ラミス土壇場弾で乾先発のエイバルが敵地で無失点勝利! リーガ4戦負けなし《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF乾貴士の所属するエイバルは、10日にリーガエスパニョーラ第23節のアラベス戦をアウェイで行い、1-0で勝利。乾は85分まで出場した。

▽前節セビージャに5-0の大勝を収めたリーガ3試合負けなしの7位エイバル(勝ち点32)が、同じくリーガ3戦負けなしの12位レガネス(勝ち点29)のホームに乗り込んで行った一戦。乾はこの試合も中盤左のポジションで先発となった。

▽前線からの精力的なプレスや素早いサイド攻撃に特色を持つ似たもの同士の対戦は、中盤でぶつかり合うにらみ合いのような時間帯が続く。

▽エイバルはダニ・ガルシアを起点に、ワイドに張る乾やオレジャーナに素早くボールを当てようとするが、なかなか通らない。27分には右サイドを上がったペーニャがアーリークロスを入れたものの、ボックス中央のキケ・ガルシアには合わなかった。

▽36分にも、右CKのキッカーをダニ・ガルシアが担当し、鋭くカーブしたクロスを供給する。ボックス内のシャルレスが頭で合わせたが、競り合いの中でファウルがあったとしてチャンスにはならない。

▽さらに42分、エイバルはショートカウンターから左サイドでボールを持った乾が、ドリブルでの突破を試みる。しかし、相手DFに阻まれて決定機に繋げることはできない。

▽前半は、お互いに好機を作り出すことができないまま終了。白熱の試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。

▽後半の立ち上がりは、エイバルが攻勢をかける。50分には相手ボックス内でルーズになったボールにシャルレスが飛び込んでいく。しかし、シュートは得点とはならない。

▽さらに60分、左サイドでボールを持った乾が右足でアーリークロスを入れる。反応したオレジャーナのヘディングシュートは阻まれたが、徐々にチャンスを作っていく。

▽66分には、ショートカウンターからボックス左でボールを持った乾が左足でシュートを放つ。しかし、これはバーを越えた。

▽エイバルのペースで試合が進んでいくものの、決め切れない時間帯が続く。77分にもセットプレーの流れから競り勝ったDFラミスがヘディングシュートを放ったが、GKクエジャールにキャッチされた。

▽白熱した試合は84分、シオバスがキケ・ガルシアと交錯した際にファウルを犯したとして、この日2枚目のイエローを提示され退場に。10人の相手に一気に畳み掛けたいエイバルは、直後の85分に乾に代えてアレホを投入する。

▽すると試合終了間際の94分にドラマが待ち受けていた。右CKの場面でダニ・ガルシアのクロスにうまく相手DFの背後を取ったラミスが頭で合わせる。地面に叩き付けられたヘディングシュートはGKクエジャールの牙城を崩し、値千金の土壇場弾となった。

▽直後に試合が終了。この結果、エイバルは苦しみながらも白星を飾り、リーガ4試合負けなしで連勝に突入することに。対するレガネスはリーガ4試合ぶりに敗北を喫した。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバル、ラス・パルマスからDFビガスを獲得!

▽エイバルは31日、ラス・パルマスからスペイン人DFペドロ・ビガス(28)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽マジョルカの下部組織出身のビガスは2011-12シーズンにそのマジョルカで台頭。クラブが1部と2部を行き来する中で主力センターバックとして活躍。その後、2015年に加入したラス・パルマスでは2シーズンに渡って主力を担うも、昨季はヒザのケガの影響もあり、リーグ戦12試合の出場にとどまった。 ▽なお、エイバルは今回のビガス獲得オペレーションと共にスペイン人MFクリスティアン・リベラ(21)がラス・パルマスに移籍することを併せて伝えている。 2018.07.31 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがエイバルのサイドアタッカー、アレホを獲得

▽ヘタフェは27日、エイバルのスペイン人MFイバン・アレホ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、移籍金は400万ユーロ(約5億2000万円)とのことだ。 ▽アトレティコ・マドリーの下部組織出身である右サイドアタッカーのアレホは、2017年夏にアルコルコンからエイバルへ移籍。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで22試合に出場して1ゴール3アシストを記録し、エイバルの準主力として存在感を示していた。 2018.07.28 04:36 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバル、ヒホン生え抜きのMFセルヒオ・アルバレスを獲得

▽エイバルは26日、スポルティング・ヒホンからスペイン人MFセルヒオ・アルバレス(26)を獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日まで。 ▽ユースからヒホン一筋を続けていたセルヒオ・アルバレスは、現在まででリーガ1部で78試合、2部で100試合に出場し11ゴール5アシストを記録。状況判断や戦術理解に長け、守備にも貢献するセントラルMFだ。 ▽なお、移籍金については公表されていないが、『FICHAJES.COM』によると、400万ユーロ(5億円)程度となる見込みだ。 2018.07.26 18:36 Thu
twitterfacebook
thumb

東京V、乾の古巣エイバルと戦略的協定締結! 要因はスペインでの認知度向上

▽東京ヴェルディは11日、リーガエスパニョーラのエイバルと戦略的協定を締結することが決定したことを発表した。 ▽今回東京Vとエイバルは2年間の戦略的協定を締結。双方のクラブのサッカー部門、マーケティング部門、女子サッカー部門、eスポーツ部門の強化を目的としている。直近の取り組みとしては東京Vの代表者が7月に現地を訪れて、エイバルのプレシーズンスタートを視察する予定となっており、この訪問を皮切りに、日本とスペインにおける両クラブの発展を目指しているようだ。 ▽東京Vを率いるミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はスペイン出身。ヘッドコーチにはイバン・パランコ・サンチアゴ氏、フィジカルコーチにトニ・ヒル・プエルトを迎えている。ロティーナ監督の日本での活躍は現地でも報じられ、スペインとのつながりでチーム強化を図る東京Vの名前がスペイン国内でも認知されたことで今回の協定締結につながったことを説明している。 ▽Jリーグクラブとリーガ・エスパニョーラのクラブ間初の国際協定を結んだ東京Vの羽生英之代表取締役社長と、エイバルのパトリシア・ロドリゲスCEOは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆羽生英之代表取締役社長(東京ヴェルディ) 「この度は、日本とスペインのクラブ間で初めて協定を締結することができ、非常に嬉しく思っています。我々は昨シーズン、スペインからロティーナ監督とイバンコーチを招聘しました」 「現在、ふたりがスペインで培ってきたプレーモデルをベースにした先進的フットボールに取り組んでおり、まさにスペインのエッセンスを採り入れながらチームを強化している真っ只中にいます。そうした時期に、スペインのラ・リーガ1部で戦うクラブと協定を締結できることは、競技面でもビジネス面でも大きなメリットがあると信じています。SDエイバルはロティーナ監督の故郷があるバスク州に本拠地があり、その点でも縁を感じています」 「SDエイバルは古い歴史を持ちながらも、ビッグクラブが多いラ・リーガの中では地方の小さいクラブかもしれません。しかし、2014年にクラブ史上初の1部昇格を成し遂げてからピッチ内外で様々な施策を講じ、ビッグクラブと伍して1部に残留し、常に成長を続けている稀有なクラブでもあります。彼らと同じように我々も、経営規模が決して大きくない市民クラブであり、協定締結に向けた作業の中で、同じビジョンを共有できると確信しました。両者が持つクラブ運営の知見を共有し、ともに継続的な成長を実現していきたいと思います」 ◆パトリシア・ロドリゲスCEO(エイバル) 「我々SDエイバルは今回の協定締結を契機に、東京ヴェルディの強みを学び、日本のサッカークラブ、日本の文化についての知見を深め、これまで以上に日本サッカーへのコミットメントを強化したいと考えます。さらにエイバルがこれまで培ってきた経験やビジネスモデルを共有することで、両クラブのさらなる発展、また、両国のサッカーの質を高めるための相乗効果へとつなげていきたいと考えます」 「今回のパートナーシップは、ラ・リーガとJリーグ間で昨年締結されたパートナーシップをさらに強固なものにし、日本の首都である東京にとってバスク文化がより身近なものとなることを期待しています」 「私たちは同じ価値観とビジョンを共有でき、さらに日本でもっとも伝統のある東京ヴェルディを選択しました。東京ヴェルディは、アジアでもっとも優れた普及・育成活動に取り組んでおり、さらに女子サッカー界においてももっとも先進的なチーム作りを行っているクラブです。これらの取組は、エイバルにとっても重要事項であり、東京ヴェルディとエイバルはともに同じゴールを目指すことができると考えています」 ▽エイバルは2014-15シーズンから初めてスペイン1部リーグで戦うバスク州にあるクラブ。昇格初年度こそ残留争いに巻き込まれたが、翌シーズンから徐々に順位を上げ、クラブ史上初の昇格以降、残留し続けている。日本代表MF乾貴士は2015年に加入。2018年6月にベティスへの移籍が発表されたが、乾退団後も日本との繋がりを維持することとなった。 2018.07.11 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エイバル元同僚が語る乾貴士の凄さ「プレーコンセプトをすぐ理解できる」…課題は「シュートの精度」

元エイバルFWダニ・ガルシアが、同チームでともに過ごした日本代表MF乾貴士の凄さについて語っている。<br><br>ダニ・ガルシアと乾は、乾がエイバル加入した2015&minus;16シーズンから2017&minus;18シーズンまで一緒にプレー。そして今夏の移籍市場で、ダニ・ガルシアがアスレティック・ビルバオ、乾がベティスに移籍と、異なる道を歩んでいる。<br><br>スペイン『ABC』のセビージャ版は、今後ベティスの選手としてプレーする乾の印象をダニ・ガルシアに尋ねた。乾が加わるベティスは堅守速攻のエイバルとは異なり、ポゼッションを重視しているが、ダニ・ガルシアは日本人MFが問題なく適応できると説く。その理由は、乾の戦術理解力の高さにあるようだ。<br><br>「タカシは質が高く、賢い選手だ。1日目や2日目は苦労するかもしれないが、凄まじい早さでプレーコンセプトを理解する。(ベティスにも)見事に適応するはずだよ」<br><br>外国語に明るくないともされる乾。それでもエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が「誰よりも私の考えを理解していた」と語るなど、プレー面におけるコミュニケーション面で問題はなかったようだが、ダニ・ガルシアも同樣の意見を口にする。<br><br>「確かに、乾はそこまで話をしない。でも、ここの人間よりも理解力があると、僕は断言できる」<br><br>頑固で真面目な人々が多いバスクで過ごしていた乾はこれから、同地とは正反対に、情熱的な人々が多いアンダルシアの地で新たな挑戦に臨む。ダニ・ガルシアは、アンダルシア人の気質が彼の集中を妨げることにはならないとの見解も述べた。<br><br>「彼はそういうやかましさを避けることを常としている。実際、彼は皮肉っぽい冗談が交わされる、ご機嫌な土地に赴くわけだ。だけど彼は大人しいし、いつもフットボールのことだけに集中している」<br><br>ダニ・ガルシアはその一方で、この日本人MFにはまだ課題が残されているとも語る。それは日本でも度々指摘されている、シュートの精度だった。<br><br>「得点面がもっと良くなればね&hellip;&hellip;。シュートは、彼の課題の一つなんだよ」<br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2018.07.01 23:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース