JFA最高顧問の川淵三郎氏が「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE」を受賞2018.01.20 21:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』の授賞式が18日に行われ、日本サッカー協会(JFA)の最高顧問を務める川淵三郎氏がエンターテインメント部門を受賞した。

▽『シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード 2018 Presented by GOETHE』は、スコッチウイスキーの「シーバスリーガル」と株式会社幻冬舎が発行する雑誌『GOETHE(ゲーテ)』によって設立された賞。2011年から毎年開催され、今回で8回目を迎えた。
(C)CWS Brains,LTD.
▽作詞家・プロデューサーの秋元康氏と、幻冬舎の見城徹代表取締役社長の特別審査員をはじめとする審査員の選考により、3部門の受賞者が決定。エンターテインメント部門の川淵氏の他、ソーシャル部門はLINE株式会社の出澤剛代表取締役社長CEO、ファッション部門は人気アパレルブランド『snidel(スナイデル)』や『gelato pique(ジェラート ピケ)』などを手がける株式会社マッシュホールディングスの近藤広幸代表取締役社長が受賞した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽川淵氏は、受賞について「初めはこんなに立派な賞と思っていなかったんです。調べてみたら大変な賞だということで、ありがとうございます」とコメント。また、「シーバスリーガル」との縁について、「1958年、大学2年生の頃、日本代表選手として東南アジアに遠征したとき、先輩からシーバスリーガルを買ってこいといわれ、海外で初めて買ったお酒がシーバスリーガルだったというご縁を思い出しました」と明かした。

▽また、受賞理由の1つでもある「JFAこころのプロジェクト」についてもコメント。「日本サッカー協会は、「JFAこころのプロジェクト」の活動で小学5年生の子供たちを中心に夢の教室を11年間続けており、元Jリーガーや一流の選手たちが全国の小学校で正規の授業の中で夢を持つことの大切さや、そこに至るまでの努力、挫折を乗り越える勇気を教える授業を行っています。それが教育界に受け入れられ、この11年間で1万2000回、延べ4000校にのぼります」と取り組みについて語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽授賞式の後にはトークセッションが実施。川淵氏は特別審査委員長の秋元氏とのトークセッションで、自身の原動力が「怒り」であると主張。禁止薬物混入騒動で注目が集まる日本カヌー連盟を名指しで指摘し、「各競技団体がポシャっちゃう。ガバナンスをしっかりやれと言っているのに、マヌケな組織がある。カヌーなんて、もってのほか。下の下。あんなことになって誰も責任をとってないなんて信じられない。幼稚園レベルですよ」と断罪した。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、授賞式を前に、元日本代表選手で、現在はJAPAN CRAFT SAKE COMPANYの代表取締役CEOを務める中田英寿氏とシーバスリーガルのコラボレーションが発表。2017年の『シーバスリーガル シグネチャー・アワード』受賞者である中田市のプロデュースにより、「シーバスリーガル」と「桝田酒造店」とのクラフトマンシップ、フレンドシップの共演『Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)』が立ち上がった。
(C)CWS Brains,LTD.
▽このプロジェクトは、「シーバスリーガル」のウイスキー熟成に使用した樽を「桝田酒造店」の日本酒造りに使用してクオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒製造を実現するもの。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰めて熟成を行っており、今年6月頃の完成を予定しているとのことだ。
(C)CWS Brains,LTD.
▽また、シーバスブラザーズ社が主催する『CHHIVAS VENTURE』2018年度の日本代表社に、株式会社RICCI EVERYDAY 代表取締役COOの仲本千津さんが選ばれたことも発表された。

▽「RICCI EVERYDAY」はウガンダ発のトラベルバッグブランドであり、ウガンダに工房を設立。シングルマザーや元子ども兵と呼ばれる社会的に疎外されてきた人々に、安心して誇りを持って働く場所を提供している。

▽『CHHIVAS VENTURE』の世界大会では、各国代表の社会起業家たちとの交流の機会が与えられ、ビジネスアイデアを競い、決勝の結果により総額100万ドル(約1億円)の基金が分配される。

コメント

関連ニュース

thumb

モロッコ代表入りを目指したムニルの訴えをCASが棄却…

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、モロッコ代表入りを目指していたFWムニル・エル・ハダディ(22)の訴えを棄却した。 ▽スペイン人の母親とモロッコ人の父親の間に生まれたムニルは、モロッコ代表選出を目指していた。 ▽問題となったのは、ムニルがA代表キャップを持っていること。スペイン代表としてユーロ2016予選のマケドニア代表戦に出場しており、FIFA(国際サッカー連盟)の規定では代表チームを変更することは不可能だ。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するモロッコ代表も、ムニルの代表招集を検討。モロッコサッカー連盟も申し立てを行っていたが、CASにより訴えは棄却。モロッコ代表としてのW杯出場は叶わぬこととなった。 ▽かつてはバルセロナでもプレーし、飛躍が期待されていたムニル。今シーズンはアラベスにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラで32試合に出場し10ゴールを記録。モロッコ代表としては、ぜひとも招集したい選手だっただろう。 2018.05.15 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ兄が試合後チームメートから暴行受ける…残留争いの中での不用意な行為が発端

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの双子の兄の1人として知られるギニア代表DFフロランタン・ポグバがトルコの所属チームでチームメートからの暴行被害に遭っていたようだ。トルコ『Dogan』が伝えている。 ▽昨夏、サンテチェンヌからトルコのゲンチレルビルリイに加入したフロランタンは、6日にホームで行われた第32節アンタルヤシュポル戦に先発出場。現在、チームは残り3試合で残留圏内の15位コンヤシュポルと勝ち点5差の17位と苦しい中ホームで勝ち点3を目指すも、78分に先制を許した。 ▽1点ビハインドにチームが3枚の交代枠を使い切った状況で迎えた88分、フロランタンは負傷かコンディションの問題かは不明だが、ベンチやチームメートの説得を無視してユニフォームを脱ぎピッチを後に。残り時間を10人での戦いを強いられたチームはこのまま0-1で敗戦した。 ▽そして『Dogan』が伝えるところによれば、事件が起こったのは試合後のロッカールーム。フロランタンの前述の行動に激怒した一部のチームメートがポグバに詰め寄り、暴行を働いたという。そして、クラブ関係者やスタジアムの警備担当者がこの暴行騒動に介入し、同選手の安全を確保するために一時チームから隔離されることになったようだ。 2018.05.07 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

雷に打たれ昏睡状態だった南アフリカの若手選手が他界

▽試合中に雷に打たれた若きフットボーラーが命を落とした。南アフリカのクラブ、マリッツブルグ・ユナイテッドが公式フェイスブックで明かした。 ▽クラブの発表によると、命を落としたのはルヤンダ・ンチャンガセ。21歳だった。 ▽ンチャンガセは、3月1日に行われたフレンドリーマッチの試合中に雷に打たれたとのこと。その後、病院に運ばれたものの昏睡状態が続いていた。 ▽しかし4日、ンチャンガセは病院で息を引き取ったとのこと。クラブは「我々は大きな可能性を持つ若い選手を失った。彼を失ったことはとても悲しい」と哀悼の意を綴っている。 2018.05.05 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田DFギレルメの愚行は海外でも話題…退場処分後、相手選手への蹴り&スタッフへのヒジ打ち

▽2日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の横浜F・マリノスvsジュビロ磐田で起こった行為が海外でも話題となっている。ブラジル『グローボ』が報じた。 ▽試合は3-1で磐田が勝利したものの、80分に事件は起こった。イエローカードを1枚受けていた磐田DFギレルメだったが、2度目の警告を受けて退場処分。その直後に事件は起きた。 ▽何かに怒りを露わにしたギレルメは、横浜FMのMF喜田拓也の臀部を後ろから蹴り上げる愚行。チームメイトに促されてピッチを出ると、ピッチサイドに立っていた横浜FMのスタッフにヒジ打ち。場内は騒然となった。 ▽試合後、名波浩監督はインタビューで謝罪。「スポーツマンとしてあるまじき行為をして、チームを預かる身としては申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメント。また、ギレルメの行為に対しては「ああいった行為が起きてしまったこと自体、そういった感情になったこと自体間違っていると思いますし、後でキツく言います。クラブとしても大きな処分を課そうと思っているので、このゲームを観に来てくれたマリノスサポーター、ジュビロサポーター、そして関係者の皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪した。 ▽Jリーグの懲罰委員会はギレルメへの処分を決定するために事情聴取を行うことになる。なお、『グローボ』は最大10試合の出場停止処分になる可能性があるとも報じてる。 2018.05.03 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「俺の名は」無敗優勝のバルサが失態…優勝記念Tシャツにレンタル中の選手名記載を忘れる…

▽無敗のままリーガエスパニョーラの優勝を果たしたバルセロナ。しかし、その舞台裏では大失態を犯していた。 ▽バルセロナは29日、リーガエスパニョーラ第35節でデポルティボ・ラ・コルーニャとアウェイで対戦。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがハットトリックの活躍を見せるなど、試合は4-2で勝利し、2シーズンぶりのリーグ優勝を果たした。 ▽リーグ戦は残り4試合あり、今週末にはレアル・マドリーとのクラシコも控えるバルセロナ。しかし、シーズン途中ではあるものの、34試合を26勝8分けの無敗で優勝を決めていた。 ▽バルセロナは優勝を祝う記念Tシャツを作成。背中には選手たちの名が刻まれているが、よく見るとなにかが足りなかった。 ▽シーズン途中に中国スーパーリーグの河北華夏へと完全移籍したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノの名前が無いことは理解できるだろう。しかし、レンタル移籍中の3選手のうち、インテルへと移籍したMFラフィーニャの名前はあるものの、イスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍したトルコ代表MFアルダ・トゥラン、ワトフォードへとレンタル移籍したFWジェラール・デウロフェウの名前はなかった。 ▽このことに気がついたデウロフェウは、バルセロナの優勝を祝うとともにツイート。「CAMPEONES LA LIGA 1/2 también es mía no..?(ラ・リーガのチャンピオン、半分は僕のものだよね…?)」と綴り、クラブ公式アカウントへと訴えていた。 ▽この訴えに、バルセロナは公式アカウント(@FCBarcelona_cat)で返信。「全くだ!これはみんなの成功です。おめでとう、チャンピオン!」とツイート。添付されていた画像には、デウロフェウだけでなく、マスチェラーノやアルダ・トゥランの名前も記載されていた。 2018.05.01 22:06 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース