスキは、加入初年度から公式戦47試合でボランチながら6ゴール7アシストと躍動。今シーズンは右サイドを主戦場とし、公式戦10試合で2ゴールを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、ナポリは今シーズン終了後にジエリンスキの契約解除金を1億3000万ユーロ(約168億円)に引き上げることを検討しているという。そのため、2016年にナポリとのジエリンスキ争奪戦に敗れていたリバプールが、バイアウト価格が設定される前に再アタックを画策しているようだ。 ▽リバプールはジエリンスキ獲得に対し、6500万ユーロ(約84億円)を用意している模様。しかし、ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手を最重要選手の1人としているため獲得交渉は難航しそうだ。 2018.10.16 16:02 Tue
twitterfacebook
thumb

クリバリ巡り“クラシコ勃発”の可能性もナポリは徹底抗戦の構え

▽レアル・マドリーがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の獲得に動くようだ。『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽レアル・マドリーはDFぺぺの退団以降、信頼できるセンターバックはスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランスDFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFナチョの3選手しか擁しておらず。同ポジションのトップレベルの選手の獲得にプライオリティーを置いていることが、先日にスペイン『マルカ』が伝えていた。 ▽こうした動きの中で、マドリーの補強候補に挙げられているのがクリバリだ。しかし、同選手は9月にナポリとの契約を2023年6月まで延長したばかり。ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手をキープレイヤーと位置付けているため、1億ユーロ(約130億円)のオファーが届かない限り交渉にはつかないようだ。なお、クリバリにはバルセロナも関心を寄せており、場外クラシコが勃発しかねない状況となっている。 ▽2014年夏にベルギーのヘンクから加入したクリバリは、圧倒的なフィジカルを武器にレギュラーポジションを奪取すると加入初年度から公式戦39試合に出場。今シーズンもここまで公式戦全10試合にフル出場を果たしている。 2018.10.16 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース