“レアル・マドリーの穴”と呼ばれたマルセロ…また酷いデータが2018.01.14 12:34 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロの低調なパフォーマンスは、少なからずレアル・マドリーの不調に影響しているかもしれない。▽レアル・マドリーは、13日に行われたリーガエスパニョーラ第19節でビジャレアルをホームに迎え、0-1で敗れた。直近のリーグ戦3試合で1分け2敗、ホームでのリーグ戦連敗を喫したレアル・マドリーは、これで4位に後退。1試合消化の少ない首位バルセロナとの勝ち点差は16ポイントとなっており、逆転優勝は絶望的と言える状況となっている。

▽さらに、近年のレアル・マドリーで一貫したパフォーマンスを見せてきたマルセロも今季はいまひとつ。『Opta』によれば、ビジャレアル戦では、16本ものクロスを供給したが、そのうちの13本を失敗(チームメート不在エリアへのクロス)していたようだ。この数字は、リーグ戦では2007年にレアル・マドリー入りして以降、最低だとのことだ。

▽さらにマルセロは先週、スペイン『マルカ』により、リーグ戦での16失点のうち約40%あたる6失点がマルセロが担当する左サイドだったことを指摘され、「穴」と表現されている。

▽昨年11月の日本代表vsブラジル代表では、DF長友佑都に「マルセロ別次元やった」と称賛されたマルセロだが、彼の不調がチームの成績にも直結しているかもしれない。“世界最高のレフトバック”とも評されており、現在29歳とまだまだ全盛期を謳歌できる年齢だけに、再び輝きを放ちたいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

モドリッチが考えるバロンドールにふさわしい選手は?「この1年を考えると…」

レアル・マドリーのルカ・モドリッチは、アントワーヌ・グリーズマンがフランスで最もバロンドールに値する選手だと自身の考えを話した。<br><br>先日に発表された2018年バロンドールの候補者30選手の中に、モドリッチをはじめ、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシはもちろん、ワールドカップで優勝したフランス代表からはグリーズマンやキリアン・ムバッペをはじめ6選手がノミネートされた。<br><br>2018年のFIFAやUEFAの最優秀選手賞に輝いたモドリッチは、バロンドールを主催する『フランス・フットボール』のインタビューで、アトレティコ・マドリーFWがバロンドール受賞に匹敵すると語った。<br><br>「この1年に成し遂げたことを考えると、アントワーヌ・グリーズマンがフランス3選手(受賞が期待されるグリーズマン、ムバッペ、ラファエル・ヴァラン)の中でポールポジションに立っているだろう」<br><br>2018年にはW杯だけでなく、ヨーロッパリーグ、そしてUEFAスーパーカップのタイトルを手にしたグリーズマン。モドリッチはその活躍は賞に値すると考えているようだ。<br><br>また、19歳ながら目覚ましい活躍を見せるムバッペについても、「彼は傑出した才能を持ち、素晴らしい将来を約束されている。すでに最高のレベルでのプレーを見せている。彼は本当にスペシャルだ」とコメントしている。<br><br>2018年は前述の個人賞2つだけでなく、ロシアW杯ゴールデンボール(大会最優秀選手賞)にも輝くなど、個人賞を総なめにするモドリッチ。自身がバロンドールを勝ち取れる可能性についても言及している。<br><br>「『自分がゴールデンボールに相応しい』なんて言いたくはない。僕にとって重要なのは今までのようにフィールドでのことだ。2018年は間違いなくキャリアにとって最高の年だ。でも、『僕がバロンドールを取るべき人間だ』なんて僕に言わせないでくれ」<br>注目が集まる2018年バロンドールの受賞者は12月3日に発表される。<br><br>提供:goal.com 2018.10.16 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クリバリ巡り“クラシコ勃発”の可能性もナポリは徹底抗戦の構え

▽レアル・マドリーがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の獲得に動くようだ。『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽レアル・マドリーはDFぺぺの退団以降、信頼できるセンターバックはスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランスDFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFナチョの3選手しか擁しておらず。同ポジションのトップレベルの選手の獲得にプライオリティーを置いていることが、先日にスペイン『マルカ』が伝えていた。 ▽こうした動きの中で、マドリーの補強候補に挙げられているのがクリバリだ。しかし、同選手は9月にナポリとの契約を2023年6月まで延長したばかり。ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手をキープレイヤーと位置付けているため、1億ユーロ(約130億円)のオファーが届かない限り交渉にはつかないようだ。なお、クリバリにはバルセロナも関心を寄せており、場外クラシコが勃発しかねない状況となっている。 ▽2014年夏にベルギーのヘンクから加入したクリバリは、圧倒的なフィジカルを武器にレギュラーポジションを奪取すると加入初年度から公式戦39試合に出場。今シーズンもここまで公式戦全10試合にフル出場を果たしている。 2018.10.16 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

カペッロが古巣レアル・マドリーにイカルディ獲得のススメ

▽ファビオ・カペッロ氏が古巣レアル・マドリーに対して、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)の獲得を勧めた。スペイン『アス』が報じた。 ▽今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したレアル・マドリー。その穴を埋めるような補強もなく、今シーズンの開幕を迎えると、1985年以来の公式戦4試合連続無得点記録を打ち立てるなど、得点力不足に喘いでいる。 ▽そのため、打開策としてトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールといった有力選手が獲得候補に挙がるレアル・マドリーだが、過去2度の指導歴を誇るカペッロ氏はセリエA屈指のゴールハンターを推薦した。 「私はイカルディのファン。私が今のレアル・マドリーにいたら、直ちに彼との契約に動く。彼は現在のC・ロナウドと同じくボックス内のスペシャリストだ。彼はゴールを見て、感じることができ、そのエリアでの動き方を熟知している選手。彼なら、3回のボールタッチで3本のシュートを放つことができる」 ▽バルセロナの下部組織に在籍歴を持つイカルディは2013年夏、サンプドリアからインテルに加入。そのインテルに加入して以降、公式通算190試合112得点25アシストの成績を誇り、2度のセリエA得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして世界に名を轟かせている。 2018.10.16 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに移籍するの? ケイン、記者の突撃質問に…

▽トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)がレアル・マドリー移籍説に沈黙を貫いた。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽今夏の移籍市場でユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの抜けた穴を埋め切れず、今シーズンのここまで得点力不足に喘ぐレアル・マドリー。その打開策として、プレミアリーグ屈指の決定力を誇るケインが今冬の有力ターゲットとして浮上している。 ▽渦中のケインは15日、イングランド代表の一員としてUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦にフル出場。3-2の勝利に貢献した。その試合後、ミックスゾーンからスタジアムを外に向かうケインに対して、記者が直撃。レアル・マドリー移籍の可能性を問うと、次のようにあしらった。 「ごめん。また別の日にしてくれ」 2018.10.16 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シュスター氏、古巣マドリーの“パニックバイ”を危惧

▽現役時代と指揮官としてレアル・マドリーに在籍していた元ドイツ代表MFのベルント・シュスター氏が、得点力不足に悩む古巣の“パニックバイ”を危惧している。同氏がスペイン『アス』で語っている。 ▽フレン・ロペテギ新監督の下で開幕数試合は好調な滑り出しを見せたマドリーだが、直近の公式戦4試合ではいずれも無得点で3敗1分けと深刻な不振に陥っている。 ▽今夏ユベントスに旅立ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの不在を大きく感じる中、今冬の移籍市場ではトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディら大物ストライカーを含め、新たなストライカーの獲得に動くのではないかと伝えられている。 ▽だが、シュスター氏は冬の移籍市場で新たなストライカーを獲得することはリスクが高いと指摘している。 「私であれば、スターやチームを改善させてくれる誰かを獲得したいと考えたとき、冬の時期にはいかなるプレーヤーも獲得することはないと思う」 「個人的に冬の重要な時期にそういった重要なプレーヤーをクラブが放出するとは思っていない。仮に、放出に動くのならば、そのプレーヤーは何らかの問題を抱えているはずだ」 「良いリズムを持ったプレーヤー以外で1月に加入してくることは非常に難しいものだ。そもそも、20ゴールも決められるようなプレーヤーをクラブがシーズン途中に手放したいとは考えない」 「(クリスティアーノ・)ロナウドはゴールを保証してくれるだけではなかった。彼の存在によって対戦相手は少なからず戦い方を変えていた」 「また、時々リーダーの不在を感じる。とりわけ、モスクワでの試合はピッチにリーダーが1人も居なかった。それはあまりに目立っていたよ」 2018.10.15 21:28 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース