スペイン代表指揮官、マドリーでベンチを温める2選手に「心配している」2018.01.30 09:11 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン代表を率いるフレン・ロペテギ監督が、レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコと同国代表MFマルコ・アセンシオの現状を危惧している。スペイン『マルカ』が報じた。

▽スペイン代表に名を連ねるイスコとアセンシオは、今夏に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りが期待されている。しかし現在、所属元のレアル・マドリーでは両選手ともにベンチを温める機会が多く、リーグ戦では17試合に出場するも限られた出場機会となっている。

▽この現状を受けて、ロペテギ監督は「彼らが再びプレー機会を与えられると思っている。ただ、現状では両選手ともにプレー時間は十分ではない。そのことを心配している」とコメント。W杯に向けて、イスコとアセンシオの試合勘が不足していると指摘した。

▽また、今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーに復帰したFWジエゴ・コスタについては「彼のパフォーマンスに驚きはない。次の代表メンバーには名前があるだろう」と、同選手の代表復帰に太鼓判を押した。

コメント

関連ニュース

thumb

シルバがスペイン代表を引退、2010年W杯と2度のユーロ優勝に貢献

▽マンチェスター・シティのMFダビド・シルバ(32)が13日、スペイン代表からの引退を発表した。 ▽2006年11月にスペイン代表デビューを飾ったシルバはこれまで129試合に出場して37ゴールを記録。ユーロ2008、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012の優勝に貢献していた。また、先月行われていたロシアW杯では全4試合に先発していた。 ▽そのシルバは自身のソーシャルメディアを通じて以下のようなコメントを掲載した。 「スペイン代表で成し遂げたことをとても誇りに思っている。この決断を下すのは僕のキャリアにとって最も難しかった。僕は永遠に記憶されるチームでプレーし、夢を見ることができた。経験したことをここに全て書くのは難しい。ただ、代表は僕に全てを与えてくれ、選手として人として成長させてくれた。ルイス・アラゴネスのような偉大な監督と過ごしたことなど、誇りと幸せを感じながら、たくさんの思い出が詰まった代表でのプレーを終わらせようと思う」 ▽スペイン代表ではロシアW杯後、MFアンドレス・イニエスタ、DFジェラール・ピケらが同代表からの引退を発表している。 2018.08.14 02:47 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯&ユーロ優勝に貢献したピケがスペイン代表を引退

▽バルセロナのDFジェラール・ピケ(31)が11日、スペイン代表からの引退を明言した。 ▽翌日にセビージャとのスーペル・コパを控える前日会見に出席したピケは代表引退について聞かれ、次のようにコメントしている。 「既にルイス・エンリケには代表でプレーすることはないと伝えてある。1週間前に彼と話し、しっかり考えての決断だと伝えた。ユーロとワールドカップはとても素晴らしい舞台で特別な経験をしたが、もうその舞台に立つことはない」 ▽ピケは2009年2月に代表デビュー。これまで105試合に出場して5ゴールを記録し、2010年南アフリカ・ワールドカップと、ユーロ2012でスペインを優勝に導く活躍を見せていた。また、先月行われていたロシアW杯では全4試合にフル出場していた。 2018.08.12 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

争いがし烈過ぎる…マドリーGKカシージャ、セビージャ移籍へ?

▽レアル・マドリーの元スペイン代表GKキコ・カシージャ(31)に、セビージャからオファーが届いているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽セビージャは今夏、GKセルヒオ・リコをフルアムにレンタルで、GKダビド・ソリアをヘタフェに完全移籍で放出した。先月6日には、新守護神候補のチェコ代表GKトマシュ・バシリクをバーゼルから獲得したものの、トップチームのゴールキーパーは今のところ同選手のみだ。 ▽また、マドリーは今夏、若きウクライナ代表GKアンドリー・ルニン、そしてロシア・ワールドカップでもゴールデン・グローブに輝いたGKティボー・クルトワを獲得。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献したコスタリカ代表GKケイロル・ナバスや、ジネディーヌ・ジダン前監督の次男で下部組織出身のGKリュカ・ジダンも含めると、カシージャは現時点で4人の選手とポジションを争う事態となっている。 ▽上記の経緯から、『マルカ』はカシージャとセビージャの思惑が合致すると報道。既にセビージャからのオファーが届いており、昨シーズン終了直後に移籍の可能性を排除していたカシージャも考慮せざるを得ない状況となっている。 ▽マドリーの下部組織で育ったカシージャは2015年夏にエスパニョールから復帰し、守護神であるK・ナバスの控えとしてプレー。昨シーズンは、公式戦17試合に出場した。 2018.08.10 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヤングなでしこ、セットプレーからの失点で欧州王者スペインに惜敗…《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は9日、FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)2018グループC第2節でU-20スペイン代表と対戦し、0-1で敗戦した。 ▽6日に行われた初戦のU-20アメリカ代表戦をMF林穂之香のロングシュート弾で勝利した日本は、前節同様にフラットな[4-4-2]を採用。GKに鈴木あぐり、4バックに右から牛島理子、高橋はな、南萌華、北村菜々美、中盤に右から宮澤ひなた、長野風花、林穂之香、遠藤純、2トップに宝田沙織と村岡真実と並べた。 ▽集中した入りを見せた日本は9分、右クロスをボックス手前で村岡が競り合うと、こぼれ球を拾った遠藤がボックス左から侵攻。ブロックに入った相手DFを切り返しでかわしたが、シュートは飛び出した相手GKのブロックに防がれた。 ▽良い立ち上がりを見せた日本だが、16分にセットプレーから失点を許す。左CKの混戦から最後はメナヨにボールを押し込まれた。 ▽先制を許した日本の反撃は27分、ボックス左で長野からのパスを受けた村岡が相手GKの位置を確認し、ループ気味のシュートでゴール右隅を狙ったが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 ▽1点ビハインドで後半を迎えた日本は、59分に宝田と村岡を下げて宮川麻都と植木理子を投入する2枚替えを敢行。すると61分、植木がボックス左手前で倒されFKを獲得。しかし、長野のFKはスペインの壁に当たってしまった。 ▽その後も何度かスペインゴールに迫った日本だが、同点弾を挙げることが出来ず。結局、試合は0-1のまま終了。1勝1敗となった日本は、2大会連続の決勝トーナメント進出を懸けて13日にU-20パラグアイ女子代表と対戦する。 2018.08.10 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月7日は、バルセロナとの争奪戦制しマドリーが獲得した未完の大器のバースデー

◆ダニ・セバージョス 【Profile】 国籍:スペイン クラブ:レアル・マドリー 誕生日:1996年8月7日 ポジション:MF 身長:179㎝ 体重:65㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月7日は、レアル・マドリーのスペイン人MFダニ・セバージョスだ。 ▽2004年にセビージャのユースに入団したセバージョスは、喘息の問題や体格に難を抱えて戦力外通告を受け、退団。しかし、その後フィジカルトレーニングに精を出し、2011年にはベティスのユースチームに加入し、2014年4月に17歳にしてトップチーム昇格を果たした。 ▽チームでファン・メリーノ氏、ペペ・メル氏の指導を受けてベティスで背番号10を背負うようになったセバージョスは、各年代のスペイン代表としても活躍。U-19カテゴリでは欧州選手権優勝、U-21カテゴリの欧州選手権でも準優勝に貢献し、大会最優秀選手に輝いた。 ▽バルセロナとの争奪戦の末、レアル・マドリーは2017年夏にセバージョスを獲得。ここまで満足のいく出場機会は得られていないものの、新シーズンから指揮を執るフレン・ロペテギ監督はスペイン人の若手を寵愛することでも知られており、セバージョスにも期待がかかっている。 ※誕生日が同じ主な著名人 フロリアン・グリリッチュ(サッカー選手/ホッフェンハイム) ハモン・ロペス(サッカー選手/無所属) 巻誠一郎(サッカー選手/ロアッソ熊本) 大崎玲央(サッカー選手/ヴィッセル神戸) 宮吉拓実(サッカー選手/北海道コンサドーレ札幌) 安在和樹(サッカー選手/サガン鳥栖) 荒木隼人(サッカー選手/サンフレッチェ広島) タビナス・ジェファーソン(サッカー選手/川崎フロンターレ) マイク・トラウト(野球選手) 司馬遼太郎(小説家) ジミー・ウェールズ(ウィキペディア創始者) アラン・コルノー(映画監督) シャーリーズ・セロン(女優) 梶原雄太(お笑い芸人/キングコング) 2018.08.07 07:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース