ギグス、ウェールズ代表指揮官に就任へ2018.01.15 09:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏(44)が、同国代表指揮官に就任する見通しとなった。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。

▽ユナイテッドユース育ちのギグスは、1990-91シーズンにトップチームで出場して以降、2014年の引退まで同クラブ一筋のキャリアを貫いたレジェンド。歴代最多出場記録を保持するユナイテッドでは、デイビッド・モイーズ監督(現ウェストハム指揮官)とルイス・ファン・ハール氏の下でコーチを経験。選手兼コーチを務めていた2013-14シーズンには、モイーズ監督解任後に暫定監督も務めた。また、ウェールズ代表としては64試合12得点の記録を残した。

▽一方、ロシア・ワールドカップの出場権を逃したウェールズ代表では、昨年11月に約6年にわたってチームの指揮を執っていたクリス・コールマン監督が退任していた。ウェールズサッカー協会は、現地時間15日の午後に新監督を任命するとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、ファン・デル・サールの復帰を検討? 新FDの有力候補か

マンチェスター・ユナイテッドがレジェンドGKの復帰を検討しているようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えている。 サー・アレックス・ファーガソン氏の退任以降、移籍市場で苦戦を強いられているユナイテッドは、今季終了後に向けてオーレ・グンナー・スールシャール監暫定監督の去就と共に新たなフットボール・ディレクター(FD)の招へいを画策している。 数カ月前にはローマでスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏、RBライプツィヒのポール・ミッチェル氏の招へいに動いているとの噂も出ていたが、現在クラブが招へいを目指しているのはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの前に守護神を務め、アヤックスでゼネラル・マネージャーを務めているエドウィン・ファン・デル・サール氏のようだ。 なお、数カ月前にもユナイテッド復帰の噂が出ていた際にファン・デル・サール氏は、アヤックス残留の意思を示していたが古巣帰還は実現するのか。 2019.02.18 00:54 Mon
twitterfacebook
thumb

不振続くサンチェス…「モウリーニョの下で自信を失くした」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがジョゼ・モウリーニョ前政権下での「自信喪失」を明かした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 2018年1月、アーセナルから鳴り物入りでモウリーニョ前監督率いるユナイテッドに移籍したサンチェス。だが、新天地でフィットに苦戦した上、ケガも重なり、昨年12月に発足のオーレ・グンナー・スールシャール体制でも一向に復調の兆しがない。 そのサンチェスは18日に敵地で行われるFAカップ5回戦のチェルシー戦も負傷欠場が濃厚。そうしたなか、イギリス『BBC』のインタビューで不振に陥った理由として、次のように話した。 「モウリーニョは世界最高の指揮官の1人だ。指導法や分析、取り組む姿勢においてね」 「でも、僕は蚊帳の外にいるような気持ちだった。プレーしなかったり、プレーしたり、プレーしなかったりで、選手としての自信を失ったよ」 「そういった健全じゃない雰囲気が生み出されてしまったんだ」 「僕は5歳からフットボールをしている。その僕からボールを奪い取ったら、喜びの感情を失ったのと同然さ」 2019.02.17 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアで最もクリーンなクラブはリバプール! 最下位は…

リバプールが、フェアプレーランキングでプレミアリーグのトップに立っているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 プレミアリーグ第26節終了時点で2位に付けているリバプール。1試合消化数の多い首位マンチェスター・シティと勝ち点65で並んでおり、中でも特筆すべきはその失点数だ。ここまでの15失点という数字は2番目のシティ(20失点)を引き離し、リーグで最も強固な守備力を誇っていることを証明している。しかし、その堅守は決して荒く激しいプレーに支えられているわけではない。 『リバプール・エコー』によると、リバプールはプレミアリーグにおけるフェアプレーランキングで現在首位。イエローカードが1pt、2枚目のイエローによる退場が3pt、一発レッドカードが5ptとして計算されるそのランキングでは、2位のチェルシー(33pt)をかわして27ptで首位に立っている。なお、上位勢が軒並みリーグ順位と連動する中、マンチェスター・ユナイテッドが現時点での最下位となった。 ◆フェアプレーランキング(プレミアリーグ)※第26節終了時点 1.リバプール 27pt 2.チェルシー 33pt 3.トッテナム 37pt 4.マンチェスター・シティ 39pt 5.ボーンマス 43pt 6.アーセナル 46pt 7.ニューカッスル 47pt 8.ウェストハム 49pt 9.カーディフ・シティ 49pt 10.ハダースフィールド 49pt 11.クリスタルパレス 51pt 12.フルアム 51pt 13.ウォルバーハンプトン 53pt 14.ブライトン 54pt 15.ワトフォード 55pt 16.レスター・シティ 56pt 17.バーンリー 59pt 18.エバートン 62pt 19.サウサンプトン 62pt 20.マンチェスター・ユナイテッド 63pt 2019.02.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シティに良い話? ユナイテッドがサンチョに99億円準備

イギリス『サン』は、マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の獲得を検討していると報じた。 マンチェスター・シティ育成出身のサンチョはトップチームに昇格することなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍。結果的に、この決断が功を奏して、今シーズンはレギュラーの座を射止め、公式戦29試合8得点13アシストと異国の地でブレイクを遂げた。 そのサンチョに対して、ユナイテッドが移籍金7000万ポンド(約99億7000万円)を準備。ただ、ドルトムントとシティの間に、ユナイテッドにとって気の進まない契約条項が存在している模様だ。 それはサンチョが将来的にドルトムントを去る場合、15%の移籍金がシティに支払われるというもの。そこを目を瞑ってでも、ユナイテッドはサンチョ獲得に動くのか。今後の動向から目が離せない。 2019.02.17 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「失墜した自信を取り戻せた」スモーリング、チームを蘇らせたスールシャールの残留を願う

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFクリス・スモーリングは、オーレ・グンナー・スールシャール監督の残留を求めた。<br><br>今シーズン、序盤から低調な戦いを続けるマンチェスター・Uは、12月にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任。そして、後任としてクラブのOBであるスールシャール監督を招聘する。すると、この指揮官交代が大当たり。以降、チャンピオンズリーグのPSG戦で初黒星を喫するも、全公式戦12試合で10勝を挙げるなど、新監督はチームの立て直しに成功する。<br><br>スールシャール監督の下で蘇ったマンチェスター・Uの戦いぶりを受け、スモーリングはイギリス『タイムズ』で同指揮官に賛辞を送り、このまま長期政権を託されることを願った。<br><br>「オーレが来てからの僕たちの戦いを見れば、彼が長期的な指揮官としての仕事を与えられることを考える必要もないだろう。そうなれば僕たちは本当に幸せだ。オーレは、ここに帰って来た主な理由の1つがクラブとの関係性だと言っていた。オーレを通じて、サー・アレックス(・ファーガソン)とともにクラブがやってきたことを目にしている」<br><br>「僕たちは(モウリーニョの下で)困難な戦いを強いられていたし、自信も失墜してしまっていた。でも、彼(スールシャール)は選手たちが自信を取り戻すことを目標としてチームにやって来た。選手たちの肩に手を回してこう言うんだ。&ldquo;君は良い選手だ。ユナイテッドが君を連れてきたことには理由がある。私は君のことを信頼している&rdquo;」<br><br>マンチェスター・Uとスールシャール監督の現行契約は今シーズン終了後に満了を迎える。スモーリングだけではなく、モウリーニョ前監督下では冷遇にあったポール・ポグバらからも支持を集めると考えられる同指揮官だが、今夏までにどのような決断を下すのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 10:40 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース