ドイツ代表MFラース・ベンダーが左大腿内転筋の負傷で離脱…2018.02.08 00:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは7日、ドイツ代表MFラース・ベンダーが左大腿内転筋の負傷で全治3週間と診断されたことを発表した。

▽L・ベンダーは、6日に行われたDFBポカール準々決勝のブレーメン戦(4-2で勝利)に先発出場したが、79分に負傷交代。そして、試合翌日に行われた精密検査の結果、左大腿内転筋の損傷が判明した。

▽L・ベンダーは、本職のセントラルMFに加え、右サイドバックやセンターバックもカバーするユーティリティ性を持ち、今シーズンはここまで公式戦17試合に出場していた。同選手は今回のケガで、10日のブンデスリーガ第22節のヘルタ・ベルリン戦、17日の第23節ハンブルガーSV戦、24日の第24節シャルケ戦を欠場する見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レバークーゼン、クロアチア代表DFイェドバイと2023年まで契約延長

▽レバークーゼンは17日、クロアチア代表DFティン・イェドバイ(22)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽右サイドバック兼センターバックのイェドバイは、2014年6月にローマからレバークーゼンへレンタル移籍し、翌年の1月に完全移籍していた。レバークーゼンではこれまで公式戦84試合に出場して3ゴール3アシストを記録。昨季は負傷もあってブンデスリーガ10試合の出場に留まり、今季はここまで3試合に出場している。 ▽2014年9月にデビューしたクロアチア代表ではこれまで16試合に出場。ロシア・ワールドカップでは1試合に出場していた。 2018.10.17 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンFWベイリーがジャマイカ代表デビュー戦の出場を拒否!

▽レバークーゼンに所属するFWレオン・ベイリー(21)が自身のジャマイカ代表デビュー戦となるはずだった14日のCONCACAFネーションズリーグ予選ボネール代表戦でのプレーを拒否した。海外版『goal.com』が伝えている。 ▽代理人で義理の父親であるクレイグ・バトラー氏とジャマイカサッカー協会の確執の影響もあり、ジャマイカのフル代表招集を固辞してきたベイリー。それでも、国籍変更などによってプレーできる可能性があったベルギー、ドイツ、イングランドでのプレーが規則上難しいことから先日にジャマイカ代表招集を受け入れていた。 ▽しかし、ベイリーはジャマイカ代表デビュー戦となるはずだったボネール戦の出場を拒否した。 ▽伝えられるところでは、ベイリーが今回の代表招集を受け入れる決断をした理由のひとつに、弟のMFカイル・バトラー(20)を同じくフル代表に招集させるという取り決めがあったという。だが、ジャマイカサッカー協会はこの取り決めを反故にし、カイルがトライアルをパスした場合のみ招集することを通知。これに激怒したベイリーはボネール戦の出場を直前に拒否したようだ。 ▽ベイリーは今回の一件に関して以下のようなコメントを残している。 「僕は間違いなくジャマイカ代表でプレーするためにここに来た。僕は協会との話し合いの合意に伴い、ここに来ることを受け入れた。だけど、ここに来た時には全く異なるシナリオがあった。彼らは最終的に約束を守らず、だから僕もプレーしないことを決めた」 「ただ、11月までに彼らが僕たちの求めたものを叶えるべく動きを見せてくれれば、代表チームでプレーするつもりだ」 ▽なお、今回の代表ウィーク中にジャマイカ代表デビューとならなかったベイリーだが、前述の問題が解決すれば、11月17日に予定されるスリナム代表戦がデビュー戦になるはずだ。 2018.10.15 14:47 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、来夏2人の逸材アタッカー獲得に動くか

▽アーセナルは来夏に向けて2人の逸材アタッカー獲得に向けて動いているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ウナイ・エメリ体制で現在公式戦9連勝と絶好調のアーセナル。今季は懸念の最終ラインとセントラルMFを中心に補強を行ってきたが、来シーズンに向けて前線の補強にも余念がないようだ。 ▽『ミラー』が伝えるところによると、アーセナルのリクルート部門を統括するスヴェン・ミスリンタート氏は今季限りでの退団の意向を表明したウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜として、レバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)の獲得を検討。“エジル2世”とも評される左利きの大型MFはラムジーとはタイプが異なるものの、2列目を主戦場にチャンスメークと得点力を兼ね備えた逸材だ。 ▽一方、個での打開力にややもの足りなさを与えるウイングのポジションでは、レンヌ所属のセネガル代表FWイスマイラ・サール(20)の獲得に関心を示している。爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度の高さを特長とするサールは、ロシア・ワールドカップで日本代表を苦しめた選手としても記憶が新しいところ。ウイングとセンターフォワードでプレー可能な同選手は、ティエリ・アンリのように最終的にはウイングからストライカーへの本格コンバートも期待される。 2018.10.14 13:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表、U-21ドイツ代表からターを追加招集!

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は13日、UEFAネーションズリーグのオランダ代表戦、フランス代表戦に臨むドイツ代表メンバーにレバーク―ゼンのDFヨナタン・ターを追加招集したことを発表した。 ▽ターは、U-21欧州選手権予選に臨むU-21ドイツ代表に招集されていたため今回A代表では招集外となっていた。しかし、U-21ドイツ代表が12日に行われたU-21ノルウェー代表戦で勝利し、欧州選手権の出場権を獲得したため、急遽の追加招集となったようだ。 ▽ドイツ代表では、ドルトムントMFマルコ・ロイスの招集辞退に加え、レバークーゼンMFカイ・ハフェルツやチェルシーDFアントニオ・リュディガー、フランクフルトGKケビン・トラップ、バイエルンMFレオン・ゴレツカがケガのため代表を離脱していた。 2018.10.14 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイリーがジャマイカ代表デビューへ! イングランド、ドイツ、ベルギー入りの報道も最終的に母国を選択

▽レバークーゼンに所属するFWレオン・ベイリー(20)がジャマイカ代表デビューを飾ることになるようだ。海外版『goal.com』が伝えている。 ▽ジャマイカ出身のベイリーは過去にU-23ジャマイカ代表としてプレー経験がある。しかし、代理人で義理の父親であるクレイグ・バトラー氏とジャマイカサッカー協会の確執の影響もあり、以前からフル代表招集を固辞し続けていた。 ▽その一方で、祖先にイギリス人を持つベイリーはキャリア当初に在籍していたヘンク時代に数年間住んでいたベルギー、レバークーゼン加入以降生活しているドイツの3カ国の代表入りの可能性が伝えられていた。 ▽しかし、国際サッカー連盟(FIFA)の現行のレギュレーションでは国籍変更を行う場合、18歳以降の時点から継続5年間の居住が必要となっており、ベルギー国籍取得の可能性が消滅。また、国籍取得が義務付けられるドイツ代表に関しては8年以上の居住が必要となり、移籍市場における人気株の同選手が同国に留まり続けられるかは現実的ではない。 ▽その中でルーツのあるイングランドが最も可能性があると伝えられていたが、ベイリーの実の両親や祖父母がイギリス生まれではないことで、先日にこの可能性も除外。そのため、現時点で同選手がプレー可能な代表はジャマイカのみとなっていた。 ▽そして、今回の代表ウィークではジャマイカ代表からの招集を受け入れたベイリーは、14日に予定されるCONCACAFネーションズリーグ予選のボネール代表戦でフル代表デビューを飾る見込みだ。 2018.10.10 14:41 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース