ラミス土壇場弾で乾先発のエイバルが敵地で無失点勝利! リーガ4戦負けなし《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF乾貴士の所属するエイバルは、10日にリーガエスパニョーラ第23節のアラベス戦をアウェイで行い、1-0で勝利。乾は85分まで出場した。

▽前節セビージャに5-0の大勝を収めたリーガ3試合負けなしの7位エイバル(勝ち点32)が、同じくリーガ3戦負けなしの12位レガネス(勝ち点29)のホームに乗り込んで行った一戦。乾はこの試合も中盤左のポジションで先発となった。

▽前線からの精力的なプレスや素早いサイド攻撃に特色を持つ似たもの同士の対戦は、中盤でぶつかり合うにらみ合いのような時間帯が続く。

▽エイバルはダニ・ガルシアを起点に、ワイドに張る乾やオレジャーナに素早くボールを当てようとするが、なかなか通らない。27分には右サイドを上がったペーニャがアーリークロスを入れたものの、ボックス中央のキケ・ガルシアには合わなかった。

▽36分にも、右CKのキッカーをダニ・ガルシアが担当し、鋭くカーブしたクロスを供給する。ボックス内のシャルレスが頭で合わせたが、競り合いの中でファウルがあったとしてチャンスにはならない。

▽さらに42分、エイバルはショートカウンターから左サイドでボールを持った乾が、ドリブルでの突破を試みる。しかし、相手DFに阻まれて決定機に繋げることはできない。

▽前半は、お互いに好機を作り出すことができないまま終了。白熱の試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。

▽後半の立ち上がりは、エイバルが攻勢をかける。50分には相手ボックス内でルーズになったボールにシャルレスが飛び込んでいく。しかし、シュートは得点とはならない。

▽さらに60分、左サイドでボールを持った乾が右足でアーリークロスを入れる。反応したオレジャーナのヘディングシュートは阻まれたが、徐々にチャンスを作っていく。

▽66分には、ショートカウンターからボックス左でボールを持った乾が左足でシュートを放つ。しかし、これはバーを越えた。

▽エイバルのペースで試合が進んでいくものの、決め切れない時間帯が続く。77分にもセットプレーの流れから競り勝ったDFラミスがヘディングシュートを放ったが、GKクエジャールにキャッチされた。

▽白熱した試合は84分、シオバスがキケ・ガルシアと交錯した際にファウルを犯したとして、この日2枚目のイエローを提示され退場に。10人の相手に一気に畳み掛けたいエイバルは、直後の85分に乾に代えてアレホを投入する。

▽すると試合終了間際の94分にドラマが待ち受けていた。右CKの場面でダニ・ガルシアのクロスにうまく相手DFの背後を取ったラミスが頭で合わせる。地面に叩き付けられたヘディングシュートはGKクエジャールの牙城を崩し、値千金の土壇場弾となった。

▽直後に試合が終了。この結果、エイバルは苦しみながらも白星を飾り、リーガ4試合負けなしで連勝に突入することに。対するレガネスはリーガ4試合ぶりに敗北を喫した。

コメント

関連ニュース

thumb

セルタ戦の乾貴士、スペインメディアは決定力不足を指摘「理解しかねる枠外シュート」

24日のリーガエスパニョーラ第25節、エイバルは敵地バライドスでのセルタ戦を0&minus;2で落とした。MF乾貴士は、スペインメディアから決定力不足を指摘されている。<br><br>この日も先発出場を果たした乾は、43分にペナルティーエリア内フリーで放ったシュートを外すなど、迎える決定機を決め切れなかった。スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、乾はチームメートほか7選手と並び1点の評価。電子版の戦評では「乾の嘆き」との小見出しとともに、次のように言及している。<br><br>「エイバルが手にした最も明確な決定機は乾のもの。左サイドのクロスからセルタGKだけを目前にしてシュートを打ったが、不可解に枠外へ飛んだ」<br><br>一方『アス』による乾の採点(3点満点)は、チームメートほか3選手と同じ2点となり、それ以上の点数となる3点を付けられたのはDFアナイツ・アルビージャのみだった。電子版の戦評では、日本代表MFについてこう記されている。<br><br>「ハーフタイム直前、乾はルベン・ブランコ(セルタGK)を前にミスを犯している。日本人はゴールエリアでフリーとなっていたが、ボールを予期しておらず、シュートはミートしなかった」<br><br>バルセロナ戦に続いて敗戦を喫したエイバルは、次節で本拠地イプルーアにビジャレアルを迎える。2得点を決めた第17節ジローナ以来ゴールから遠ざかっている乾の活躍にも期待したところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場エイバル、名手ペドロ・レオン復帰も敵地で敗北し連敗《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルは24日、リーガエスパニョーラ第25節でセルタと敵地で対戦し、0-2で敗北。なお、乾はフル出場した。 ▽前節、バルセロナに敗戦した7位のエイバル(勝ち点35)が11位のセルタ(勝ち点32)のホームに乗り込んだ中位対決。エイバルはバルセロナ戦から先発3人を変更。前節退場のオレジャーナや負傷のラミスに代わってシャルレス、パウロ・オリベイラが入り、乾は引き続き左サイドハーフで起用された。 ▽メンディリバル監督が前節の退席処分によって2試合のベンチ入り禁止処分を科され、指揮官不在の中で臨んだエイバル。それでも、立ち上がりから組織的なプレッシングから手数をかけない攻撃をみせ、幾度か相手ゴールに迫っていく。 ▽11分にはボックス手前でパスを受けたジョルダンが鋭い反転シュートを枠内に飛ばすが、これはGKのセーブに阻まれる。さらに直後にはペーニャがミドルシュートを狙うが、わずかに枠の上を越えた。 ▽一方、エイバルのプレスにハメられてビルドアップがうまくいかないセルタは、なかなか前線まで効果的にボールを繋ぐことができない。それでも、30分にはボックス手前左のマキシ・ゴメスから浮き球のパスが出ると、これをアスパスがファーサイドのゴールライン際でマイナスの方向にダイレクトで落とす。しかし、シストのダイレクトシュートは枠を大きく外れる。 ▽その後は中盤で潰し合うこう着状態が続く中、セットプレーやショートカウンターを軸に相手ゴールへ迫るエイバルは前半終了間際の44分に絶好機。ボックス左角でホセ・アンヘルが上げたクロスに対して、中央のシャルレスがニアに走り込んでうまくDFを引っ張ると、後方で控えていた乾がドフリーに。しかし、乾はうまくバウンドを合わせ切れず、窮屈な体勢で放った右足シュートは枠の左に外れ、先制点を奪うことはできなかった。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、打開を図るセルタはハーフタイム中にシストに代えてエムレ・モルを起用。すると、そのエムレ・モルが指揮官の期待に応える結果を出す。 ▽ボックス左でボールを持ったエムレ・モルは、縦に突破していく。左足でグラウンダーのクロスを供給すると、飛び込んだのはアスパス。ニアで合わせて、ネットを揺らすことに成功した。 ▽反撃に出たいエイバルは61分、満を持してペドロ・レオンを復帰させる。負傷に悩まされたクラブの最重要選手を今シーズン初めてピッチに送り出し、巻き返しを図っていく。 ▽しかし79分、エイバルの最終ラインでのパス回しを狙ったセルタが、ショートカウンターを発動。ボックス右に抜け出したマージョが、精度の高いクロスを中央に送る。マキシ・ゴメスが一対一を確実に沈め、点差を広げた。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、エイバルは連敗に突入することに。対するセルタは、4試合ぶりの白星をホームで手にすることとなった。 2018.02.24 22:54 Sat
twitterfacebook
thumb

退席処分となったエイバル監督メンディリバル、審判に「エイバルだと退場させるのは簡単だな!」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、エイバルは本拠地イプルーアでのバルセロナ戦を0&minus;2で落とした。この試合ではホセ・ルイス・メンディリバル監督が、審判への抗議によって退席を命じられている。スペイン『マルカ』が、その理由を説明した。<br><br>メンディリバル監督は、エルナンデス・エルナンデス主審のレフェリングの一貫性のなさに怒りを抑えられなかったようだ。<br><br>この試合の62分、エイバルMFファビアン・オレジャーナは、エルナンデス・エルナンデス主審が取ったファウルに納得がいかずボールを叩きつけ、抗議によって2枚目のイエローカードを提示されて退場に。そして直後にはバルセロナFWルイス・スアレスもオレジャーナと同じような形で抗議をしたが、こちらはお咎めなしだった。<br><br>これを受けたメンディリバル監督は、エルナンデス・エルナンデス主審に対して「エイバル相手ならば(退場処分は)簡単だな!」と言い放ち、そのため退席処分となった模様だ。このレフェリングの是非に関しては、スペインでも議論が巻き起こっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 22:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、リーガの開催日程に苦言「火曜がCLならばエイバル戦は金曜が良かった」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、バルセロナは敵地イプルーアでのエイバル戦を2&minus;0で制した。MFセルジ・ブスケッツは試合後、苦戦を強いられたことを認めながらも、勝利を得るためには十分なチャンスを得ていたとの見解を示している。<br><br>「今日の試合については、エイバルが追い風を受けていることを考慮しなければならない。彼らはセビージャ相手に5ゴールを決めたんだ。とても独特なプレーを見せるチームだね」<br><br>「僕たちは望んだようなポゼッション率を記録することができなかったが、チャンスはしっかりと手にしていたよ。勝負を決めるのに苦労を強いられたけどね。彼らはダイレクトプレーを見せ、試合を支配した。が、チャンスはそこまでじゃなかった」<br><br>ブスケッツはまた、21日にチャンピオンズリーグのチェルシー戦を控える状況で、この試合が17日ではなく16日に開催されるべきだったとの見解を述べている。<br><br>「チェルシーはとても素晴らしいチームで、苦しむことになるだろう。彼らとは180分を通して戦わなければならない。このエイバル戦を金曜にプレーできたら良かった。テレビで放送するためにそうすることができないのか、僕には分からないけど」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 22:28 Sun
twitterfacebook
thumb

乾エイバルとバルセロナが試合後に公式ツイッターで健闘祈り合う

▽日本代表MF乾貴士が所属するエイバルと、バルセロナが試合後にツイッターで互いの健闘を祈っている。 ▽リーガエスパニョーラ第24節のエイバルvsバルセロナが17日に行われた。試合は16分にバルセロナがスアレスのゴールで先制。その後、エイバルも奮闘したが、終盤にジョルディ・アルバのゴールも決まり、2-0で終了。バルセロナはリーガ3戦ぶりの勝利でミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦に向けて弾みをつけた。対するエイバルは5試合ぶりの敗北を喫することとなった。乾はフル出場している。 ▽すると試合後、エイバル(@SDEibar)は公式ツイッターを更新。それに対してバルセロナの公式ツイッター(@FCBarcelona_es)もリプライを送り、やりとりをしている。※絵文字省略 ◆エイバル公式ツイッター 「我々は友人であるバルセロナの帰りの無事を祈る。そして、残りのシーズンが幸運なものになることを祈っている」 ◆バルセロナ公式ツイッター 「素晴らしい歓迎をありがとう! 我々もエイバルのリーガエスパニョーラでの良い結末を祈っている。また来シーズンに会いましょう」 2018.02.18 12:26 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース