【セリエA第24節プレビュー】首位ナポリと3位ラツィオの上位対決開催2018.02.09 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽上位陣が格下と対戦した前節も首位ナポリ(勝ち点60)と2位ユベントス(勝ち点59)が揃って連勝を7に伸ばし、1ポイント差が維持された。一方で3位ラツィオ(勝ち点46)が敗れ、4位インテル(勝ち点45)が引き分け、勝ち点を落としている。迎える第24節は土曜日に首位ナポリと3位ラツィオによる上位対決が開催される。

▽最下位ベネヴェントにメルテンスの3戦連発弾などで7連勝としたナポリは、その試合で負傷したメルテンスが途中交代したが、軽度のねん挫でラツィオ戦出場に問題はない様子。来週の木曜日にはヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でライプツィヒとの対戦を控えるが、引き続きベストメンバーで首位キープを目指す。

▽一方、ジェノアに追加タイム被弾で1-2と敗れて2連敗となったラツィオも、主力にケガ人はおらずベストメンバーを投入できる状況。ナポリ同様、ヨーロッパリーグのステアウア・ブカレスト戦を控えるが、ナポリを下して3位を死守できるか。

▽サッスオーロにケディラの2発とイグアインのハットで7発圧勝したユベントスは、金曜日に11位フィオレンティーナ(勝ち点31)とアウェイで対戦する。新たにマテュイディが1カ月の戦線離脱となったユベントスは、火曜日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でトッテナムとのビッグマッチを控える中、フィオレンティーナ戦はバックアッパーのストゥラーロが先発予想。ケガ人が増えている中、過密日程を乗り切るには代役の選手たちの活躍が不可欠となるが、期待に応えられるか。

▽泥沼から抜け出せないインテルは、12位ボローニャ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。前節クロトーネ戦では負傷中のイカルディの代役を務めたエデルが先制ゴールを決めたものの、追加点を奪いに行く姿勢が乏しく、追いつかれて勝ち点2を失ってしまった。これで8試合勝利から見放される苦しい状況だが、ボローニャ戦はイカルディが先発復帰予想。ローマが1ポイント差に迫っている中、4位を死守するための勝利を飾れるか。

▽前節ヴェローナ戦ではペッレグリーニが退場処分を受ける愚行を犯したものの、ジェンギズの移籍後初ゴールを守りきって7試合ぶりの勝利を飾った5位ローマ(勝ち点44)は、最下位ベネヴェント(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。日程的に余裕がある中、格下相手に確実に勝利し、CL圏内浮上となるか。

▽最後にスソのスーパーゴールで先制したものの、カラブリアの退場もあってウディネーゼに1-1の引き分けに持ち込まれ、4連勝を逃がした8位ミラン(勝ち点35)は、18位SPAL(勝ち点17)とのアウェイ戦に臨む。6戦勝利のない相手から勝利を取り戻し、良い形でルドゴレツとのヨーロッパリーグに臨みたい。

※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照

◆セリエA第24節
▽2/9(金)
《28:45》
フィオレンティーナ vs ユベントス

▽2/10(土)
《23:00》
SPAL vs ミラン
《26:00》
クロトーネ vs アタランタ
《28:45》
ナポリ vs ラツィオ

▽2/11(日)
《20:30》
サッスオーロ vs カリアリ
《23:00》
トリノ vs ウディネーゼ
サンプドリア vs ヴェローナ
インテル vs ボローニャ
キエーボ vs ジェノア
《28:45》
ローマ vs ベネヴェント

コメント

関連ニュース

thumb

アリソン加入で居場所が危ういGKミニョレはイタリアへ?

▽リバプールのベルギー代表GKシモン・ミニョレだが、どうやらチームを去ることになりそうだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 ▽ミニョレは、2013年7月にサンダーランドからリバプールへと加入。チームの守護神を任されていたが、2016年7月にマインツから加入したGKロリス・カリウスとポジションを争うことに。2017-18シーズンは19試合の出場と、出場機会を減らしていた。 ▽しかし、ユルゲン・クロップ監督はミニョレ、カリウスの両者のパフォーマンスに不満を持ち、ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーを獲得。開幕戦となったウェストハム戦はアリソンが先発し、ベンチにはカリウスが入り、ミニョレは3番手になりつつある。 ▽そんなミニョレだが、代理人のニコ・バエセン氏が去就についてコメント。セリエA行きで交渉中と明かすも「話し合っているが合意はない」とコメント。「解決策を見つけることがクラブの関心事だ」と語った。 ▽また、「リバプールはミニョレをチームにとどまらせたいが、彼はプレーしたいし、プレーしなければならない」とコメント。「彼は素晴らしいチームでプレーする価値があるんだ」と語り、出場機会を求めて移籍を辞さないとした。 ▽移籍先には、ナポリが浮上。今夏GKホセ・マヌエル・レイナがミランへ移籍するなど3人のGKが退団。アレックス・メレト、オレスティス・カルネジスを獲得したが、ミニョレの方が実績はある状況だ。バエセン氏は「ナポリにとって、シモンはクオリティの面では最良の選択肢だ。しかし、財政面の問題もある」と語り、移籍金がネックとなる可能性も明かしている。 2018.08.16 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アーセナルGKオスピナ獲得決定的

▽ナポリの、アーセナルに所属するコロンビア代表GKダビト・オスピナ(29)獲得が決定的になったようだ。『フットボールイタリア』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、契約は1年間のローン移籍でレンタル料は100万ユーロ(約1億2000万円)。800万ユーロ(約10億円)の買い取りオプションが付随することも報じられており、木曜日にもメディカルチェックをする予定だ。 ▽今シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリからは、昨季の守護神、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)がミランに移籍した。レイナの後釜としてウディネーゼからU-21イタリア代表GKアレックス・メレト(21)を獲得したが、シーズン前のキャンプで左腕を骨折。全治2カ月でシーズンの序盤戦は欠場することが決定的であるため、経験豊かなオスピナに白羽の矢が立ったようだ。 ▽オスピナは2005年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロデビューを果たすと、2008年にニースに移籍。2014年のブラジル・ワールドカップでは、コロンビアのベスト8進出に貢献して評価を高め、同年夏にアーセナルにステップアップを果たした。アーセナル加入後は、不運なことに加入初年度の7月末に全治約1カ月のケガを負ったものの、回復後は1stGKに。しかし、翌年に加入したGKペトル・チェフにポジションを奪われ、2015-16シーズンからは出場機会が限られていた。 2018.08.16 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組のパルマ、ナポリからイタリア代表FWとU-23イタリア代表MFを獲得

▽パルマは14日、ナポリからイタリア代表FWロベルト・イングレーゼ(26)とU-23イタリア代表MFアルベルト・グラッシ(23)をレンタル移籍で獲得した。 ▽パルマの公式サイトによれば、イングレーゼの契約には買い取りオプションが付随しているが、グラッシには付随していない。 ▽ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタル。昨シーズンはセリエAで34試合の出場し12ゴール2アシストを記録していた。 ▽一方、イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのユース出身であるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルハーフ。2014年11月にトップデビューを飾ると、2016年冬にナポリへ完全移籍。同シーズンはアタランタにレンタルされると、昨シーズンはSPALへレンタル移籍。SPALではセリエAで28試合に出場し3ゴールを記録していた。 2018.08.15 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、リールからフランス人DFマルキュイを完全移籍で獲得!

▽ナポリは8日、リールからフランス人DFケヴィン・マルキュイ(27)を獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていない。 ▽モナコの下部組織出身のマルキュイは、サンテチェンヌを経て昨年夏にリールに加入。右サイドバックを主戦場に、右ウイングや左サイドバックもこなすサイドのスペシャリストは、昨シーズンの公式戦25試合に出場し、5アシストを記録していた。 ▽ナポリは今夏の移籍市場で元イタリア代表DFクリスティアン・マッジョが旅立った右サイドバックの獲得に動いていたが、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコやコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス、ドイツ代表DFベンジャミン・ヘンリクス、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、セネガル代表DFユスフ・サバリらの獲得に失敗していた。 2018.08.08 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、アーセナルのコロンビア代表GKオスピナに興味か

▽ナポリが、アーセナル所属のコロンビア代表GKダビト・オスピナ(29)の獲得に動くと、イタリア『フットボールイタリア』が報じた。 ▽今シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリは、昨季の守護神、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)がミランに移籍。レイナの後釜としてウディネーゼからU-21イタリア代表のアレックス・メレト(21)を獲得したがシーズン前のキャンプで左腕を骨折。全治2カ月でシーズンの序盤戦は欠場することが決定的であるため、経験豊かなオスピナに白羽の矢が立ったようだ。 ▽ナポリはオスピナをレンタル移籍での獲得を望んでいるが、アーセナルは完全移籍での放出をのぞんでいる模様。同クラブは今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得したため、余剰戦力となっているオスピナの移籍は容認する構えのようだ。 ▽オスピナは2005年に母国のアトレティコ・ナシオナルでプロデビューを果たすと、2008年にニースに移籍。2014年のブラジルワールドカップでは、コロンビアのベスト8進出に貢献した評価を高め、、同年夏にアーセナルにステップアップを果たした。アーセナルでは、加入初年度こそ負傷明けからゴールマウスを守ったものの、翌年に加入したGKペトル・チェフにポジションを奪われ出場機会は限られていた。 2018.08.08 19:29 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース