NLダービー7戦7発のケイン弾でスパーズがリベンジ完遂! 奮闘守護神見殺しのアーセナルはトップ4遠のく痛恨黒星…《プレミアリーグ》2018.02.10 23:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、トッテナムvsアーセナルによる“ノースロンドン・ダービー”が10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。

▽前節、微妙な判定がありながらもケインの劇的なPK弾で難攻不落のアンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることに成功した5位のトッテナム(勝ち点49)。現在、リーグ戦8戦無敗(5勝3分け)と好調を維持するチームは、敵地での前回対戦で敗戦した宿敵とのダービーに挑んだ。2-0で快勝した直近のFAカップ4回戦再試合、ニューポート・カウンティ戦からソン・フンミンを除く先発10人を変更。リバプール戦と同じメンバーを起用し、新加入のルーカス・モウラが初のベンチ入りを果たした。

▽一方、6位のアーセナル(勝ち点45)は移籍市場閉幕ギリギリでオーバメヤンを獲得すると、直近のエバートン戦ではサンチェスとのトレードで加入したムヒタリアンとの元ドルトムントコンビが早速結果を残すなど、実りある5-1の大勝で復調を印象付けた。そして、ここから勢いに乗りたいチームは2013-14シーズン以来となるダービーでのシーズンダブルを狙った。前節からは先発2人を変更。そ径部を痛めたラムジーとイウォビに代わってウィルシャーとエルネニーを起用した一方、負傷の影響で欠場も噂されたGKチェフとモンレアルは無事メンバーに入った。

▽聖地ウェンブリーで初開催となったプレミアリーグでのノースロンドン・ダービー。試合は立ち上がりからホームのトッテナムがボールの主導権を握り、エルネニーをアンカーに配したバランス重視の[4-1-4-1]の布陣で臨んだアーセナルがカウンターで応戦する立ち上がりとなる。

▽時間の経過と共に相手を自陣に押し込めたトッテナムは左サイドのソン・フンミンの仕掛けを起点に攻撃を展開するが、中央をきっちり締める相手の守備を崩し切れず、17分にはソン・フンミンのやや苦し紛れなミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。さらに27分には左に流れたエリクセンからのクロスをゴール前でフリーのケインが頭で合わせるが、これはわずかにクロスバーの上を越える。

▽前半終盤にかけても同様のこう着した状況が続く中、ここまで防戦一方のアーセナルは40分にエジルの右サイドへの展開からベジェリンがボックス右角からシュートを狙うが、これは枠を大きく外れた。結局、攻めあぐねるトッテナムと守るだけのアーセナルという、やや渋いゲーム内容が続いた前半はゴールレスで終了した。

▽引き続き拮抗した展開が予想された中、ノースロンドン・ダービーの王様がいきなり目を覚ます。49分、相手陣内左サイドでデンベレからパスを受けたベン・デイビスが絶妙なアーリークロスを供給。これをファーサイドでDFコシエルニーに競り勝ったケインが頭で叩きつけてゴール左隅に流し込んだ。

▽ダービー7戦7発のエースの先制点でリードを手にしたトッテナムは一気に試合の流れを掌握。52分と54分には2点目を狙うケインがダイアーとトリッピアーの右クロスからヘディングと強烈な右足ボレーで決定機に絡むが、GKチェフの好守に遭う。直後の57分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが枠の左上隅に飛ばすが、再びアーセナル守護神のファインセーブに阻まれた。

▽一方、前半以上に防戦一方の展開が続くアーセナルは存在感を欠いたムヒタリアン、エルネニーを下げて65分にイウォビとラカゼットを同時投入。すると68分には後半最初の決定機。ペナルティアーク付近でボールを受けたウィルシャーが左足を振り抜くと、これが枠の左を捉えるがGKロリスにキャッチされた。

▽先制以降も試合の主導権を握るトッテナムは70分、ソン・フンミンを下げてラメラを投入する。投入直後の71分には相手最終ラインのミスからラメラのラストパスに抜け出したデレ・アリ、続く72分にはヴェルトンゲンの出足鋭いインターセプトからケインとデレ・アリを繋ぎラメラがボックス内に抜け出す。さらに76分にはエリクセンの左クロスからトリッピアーに絶好機も、GKチェフのビッグセーブに阻まれた。

▽試合終盤にかけて最低でも勝ち点1を持ち帰りたいアーセナルはジャカを下げてウェルベックを投入。エジルとウィルシャーがセントラルMFでコンビを組む超攻撃的な布陣でゴールを目指す。すると試合終了間際には絶好の同点機会が続けて訪れる。

▽まずは90分、ベジェリンの右クロスをボックス左でフリーのラカゼットがダイレクトボレー、その直後にはイウォビのスルーパスに抜け出したラカゼットがボックス右でGKと一対一になるが、いずれのシュートも枠に飛ばせない。さらにラストプレーではボックス手前中央の好位置でFKを獲得するが、キッカーのエジルのシュートは壁に阻まれてタイムアップ。

▽スコア以上の内容でダービーに完勝したトッテナムが前回対戦でのリベンジを見事に果たし、リーグ9戦負けなしとした。一方、9連勝中の新ウェンブリーで初黒星となったアーセナルはトップ4がさらに遠のく痛恨の敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ソン・フンミン、兵役免除へ…OAとしてアジア競技大会出場を熱望

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、アジア競技大会にオーバーエイジ枠として出場することを熱望しているようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽トッテナムで活躍を続ける傍ら、母国韓国の兵役問題に苛まれるソン・フンミン。韓国人の成人男子は約2年間に渡る兵役の義務があり、25歳のソン・フンミンは満28歳になる前に21カ月間の服務が必要となる。また、Kリーグの尚州尚武や警察庁のチームでプレーするには、1年前に韓国国内クラブに在籍する必要があり、海外でのプレーは2019年7月まで可能となっている。 ▽オリンピックでのメダル獲得やアジア競技大会優勝を成し遂げれば、この兵役を免れることができるため、ソン・フンミンは兵役免除を目指して8月18日から9月2日まで行われるアジア競技大会にオーバーエイジ枠としての出場を望んでいるようだ。U-23韓国代表を率いるるキム・ハクボム監督は、以下のようにコメントしている。 「ソン(・フンミン)にはアジア競技大会への出場に強い意欲を持っている。しかし、それまでにワールドカップがある。ソンにはアジア競技大会で会う前に、ロシアでまず上手くやってくれと伝えているよ」 ▽仮にソン・フンミンがアジア競技大会に出場するとなれば、来シーズンのプレミアリーグ開幕には間に合わない。アジア競技大会は国際サッカー連盟(FIFA)が定める代表ウィーク外の開催のため、トッテナムには選手を派遣する義務はないが、兵役を免除されなければ、2018-19シーズンでソン・フンミンのトッテナムでのキャリアは終わることとなる。 ▽もちろんアジア競技大会の優勝が確約されているわけではなく、チャンスを逃せば2020年に行われる東京オリンピックもチャンスが残されているが、こちらもメダル獲得の保証はない。そうなれば、ソン・フンミンはサッカーをせずに兵役をこなすこととなり、その後にヨーロッパでプレーするには障壁が高いこととなる。 ▽U-23韓国代表のキム・ハクボム監督は、これまでも同選手の招集を明言しているが、トッテナムがこれに応じるのだろうか。開幕には間に合わなくとも、兵役を免除されることの方がトッテナムにとってもソン・フンミンにとってもプラスになると思われるが果たして…。 2018.04.26 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWソン・フンミンが2017年の“ベスト・オブ・アジア”に選出…3度目の受賞

中国の『タイタンスポーツ』による&ldquo;Best Footballer in Asia&rdquo;が発表され、トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが、最多得票で2017年度の1位に選ばれた。同選手はこれで2014年、2015年に続き3度目の受賞となる。<br><br>ソンは今シーズン、トッテナムで左ウイングとして活躍し、プレミアリーグではチーム躍進の立役者に。一方でラウンド16でユヴェントスに敗れたものの、チャンピオンズリーグでも決勝トーナメント進出に貢献していた。<br><br>この賞は2013年に創設され、アジアサッカー連盟(AFC)に属する国のメディア、ジャーナリストたちによって投票されるもの。過去に2013年は本田圭佑、2016年は岡崎慎司が受賞している。ちなみにAFCによる「アジア年間最優秀選手賞」とは異なるサッカーアワード。<br><br>なお、2017年の得票ポイントは1位ソン・フンミン(トッテナム)が「157」、2位オマル・フリービーン(アル・ヒラル)が「127」、3位ラファエル・シルバ(武漢卓爾)が「57」だった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.26 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ、2013年以来のビルバオ復帰か

▽トッテナムに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)がビルバオ復帰を示唆した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ビルバオでプロキャリアをスタートさせたジョレンテは、ユベントス、セビージャ、スウォンジーを経て、昨夏から2年契約でトッテナム入り。だが、プレミアリーグでわずか1試合の先発にとどまっており、地位を確立できずにいるのが実情だ。 ▽『ミラー』によれば、そんなジョレンテに対して、古巣ビルバオが興味を示している模様。その件について問われたジョレンテは、次のように語り、2013年以来の古巣復帰に含みを持たせた。 「ビルバオは僕の家。彼らがオファーをくれるのなら、復帰も起こり得る」 「僕にとって、忘れることのできないクラブだ。素晴らしい時間を過ごした。ビルバオは、常に僕の心の中でも特別な場所にあるクラブさ」 「彼らが僕に戻ってくるよう求めてきたら、それについて考えないといけない」 2018.04.24 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズがクォン・チャンフンに関心か! ソン・フンミンとの韓国代表コンビ結成?

▽トッテナムがディジョンに所属する韓国代表MFクォン・チャンフン(23)に関心を示しているようだ。フランス『Mercato365』が伝えている。 ▽『Mercato365』が伝えるところによれば、トッテナムのスカウトはボルシアMGやフライブルクなどブンデスリーガ勢が関心を寄せる、クォン・チャンフンを視察するため先週末に行われたディジョンvsリヨンをスタジアムで観戦していたという。 ▽韓国の水原三星でプロキャリアをスタートしたクォン・チャンフンは、2017年1月にディジョンに完全移籍で加入。右ウイングを主戦場に個での打開力に優れるレフティは、今季ここまでのリーグ・アンで9ゴール2アシストを記録。また、2015年にデビューを果たした韓国代表ではここまで16試合に出場し4ゴールを挙げている。 ▽なお、トッテナムではこれまでDFイ・ヨンピョ、FWソン・フンミンと2人の韓国人選手がプレーしている。 2018.04.23 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、FA杯敗退に傷心「クラブのためなら別な人間の下でも」

▽トッテナムは21日、FAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し1-2で敗戦した。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今回の敗退に大きなショックを受けたようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽2008年以来のタイトル獲得を目指すトッテナムは、試合序盤にMFデレ・アリのゴールで先制に成功。しかし、24分にMFムサ・デンベレの不用意な自陣でのボールロストからFWアレクシス・サンチェスに同点ゴールを許すと、後半序盤にはMFアンデル・エレーラに逆転ゴールを許して1-2の敗戦を喫した。そして、トッテナムはFAカップ準決勝で8連敗という、クラブとしての勝負弱さを改めて露呈してしまった。 ▽試合後、公式会見に臨んだポチェッティーノ監督は珍しく弱気な姿勢を見せた。 「トッテナムにはより多くの時間を必要としている。それは私の下でか、あるいは別の人物の下でだ。個人的にクラブにとって理想的な哲学を開発し、発展させることに重点を置くのがとても重要だと思う」 「もちろん、我々は準決勝に到達し、チャンピオンズリーグでも競争力を示し、プレミアリーグでもトップ4を争う競争力を持っている」 「ただ、それだけでは十分ではないんだ。我々はタイトルに近い存在だとみなされているが、結局のところそれ以上に近づくことはできていない」 「我々が次のレベルに到達するには競争力を身に付けるのではなく、勝つ必要があるんだ」 「ここ4年、我々は非常に良いスカッドを構築しているが、勝者のメンタリティを得るにはより多くの時間が必要なんだ」 ▽2014年のトッテナム指揮官就任以降、着実にチームを成長させてきたポチェッティーノ監督だが、チャンピオンズリーグ(CL)や国内リーグで更なる成功を目指して臨んだ今季はCLユベントス戦での敗退や昨季を下回る4位に甘んじるなど、苦戦が続く。それだけに、自身を含めたクラブの将来に少なからず不安を感じ始めたのかもしれない。 2018.04.22 18:58 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース