メッシとマラドーナはどっちが上? アルゼンチン大統領が支持するのは…2018.01.24 16:21 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン大統領が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏を上回っているとの見解を示した。ロシアテレビ局『RT』の番組に出演した際に語っている。

▽21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節ベティス戦(バルセロナが)で2ゴールを決め、リーガの選手として初めて10シーズン連続となる公式戦25ゴール以上を達成したメッシ。改めてクラブでの異次元の活躍を印象付ける記録となったが、アルゼンチン代表としても“メシア”(救世主)たる活躍をしたことは記憶に新しい。

▽2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝でドイツ代表と熱戦の末、0-1で準優勝となったアルゼンチンは、その次の大会の出場をかけたロシアW杯南米予選でまさかの大苦戦。出場の切符を確保できずに最終節のエクアドル代表戦を迎えることとなった。

▽しかし、その勝利のみが求められる決戦で、エースのメッシが大活躍。エクアドルに先制点を許してしまった難しい状況からハットトリックを決め、チームを3-1での大逆転勝利に導き、W杯出場権獲得という国民の期待に応えてみせた。

▽アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領は、今年開催されるW杯のホスト国であるロシアを訪れ、『RT』に出演。国のトップである同氏が公の場で、母国の英雄と比較してメッシを上位に位置付けた。

「私は(リオネル・)メッシに関して、(ディエゴ・)マラドーナよりも優れているという見解を持っています。一貫性やゴール数において、そしてフットボールのような世界では全てが進歩しているということも挙げられます」

「メッシや全ての選手を、私たちは信用しています。しかし大会は難しいもので、アルゼンチン国民は(前回大会で)世界チャンピオンになれなかったという落胆を忘れなければなりません。問題にしないことです」

▽アルゼンチン代表として通算90試合34ゴールを記録し、1986年にはW杯優勝の立役者となったマラドーナ。対するメッシは通算123試合61ゴールを決めながらもタイトルは獲得できておらず。大統領までもを巻き込む“どちらが史上最高か”という議論は様々な見解が飛び交っているが、次のW杯のタイトル如何で一端の決着を迎えることとなるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

コパ・アメリカ、ポッド分けが決定 日本代表はポッド3

南米サッカー連盟(CONMEBOL)が18日、6月に開催されるコパ・アメリカ2019のポット分けを発表した。 ブラジル開催となる今年のコパ・アメリカは6月14日〜7月7日まで開催。CONMEBOL加盟国である10カ国のほか、1999年以来2度目の出場となる日本代表とカタール代表が招待国として参戦する。 日本代表はベネズエラ代表やパラグアイと同じポッド3に。カタール代表はポッド4に入ったが、日本代表とグループステージで同組にならないという。なお、抽選会は24日に行われる。 ◆ポッド1 ブラジル代表(3位) ウルグアイ代表(7位) アルゼンチン代表(11位) ◆ポッド2 コロンビア代表(12位) チリ代表(13位) ペルー代表(20位) ◆ポッド3 ベネズエラ代表(31位) パラグアイ代表(32位) 日本代表(50位) ◆ポッド4 エクアドル代表(57位) ボリビア代表(59位) カタール代表(93位) ※カッコ内はFIFAランキング 2019.01.19 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レジェンドだらけのアルゼンチン代表、元主将・アジャラ氏がコーチ就任

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は11日、アルゼンチン代表のスタッフにロベルト・アジャラ氏(45)を招へいしたことを発表した。 アジャラ氏は、現役時代にリーベル・プレートやナポリ、ミラン、バレンシア、レアル・サラゴサ、ラシン・クラブでプレー。バレンシアではディフェンスリーダーとして活躍し、2001-02シーズン、2003-04シーズンのリーガエスパニョーラ、2003-04シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を制していた。 アルゼンチン代表では、キャプテンを務めるなど、116試合に出場し7ゴールを記録。ワールドカップは、1998年のフランス大会、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会で招集され、10試合プレーしていた。 リオネル・スカローニ監督が率いるアルゼンチン代表は、アジャラ氏の他、ローマやインテルで活躍したワルテル・サムエル氏、アジャラ氏と同じバレンシアで一時代を築いたパブロ・アイマール氏がコーチを務めている。 2019.01.11 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

マラドーナ氏、胃の内出血により緊急入院

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が緊急入院していたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 現在58歳のマラドーナ氏は母国アルゼンチンで定期健診を受けている。今回、医師の診察により胃の中で内出血を起こしていることが判明し、入院に至った。とはいえ、既に退院しており、マラドーナ氏の娘であるダルマさんも深刻ではないとコメントしている。 マラドーナ氏は、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表がナイジェリア代表を2-1で撃破して劇的な決勝トーナメント進出を決めた際にも、体調が悪化。首が痛み、代償不全に陥ったことを明かしていたが、その後に「元気だ」と心配の声に応えていた。 2019.01.05 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

代表から遠ざかるメッシ、コパ・アメリカで復帰か

▽バルセロナに所属するFWリオネル・メッシ(31)に来夏のコパ・アメリカでアルゼンチン代表復帰の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽メッシは今夏のロシア・ワールドカップを最後に代表から遠ざかっている。だが、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカで代表復帰のプランを思い描いているのかもしれない。 ▽そのメッシはスペインで行われたコパ・リベルタドーレス2ndレグを観戦後、アルゼンチンサッカー協会(AFA)のクラウディオ・タピア会長と手短ながら代表復帰を話し合ったという。 ▽タピア氏は「レオが代表から去ることは絶対にないと思っている。だから、いつか戻ってくることに疑いはない」とコメント。今後の代表復帰に含みを持たせたとのことだ。 ▽バルセロナの絶対的エースに君臨するメッシは2005年にA代表デビュー。通算128試合65得点の成績を誇るが、クラブと打って変わり、代表でタイトルから縁遠い。 ▽メッシはコパ・アメリカに過去4度出場。そのうち3回の準優勝に終わっている。果たして、5度目のコパ・アメリカ参戦なるか。今後の動向から目が離せない。 2018.12.30 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月21日は、現役時代は「7つの肺を持つ男」と評された元アルゼンチン代表MFのバースデー

◆マティアス・アルメイダ 【Profile】 国籍:アルゼンチン 誕生日:1973年12月21日 クラブチーム:サンノゼ・アースクエイクス(アメリカ) 役職:監督 身長:173㎝ 体重:70㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月21日は元アルゼンチン代表MFマティアス・アルメイダ氏だ。 ▽ブレノスアイレス州出身のアルメイダは、1991年に地元リーベル・プレートのトップチームに昇格してプロキャリアをスタートした。1996年にリーグ優勝を果たした後、セビージャを経てラツィオに加入。在籍3年間でセリエAを1度、コッパ・イタリアを2度制覇してラツィオの黄金期を築いた。 ▽その後、パルマ、インテル、ブレシアとラツィオ時代を含めて7年間イタリアのクラブを渡り歩き、2005年にアルゼンチンのキルメスで現役を引退した。しかし、そこから2007年にノルウェーのリンで現役復帰して、1年間プレーした後に再び現役引退。さらに、2009年に36歳で当時アルゼンチン4部のフェニックスで2度目の現役復帰を果たすと、同年8月に古巣であるリーベル・プレートに移籍して2シーズンプレーして、現役引退と同時に同クラブの指揮官に就任した。 ▽アルゼンチン代表としてはフランス・ワールドカップや日韓・ワールドカップのメンバーに選出されるなど35試合に出場。豊富な運動量と機動力を武器に中盤の底でチームに安定感をもたらすプレーに「7つの肺を持つ男」「二つの心臓と四つの肺をもつ男」とも称された。人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』で長い間スタミナの能力値がMAX値である99が与えられてたことを想像すれば、どれだけの運動量の持ち主であるか理解に難くないだろう。 ▽指導者としては、リーベル・プレート、バンフィエルドの監督を経て、昨シーズンはグアダラハラを初の北中米カリブ海王者に導いている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ベン・チルウェル(サッカー選手/レスター) 松浦拓弥(サッカー選手/ジュビロ磐田) TAKUYA∞(歌手/UVERworld) 草野マサムネ(歌手/スピッツ) 本木雅弘(俳優/元シブがき隊) 関口和之(ミュージシャン/サザンオールスターズ) 恵俊彰(芸人/ホンジャマカ) 片岡鶴太郎(タレント) 2018.12.21 07:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース