DFBポカール敗退のヴォルフスブルク、シャルケ戦でDFゲルハルト&DFティセランが負傷…2018.02.09 03:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクのドイツ代表DFヤニック・ゲルハルトとDRコンゴ代表DFマルセル・ティセランが負傷したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

▽ヴォルフスブルクは7日、DFBポカール準々決勝でシャルケと対戦し、0-1で敗戦した。この試合でティセランは61分にハムストリングを痛め、ウィリアムと交代。ゲルハルトは71分に左足首を負傷しディダヴィとの交代を余儀なくされていた。

▽『キッカー』によると、現時点で詳細な検査は行っていないようで、今後行われる精密検査の結果次第での状況が決定するようだ。なお、ヴォルフスブルクは11日にブンデスリーガ第22節でブレーメンと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

前半終盤から途中出場の武藤が今季7ゴール目もラッバディア新体制のヴォルフスブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽マインツは23日、ブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は41分から出場し、今季7ゴール目を挙げている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦をクアイソンのドッペルパックで2-0と快勝して連敗を3で止めた16位マインツ(勝ち点23)は、武藤が2試合連続ベンチスタートとなった。 ▽M・シュミット監督が成績不振により辞任し、ラッバディア監督が就任した14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)に対し、マインツは6分に失点する。自陣右サイドから上げられたクロスをブレカロに蹴り込まれた。 ▽続く11分にはCKからギラヴォギのヘディングシュートがバーを直撃するなど、まずい入りとなったマインツは、14分にクアイソンがドリブルシュートでGKを強襲。ここからマインツがギアを上げていったが、時間の経過とともにヴォルフスブルクにいなされていってしまう。 ▽そんな中、ベルグレーンの負傷によって41分に武藤が投入されると、クアイソンがミドルシュートで再びGKを強襲。すると44分、武藤が早速仕事を果たす。左サイドのホルトマンのクロスを武藤が左足でうまく合わせたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。武藤の5試合ぶりとなる今季7ゴール目で試合を振り出しに戻したマインツが1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、同点に追いついたマインツが良い入りを見せていたが、63分に大ピンチ。マリにディフェンスライン裏を取られてGKゼントナーと一対一に。しかし、マリの丁寧に狙ったシュートはゴール右へ外れていった。 ▽助かったマインツは武藤をディフェンスライン裏に走らせる形から打開を狙うも、こう着状態に陥ってしまう。打破を狙うマインツは終盤、デ・ブラシスやウジャーを投入すると、終了間際にウジャーにGKと一対一の局面が訪れたが、カスティールスの好守に阻まれて、ヴォルフスブルクと勝ち点1を分け合った。 2018.02.24 06:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクの新監督に酒井高の元指揮官ラッバディア氏が就任

▽ヴォルフスブルクは20日、新監督にブルーノ・ラッバディア氏(52)を招へいしたことを発表した。契約は2019年6月30日までとなっている。 ▽ヴォルフスブルクでは前日、成績不振を受けてマルティン・シュミット前監督が辞任していた。 ▽ラッバディア監督はレバークーゼンやシュツットガルト、ハンブルガーSVなどのクラブを歴任。シュツットガルトとHSVではDF酒井高徳を指導していた。 ▽ヴォルフスブルクの新監督に就任したラッバディア氏は公式サイトで「良い感覚を覚えているし、これから新たなチームとの取り組みを楽しみにしているところだ」とコメントしている。 ▽ヴォルフスブルクは残留プレーオフに回らなければならない16位マインツとは1ポイント差の14位と苦戦している。 2018.02.21 00:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクのM・シュミット監督が辞任、途中就任で19戦3勝と苦戦

▽ヴォルフスブルクは19日、マルティン・シュミット監督(50)が辞任したことを発表した。 ▽マインツを3シーズン連続で残留に導く手腕を発揮していたオーストリア人指揮官のM・シュミット監督は、昨季終了後にマインツの指揮官を辞任しフリーとなっていた。そして、昨年9月にアンドリース・ヨンカー前監督の解任を受けてヴォルフスブルクの指揮官に就任。しかし、チームを立て直すには至らず、3勝11分け5敗の14位で、残留プレーオフに回らなければならない16位マインツとは1ポイント差と苦戦していた。 ▽マインツ時代にはFW武藤嘉紀を指導し、2015-16シーズンには6位に導くなど手腕を評価されていた。 2018.02.20 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

主力温存バイエルン、レヴィの土壇場PK弾で逆転勝利! 10連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは17日、ブンデスリーガ第23節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 ▽前節シャルケ戦をレヴァンドフスキのホーム戦11試合連発弾などで9連勝とした首位バイエルン(勝ち点56)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のベシクタシュ戦を控える中、レヴァンドフスキやフンメルス、ミュラーらをベンチスタートとし、ワグナーや負傷明けのチアゴが3カ月ぶりに先発となった。 ▽13位ヴォルフスブルク(勝ち点24)に対し、3トップに右からロッベン、ワグナー、リベリと並べたバイエルンが仕掛ける立ち上がりとなったが、8分に失点する。ショートコーナーから左サイドのマリに上げられたクロスをファーサイドのディダヴィにヘディングで流し込まれた。 ▽失点後もハーフコートゲームを続けたバイエルンだったが、自陣に引くヴォルフスブルクを崩せず、シュートに持ち込めない状況が続く。結局、最前線のワグナーがほとんどボールに絡めなかったバイエルンはチャンスを作れずに前半を終えた。 ▽それでも迎えた後半開始9分にバイエルンはPKを獲得する。ワグナーのシュートのルーズボールをボックス内で拾ったトリッソがシュテフェンに倒されたとしてPKとなった。しかし、キッカーのロッベンが枠の左を狙ったシュートはGKカスティールスにセーブされ、同点に追いつくことはできない。 ▽続く58分にトリッソのボレーシュートでゴールに迫ったバイエルンは、チアゴに代えてミュラーを投入。すると64分に試合を振り出しに戻した。右サイドを突破したロッベンのクロスをワグナーがヘディングで叩き込んだ。 ▽終盤の80分、ワグナーに代えてレヴァンドフスキを投入したバイエルンは、90分に再びPKを獲得する。ボックス右で仕掛けたロッベンがイッターに倒された。これをレヴァンドフスキがゴール右隅に決めて逆転に成功したバイエルンが、連勝を10に伸ばしている。 2018.02.18 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケがヴォルフスブルクにシャットアウト勝利でベスト4《DFBポカール》

▽DFBポカール準々決勝、シャルケvsヴォルフスブルクが7日に行われ、1-0でシャルケが勝利した。 ▽3回戦でケルンを下したシャルケは、4日前に行われ1-2で敗れたブレーメン戦のスタメンから4選手を変更。コノプリャンカやディ・サント、カリジウリらに代えてブルクシュタラーやピアツァ、ゴレツカらがスタメンとなった。 ▽一方、ニュルンベルクを下したヴォルフスブルクは、直近の1-1で引き分けたシュツットガルト戦のスタメンから3選手を変更。ディダヴィやフェルハーフらに代えて新戦力のメーメディらを起用した。 ▽徐々にポゼッションを高める入りを見せたシャルケは、10分に先制する。ピアツァのスルーパスを受けてボックス右に侵入したブルクシュタラーが切り返しでDFを外し、右足でシュート。これがゴール左に決まった。 ▽先制後、ショートカウンターを軸に追加点に迫るシャルケに対し、ヴォルフスブルクは24分に同点のチャンス。CKの流れからマリの左足ボレーシュートがバーを叩いた。 ▽ハーフタイムにかけてもシャルケがカウンターでヴォルフスブルクをけん制しつつ、試合を進め、1点をリードしたまま後半を迎えた。 ▽後半もシャルケが主導権を握る中、ナウドの直接FKで追加点に近づいてく。そのシャルケが慎重に試合を進め、ヴォルフスブルクに付け入る隙を与えない。 ▽終盤にかけてもヴォルフスブルクの反撃を許さないかったシャルケがシャットアウト勝利。ベスト4進出を決めている。 2018.02.08 06:38 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース