DFBポカール敗退のヴォルフスブルク、シャルケ戦でDFゲルハルト&DFティセランが負傷…2018.02.09 03:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクのドイツ代表DFヤニック・ゲルハルトとDRコンゴ代表DFマルセル・ティセランが負傷したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

▽ヴォルフスブルクは7日、DFBポカール準々決勝でシャルケと対戦し、0-1で敗戦した。この試合でティセランは61分にハムストリングを痛め、ウィリアムと交代。ゲルハルトは71分に左足首を負傷しディダヴィとの交代を余儀なくされていた。

▽『キッカー』によると、現時点で詳細な検査は行っていないようで、今後行われる精密検査の結果次第での状況が決定するようだ。なお、ヴォルフスブルクは11日にブンデスリーガ第22節でブレーメンと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴォルフスブルク、ブワシュチコフスキとの契約解消を発表!

ヴォルフスブルクは3日、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(33)と双方合意の下で契約を解消したことを発表した。 2007年に母国のヴィスワ・クラクフからドルトムントに加入したブワシュチコフスキは、右サイドのスペシャリストとして主力を担い、2010-11シーズン、2011-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献していた。 ドルトムントでは公式戦通算253試合に出場し32得点を記録するなどチームを支えてきたが、トーマス・トゥヘル体制で構想外となると、2015年にフィオレンティーナへとレンタル移籍。そして、2016年夏には3年契約でヴォルフスブルクに完全移籍した。 ヴォルフスブルクでは加入1年目こそリーグ戦28試合に出場したが、以降は大幅に出場機会を減らし、今季はリーグ戦とDFBポカールの2試合にいずれも途中出場で10分ほどプレーしただけだった。 なお、同選手の新天地に関しては古巣ヴィスワ・クラクフの名前などが挙がっているものの、現時点で有力なものではないようだ。 2019.01.04 03:34 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、リーグ戦8試合ぶり黒星《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは2日、ブンデスリーガ第13節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-2で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節アウグスブルク戦を3-1と快勝し、リーグ戦ここ7試合で6勝目を挙げた絶好調の3位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽9位ヴォルフスブルク(勝ち点15)に対し、慎重な入りを見せたフランクフルトは9分にPKを獲得しかける。ボックス左に侵入しかけたレビッチがウィリアムに蹴られて倒されPKの判定となるも、VARによってボックス外と判定されFKに変更となった。 ▽先制のチャンスを逸したフランクフルトだったが、左サイドのコスティッチのドリブルを起点に打開を図ると14分、そのコスティッチの左クロスにデ・グズマンがダイレクトで合わせたシュートが右ポストを直撃した。 ▽チャンスを生かせなかったフランクフルトは27分、ディフェンスライン背後を取ってボックス左に侵入したヴェグホルストにバー直撃のシュートを許すと、31分に失点する。ギンチェクのパスを受けたボックス左のメーメディにシュートを決められた。 ▽ハーフタイムにかけてはフランクフルトがボールを持つ展開となったが、チャンスは生み出せずに前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、思うように攻撃を仕掛けられないフランクフルトは55分、FKからブルックスに決定的なヘディングシュートを許してしまう。 ▽流れの悪いフランクフルトは63分に2枚代えを敢行。デ・グズマンとジェルソン・フェルナンデスに代えてガシノビッチとヴィレムスを投入した。 ▽すると67分にはアラーがネットを揺らすも、ラストパスを出したダ・コスタがオフサイドでノーゴールに。 ▽そして直後の68分、痛恨の追加点を献上する。ガシノビッチのボールロストから左サイドを侵攻され、ギンチェクにボレーシュートを決められた。 ▽終盤にかけて2点を追うフランクフルトが攻勢に出ると、87分に1点を返す。中央からのFKをボックス左のアラーがヘッドで中へ折り返すと、最後はヨビッチが蹴り込んだ。 ▽しかし、反撃はここまで。フランクフルトは1-2で敗戦し、リーグ戦8試合ぶりの黒星となっている。 2018.12.03 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

原口途中出場のハノーファーが今季2勝目!ヴォルフスブルクの猛攻受けるも逃げ切りに成功!《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは9日、ブンデスリーガ第11節でヴォルフスブルクと対戦し、2-1で勝利した。 ▽ここまで僅か1勝のハノーファー。順位は下から3番目の16位で苦しい状況が続いている。シャルケと対戦した前節は後半に一度追いついたものの、その後2失点を喫してリーグ3連敗となった。今節は公式戦4試合連続で先発出場していた原口はベンチスタート。浅野は太もものケガでベンチ外となった。 ▽守備から入ったハノーファー、12分にゴール正面からFKを獲得しベブが直接狙っていく。だが、それでも守勢を強いられるハノーファーは19分に、左サイドを突破されマリにゴールを許してしまう。ところが、その後のVARで、直前にヴォルフスブルクのゲルトハルトがハンドをしていたことが分かり、ゴールは取り消しになった。 ▽ほっとしたのも束の間、20分にはスルーパスからギンチェクにゴール前に迫られ危険なシーンに。しかし、ここはコルブがしっかり対応。シュートを打たせなかった。 ▽ピンチの後にはチャンスあり。31分に攻撃に転じたハノーファーはベブがボックス手前右から味方からのパスをワンタッチでクロスにつなげると、これをマイナが左足でボレーで合わせゴール。ハノーファーが先制に成功した。 ▽さらに35分にはドリブルでDFを躱したベブがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるも、シュートはGKカスティールスが足に当てて枠の外に弾いた。 ▽迎えた後半、1点リードのハノーファーはヴォルフスブルクの猛攻に遭う。まずは51分、。ヴォルフスブルクはゴール正面からアーノルドがブレ球FKを放つ。GKエッサーが弾いたボールをさらに押し込みにかかるが、ハノーファーが何とかクリア。53分には左サイドバックのルシヨンが味方とのワンツーでシュートに持ち込むが、ここもGKエッサーが防ぐ。 ▽さらにピンチは続く。ヴォルフスブルクは55分にも、途中出場のブレカロがボックス左から切り込んでシュートに持ち込む。ピンチを乗り切ったハノーファーはワンチャンスをモノにする。 ▽63分、ロングボールで相手と入れ替わったウッドの横パスを受けたバカロルツがペナルティエリアでウィリアムに倒されPKを獲得これをベブが決めてリードを2点に広げた。 ▽これで余裕が出来たハノーファーだが82分、相手の右CKからヘディングシュートを許すとこれをGKがファインセーブ。しかし、こぼれ球にいち早く反応したウィリアムをバカロルツが倒してしまいPKを献上。これをェグホルストに決められ点差を縮められてしまった。 ▽すると87分、ハノーファーはウッドを下げて原口を投入。逃げ切りを図る。 ▽その後は互いにゴールに迫る場面があったものの、試合は2-1で終了。ハノーファーはリーグ戦2勝目手にした。 2018.11.10 06:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ロイス弾のドルトムント、ヴォルフスブルクに辛勝で首位キープ《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは3日、ブンデスリーガ第10節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦をサンチョのドッペルパックで勝利目前としながらもザガドゥの軽率なPK献上で連勝が4で止まった首位ドルトムント(勝ち点21)は、3日前に行われたDFBポカールではウニオン・ベルリン相手に延長戦の末3-2と勝利した。3日後に敵地でのチャンピオンズリーグ(CL)アトレティコ・マドリー戦を控える中、ウニオン・ベルリン戦のスタメンから9選手を変更。アクラフとザガドゥのみ引き続きスタメンとなり、ロイスやサンチョ、ケガ明けのアルカセル、デラネイ、アカンジら主力が先発に戻った。 ▽前節デュッセルドルフ戦で7試合ぶりに勝利した10位ヴォルフスブルクに対し、[4-3-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からサンチョ、アルカセル、ラーセン、トップ下にロイスを配した。 ▽そのドルトムントがポゼッションする流れで立ち上がると、27分に迎えた最初の決定機を生かして先制した。ボックス左からのサンチョのクロスをファーサイドのデラネイがヘッドで合わせたシュートを、ゴールエリア左にいたロイスが頭で押し込んだ。 ▽その後もヴォルフスブルクに主導権を渡すことなく時間を進めたドルトムントが1点のリードで前半を終えた。 ▽後半に入ってヴォルフスブルクのポゼッションを許したドルトムントは、72分にピンチ。FKの流れからシュテフェンのボレーシュートが枠を捉えたが、GKビュルキがセーブした。 ▽引き続き耐えるドルトムントは、78分にアルカセルに代えてフィリップを投入すると、直後の79分に追加点のチャンス。ボックス左まで侵入したラーセンのコントロールシュートがわずかに枠の右に外れた。 ▽終盤にかけても守勢に回ったドルトムントだったが、1-0で逃げ切り。辛勝で首位キープに成功している。 2018.11.04 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン戦で途中交代のDFディアロ、鼠径部負傷でヴォルフスブルク戦を欠場

▽ドルトムントは1日、DFアブドゥ・ディアロが鼠径部を負傷していることを発表した。 ▽ディアロは、10月31日に行われたDFBポカール2回戦のウニオン・ベルリン戦(3-2で勝利)に先発出場。しかし、14分に左足を負傷しラファエウ・ゲレイロとの交代を余儀なくされた。 ▽ドルトムントに発表によれば、ディアロは左足の鼠径部を痛めており、数日間の離脱が必要だとのこと。これにより3日に行われるヴォルフスブルク戦は欠場することとなる。 ▽また、ドルトムントは最終ラインに負傷者が続出しており、現時点でDFウカシュ・ピシュチェク、DFマルセル・シュメルツァー、DFジェレミー・トルヤンらが離脱中。さらに、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが気管支炎を患っており、ヴォルフスブルク戦の遠征メンバーから外れる可能性を明かしている。 2018.11.02 02:55 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース