メッシとマラドーナはどっちが上? アルゼンチン大統領が支持するのは…2018.01.24 16:21 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン大統領が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏を上回っているとの見解を示した。ロシアテレビ局『RT』の番組に出演した際に語っている。

▽21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節ベティス戦(バルセロナが)で2ゴールを決め、リーガの選手として初めて10シーズン連続となる公式戦25ゴール以上を達成したメッシ。改めてクラブでの異次元の活躍を印象付ける記録となったが、アルゼンチン代表としても“メシア”(救世主)たる活躍をしたことは記憶に新しい。

▽2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝でドイツ代表と熱戦の末、0-1で準優勝となったアルゼンチンは、その次の大会の出場をかけたロシアW杯南米予選でまさかの大苦戦。出場の切符を確保できずに最終節のエクアドル代表戦を迎えることとなった。

▽しかし、その勝利のみが求められる決戦で、エースのメッシが大活躍。エクアドルに先制点を許してしまった難しい状況からハットトリックを決め、チームを3-1での大逆転勝利に導き、W杯出場権獲得という国民の期待に応えてみせた。

▽アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領は、今年開催されるW杯のホスト国であるロシアを訪れ、『RT』に出演。国のトップである同氏が公の場で、母国の英雄と比較してメッシを上位に位置付けた。

「私は(リオネル・)メッシに関して、(ディエゴ・)マラドーナよりも優れているという見解を持っています。一貫性やゴール数において、そしてフットボールのような世界では全てが進歩しているということも挙げられます」

「メッシや全ての選手を、私たちは信用しています。しかし大会は難しいもので、アルゼンチン国民は(前回大会で)世界チャンピオンになれなかったという落胆を忘れなければなりません。問題にしないことです」

▽アルゼンチン代表として通算90試合34ゴールを記録し、1986年にはW杯優勝の立役者となったマラドーナ。対するメッシは通算123試合61ゴールを決めながらもタイトルは獲得できておらず。大統領までもを巻き込む“どちらが史上最高か”という議論は様々な見解が飛び交っているが、次のW杯のタイトル如何で一端の決着を迎えることとなるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

テベス、メッシとの再会に「彼は幸せな気分にしてくれる」

▽ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの再会を楽しみにしているようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽毎年8月バルセロナが主催し、本拠地カンプ・ノウに国内外からクラブを招いて行われるジョアン・ガンペールカップ。今回はボカ・ジュニアーズが招待されて、両者は15日に対戦する。 ▽ボカ・ジュニアーズのテベスは、かつてのアルゼンチン代表のチームメイトであるメッシについて言及。敵味方関係なく、同じピッチで共にプレーできる喜びを語った。 「彼とプレーすることは、常に美しいことだよ。共にプレーする時、幸せな気分にさせてくれるんだ」 「それが(相手として)対戦する時であろうと、(チームメイトとして)近くでプレーを観れる時であろうとね。今回もきっと幸せにしてくれるはずさ」 2018.08.15 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、年内アルゼンチン代表不参加へ…このまま代表引退の可能性も?

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、年内の代表活動を休止する決断を下したようだ。スペイン『マルカ』がアルゼンチン『TNT Sports』を引用して伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16敗退に終わったアルゼンチン代表。W杯終了後、ホルヘ・サンパオリ監督を解任し、現在はリオネル・スカローニ氏が暫定的に指揮を執っている。 ▽そんなアルゼンチン代表は9月7日にグアテマラ代表、同月11日にコロンビア代表、10月にはブラジル代表と国際親善試合で対戦。今回伝えられるところによると、メッシはこれらの試合に出場しない見込みのようだ。2019年にブラジルで開催されるコパ・アメリカへの出場も不透明だという。 ▽これまでロシアW杯が自身の唯一手にしたことがない主要タイトル獲得の「最後のチャンス」と語り、W杯終了後の世代交代についても言及してきたメッシ。このまま代表引退となる可能性もあるだけに、今後どのような決断を下すのか注目だ。 2018.08.15 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月10日は、ネッラズーリの永遠の背番号「4」強烈なキャプテンシーを備えたアルゼンチンの英雄

◆ハビエル・アデマール・サネッティ 【Profile】 国籍:アルゼンチン クラブ:インテルなど 誕生日:1973年8月10日 ポジション:DF 身長:178㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月10日は、元アルゼンチン代表DF[ハビエル・サネッティ氏だ。 ▽1991年に母国のタジェレスでプロキャリアをスタートさせたサネッティはCAバンフィエルドを経て1995年にインテルに移籍。強烈なキャプテンシーでチームをまとめ上げ、インテルでは5回のセリエA制覇、4度のコッパ・イタリア優勝、2009-10シーズンにはチャンピンズリーグ優勝も成し遂げ、ネッラズーリの黄金時代を築いた。 ▽インテルでは、イタリアのクラブでプレーする外国人選手として最多となる公式戦出場857試合の記録を保持。さらに、1994年にデビューしたアルゼンチン代表では歴代最多の公式戦145試合に出場した鉄人だ。 ▽そんなサネッティは2014年に現役を引退し、長年身に着けていた背番号「4」が永久欠番に。現在はインテルの副会長を務めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 角野卓造(俳優) 筧利夫(俳優) 北澤豪(元サッカー選手/解説者) ロイ・キーン(元サッカー選手/指導者) 安倍なつみ(歌手/元モーニング娘。) 速水もこみち(俳優) 渡邊千真(サッカー選手/ヴィッセル神戸) ベン・サハル(サッカー選手/ハポエル・ベエルシェバFC) 門脇麦(女優) 中島裕翔(アイドル/Hey! Say! JUMP) 齋藤飛鳥(アイドル/乃木坂46) ベルナルド・シウバ(サッカー選手/マンチェスター・シティ) 2018.08.10 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“スーペル・デポル”の一員であるスカローニ氏がアルゼンチン代表暫定指揮官に就任

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は2日、リオネル・スカローニ氏(40)がアルゼンチン代表を暫定的に指揮することを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップにも出場したアルゼンチン代表は、ホルヘ・サンパオリ監督が指揮を執っていた。しかし、FWリオネル・メッシの起用法などを巡り、チームは崩壊。グループステージは突破したものの、ラウンド16でフランス代表と対戦し敗戦。大会を後にしていた。 ▽ワールドカップ終了後、サンパオリ監督は解任。監督が未定だったが、来年のコパ・アメリカに向けた親善試合が行われるため、スカローニ氏が暫定的に指揮を執ることが決定した。 ▽スカローニ氏は、右サイドバックを主戦場に守備的なポジションでプレー。ニューウェルス・オールドボーイズでキャリアをスタートさせ、アルゼンチンではエストゥディアンテスでもプレー。その後はヨーロッパに活躍の場を移し、デポルティボ・ラ・コルーニャでは“スーペル・デポル”の一員として活躍。ウェストハム、ラシン・サンタンデール、ラツィオ、マジョルカ、アタランタでもプレーし、2015年7月にアタランタで現役を引退していた。 ▽リーガエスパニョーラでは通算245試合に出場し15ゴール1アシスト。セリエAでは67試合に出場し1ゴール3アシスト。チャンピオンズリーグにも54試合出場し2ゴールを記録している。 ▽アルゼンチン代表としては6キャップに終わったが、2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーに招集され、1試合に出場。ユース時代からホセ・ペケルマン監督の元でプレーしており、1997年にはワールドユースで優勝している。 ▽なお、コーチングスタッフには、かつてアルゼンチン代表として活躍したパブロ・アイマール氏とサンパオリ監督時代からGKコーチを務めていたマルティン・トカッリ氏となることも発表されている。 2018.08.03 18:56 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督が“メッシ批判疑惑”を弁明

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)期間中に流出した音声データの内容について弁明している。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ロシアW杯グループD第2節でシメオネ監督の母国、アルゼンチン代表がクロアチア代表に0-3で敗れた直後、メッセージアプリ『What's App』を通じて同監督が送った音声データが流出。アトレティコのヘルマン・ブルゴス助監督に以下のようなメッセージを送っていたことが、各紙により報じられていた。 「メッシはとても素晴らしいけど、それは(バルセロナで)素晴らしい選手たちとやっているからとても良いんだ」 「平均的なチームが(リオネル・)メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドの一方を選ぶとしたら、どちらを選ぶだろう? 」 ▽母国のエースを批判したとも取れるやり取りが流出してしまったシメオネ監督。以前は公の場でメッシを「疑う余地なく世界最高の選手」と賞賛していただけに、衝撃的なニュースとして伝えられていた。 ▽しかし、プレシーズンツアー中のシメオネ監督は、『What's App』での音声について誤解があったとして以下のように説明している。 「私はいつでもメッシを選ぶだろうね、間違いない」 「メッシとロナウドについて言及した時、“誰が世界最高の選手か”について語っているつもりはなかった。私が言っていたのは、平均的な選手たちが所属するチームには、恐らくロナウドがよりフィットするだろうということだ」 「しかし、一流選手たちに囲まれていれば、世界最高なのはメッシだ」 2018.07.29 17:45 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース