快勝のライプツィヒが2連勝で暫定2位浮上《ブンデスリーガ》2018.02.10 06:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ライプツィヒは9日、ブンデスリーガ第22節でアウグスブルクをホームに迎え、2-0で快勝した。

▽前節ボルシアMG戦をルックマンのデビュー弾で競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点35)が、7位アウグスブルク(勝ち点31)をホームに迎えた一戦。

▽2トップにヴェルナーとY・ポウルセン、右サイドにN・ケイタを配置したライプツィヒは、2トップにボールを入れて打開を図っていく。すると16分、ヴェルナーがGKを強襲するシュートを浴びせると、直後のCKの流れから先制した。Y・ポウルセンのバイシクルシュートはGKにセーブされたが、ルーズボールをゴールエリア左のウパメカーノがボレーで押し込んだ。

▽その後もアウグスブルクに攻め手を与えず、2トップの推進力を生かして主導権を握るライプツィヒが1点をリードしたまま前半を終えた。

▽迎えた後半、徐々に圧力を強めて追加点に迫っていったライプツィヒは、ブルマが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、68分のバイアーのミドルシュートをGKグラーチが好守で阻止すると、70分に突き放した。ボックス手前左で得たFKをN・ケイタが直接狙うと、ボールは壁に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

▽勝負を決定付けたライプツィヒは、79分にボックス手前左で得たFKをカンプルが直接狙い、シュートはバーを直撃。3点目こそ奪えなかったが、アウグスブルクを寄せ付けずに快勝し、2連勝で暫定2位に浮上している。
コメント
関連ニュース
thumb

ロイス負傷欠場のドルトムント、難敵ライプツィヒに辛勝でバイエルンとの6ポイント差を維持!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第18節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンリ入りしなかった。 2018年最終戦となった前節ボルシアMGとの頂上決戦を制して2位バイエルンとの6ポイント差を維持した首位ドルトムント(勝ち点42)は、前半戦MVP級の活躍を見せたロイスが負傷欠場となった中、サンチョやヴィツェル、ゲッツェらがスタメンとなった。 4位ライプツィヒ(勝ち点31)に対し、[4-2-3-1]を採用したドルトムントは最前線にゲッツェ、2列目に右からサンチョ、M・フィリップ、ラファエウ・ゲレイロ、中盤センターにヴィツェルとデラネイ、センターバックにヴァイグルを据えた。 立ち上がり、テンション高く入ってきたライプツィヒに押し込まれる入りとなったドルトムントだったが、徐々にポゼッションを高めて反撃に転じると、7分にヴィツェルが枠内シュートを浴びせた。 その後もドルトムントがボールを保持すると、19分に先制した。左CKの流れからファーサイドのヴィツェルがルーズボールをトラップしてすかさず右足を一閃。強烈なシュートでネットを揺らした。 前半半ば以降は膠着状態が続いた中、40分にドルトムントが追加点に迫る。左サイドからのFKをディアロがヘッドで合わせたシュートがわずかに枠の左に外れた。 後半開始直後、サビツァーに決定的なシュートを許したドルトムントだったが、53分にビッグチャンス。しかし、ボックス左に抜け出したM・フィリップのシュートはGKグラーチに止められてしまった。 すると63分、GKビュルキのミスから大ピンチ。バックパスを受けようとしたビュルキが足をもつれさせてヴェルナーにボールをカットされかけた。だが、何とかビュルキが足を伸ばしてボールをクリアし、難を逃れた。 終盤、プリシッチとアルカセルを投入して逃げ切りを図ったドルトムントは90分、アルカセルのシュートが左ポストに直撃してしまう。すると試合終了間際にはアクーニャのヘディングシュートでゴールに迫られたがわずかに枠を外れ、何とか1-0で逃げ切り。ロイス不在の中で勝利をもぎ取り、バイエルンとの6ポイント差を維持した。 2019.01.20 04:31 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ヴェルナーを注視…安価で獲得する可能性も

レアル・マドリーが、ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)を注視しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2016-17シーズンにシュツットガルトからライプツィヒに移籍して以来、才能を輝かせ続けているヴェルナー。初シーズンに公式戦32試合21ゴール7アシストの成績を残してブレイクを果たすと、昨シーズンにも公式戦45試合21ゴール10アシストと継続して活躍を示した。今シーズンも、ここまでの公式戦21試合13ゴール3アシストを記録している。 そのヴェルナーとライプツィヒの契約は2020年まで。クラブは契約更新に動いているが、会長のオリバー・ミンツラフ氏は、「我々のようなクラブには、ティモ・ヴェルナーの契約がどのように決着するか見通せない。彼と彼の代理人と話した。全ての当事者が現状を理解しているよ」と交渉難航を示唆している。しかしながら、ライプツィヒはドイツ代表FWとの契約延長を諦めていないようだ。 この状況にバイエルンやリバプールといったビッククラブが目を光らせているが、長らくヴェルナーに関心を寄せるマドリーも注目している模様だ。また、同選手の市場価値は6500万ユーロ(約80億円)とも評価されているが、フリーでの放出を避けたいライプツィヒは“お手頃価格”の2000万ユーロ(約25億円)付近で売却に応じるだろうと『アス』は推測している。 2019.01.05 14:29 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールにヴェルナー獲得の可能性が浮上!

リバプールが、ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)獲得に漕ぎつける可能性があるようだ。ドイツ『ビルト』の報道を基に、イギリス『メトロ』が伝えた。 2016-17シーズンにシュツットガルトからライプツィヒに移籍して以来、才能を輝かせ続けているヴェルナー。初シーズンに公式戦32試合21ゴール7アシストの成績を残してブレイクを果たすと、昨シーズンにも公式戦45試合21ゴール10アシストと継続して活躍を示した。今シーズンも、ここまでの公式戦21試合13ゴール3アシストを記録している。 リバプールは、他のビッグクラブ同様に以前からヴェルナーを注視しているが、今夏にはライプツィヒのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるラルフ・ラングニック氏が「契約はあと2年となっているが、我々は契約延長を試みるつもりだよ」と発言。放出する気がないことを表明していた。 しかしながら、ライプツィヒとヴェルナーの延長交渉は遅々として進まず。2020年6月末までの現行契約は残り約1年半に迫っているが、ヴェルナー当人が消極的な姿勢でいるという。 『ビルト』によると、ライプツィヒ側はフリーでの放出は避けたいと考えているようだが、関心を示しているクラブの中でも国内ライバルであるバイエルンへの売却は除外しているとのこと。また、当人も以前からプレミアリーグへの憧れを口にしており、「イングランド勢ではマンチェスター・ユナイテッドとリバプールがよく観るチームだ」、「タイトルを勝ち取るようなチームでプレーしたい」とも語っていた。 もしヴェルナーがライプツィヒとの契約延長を拒否した場合、移籍金3600万ポンド(約50億円)で獲得するチャンスがリバプールに生まれる模様。なお、この金額は“バーゲン価格”だと『メトロ』は伝えている。 2019.01.02 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、姉妹クラブのザルツブルクからマリ代表MFハイダラを獲得! ナビ・ケイタの後釜として期待

▽ライプツィヒは23日、ザルツブルクのマリ代表MFアマドゥ・ハイダラ(20)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までで背番号は8を着用する。 ▽2016年にザルツブルクへ加入したハイダラは、ダイナミズムと身体能力を武器とするセントラルMF。機動力を生かした守備範囲の広さに加えて、一発でボールを奪い切る球際の強さ、強烈なミドルシュートも兼備する。欧州のビッグクラブも注目を集める逸材だ。 ▽ハイダラの獲得についてチームを率いるラングニック監督は、以下のようにコメントしている。 「アマドゥと上手く契約出来たことをうれしく思っているよ。ザルツブルクでの飛躍は当然チェックしていた、彼の世代であれほどのポテンシャルをもった選手というのもそういない。いまはケガの影響でプレーできないけど、近いうちにフルフィットネスで戻ってくることを願っているよ」 ▽なお、ハイダラは11月に左ヒザのじん帯損傷の重傷を負っており、復帰は3月末となる見込みだ。 2018.12.24 05:35 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場の大迫が一時同点弾アシストもブレーメン、ライプツィヒに競り負ける《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは22日、ブンデスリーガ第17節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は58分から出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦では大迫が3試合ぶりに先発復帰したものの勝ち切れず引き分けに終わった9位ブレーメン(勝ち点22)は、大迫がベンチスタートとなった。 ▽前節バイエルンに惜敗した4位ライプツィヒ(勝ち点28)に対し、ブレーメンは22分に先制される。ドリブルで持ち上がった右サイドバックのクロステルマンにボックス右まで進入され、豪快なシュートを決められた。 ▽さらに44分、不用意なバックパスをヴェルナーにカットされてそのままゴールを許し、ブレーメンは2点ビハインドで前半を終えた。 ▽迎えた後半、2点を追うブレーメンは58分に大迫を投入する。そのブレーメンがボールを持って反撃を窺うと、67分に右サイドを上がったゲブレ・シラシェのマイナスクロスをクルーゼが蹴り込んで1点差に詰め寄った。 ▽その後もブレーメンが押し込みにかかると、77分に大迫のアシストから同点に追いついた。ロングボールを収めた大迫がボックス中央に侵入。DF2人を引き連れてボックス左へスルーパスを送ると、これをサージェントが決めてブレーメンが試合を振り出しに戻した。 ▽勢い付くブレーメンは79分に大迫が決定的なシュートに持ち込むなど逆転を狙ったが、終盤の87分に勝ち越しを許した。ハスステンベルクの左クロスからブルマに蹴り込まれた。 ▽このまま2-3で終了。一時同点に追いついたブレーメンだったが、敗戦で前半戦を終えている。 2018.12.23 05:15 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース