堂安フル出場のフローニンヘンが完敗で4戦勝利なし…《エールディビジ》2018.02.09 06:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人MF堂安律の所属するフローニンヘンは8日、エールディビジ第22節でフェイエノールトと対戦し、0-3で敗戦した。堂安はフル出場している。

▽リーグ戦3試合未勝利で13位に位置するフローニンヘンが、5位フェイエノールトのホームに乗り込んだ一戦。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。53分、バサシコグルの左クロスをファーサイドのトールンストラが豪快なボレーシュートでゴール左に突き刺し、フェイエノールトが先制。

▽反撃に出たいフローニンヘンだったが、72分にユステに追加点を決められると、78分には途中出場のファン・ペルシにフェイエノールト復帰後初ゴールを献上し、リードを3点に広げられた。

▽結局、試合はそのまま終了。敵地で3発完敗のフローニンヘンは、リーグ戦連敗で4戦未勝利となっている。

フェイエノールト 3-0 フローニンヘン
【フェイエノールト】
バサシコグル(後8)
ユステ(後27)
ファン・ペルシ(後33)
コメント
関連ニュース
thumb

「良いニュースが届けられるように」シティ経由蘭行きのDF板倉滉、川崎F新体制発表会でビデオメッセージ

川崎フロンターレは27日、2019シーズンの新体制発表会見を行った。 同会見の途中には、今月15日にマンチェスター・シティに完全移籍を果たし、フローニンヘンへのレンタル移籍が発表された川崎F下部組織出身のDF板倉滉から、ビデオメッセージが届いた。 ◆板倉滉(フローニンヘン) 「こんにちは。ご無沙汰してます。板倉滉です。すでに報道されていますが、マンチェスター・シティと契約し、フローニンヘンにレンタルという形でプレーすることになりました。本来であれば、皆さんの前で挨拶をしたかったのですが、それが叶わず、今回は新体制発表会ですが、このような機会を頂くことができました。フロンターレには小学校4年生の時に入って、本当に沢山のことを学ばせてもらいましたし、いろいろな方に支えられてきたなと思っています」 「海外からフロンターレサポーターの皆さんに、関わってくれた方々に良いニュースが届けられるように自分はこっちで頑張りたいと思っています」 「最後になりますが、今年からフロンターレ家族になる選手の皆さんにもたくさんの声援を送ってあげてください。僕にも声援を送ってください(笑) オランダにも遊びに来てください。ちょっと遠いですよね(笑)」 「また等々力にも遊びに行きます。ありがとうございました」 2019.01.27 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

「才能の宝庫オランダでバラ色の将来を期待される1人」伊メディアが堂安律に注目

オランダやベルギーで活躍するスター選手について、イタリアメディア『スカイスポーツ』傘下の『ウルティモ・ウオーモ』が24日、特集を組み、20歳の日本代表MF堂安律らを紹介した。<br><br>現在、アジアカップを舞台に活躍中の堂安だが、イタリアメディアの特集では、「注目すべきエールディヴィジおよびジュピラーリーグの才能15人」の1人に選出された。「長年にわたってヨーロッパの才能の宝庫とされるオランダとベルギー」は、「毎年のように新しい選手がヨーロッパ最高峰のリーグへと顔を出す準備をする」場所として知られる。「より競争力の高いリーグでプレーできるレベルに到達するまで、選手がそれぞれのペースで成長を続けることができる」だけに、「若手サッカー選手にとって理想的なリーグ」とされている。そこで活躍する選手のうち、最も有名なイルビング・ロサノ(PSV)、フレンキー・デ・ヨング(アヤックス)、マタイス・デ・リフト(アヤックス)の3人を除いた15人の逸材がリストアップされているが、フローニンゲンの堂安はトップの写真付きで紹介されている。<br><br>「オランダリーグにおいて最も輝かしいバラ色の将来を期待された選手の1人は、日本の尼崎出身だ。ドウアンは重心が低いこともあり、カウンターにおいてスピードを発揮する。また素早い判断力も彼の強みと言える。『Transfermarkt』において(フローニンゲン完全移籍時の)市場価値は250万ユーロ(約3.1億円)とされているが、現在はすでにその倍以上の価値がある。彼の評価額はさらに上昇していくだろう」<br><br>▶提供:goal.com 2019.01.25 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

板倉滉の電撃的なシティ経由蘭行き、実現の背景とは…

フローニンヘン上層部がU-22日本代表DF板倉滉(21)のマンチェスター・シティを経由した加入の舞台裏を明かした。オランダ『RTV Noord』が報じた。 川崎フロンターレの育成機関で育った板倉は2015年にトップチーム昇格。昨年、ベガルタ仙台にレンタル移籍した。そして、プレミアリーグ王者のシティが14日、完全移籍で獲得。その後、2020年夏までフローニンヘンにレンタル移籍することが決まった。 フローニンヘンのマネージング・ディレクターを務めるハンス・ナイラント氏は、電撃的な板倉加入の背景について次のようにコメント。やはりイングランドでプレーするのに必要な労働許可書の問題が要因だったという。 「(移籍の背景? )あるとき、マンチェスター・シティ側からアプローチを受けた。彼をここでプレーさせられるかどうかの問い合わせでね。理由は堂安(律)の存在だろう。シティも彼をどこかに行かせる必要があった。労働許可書がないからね」 また、フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は、板倉の起用プランについて言及。守備的MFとしての立ち回りを推測した。 「(板倉について?) 彼は仙台でセンターバックを主戦場にプレーしてきたが、我々は中盤センターの選手として考えている。彼は上背があるが、より多くのボールに絡むことを好む守備的MFだ。彼自身も中盤の選手だと思っている」 フローニンヘンは現在、板倉と各世代別代表でも同僚だった日本代表MF堂安律が在籍。今シーズンはエールディビジ前半戦終了時点で4勝3分け10敗の15位に低迷している。 2019.01.15 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

U-22日本代表MF板倉滉がマンチェスター・シティに完全移籍! 堂安所属のフローニンヘンに即レンタル

フローニンヘンは14日、マンチェスター・シティからU-22日本代表MF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半となる。 なお、板倉は15日にオランダに到着し、メディカルチェックを受診した後、正式にフローニンヘンの一員となる。 現時点で川崎フロンターレとマンチェスター・シティの両クラブから公式なアナウンスはないが、同選手はシティに完全移籍で加入してもイギリスの労働許可証取得の条件をクリアできないことからフローニンヘンに武者修行に出ることが決まったようだ。 川崎フロンターレの下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられ、川崎は14日に2019シーズンの選手背番号を発表する際に板倉が国外移籍に向けて調整中であることを明かしていた。 なお、フローニンヘンでは日本代表の世代別チームで長らく共演してきた日本代表MF堂安律が在籍しており、新クラブへの適応に不安はないはずだ。 2019.01.15 06:53 Tue
twitterfacebook
thumb

MF堂安律はまだまだアピールを意識! 「試合に出られなくなる可能性もある」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は29日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内で流通経済大学サッカー部との練習試合を実施した。 ▽試合終了後、MF堂安律(フローニンヘン/オランダ)がメディア陣による取材に応対。練習試合で好パフォーマンスを披露した堂安は、森保一監督体制で定着している現状でもアピールが念頭にあったことを明かしている。 ◆MF堂安律(フローニンヘン/オランダ) ──欧州から日本へ戻って来て違いを感じたか 「ピッチがボールが止まる感じでしたしやっぱり湿度は違いましたけど、向こうに行けばピッチも見られると思いますし、少しヨーロッパに似ている環境もあると思いますので、自分としてはやりやすい環境になるんじゃないかなと予想しています。(アジア杯のボールは)少しオランダのボールに似ているので、僕としては違和感なく出来そうな気がします」 ──トレーニングパートナーとして同世代の選手たちが入っていたが、どういった感触だったか 「あまり考えなかったですけど、歳の近い選手が入ってくれれば刺激になるし、今まで年下の選手が出て来なかったので後輩ができて変な感じでしたけど(笑)。チームにとってそういう選手が出てくるのは良いことだなと思います」 ──今日の試合でもコンディションの良さを伺わせたが 「僕はもう最初から全力で行きたいですし、考える余裕は今の僕にはないので、自分の良さであるところを全て出して最初からガンガンいこうと。調整して縮こまると試合に出られなくなる可能性もあるので、やっぱり最初からチーム、監督に対してのアピールをしっかりとしようと」 ──メンタルも含めて、今日に向けて徐々に調整した結果か 「僕は常に用意していますし、合流して2、3日やって、試合できる環境だと思っているので。僕は普通にいつでも出られる準備をしています」 ──合宿が一時休止する2日間はどう過ごすか 「そこはまだ分かりませんけど、家族に会えるので。あとボールを動かしたり身体を動かしたりしようかなと」 ──何試合もある中でメンバーが代わる可能性もあるが、どのような課題が考えられるか 「例えば僕がサブの立場に回った時に(集中力を)切らさないことが大切ですし、一体感というのは日本代表の良さだと思います。誰が出てもいいプレーができるようになるというのは、日本人として誇りにもなるし出来ることだと思っています」 2018.12.30 21:02 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース