NLダービー7戦7発のケイン弾でスパーズがリベンジ完遂! 奮闘守護神見殺しのアーセナルはトップ4遠のく痛恨黒星…《プレミアリーグ》2018.02.10 23:36 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、トッテナムvsアーセナルによる“ノースロンドン・ダービー”が10日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。

▽前節、微妙な判定がありながらもケインの劇的なPK弾で難攻不落のアンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることに成功した5位のトッテナム(勝ち点49)。現在、リーグ戦8戦無敗(5勝3分け)と好調を維持するチームは、敵地での前回対戦で敗戦した宿敵とのダービーに挑んだ。2-0で快勝した直近のFAカップ4回戦再試合、ニューポート・カウンティ戦からソン・フンミンを除く先発10人を変更。リバプール戦と同じメンバーを起用し、新加入のルーカス・モウラが初のベンチ入りを果たした。

▽一方、6位のアーセナル(勝ち点45)は移籍市場閉幕ギリギリでオーバメヤンを獲得すると、直近のエバートン戦ではサンチェスとのトレードで加入したムヒタリアンとの元ドルトムントコンビが早速結果を残すなど、実りある5-1の大勝で復調を印象付けた。そして、ここから勢いに乗りたいチームは2013-14シーズン以来となるダービーでのシーズンダブルを狙った。前節からは先発2人を変更。そ径部を痛めたラムジーとイウォビに代わってウィルシャーとエルネニーを起用した一方、負傷の影響で欠場も噂されたGKチェフとモンレアルは無事メンバーに入った。

▽聖地ウェンブリーで初開催となったプレミアリーグでのノースロンドン・ダービー。試合は立ち上がりからホームのトッテナムがボールの主導権を握り、エルネニーをアンカーに配したバランス重視の[4-1-4-1]の布陣で臨んだアーセナルがカウンターで応戦する立ち上がりとなる。

▽時間の経過と共に相手を自陣に押し込めたトッテナムは左サイドのソン・フンミンの仕掛けを起点に攻撃を展開するが、中央をきっちり締める相手の守備を崩し切れず、17分にはソン・フンミンのやや苦し紛れなミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。さらに27分には左に流れたエリクセンからのクロスをゴール前でフリーのケインが頭で合わせるが、これはわずかにクロスバーの上を越える。

▽前半終盤にかけても同様のこう着した状況が続く中、ここまで防戦一方のアーセナルは40分にエジルの右サイドへの展開からベジェリンがボックス右角からシュートを狙うが、これは枠を大きく外れた。結局、攻めあぐねるトッテナムと守るだけのアーセナルという、やや渋いゲーム内容が続いた前半はゴールレスで終了した。

▽引き続き拮抗した展開が予想された中、ノースロンドン・ダービーの王様がいきなり目を覚ます。49分、相手陣内左サイドでデンベレからパスを受けたベン・デイビスが絶妙なアーリークロスを供給。これをファーサイドでDFコシエルニーに競り勝ったケインが頭で叩きつけてゴール左隅に流し込んだ。

▽ダービー7戦7発のエースの先制点でリードを手にしたトッテナムは一気に試合の流れを掌握。52分と54分には2点目を狙うケインがダイアーとトリッピアーの右クロスからヘディングと強烈な右足ボレーで決定機に絡むが、GKチェフの好守に遭う。直後の57分にはボックス手前で得たFKをエリクセンが枠の左上隅に飛ばすが、再びアーセナル守護神のファインセーブに阻まれた。

▽一方、前半以上に防戦一方の展開が続くアーセナルは存在感を欠いたムヒタリアン、エルネニーを下げて65分にイウォビとラカゼットを同時投入。すると68分には後半最初の決定機。ペナルティアーク付近でボールを受けたウィルシャーが左足を振り抜くと、これが枠の左を捉えるがGKロリスにキャッチされた。

▽先制以降も試合の主導権を握るトッテナムは70分、ソン・フンミンを下げてラメラを投入する。投入直後の71分には相手最終ラインのミスからラメラのラストパスに抜け出したデレ・アリ、続く72分にはヴェルトンゲンの出足鋭いインターセプトからケインとデレ・アリを繋ぎラメラがボックス内に抜け出す。さらに76分にはエリクセンの左クロスからトリッピアーに絶好機も、GKチェフのビッグセーブに阻まれた。

▽試合終盤にかけて最低でも勝ち点1を持ち帰りたいアーセナルはジャカを下げてウェルベックを投入。エジルとウィルシャーがセントラルMFでコンビを組む超攻撃的な布陣でゴールを目指す。すると試合終了間際には絶好の同点機会が続けて訪れる。

▽まずは90分、ベジェリンの右クロスをボックス左でフリーのラカゼットがダイレクトボレー、その直後にはイウォビのスルーパスに抜け出したラカゼットがボックス右でGKと一対一になるが、いずれのシュートも枠に飛ばせない。さらにラストプレーではボックス手前中央の好位置でFKを獲得するが、キッカーのエジルのシュートは壁に阻まれてタイムアップ。

▽スコア以上の内容でダービーに完勝したトッテナムが前回対戦でのリベンジを見事に果たし、リーグ9戦負けなしとした。一方、9連勝中の新ウェンブリーで初黒星となったアーセナルはトップ4がさらに遠のく痛恨の敗戦となった。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズが超逸材ライアン・セセニョン獲得に成功か! ユナイテッド、リバプールとの争奪戦制す!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)の獲得に成功したようだ。フルアムOBのリロイ・ロゼニアー氏がイギリス『Totally Football Show』で来季のスパーズ入りを主張した。 ▽ベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、昨夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアムとのプロ契約にサインし残留を決断した。 ▽だが、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で33試合12ゴール4アシストと、驚異の進化を見せ続ける逸材は、来季からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする道を選んだようだ。 ▽ロゼニアー氏は『Totally Football Show』で、「個人的にライアンに関する契約はすでに結ばれたと思う。プレミアリーグで強い関心が報じられていたトッテナムだ。彼は夏に移籍するまでフルアムに留まるが、彼の将来はすでに描かれている。ライアンは素晴らしいポテンシャルを持ち、今後偉大なプレーヤーになるはずだ」と、セセニョンのトッテナムへの移籍交渉がすでに完了しているとの見解を示した。 ▽なお、ロゼニアー氏の発言はあくまで確定情報ではなく、クラブに近い筋の推測と思われるが、左サイドバックから徐々にポジションを上げて世界屈指のアタッカーに成長したウェールズ代表MFガレス・ベイルと共通点も少なくないセセニョンは、スパーズ加入を選んで偉大なる先達の後継を担うことになるのか。 2018.02.23 07:48 Fri
twitterfacebook
thumb

美しき友情! スパーズDFローズが引退したライアン・メイソンに公開メッセージ

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズが18日に行われたロッチデール戦で、先日に頭部の負傷を理由に現役引退を発表した元イングランド代表MFライアン・メイソンにエモーショナルなメッセージを送った。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽トッテナムは18日に行われたFAカップ5回戦でリーグ1(イングランド3部)のロッチデールと対戦し、2-2のドローで試合を終えて引き分け再試合となった。 ▽トッテナムにとっては試合終了間際の失点で2ラウンド連続で下部カテゴリー相手の再試合を強いられる痛恨の結果となったが、この試合でローズが見せたある行動にスパーズサポーターは感銘を覚えている。 ▽トッテナムはこの試合の88分にMFデレ・アリがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのFWハリー・ケインが冷静に決め、一時的に逆転に成功した。 ▽このゴールセレブレーションの場面ではケインとデレ・アリを中心にスパーズの選手たちの歓喜の輪が生まれていたが、1人その輪から離れたローズはピッチサイドの中継カメラに接近。そして、ローズは中継映像を観ているであろう、かつての同僚メイソンに向けて「ライアン・メイソン!」と叫び、カメラのレンズに口づけを交わすとともに、今回のゴールを同選手に捧げた。 ▽そして、テレビを通じて古巣の試合を観戦していたメイソン本人は、ローズからのメッセージを受け取り、自身の公式ツイッターを通じて、ハートの絵文字と共に「ロージー(ローズの愛称)」と呟き、感謝を示した。 ▽17歳のときにリーズからトッテナムに加入したローズは、1つ年下で当時トッテナムのアカデミーに在籍していたメイソンとすぐさま打ち解けると、同選手がハル・シティに移籍するまで9年間苦楽を共にしてきた。 ▽そして、プレーヤーとしても人間としてもメイソンを愛していたローズは、愛するかつてのチームメートのあまりにも早すぎる引退を受けて、自身のゴールではなかったものの、チームとして奪ったゴールを捧げた。 ▽このエモーショナルなメッセージに試合内容には大いに不満を抱いたスパーズサポーターも、爽やかな気持ちでウェンブリーで行われる再試合に向けて気持ちを切り替えたことだろう。 ◆メイソンにとって何より嬉しいメッセージ https://twitter.com/Sxnheungmin/status/965282428922335232 2018.02.19 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

先発全入れ替えスパーズが3部相手に再試合…ルーカス・モウラ初Gも土壇場被弾で2ラウンド連続で格下に勝ち切れず《FAカップ》

▽FAカップ5回戦、ロッチデールvsトッテナムが18日に行われ、2-2のドローに終わった。この結果、トッテナムホームに移しての引き分け再試合が行われることになった。 ▽4回戦で4部のニューポート・カウンティとの再試合を制して辛くも5回戦へと駒を進めたトッテナムは、この5回戦でリーグ1(イングランド3部)のロッチデールと激突。ミッドウィークに敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦で2点差を追いつく2-2のドローと好結果を持ち帰ったポチェッティーノ監督率いるチームは、格下との対戦に加えピッチ状態が懸念されるこの一戦に向けて先発全員を変更。 ▽GKにフォルム、最終ラインにトリッピアー、フォイス、アルデルヴァイレルト、ローズ。中盤はワニャマのアンカーに、ムサ・シッソコ、ウィンクスの2インサイドハーフ、先発デビューのルーカス・モウラ、ソン・フンミンとジョレンテが3トップに入った。 ▽立ち上がりから相手のアグレッシブなプレスと肉弾戦に手を焼くトッテナムだが、時間の経過とともにルーカスとソン・フンミンの個人技でDFを剥がしながら相手ゴール前まで迫っていく。 ▽しかし、なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くと、18分には自陣深くでのワニャマのボールロストからイアン・ヘンダーソンに枠内シュートを許す。 ▽その後、26分にはソン・フンミンが縦への突破からシュートを放ちGKが弾いたボールをムサ・シッソコが丁寧に落としてジョレンテに決定機。だが、左足に持ち替えて放った元スペイン代表のシュートは枠の右に。その直後にはトリッピアーの右からのダイレクトクロスを回収したジョレンテのマイナスパスからルーカスに初ゴールのチャンスも、シュートはクロスバーの遥か上を越えた。 ▽前半終盤にかけてもリーダーシップを取る選手と一体感を欠くトッテナムは、攻守に思ったようなパフォーマンスを見せられない。すると前半終了間際の45分にはハーフウェイライン付近でのウィンクスのボールロストから相手にショートカウンターを許し、右サイドからのキャノンのラストパスに抜け出したヘンダーソンにまさかの先制点を許した。 ▽3部相手にビハインドを負って後半に臨むことになったトッテナムは後半の立ち上がりもなかなかリズムを掴めない。54分には中央突破したウィンクスが思い切って右足を振り抜くが、これはGKの守備範囲。 ▽徐々に焦りが見せ始めるアウェイチームだが、先発デビューの新戦力が仕事を果たす。60分、相手陣内中央でボールを持ったルーカスが前線のジョレンテに預けてゴール前に走り込むと、ジョレンテの落としを受けたムサ・シッソコのスルーパスに反応したルーカスが飛び出したGKの脇を抜く左足のシュートで移籍後初ゴールを記録した。 ▽ルーカスの値千金の同点弾で試合を振り出しに戻したトッテナムは直後にウィンクスを下げてラメラを投入。この交代でより攻撃的な[4-2-3-1]の布陣に変更し、一気に逆転を目指す。 ▽さらにルーカス、ジョレンテを下げて終盤にデレ・アリ、ケインをピッチに送り込んだトッテナムはデレ・アリの個人技を軸に再三の決定機を創出。すると88分、ゴール前でルーズボールに反応したデレ・アリが相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのケインがパワフルなシュートできっちり決めきり、逆転に成功した。 ▽苦しみながらもこのゴールで勝利を確信したトッテナムだったが、試合はまだ終わらない。後半アディショナルタイム3分、相手の左サイドからのクロスをDFアルデルヴァイレルトが頭でクリアし損なうと、ファーに流れたボールをワントラップしたスティーブン・デイビスに右隅に流し込まれ、土壇場でまさかの同点ゴールを許した。 ▽この直後に試合はタイムアップを迎え、4部相手に再試合を強いられた4回戦に続きまたしても下位相手に勝ち切れなかったトッテナムは、ウェンブリーに舞台を移しての再試合を強いられることになった。 2018.02.19 03:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインがロナウジーニョ超え! CL9戦で9ゴール

▽トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがまたひとつ偉業を成し遂げた。 ▽13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦で、35分にゴールを挙げたケイン。これで昨シーズンのCLデビューから9試合で9得点を奪い、レジェンドたちが持つ記録を塗り替えた。 ▽『Opta』によれば、これまでこの記録を持っていたのは、ロナウジーニョやディディエ・ドログバ、シモーネ・インザーギ、ジエゴ・コスタの4選手。彼らはCL初出場から9試合で8得点を挙げていた。 ▽また新たに記録を塗り替えたケイン。昨年はリオネル・メッシを超える年間総得点と、アラン・シアラー氏が持つプレミアリーグ年間得点記録を更新。今年に入ってからは、1月のエバートン戦でプレミアリーグ通算98得点目を挙げ、テディ・シェリンガム氏超えのクラブ新記録を樹立している。 2018.02.16 16:43 Fri
twitterfacebook
thumb

「アリの代わりはいるが、ケインは…」トッテナムOBが経済的な理由で主力の退団を予想

元トッテナムのジャーメイン・ジェナス氏は、デレ・アリは代替が効く選手で今夏に売却される可能性があるが、ハリー・ケインはもう少しクラブに残るだろうと語った。<br><br>プレミアリーグやチャンピオンズリーグで躍進を続けるトッテナムだが、多くのビッグクラブが主力選手の獲得を虎視眈々と狙っている状況が続き、現在のメンバーの引き留めに躍起している。アリも移籍市場が開くたびにビッグクラブ移籍が報じられる選手の1人であり、近い将来にクラブから離れるとジェナス氏は『GQ』のインタビューで語っている。<br><br>「デレ・アリは出ていくだろう。彼は人気のある選手だからスパーズサポーターからすれば耳を疑うような発言に聞こえるかもしれない。しかし、新スタジアムを建てるのに莫大な費用が掛かるようなら、デレはスパーズにとって代役を立てられる選手だ。彼の能力に疑いようはなく、トップチームでプレーできるだけの選手だが、彼がプレーするポジションなら代わりはいる」<br><br>アリと同じく、トビー・アルデルヴェイレルトも今夏に退団する可能性があると語ったジェナス氏だが、ストライカーのケインはあと数シーズンはチームでプレーしてくれるだろうと考えているようだ。<br><br>「誰もが知っての通り彼は最高のストライカーで、常に移籍のうわさも浮上しているが、彼は最低でも今後1、2シーズンはここでプレーするだろう。(会長の)ダニエル・レヴィが彼をこれからも引き留めようとすれば、破産を覚悟しなければならないが、彼はそれだけの価値がある唯一の選手だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 07:23 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース