NLダービー7戦7発のケイン弾でスパーズがリベンジ完遂! 奮闘守護神見殺しのアーセナルはトップ4遠のく痛恨黒星…《プレミアリーグ》2018.02.10 23:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、トッテナムvsアーセナルによる“ノースロンドン・ダービー”が10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。▽前節、微妙な判定がありながらもケインの劇的なPK弾で難攻不落のアンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることに成功した5位のトッテナム(勝ち点49)。現在、リーグ戦8戦無敗(5勝3分け)と好調を維持するチームは、敵地での前回対戦で敗戦した宿敵とのダービーに挑んだ。2-0で快勝した直近のFAカップ4回戦再試合、ニューポート・カウンティ戦からソン・フンミンを除く先発10人を変更。リバプール戦と同じメンバーを起用し、新加入のルーカス・モウラが初のベンチ入りを果たした。

▽一方、6位のアーセナル(勝ち点45)は移籍市場閉幕ギリギリでオーバメヤンを獲得すると、直近のエバートン戦ではサンチェスとのトレードで加入したムヒタリアンとの元ドルトムントコンビが早速結果を残すなど、実りある5-1の大勝で復調を印象付けた。そして、ここから勢いに乗りたいチームは2013-14シーズン以来となるダービーでのシーズンダブルを狙った。前節からは先発2人を変更。そ径部を痛めたラムジーとイウォビに代わってウィルシャーとエルネニーを起用した一方、負傷の影響で欠場も噂されたGKチェフとモンレアルは無事メンバーに入った。

▽聖地ウェンブリーで初開催となったプレミアリーグでのノースロンドン・ダービー。試合は立ち上がりからホームのトッテナムがボールの主導権を握り、エルネニーをアンカーに配したバランス重視の[4-1-4-1]の布陣で臨んだアーセナルがカウンターで応戦する立ち上がりとなる。

▽時間の経過と共に相手を自陣に押し込めたトッテナムは左サイドのソン・フンミンの仕掛けを起点に攻撃を展開するが、中央をきっちり締める相手の守備を崩し切れず、17分にはソン・フンミンのやや苦し紛れなミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。さらに27分には左に流れたエリクセンからのクロスをゴール前でフリーのケインが頭で合わせるが、これはわずかにクロスバーの上を越える。

▽前半終盤にかけても同様のこう着した状況が続く中、ここまで防戦一方のアーセナルは40分にエジルの右サイドへの展開からベジェリンがボックス右角からシュートを狙うが、これは枠を大きく外れた。結局、攻めあぐねるトッテナムと守るだけのアーセナルという、やや渋いゲーム内容が続いた前半はゴールレスで終了した。

▽引き続き拮抗した展開が予想された中、ノースロンドン・ダービーの王様がいきなり目を覚ます。49分、相手陣内左サイドでデンベレからパスを受けたベン・デイビスが絶妙なアーリークロスを供給。これをファーサイドでDFコシエルニーに競り勝ったケインが頭で叩きつけてゴール左隅に流し込んだ。

▽ダービー7戦7発のエースの先制点でリードを手にしたトッテナムは一気に試合の流れを掌握。52分と54分には2点目を狙うケインがダイアーとトリッピアーの右クロスからヘディングと強烈な右足ボレーで決定機に絡むが、GKチェフの好守に遭う。直後の57分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが枠の左上隅に飛ばすが、再びアーセナル守護神のファインセーブに阻まれた。

▽一方、前半以上に防戦一方の展開が続くアーセナルは存在感を欠いたムヒタリアン、エルネニーを下げて65分にイウォビとラカゼットを同時投入。すると68分には後半最初の決定機。ペナルティアーク付近でボールを受けたウィルシャーが左足を振り抜くと、これが枠の左を捉えるがGKロリスにキャッチされた。

▽先制以降も試合の主導権を握るトッテナムは70分、ソン・フンミンを下げてラメラを投入する。投入直後の71分には相手最終ラインのミスからラメラのラストパスに抜け出したデレ・アリ、続く72分にはヴェルトンゲンの出足鋭いインターセプトからケインとデレ・アリを繋ぎラメラがボックス内に抜け出す。さらに76分にはエリクセンの左クロスからトリッピアーに絶好機も、GKチェフのビッグセーブに阻まれた。

▽試合終盤にかけて最低でも勝ち点1を持ち帰りたいアーセナルはジャカを下げてウェルベックを投入。エジルとウィルシャーがセントラルMFでコンビを組む超攻撃的な布陣でゴールを目指す。すると試合終了間際には絶好の同点機会が続けて訪れる。

▽まずは90分、ベジェリンの右クロスをボックス左でフリーのラカゼットがダイレクトボレー、その直後にはイウォビのスルーパスに抜け出したラカゼットがボックス右でGKと一対一になるが、いずれのシュートも枠に飛ばせない。さらにラストプレーではボックス手前中央の好位置でFKを獲得するが、キッカーのエジルのシュートは壁に阻まれてタイムアップ。

▽スコア以上の内容でダービーに完勝したトッテナムが前回対戦でのリベンジを見事に果たし、リーグ9戦負けなしとした。一方、9連勝中の新ウェンブリーで初黒星となったアーセナルはトップ4がさらに遠のく痛恨の敗戦となった。
コメント
関連ニュース
thumb

「ケインとアリの不在を感じさせない」リバプールのレジェンドがソン・フンミンを絶賛

元リバプールで、解説者として活動するジェイミー・キャラガー氏は、トッテナムで大活躍を見せるソン・フンミンを称えた。<br><br>2015年にレヴァークーゼンからトッテナムに加入し、着実な成長を見せるソン・フンミン。今シーズン序盤に韓国代表としてアジア大会に出場し、さらに1月にもアジアカップでプレーするなど多忙を極める同選手だが、トッテナムの選手としてここまで全公式戦32試合に出場して16ゴール9アシストを記録する。<br><br>さらに、アジアカップから帰還してからは4試合連続ゴール中と、とどまることを知らない勢いだ。ハリー・ケインやデレ・アリが負傷により離脱する状況の中で迎えたチャンピオンズリーグのドルトムント戦でも先制点を挙げて、3-0の勝利に貢献するなどソン・フンミンはチームの攻撃陣を牽引する存在として活躍している。<br><br>この活躍を受け、リバプールで長年にわたり活躍したキャラガー氏は『Goal』韓国版で、ソン・フンミンに称賛を送った。「彼は今シーズンのプレミアリーグの中でベストプレーヤーの1人だと思う」<br><br>「トッテナムはケインとアリを欠いているが、ソンのおかげで彼らがいない影響を感じさせない。ソンはセンターフォワードでも、両サイドでも非常にファンタスティックなプレーを見せている。トッテナムに来た当初は控えとして考えられていたが、今ではチームの主力にまで上り詰めた」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ミランの2選手に関心 今節にスカウトを派遣か

トッテナムが、ミランに所属するスペイン代表FWスソ(25)とコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(22)に関心を寄せているようだ。イタリア『メディア・セット』が伝えている。 トッテナムは両選手の調査に向けて、16日に行われるセリエA第24節のアタランタとミランの一戦にスカウトを派遣するようだ。ミランは放出に否定的な姿勢を見せているが、スソには契約解除金が4000万ユーロ(約50億円)に設定されており、慰留は簡単ではないと見られている。 スソは2015年1月にリバプールからミランへ加入。加入直後は元日本代表MF本田圭佑とのスタメン争いに後れを取りベンチを温める日々が続いた。しかし、2016年1月のジェノアへの期限付き移籍を経てミランへ復帰すると、本田からスタメンの座を奪取。今シーズンはここまでリーグ戦22試合で5ゴール8アシストを記録している。 一方のケシエは2017年6月に、アタランタから買取りオプション付きの2年間のレンタル移籍でミランへ加入。加入初年度から公式戦54試合に出場し、5ゴール6アシストの数字を残した。今シーズンもここまで公式戦27試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。 2019.02.16 23:12 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国代表&トッテナムでフル稼働でも躍動…ソン・フンミンが語る「走り続けることができる理由」

トッテナムで活躍する韓国代表FWソン・フンミンが、自身の原動力について語った。<br><br>ソン・フンミンは昨年の夏、ロシア・ワールドカップを戦った後にU-23韓国代表のオーバーエイジ枠としてアジア競技大会に主将として参戦。金メダルに貢献すると、シーズン開幕後はトッテナムでも変わらず主力として活躍している。<br><br>さらに、今冬には韓国代表としてアジアカップ2019を戦い、敗退のわずか5日後となる1月30日にはイングランドに戻ってプレミアリーグに出場。そこから公式戦4試合連続で先発し、すべての試合でゴールを記録している。<br><br>トッテナムで出場した直近の公式戦16試合において13ゴール7アシストと躍動するソン・フンミンは「僕は全ての瞬間を楽しもうとしている。フットボールをしている時が一番幸せなんだ」とコメント。ハードな日程を強いられてきたことに対するストレスはないことを明かした。<br><br>「本当にストレスはほとんどないよ。フットボールをすることで、それに対処するんだ。なぜ僕が頑張り続けることができるのかと言われれば、それが理由だと思うね」<br><br>「フィットネスに関しても、現時点で問題は何もない。自分にとって困難な状況が時々あっても、僕はフットボールのことを考え続けることができる。プレーできるチャンスがあることに、常に感謝しているんだ」<br><br>ソン・フンミンは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16ファーストレグ、ボルシア・ドルトムントとのホーム戦でも先制点を記録し、3-0の勝利に貢献。CLでの躍進とともに、プレミアリーグ逆転優勝も狙えるトッテナムにとって不可欠な存在となっており、イングランド国内からも称賛の声が挙がっている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

エース級に輝くソン・フンミン、2100万円の週給ゲットか

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)に契約延長の話が飛び出した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ソン・フンミンは2018年10月以降、トットナムで公式戦23試合に出場して16ゴールを記録。イングランド代表FWハリー・ケインらをケガで欠くチームにおいて、エース級の輝きを放っている。13日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1stレグのドルトムント戦でも1得点をマーク。公式戦4試合連発と絶好調だ。 そうした活躍をトットナム会長のダニエル・レヴィ氏も評価。昨年7月に5年契約を結んだばかりのソン・フンミンと今シーズン終了後にも再び新契約の交渉に入る模様だ。その際、ソン・フンミンの給与を現在の週給11万ポンド(約1500万円)から15万ポンド(約2100万円)に。レヴィ氏もソン・フンミンのために財布の紐を緩めるという。 2019.02.16 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

久々のCLベスト8に前進のトッテナム…ポチェッティーノがチームを称賛「後半はファンタスティックだった」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、&ldquo;ファンタスティック&rdquo;とドルトムント戦のパフォーマンスを称えた。<br><br>13日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでトッテナムはホームでドルトムントと対戦。ハリー・ケインやデレ・アリが不在という不安を抱えて臨んだ一戦だったが、47分にソン・フンミンのゴールで先制すると、83分にヤン・フェルトンゲン、86分にフェルナンド・ジョレンテが得点を挙げて、3-0で勝利した。<br><br>試合後、ポチェッティーノ監督は『BTスポーツ』で、特に後半にドルトムントを圧倒したトッテナムの選手たちのプレーを大いに称賛した。「ファンタスティックな後半だった。前半、特に立ち上がりは我々にとって難しい試合で、ベストなポジション取りに手間取ってしまった」<br><br>「ボールを持っていても思うようにプレーできなかったが、徐々に心地良くプレーできるようになり、1点目が入った。そしてチームは自信を高めていった。前半はナーバスと言うわけではないが、自信がなさそうだった。しかし、後半になると本当に良いプレーだった」<br><br>「この大会でドルトムントのような良いチームを相手にするとき、試合はいつだって難しくなる。まだまだやるべきことはある。ただ、我々は多くの良い選手を擁し、素晴らしいスカッドがある。私は全ての選手に満足している」<br><br>そして、3月5日のセカンドレグへ向けて「今日はファンタスティックな試合だったが、まだやるべきことが残っている。3-0は良い結果だけれど、我々はこの仕事を終わらせる必要がある」と9シーズンぶりのCLベスト8進出を見据えた。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.14 15:08 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース