10人のローマが苦しみながらも2018年初白星となる7戦ぶりの勝利! ジェンギズ圧巻の電光石火セリエA初弾で逃げ切る!《セリエA》2018.02.04 22:32 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第23節、ヴェローナvsローマが4日にスタディオ・マルカントニオ・ベンテゴーディで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。▽前節、ホームでサンプドリアに敗れて泥沼のリーグ戦6試合未勝利となった5位のローマだが、今冬の移籍市場最終盤にはエメルソン・パルミエリとホナタン・シルバの左サイドバックの入れ替え移籍こそあったものの懸念事項だったエースFWゼコの残留が決定。ここから仕切り直しを図るチームは19位のヴェローナとのアウェイゲームに臨んだ。サンプドリア戦からはファン・ジェズスに代えてファシオを復帰させた以外、同じメンバーが揃った。

▽試合は開始40秒過ぎにローマがいきなり試合を動かす。ボックス手前右でペッレグリーニの競ったボールを拾ったジェンギズが巧みなステップワークから内に切り込んで左足を一閃。鋭いシュートがゴール右隅に突き刺さり、“トルコのディバラ”と評されるレフティーの鮮烈なセリエA初ゴールが決まった。

▽ジェンギズの電光石火弾でリードを手にしたローマは、ナインゴランをトップ下に配した[4-2-3-1]の新布陣で前からアグレッシブにプレスをかける能動的なスタイルでリズムを掴む。

▽この流れの中でゼコがうまく起点を作りながら、ナインゴランやコラロフ、ストロートマンが積極的にフィニッシュに顔を出すが、粘るヴェローナの守備を前になかなか追加点が奪えない。逆に31分には相手のカウンターからマトスに鋭いミドルシュートを浴びるが、これは枠の左に外れた。その後、前半終盤の37分と38分にはエル・シャーラウィとゼコのコンビで続けてゴールに迫るが、相手GKの好守などに遭い1-0のスコアで前半を終えた。

▽後半も立ち上がりからボックス内のゼコが反転シュートでゴールに迫るなど、まずまずの入りを見せたローマ。しかし、51分には相手のカウンターの場面でマトスに対して後方からスライディングタックルを見舞ったペッレグリーニにレッドカードが掲示され、一発退場に。1点のリードがあるものの残り40分を10人で戦うことになった。

▽それでも、ナインゴランやゼコを起点にボールをキープしながら押し込む展開を継続するローマは危なげない試合運びを見せる。時折、与える相手のカウンターチャンスもきっちり攻撃を遅らせて可能性のないミドルシュートやクロスで相手の攻撃を終わらせる。

▽その後、疲れの見えたジェンギズ、エル・シャーラウィの両翼を下げてジェルソン、ペロッティと交代カードを切る中、73分には絶好の決定機が訪れる。ボックス手前で不用意な相手GKニコラスのパスをカットしたゼコがすかさず左足のシュート。しかし、このシュートはややコースが甘くニコラスのセーブに遭う。

▽その後、相手の猛攻を凌ぎながら試合終盤にはコラロフとストロートマンのロングカウンターで絶好機を演出するも、試合はこのままタイムアップ。後半序盤の退場で10人の戦いを強いられながらも粘り強い戦いで逃げ切ったローマが待望の2018年公式戦初白星と共にリーグ7戦ぶりの勝利を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、ザニオーロとの新契約で合意か! 6倍の昇給に

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)が、クラブとの新契約に合意したようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。 シーズン序盤にトップ下と右ウイングのポジションでレギュラーを掴むと、ここまで公式戦28試合に出場し5ゴール2アシストの数字を残している。さらに、ローマでの活躍が評価されてイタリア代表に招集されると、23日のユーロ2020予選グループJ第1節のフィンランド代表戦では試合終盤の途中出場でフル代表デビューも飾っている。 その超逸材に関してはレアル・マドリーやユベントス、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドと国内外のビッグクラブが獲得に関心を示しているが、以前からローマ残留を希望する発言をしていた19歳はクラブとの新契約にサインすることを決めたようだ。 伝えられるところでは、現行契約で年俸30万ユーロ(約3700万円)を受け取っているザニオーロは、2023年6月までとなる新契約で6倍以上の年俸200万ユーロ(約2億4800万円)のサラリーを受け取ることになるようだ。 2019.03.24 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴディン退団濃厚のアトレティコ、マノラスに熱視線か

アトレティコ・マドリーが、ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』の情報をもとに『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 長年センターバックを務めてきたウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)の契約が今シーズン限りとなっているアトレティコ。ウルグアイ代表DFは同クラブ退団で既に合意しているとも伝えられており、インテル移籍が近づいているようだ。 そして、アトレティコは後釜確保に動いており、マノラスに熱視線を送っているという。また、同選手の推定契約解除金は3600万ユーロ(約45億4000万円)であり、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスからの関心も伝えられている。 2014年にオリンピアコスからローマへ加入したマノラス。189cmという恵まれた体躯と鋭い読み、抜群の瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨し続け、今シーズンの公式戦29試合に出場している。 2019.03.23 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

フロレンツィがイタリア代表を離脱… 31日の“デルビー・デル・ソーレ”も欠場が濃厚《ユーロ2020予選》

イタリアサッカー連盟(FIGC)は22日、ローマMFアレッサンドロ・フロレンツィが同国代表から離脱したことを発表した。 FIGCの発表によれば、フロレンツィは21日に行われたトレーニング中に左足ふくらはぎを負傷。22日の朝に代表チームを離れ、所属先のローマで治療に取り掛かっているという。 また、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、フロレンツィの復帰には数週間を要し、31日に行われるセリエA第29節ナポリとの“デルビー・デル・ソーレ”は欠場することが濃厚だという。 イタリアは23日にユーロ2020予選初戦のフィンランド代表戦を戦い、26日に第2戦のリヒテンシュタイン代表戦を戦う。 2019.03.23 02:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがナチョ獲得に動く? ミリトン加入でチャンス到来

ローマが、レアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(29)に関心を寄せているようだ。『フットボール・イタリア』がスペイン『アス』の情報をもとに伝えている。 昨夏に引き続き、ローマの照準はスペイン代表DFに絞られているようだ。モンチSD(スポーツ・ディレクター)が退団したことで補強方針に多少の変化が予想されるローマだが、ナチョへの関心は変わらず今夏にも獲得に動く可能性が高いという。 ユースからマドリーで過ごすナチョだが、今季は公式戦24試合の出場と、やや物足りない成績となっている。加えて、マドリーが新たにブラジル代表DFエデル・ミリトンを獲得したことで、来季はさらに出場機会を減らす恐れがあることも、ナチョが移籍に動く理由であるとメディアは指摘している。 ナチョの契約は2020年まで。30歳手前にして新たなステップに挑戦することに何ら不思議はない。 2019.03.22 16:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、フランクフルトやリーズも注視するPSVの若手MFロンバイクに興味

ローマが、PSVのU-19オランダ代表MFジャスティン・ロンバイク(19)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じた。 ロンバイクは、PSVのU-21チームに所属しており、中盤の攻撃的なポジションを主戦場としている。PSVのユースで育ち、U-16から世代別のオランダ代表に招集。U-19オランダ代表としては、2017年のユーロにも出場していた。 ローマは、スポーツディレクターを務めていたモンチ氏が退任し、新たにリッキー・マッサーラ氏が就任。ロンバイクはマッサーラ氏の目に留まったようだ。 ロンバイクとPSVの契約は2019年6月に切れるため、フリートランスファーで獲得できる掘り出し物。しかし、PSVも新契約の締結に動いているともされる。 また、ローマ以外にもフランクフルトとリーズ・ユナイテッドが興味を示しているとされ、PSVを含めた獲得競争に出ることになるようだ。 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース