ドイツ代表MFラース・ベンダーが左大腿内転筋の負傷で離脱…2018.02.08 00:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは7日、ドイツ代表MFラース・ベンダーが左大腿内転筋の負傷で全治3週間と診断されたことを発表した。

▽L・ベンダーは、6日に行われたDFBポカール準々決勝のブレーメン戦(4-2で勝利)に先発出場したが、79分に負傷交代。そして、試合翌日に行われた精密検査の結果、左大腿内転筋の損傷が判明した。

▽L・ベンダーは、本職のセントラルMFに加え、右サイドバックやセンターバックもカバーするユーティリティ性を持ち、今シーズンはここまで公式戦17試合に出場していた。同選手は今回のケガで、10日のブンデスリーガ第22節のヘルタ・ベルリン戦、17日の第23節ハンブルガーSV戦、24日の第24節シャルケ戦を欠場する見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レバークーゼンで急成長の20歳FWベイリー、ステップアップを封印「移籍は名声を築いてから」

レバークーゼンでプレーするFWレオン・ベイリーには欧州のビッグクラブから熱視線が送られている。だがジャマイカ出身の20歳はステップアップを急ぐことはないようだ。<br><br>昨年1月にベルギーのヘントから加わったベイリーは今シーズン公式戦23試合で11ゴール5アシストを記録。主にプレーする左ウイングで並はずれのスピード、トリッキーなドリブルを披露し、ブンデスリーガで最も注目されるヤングスターの1人となっている。<br><br>そして、やはり他クラブもそんなベイリーに興味を抱き始めているという。マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーやトッテナムとプレミアリーグ複数クラブからの関心が伝えられ、イギリスメディアでは移籍金が7500万ポンド(約112億円)以上にも上ると報じられている。<br><br>しかし、本人はしばらくはレバークーゼンに残る希望のようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』で、「僕はまだ若いし、早く大きすぎるステップに踏み出して失敗した若い選手をたくさん見てきた。僕にとってレバークーゼンは完璧だよ。多くの有名選手たちはレバークーゼンで育ったんだ。成長したいので、次のステップに進むのはそれからだ」と自身の将来図を描いている。<br><br>「ヨーロッパ最高のクラブに移籍するのなら、そこの人たちが僕のことを知ってからだ。その前に最高レベルで実力を証明し、名声を築いてからだね」<br><br>スター選手への階段を駆け上がるベイリーだが、バイエルンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは特別な存在であるという。<br><br>「小さいころ、家にはアリエン・ロッベンのワールドカップのポスターが飾られていた。今、家のポスターに写っている人と対戦していることはクレイジーなことだね」<br><br>「ママがよく言うんだ。『彼の時代はもうすぐ終わり、今度はあなたが新たなロッベンになる番だよ。世界にあなたの力を見せつけなさい。そうしたらロッベンの子供たちの部屋にあなたのポスターが貼られるかもしれない』とね」<br><br>提供:goal.com 2018.02.24 23:02 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第24節プレビュー】4位レバークーゼンvs6位シャルケのCL出場権争い

▽前節は首位バイエルン(勝ち点59)がヴォルフスブルクに終了間際のPK弾で2-1と逆転勝利し、10連勝とした。熾烈な戦いが続くチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではドルトムント(勝ち点40)、フランクフルト(勝ち点39)、レバークーゼン(勝ち点38)が勝利し、それぞれ順位を上げている。そして、ケルンの大迫が今季2ゴール目を決めた。迎える第24節は4位レバークーゼンと6位シャルケのCL出場権争いが行われる。 ▽前節ハンブルガーSV戦を今季ブレイク中のベイリーのゴールなどで2-1と逃げ切って勝利を取り戻したレバークーゼンは、CL圏内の4位に浮上した。主力ではL・ベンダーが負傷欠場見込みだが、それ以外にケガ人はおらず万全の状態。引き続きイングランド代表入りも報じられるようになったジャマイカ出身のベイリーの活躍に注目だ。 ▽一方、ホッフェンハイムに2-1と逃げ切って連敗を止め、レバークーゼンを1ポイント差で追うシャルケは、ここでライバルに勝利すればCL圏内浮上が見えてくる重要な一戦となる。こちらも主力にケガ人はおらず、万全の状態で臨めるだけにインテンシティの高い試合になりそうだ。シャルケとしては前節今季2ゴール目を決めたエンボロに注目したい。ブレイクが期待されながらケガで思うようなプレーができていないスイス代表FWの2戦連発に期待だ。 ▽ロイスの復活弾とGKビュルキの好守連発で1-0と辛勝してリーグ戦3連勝とし、2位に浮上したドルトムントは月曜に8位アウグスブルク(勝ち点31)とのホーム戦に臨む。木曜に敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)のアタランタ戦を負傷明けのシュメルツァー弾で1-1の引き分けに持ち込み、難敵を撃破したチームは公式戦5連勝とした中、負傷明けのロイスもゴールにつながるプレーを続けておりチーム状態は良好。この勢いを持続し、組織力に優れるアウグスブルク撃破といきたい。なお、足首を痛めた香川は3月の復帰見込みで引き続き欠場となる。 ▽ライプツィヒとのCL出場権争いを逆転で制して3位に浮上したフランクフルトは、ベンチ外の続く浅野所属の13位シュツットガルト(勝ち点27)とアウェイで対戦する。久々に本職の中盤でフル出場した長谷部も守備を締める役割を担い、チームの勝利に貢献した。シュツットガルト戦ではリベロの位置に戻ることが見込まれる長谷部だが、ゴメスとのマッチアップで優勢に立てるか。 ▽フランクフルトに敗れて5位に後退したライプツィヒ(勝ち点38)は、大迫の最下位ケルン(勝ち点14)と対戦する。ELナポリ戦では主力を投入して相手の反撃を瀬戸際で食い止め、0-2で敗れたものの1stレグのアドバンテージを生かしてベスト16進出を決めた。ELでの戦いが続くことが決定した中、勝利を取り戻してCL圏内返り咲きを狙いたい。 ▽一方、前節ハノーファー戦で大迫が先制ゴールを奪ったケルンは、終了間際のピサーロの劇的弾がVARによりオフサイドと判定され、1-1の引き分けに終わった。3試合ぶりに先発に戻った大迫はゴールを決めた上、相性の良いテローデと上々のパフォーマンスを見せており、今節もスタメン予想となっている。フィジカルに優れたウパメカーノとオルバン擁するライプツィヒのセンターバックコンビを、テローデと共に攻略できるか。 ▽主力を一部温存したことで苦戦し、ヴォルフスブルクに終了間際のPK弾で競り勝って10連勝としたバイエルンは、11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点30)とホームで対戦する。火曜に行われたCLベシクタシュ戦ではミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックなどで5-0と圧勝し、2ndレグを前にベスト8進出を確実なものとした。ヘルタ戦に集中できる状況の中、連勝を11に伸ばしにかかる。 ▽前節ヘルタ戦で7試合ぶりに武藤がスタメンを外れた中、チームが2-0と快勝した16位マインツ(勝ち点23)は、M・シュミット監督が辞任し、ラッバディア監督が就任した14位ヴォルフスブルク(勝ち点24)とのホーム戦を金曜に戦う。ライバルのクアイソンとベルグレーンが結果を残していることから武藤は引き続きベンチスタート予想だが、途中出場でゴールを目指しレギュラー奪取としたい。 ▽最後に前節レバークーゼン戦を1-2と力負けした17位ハンブルガーSV(勝ち点17)は、10戦勝利なしと泥沼から抜け出せずにいる。そのHSVは残留を争う15位ブレーメン(勝ち点23)とのノルト・ダービーを戦うが、酒井高は引き続き右ウイングバックで先発予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽2/23(金) 《28:30》 マインツ vs ヴォルフスブルク ▽2/24(土) 《23:30》 ハノーファー vs ボルシアMG シュツットガルト vs フランクフルト バイエルン vs ヘルタ・ベルリン ホッフェンハイム vs フライブルク 《26:30》 ブレーメン vs ハンブルガーSV ▽2/25(日) 《23:30》 レバークーゼン vs シャルケ 《26:00》 ライプツィヒ vs ケルン ▽2/26(月) 《28:30》 ドルトムント vs アウグスブルク 2018.02.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、ジャマイカ出身のベイリーをサプライズ招集?現在ブンデスリーガで覚醒中

イングランド代表率いるガレス・サウスゲイト監督はロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、サプライズ招集を図っているのだろうか。イギリス『ミラー』によれば、レバークーゼンでプレーするジャマイカ生まれの新星、レオン・ベイリーを招く可能性が浮上しているという。<br><br>ジャマイカのキングストン生まれであるベイリーは現在20歳。昨年1月にベルギーのヘンクからレバークーゼンに渡った左ウィングは、今シーズンは23試合に出場し11ゴール5アシストを記録するなど覚醒中だ。マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーやトッテナムとプレミアリーグ複数クラブから熱視線が送られ、移籍金も7500万ポンド(約112億円)以上にも上ると見られる。<br><br>そんな中、W杯に向けてイングランド代表から声がかかる可能性が浮上。ベイリーはこれまでジャマイカA代表の試合には出場していないのに加え、『ミラー』曰くイギリス国籍を所有する祖父母が2人いるとのこと。またサウスゲイト監督が招集すれば「断ることはとても難しいだろう」と選手の周囲からの声が伝えられている。<br><br>なお、ジャマイカ代表のほかベルギー代表やマルタ代表としてのプレーも可能とされるベイリーだが、今のところ自身の希望を明かしていない。だが、イングランド代表では同じくキングストン生まれで親友と見られるMFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)もプレーしており、『ミラー』によると、その存在はベイリーがイングランドを選ぶ説得材料となるかもしれないという。<br><br>提供:goal.com 2018.02.20 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンが酒井高フル出場のHSVに競り勝ちCL圏浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節、ハンブルガーSVvsレバークーゼンが17日に行われ、1-2でレバークーゼンが勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 ▽前節ドルトムント戦を0-2で落とし、9戦勝利のない17位HSV(勝ち点17)は、酒井高が右ウイングバックで引き続きスタメンとなった。 ▽一方、前節ヘルタ・ベルリン戦を0-2と完敗してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したレバークーゼン(勝ち点35)は、ベイリーやフォラント、ブラントら主力が先発となった。 ▽立ち上がりから仕掛けたのは地力に勝るアウェイチームのレバークーゼン。ベイリーとヴェンデウの左サイドから打開にかかっていたが16分、相手に足を踏まれてヴェンデウがプレー続行不可能となり、代わってヘンリクスが投入された。 ▽それでも攻め込み続けるレバークーゼンは26分、ボックス右に流れてパスを受けたハフェルツのクロスをゴール前に飛び込んだアランギスがヘディングで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽しかし40分、レバークーゼンが順当に先制する。コールのクロスをカットにかかったドウグラスからボールを奪ったボックス内のベイリーがGKもかわして無人のゴールに蹴り込んだ。 ▽後半からセンターバックのマフライに代えてサイドアタッカーのハーンを右サイドに投入したHSVは4バックに変更。酒井高は右サイドバックにポジションを変えた。 ▽だが50分、レバークーゼンが追加点を奪う。ボックス左でベイリーのパスを受けたヘンリクスがマイナスのクロスを送ると、ニアのハフェルツがダイレクトでゴールへ流し込んだ。 ▽2点を追うHSVはアルプに代えてウッドを投入。すると66分、そのウッドが右クロスを受けてボレーシュート。しかし、GKレノの好守に阻まれた。 ▽それでも70分、HSVが1点差に詰め寄る。ワラセのスルーパスを受けたハーンがボックス内に侵入。GKとの一対一を制した。 ▽終盤、HSVが攻勢に出たが、レバークーゼンが逃げ切り。勝利を取り戻して暫定2位に上がり、CL圏に浮上している。 2018.02.18 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

延長後半投入のベララビが1G1Aの大仕事! ブレーメンとの死闘制したレバークーゼンが4強入り《DFBポカール》

▽DFBポカール準々決勝のレバークーゼンvsブレーメンが6日に行われ、120分間の激闘を4-2で制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。 ▽ブンデスリーガ2位のレバークーゼンと15位のブレーメンによるポカール準決勝進出を懸けた一戦。互いに直近のリーグ戦からのメンバー変更は少なく、ほぼベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は劣勢が予想されたアウェイチームが立て続けにゴールをこじ開ける意外な展開に。開始3分、ボックス内でルーズボールに反応したクルーゼがDFターにアフター気味に蹴られてブレーメンがPKを獲得。これをキッカーのクルーゼが冷静に決めて先制点を奪う。 ▽さらに、先制直後にベイリーの決定的なヘディングシュートをGKパブレンカのビッグセーブで凌ぐと、8分には中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けてクルーゼの絶妙な浮き球スルーパスに抜け出したA・ヨハンソンがボックス内で飛び出したGKの頭上を抜くループシュートで追加点を挙げた。 ▽ホームで開始10分までに2点のビハインドを負う低調な入りとなったレバークーゼンだが、ここから反撃を開始。すると、31分に圧巻の高速カウンターで1点を返す。右サイドに流れたフォラントとの絶妙なパス交換から中央にできた広大なスペースに飛び出したコールがゴール前まで持ち上がり、DFとGKを完璧に引き付けて左を併走するブラントへプレゼントパス。これを背番号10が難なく流し込んだ。 ▽このゴールをキッカケに一気にヒートアップした試合は互いにカウンターを打ち合う激しい展開に。この流れの中で互いに決定機を作り合ったものの、前半はアウェイチームの1点リードで終了した。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢を仕掛けるレバークーゼンは早い時間帯に追いつく。55分、右サイドを持ち上がったコールから中央のラース・ベンダーに横パスが通ると、これをベンダーが左のブラントに短く繋ぐ。最後はブラントが見事な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。 ▽ブラントのドッペルパックで2-2のイーブンとなった試合は、その後も一進一退の攻防を見せる。互いに前線の個人技を生かした攻めから幾度となくゴールに迫ったが、両守護神の好守などもあり、90分間で決着をつけることはできず。試合は延長戦へと突入する。 ▽互いに消耗が色濃い延長戦では延長前半終了間際にレバークーゼンに決定機。ボックス手前右で得たFKをベイリーが左足で直接狙うが、惜しくも右ポストを叩いた。それでも、完全に主導権を握ったホームチームは延長後半に投入したベララビが大仕事を果たす。111分、ベイリーのFKを中央で競り勝ったアラリオがゴール右のスペースに落とすと、これをベララビが角度のない中でニアを射抜き、勝ち越しゴールを奪取。さらにベララビは試合終了間際にもハフェルツのダメ押しゴールをアシストした。 ▽そして、切り札ベララビの1ゴール1アシストの活躍でブレーメンとの120分間に及ぶ激闘を制したレバークーゼンがベスト4進出を果たした。 2018.02.07 07:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース