NLダービー7戦7発のケイン弾でスパーズがリベンジ完遂! 奮闘守護神見殺しのアーセナルはトップ4遠のく痛恨黒星…《プレミアリーグ》2018.02.10 23:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、トッテナムvsアーセナルによる“ノースロンドン・ダービー”が10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。▽前節、微妙な判定がありながらもケインの劇的なPK弾で難攻不落のアンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることに成功した5位のトッテナム(勝ち点49)。現在、リーグ戦8戦無敗(5勝3分け)と好調を維持するチームは、敵地での前回対戦で敗戦した宿敵とのダービーに挑んだ。2-0で快勝した直近のFAカップ4回戦再試合、ニューポート・カウンティ戦からソン・フンミンを除く先発10人を変更。リバプール戦と同じメンバーを起用し、新加入のルーカス・モウラが初のベンチ入りを果たした。

▽一方、6位のアーセナル(勝ち点45)は移籍市場閉幕ギリギリでオーバメヤンを獲得すると、直近のエバートン戦ではサンチェスとのトレードで加入したムヒタリアンとの元ドルトムントコンビが早速結果を残すなど、実りある5-1の大勝で復調を印象付けた。そして、ここから勢いに乗りたいチームは2013-14シーズン以来となるダービーでのシーズンダブルを狙った。前節からは先発2人を変更。そ径部を痛めたラムジーとイウォビに代わってウィルシャーとエルネニーを起用した一方、負傷の影響で欠場も噂されたGKチェフとモンレアルは無事メンバーに入った。

▽聖地ウェンブリーで初開催となったプレミアリーグでのノースロンドン・ダービー。試合は立ち上がりからホームのトッテナムがボールの主導権を握り、エルネニーをアンカーに配したバランス重視の[4-1-4-1]の布陣で臨んだアーセナルがカウンターで応戦する立ち上がりとなる。

▽時間の経過と共に相手を自陣に押し込めたトッテナムは左サイドのソン・フンミンの仕掛けを起点に攻撃を展開するが、中央をきっちり締める相手の守備を崩し切れず、17分にはソン・フンミンのやや苦し紛れなミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。さらに27分には左に流れたエリクセンからのクロスをゴール前でフリーのケインが頭で合わせるが、これはわずかにクロスバーの上を越える。

▽前半終盤にかけても同様のこう着した状況が続く中、ここまで防戦一方のアーセナルは40分にエジルの右サイドへの展開からベジェリンがボックス右角からシュートを狙うが、これは枠を大きく外れた。結局、攻めあぐねるトッテナムと守るだけのアーセナルという、やや渋いゲーム内容が続いた前半はゴールレスで終了した。

▽引き続き拮抗した展開が予想された中、ノースロンドン・ダービーの王様がいきなり目を覚ます。49分、相手陣内左サイドでデンベレからパスを受けたベン・デイビスが絶妙なアーリークロスを供給。これをファーサイドでDFコシエルニーに競り勝ったケインが頭で叩きつけてゴール左隅に流し込んだ。

▽ダービー7戦7発のエースの先制点でリードを手にしたトッテナムは一気に試合の流れを掌握。52分と54分には2点目を狙うケインがダイアーとトリッピアーの右クロスからヘディングと強烈な右足ボレーで決定機に絡むが、GKチェフの好守に遭う。直後の57分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが枠の左上隅に飛ばすが、再びアーセナル守護神のファインセーブに阻まれた。

▽一方、前半以上に防戦一方の展開が続くアーセナルは存在感を欠いたムヒタリアン、エルネニーを下げて65分にイウォビとラカゼットを同時投入。すると68分には後半最初の決定機。ペナルティアーク付近でボールを受けたウィルシャーが左足を振り抜くと、これが枠の左を捉えるがGKロリスにキャッチされた。

▽先制以降も試合の主導権を握るトッテナムは70分、ソン・フンミンを下げてラメラを投入する。投入直後の71分には相手最終ラインのミスからラメラのラストパスに抜け出したデレ・アリ、続く72分にはヴェルトンゲンの出足鋭いインターセプトからケインとデレ・アリを繋ぎラメラがボックス内に抜け出す。さらに76分にはエリクセンの左クロスからトリッピアーに絶好機も、GKチェフのビッグセーブに阻まれた。

▽試合終盤にかけて最低でも勝ち点1を持ち帰りたいアーセナルはジャカを下げてウェルベックを投入。エジルとウィルシャーがセントラルMFでコンビを組む超攻撃的な布陣でゴールを目指す。すると試合終了間際には絶好の同点機会が続けて訪れる。

▽まずは90分、ベジェリンの右クロスをボックス左でフリーのラカゼットがダイレクトボレー、その直後にはイウォビのスルーパスに抜け出したラカゼットがボックス右でGKと一対一になるが、いずれのシュートも枠に飛ばせない。さらにラストプレーではボックス手前中央の好位置でFKを獲得するが、キッカーのエジルのシュートは壁に阻まれてタイムアップ。

▽スコア以上の内容でダービーに完勝したトッテナムが前回対戦でのリベンジを見事に果たし、リーグ9戦負けなしとした。一方、9連勝中の新ウェンブリーで初黒星となったアーセナルはトップ4がさらに遠のく痛恨の敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

わずか数日間で地獄と天国を味わったスパーズDFフォイスを同僚が称賛

▽トッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイスはまるでジェットコースターのような10日間を過ごした。 ▽10月31日に行われたEFLカップ4回戦のウェストハム戦で今季初出場を飾り、チームの勝利に貢献する見事なパフォーマンスを披露したフォイス。この活躍が評価され、11月3日に行われたウォルバーハンプトン戦では待望のプレミアリーグデビューを飾った。しかし、同試合ではチームが3-2で勝利した一方、後半に2つのPKを献上してしまうホロ苦いデビュー戦となった。 ▽しかし、現役時代に名センターバックとして活躍したマウリシオ・ポチェッティーノ監督は10日に行われたクリスタル・パレス戦で再びフォイスをスタメンに抜擢。すると、同胞の指揮官の期待に応えたフォイスは安定したプレーでクリーンシートに貢献すると共に、チームを勝利に導くプレミアリーグ初ゴールを記録。わずか10日間に地獄と天国を味わうジェットコースターのような日々を過ごした。 ▽そのフォイスはパレス戦後、クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「今は本当に幸せな気分だ。だけど、何よりもチームの勝利が嬉しいんだ。前半は難しい展開だったけど、勝利が最も重要なんだ。僕はこの前の試合で与えた2つのPKから学習した。個人的にあの出来事は経験という部分で自分の糧になったと思っているんだ」 ▽また、ウォルバーハンプトン戦から見事なリバウンドメンタリティを示した20歳DFにMFデレ・アリは賛辞のコメントを寄せている。 「フアンは多くの信頼に値する。彼は素晴らしいパフォーマンスをみせ、ゴールまで奪って見せた。彼は毎日チャンスを得るために熱心にトレーニングに励んでいるし、ウルブズ戦の2つのPKを払拭するキャラクターを示した」 ▽また、今月の代表ウィークでフォイスと共にアルゼンチン代表から招集されたGKパウロ・ガッサニーガとMFエリク・ラメラも進境著しい後輩の活躍に目を細めている。 ▽ガッサニーガは、「僕たちにとって彼の活躍に何の驚きも感じていないよ。昨年から彼の成長を見守ってきたからね。彼は常にハードワークしてきたし、今回それが証明されたんだ」と、日ごろからの努力を称賛した。 ▽一方、ラメラは「イングランドへの適応は簡単じゃないし、時間がかかるものなんだ。だけど、フアンは素晴らしいプレーを見せてくれているし、僕は自分のことのように嬉しいんだ。パウロも言っていたけど、彼は本当に努力していたし、彼のクオリティはみんなが見たとおりだよ。彼がそれをピッチで証明していることが僕自身嬉しい」と、フォイスが自身も苦しんだイングランドのスタイルに順応しつつあると語った。 2018.11.12 21:21 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷者続出の中で現れた救世主ムサ・シソコ、「このパフォーマンスを継続していきたい」

▽トッテナムに所属するフランス代表MFムサ・シソコがここ最近の好調なパフォーマンスに関して語っている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ▽2016年夏にニューカッスルからトッテナムに加入したシソコは途中出場を中心に十分な出場機会を与えられてきた一方、戦術理解度の低さや判断力、プレー精度の低さを理由に多くの識者やサポーターから厳しい批判に晒され、移籍市場が開くごとに放出候補に挙げられてきた。 ▽しかし、今シーズンはロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した主力の疲弊、MFムサ・デンベレやDFエリック・ダイアー、MFビクター・ワニャマ、MFデレ・アリ、MFクリスティアン・エリクセンと2列目とセントラルMFに負傷離脱が相次いだ中、圧倒的な身体能力とスタミナ、ユーティリティー性を武器に、ここまで公式戦10試合に出場。ゴールなどの決定的な仕事こそないものの、直近はリーグ戦5試合連続でスタメン起用されるなど、好パフォーマンスでチームを支えている。 ▽とりわけ、10日に行われた直近のクリスタル・パレスでは攻守両面で多くの仕事をこなし、試合終了後にはサポーターから盛大なチャントで労を労われていた。シソコはこれまで批判的な意見が多かったサポーターからの信頼に喜びを見せつつ、現在のパフォーマンスを継続していきたいと語った。 「素晴らしい気分だったよ。そして、ファンたちに感謝を示したい。自分にとって最高の瞬間のひとつだったし、このパフォーマンスを継続していきたい」 「自分がプレーしているときは試合に集中しているし、チームを助けることを常に心がけているんだ。もちろん、外部からの騒音(批判やブーイング)は聞こえているけど、優先すべきはピッチ内の出来事だ。ただ、自分を褒めてくれる声というのは嬉しいことだけどね」 「5試合連続のスタメンは本当に嬉しいよ。フットボールでは状況の変化が激しいけど、僕は決して諦めないよ。毎試合で全力を尽くし、練習からハードワークしていくよ」 「幸い、現時点でチーム同様に個人としてもうまくいっている。それは本当に嬉しいことだけど、今後もその状態を継続できるように努力を続けていきたい」 2018.11.12 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナム、フォイスのゴールでC・パレスとのロンドン・ダービー辛勝《プレミアリーグ》

▽トッテナムは10日、プレミアリーグ第12節でクリスタル・パレスとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 ▽ここまで8勝3分けとプレミアリーグ参入以降、クラブ史上最高のスタートを切ったトッテナム。直近のチャンピオンズリーグのPSV戦ではケインの2ゴールで今大会初勝利を挙げた。しかし、チーム事情は苦しく、先日に負傷したデンベレの年内復帰が絶望的となり、フェルトンゲンやローズも離脱中。そんな中、今節のスタメンにはケガから回復したワニャマが復帰。その他、トリッピアーやムサ・シソコ、デレ・アリ、ルーカス・モウラ、ケインらが先発に名を連ねた。 ▽ともにロンドンに本拠地を置くダービーマッチ。高い支配率で圧力をかけるトッテナムに対し、辛抱強く守るクリスタル・パレスは15分にトムキンスがCKからヘディングシュート。さらにその直後には古巣対決のタウンゼントがボックス左からシュートを放つ。 ▽相手の守りを前になかなかシュートまで運べないトッテナムは、20分にムサ・シソコがボックス左を強引にドリブルで突破しシュートに持ち込むが相手のブロックに遭う。 ▽24分にトッテナムにアクシデントが襲う。右サイドバックのトリッピアーが足の痛みを訴えオーリエと負傷交代。早くも交代枠を使ってしまった。 ▽嫌な展開となったトッテナム。30分に相手陣内でボールを奪ったケインがボックス手前から強烈なシュートを見舞うが、GKヘネシーに弾かれる。42分にはオーリエのクロスにルーカス・モウラが飛び込むが合わせることが出来ず。 ▽ゴールレスで迎えた後半、前半同様にクリスタル・パレスの守備に苦しめられるトッテナムだったが、66分に試合を動かした。左CKの場面。ラメラのクロスをケインがヘディングで合わせると、これがゴール前の相手に当たりルーズボールに。このボールにいち早く反応したフォイスが押し込んでトッテナムが先制した。 ▽やっとの思いで得点したトッテナム。その2分後には右サイドのデレ・アリのロングパスに、ラメラがオフサイドラインギリギリで抜け出すが、僅かにGKヘネシーの対応が早く、シュートを打てなかった。 ▽その後、互いに交代策を講じるも大勢は変わらない。そんな中、クリスタル・パレスは84分にファン・アーンホールトが味方とのワンツーでボックス左に侵入しクロスを供給。これが相手に当たってタウンゼントの下へ。タウンゼントは浮き球を胸トラップし左足でボレーシュートを放ったが、威力が弱くGKロリスにセーブされた。 ▽後半アディショナルタイムには、途中出場のセルロースに絶好機が訪れたが、ここもGKロリスがセーブ。トッテナムは伏兵フォイスの虎の子の一点を守り切り、1-0で勝利。公式戦4連勝とした。 2018.11.11 04:36 Sun
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表、GKガッサニーガとMFガストン・ヒメネスを追加初招集

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は9日、メキシコ代表戦に臨む代表メンバーに新たに2選手を追加招集したことを発表した。 ▽今回追加されたのはトッテナムGKパウロ・ガッサニーガと、アルゼンチンのベレスに所属するMFガストン・ヒメネス。ともに代表初招集となる。 ▽ガッサニーガは昨夏にサウサンプトンからトッテナムに加入した26歳。クラブではフランス代表GKウーゴ・ロリスと、元オランダ代表GKミシェル・フォルムに次ぐ第3GKという位置付けだが、両者が負傷したプレミアリーグ第6節と第7節ではゴールマウスを守り勝利に貢献。EFLカップでは2試合に出場している。 ▽ガストン・ヒメネスは今夏エストゥディアンテから移籍した27歳のMF。左利きでセントラルMFを主戦場としている。今季はここまで10試合に出場している。 ▽なお、アルゼンチンは16日にアウェイで、20日ホームでメキシコとダブルヘッダーの親善試合を行う。 2018.11.10 06:42 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム痛恨…右足首負傷のデンベレ、復帰は年明けに

▽トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレの復帰は来年になる見通しだ。クラブが8日に公式ツイッターで伝えている。 ▽デンベレは3日に行われたプレミアリーグ第11節のウォルバーハンプトン戦で右足首を負傷。メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした同選手はその後、ストレッチャーに乗せられてロッカールームへと退いていた。 ▽一方で、太ももを負傷していたDFエリック・ダイアーと、ヒザの負傷で離脱していたMFビクター・ワニャマはトレーニングに復帰した模様。 ▽しかし、ハムストリングを痛めているDFヤン・フェルトンゲンと、鼠径部に問題を抱えているDFダニー・ローズはもうしばらくリハビリが必要なようだ。 2018.11.08 22:20 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース