香川負傷もバチュアイ2連発のドルトがロイス復帰戦を白星で飾る! HSVは右WB酒井奮闘も9戦未勝利…《ブンデスリーガ》2018.02.11 01:44 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第22節、ドルトムントvsハンブルガーSV(HSV)が10日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ホームのドルトムントが2-0で勝利した。なお、ドルトムントのMF香川真司は先発し62分に負傷交代。HSVのDF酒井高徳はフル出場、MF伊藤達哉はベンチ外となった。

▽シュティーガー監督の古巣対決となった前節ケルン戦を新戦力バチュアイの2ゴール1アシストの大活躍で3-2と制して4試合ぶりの勝利を飾った4位ドルトムント(勝ち点34)。連勝を目指す今節はケルン戦からパパスタソプーロス、ダフードに代えて、今季初出場のロイス、先発デビューのアカンジを起用。香川は引き続き先発を務め、ヴァイグル、ロイスと共に中盤に入った。

▽一方、ハノーファーに何とか追いついて勝ち点1をもぎ取ったものの、8戦勝利のない17位HSV(勝ち点17)。強豪ドルトムントとのアウェイゲームに向けては3バックの右に入っていた酒井を右ウイングバックに移すなど、若干テコ入れを図った。なお、伊藤はベンチ外となった。

▽立ち上がりからロイス、香川、プリシッチの細かい連携とバチュアイ、シュールレの推進力あるプレーで相手を押し込むドルトムント。しかし、中央のエリアをきっちり固める相手の守備を前になかなか最後の部分で合わない。20分には中央でボールを持った香川からバチュアイへスルーパスが通るが、これはわずかにオフサイド。

▽その後は徐々に相手の反撃を許し、29分にボックス内のウッドにシュートチャンスを許すと、40分にもコスティッチに枠内シュートを打たれる。だが、いずれもDFのシュートブロックとGKビュルキのセーブで凌いだ。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ドルトムントが早い時間帯にゴールを奪う。49分、ボックス付近での細かいダイレクトプレーでボックス右に抜け出したプリシッチがグラウンダーのクロス。これをファーに走り込んだバチュアイがスライディングで流し込み、2試合連続ゴールを決めた。

▽一方、粘りながらも失点を喫したHSVは54分、フントとウッドを下げてサリホビッチとアルプを同時投入。すると、活きのいい若手FWアルプが強引にフィニッシュに持ち込むなど、徐々にゴールを予感させるプレーも見せる。

▽冷静に試合を進めるドルトムントだったが、60分過ぎにアクシデントが発生。守備の際に左足のふくらはぎを痛めた香川がプレー続行不可能となり、ダフードとの負傷交代を強いられる。香川はベンチに座らず、すぐさまロッカールームへ下がっており、数週間の離脱をうかがわせた。

▽香川が負傷離脱となったドルトムントは直後の63分にロイスの見事な個人技からボックス右でパスを受けたシュールレに決定機も、ここはシュートコースが甘く相手GKの好守に遭う。その後も追加点を奪えないドルトムントだが、70分にはロイスを下げてゲッツェを投入し試合を締めにかかる。

▽ドルトムントの1点リードのまま試合は終盤に突入。何とか追いつきたいHSVは酒井の右サイドを起点に幾度となくチャンスを作りかけるが、クロスに対してゴール前の人数が足りず、最後の場面で決め切れない。すると試合終了間際にはドルトムントがカウンターからシュールレの絶妙スルーパスに抜け出したゲッツェが冷静なシュートでダメ押しの今季2点目を流し込み、勝負あり。

▽香川の負傷交代は気がかりもエースのロイス復帰戦をバチュアイとゲッツェの2ゴールで飾ったドルトムントが2連勝。一方、酒井を筆頭に善戦むなしく敗れたHSVは9戦未勝利となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ミランvsアーセナル&香川ドルトvs南野ザルツ! ラウンド16のカード決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が23日に行われ、対戦カードが決定した。 ▽優勝候補でありMF香川真司が所属するドルトムントは、MF南野拓実が所属するザルツブルクと対戦。また、イタリアの名門であるミランと、初のEL参戦で優勝でのチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙うアーセナルが激突する好カードが実現した。 ▽そのほか、スペインの強豪であるアトレティコ・マドリーは、ロシアのロコモティフ・モスクワと対戦。DF酒井宏樹が所属するマルセイユはビルバオと相まみえる。 ▽ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同15日に行われる。 ◆ELラウンド16対戦カード ※左側のチームが1stレグのホームチーム ラツィオ(イタリア)vsディナモ・キエフ(ウクライナ) RBライプツィヒ(ドイツ)vsゼニト(ロシア) アトレティコ・マドリー(スペイン)vsロコモティフ・モスクワ(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア)vsリヨン(フランス) マルセイユ(フランス)vsアスレティック・ビルバオ(スペイン) スポルティング・リスボン(ポルトガル)vsビクトリア・プルゼニ(チェコ) ドルトムント(ドイツ)vsザルツブルク(オーストリア) ミラン(イタリア)vsアーセナル(イングランド) 2018.02.23 21:21 Fri
twitterfacebook
thumb

EL敗退のアタランタ指揮官「互角だったが、ドルトムントに勝つのは夢のようなもの」

22日、ヨーロッパリーグ(EL)敗退が決まったアタランタの指揮官ジャン・ピエロ・ガスペリーニは苦い思いを語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。<br><br>アタランタは22日、ELラウンド32でドルトムントとの第2戦に挑んだものの1-1で引き分け、2試合合計3-4で敗退が決定した。<br><br>「2試合とも非常に良いパフォーマンスだった。1tsレグは途中、勝てるとも思ったが91分に(失点して)負けが決まってしまった。2試合とも均衡のとれた試合だったが、終盤の2つのゴールが勝敗を分けた。サポーターには感謝したい。苦かったが最高の経験だった。ドルトムントに勝つのは夢のようなものだったと思う。両試合において相手と互角、いやそれ以上にプレーできていた。選手も責任感が増し、成長できたと思う。シンデレラのように素晴らしいシーズンだった。ここで気落ちするわけにはいかない。残りのシーズンに向けて再出発したい」<br><br>先制したアタランタは追加点のチャンスを逃した挙句、83分にDFマルセル・シュメルツァーの同点弾を許し、敗退につながった。このため交代の遅れが指摘されている。アタランタ指揮官は采配の理由を説明した。<br><br>「持ちこたえていたし、決定的な時間帯だった。カウンターは良かったし、相手を脅かしていた。ゴールが入れば試合を決めることができた。当初、目標としていたようにイタリアの代表として良いプレーを見せることはできたが、後悔は残る」<br><br>提供:goal.com 2018.02.23 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バチュアイが差別に痛快反撃! 敗退のアタランタサポに「残りのELを楽しんで」

▽今冬にチェルシーからドルトムントにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイが差別主義者に反撃した。 ▽ドルトムントは22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2ndレグでアタランタと敵地で対戦。DFマルセル・シュメルツァーの同点弾で1-1に持ち込み、2戦合計4-3で勝ち上がりを決めた。 ▽しかし、この試合、アタランタサポーターの差別行為が横暴。フル出場のバチュアイは、差別的なチャントに晒されている。試合後、ベルギー人FWは、ツイッター(@mbatshuayi)で次のように仕返した。 「もう2018年だっていうのに、なぜ差別的なモンキーチャント? あり得ない。まあ、僕らが勝ち進んだELの残り試合を観て楽しんでもらいたいね。#差別反対 #黒豹を見ろ」 2018.02.23 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16進出チームが決定! 日本人所属3クラブは揃って勝ち抜け!《EL》

▽22日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の全日程が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。いずれも接戦が目立った中、RBライプツィヒに敗れたナポリを除きアーセナルやミラン、アトレティコ・マドリー、ドルトムントといった優勝候補が順当にラウンド16進出を果たした。 ▽また、日本人選手所属ではMF香川真司が2試合共に欠場となったドルトムントがアタランタとの接戦を制した。また、グループIで同居して共にグループステージ突破を決めたDF酒井宏樹のマルセイユ、MF南野拓実のザルツブルクはそれぞれブラガ、レアル・ソシエダを下してラウンド32を突破した。なお、1stレグでは酒井がアシスト、南野が貴重な同点ゴールときっちりチームの突破に貢献していた。 ▽また、国別での勝ち上がりをみると、唯一の参戦となったイングランド勢のアーセナルを除き、5大リーグと評されるスペイン、イタリア、ドイツ、フランスがそれぞれ2チームずつをラウンド16に送り込んでいる。その一方で、ラウンド16に最多3チームを送り込んだのは優勝候補にも挙がるゼニトを含め、CSKAモスクワ、ロコモティフ・モスクワが勝ち上がったロシア勢だった。 ▽なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日の日本時間21時にスイスのニヨンで開催される予定だ。また、ラウンド16は1stレグが3月8日に、2ndレグが同月15日に行われる。ELラウンド16進出チームは以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム アーセナル(イングランド) ミラン(イタリア) ラツィオ(イタリア) ドルトムント(ドイツ) RBライプツィヒ(ドイツ) アトレティコ・マドリー(スペイン) アスレティック・ビルバオ(スペイン) リヨン(フランス) マルセイユ(フランス) スポルティング・リスボン(ポルトガル) ゼニト(ロシア) CSKAモスクワ(ロシア) ロコモティフ・モスクワ(ロシア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) ザルツブルク(オーストリア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 2018.02.23 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

主将シュメルツァーの値千金同点弾でドルトムントがラウンド16進出! 香川はケガで招集外《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、アタランタvsドルトムントが行われ、1-1のドローに終わった。この結果、2戦合計4-3としたドルトムントがラウンド16進出を決めた。なお、ドルトムントのMF香川真司はケガの影響で招集外となった。 ▽ドルトムントホームで行われた初戦は、ドルトムントが一度は逆転を許すも新エースFWバチュアイの2ゴールによって再逆転に成功し、ホームで3-2の勝利を収めた。先週末のボルシアMG戦を1-0で制して公式戦4連勝を飾ったドルトムントは、その試合から先発4人を変更。ヴァイグルやロイスに代わってシャヒンやプリシッチが起用された。一方、ホームで逆転を目指すアタランタは、1stレグと同じ11人で臨んだ。 ▽試合は逆転での突破を目指すアタランタがアグレッシブな入りを見せると、早い時間帯にゴールが生まれる。11分、左CKの場面でキッカーのアレハンドロ・ゴメスが入れたボールをニアで競り勝ったカルダーラがファーへ流す。これをトロイがスライディングシュートで流し込んだ。 ▽2戦合計3-3もアウェイゴール数で優位に立ったホームチームは勢い付いて試合をコントロール。マンマークに近い組織的なプレスで再三インターセプトやボール奪取を見せると、鋭いカウンターを狙う。27分には左サイドに流れたA・ゴメスの柔らかなクロスに完璧に抜け出したクリスタンテに絶好機も、ヘディングシュートは枠の左に外れる。 ▽一方、相手のシュートミスに救われたドルトムントは要所で相手のプレスを剥がしてはシュールレやプリシッチのサイドを起点に相手ゴールへ迫っていく。33分にはセットプレーの二次攻撃からシュールレの浮き球パスに抜け出したゲッツェが冷静なシュートでネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定で認められず。直後には高い位置でボールを奪ったバチュアイの仕掛けから相手のクリアが右ポストを掠める決定機も創出する。 ▽前半終盤にかけては一進一退の攻防が続くも、攻守にハイインテンシティを見せたアタランタが1点リードをキープして試合を折り返した。 ▽迎えた後半、ハーフタイム明けにトルヤンを下げて負傷明けのシュメルツァーをピッチに送り込んだドルトムントは、61分にも精彩を欠いたプリシッチを下げて切り札のロイスを投入。するとこの選手交代をキッカケにドルトムントの攻撃に連動性と迫力が生まれる。 ▽後半もソリッドなパフォーマンスを続けるアタランタは69分、ロングカウンターから右サイドを突破したイリチッチに決定機もシュートは枠の左に外れる。さらに79分には再びカウンターから右サイドを突破したクリスタンテがボックス付近で起点を作ってボックス左に走り込むA・ゴメスにラストパス。しかし、A・ゴメスの股間を狙ったシュートはGKビュルキのビッグセーブに阻まれ、追加点とはならず。 ▽一方、守護神のビッグセーブで望みを繋いだドルトムントは83分、頼れるエースとキャプテンが大仕事を果たす。ボックス付近までドリブルで運んだロイスが右足のシュート。ややミートし切らなかったもののシュートに反応したバチュアイが気になったか、GKベリシャが痛恨のファンブル。これに詰めたシュメルツァーが豪快にネットを揺らし、ドルトムントが土壇場で試合を引っくり返した。 ▽その後、ペターニャ、コーネリウスと2人の長身FWをピッチに送り出したアタランタに対して、最後まで冷静な守備を見せたドルトムントが勝ち越しゴールを許さず。試合はこのまま1-1のドローでタイムアップ。途中投入のロイスとシュメルツァーの活躍で接戦を制したドルトムントがラウンド16進出を果たした。 2018.02.23 07:12 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース