北アイルランド、オニール監督と2024年まで契約延長2018.02.10 00:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は9日、北アイルランド代表のマイケル・オニール監督(48)と2024年まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から4年更新した格好だ。

▽オニール監督は、2011年11月から現在までの6年間、北アイルランドの監督を務めている。2016年3月に契約を4年間更新すると、北アイルランドは初出場したユーロ2016でベスト16に進出するというセンセーショナルな活躍をみせた。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会の出場権に関しては、欧州予選プレーオフでスイスとの激闘の末惜しくも逃したものの、オニール監督の手腕を高く評価しているIFAが契約を4年更新するに至った。

▽契約延長に至ったオニール監督は「北アイルランド代表を引き続き率いることができ、嬉しく思う。最近、他の国からもオファーがあったが、北アイルランドを再びメジャーな大会に導きたいと思ったんだ」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

韓国優勢も北アイルランドに逆転負け《国際親善試合》

▽韓国代表は24日、国際親善試合で北アイルランド代表とアウェイで対戦し、1-2で敗戦した。 ▽ロシア・ワールドカップでドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と同組の韓国は、ソン・フンミンやキ・ソンヨン、Jリーグ勢のチャン・ヒョンスやGKキム・スンギュといった面々が先発に名を連ねた。 ▽ユーロ2016で16強入りしたものの、ロシア・ワールドカップの出場は果たせなかった北アイルランドに対し、[4-3-3]を採用した韓国は、3トップに右からクォン・チャンフン、キム・シンウク、ソン・フンミンと並べた。その韓国が左ウイングのソン・フンミンを起点に立ち上がりから仕掛けていくと、7分にあっさり先制した。パク・チュホの浮き球パスでボックス右のスペースを突いたクォン・チャンフンがGKとの一対一を確実に制した。 ▽その後も韓国の攻勢が続いたが、20分にFKのサインプレーから失点する。クイックリスタートでボックス右のスペースを突いたウォードのクロスがキム・ミンジェのオウンゴールを誘った。 ▽失点後、北アイルランドの勢いに押し込まれる時間があったものの、徐々にペースを引き戻した韓国が再びポゼッションする流れとなったが、ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを生み出せずに時間が経過。前半を1-1で終えた。 ▽後半開始直後、マグニスに際どいシュートを浴びせられた韓国が北アイルランドに押し込まれる入りとなったものの、53分にイ・ジェソンが決定的なシュートを放って反撃すると、ここから前半同様に韓国ペースで推移していく。 ▽スコアが動かないまま後半半ばを迎え、キ・ソンヨンやソン・フンミンを下げた韓国は、終盤の86分に被弾する。ロングボールが前線に送られた流れから、最後はボックス内のスミスにシュートを決められた。このまま1-2で敗れた韓国は、27日にポーランド代表と対戦する。 北アイルランド 2-1 韓国 【北アイルランド】 OG(前20) ポール・スミス(後41) 【韓国】 クォン・チャンフン(前7) 2018.03.25 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

北アイルランド、オニール監督との契約を6年間延長する意向?

▽北アイルランド代表のマイケル・オニール監督(48)に、6年間の契約延長オファーが届いている。この契約が成立すれば、オニール監督は2023年まで同国代表で指揮を執ることになる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽オニール監督は、2011年11月から現在までの6年間、北アイルランドの監督を務めている。また、アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は、2016年3月にも同監督との契約を4年間更新。すると北アイルランドは、初出場したユーロ2016でベスト16に進出するというセンセーショナルな活躍をみせていた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会の出場権に関しては、欧州予選プレーオフでスイスとの激闘の末惜しくも逃したものの、オニール監督の評価は上昇中。『スカイ・スポーツ』によると、契約延長を試みている北アイルランドの他に、スコットランド代表も会合を持ちかけており、WBAなどイングランドのクラブも同監督の招へいに興味を示しているとのことだ。 ▽なお、金額は明らかにされていないが、オニール監督が今回の新契約にサインした場合、北アイルランドの代表監督史上最高給を受け取ることになるようだ。 2017.11.21 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

不運な判定が決勝点に…北アイルランド指揮官は恨み節「明らかな不正」

▽北アイルランドを率いるマイケル・オニール監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を懸けた大一番での不運な判定について不服を述べた。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽ロシアW杯欧州予選プレーオフに回った北アイルランドは9日に行われた1stレグで、DFC・エバンスのハンドによるPKからスイス代表に敗れていた。しかしこの場面は、リプレー映像を見るとボールはC・エバンスの手には当たっておらず、北アイルランドにとっては不運な判定となった。 ▽迎えた12日の2ndレグで逆転を目指した北アイルランドだったが、最後までスイスのゴールをこじ開けることはできずにゴールレスで終了。結局、疑惑の判定によるPKが決勝点となり、北アイルランドは8大会ぶりのW杯出場を逃した。 ▽今予選を振り返ったオニール監督は、ドイツ、チェコと同居したグループCで6勝1分け3敗と奮闘した選手たちを称えた。 「とても難しいグループでの戦いだったが、選手たちの戦いぶりを誇りに思っている。確かに我々はトップレベルの選手が揃っているチームではない。しかし、それぞれがトップレベルのキャラクターを持っていた」 ▽一方でこのプレーオフについては、やはり1stレグの誤審に苛立ちを隠せなかった。 「いかさまだったといえば、それは強すぎる表現かもしれない。しかし明らかな不正があった。本当ならば延長戦を戦っていたはずだ」 2017.11.13 19:52 Mon
twitterfacebook
thumb

スイスが1stレグの誤審で生まれたPKを守り抜いて4大会連続11度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグ、スイス代表vs北アイルランド代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア1-0でスイスが4大会連続11度目のW杯出場を決めている。 ▽4大会連続11度目のW杯出場を目指すスイスは、3日前に行われた1stレグでは誤審ながらPKで奪ったゴールにより敵地で先勝した。そのスイスは1stレグと同様のスタメンを送り出し、[4-2-3-1]の布陣を採用。GKにゾンマー、4バックに右からリヒトシュタイナー、シェアー、アカンジ、R・ロドリゲス、2センターにジャカとザカリア、2列目に右からシャキリ、ジェイマリ、ツバーと並べ、最前線にセフェロビッチが入った。 ▽一方、8大会ぶり4度目の出場を逆転で目指す北アイルランドは、1stレグのスタメンから4選手を変更。マグニス、ラファーティ、C・エバンス、C・マクローリンに代えてワシントン、サビル、ウォード、ヒューズを起用し、[4-1-4-1]で臨んだ。 ▽雨が降っていた影響で重馬場なピッチで行われた一戦は、立ち上がりから両チームに決定機が訪れる。まずは3分に北アイルランド。ブラントのミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKゾンマーのファインセーブに阻まれた。 ▽続いてスイスは5分、右サイドからシャキリが左足で上げた鋭いクロスにセフェロビッチがヘディングで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽互いに決定機を生み出した立ち上がりを経て、攻勢に出ていったのはスイス。23分にはツバーのフィードをボックス左で受けたセフェロビッチがシュートに持ち込めば、25分には右サイドのシャキリが得意のカットインからのシュートでGKマクガバーンを襲った。 ▽続く28分にもスイスに決定機。セフェロビッチのラストパスをボックス左で受けたツバーがシュート。しかし、ここもGKマクガバーンのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてはこう着状態が続き、スイスは北アイルランドの守備を攻略できなかったものの、相手にもカウンターのチャンスを許さず前半を0-0で終えた。 ▽雨が降り出して迎えた後半もスイスが攻勢に出ると、49分にR・ロドリゲスのミドルシュートでゴールに迫った。それでも劣勢の北アイルランドは54分にビッグチャンス。ロングカウンターから最後はワシントンが可能性のあるヘディングシュートを浴びせた。 ▽ひやりとしたスイスはジェマイリに代えてメーメディを投入。しかし、前がかる北アイルランド相手に主導権を握りきれない。 ▽終盤にかけては北アイルランドが前がかる中、スイスはシャキリに代えてフロイラーを投入し、逃げ切りを図る。そして追加タイム1分、CKの流れからエバンスのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のR・ロドリゲスが好クリアで逃れ、スイスがシャットアウト。1stレグの誤審で生まれたPKを守り抜いたスイスが4大会連続11度目のW杯出場を決めている。 2017.11.13 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

北アイルランド指揮官「モチベーションがさらに高まった」…疑惑PKが闘争心をかき立てたと語る

北アイルランド代表のマイケル・オニール監督は、疑惑の判定で初戦を落としたことが選手たちの闘争心に火をつけたと語っている。<br><br>9日に行われたロシア・ワールドカップの欧州予選プレーオフ1stレグで北アイルランドはホームにスイスを迎えた。0-0で迎えた57分、実際には手に当たってないものの、コリー・エヴァンスはハンドを取られ、スイスにPKが与えられた。誤審まがいの判定で得たPKをリカルド・ロドリゲスが沈め、北アイルランドは0-1で初戦を落としている。<br><br>試合後、この判定には多くの議論が巻き起こっており、誤審ではないかとの見方が大半を占めている。オニール監督も敗戦後のインタビューで「ジャッジは信じ難いもの」と話していた。<br><br>そして、12日の2ndレグを前に会見に挑んだオニール監督は「試合後はさまざまな感情がこみ上げていたが、今は何もない。その出来事で我々のモチベーションはさらに高まり、結果のことだけを考えている」と初戦の失望が選手たちを逞しくしたと感じているようだ。<br><br>続けて「ポゼッションを改善しなければならないと思っている。我々は初戦よりも良いプレーができると思っているし、まだ1-0だ。勝利するためだけに戦いたい」とバーゼルでの試合に向け意気込みを語っている。<br><br>1986年以降ワールドカップから遠ざかっている北アイルランドだが、32年ぶりの本戦出場を賭けスイスでの決戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.12 18:33 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース