マラガ、ヘタフェ元主将MFラセンがフリーで加入!2018.02.03 22:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは3日、先日にヘタフェとの契約を解消した元アルジェリア代表MFメディ・ラセン(33)が今シーズン終了までの契約で加入したことを発表した。

▽パリ出身のラセンは2005年に加入したアラベスでスペインでのキャリアをスタート。その後、ラシン・サンタンデールを経て2011年にヘタフェに完全移籍。ヘタフェでは中盤の主力として長らく活躍し、近年は主将も務めて昨季のリーガエスパニョーラ昇格にも貢献していた。

▽しかし、今季は序盤から出場機会を失うと、ここまでリーグ戦4試合の出場にとどまっていた。これを受けて、クラブとの契約を双方合意の下で解消したラセンは、現在リーガ最下位に低迷するマラガに新天地を求めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ラスト10分の2Gで逆転勝利のバレンシアが3位死守! …最下位マラガは9戦勝ちなし《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節のマラガvsバレンシアが17日に行われ、1-2でバレンシアが勝利した。 ▽連敗中で8戦勝ちのない最下位マラガ(勝ち点13)が、前節のレバンテ戦を3-1で制し公式戦7戦ぶりの勝利を手にして泥沼を抜け出した3位バレンシア(勝ち点43)をホームに迎えた一戦。 ▽バレンシアは勝利を逃がせば今節中に4位レアル・マドリー(勝ち点42)にかわされる可能性のある試合に向けて、前節からスタメンを2名変更。モントーヤ、コンドグビアに代えて、ムリージョ、コクランを起用した。 ▽試合はバレンシアが主導権を握る入りをみせる。6分、セットプレーの流れから左サイドのコクランがアーリークロスを供給。しかし、サンティ・ミナのヘディングシュートは枠を捉えない。 ▽その後もサイドからのクロスを中心に攻撃を行うバレンシアに対して、マラガはボックス内にディフェンダーを密集させて跳ね返し続ける。徐々にマラガがボールを持てるようになると、27分に左CKを獲得。すると、レシオのクロスは中央の密集地帯を抜けて、待ち構えていたイデイェの足下に届く。これをゴールに蹴り込んだ。なお、今冬に加入したイデイェにとっては、これがリーガでの初ゴールとなっている。 ▽勢いに乗るマラガは、36分にも右CKを獲得。キッカーをレシオが務めると再びイデイェがターゲットに。しかし、イデイェが放ったヘディングシュートはバーを越えていく。 ▽追いつきたいバレンシアは、前半終了間際の45分に左サイドでボールを持ったゴンサロ・ゲデスが中央にカットイン。そのままボックス手前からのミドルシュートを放っていくが、枠を捉えることはできず。マラガが1点のリードで試合を折り返すことに成功した。 ▽後半に入ってもバレンシアがペースを掴み切れずにいると、56分にセットプレーからネスティリがネットを揺らす。しかし、ボックス内の混戦の中でファウルがあったとして、ゴールは認められなかった。 ▽流れを変えたいマルセリーノ監督は60分、2トップのサンティ・ミナとビエットに代えてザザとロドリゴ・モレーノを投入。明確に攻撃の改善を求めるメッセージを送った。 ▽それでもなかなかマラガの牙城を崩すには至らなかったが、80分に左CKを獲得。キッカーのパレホがニアに供給すると、マークをはがしたコクランが頭で合わせてネットを揺らした。試合は同点に。 ▽さらに85分、カウンターの場面でゴンサロ・ゲデスのラストパスに抜け出したロドリゴが、ボックス内でミケルに倒される。これによりミケルには退場処分が下り、バレンシアに与えられたPKをパレホが決めて逆転。わずか5分間の逆転劇となった。 ▽その後、形勢を逆転されたマラガは攻勢をかけようとするが、再びバレンシアのゴールネットを揺らすことができないまま試合が終了。この結果、バレンシアは連勝を飾り3位を死守。対するマラガはホームで手痛い逆転負けを喫し、3連敗に。掴みかけていた9戦ぶりの勝利を逃がすこととなった。 2018.02.18 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、グリーズマン電光石火弾守り抜き3戦連続無失点勝利! 《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第23節のマラガ戦をアウェイで行い、1-0で勝利した。 ▽直近のリーガ5試合負けのない2位アトレティコ(勝ち点49)が、7試合勝ちのない最下位マラガ(勝ち点13)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽アトレティコは1-0で勝利した前節のバレンシア戦からスタメンを4名変更。ゴディン、サビッチ、カラスコ、コレアに代えてフィリペ・ルイス、ホセ・ヒメネス、ガビ、ビトロを起用した。 ▽試合は開始早々にアトレティコが動かす。キックオフ直後の1分、サウールがボックス手前からミドルシュートを放つと、相手DFにブロックされたボールがボックス内に転がる。反応したグリーズマンがGKロベルトとの一対一を制し、電光石火の先制弾とした。 ▽アトレティコはその後、守備に重心を置きつつ機を見て攻撃を繰り出していく。16分には右サイドを上がったヴルサリコのアーリークロスにボックス内のジエゴ・コスタがボレーで合わせるが、枠には飛ばない。 ▽それでも38分、マラガはアトレティコ陣内左サイドで得たスローインの流れから、ケコがボックス内中央に鋭いクロスを供給。するとボックス内に混戦がもたらされたが、味方がボールを収めることはなく得点には繋がらなかった。 ▽アトレティコはマラガにボールを持たせつつも決定的な場面ではやらせず、リードを守る形で試合を折り返していく。 ▽ホームで白星を挙げたいマラガは、後半の初めにもチャンスを得る。50分、アトレティコ陣内やや左で獲得したFKのキッカーをロサレスが担当すると、右足を振り抜いて強烈なシュートを浴びせる。しかし、ゴール左上隅を捉えたシュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 ▽さらに63分にも、ボックス手前でボールを持ったネスティリがドリブルで前に侵攻してシュートを放つ。しかし、これも得点に至らない。 ▽リードしているアトレティコも決定機を手にすることが出来ず。マラガがやや活発に動いているものの、お互いにチャンスを生み出せない時間が続く。 ▽結局、1-0のスコアで試合が終了。この結果、アトレティコは3戦連続無失点勝利でリーガ6試合負けなしに。対するマラガは連敗に突入し、リーガ8試合勝ちなしとなった。 2018.02.11 02:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ワトフォードのナイジェリア代表FWサクセスがマラガへレンタル

▽マラガは31日、ナイジェリア代表FWイサーク・サクセス(22)をワトフォードからレンタルで獲得したことを発表した。契約は今季終了時まで。 ▽ウディネーゼやグラナダの下部組織でユース時代を過ごしたサクセスは2016年夏にワトフォードに加入。昨シーズンはリーグ戦19試合に出場したものの、今シーズンはケガの影響もあり、公式戦の出場はEFLカップでの1試合のみとなっていた。 ▽ナイジェリア代表としては、昨年3月のセネガル代表戦でデビュー。これからの成長が期待される選手だ。 2018.02.01 02:36 Thu
twitterfacebook
thumb

マラガ、ナイジェリア代表FWイデイェを天津泰達からレンタルで獲得

▽マラガは24日、中国スーパーリーグの天津泰達に所属するナイジェリア代表FWイデイェ・ブラウン(29)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ソショーやディナモ・キエフで活躍後、2014年夏にWBAのクラブ史上最高額の移籍金で加入したストライカーのイデイェは、プレミアリーグでは4ゴールと結果を残せず、翌年にオリンピアコスへ移籍。そのオリンピアコスでは公式戦65試合に出場して28ゴール10アシストと結果を残し、2017年冬に天津泰達に移籍していた。しかし、天津泰達ではリーグ戦14試合の出場で4ゴールと思うような結果を残せずにいた。 ▽移籍先のマラガは20試合を消化したリーガエスパニョーラで最下位に沈み、リーグ最低の14ゴールと得点力に問題を抱えている。 2018.01.25 02:11 Thu
twitterfacebook
thumb

乾途中交代のエイバルが下位相手に痛恨のドロー… マラガはホセ・ゴンサレス新監督の初陣を勝利で飾れず《リーガエスパニョーラ》

▽日本代表FW乾貴士の所属するエイバルは22日、リーガエスパニョーラ第20節でマラガと対戦し、1-1の引き分けに終わった。乾は72分までプレーしている。 ▽8位エイバル(勝ち点27)が、14日にホセ・ゴンサレス新監督を招へいした19位のマラガ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。前節のアトレティコ・マドリー戦でリーグ戦8試合ぶりの黒星を喫したエイバルは、その試合から先発を2人変更。セルジ・エンリクとラミスに代えてキケ・ガルシアとアルビージャを先発で起用した。 ▽雨の降りしきる中でスタートした一戦は、立ち上がりからホームのエイバルが押し込む展開に。すると5分、相手DFのクリアをボックス手前で拾ったホセ・アンヘルがワントラップからボレーシュートで狙ったが、ドライブ回転がかかったボールはわずかにクロスバーの上に外れた。 ▽対するマラガは16分、中盤でカパのバックパスをカットしたネスティリがドリブルでカウンターを仕掛ける。大きなストライドのドリブルでボックス左まで侵攻したネスティリは、飛び出したGKドミトロビッチの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制を許したエイバルの反撃は30分。ホセ・アンヘルのクロスがボックス手前でバウンドすると、このボールがゴール前へ。これに反応したシャルレスがダイレクトシュートで押し込むも、これは飛び出したGKロベルトの体を張ったブロックに阻まれた。 ▽マラガリードで迎えた後半、エイバルは51分にアクシデント。右ハムストリングを痛めたパウロ・オリベイラが自ら交代を要求。ラミスをスクランブル投入する事態となった。すると56分、最終ラインのラミスが横パスをカットされると、ゴール前まで持ち込んだアドリアンにシュートを許したが、GKドミトロビッチの好セーブで難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだエイバルは、直後にアレホを下げてオレジャーナを投入。さらに72分には、乾を下げてベベをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使いきった。すると76分、左サイド深くでボールを受けたベベが高速クロスを供給。これをゴール前のキケ・ガルシアが流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽同点弾で勢いづく86分、スルーパスからゴールエリア左横に抜け出したシャルレスが右足を振り抜くも、これはGKロベルトがファインセーブで防ぐ。結局、試合はそのまま1-1で試合終了。エイバルは下位相手に痛恨の取りこぼし。一方のマラガは、リーグ戦連敗を止めたがホセ・ゴンサレス新監督の初陣を白星で飾ることができなかった。 2018.01.23 06:58 Tue
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース