北アイルランド、オニール監督と2024年まで契約延長2018.02.10 00:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は9日、北アイルランド代表のマイケル・オニール監督(48)と2024年まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から4年更新した格好だ。

▽オニール監督は、2011年11月から現在までの6年間、北アイルランドの監督を務めている。2016年3月に契約を4年間更新すると、北アイルランドは初出場したユーロ2016でベスト16に進出するというセンセーショナルな活躍をみせた。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会の出場権に関しては、欧州予選プレーオフでスイスとの激闘の末惜しくも逃したものの、オニール監督の手腕を高く評価しているIFAが契約を4年更新するに至った。

▽契約延長に至ったオニール監督は「北アイルランド代表を引き続き率いることができ、嬉しく思う。最近、他の国からもオファーがあったが、北アイルランドを再びメジャーな大会に導きたいと思ったんだ」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ボスニア・ヘルツェゴビナ、今月のUEFAネイションズリーグに向けた招集メンバーを発表《UEFAネイションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は1日、今月のUEFAネイションズリーグ2018-19と国際親善試合に臨む同国代表メンバー23名を発表した。 ▽UEFAネイションズリーグ(UNL)2018-19・リーグB・グループ3に属するボスニア・Hは先月8日に行われた初戦の北アイルランド代表戦に2-1で勝利。同11日に行われたオーストリア代表戦でも1-0と勝利し、グループ首位に立っている。 ▽ボスニア・Hを率いるロベルト・プロシネツキ監督は、GKケナン・ピリッチ(マリボル)に代えてGKアスミル・ベゴビッチ(ボーンマス)を招集した以外は、先月の招集メンバーと同じ26名を招集した。 ▽ボスニア・Hは、11日にアウェイでトルコ代表と親善試合を行い、15日にホームで北アイルランド代表とのUNLを行う。今回発表されたボスニア・Hのメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ボスニア・ヘルツェゴビナ代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> アスミル・ベゴビッチ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">イブラヒム・シェヒッチ</span>(エルズルムスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ヴェルダン・コセフスキ</span>(ジェリェズニチャル) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダルコ・トドロビッチ</span>(ザルツブルク/オーストリア) <span style="font-weight:700;">エルダル・チビッチ</span>(スパルタ・プラハ/チェコ) <span style="font-weight:700;">オグジェン・ヴランジェ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ボージャン・ナスティッチ</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">トニ・シュニッチ</span>(ディナモ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">エルミン・ビカクチッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">エルビン・ズカノビッチ</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">エルヴィス・サリッチ</span>(水原三星/韓国) <span style="font-weight:700;">ゴラン・ザカリッチ</span>(パルチザン/セルビア) <span style="font-weight:700;">ゴイコ・チミロット</span>(スタンダール・リエージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">デニ・ミロセビッチ</span>(コンヤスポル/イタリア) <span style="font-weight:700;">エディン・ヴィスチャ</span>(イスタンブールBB/トルコ) <span style="font-weight:700;">サニン・プルチッチ</span>(レバンテ/スペイン) <span style="font-weight:700;">モハメド・ベシッチ</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリス・ドゥリェヴィッチ</span>(ディナモ・ドレスデン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ラデ・クルニッチ</span>(エンポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">エディン・ゼコ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ケナン・コドロ</span>(コペンハーンゲン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">リアド・バイッチ</span>(イスタンブールBB/トルコ) 2018.10.02 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドゥリェヴィッチ&サリッチ弾で逃げ切ったボスニア・ヘルツェゴビナが初戦を白星で飾る!《UEFAネイションズリーグ》

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表は8日、UEFAネイションズリーグ・リーグBグループ3で北アイルランド代表と対戦し、2-1で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃した両国の一戦。マイケル・オニール体制8年目に突入した北アイルランドに対し、プロシネツキ新体制で初の公式戦となったボスニア・ヘルツェゴビナは[4-3-3]の布陣を採用。ゼコやピャニッチ、ズカノビッチらが先発となった。 ▽試合は立ち上がりからホームの北アイルランドが押し込む展開が続く中、ボスニア・ヘルツェゴビナがワンチャンスから先制に成功する。36分、左サイドボックス横でボールを受けたゼコが縦への突破からクロスを供給。これをゴール前に走り込んだドゥリェヴィッチが左足のワンタッチシュートで流し込んだ。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナのリードで迎えた後半、先にチャンスを作ったのは北アイルランド。48分、ドリブルで右サイドを突破したマッギンのクロスがゴール前でフリーのダラスに繋がるも、ダラスのシュートは好反応を見せたGKシェヒッチが右手一本で弾き出した。 ▽攻勢を続ける北アイルランドは、54分にも決定機。左サイドで獲得したFKからノルウッドがクロスを供給すると、ゴール前のエバンスがフリックしたボールをゴール右に走り込んだラファーティが合わせたが、これは再びGKシェヒッチの牙城に阻まれた。 ▽守護神の好セーブに応えたいボスニア・ヘルツェゴビナは、相手のミスから追加点を奪う。64分、チビッチのミスパスをキャスカートがバックヘッドで味方GKへパス。しかし、このパスが短くなると、素早く反応したサリッチがカット。飛び出したGKを冷静にかわし無人のゴールに流し込んだ。 ▽後半アディショナルタイム3分にグリグのゴールで1点を返されたボスニア・ヘルツェゴビナだったが、試合はそのまま2-1で終了。逃げ切ったボスニア・ヘルツェゴビナがUEFAネイションズリーグ初戦を白星で飾った。 2018.09.09 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラントが14年間プレーした北アイルランド代表を引退、ユーロ2016出場に貢献

▽北アイルランドサッカー協会は21日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAに所属するMFクリス・ブラント(33)が同国代表から引退したことを発表した。 ▽レフティーのサイドアタッカー兼セントラルMFのブラントは、2004年8月に代表デビュー。これまでの14年間で63試合に出場して3ゴールを記録していた。ユーロ2016予選では10試合中8試合に先発して北アイルランドの初のユーロ出場に貢献していた。ただ、本大会ではヒザのじん帯断裂によりメンバーには選出されていなかった。 ▽ブラントの代表引退について北アイルランドを率いるマイケル・オニール監督は以下のようにコメントしている。 「まだクリスは北アイルランドのためにプレーしてくれると思っていたから失望している。ただ、若手にチャンスを与え、WBAでのプレーに集中したいと考える彼の意向を汲みたい。クリスがピッチで与えてくれた全てのことに感謝したい。彼はプロの鑑であり、代表に貢献したことは今後も長く記憶されるだろう」 2018.08.22 02:06 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国優勢も北アイルランドに逆転負け《国際親善試合》

▽韓国代表は24日、国際親善試合で北アイルランド代表とアウェイで対戦し、1-2で敗戦した。 ▽ロシア・ワールドカップでドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と同組の韓国は、ソン・フンミンやキ・ソンヨン、Jリーグ勢のチャン・ヒョンスやGKキム・スンギュといった面々が先発に名を連ねた。 ▽ユーロ2016で16強入りしたものの、ロシア・ワールドカップの出場は果たせなかった北アイルランドに対し、[4-3-3]を採用した韓国は、3トップに右からクォン・チャンフン、キム・シンウク、ソン・フンミンと並べた。その韓国が左ウイングのソン・フンミンを起点に立ち上がりから仕掛けていくと、7分にあっさり先制した。パク・チュホの浮き球パスでボックス右のスペースを突いたクォン・チャンフンがGKとの一対一を確実に制した。 ▽その後も韓国の攻勢が続いたが、20分にFKのサインプレーから失点する。クイックリスタートでボックス右のスペースを突いたウォードのクロスがキム・ミンジェのオウンゴールを誘った。 ▽失点後、北アイルランドの勢いに押し込まれる時間があったものの、徐々にペースを引き戻した韓国が再びポゼッションする流れとなったが、ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを生み出せずに時間が経過。前半を1-1で終えた。 ▽後半開始直後、マグニスに際どいシュートを浴びせられた韓国が北アイルランドに押し込まれる入りとなったものの、53分にイ・ジェソンが決定的なシュートを放って反撃すると、ここから前半同様に韓国ペースで推移していく。 ▽スコアが動かないまま後半半ばを迎え、キ・ソンヨンやソン・フンミンを下げた韓国は、終盤の86分に被弾する。ロングボールが前線に送られた流れから、最後はボックス内のスミスにシュートを決められた。このまま1-2で敗れた韓国は、27日にポーランド代表と対戦する。 北アイルランド 2-1 韓国 【北アイルランド】 OG(前20) ポール・スミス(後41) 【韓国】 クォン・チャンフン(前7) 2018.03.25 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

北アイルランド、オニール監督との契約を6年間延長する意向?

▽北アイルランド代表のマイケル・オニール監督(48)に、6年間の契約延長オファーが届いている。この契約が成立すれば、オニール監督は2023年まで同国代表で指揮を執ることになる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽オニール監督は、2011年11月から現在までの6年間、北アイルランドの監督を務めている。また、アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は、2016年3月にも同監督との契約を4年間更新。すると北アイルランドは、初出場したユーロ2016でベスト16に進出するというセンセーショナルな活躍をみせていた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会の出場権に関しては、欧州予選プレーオフでスイスとの激闘の末惜しくも逃したものの、オニール監督の評価は上昇中。『スカイ・スポーツ』によると、契約延長を試みている北アイルランドの他に、スコットランド代表も会合を持ちかけており、WBAなどイングランドのクラブも同監督の招へいに興味を示しているとのことだ。 ▽なお、金額は明らかにされていないが、オニール監督が今回の新契約にサインした場合、北アイルランドの代表監督史上最高給を受け取ることになるようだ。 2017.11.21 21:55 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース