JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞2018.01.20 21:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。

▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。

▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。
(C)CWS Brains,LTD.
▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。

▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。

▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアル、暴行・監禁で逮捕のDFルベン・セメドとの契約を一時凍結

▽ビジャレアルは23日、暴力事件で逮捕されたポルトガル人DFルベン・セメド(23)との雇用関係を一時凍結することを発表した。 ▽スペイン『マルカ』によると、セメドと男2人を含めた3人は、一般男性をセメドの自宅に監禁。その間に、被害者の家に侵入し金銭や恐喝するための品を盗み出したという。 ▽被害者が警察に駆けつけた際には、打撲痕や足首のケガ見つかっており、バレンシア市民警察は20日午後にセメド容疑者ら3人を逮捕。また、3人が銃を所持していた疑いもあり、その内の1人が脅しのために2回発砲したとも伝えられている。これにより、“暴行”ではなく“殺人未遂”として起訴される可能性も。 ▽このことを把握したビジャレアルは、推定無罪の理念を尊重するとしつつ、潔白が証明されるまでセメドとの雇用を凍結。その期間中は、給与の支払いも行われない。 ▽セメドが起こした暴力事件はこれが初めてではなく、昨年11月にはクラブで口論になった相手に銃を脅しに使ったとして、逮捕されていた。既に超えてはいけないラインを越えていたが、今回の事件でさらに衆人の下で脚光を浴びるのが困難になっただろう。 ▽昨年夏の移籍市場でスポルティング・リスボンからビジャレアルに加入したセメドは、次代を担う逸材として期待されていたが、今シーズン序盤に負傷。公式戦5試合の出場に留まっていた。 2018.02.24 03:22 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFAもお手上げ? バルサ&ネイマールのボーナス巡る泥沼騒動の続きは法廷で

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールと同選手の古巣・バルセロナの間で巻き起こっているボーナス未払い騒動の仲裁から手を引くことにしたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2013年から所属するバルセロナで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐスタープレーヤーに成長を遂げたネイマールは、2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユ―ロ(現在のレートで約299億円)の移籍金でPSGに移籍。サッカー界の話題をかっさらった。 ▽新天地でもここまで公式戦29試合29ゴールと、輝かしい活躍を披露してクラブの主役に躍り出たネイマール。しかし引き換えに、欧州での出発地となったバルセロナとの間にわだかまりを作ってしまった。 ▽問題の発端は2016年10月。ネイマールは、“2017年7月末まで所属していれば2600万ユ―ロ(約34億円)のボーナスが発生する”という条項が加えられた内容で、バルセロナとの契約延長にサインした。そして、ネイマールのPSGへの移籍が発表となったのは2017年8月3日のことだ。 ▽このため、ネイマール側はボーナスを受け取る権利があると主張した。対するバルセロナは、契約条項に“選手が他クラブと交渉しないこと”、“支払いは移籍期間終了後の9月1日に行う”などの条件を設けていたと反論。もつれた議論は、ネイマール側の訴えによってFIFAに持ち込まれていた。 ▽結局、ネイマール側の訴えは2月中旬に却下に。そして今度は逆に、契約不履行としてバルセロナがネイマールに800万ポンド(約12億円)の返済を求める訴訟を起こし、問題のフィールドは法廷に移されることとなった。 ▽この件に関して、FIFAは「裁判所で行われているため不明」と述べ、スポークスマンは以下のようにコメントして仲裁から離脱することを明らかにした。 「それは認識したが、明らかに同じ議題が同じ当事者たちによって、(法廷、FIFAという)異なる組織に同時に提出された。FIFA側は当事者たちに伝えたよ…。どうやら事件について調査する立場にないということをね」 ▽ネイマールとバルセロナの論争は法廷に一本化されることに。FIFAからの罰則ではなく、法的な処罰をどちらかが受ける可能性も高まり、泥沼の騒動はさらに深刻に過熱していくかもしれない。 2018.02.24 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

自動車事故に巻き込まれたカリアリDFピザカーネが負傷…大事には至らず

▽カリアリに所属するイタリア人DFファビオ・ピザカーネが、自動車事故に巻き込まれ負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽カリアリではレギュラーとしてプレーし、今シーズンのセリエAでは17試合に出場していたピザカーネ。報道によると、カリアリのトレーニング施設であるアッセミネッロへ向かう途中、複数の車両が関わった事故に巻き込まれてしまったようだ。 ▽この事故でピザカーネは深刻なケガを負うことはなかったものの、右ヒザを切るケガをした模様。全治などはまだ判明していないが、大事には至っていないという。 ▽降格圏とは勝ち点差が離れているものの、残留を早く決めたいカリアリにとっては、主力センターバックが離脱することは痛手となりそうだ。 2018.02.22 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

踏んだり蹴ったりのシティ…アグエロが殴られる

▽リーグ1(イングランド3部相当)のウィガンにまさかの敗戦を喫したマンチェスター・シティに対して、さらなる悲劇が怒ったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンと対戦した。4冠の可能性を残すシティだったが、前半でデルフが一発退場となるなど苦しい戦いとなる。すると79分、自分たちのミスから失点を喫すると、試合終盤はGKブラーボも相手陣内に攻め込むパワープレーを見せたが及ばず。格下相手にまさかの敗戦となった。 ▽今シーズンのプレミアリーグで無類の強さを見せて首位を快走するシティに、完封勝利を収めたウィガン。この快挙にサポーターも大喜びを見せ、試合後には複数のサポーターがピッチになだれ込む事態となった。『アス』によると、ほとんどのサポーターはウィガンの選手たちの健闘を称えていたようだが、一人のサポーターだけは違う行動をとったという。 ▽そのサポーターは敗れたシティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに近づき、いきなり右ストレートを見舞った模様。これに怒り狂ったアグエロが反撃に出ようとしたところで、ウィガンのイングランド人DFシャイアン・ドンクリーが仲裁に入ったようだ。 ▽今回の事件を受けてウィガンのデイビッド・シャープ会長は「サッカーは感情的なスポーツだ。特にファンはそうだが、試合の最後にこういう光景は見たくなかった。素晴らしい結果だと思うが、もっと上品に振舞うべきであり、このような行為は好きではない」と、ファンの行動に苦言を呈している。 2018.02.20 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

アギーレ元日本代表監督が関与したとされる八百長疑惑に進展…6年間のフットボール活動禁止措置が求刑

▽かつて日本代表を指揮し、現在はUAEのアル・ワフダで指揮を執るハビエル・アギーレ氏。日本代表監督を退く要因ともなった八百長疑惑について、重い処分が求刑されることになるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽嫌疑がかかっているのは、2010-11シーズンのリーガエスパニョーラ最終節のレバンテvsレアル・サラゴサ。アギーレ監督は当時サラゴサで指揮を執っており、アギーレ監督を含む多くの選手が嫌疑をかけられている。 ▽スペイン検察は、この八百長疑惑に対し、関係者に2年間の懲役刑と6年間のフットボール活動禁止措置を勧告することを発表。しばらく動きがなかったこのスキャンダルの周囲が再び騒がしくなりそうだ。 ▽今回の八百長疑惑には、アギーレ監督以外にも、アトレティコ・マドリーのキャプテンであるガビやマンチェスター・ユナイテッドのアンデル・エレーラ、レスター・シティのビセンテ・イボーラなどが関与しているとされている。 ▽スペインの法律では、初犯であれば2年以下の懲役は免れることができる可能性が高い。しかし、アギーレ監督は、2013-14シーズンのエスパニョールvsオサスナでも嫌疑がかけられており、その場合は重い処分が下されそうだ。 ▽6年間のフットボール活動禁止となれば、スペイン国内に限らず、世界中でのあらゆる活動ができなくなるため、どのような判決が出るかに注目が集まる。 2018.02.15 10:40 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース