ラミス土壇場弾で乾先発のエイバルが敵地で無失点勝利! リーガ4戦負けなし《リーガエスパニョーラ》2018.02.11 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF乾貴士の所属するエイバルは、10日にリーガエスパニョーラ第23節のアラベス戦をアウェイで行い、1-0で勝利。乾は85分まで出場した。

▽前節セビージャに5-0の大勝を収めたリーガ3試合負けなしの7位エイバル(勝ち点32)が、同じくリーガ3戦負けなしの12位レガネス(勝ち点29)のホームに乗り込んで行った一戦。乾はこの試合も中盤左のポジションで先発となった。

▽前線からの精力的なプレスや素早いサイド攻撃に特色を持つ似たもの同士の対戦は、中盤でぶつかり合うにらみ合いのような時間帯が続く。

▽エイバルはダニ・ガルシアを起点に、ワイドに張る乾やオレジャーナに素早くボールを当てようとするが、なかなか通らない。27分には右サイドを上がったペーニャがアーリークロスを入れたものの、ボックス中央のキケ・ガルシアには合わなかった。

▽36分にも、右CKのキッカーをダニ・ガルシアが担当し、鋭くカーブしたクロスを供給する。ボックス内のシャルレスが頭で合わせたが、競り合いの中でファウルがあったとしてチャンスにはならない。

▽さらに42分、エイバルはショートカウンターから左サイドでボールを持った乾が、ドリブルでの突破を試みる。しかし、相手DFに阻まれて決定機に繋げることはできない。

▽前半は、お互いに好機を作り出すことができないまま終了。白熱の試合はゴールレスで折り返しを迎えることとなった。

▽後半の立ち上がりは、エイバルが攻勢をかける。50分には相手ボックス内でルーズになったボールにシャルレスが飛び込んでいく。しかし、シュートは得点とはならない。

▽さらに60分、左サイドでボールを持った乾が右足でアーリークロスを入れる。反応したオレジャーナのヘディングシュートは阻まれたが、徐々にチャンスを作っていく。

▽66分には、ショートカウンターからボックス左でボールを持った乾が左足でシュートを放つ。しかし、これはバーを越えた。

▽エイバルのペースで試合が進んでいくものの、決め切れない時間帯が続く。77分にもセットプレーの流れから競り勝ったDFラミスがヘディングシュートを放ったが、GKクエジャールにキャッチされた。

▽白熱した試合は84分、シオバスがキケ・ガルシアと交錯した際にファウルを犯したとして、この日2枚目のイエローを提示され退場に。10人の相手に一気に畳み掛けたいエイバルは、直後の85分に乾に代えてアレホを投入する。

▽すると試合終了間際の94分にドラマが待ち受けていた。右CKの場面でダニ・ガルシアのクロスにうまく相手DFの背後を取ったラミスが頭で合わせる。地面に叩き付けられたヘディングシュートはGKクエジャールの牙城を崩し、値千金の土壇場弾となった。

▽直後に試合が終了。この結果、エイバルは苦しみながらも白星を飾り、リーガ4試合負けなしで連勝に突入することに。対するレガネスはリーガ4試合ぶりに敗北を喫した。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバルDFラミスが1年の契約延長

▽エイバルは23日、スペイン人DFイバン・ラミス(33)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽生まれ故郷のマジョルカでトップチームデビューを飾ったセンターバックのラミスは、2015年7月にレバンテからエイバルに加入。エイバルでは在籍3シーズンで公式戦63試合に出場して6ゴールを記録している。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで16試合に出場して3ゴールを挙げ、9位フィニッシュのチームに貢献していた。 2018.05.24 04:33 Thu
twitterfacebook
thumb

エイバル、今季チーム得点王のFWシャルレスとの来季の契約を更新!

▽エイバルは22日、ブラジル人FWシャルレス(34)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽昨夏、マラガを退団したシャルレスは今季からエイバルに1年契約で加入。今季はリーグ戦30試合に出場し、チームトップの8ゴールを記録。また、屈強なフィジカルを生かしたターゲットマンとしてチームの攻撃を支えていた。 2018.05.23 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

“子供から伝説へ”、トーレスが惜別の2ゴールも10人アトレティコはエイバルとドロー!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ最終節、アトレティコ・マドリーvsエイバルが20日にワンダ・メトロポリターノで行われ、2-2のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士はケガの影響で欠場した。 ▽ミッドウィークに行われたマルセイユとの決勝を制して6年ぶり3度目のヨーロパリーグ制覇を成し遂げ、新本拠地に初めてのタイトルを持ち帰ることに成功したアトレティコ。すでに今季の2位を確定しているチームは、先日に2度目の退団を発表した“エル・ニーニョ”のお別れ試合としてこの最終節に臨んだ。そのトーレスはキャプテンマークを巻いて先発に入った一方、今夏にバルセロナ行きも噂されるエースFWグリーズマンはジエゴ・コスタと共にベンチスタートとなった。 ▽一方、ひと桁順位でのシーズンフィニッシュを目指す9位エイバルでは、正真正銘のラストゲームとなるはずだった乾が右太もものケガで欠場。それでも、同じく今季限りでの退団が決定しているダニ・ガルシアが先発に入った。 ▽試合前のバックスタンドに『DE NIÑO A LEYENDA(子供から伝説へ)』の言葉と共に背番号9のコレオグラフィーが掲げられ、エイバルのイレブンによるパシージョを通ってEL制覇を成し遂げたアトレティコのイレブンが入場する、お祝いとお別れムードの中でスタートした一戦。 ▽開始10分にはこの試合の主役にいきなり見せ場が訪れる。味方のパスがDFに当たってこぼれたボールに反応したトーレスがボックス右から右足のシュートを狙うが、これは相手GKにコースを消されて枠の左に外す。 ▽その後はエイバルの奮闘によってこう着状態が続く。アトレティコは左サイドのフィリペ・ルイスの攻め上がりを生かしてチャンスを窺うと、32分にはビトロとの連係でボックス左に抜け出したフィリペ・ルイスの折り返しをニアのトーレスがスライディングで合わすが、これはわずかに枠の左。すると、直後の35分にはエイバルの後方からのフィードをホルダンに胸トラップからワンタッチで流されると、これをゴール前に飛び出したキケ・ガルシアにスライディングで合わせられ、痛恨の先制点を許す。 ▽まさかの失点でやや不穏な空気が漂い始めるワンダ・メトロポリターノだったが、“エル・ニーニョ”が魅せる。42分、中盤でボールを奪ったガビが前線に絶妙なフィードを送る。オフサイドラインをギリギリで掻い潜ったコレアがそのままボックス付近まで運んで右を併走するトーレスへプレゼントパス。これを背番号9が冷静にワンタッチで流し込み、自身のラストマッチで今季リーガ4点目を決めた。 ▽千両役者トーレスの同点ゴールによって1-1のイーブンで試合を折り返したアトレティコは59分にコケとコレアを下げてグリーズマンとジエゴ・コスタを同時投入。すると、この選手交代がトーレスの2点目をもたらす。自陣右サイドからサビッチが前線に長いボールを入れると、これを前線で収めたジエゴ・コスタがボックス内に走り込むトーレスへ絶妙なスルーパスを通す。ここでDFとGKを冷静にかわしたトーレスが無人のゴールへ流し込み、ワンダ・メトロポリターノにこの試合最大の歓喜が生まれた。 ▽リーグ最少失点を誇るアトレティコだけにトーレスの2点目が決勝点になるかに思われたが、直後の63分にリュカが2枚目の警告を受けて退場になると、ここから雲行きが怪しくなる。すると70分、ボックス手前でクリアボールに反応したペーニャに胸トラップから圧巻のミドルシュートをゴール右隅に叩き込まれて同点に追いつかれる。 ▽その後、試合終盤にかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。トーレスのラストマッチを何とか勝利で飾りたいアトレティコは数的不利ながらもグリーズマンのミドルシュートなどでゴールに迫るも、最後までエイバルのゴールをこじ開けることはできず。結局、試合はこのまま2-2でタイムアップ。今季ホーム最終戦で勝利を逃したアトレティコだったが、ラストマッチのトーレスに惜別の2ゴールが生まれる、美しいフィナーレとなった。 2018.05.21 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士が右太ももを負傷…エイバル最終戦のアトレティコ戦欠場で日本に帰国

▽エイバルは18日、日本代表MF乾貴士が右大腿四頭筋を負傷したことを発表した。 ▽乾は今回のケガによって20日に行われるリーガエスパニョーラ最終節のアトレティコ・マドリー戦を欠場することが決定し、同クラブでのキャリアを微妙な形で終えることになった。 ▽なお、現時点で乾の離脱期間は判明しておらず、日本に帰国後に日本代表のメディカルスタッフの下で精密検査を受ける予定だ。 2018.05.19 15:47 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバルMF乾貴士は来季に向けたベティス最初の補強か

▽今シーズン限りでエイバルの退団を発表している日本代表MF乾貴士(29)だが、レアル・ベティスの新シーズンに向けた最初の補強となりそうだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じた。 ▽エイバルからの飛躍を目指す乾は、今シーズン限りでの退団を既に発表。移籍先には、ベティスが濃厚であるとこれまで報じられてきた。 ▽今シーズンの乾は、最終節を残した時点でリーガエスパニョーラで34試合に出場し5ゴール2アシストを記録。チームは契約延長に動いていたが、本人が退団を希望した。 ▽『エスタディオ・デポルティボ』によると、ベティスは新シーズンに向けて早く動きたいとのこと。3選手の獲得が近づいており、GKパウ・ロペス(ジローナ)、MFセルヒオ・カナレス(レアル・ソシエダ)とともに、乾が入っている。 ▽乾は、最終節のアトレティコ・マドリー戦後、マドリッドからそのままセビージャへと移動し、契約を結ぶとのこと。メディカルチェックは既にパスしているという。 ▽ロシア・ワールドカップに出場する日本代表の予備登録メンバーは非公開となっているものの、登録されたという19名の海外組に乾が入っていると報道。18日には、30日に行われるガーナ代表戦に向けたメンバーが発表され、21日からのトレーニングキャンプに参加する見込みだ。 ▽ベティスとしては、このタイミングを逃すと乾と契約を結ぶのは6月以降にずれ込むことが濃厚となるため、早急に終結させたいと考えているようだ。果たして、最終節終了後に発表されるのだろうか。 2018.05.17 21:25 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース