【ブンデス第22節プレビュー】バイエルンvsシャルケ、長谷部vs大迫、香川vs酒井高開催2018.02.09 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節も首位バイエルン(勝ち点53)が順当に勝利を収め、連勝を8に伸ばした。大混戦のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは引き分けたレバークーゼン(勝ち点35)が2位を死守。勝利したライプツィヒが3位に、ドルトムントが4位にそれぞれ浮上している。一方で敗戦したシャルケが5位に、フランクフルトが6位に後退している。迎える第22節ではバイエルンvsシャルケの上位対決や、香川ドルトムントvs酒井高&伊藤ハンブルガーSV、長谷部フランクフルトvs大迫ケルンの日本人対決がそれぞれ開催される。

▽まずは上位対決のバイエルンvsシャルケから。前節マインツ戦ではレヴァンドフスキをベンチスタートとしたこともあってやや手こずったバイエルンだが、リベリとハメス・ロドリゲスのゴールで2-0と勝利した。そして、火曜日に行われたDFBポカール準々決勝のパダーボルン戦では主力を投入して6-0と圧勝。来週のミッドウィークには試合がないため、シャルケ戦に集中できる環境となっており、バイエルンの連勝はさらに伸びる可能性が高そうだ。

▽一方、前節ブレーメン戦を守護神フェールマンのミスと追加タイム被弾で1-2と競り負け、5位に後退したシャルケ(勝ち点34)は、水曜日に行われたDFBポカール準々決勝のヴォルフスブルク戦を主力を投入して1-0で勝利。ベスト4進出を決めて良い形でバイエルン戦に臨める中、来季バイエルンの一員となることが決まっているゴレツカのプレーにも注目したい。

▽続いて日本人対決のドルトムントvsHSV。シュティーガー監督の古巣対決となった前節ケルン戦を新戦力バチュアイの2ゴール1アシストの大活躍で3-2と制して4試合ぶりの勝利を飾った4位ドルトムント(勝ち点34)。引き続き不安定な戦いが続いているが、香川はオーバメヤンの代役であるバチュアイを積極的に使うプレーを見せ、好関係を築けそうなパフォーマンスを見せた。今節も二人のプレーに注目したい。

▽一方、ハノーファーに何とか追いついて勝ち点1をもぎ取ったものの、8戦勝利のない17位HSV(勝ち点17)は、酒井高が引き続き3バックの右でスタメン予想。対面するのはシュールレとなりそうだが、ケルン戦で今季初ゴールを決めて復調の気配を見せる相手をシャットアウトできるか。伊藤は引き続きベンチからチャンスを窺う。

▽そしてフランクフルトvsケルンの日本人対決。6位フランクフルト(勝ち点33)は前節アウグスブルク戦を0-3と完敗。6試合ぶりの敗戦を喫した中、水曜日に行われたDFBポカール準々決勝のマインツ戦では相手のミスをきっちりと突いて3-0と快勝した。長谷部もアウグスブルク戦で崩壊した守備を修正し、チームの立て直しに貢献している。ケルン復調の要因であるストライカーのテローデとのマッチアップに注目だ。

▽対するケルンは前節ドルトムント戦を2-3と競り負け、5試合ぶりの黒星を喫した。とはいえ、ドルトムント相手に善戦しており、復調をさらに印象付けている。風邪で欠場した大迫はベンチスタート予想。途中出場でレギュラーの座を取り戻すような説得力のあるパフォーマンスを見せたいところだ。

▽上位陣ではレバークーゼンが11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。フライブルク戦では相手の組織力の前に攻めあぐね、ゴールレスドローに終わったレバークーゼンは、火曜日に行われたブレーメン戦を延長戦の末に4-2と制し、ベスト4進出を果たした。2点差をひっくり返すハードな試合を戦った影響があるだろうが、跳ね除けて2位死守となるか。

▽前節ボルシアMG戦をルックマンのデビュー弾で競り勝った3位ライプツィヒ(勝ち点35)は、金曜日に7位アウグスブルク(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。連勝でCL圏内をキープし、ライバルにプレッシャーをかけられるか。最後にバイエルン戦ではほぼ見せ場を作れなかったマインツの武藤はホッフェンハイムとのアウェイ戦でゴールを目指す。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ第22節
▽2/9(金)
《28:30》
ライプツィヒ vs アウグスブルク

▽2/10(土)
《23:30》
レバークーゼン vs ヘルタ・ベルリン
ハノーファー vs フライブルク
フランクフルト vs ケルン
ドルトムント vs ハンブルガーSV
ホッフェンハイム vs マインツ
《26:30》
バイエルン vs シャルケ

▽2/11(日)
《23:30》
シュツットガルト vs ボルシアMG
《26:00》
ブレーメン vs ヴォルフスブルク

コメント

関連ニュース

thumb

ロッベンとは異なるバイエルンの思惑…背番号10のスーパーサブ化を計画か

バイエルンの元オランダ代表アタッカー、アリエン・ロッベンは残留を望んでいるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。<br><br>ロッベンとバイエルンの契約は今シーズン終了まで。ロッベンは契約延長のオファーがない場合には、中国やアメリカへ行く可能性があることも示唆した。しかし、あくまでも第一希望は残留であることを明言している。<br><br>『ビルト』はロッベンがフィットさえしていれば、バイエルンの大きな戦力になると分析。21日に行われたチャンピオンズリーグラウンド16のベジクタシュ戦では先発を外れ、不満をにじませたが、出場してからはまずまずのパフォーマンスを披露し、健在であることを見せつけた。また、背番号10はファンからも大きな愛情が注がれている。<br><br>一方で、バイエルンの思惑は異なる。クラブはメンバーの活性化を望んでおり、年俸1000万ユーロ(約13億円)のロッベンに対し、ベンチに置いてのスーパーサブ化を求めている。無論、ベンチに置かれた際のロッベンのリアクションは前述の通りで、この条件を飲む可能性は低い。バイエルンでのプレーが見られるのは今シーズン限りとなってしまうのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの去就に大きな動き! 剛腕代理人ザハビ氏と契約

▽来夏以降、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)の去就に大きな動きが出てきそうだ。ポーランド屈指のジャーナリスト、マテウシュ・ボレク氏が自身の公式ツイッターを通じて、レヴァンドフスキと剛腕代理人の契約締結を伝えている。 ▽世界最高峰の万能型ストライカーとしてドイツの盟主、バイエルンのエースストライカーに君臨するレヴァンドフスキ。しかし、新たな挑戦を求める同選手にはレアル・マドリーやバルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)、プレミア方面への移籍の噂が幾度となく浮上している。 ▽そのレヴァンドフスキは、これまでポーランド人代理人チェザリー・クシャルスキ氏と10年間に渡って契約を結んでいたが、このたびその契約を解消した模様。そして、新たな代理人として選んだのが、ジョルジュ・メンデス氏やミーノ・ライオラ氏と並ぶスーパーエージェントと評されるイスラエルの剛腕代理人ピニ・ザハビ氏のようだ。 ▽現在、73歳のザハビ氏は代理人になる以前にジャーナリストとして活躍し、その際に幅広い人脈を手にした。代理人業をスタートした同氏は、ジャーナリスト時代に親交を温めていたアレックス・ファーガソン氏らプレミアリーグの名立たる監督たちとのコネクションを生かしてDFリオ・ファーディナンドやMFフアン・セバスティアン・ベロン、DFヤープ・スタムなどの大物選手の移籍を実現。 ▽さらに、ロマン・アブラモビッチ氏によるチェルシー買収に尽力した同氏は、FWディディエ・ドログバやGKペトル・チェフ、MFマイケル・エッシェンなどの移籍にも絡んでいた。 ▽その一方で、現在も代理人を務めるFWカルロス・テベスやMFハビエル・マスチェラーノの物議を醸したウェストハム移籍などきな臭い取引にも関わっており、近年は一線から退いていた。 ▽だが、ここ最近に入って再び動き始めた代理人界の巨人は、FWネイマールのバルセロナからPSGへのオペレーションにおいて中心的な役割を果たしており、この取引を通じて3500万ユーロ(約46億円)を手にしたとの報道も出ていた。 ▽なお、レヴァンドフスキとザハビ氏の契約締結を受けて、新天地の有力候補には前述のPSGとバルセロナの名前が挙がっている。PSGはFWエディソン・カバーニに代わる新たなエースストライカー、バルセロナはFWアントワーヌ・グリーズマンからのターゲット変更で同選手の獲得を目指す見込みだ。 2018.02.23 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンに朗報! 軽傷のハメスは数日間の練習回避に留まる

▽バイエルンは21日、前日のベシクタシュ戦で負傷交代したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに関する精密検査の結果を発表した。 ▽バイエルンは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのベシクタシュをホームに迎え、5-0と快勝。だが、先発したハメス・ロドリゲスは、前半終了間際の44分にMFアリエン・ロッベンとの負傷交代で早々にピッチを退いた。 ▽そして、バイエルンは試合翌日にハメス・ロドリゲスの精密検査の結果を発表。当初の見立て通り、ふくらはぎの筋肉に問題が発生したものの大事に至らなかったと伝えている。 「ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファルトによる詳細な診察が行われ、昨夜チームドクターが下した初診結果と同様の診断結果が下された。ハメス・ロドリゲスは左ふくらはぎの筋肉に軽度の問題を抱えており、数日間トレーニングを免除されている」 ▽ハメス・ロドリゲスは昨夏、2年間のローンでレアル・マドリーから加入。シーズン途中のハインケス監督就任後、パフォーマンスレベルが上昇傾向にあっただけに、ケガの状態に注目が集まっていた。それだけに今回の軽傷という発表に、多くの関係者が胸をなでおろしたことだろう。 2018.02.22 02:11 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝の喜びも束の間…ふくらはぎ違和感のハメス、検査へ

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに負傷離脱の可能性が浮上した。 ▽バイエルンは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのベシクタシュをホームに迎え、5-0と快勝。だが、先発したハメス・ロドリゲスは、44分にMFアリエン・ロッベンとの負傷交代で早々にピッチを退いた。 ▽負傷交代の理由は、ふくらはぎの違和感。クラブ公式サイトによれば、ユップ・ハインケス監督は試合後、「さほど悪いものじゃないと思う」と語り、今後、精密検査を受ける見通しだという。 ▽ハメス・ロドリゲスは昨夏、2年間のローンでレアル・マドリーから加入。シーズン途中のハインケス監督就任後、パフォーマンスレベルが上昇傾向にあっただけに、大事に至らなければ良いが…。 2018.02.21 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

5発大勝のバイエルン、2発のミュラー「退場の恩恵を受けた」…指揮官は後半に満足

バイエルンFWトーマス・ミュラーとユップ・ハインケス監督が、ベシクタシュ戦の大勝を振り返っている。<br><br>バイエルンは、20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ベシクタシュを対戦。前半で相手が退場者を出したこともあり、5-0で粉砕している。<br><br>この試合で2ゴール挙げたミュラーは『Sky』に対し、4ゴールを奪った後半の内容を誇りつつ、大勝を喜んでいる。<br><br>「もちろん、相手の退場の恩恵を受けたといえる。だけど、後半に入ってからはゴールを奪いに行くためにさらにアグレッシブに入った。シンプルに攻撃し、うまくいったね」<br><br>また、ユップ・ハインケス監督は、前半終了間際の退場と先制ゴールが、試合のカギとなったと振り返っている。<br><br>「開始直後はナーバスになっていて、うまく噛み合っていなかった。レッドカードと、前半終了間際の先制ゴールが重要になったね。後半はよりスピードが増し、相手に脅威を与えられた」<br><br>1stレグでほぼ突破を決めてしまったバイエルン。2012-13シーズンに3冠をもたらしたハインケス監督の下、それ以来5シーズンぶりの優勝へ向け、視界は良好のようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 08:35 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース