NLダービー7戦7発のケイン弾でスパーズがリベンジ完遂! 奮闘守護神見殺しのアーセナルはトップ4遠のく痛恨黒星…《プレミアリーグ》2018.02.10 23:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、トッテナムvsアーセナルによる“ノースロンドン・ダービー”が10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。

▽前節、微妙な判定がありながらもケインの劇的なPK弾で難攻不落のアンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることに成功した5位のトッテナム(勝ち点49)。現在、リーグ戦8戦無敗(5勝3分け)と好調を維持するチームは、敵地での前回対戦で敗戦した宿敵とのダービーに挑んだ。2-0で快勝した直近のFAカップ4回戦再試合、ニューポート・カウンティ戦からソン・フンミンを除く先発10人を変更。リバプール戦と同じメンバーを起用し、新加入のルーカス・モウラが初のベンチ入りを果たした。

▽一方、6位のアーセナル(勝ち点45)は移籍市場閉幕ギリギリでオーバメヤンを獲得すると、直近のエバートン戦ではサンチェスとのトレードで加入したムヒタリアンとの元ドルトムントコンビが早速結果を残すなど、実りある5-1の大勝で復調を印象付けた。そして、ここから勢いに乗りたいチームは2013-14シーズン以来となるダービーでのシーズンダブルを狙った。前節からは先発2人を変更。そ径部を痛めたラムジーとイウォビに代わってウィルシャーとエルネニーを起用した一方、負傷の影響で欠場も噂されたGKチェフとモンレアルは無事メンバーに入った。

▽聖地ウェンブリーで初開催となったプレミアリーグでのノースロンドン・ダービー。試合は立ち上がりからホームのトッテナムがボールの主導権を握り、エルネニーをアンカーに配したバランス重視の[4-1-4-1]の布陣で臨んだアーセナルがカウンターで応戦する立ち上がりとなる。

▽時間の経過と共に相手を自陣に押し込めたトッテナムは左サイドのソン・フンミンの仕掛けを起点に攻撃を展開するが、中央をきっちり締める相手の守備を崩し切れず、17分にはソン・フンミンのやや苦し紛れなミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。さらに27分には左に流れたエリクセンからのクロスをゴール前でフリーのケインが頭で合わせるが、これはわずかにクロスバーの上を越える。

▽前半終盤にかけても同様のこう着した状況が続く中、ここまで防戦一方のアーセナルは40分にエジルの右サイドへの展開からベジェリンがボックス右角からシュートを狙うが、これは枠を大きく外れた。結局、攻めあぐねるトッテナムと守るだけのアーセナルという、やや渋いゲーム内容が続いた前半はゴールレスで終了した。

▽引き続き拮抗した展開が予想された中、ノースロンドン・ダービーの王様がいきなり目を覚ます。49分、相手陣内左サイドでデンベレからパスを受けたベン・デイビスが絶妙なアーリークロスを供給。これをファーサイドでDFコシエルニーに競り勝ったケインが頭で叩きつけてゴール左隅に流し込んだ。

▽ダービー7戦7発のエースの先制点でリードを手にしたトッテナムは一気に試合の流れを掌握。52分と54分には2点目を狙うケインがダイアーとトリッピアーの右クロスからヘディングと強烈な右足ボレーで決定機に絡むが、GKチェフの好守に遭う。直後の57分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが枠の左上隅に飛ばすが、再びアーセナル守護神のファインセーブに阻まれた。

▽一方、前半以上に防戦一方の展開が続くアーセナルは存在感を欠いたムヒタリアン、エルネニーを下げて65分にイウォビとラカゼットを同時投入。すると68分には後半最初の決定機。ペナルティアーク付近でボールを受けたウィルシャーが左足を振り抜くと、これが枠の左を捉えるがGKロリスにキャッチされた。

▽先制以降も試合の主導権を握るトッテナムは70分、ソン・フンミンを下げてラメラを投入する。投入直後の71分には相手最終ラインのミスからラメラのラストパスに抜け出したデレ・アリ、続く72分にはヴェルトンゲンの出足鋭いインターセプトからケインとデレ・アリを繋ぎラメラがボックス内に抜け出す。さらに76分にはエリクセンの左クロスからトリッピアーに絶好機も、GKチェフのビッグセーブに阻まれた。

▽試合終盤にかけて最低でも勝ち点1を持ち帰りたいアーセナルはジャカを下げてウェルベックを投入。エジルとウィルシャーがセントラルMFでコンビを組む超攻撃的な布陣でゴールを目指す。すると試合終了間際には絶好の同点機会が続けて訪れる。

▽まずは90分、ベジェリンの右クロスをボックス左でフリーのラカゼットがダイレクトボレー、その直後にはイウォビのスルーパスに抜け出したラカゼットがボックス右でGKと一対一になるが、いずれのシュートも枠に飛ばせない。さらにラストプレーではボックス手前中央の好位置でFKを獲得するが、キッカーのエジルのシュートは壁に阻まれてタイムアップ。

▽スコア以上の内容でダービーに完勝したトッテナムが前回対戦でのリベンジを見事に果たし、リーグ9戦負けなしとした。一方、9連勝中の新ウェンブリーで初黒星となったアーセナルはトップ4がさらに遠のく痛恨の敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

文句なしでイングランドのベストプレーヤー! トリッピアーが今大会出場選手最多の決定機演出

▽イングランド代表は14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦でベルギー代表に0-2で敗れ、今大会を4位でフィニッシュした。下馬評はそこまで高くなかったイングランドの健闘の中でトッテナムDFキーラン・トリッピアーの貢献度は非常に高かった。 ▽今大会右ウイングバックのレギュラーとしてプレーしたトリッピアーは、グループリーグ最終節のベルギー戦を除く6試合に出場。豊富な運動量と安定した守備に加え、ビルドアップの局面では正確なパスを散らした。さらに、チュニジア代表との開幕戦では先制点をアシストし、準決勝のクロアチア代表戦では見事な直接FKで今大会初ゴールを記録した。 ▽さらにイギリス『BBC』のサッカー番組『Match of the Day』の伝えるところによれば、トリッピアーは今大会を通じて24回の決定機を演出しており、これは今大会出場選手中最多の記録となったという。 ▽今回のW杯では得点ランキングトップの6ゴールを記録したエースでキャプテンのトッテナムFWハリー・ケイン、再三の好守を連発した若き守護神のエバートンGKジョーダン・ピックフォードの活躍も見事だったが、攻守両面で異次元の働きぶりを見せたトリッピアーこそスリーライオンズのベストプレーヤーに相応しいのかもしれない。 2018.07.15 14:49 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、アルデルヴァイレルト退団ならフランス代表の注目株パヴァール獲得か

▽トッテナムがシュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽トッテナムは現在、センターバックを務めるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)が契約延長交渉が難航していることやマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナからの関心を寄せられていることが伝えられている。そこでトッテナムはアルデルヴァイレルトの退団に備え、パヴァールをリストアップしたようだ。 ▽2016年にリールからシュツットガルトに加入したパヴァールは、フランス代表では右サイドバックをこなしているものの、クラブではセンターバックを主戦場としている。2017-18シーズンではリーグ戦36試合1ゴールを記録した。現在開催されているロシア・ワールドカップ(W杯)でもここまで5試合に出場。決勝トーナメントラウンド16のアルゼンチン戦では、難易度の高いダイレクトボレーシュートを叩き込むなど攻守でフランスの決勝進出に貢献している。 ▽そんなパヴァールにはバイエルンやユベントス、アーセナルといったビッグクラブからの関心が伝えられている。ロシアW杯で注目を集めていることもあり、今夏の移籍市場では争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。 2018.07.15 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マウコム獲得レースでスパーズがポールポジションに! 代理人と交渉

▽ボルドーのブラジル人FWマウコム(21)の獲得レースでトッテナムがポールポジションに躍り出たようだ。フランス『Le 10 Sport』、『フランス・フットボール』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽これまでは加入報道が盛んに出ていたバイエルンを始め、チェルシーやアーセナル、リバプールが新天地候補として挙げられていた。さらに、先日にはヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏がインテル加入が決定的と報じたが、買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を望むインテルの要求をボルドー側が拒否したことで、交渉が完全に停滞している。 ▽そんな中『Le 10 Sport』、『フランス・フットボール』はトッテナムがマウコムの代理人と移籍に向けた交渉を行ったと報道。そして、現時点でそのほかのクラブに目立った動きがない中、同クラブが最も獲得に近づいているクラブだと主張している。 ▽なお、英語を学習するなど、以前からプレミアリーグ移籍を望むマウコムだが、2列目に豊富な人材を誇るトッテナムでのポジション争いを受け入れるかが、移籍成立のカギを握っているようだ。 2018.07.11 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯はスパーズが席巻! ベスト4進出チームに最多9選手を送り込む

▽先日、ロシア・ワールドカップ(W杯)で準決勝に進出する4チームが出揃った。フランス、ベルギー、イングランド、クロアチアという顔ぶれになった中、このベスト4進出チームに最も所属選手を送り込んでいるのがトッテナムだ。 ▽今回のW杯でもヨーロッパ主要リーグのビッグクラブでプレーする選手の多くが大会に参加してきたが、ここまでドイツやスペイン、ブラジル、アルゼンチンといった優勝経験のある強豪が敗退したことで、現時点で勝ち残っている選手を抱える所属クラブの顔ぶれも少し変わってきている。 ▽その中で最も優秀な戦績を残しているのがプレミアリーグの強豪トッテナムだ。トッテナムは今大会に12選手を送り出したが、そのうち敗退を強いられたのは韓国FWソン・フンミンとデンマークMFクリスティアン・エリクセン、コロンビアDFダビンソン・サンチェスの3人のみ。 ▽現時点でクロアチアを除く3チームに9選手が入っており、フランスはキャプテンのGKウーゴ・ロリス、ベルギーはDFトビー・アルデルヴァイレルト、DFヤン・ヴェルトンゲン、MFムサ・デンベレの3人、イングランドはエースでキャプテンのFWハリー・ケイン、DFダニー・ローズ、DFエリック・ダイアー、DFキーラン・トリッピアー、MFデレ・アリの5人がいる。 ▽なお、トッテナムに次ぐ7選手が残っているのは同じプレミア勢のマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティだ。ユナイテッドではベルギーにFWロメル・ルカクとMFマルアン・フェライニの2人、イングランドにDFフィル・ジョーンズ、MFジェシー・リンガード、MFアシュリー・ヤング、FWマーカス・ラッシュフォードの4人、フランスにMFポール・ポグバがいる。 ▽一方、シティではベルギーにDFヴァンサン・コンパニとMFケビン・デ・ブライネの2人、イングランドにDFジョン・ストーンズ、DFカイル・ウォーカー、MFファビアン・デルフ、FWラヒーム・スターリングの4人、フランスにDFバンジャマン・メンディがいる。 ▽3番手には5選手を送り出しているチェルシー、4番手は4選手を送り込んでいるバルセロナとリバプール、モナコ、パリ・サンジェルマン。5番手は3選手を送り込んでいるアトレティコ・マドリー、レアル・マドリー、マルセイユとなっている。 ▽なお、今回の内訳に関しては登録最終期限時点の所属クラブで換算しており、チェルシーからレンタル中のクリスタル・パレスMFルベン・ロフタス=チーク、ユベントスからレンタル中のシャルケFWマルコ・ピアツァ、W杯期間中にアトレティコ移籍が決まったモナコFWトマ・レマルなどは前所属先でカウントしている。 ◆ロシアW杯所属選手輩出クラブランキング(準決勝) 1.トッテナム(9人) 2.マンチェスター・ユナイテッド(7人) -.マンチェスター・シティ(7人) 3.チェルシー(5人) 4.バルセロナ(4人) -.リバプール(4人) -.モナコ(4人) -.パリ・サンジェルマン(4人) 5.アトレティコ・マドリー(3人) -.レアル・マドリー(3人) -.マルセイユ(3人) 2018.07.09 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月8日は、W杯前回王者に引導を渡した韓国史上最高傑作

◆ソン・フンミン 【Profile】 国籍:韓国 クラブ:トッテナム 誕生日:1992年7月8日 ポジション:FW 身長:183㎝ 体重:77㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月8日は、韓国代表FWソン・フンミンだ。 ▽韓国史上最高傑作と評されるスーパースター、ソン・フンミン。少年時代はどのクラブにも属さず、元韓国代表でもある父のソン・ウンジョンの指導を受けて育ったようだ。 ▽2008年にハンブルガーSVの下部組織に入団し、2010年にトップチームと契約を交わした。HSVで3年過ごした後、2013年夏にレバークーゼンに移籍。2シーズン連続二桁得点を記録し2015年の夏に現在のトッテナムに活躍の場を移した。 ▽トッテナムでの活躍は凄まじく、2年目には公式戦47試合で21ゴール10アシスト、3年目となった2017-18シーズンは公式戦52試合で18ゴール11アシストとトッテナムで不可欠な存在となっている。その活躍から2015年と2017年にAFCアジア年間国際最優秀選手に選出。2度の受賞は史上初めてのことだった。 ▽代表では2010年12月のシリア代表との親善試合でデビューを果たして以降中心選手として支え続けている。自身2度目となった今回のロシア・ワールドカップでは開幕から2連敗を喫しグループリーグ敗退。第3節のドイツ代表戦ではソン・フンミンのゴールなどで勝利したものの、試合後のロッカールームで大粒の涙を流していた。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジョン・ロックフェラー(実業家、慈善家) 元谷芙美子(アパホテル社長) 八代英輝(国際弁護士、コメンテーター) 谷原章介(俳優) クリスティアン・アッピアーティ(元サッカー選手) ロビー・キーン(サッカー選手/アトレティコ・デ・コルカタ) 鈴木啓太(元サッカー選手) ヴィルヒル・ファン・ダイク(サッカー選手/リバプール) ケビン・トラップ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) 田坂祐介(サッカー選手/川崎フロンターレ) 2018.07.08 07:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース